詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

塩谷 隆二シオヤ リュウジ

所属・担当
総合情報学科
工業技術研究所
計算力学研究センター
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://www2.toyo.ac.jp/~shioya/
生年月日
Last Updated :2017/11/22

研究者基本情報

学歴

  • 東京大学大学院工学系研究科

学位

  • 博士(工学), 東京大学

所属学協会

  • IACM
  • 日本機械学会
  • 日本計算工学会
  • 情報処理学会

委員歴

  •   2016年04月, 日本計算工学会, 理事

研究活動情報

研究分野

  • 機械工学, 機械材料・材料力学
  • 情報学, メディア情報学・データベース
  • 総合工学, 原子力学
  • 応用物理学・工学基礎, 工学基礎
  • 情報学, ソフトウェア
  • 機械工学, 機械材料・材料力学
  • 機械工学, 知能機械学・機械システム

研究キーワード

    CAE, Java, 並列計算, webコンピューティング, Computer Aided Engineering, 超高速情報処理, Parallel Finite Element Analysis, Network Computing, ネットワークコンピューティング, ヘテロジィニアスコンピューティング, 計算機システム, シミュレーション工学, 連成解析, 計算力学, アァジィ集合論, 並列計算力学, 原子炉, 動的解析, 統計解析, 耐震解析, ネットワーク, 熱対流問題, 非線形解析, 自動車, 並列処理, 感性情報, 超並列計算, 有限要素法, 領域分割法, 構造解析, 大規模解析, Network, Computing, Heterogeneous, Computing

論文

  • 領域分割法におけるローカルSchur補元アプローチの性能評価, 河合浩志, 荻野正雄, 塩谷隆二, 山田知典, 吉村忍, 日本計算工学会論文集, Vol. 2016,   2016年
  • Performance Improvements of Differential Operators Code for MPS method on GPU, Kohei MUROTANI, Issei MASAIE, Takuya MATSUNAGA, Seiichi KOSHIZUKA, Ryuji SHIOYA, Masao OGINO, Toshimitsu FUJISAWA, Computational Particle Mechanics, Volume 2, (Issue 3) 261 - 272,   2015年07月21日
  • AutoMT a library for tensor operations and its performance evaluation for solid continuum mechanics applications, Hiroshi KAWAI, Kohmei SATOH, Yasunori YUSA, Takayuki UOMOTO, Ryuji SHIOYA, Hiroshi OKADA, Mechanical Engineering Letters, Vol.1, (No.15-00349) 1 - 10,   2015年
  • Performance Evaluation of Domain Decomposition Method with Sparse Matrix Storage Schemes in Modern Supercomputer, A. M. M. Mukaddes, Masao Ogino, Ryuji Shioya, International Journal of Computational Methods, Vol. 11, (Suppl. 1, 1344007) 1 - 14,   2014年
  • Simulation Results and its Performance by Using a Developing Eigenvalue Analysis Module of the ADVENTURE System, Itaru Ishikawa, Hiroshi Kawai, Yosuke Kobayashi, Ryuji Shioya, Genki Yagawa, Procedia Engineering, Volume 90, 140 - 146,   2014年
  • The Study of Thermal-solid Coupling Problems Using Open Source CAE Software, A.M.M. Mukaddes, Masao Ogino, Ryuji Shioya, Procedia Engineering, Volume 90, 147 - 153,   2014年
  • Development of The Next-Generation Computational Fracture Mechanics Simulator on The Earth Simulator 2, 塩谷 隆二、Kaworu YODO、Hiroshi KAWAI、Hiroshi OKADA、Masao OGINO, DETC, 2012-70909, 1 - 7,   2012年01月
  • Parallel CAE System for Large Scale Problems Based on HTML5 and WebGL, 塩谷 隆二、Kaworu YODO、Akio MIYOSHI、Takuru ASAUMI, DETC, 2012-70818, 1 - 6,   2012年01月
  • Parallel Eigen Frequency Analysis Using Enriched Free Mesh Method, 塩谷 隆二、Yosuke KOBAYASHI, Genki YAGAWA, Key Engineering Materials, Vols. 462-463(2011), 628 - 633,   2011年01月
  • Large Scale Elasto-Plastic Analysis Using Domain Decomposition Method Optimized for Multi-core CPU Architecture, 塩谷 隆二、Hiroshi KAWAI、Masao OGINO、Shinobu YOSHIMURA, Key Engineering Materials, Vols. 462-463 (2011), 605 - 610,   2011年01月
  • EFMM離散化モデルの固有振動解析, 塩谷 隆二、小林陽介, 矢川元基, 日本機械学会論文集C編, Vol.76, (No.763) 469 - 474,   2010年03月
  • Large Scale Thermal-Solid Coupling Analysis using In Exact Balancing Domain Decomposition, 塩谷 隆二、A.M.M.MUKADDES, BRAC University Journal, Vol. VII, (No.1 and 2) 1 - 7,   2010年01月
  • 大規模構造解析の並列可視化における画像合成のための差分符号化画像圧縮, 塩谷 隆二、河合浩志、荻野正雄、吉村忍, Transactions of JSCES, Vol.2009, (20090009) 1 - 9,   2009年05月
  • Finite Element Analysis of the Stress and Deformation Fields around the Blunting Crack Tip, 塩谷 隆二、Reza MIRESMAEILI, Memories of the Faculty of Engineering, Kyushu University, Vol.68, (No.4) 151 - 161,   2008年12月
  • An Inexact Balancing Preconditioner for Large-Scale Analysis, 塩谷 隆二、Masao OGINO, Hiroshi KANAYAMA, Journal of Computational Science and Technology, Vol.2, (No.1) 150 - 161,   2008年05月
  • Vectorization of Polygon Rendering for Off-line Visualization of a Large Scale Structural Analysis with ADVENTURE System on the Earth Simulator, 塩谷 隆二、Hiroshi KAWAI、Masao OGINO、Shinobu YOSHIMURA, Journal of the Earth Simulator, Vol. 9, 51 - 63,   2008年03月
  • Development of Parallel CAE System for Large Scale Problems Based on Computer Network, 塩谷 隆二、Masao OGINO、Kei FUJINO、Hiroshi KANAYAMA、Hiroshi KAWAI, Journal of Advanced Materials Research, Vols. 33-37, 907 - 912,   2008年02月
  • Numerical Analysis of Hydrogen Diffusion Problems Using the Finite Element Method, 塩谷 隆二、Hiroshi KANAYAMA、Takanori SHINGOH、Stephane NDONG-MEFANE、Masao OGINO、Hiroshi KAWAI, Theoretical and Applied Mechanics, Vol.56, 389 - 400,   2008年02月
  • 大規模構造解析のサーバーサイド可視化のためのソフトウェアベースポリゴンレンダリング, 塩谷 隆二、河合浩志、荻野正雄、吉村忍, Transactions of JSCES, Vol.2007, (20070018) 1 - 8,   2007年06月
  • 大規模解析のためのWebベースCAEシステムの開発, 塩谷 隆二、荻野正雄、河合浩志、三好昭生, Transactions of JSCES, Vol.2007, (20070020) 1 - 8,   2007年06月
  • A Scalable Balancing Domain Decomposition Based Preconditioner for Large Scale Heat Transfer Problems, 塩谷 隆二、A.M.M.MUKADDES、Masao OGINO、Hiroshi KANAYAMA, JSME International Journal, Series B, Vol.49, (No.2) 533 - 540,   2006年10月
  • Seismic Response Analysis of Nuclear Pressure Vessel Model with ADVENTRUE System on the Earth Simulator, 塩谷 隆二、Masao OGINO、Hiroshi KAWAI、Shinobu YOSHIMURA, Journal of the Earth Simulator, Vol.2, 41 - 54,   2005年03月
  • Large-scale parallel finite element analysis using the internet: a performance study, 塩谷 隆二、Genki YAGAWA, International Journal for Numerical Methods in Engineering, Vol.63, 218 - 230,   2005年02月
  • Advanced General-purpose Finite Element Solid Analysis System ADVENTURE_SOLID on The Earth Simulator - Its Application to Full-scale Analysis of Nuclear Pressure Vessel, 塩谷 隆二、Masao OGINO、Hiroshi KAWAI、Shinobu YOSHIMURA, ASME/JSME Pressure Vessels and Piping Conference, Vol.482, 91 - 98,   2004年01月
  • Heat Conductive Analysis with Balancing Domain Decomposition Method, 塩谷 隆二、Hiroshi KANAYAMA、Abul Mukid Mohammad MUKADDES、Masao OGINO, Theoretical and Applied Mechanics, (52) 43 - 53,   2003年10月
  • Large Scale Finite Element Analysis with a Balancing Domain Decomposition Method, Ryuji SHIOYA, Masao OGINO, Hiroshi KANAYAMA, Daisuke TAGAMI, Key Engineering Materials, Vols.243-244, 21 - 26,   2003年01月
  • 3-D Eddy Current Computation for a Transformer Tank, COMPEL, 塩谷 隆二、 Hiroshi KANAYAMA、Daisuke TAGAMI、Satoshi MATSUMOTO, COMPEL, Vol.21, (No.4) 554 - 562,   2002年10月
  • スケーリングを考慮した2親による正規分布交叉の提案と評価, 塩谷 隆二、森田浩平, 金山寛, 日本機械学会論文集(A編), (68-670) 41 - 46,   2002年06月
  • Advanced general-purpose computational mechanics system for large scale analysis and design, 塩谷 隆二、Shinobu YOSHIMURA、Hirohisa NOGUCHI、Tomoshi MIYAMURA, Journal of Computational and Applied Mathematics, (149) 279 - 296,   2002年01月
  • Elastic-Plastic Analysis of Nuclear Structures with Millions of Dofs Using Hierarchical Domain Decomposition Method, 塩谷 隆二、Tomoshi MIYAMURA、Hirohisa NOGUCHI、Shinobu YOSHIMURA、Genki YAGAWA, uclear Engineering and Design, (212) 335 - 355,   2002年01月
  • 階層型領域分割法による1億自由度並列有限要素解析, 塩谷 隆二、矢川元基, 日本計算工学会論文集, Vol.3, 201 - 206,   2001年06月
  • 階層型領域分割法による3次元渦電流解析, 塩谷 隆二、金山寛、田上大助、斎藤雅浩, 日本計算工学会論文集, Vol.3, 151 - 156,   2001年06月
  • A numerical procedure for 3-D nonlinear magetostatic problems using the magnetic vector potential, 塩谷 隆二、Hiroshi KANAYAMA、Daisuke TAGAMI、Hong Jie ZHENG, Theoretical and Applied Mechanics, Vol.50, 411 - 418,   2001年01月
  • バランシング領域分割法による3次元大規模構造解析, 塩谷 隆二、金山寛、田上大助、荻野正雄, 日本計算工学会論文集, Vol.2, 139 - 144,   2000年10月
  • A Parallel Computing for Magnetostatic Problems with Iterative Domain Decomposition Method, 塩谷 隆二、Daisuke TAGAMI、Hiroshi KANAYAMA、Takeshi NAKIRI, Theoretical and Applied Mechanics, Vol.49, 321 - 329,   2000年05月
  • インターネットを用いた並列有限要素解析, 塩谷 隆二、田久保宏行, 矢川元基, 日本機械学会論文集(A編), (65-634) 30 - 37,   1999年06月
  • データ分散管理型超並列有限要素法, 塩谷 隆二、 矢川元基, 日本シミュレーション学会誌, Vol.14, (No.3) 232 - 239,   1995年09月
  • Parallel Finite Elements on A Massively Parallel Computer with Domain Decomposition, 塩谷 隆二、Genki YAGAWA, Computing Systems in Engineering, Vol.4, (No.4-6) 495 - 503,   1993年02月
  • Measurement of Velocity Distribution in a Tank by Velocity Vector Histogram, 塩谷 隆二、Koji OKAMOTO, Haruki Madarame, Flucome'91, No.100315, ( ISBN 0-7918-0652-9) 601 - 607,   1991年08月
  • エキスパートシステムを用いた粒子画像流速測定法, 塩谷 隆二、岡本孝司, 斑目春樹, 可視化情報, Vol.11, (Suppl.No.1) 189 - 192,   1991年01月

MISC

  • 階層型領域分割法による1000億自由度並列有限要素解析, 荻野正雄, 塩谷隆二, 計算工学講演会論文集(CD-ROM), 18,   2013年06月19日
  • 地球シミュレータによる大規模有限要素法破壊力学解析と破壊力学パラメータの計算手法, 荒井皓一郎, 岡田裕, 河合浩志, 淀薫, 塩谷隆二, 計算工学講演会論文集(CD-ROM), 18,   2013年06月19日
  • ADVENTURE振動固有値解析モジュールの開発, 石川格, 小林陽介, 塩谷隆二, 矢川元基, 計算工学講演会論文集(CD-ROM), 18,   2013年06月19日
  • 領域分割法に基づくオフライン可視化とWebGLによる大規模解析用ネットワークCAEシステムの開発, 淀薫, 塩谷隆二, 和田義孝, 三好昭生, 計算工学講演会論文集(CD-ROM), 18,   2013年06月19日
  • 複素数を用いる並列有限要素法解析ソルバの実装と高速化の取り組み, 杉本振一郎, 荻野正雄, 塩谷隆二, 電気学会静止器研究会資料, SA-13, (59-74) 41 - 44,   2013年09月26日
  • 電磁場解析向け並列有限要素法解析ソルバの実装と高速化の取り組み, 杉本振一郎, 荻野正雄, 塩谷隆二, 電気学会静止器研究会資料, SA-14, (1-15) 35 - 38,   2014年01月23日
  • 大規模解析のためのオフライン可視化実装の最適化, 淀薫, 塩谷隆二, 和田義孝, 河合浩志, 計算工学講演会論文集(CD-ROM), 19,   2014年06月11日
  • 京コンピュータでの領域分割法ソルバーの性能評価, 河合浩志, 荻野正雄, 塩谷隆二, 山田知典, 吉村忍, 計算工学講演会論文集(CD-ROM), 19,   2014年06月11日
  • 超大規模解析のための高精細可視化ライブラリVSCGの高度化, 和田義孝, 河合浩志, 荻野正雄, 塩谷隆二, 計算工学講演会論文集(CD-ROM), 19,   2014年06月11日
  • EFMM離散化モデルの大規模並列固有値解析, 小林 陽介, 塩谷 隆二, 矢川 元基, 理論応用力学講演会 講演論文集, 58, (0) 48 - 48,   2009年, Enriched Free Mesh Method(EFMM)はHellinger-Reissnerの原理を用いた混合法であり,剛性マトリクスはローカルクラスター単位で計算される.この結果,EFMMにおいては自由度の増加なしに低次モードの高精度構造解析が可能である.本研究ではPCクラスタ上で,EFMM離散化モデルの大規模並列固有値解析をLanzcos法による並列計算法を用いて解くことを考える.EFMMはFEMよりも剛性マトリクスの非零要素が多い.そこで,Lanzcos法を用いて三重対角マトリクスに変換することでメモリを削減する.なお,Lanzcos法は少数の固有値を少ない演算量で高精度に求めることができる.
  • 50 エキスパートシステムを用いた粒子画像流速測定法, 岡本 孝司, 班目 春樹, 塩谷 隆二, 可視化情報学会誌, 11, (1) 189 - 192,   1991年, In order to measure the velocity distributions in a tank using VTR images, a new image processing algorithm was developed, in which the expert system was used. The histogram of candidate velocity vectors was constructed. The correct vector density became larger than the false vector density in the velocity vector histogram, consequently the most probable vector was defined. The histogram was re-constructed using the information of the probable vector in order to reduce the noise and to improve the accuracy of the velocity data. For this re-construction, the method of the expert system is introduced in order to select the feed back parameters. Using this algorithm, the velocity fields could be obtained even from noisy images. The present algorithm was applied to the two-dimensional flows in a thin rectangular tank with free surface and the three-dimensional flows in a open channel, showing high effectiveness and high extensiveness.
  • 階層型領域分割法による1000億自由度並列有限要素解析, 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 計算工学講演会論文集 Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science, 18,   2013年06月
  • 超大規模解析のための高精細可視化ライブラリの開発, 和田 義孝, 河合 浩志, 塩谷 隆二, 計算工学講演会論文集 Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science, 18,   2013年06月
  • 水素社会とは? : スーパーコンピュータの活用, 塩谷 隆二, シオヤ リュウジ, Ryuji Shioya, 工業技術 : 東洋大学工業技術研究所報告 = Industrial technology, (31) 25 - 28,   2009年
  • 招待講演 Robust and Efficient Parallel Iterative Solvers for Ultra Large Scale Structural Analysis (21世紀における数値解析の新展開 研究集会報告集), 吉村 忍, 塩谷 隆二, 荻野 正雄, 数理解析研究所講究録, 1441,   2005年07月
  • Enriched Free Mesh Methodによる並列解析, 小林 陽介, 塩谷 隆二, 矢川 元基, 計算工学講演会論文集 = Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science, 15, (1) 197 - 200,   2010年05月
  • 408 DDM部分領域ソルバーのOpenMP並列化(OS4.大規模並列・連成解析と関連話題(2),OS・一般セッション講演), 河合 浩志, 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 吉村 忍, 計算力学講演会講演論文集, 2011, (24) 90 - 91,   2011年10月08日
  • スマートフォンアプリ開発入門 : iOS vs. Android (1), 塩谷 隆二, 中林 靖, 計算工学, 16,   2011年10月31日
  • スマートフォンアプリ開発入門 : iOS vs. Android (2), 塩谷 隆二, 中林 靖, 計算工学, 17,   2012年01月31日
  • スマートフォンアプリ開発入門-iOS vs. Android (3), 塩谷 隆二, 中林 靖, 宮地 英生, 計算工学, 17,   2012年04月30日
  • スマートフォンアプリ開発入門 : iOS vs. Android (4), 塩谷 隆二, 中林 靖, 計算工学, 17,   2012年07月31日
  • 複素数を用いる並列有限要素法解析ソルバの実装と高速化の取り組み, 杉本 振一郎, 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会, 2013, (59) 41 - 44,   2013年09月26日
  • 原子力発電施設の大規模耐震シミュレーションの進展(<小特集>原子炉のシミュレーション), 山田 知典, 塩谷 隆二, 吉村 忍, シミュレーション, 30, (2) 65 - 69,   2011年06月15日
  • 409 ADVENTURE SolidのBDD前処理への並列直接ソルバーの導入(OS4. 大規模並列・連成解析と関連話題(2),オーガナイズドセッション講演), 河合 浩志, 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 吉村 忍, 計算力学講演会講演論文集, 2010, (23) 344 - 345,   2010年09月23日
  • EFMM離散化モデルの固有振動解析(機械力学,計測,自動制御), 小林 陽介, 塩谷 隆二, 矢川 元基, 日本機械学會論文集. C編, 76, (763) 469 - 474,   2010年03月25日, The Enriched Free Mesh Method (EFMM) is a Mixed Method using the Hellinger-Reissner principle. A highly accurate stiffness matrix is computed for each local cluster. As a result, the EFMM can compute the high performance structural problem of low-order mode without an increase in the number of DOF. In this research, a large eigen-frequency analysis of discrete model of the EFMM is performed using the Lanczos method. The EFMM has more nonzero elements in stiffness matrix than the FEM. Therefore, we convert the stiffness matrix of the EFMM into tridiagonal one for the memory saving. It is not...
  • 505 EBE反復法を用いたメニーコア環境向けDDM(OS5.大規模並列・連成解析と関連話題(2),オーガナイズドセッション), 河合 浩志, 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 吉村 忍, 計算力学講演会講演論文集, 2009, (22) 74 - 75,   2009年10月10日
  • 508 Enriched Free Mesh Methodによる超大規模並列固有振動解析(OS5.大規模並列・連成解析と関連話題(2),オーガナイズドセッション), 小林 陽介, 塩谷 隆二, 矢川 元基, 計算力学講演会講演論文集, 2009, (22) 80 - 81,   2009年10月10日
  • F1-3 3次元階層メッシュを用いた亀裂進展解析(F-1 構造物の健全性評価と計算力学技術,フォーラム), 室谷 浩平, 塩谷 隆二, 矢川 元基, 計算力学講演会講演論文集, 2009, (22) 346 - 347,   2009年10月10日, 本手法は、リメッシング時間を大幅に短縮する手法である。これは、メッシュの要素数が大きくなればなるほど、リメッシング回数が増えれば増えるほど、従来の手法と顕著に差が出てくる。まずは、大規模な構造メッシュをマザーメッシュとして生成して、そのメッシュから階層メッシュを生成する。この階層メッシュを用いて、アダプティブ解析に必要となる解像度のメッシュを抽出する。階層メッシュを生成するのは最初の1度だけで、時間がかかる。しかし、一旦、階層メッシュが生成されたら、リメッシングをする時に何度も利用することができ、しかも、リメッシングにかかる時間は極短時間である。こうすることによって、大規模な構造メッシュの解像度を持つアダプティブメッシングを、非常に高速に、何度も利用することができる。本論文では、これまで行われてきた、2次元の三角形メッシュの階層メッシュを拡張して、3次元の階層メッシュを用いた解析をおこなう。数千万自由度のアダプティブメッシュを生成するので、PCクラスタ上でADVENTURE SOLIDを用いて弾性解析をおこなう。
  • 地球シミュレータによる2億自由度構造解析とオフライン可視化, 河合 浩志, 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 吉村 忍, 可視化情報学会誌. Suppl. = Journal of the Visualization Society of Japan, 29, (1) 133 - 134,   2009年07月01日
  • 並列 Enriched Free Mesh Method による固有振動解析, 小林 陽介, 塩谷 隆二, 矢川 元基, 日本シミュレーション学会大会発表論文集 : シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス・計算電気・電子工学シンポジウム, 28,   2009年06月11日
  • BDD法のマルチコア向け実装と収束性評価, 荻野 正雄, 河合 浩志, 塩谷 隆二, 計算工学講演会論文集, 14, (1) 221 - 224,   2009年05月
  • 講演会から 水素社会とは?--スーパーコンピュータの活用, 塩谷 隆二, 工業技術, (31) 25 - 28,   2009年
  • メニーコア向け並列有限要素法の実装と性能評価(高性能計算), 荻野 正雄, 河合 浩志, 塩谷 隆二, 吉村 忍, 情報処理学会研究報告. [ハイパフォーマンスコンピューティング], 2008, (125) 127 - 132,   2008年12月09日, 近年のマルチコアCPUで構成されたPCクラスタや大型並列計算機上における並列有限要素解析の実行性能を改善するためには,従来のノード間あるいはノード内CPU間だけではなく,CPU内コア間における並列効率が重要となってくる.本稿では,反復型領域分割法(DDM)に基づく並列有限要素法として,キャッシュ階層を有効活用する実装を行うことで,並列効率の改善を示す.特に,DDMの各反復において右辺問題となる部分領域問題に対して,LDL分解結果をメモリ保存して再利用するDS型,毎回LDL分解を実施するDSF型,反復法を用いるISF型を実装し,CPU内コア間並列効率を評価する.
  • F5-2 スーパーコンピュータによる大規模原子炉圧力容器解析(F-5 構造物の健全性評価と計算力学技術,フォーラム), 塩谷 隆二, 荻野 正雄, 計算力学講演会講演論文集, 2008, (21) 49 - 50,   2008年11月01日
  • 852 MPCを考慮した大規模構造解析向けの並列バランシング前処理法(OS7.大規模並列・連成解析と関連話題(3),オーガナイズドセッション), 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 金山 寛, 宗清 尚平, 計算力学講演会講演論文集, 2008, (21) 900 - 901,   2008年11月01日
  • 854 領域分割法における反復法を用いた領域FEM計算(OS7.大規模並列・連成解析と関連話題(4),オーガナイズドセッション), 河合 浩志, 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 吉村 忍, 計算力学講演会講演論文集, 2008, (21) 904 - 905,   2008年11月01日
  • 116 自治体と連携した市民向けエネルギー・環境教育の取り組み : 九州大学水素キャンパスを利用した科学技術理解増進事業(OSエネルギー教育・環境教育), 吉田 敬介, 伊藤 衡平, 塩谷 隆二, 河野 正道, 濱本 芳徳, 公開研究会・講演会技術と社会の関連を巡って : 技術史から経営戦略まで : 講演論文集, 2008,   2008年09月01日, An example of environment and energy education performed by collaboration between a university and a municipality is introduced. Professors of the department of Mechanical Engineering, Kyushu University, were asked by Fukuoka city to help a design of the environment and energy education program using a new campus of Kyushu University, which has many high level research facilities on hydrogen utilization. This program is aimed especially at children and their communities around the new campus. After describing the outline and schedule of the program, the result of the first execution is show...
  • 領域分割法における領域FEM計算のマルチコアPC向け性能最適化, 河合 浩志, 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 吉村 忍, 計算工学講演会論文集, 13, (2) 639 - 642,   2008年05月19日
  • IBDD-DIAG法を用いた2億自由度規模原子炉圧力容器フルモデルの地震応答解析, 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 河合 浩志, 吉村 忍, 計算工学講演会論文集, 13, (2) 649 - 652,   2008年05月19日
  • 2億自由度の原子炉容器地震応答シミュレーションの並列サーバサイド可視化, 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 河合 浩志, 宗清 尚平, 計算工学講演会論文集, 13, (2) 653 - 654,   2008年05月19日
  • 材料内水素拡散現象の有限要素解析, 金山 寛, 塩谷 隆二, 荻野 正雄, 冨田 隆浩, 中川 拓也, 計算工学講演会論文集, 13, (2) 719 - 720,   2008年05月19日
  • 大規模可視化を考慮したネットワーク型CAEシステムの開発, 塩谷 隆二, 荻野 正雄, 金山 寛, 藤野 圭, 計算工学講演会論文集, 13, (2) 927 - 928,   2008年05月19日
  • 大規模構造解析の画像合成に基づく並列可視化のための画像圧縮技術, 河合 浩志, 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 吉村 忍, 計算工学講演会論文集, 13, (2) 939 - 942,   2008年05月19日
  • 関連書籍の紹介, 塩谷 隆二, 計算工学 = Journal of The Japan Society for Computational Engineering and Science (JSCES), 13, (1) 1758 - 1759,   2008年01月31日
  • 1906 領域分割法における領域計算のマルチコアCPU向け最適化(OS19.大規模連成解析と関連話題(2),ポスターセッションP-2), 河合 浩志, 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 吉村 忍, 計算力学講演会講演論文集, 2007, (20) 115 - 116,   2007年11月25日
  • 1905 ADVENTUREシステムを用いた並列強連成地盤沈下解析(OS19.大規模連成解析と関連話題(2),ポスターセッションP-2), 塩谷 隆二, 金山 寛, 本田 篤史, SCHREFLER Bernhard, SALOMONE Valentina, 計算力学講演会講演論文集, 2007, (20) 113 - 114,   2007年11月25日
  • F3-5 材料内の水素拡散の有限要素解析(F-3 電磁流体解析関連技術), 金山 寛, NDONG-MEFANE Stephane Boris, 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 計算力学講演会講演論文集, 2007, (20) 38 - 39,   2007年11月25日, In this paper, we focus our attention on the Krom et al. hydrogen diffusion model in materials and try to reconstruct our finite element model. It has the conservative advection term and the Galerkin method is applied for the first trial. The stabilization method will be applied in near future.
  • 205 ADVENTUREシステムによるCFRP圧力容器の3次元弾塑性有限要素解析(GS 材料力学(その1)), 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 河合 浩志, 小森 宏一, 金山 寛, 日本機械学会九州支部講演論文集, 2007,   2007年10月12日
  • 637 並列強連成解析システムによる地盤沈下解析(大規模連成解析と関連話題1,OS20 大規模連成解析と関連話題), 塩谷 隆二, 金山 寛, 本田 篤史, SCHREFLER Bernhand, SALOMONE Valentina, 計算力学講演会講演論文集, 2006, (19) 543 - 544,   2006年11月02日
  • 638 多点拘束条件を考慮したBDD法による並列有限要素解析(大規模連成解析と関連話題1,OS20 大規模連成解析と関連話題), 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 金山 寛, 吉良 文史郎, 宮村 倫司, 計算力学講演会講演論文集, 2006, (19) 545 - 546,   2006年11月02日
  • 640 ADVENTURE AutoGLによる地球シミュレータでの構造解析の可視化(大規模連成解析と関連話題2,OS20 大規模連成解析と関連話題), 河合 浩志, 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 吉村 忍, 計算力学講演会講演論文集, 2006, (19) 549 - 550,   2006年11月02日
  • パドバ大学工学部研究室紹介, 塩谷 隆二, 計算工学 = Journal of The Japan Society for Computational Engineering and Science (JSCES), 11, (3) 1429 - 1430,   2006年07月31日
  • A Scalable Balancing Domain Decomposition Based Preconditioner for Large Scale Heat Transfer Problems, Mukaddes Abul Mukid Mohammad, Ogino Masao, Kanayama Hiroshi, Shioya Ryuji, Mukaddes Abul Mukid Mohammad, 荻野 正雄, 金山 寛, 塩谷 隆二, JSME international journal. Ser. B, Fluids and thermal engineering, 49, (2) 533 - 540,   2006年05月15日, An efficient and scalable Balancing Domain Decomposition (BDD) type preconditionerfor large scale linear systems arising from 3-dimensional heat transfer problems ispresented. The new method improves parallel scalability of BDD by employing anincomplete balancing technique to approximate a coarse space problem and a diagonalscaling to precondition the local fine space problems instead of the Neumann-Neumannpreconditioner. It may increase the number of iterations but reduces the computationcosts of the precondition process for each iteration. Consequently, total computationtime and required ...
  • 703 並列強連成解析システムによる地盤沈下解析(OS-7A 大規模連成解析と関連話題,OS-7 大規模連成解析と関連話題), 塩谷 隆二, 本田 篤, SALOMONE Valentina, SCHREFLER Bernhard, 計算力学講演会講演論文集, 2005, (18) 521 - 522,   2005年11月17日
  • 704 A Scalable Balancing Domain Decomposition Based Preconditioner for Large Scale Thermal-Solid Coupling Problems, MUKADDES A.M.M., 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 金山 寛, 計算力学講演会講演論文集, 2005, (18) 523 - 524,   2005年11月17日
  • 並列計算機上における領域分割型有限要素法の並列処理性能(熱・流体の計算力学,計算力学関連の理論・応用技術 OS.2), 荻野 正雄, MUKADDES A.M.M., 浦上 敦, 塩谷 隆二, 金山 寛, 日本機械学会九州支部講演論文集, 2004, (57) 89 - 90,   2004年03月19日
  • 127 Java によるネットワーク活用型 CAE システム開発, 石井 裕基, 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 金山 寛, 計算力学講演会講演論文集, 2003, (16) 53 - 54,   2003年11月22日
  • 133 Balancing Domain Decomposition による大規模熱・構造連成並列有限要素解析, MUKADDES A. M. M., 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 金山 寛, 計算力学講演会講演論文集, 2003, (16) 65 - 66,   2003年11月22日
  • 134 階層型バランシング領域分割法による大規模 3 次元複雑構造物の地震応答解析, 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 金山 寛, 吉村 忍, 計算力学講演会講演論文集, 2003, (16) 67 - 68,   2003年11月22日
  • 135 部分構造合成法を用いた大規模固有値解析, 末棟 寛士, 塩谷 隆二, 金山 寛, 計算力学講演会講演論文集, 2003, (16) 69 - 70,   2003年11月22日
  • バランシング領域分割法による並列弾性有限要素解析, 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 金山 寛, 田上 大助, 吉村 忍, Ogino Masao, Shioya Ryuji, Kanayama Hiroshi, Tagami Daisuke, Yoshimura Shinobu, 日本機械学會論文集. A編, 69, (685) 1360 - 1367,   2003年09月25日, The iterative Domain Decomposition Method (DDM) is one of the most effective parallel algorithm for large scale problems due to its excellent parallelism and variety of researches have already been done. As the iterative DDM satisfies continuity among subdomains through the iterative calculations, it is indispensable to reduce the number of iterations with a preconditioning technique especially for speed-up for computing. Thus, we have chosen the Balancing Domain Decomposition (BDD) proposed by J. Mandel. The BDD is a Neu-mann-Neumann type preconditioner with a coarse grid correction, and t...
  • 1506 反復型領域分割法を用いた定常流れ問題の安定化有限要素解析, 金山 寛, 塩谷 隆二, 田上 大助, 久米 宏和, 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting, 2003, (6) 209 - 210,   2003年08月05日, We try to develop a method to solve stationary flow problems. An iterative domain decomposition method is applied to finite element approximations of stationary Navier-Stokes equations. BiCGSTAB method is used as the iterative solver of the reduced linear system in each step of the Newton iteration. Also, a stabilized finite element method is used in each step of the nonlinear iteration. It is shown that results of the domain decomposition method agree well with results of conventional finite element method.
  • 若手座談会 「計算工学の過去・現在・未来」, 奥村 弘, 斉木 功, 塩谷 隆二, 永井 学志, 矢島 秀起, 樫山 和男, 計算工学, 8, (2) 2 - 8,   2003年04月30日
  • 211 反復型領域分割法を用いた定常流れ問題の有限要素解析, 金山 寛, 塩谷 隆二, 田上 大助, 久米 宏和, 日本機械学会九州支部講演論文集, 2003, (56) 61 - 62,   2003年03月14日
  • 904 3 次元超音波像による微小血流の可視化, 塩谷 隆二, 中本 猛, 金山 寛, 清水 真弓, 日本機械学会九州支部講演論文集, 2003, (56) 259 - 260,   2003年03月14日
  • 912 階層型領域分割法による A-φ法を用いた渦電流解析, 金山 寛, 塩谷 隆二, 田上 大助, 井本 光一郎, 日本機械学会九州支部講演論文集, 2003, (56) 275 - 276,   2003年03月14日
  • 916 PC クラスタを用いたグリッドコンピューティングによる大規模有限要素解析, 塩谷 隆二, 岩崎 友和, 金山 寛, 日本機械学会九州支部講演論文集, 2003, (56) 283 - 284,   2003年03月14日
  • 917 ネットワーク活用型 CAE システム開発, 塩谷 隆二, 石井 裕基, 荻野 正雄, 金山 寛, 日本機械学会九州支部講演論文集, 2003, (56) 285 - 286,   2003年03月14日
  • Large Scale Finite Element Analysis with a Balancing Domain Decomposition Method, Shioya Ryuji, Ogino Masao, Kanayama Hiroshi, Tagami Daisuke, 塩谷 隆二, 荻野 正雄, 金山 寛, 田上 大助, Key Engineering Materials, 243,   2003年01月, Progress in experimental and computational mechanics in engineering : proceedings of the International Conference on Experimental and Computational Mechanics in Engineering, Dunhuang, China, August 24-27, 2002This paper describes the parallel finite element analysis of large scale problems based on the Do-main Decomposition Method with preconditioner using Balancing Domain Decomposition for amassively parallel processors. In order to solve the issue of memory shortage and computationaltime, the developed system employs a dynamic load balancing and hierarchical distributed datamanagement tec...
  • 2-2 超簡単並列プログラミング, 塩谷 隆二, 計算力学講演会講演論文集, 2002, (15) 697 - 698,   2002年10月30日
  • 102 ADVENTURE-Solid/Thermal による大規模熱・構造連成並列有限要素解析, 塩谷 隆二, 金山 寛, 今村 栄太, 計算力学講演会講演論文集, 2002, (15) 3 - 4,   2002年10月30日
  • 137 バランシング領域分割法による超並列有限要素解析, 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 金山 寛, 田上 大助, 吉村 忍, 計算力学講演会講演論文集, 2002, (15) 73 - 74,   2002年10月30日
  • スケーリングを考慮した2親による正規分布交叉の提案と評価, 塩谷 隆二, 森田 浩平, 金山 寛, 日本機械学會論文集. A編, 68, (670) 887 - 892,   2002年06月25日, In recent years, several crossover methods for Real-coded CA have been proposed. One of them, Unimodal Normal Distribution Crossover (UNDX) shows better performance than conventional methods in some benchmark tests. However, it becomes apparent that UNDX is not good in performance for ill-scaled functions. In this paper, a new crossover method. Two Parent Normal Distribution Crossover (TPNDX), which takes account of scaling is proposed and good performances are achieved for ill-scaled functions.
  • 階層型バランシング領域分割法による大規模並列有限要素解析, 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 金山 寛, 田上 大助, 計算工学講演会論文集, 7, (1) 211 - 212,   2002年05月20日
  • 並列動弾性解析の高速化に関する研究, 塩谷 隆二, 玉井 亮嗣, 金山 寛, 大石 篤哉, 計算工学講演会論文集, 7, (1) 213 - 214,   2002年05月20日
  • 大規模磁場解析モジュール ADVENTURE_Magnetic, 金山 寛, 塩谷 隆二, 田上 大助, 鄭 美賢, 計算工学講演会論文集, 7, (2) 719 - 720,   2002年05月20日
  • 338 領域分割法を用いた大規模渦電流問題の数値計算(OS03-1 ネットワークコンピューティング(1))(OS03 ネットワークコンピューティング), 金山 寛, 塩谷 隆二, 田上 大助, 松本 悟史, 計算力学講演会講演論文集, 2001, (14) 337 - 338,   2001年11月27日, A parallel computing with a hierarchical domain decomposition method is performed for three-dimensional eddy current problems. The magnetic vector potential, which is considered as the unknown complex function, is descretized by the Nedelec elements of simplex type. Numerical results show that the method is applicable for a problem, in which the number of complex degrees of freedom is about 500,000.
  • BiCG法に対する加速係数つき Incomplete Cholesky 分解の有効性の検証, 金山 寛, 塩谷 隆二, 田上 大助, 宮本 隆二, 日本シミュレーション学会大会発表論文集 : シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス・計算電気・電子工学シンポジウム, 20,   2001年06月20日
  • 階層型領域分割法による3次元渦電流解析, 金山 寛, 塩谷 隆二, 田上 大助, 斉藤 雅浩, 日本計算工学会論文集 = Transactions of the Japan Society for Computational Engineering and Science, 3,   2001年05月30日
  • 階層型領域分割法による1億自由度並列有限要素解析, 塩谷 隆二, 矢川 元基, 日本計算工学会論文集 = Transactions of the Japan Society for Computational Engineering and Science, 3,   2001年05月30日
  • 階層型バランシング領域分割法による並列有限要素解析, 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 金山 寛, 田上 大助, 計算工学講演会論文集, 6, (1) 179 - 180,   2001年05月30日
  • 正規分布交叉アルゴリズムの構成と最適化問題への適用, 塩谷 隆二, 金山 寛, 森田 浩平, 計算工学講演会論文集, 6, (2) 759 - 762,   2001年05月30日
  • 210 並列有限要素解析における動的問題の高速化に関する研究(計算力学・宇宙工学I), 塩谷 隆二, 金山 寛, 玉井 亮嗣, 大石 篤哉, 日本機械学会九州支部講演論文集, 2001, (54) 53 - 54,   2001年03月05日
  • 211 領域分割法による3次元熱・構造連成解析(計算力学・宇宙工学II), 塩谷 隆二, 金山 寛, 濱川 丈, 日本機械学会九州支部講演論文集, 2001, (54) 55 - 56,   2001年03月05日
  • 212 反復型領域分割法を用いた静磁場問題の並列計算(計算力学・宇宙工学II), 金山 寛, 塩谷 隆二, 田上 大助, 久光 元貴, 日本機械学会九州支部講演論文集, 2001, (54) 57 - 58,   2001年03月05日
  • 213 Webコンピューティングを用いた仮想工学システム開発(計算力学・宇宙工学II), 塩谷 隆二, 金山 寛, 土井 賢治, 山田 大悟, 日本機械学会九州支部講演論文集, 2001, (54) 59 - 60,   2001年03月05日
  • 1303 PC クラスタを用いた 1100 万自由度鉄道台車モデルの詳細応力解析, 秋葉 博, 石原 広一郎, 吉村 忍, 塩谷 隆二, 設計工学・システム部門講演会講演論文集, 2001, (10) 84 - 87,   2001年01月16日, The authors have been developing a large scale parallel CAE system. This paper describes the solver, named MPCluster, along with the viewpoint of Domain Decomposition Method (DDM) and the parallel CG method and the 11 million DOF's stress analysis of a railway bogie on a PC cluster. We obtained remarkable results of the stress distribution, and the performance of the solver is clarified.
  • 511 バランシング領域分割法による大規模並列解析, 荻野 正雄, 塩谷 隆二, 金山 寛, 田上 大助, 計算力学講演会講演論文集, 2000, (13) 507 - 508,   2000年11月27日
  • 512 電磁場問題における電流密度の補正と反復法の適用, 田上 大助, 金山 寛, 塩谷 隆二, 山谷 貴章, 計算力学講演会講演論文集, 2000, (13) 509 - 510,   2000年11月27日
  • 513 反復型領域分割法による渦電流解析, 金山 寛, 塩谷 隆二, 田上 大助, 斉藤 雅浩, 計算力学講演会講演論文集, 2000, (13) 511 - 512,   2000年11月27日
  • 303 階層型領域分割法による 100 万自由度熱伝導解析, 塩谷 隆二, 金山 寛, 田上 大助, 石川 格, 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting, 2000, (2) 109 - 110,   2000年07月31日, This paper describes the parallel finite element analysis of large scale problems for a heat conductive problem using parallel computers. In order to solve the issue of memory shortage and computational time, the developed system employs a dynamic load balancing and hierarchical distributed data management technique. The present system is successfully applied to large FEM analyses of over two million d.o.f. (degrees of freedom) on a PC cluster parallel computer consisting of 16 processing units.
  • 306 Virtual Engineering System における自動可視化モジュール構築に関する研究, 塩谷 隆二, 金山 寛, 田上 大助, 後藤 隆朗, 開田 友秀, 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting, 2000, (2) 115 - 116,   2000年07月31日, The authors have developed a Virtual Engineering System (VES), which is a large scale engineering application system on a computer network, adopts the World Wide Web (WWW) browser as an integrated user interface, and includes not only technological information databases but also scientific technological computation systems and virtual plant experience systems. In VES which had made remoteness use of the calculation server to be a premise, on the visualization module, a realization of the advanced visualization was difficult in order to require the conversational environment with the user. I...
  • バランシング領域分割法による3次元大規模構造解析, 塩谷 隆二, 金山 寛, 田上 大助, 荻野 正雄, 日本計算工学会論文集 = Transactions of the Japan Society for Computational Engineering and Science, 2,   2000年05月24日
  • 401 複素対称連立1次方程式の反復解法に関する研究(計算力学I), 金山 寛, 田上 大助, 塩谷 隆二, 斉藤 雅浩, 日本機械学会九州支部講演論文集, 2000, (53) 85 - 86,   2000年03月13日, We are now planning to extend our mixed formulation (A-φ method) of 3-D eddy current problems to large scale computations. However, it is very difficult to select a suitable iterative solver for this formulation. So, we introduce a modified iterative A-φ method (miA-φ method). This scheme needs to solve complex symmetric linear systems. In this paper, we report applications of the BiCG method to the miA-φ method.
  • 402 階層型領域分割法による大規模並列熱伝導解析(計算力学I), 塩谷 隆二, 金山 寛, 石川 格, 日本機械学会九州支部講演論文集, 2000, (53) 87 - 88,   2000年03月13日
  • 403 階層型領域分割法による静磁場解析(計算力学I), 金山 寛, 塩谷 隆二, 田上 大助, 名切 健, 日本機械学会九州支部講演論文集, 2000, (53) 89 - 90,   2000年03月13日, 大規模問題を効率良く数値計算するための一手法として領域分割法は良く知られている.なかでも超大規模(約1億自由度)の構造解析などに対して共役勾配法に基づく階層型領域分割法を用いた並列計算の有効性が示されている.そこで我々は100万自由度規模の静磁場問題に対し階層型領域分割法に基づく並列計算手法を導入し,その有効性について報告する.
  • 410 3次元Delaunay分割法による内部境界面付メッシュの自動作成法に関する研究(計算力学II), 塩谷 隆二, 金山 寛, 淀 薫, 日本機械学会九州支部講演論文集, 2000, (53) 103 - 104,   2000年03月13日, For 3-dimensional large scale finite element analysis, automating of mesh generation is one of important process for automating of whole finite element analysis system. But for 3-dimensional automatic mesh gemeration method with internal boundary surface has not been developed unlike for 2-dimensional one. In order to solve this issue, in this study we developed an automatic generation mesh system with internal boundary surface using 3-dimensional Delaunay triangulation.
  • 411 分散、並列計算環境におけるVirtual Engineering System構築に関する研究(計算力学II), 塩谷 隆二, 田上 大助, 金山 寛, 開田 友秀, 日本機械学会九州支部講演論文集, 2000, (53) 105 - 106,   2000年03月13日, VES(Virtual Engineering System) developed on the Internet is a simulation system that carries out thing-making on the computer network as a CAE(Computer Aided Engineering) system. VES is adopting the JAVA or CGI(Common Gateway Interface) for the interface between server and client through the network and applying to a variety of fields. In this study, as one of prototype of VES, a stress analysis system of beam model has been developed in parallel and distributed computers and technology of Web Computing and future plan of VES are discussed
  • 階層型領域分割法による超並列弾塑性有限要素解析, 宮村 倫司, 野口 裕久, 塩谷 隆二, 吉村 忍, 矢川 元基, 日本機械学會論文集. A編, 65, (634) 1201 - 1208,   1999年06月25日, The hierarchical domain decomposition method (HDDM) is a solver for large scale algebraic equations in the finite element method. It is suitable for various kinds of parallel computers such as massively parallel processors (MPP) and workstation/PC clusters. In this study, the original HDDM is first modified to improve computation speed, and then applied to static elastic-plastic finite element analyses. Some key techniques employed in the static nonlinear finite element analysis are presented. As illustrative examples, the parallel elastic-plastic analyses are performed on a nuclear structu...
  • インターネットを用いた並列有限要素解析, 塩谷 隆二, 田久保 宏行, 矢川 元基, 日本機械学會論文集. A編, 65, (634) 1216 - 1223,   1999年06月25日, As computers can be connected to each other through the internet, we are able to use a remote computer even if it is located overseas in the same way as using a computer which is located nearby. This paper describes a parallel finite element system using the domain decomposition method, which is implemented on a computer network made from remote computers at the Internet. The above system was successfully applied to the 3 D structural analyses with a high parallel efficiency.
  • 内部境界面を有する3次元モデルの自動メッシュ分割システム, 塩谷 隆二, 西田 正紀, 金山 寛, 吉村 忍, 矢川 元基, 秋葉 博, シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス発表論文集, 1999,   1999年06月14日
  • Stress analysis of ten million DOFs problem using iterative domain decomposition method, SHIOYA Ryuji, YAGAWA Genki, 計算工学講演会論文集, 3, (1) 33 - 34,   1999年05月26日
  • 1億自由度級問題のための有限要素法解析システムの開発, 吉村 忍, 宮村 倫司, 白井 出, 古川 知成, 和田 義孝, 矢川 元基, 野口 裕久, 塩谷 隆二, 計算工学講演会論文集, 4, (1) 371 - 372,   1999年05月26日
  • 前処理付きCG法による領域分割法の高速化に関する研究, 塩谷 隆二, 金山 寛, 荻野 正雄, 計算工学講演会論文集, 4, (1) 383 - 384,   1999年05月26日
  • 磁場解析における部分構造法の適用, 金山 寛, 塩谷 隆二, 田上 大助, 名切 健, 斉藤 雅浩, 計算工学講演会論文集, 4, (1) 585 - 586,   1999年05月26日
  • 階層型領域分割法による百万自由度立方体の弾塑性解析, 宮村 倫司, 野口 裕久, 塩谷 隆二, 吉村 忍, 矢川 元基, 計算工学講演会論文集, 3, (1) 35 - 36,   1999年05月26日
  • ICES'98会議報告, 末武 義崇, 池田 徹, 宮崎 康行, 岡澤 重信, 槙原 孝文, 塩谷 隆二, 磯部 大吾郎, 計算工学, 4, (1) 28 - 31,   1999年03月30日
  • 自作並列計算機とその計算工学への応用, 塩谷 隆二, 矢川 元基, 計算工学講演会論文集, 2, (1) 155 - 158,   1997年05月28日
  • 超並列計算機を用いた領域分割法 : 弾塑性問題への適用, 塩谷 隆二, 矢川 元基, 計算工学講演会論文集, 1, (1) 89 - 92,   1996年05月29日
  • 超並列計算機を用いた領域分割法--弾塑性問題への適用, 塩谷 隆二, 矢川 元基, 計算工学講演会論文集, 1, (1) 89 - 92,   1996年05月
  • データ分散管理型超並列有限要素法, 矢川 元基, 塩谷 隆二, シミュレーション, 14, (3) 232 - 239,   1995年09月15日, This paper describes an implementation of finite elements on a massively parallel computer. Computer simulations such as FEM are about to take place of experiments in various fields. At the same time, the scale of a model to be solved tends to be large and complex. In order to analyze such large scale and complex problems within limited memory and processing time, parallel computing seems promising. We have developed a parallel finite element system on a massively parallel computer, nCUBE2 consisting of 128 processing units. As a parallel numerical algorithm for the finite element analyses,...
  • 原子炉圧力容器の丸ごと解析 : 超並列計算機の応用, 矢川 元基, 塩谷 隆二, 日本機械学會誌, 97,   1994年09月05日

書籍等出版物

  • High-Performance Computing for Structural Mechanics and Earthquake / Tsunami Engineering
    Hiroshi Kawai, Masao Ogino, Ryuji Shioya, Shinobu Yoshimura
    Springer  2015年11月04日
  • 計算力学理論ハンドブック
    塩谷 隆二
    朝倉書店  2010年06月15日
  • 計算力学シミュレーションハンドブック―超ペタスケールコンピューティングの描像―
    塩谷 隆二、吉村忍 荻野正雄
    丸善  2009年12月07日
  • 計算力学ハンドブック
    塩谷 隆二
    朝倉書店  2007年05月25日
  • 構造工学ハンドブック
    塩谷 隆二
    丸善  2004年03月31日
  • 計算力学[VII]-計算力学における超並列計算法-
    塩谷 隆二、矢川元基
    養賢堂  2002年03月06日
  • 計算科学シリーズ「超並列有限要素解析」
    塩谷 隆二、矢川元基
    朝倉書店  1998年10月20日
  • 超並列コンピュータによる3次元FEM
    塩谷 隆二、矢川元基
    コンピュートロール No.40, コロナ社  1992年10月10日

講演・口頭発表等

  • 階層型領域分割法による1000億自由度並列有限要素解析, 塩谷 隆二、荻野正雄, 第18回計算工学講演会, Vol.18, D-11-1.pdf,   2013年06月21日
  • 超大規模解析のための高精細可視化ライブラリの開発, 塩谷 隆二、和田義孝 河合浩志, 第18回計算工学講演会, Vol.18, D-12-1.pdf,   2013年06月21日
  • 領域分割法に基づくオフライン可視化とWebGLによる大規模解析用ネットワークCAEシステムの開発, 塩谷 隆二、淀薫 和田義孝 三好昭生, 第18回計算工学講演会, Vol.18, D-12-2.pdf,   2013年06月21日
  • 地球シミュレータによる大規模有限要素法破壊力学解析と破壊力学パラメータの計算手法, 塩谷 隆二、荒井皓一郎 岡田裕 河合浩志 淀薫, 第18回計算工学講演会, Vol.18, H-6-1.pdf,   2013年06月21日
  • コース行列の逆行列を用いたBDD前処理, 塩谷 隆二、河合浩志 荻野正雄 吉村忍, 第18回計算工学講演会, Vol.18, D-9-1.pdf,   2013年06月20日
  • ADVENTURE振動固有値解析モジュールの開発, 塩谷 隆二、石川格 小林陽介 矢川元基, 第18回計算工学講演会, Vol.18, D-8-4.pdf,   2013年06月20日
  • 超大規模解析のための高精細可視化ライブラリの開発, 和田義孝, 河合浩志, 塩谷隆二, 計算工学講演会論文集(CD-ROM),   2013年06月19日
  • A Computational Study of Sparse Matrix Storage Schemes in Large Scale Thermal-Solid Coupling Analysis, 塩谷 隆二、A.M.M.MUKADDES Masao OGINO, International Conference on Computational Methods for Coupled Problems in Science and Engineering - COUPLED 2013, A953.pdf, p1, June 17-19 Ibiza, Spain,   2013年06月18日
  • Performance Benchmark of Local Solvers on Supercomputers in Domain Decomposition Method, 塩谷 隆二、Hiroshi KAWAI Masao OGINO Shinobu YOSHIMURA, The 9th International Conference on Fracture and Strength of Solids (FEOFS), June 9-13, Jeju, South Korea, OS26-016,   2013年05月12日
  • Parallel CAE system based on HTML5, WebGL and offline visualization technology with domain decomposition method, 塩谷 隆二、Kaworu YODO Yoshitaka WADA Akio MIYOSHI, The 9th International Conference on Fracture and Strength of Solids (FEOFS), June 9-13, Jeju, South Korea, OS027-009,   2013年05月12日
  • Vibration Analysis by an Eigenvalue Analysis Module of ADVENTURE System, 塩谷 隆二、IItaru ISHIKAWA Yosuke KOBAYASHI Genki YAGAWA, The 9th International Conference on Fracture and Strength of Solids (FEOFS), June 9-13, Jeju, South Korea, OS027-011,   2013年05月12日
  • Performance of Domain Decomposition Method with Sparse Matrix Storages Schemes, 塩谷 隆二、A.M.M.MUKADDES Masao OGINO, The 4th International Conference on Computational Methods(ICCM2012), Gold Coast, Australia,   2012年11月25日
  • Large Scale Eigenanalysis Using ADVENTURE with Pre/Post System, 塩谷 隆二、I. Ishikawa E. Tomiyama, The 4th International Conference on Computational Methods(ICCM2012), 434_ab.pdf, Coast, Australia,   2012年11月25日
  • A Scalable and High Performance Implementation of the Domain Decomposition Method, 塩谷 隆二、Masao OGINO, The 4th International Conference on Computational Methods(ICCM2012), 160.pdf, Gold Coast, Australia,   2012年11月25日
  • A Massively Parallel Structural Analysis Code on Peta-scale Supercomputer Based on Domain Decomposition Method Using Local Schur Complement Approach, 塩谷 隆二、Hiroshi KAWAI Masao OGINO Shinobu YOSHIMURA, The 4th International Conference on Computational Methods(ICCM2012), 159_ab.pdf,Gold Coast, Australia,   2012年11月25日
  • Development of a Numerical Library based on Hierarchical Domain Decomposition for Post Petascale Simulation, 塩谷 隆二, Propagation of Ultra-large-scale Computation by the Domain-decomposition-method for Industrial Problems (PUCDIP 2012), COE Lecture Note Vol.45, Kyushu University, Fukuoka (Japan),   2012年10月12日
  • ADVENTURE_Thermal - An Open Source Module for Large Scale Heat Conduction Problems, 塩谷 隆二、A.M.M.MUKADDES Masao OGINO, Propagation of Ultra-large-scale Computation by the Domain-decomposition-method for Industrial Problems (PUCDIP 2012), COE Lecture Note Vol.45, Kyushu University, Fukuoka (Japan),   2012年10月12日
  • Performance Evaluation of ADVENTURE on K Computer, 塩谷 隆二、Hiroshi KAWAI Masao OGINO Shinobu YOSHIMURA, Propagation of Ultra-large-scale Computation by the Domain-decomposition-method for Industrial Problems (PUCDIP 2012), COE Lecture Note Vol.45, Kyushu University, Fukuoka (Japan),   2012年10月12日
  • Computational Study of Sparse Matrix Storage Schemes in the Domain Decomposition Method, 塩谷 隆二、A.M.M.MUKADDES Masao OGINO, 日本機械学会第25回計算力学講演会, 神戸,   2012年10月06日
  • ADVENTURE固有値解析モジュールの開発, 塩谷 隆二、石川 格 小林陽介 矢川元基, 日本機械学会第25回計算力学講演会(CMD2012), 神戸,   2012年10月06日
  • MPI-OpenMPハイブリッド並列領域分割法による100億自由度規模有限要素解析, 塩谷 隆二、荻野正雄, 日本機械学会第25回計算力学講演会(CMD2012), 神戸,   2012年10月06日
  • Development of Structural Eigenanalysis Module for The Adventure System, 塩谷 隆二、I. Ishikawa Y. Kobayashi R. Nakaoka A. Matsuoka G. Yagawa, The 10th WORLD CONGRESS ON COMPUTATIONAL MECHANICS (WCCM 2012), 19719.pdf, Sao Paulo, Brazil,   2012年07月09日
  • A DDM Implementation Using Local Schur Complement Approach on Peta-Scale Supercomputer, 塩谷 隆二、Hiroshi KAWAI Masao OGINO Shinobu YOSHIMURA, The 10th World Congress on Computational Mechanics (WCCM 2012), Sao Paulo, Brazil,   2012年07月08日
  • 領域分割法に基づくローカルソルバーの京コンピュータでの性能評価, 塩谷 隆二、河合浩志 荻野正雄 吉村忍, 第17回計算工学講演会, Vol.17, F-1-2.pdf,   2012年05月29日
  • ポストペタスケールシミュレーションのためのライブラリ開発, 塩谷 隆二, 第2回CCMR-HDDMPPS合同シンポジウム, 東洋大学,   2012年03月28日
  • 連続体力学におけるテンソル・行列演算向けDSL, 塩谷 隆二, 2012年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム(HPCS2012), IPSJ-HPCS2012022.pdf,   2012年01月25日
  • BDD法における大規模疎行列向けコースグリッド修正法, 塩谷 隆二、荻野正雄 河合浩志 吉村忍, 2012年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム(HPCS2012), IPSJ-HPCS2012023.pdf,   2012年01月25日
  • スマートフォン端末を用いたCAE可視化システム, 塩谷 隆二、大橋秀樹 浅海拓来, 2012年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム(HPCS2012), IPSJ-HPCS2012041.pdf,   2012年01月25日
  • Scalable and High Performance Implementation of a Balancing Domain Decomposition Method for Multicore Clusters, 塩谷 隆二、Masao OGINO Hiroshi KAWAI Shinobu YOSHIMURA, International Conference on Materials and Reliability 2011 (ICMR2011), ICMR2011-R239.pdf, BEXCO Busan, Korea,   2011年11月21日
  • BDD Solver on Large-scale PC Clusters Using Parallel Skyline Method for Coarse Grid Correction, 塩谷 隆二、Hiroshi KAWAI Masao OGINO Shinobu YOSHIMURA, International Conference on Materials and Reliability 2011 (ICMR2011), ICMR2011-R321.pdf, BEXCO Busan, Korea,   2011年11月21日
  • A Parallel Structural Solver Based on Balancing Domain Decomposition Method for Multi-core Scalar HPC Platforms, 塩谷 隆二、Hiroshi KAWAI Masao OGINO Shinobu YOSHIMURA, The 11th US National Congress on Computational Mechanics, 213682AbstractContentFile.pdf, Minneapolis, USA,   2011年07月26日
  • Development of Cloud Based CAE System for Smartphone Devices, 塩谷 隆二、Hideki Ohashi Shouta Shirayanagi, The 11th US National Congress on Computational Mechanics, 213744AbstractContentFile.pdf, Minneapolis, USA,   2011年07月26日
  • スマートフォン端末を用いたクラウド型CAEシステム, 塩谷 隆二、大橋秀樹 白柳翔太, 第16回計算工学講演会, Vol.16, F-2-3.pdf,   2011年05月25日
  • 領域分割法のハイブリッド並列化のためのOpenMPベース部分領域ソルバー, 塩谷 隆二、河合浩志 荻野正雄 吉村忍, 第16回計算工学講演会, Vol.16, F-5-2.pdf,   2011年05月25日
  • Parallel CAE System for Large Scale Problems Based on Computer Network, 塩谷 隆二、Masao OGINO Hiroshi KAWAI, BWCCA-2010(2010 International Conference on Broadband, Wireless Computing, Communication and Applications), Fukuoka, JAPAN,   2010年11月05日
  • A Parallel Skyline Solver for Coarse Grid Correction of BDD Pre-conditioning in Domain Decomposition Method, 塩谷 隆二、Hiroshi KAWAI Masao OGINO Shinobu YOSHIMURA, BWCCA-2010(2010 International Conference on Broadband, Wireless Computing, Communication and Applications), Fukuoka, JAPAN,   2010年11月05日
  • Defect Identification by Sensor Network under Uncertainties, 塩谷 隆二、Tomonari Furukawa inquan Cheng Shen Hin Lim Fei Xu, BWCCA-2010(2010 International Conference on Broadband, Wireless Computing, Communication and Applications), Fukuoka, JAPAN,   2010年11月05日
  • Parallel Implementation of a Balancing Domain Decomposition Method for Multi-core Processors, 塩谷 隆二、Masao OGINO Hiroshi KAWAI Shinobu YOSHIMURA, BWCCA-2010(2010 International Conference on Broadband, Wireless Computing, Communication and Applications), Fukuoka, JAPAN,   2010年11月05日
  • ADVENTURE_SolidのBDD前処理への並列直接法ソルバーの導入, 塩谷 隆二、河合浩志 荻野正雄 吉村忍, 日本機械学会第23回計算力学講演会,   2010年09月24日
  • A Large Scale Finite Element Analysis for High Pressure Hydrogen Gas Storage (Keynote Lecture), Abstract-971, 塩谷 隆二、Masao OGINO Hiroshi KAWAI, WCCM/APCOM2010, Sydney, AUSTRALIA,   2010年07月23日
  • Eigen Frequency Analysis by Enriched Free Mesh Method (Keynote Lecture), Abstract-238, 塩谷 隆二、Yosuke KOBAYASHI Genki YAGAWA, WCCM/APCOM2010, Sydney, AUSTRALIA,   2010年07月20日
  • Hierarchical Domain-Decomposition Method on Various Types of Processor Architecture Including Multi-Core Scalar Vector and GPU, Abstract-929, 塩谷 隆二、Hiroshi KAWAI Masao OGINO Shinobu YOSHIMURA, WCCM/APCOM2010, Sydney, AUSTRALIA,   2010年07月20日
  • Simulation for Predicting Quake-Proof Capability of Nuclear Power Plants using The Earth Simulator (Keynote), 塩谷 隆二, 8th International Conference on Fracture & Strength of Solids 2010 (FEOFS 2010), Kuala Lumpur, MALAYSIA,   2010年06月09日
  • Large Scale Elasto-Plastic Analysis Using Domain Decomposition Method Optimized For Multi-Core CPU Architecture, 塩谷 隆二、Hiroshi KAWAI Masao OGINO Shinobu YOSHIMURA, 8th International Conference on Fracture & Strength of Solids 2010 (FEOFS 2010), Kuala Lumpur, MALAYSIA,   2010年06月08日
  • arallel Eigen Frequency Analysis Using Enriched Free Mesh Method, 塩谷 隆二、Yosuke KOBAYASHI Genki YAGAWA, 8th International Conference on Fracture & Strength of Solids 2010 (FEOFS 2010), Kuala Lumpur, MALAYSIA,   2010年06月08日
  • ADVENTURE2の開発とプリポスト技術, 塩谷 隆二、吉村忍 河合浩志 荻野正雄 宮村倫司 淀薫 三好昭生, 第15回計算工学講演会, Vol.15, No.1,   2010年05月27日
  • マルチコアPCクラスタ環境におけるBDD法のハイブリッド並列実装, 塩谷 隆二、荻野正雄 金山寛, 第15回計算工学講演会, Vol.15, No.1,   2010年05月27日
  • 領域分割法におけるBDD前処理のための並列直接ソルバーの開発, 塩谷 隆二、河合浩志 荻野正雄 吉村忍, 第15回計算工学講演会, Vol.15, No.1,   2010年05月27日
  • Enriched Free Mesh Methodによる並列解析, 塩谷 隆二、小林陽介 矢川元基, 第15回計算工学講演会, Vol.15, No.1,   2010年05月27日
  • The next-generation computational solid mechanics simulator using the IBDD-DIAG method, 塩谷 隆二、Masao OGINO Hiroshi KAWAI, 2nd International Workshops on Advances in Computational Mechanics, Yokohama, JAPAN,   2010年03月29日
  • 3次元階層メッシュを用いた亀裂進展解析, 塩谷 隆二、室谷浩平 矢川元基, 第22回計算力学講演会,   2009年10月11日
  • EBE反復法を用いたメニーコア環境向けDDM, 塩谷 隆二、河合浩志 荻野正雄 吉村忍, 第22回計算力学講演会,   2009年10月10日
  • Enriched Free Mesh Methodによる超大規模並列固有振動解析, 塩谷 隆二、小林陽介 矢川元基, 第22回計算力学講演会,   2009年10月10日
  • 地球シミュレータによる2億自由度構造解析とオフライン可視化, 塩谷 隆二、河合浩志 荻野正雄 吉村忍, 第37回可視化情報シンポジウム,   2009年07月21日
  • An Adaptive Analysis of Fracture Mechanics Using A Hierarchical Mesh on The Adventure System, 塩谷 隆二、Kohei MUROTANI Genki YAGAWA, Mini Symposium on Fracture and Strength of Solids 2009, Penang Malaysia,   2009年06月04日
  • BDD法のマルチコア向け実装と収束性評価, 塩谷 隆二、荻野正雄 河合浩志 吉村忍, 第14回計算工学講演会, Vol.14, No.1,   2009年05月13日

受賞

  •   2017年, 日本計算工学会, 川井メダル
  •   2013年, 日本計算力学連合, JACM Fellows Award
  •   2013年, 日本機械学会, 計算力学部門第91期業績賞
  •   2013年, 日本計算工学会第18回計算工学講演会ベストペーパーアワード(2013)
  •   2007年, 日本計算力学連合奨励賞(2007)
  •   2002年, 日本計算工学会論文賞(2002)
  •   2001年, 日本計算工学会奨励賞(2001)

競争的資金

  • 超並列計算法を中心とした計算力学
  • インターネットを利用したプラグイン型CAEシステム構築に関する研究, 科学研究費 基盤研究(C)(一般), 塩谷 隆二
  • ポストペタスケールシミュレーションのための階層分割型数値解法ライブラリ開発, 戦略的創造研究推進事業CREST, 塩谷 隆二