詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

藤本 貴之フジモト タカユキ

所属・担当
総合情報学科
人間科学総合研究所
総合情報学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://www.fujimotokyo.com
生年月日
Last Updated :2017/09/10

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:【専門】
    情報デザイン論、メディア構造論、ネット炎上の分析と技術

    【現職】
    東洋大学 総合情報学部・教授
    合同会社 藤本情報デザイン事務所・クリエイティブディレクター

    【その他】
    北陸先端科学技術大学院大学・教育連携客員准教授
    株式会社 ウィズダムウェブ・代表取締役
    日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)・正会員

    【学歴】
    1976年、東京生まれ。1995年、東京都立 新宿高等学校、卒業。2001年、早稲田大学 教育学部、卒業。2003年、北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科、修了。修士(知識科学)。2007年、山形大学大学院理工学研究科より、論文博士により、博士(学術)。

学歴

  • 2007年10月 - 2007年10月, 山形大学大学院, 理工学研究科, 博士(学術)
  • 2001年04月 - 2003年03月, 北陸先端科学技術大学院大学, 知識科学研究科, 知識社会システム学専攻
  • 1997年04月 - 2001年03月, 早稲田大学, 教育学部, 教育学科

学位

  • 博士(学術), 山形大学
  • 修士(知識科学), 北陸先端科学技術大学院大学
  • 学士(教育学), 早稲田大学

所属学協会

  • IEEE
  • 情報処理学会

委員歴

  •   2017年 - 現在, 4th International Conference on Computational Science/ Intelligence & Applied Informatics (CSII 2017), Program Chair
  •   2016年10月 - 現在, 国際ICT利用研究学会, 理事
  •   2015年04月 - 現在, IEEE/ACIS International Workshop on Information Design and Media Technology2015 (IDMT2015), Organizer/Program Chair
  •   2009年 - 現在, International Conference on Cooperative Design, Visualization and Engineering, Organization committee
  •   2007年 - 2008年, The 2nd International Workshop on e-Activity(IWEA2008), Program Chair/Organize
  •   2007年 - 2008年, Organization advise committee, The 5th International Conference on Cooperative Design, Visualization and Engineering
  •   2007年, プログラム委員, エンタテインメントコンピューティング2007(EC2007)
  •   2006年 - 2008年, , 専門委員, 吹田市立芸術文化館構想策定専門検討委員会
  •   2006年 - 2007年, , Program Chair/Organizer:The 1st International Workshop on e-Activity(IWEA2007)

経歴

  •   2017年04月 - 現在, 東洋大学, 総合情報学部, 教授
  •   2017年04月 - 現在, 東洋大学大学院, 総合情報学研究科, 教授
  •   2010年04月 - 2017年03月, 東洋大学, 総合情報学部, 准教授
  •   2003年09月 - 2006年03月, 神奈川工科大学, 情報学部, 助手
  •   2006年04月 - 2008年03月, 園田学園女子大学, 未来デザイン学部, 専任講師
  •   2008年04月 - 2010年03月, 東洋大学, 工学部, 専任講師

研究活動情報

研究分野

  • 情報学, メディア情報学・データベース
  • 情報学, 知能情報学
  • 情報学, 感性情報学・ソフトコンピューティング
  • デザイン学, デザイン学, メディアデザイン

研究キーワード

    パクリ・模倣・盗作・剽窃, ネット炎上, 情報デザイン, メディア構造論, メディア論

論文

  • The development and evaluation for Japanese “Origami” application with 3D expression, Risa Ogawa, Takayuki Fujimoto, 25th International Conference on Systems Engineering, 343 - 348,   2017年08月
  • Proposal and Development of Artificial Personality with Requesting Mechanism, Yosuke Kanai, Takayuki Fujimoto, 25th International Conference on Systems Engineering, アメリカ合衆国, 251 - 255,   2017年08月
  • Proposal of Expressive SNS Application with Font Adjustment Function, Yui Tanaka, Takayuki Fujimoto, 25th International Conference on Systems Engineering, 256 - 260,   2017年08月
  • Development of “Multiple Sightseeing Spot Scheduling System” and Evaluation Experiment, Kazuya Murata, Takayuki Fujimoto, 25th International Conference on Systems Engineering, 241 - 246,   2017年08月
  • Implementation and Evaluation of Document Production Support System “DLO-Editor” with Obsession Mechanism, Ziran Fan, FUJIMOTO Takayuki, 25th International Conference on Systems Engineering, 233 - 240,   2017年08月
  • The realization of 3D modeling system for Japanese Origami, Risa Ogawa, Takayuki Fujimoto, 4th International Conference on Computational Science/ Intelligence & Applied Infomatics(CSII2017), 204 - 209,   2017年07月
  • Proposal and Development of Artificial Personality(AP) application using the "requesting" mechanism, Yosuke Kanai, Takayuki Fujimoto, 4th International Conference on Computational Science/ Intelligence & Applied Infomatics(CSII2017),   2017年07月
  • Improvement of "Multiple Sightseeing Spot Scheduling System", Kazuya Murata, Takayuki Fujimoto, 4th International Conference on Computational Science/ Intelligence & Applied Infomatics(CSII2017),   2017年07月
  • Implementation of Document Production Support System with Obsession Mechanism, Ziran Fan, Takayuki Fujimoto, 4th International Conference on Computational Science/ Intelligence & Applied Infomatics(CSII2017),   2017年07月
  • Multi Modification Design Model:New Visual Expression by a Computer without CG Technology, 藤本 貴之, International Journal of Computer Science and Network Security, 16, (6) 94 - 100,   2016年07月
  • Putting SDSS into Practical Use: A Creativity Support System to Enable a State of “Mental Alertness”, 安達元一,藤本貴之, International Journal of Computer Science and Network Security, 15, (11) 1 - 9,   2015年12月
  • 情報をわかりやすくするデザイン:情報デザインは『何であって』『何でない』のか, 藤本 貴之, 情報の科学と技術( (社)情報科学技術協会), 65, (11) 450 - 456,   2015年11月
  • Proposal of programming creation application using road signs by smartphones, Reiko Kuwabara, Takayuki Fujimoto, IEEE/ACIS International Workshop on Information Design and Media Technology 2015, 497 - 502,   2015年06月
  • Proposal of Multiple Travel Scheduling System based on Inverse Operation Method, Kazuya Murata, Takayuki Fujimoto, IEEE/ACIS International Workshop on Information Design and Media Technology 2015, 503 - 507,   2015年06月
  • SDSS : Proposal on Feeding Support Application Software which Enables the User to Create a State of “Mental Alertness”, Motoichi Apache, Takayuki Fujimoto, IEEE/ACIS International Workshop on Information Design and Media Technology 2015, 513 - 518,   2015年06月
  • Proposal of Appreciation Support System to Reflect the Opinion of Visitor About Art Objects in Art Museum, Koji Fujita, Takayuki Fujimoto, Eighth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking, 94 - 95,   2015年01月
  • Prototype Development of " Integrative Education Environmental System Using Smart Phone " and Proposal of Operational Model, Kazuya Murata, Takayuki Fujimoto, Eighth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking, 92 - 93,   2015年01月
  • Development of Avatar creation Smartphone Application reflecting expression of Japanese comics character, Reiko Kuwabara, Takayuki Fujimoto, Eighth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking, 48 - 52,   2015年01月
  • Integrative Education Environmental System”, Operated by Active Learning System Using Smart Phone, 村田和也, 藤本貴之, Int. Journal of Computer Science & Network Security, 14, (2) ,   2014年02月
  • 情報デザイン3.0へ : 「伝える」ための情報のデザイン, 藤本 貴之, 「Re」(特集 デザインのちから)一般財団法人・建築保全センター, Re : Building maintenance & management, 34, (3) 41 - 46,   2013年01月
  • Scenario-Based Career Path Decision Support Services in Human Capital Development., Tokuro Matsuo,Yoshihito Saito,Takanori Terashima,Takayuki Fujimoto, IJHCITP, 3, (1) 15 - 25,   2012年
  • 伝わる映像の制作には何が必要か, 藤本 貴之, 広報会議 (特集 自社で撮影、自分で編集 コストをかけずに作るPR映像), 広報会議, (18) 100 - 102,   2010年07月
  • フリーハンド描画による直感的インタフェースシステムの提案と構築, 鈴木文子, 藤本貴之, コンピュータ&エデュケーション(コンピュータ利用教育学会), コンピュータ&エデュケーション, 29, (0) 53 - 56,   2010年06月
  • Analogical Thinking based Instruction Method in IT Professional Education, 松尾 徳朗,藤本 貴之, International Journal of Human Capital and Information Technology Professionals, 1, (3) ,   2010年
  • 産学連携・映像メディア教育プログラムの実践とそのねらい~東洋大学総合情報学部『産学連携・映像メディア講座』の試み~, 藤本 貴之,奥村 健太,藤原 道夫, コンピュータ&エデュケーション(コンピュータ利用教育学会), コンピュータ&エデュケーション, 29, (0) 77 - 80,   2009年12月
  • 「萌え」における現実と非現実--オタク、ナード、ギーク、萌え, 藤本 貴之, 國文學 : 解釈と教材の研究 (特集 「萌え」の正体), 國文學 : 解釈と教材の研究, 53, (16) 122 - 129,   2008年11月
  • 九〇年代のネオテニー--あるいは、現実としての「中島らも」, 藤本 貴之, ユリイカ (特集 中島らも--バッド・チューニングの作家), ユリイカ, 40, (2) 183 - 192,   2008年02月
  • 企業における危機管理教育のための支援システムの検討, 高橋 里司, 藤本 貴之, 松尾 徳朗, コンピュータ&エデュケーション(コンピュータ利用教育学会), コンピュータ&エデュケーション, 25, (0) 100 - 105,   2008年
  • Multi-sided Matching Lecture Allocation Mechanism., Yoshihito Saito,Takayuki Fujimoto,Tokuro Matsuo, New Challenges in Applied Intelligence Technologies, 299 - 308,   2008年
  • 情報宇宙の彼方へ--澁澤龍彦の現代性 , 藤本 貴之, ユリイカ(特集 澁澤龍彦 二〇年目の航海), ユリイカ, 39, (10) 184 - 193,   2007年08月
  • 情報デザイン概念に基づく教育モデルの検討, 藤本 貴之, 松尾 徳朗, コンピュータ&エデュケーション(コンピュータ利用技術学会), コンピュータ&エデュケーション, 22, 94 - 99,   2007年06月
  • 情報推薦機関としてのライブラリモデル : 情報プッシュ型に関する一考察, 松尾 徳朗, 藤本 貴之, 情報の科学と技術((社)情報科学技術協会), 情報の科学と技術, 57, (5) 256 - 260,   2007年05月
  • アナロジカルシンキングに基づくソフトウェア工学教育法, 松尾 徳朗, 藤本 貴之, コンピュータ&エデュケーション(コンピュータ利用教育学会), コンピュータ&エデュケーション, 23, (0) 95 - 100,   2007年
  • 通信制大学等における遠隔論文作成支援/指導支援システムの提案, 藤本 貴之, 松尾 徳朗, 日本教育工学会論文誌, 日本教育工学会論文誌, 29巻-Suppl号, (0) 197 - 200,   2006年03月
  • An Effective Class Organization Support System based on Multi-attribute Utility Theory, 松尾徳朗, 藤本貴之, International Journal of Computer Science and Network Security, Vol. 6, No. 1, pp. 102-107,   2006年
  • A New Lecture Allocation Support System Based on Users' Multiple Preferences in Campus Information Systems., Tokuro Matsuo,Takayuki Fujimoto, International Journal of Computational Intelligence and Applications, 6, (2) 245 - 256,   2006年
  • ClassCoordinator:選択科目クラス編成支援システム, 松尾 徳朗, 藤本 貴之, ヒューマンインタフェース学会論文誌 (特集論文 コミュニケーション支援(2)), ヒュ-マンインタフェ-ス学会論文誌, 7, (3) 361 - 368,   2005年08月
  • Ie-Web:Webベース相互編集型協調的論文作成支援システム, 藤本 貴之, 松尾 徳朗, コンピュータ&エデュケーション(コンピュータ利用教育学会), コンピュータ&エデュケーション, 19, (0) 110 - 115,   2005年
  • 選択科目における学生の嗜好に基づいた授業選択/クラス編成支援システム, 藤本 貴之, 松尾 徳朗, コンピュータ&エデュケーション(コンピュータ利用教育学会), コンピュータ&エデュケーション, 16, (0) 88 - 94,   2004年
  • 相互扶助概念としてのインターネット・アクセシビリティ:―視覚障害者にもアクセシブルなWebsiteの構築から―, 藤本 貴之, 林 幸夫, コンピュータ&エデュケーション(コンピュータ利用教育学会), コンピュータ&エデュケーション, 12, (0) 76 - 83,   2002年
  • 知識社会における教育概念の再構築-情報/知識概念の再読から-, 藤本 貴之, 情報文化学会、情報文化学会誌, 情報文化学会誌, 8, (1) 79 - 88,   2001年12月
  • オープンソースによる教育情報データベース構築へ向けて, 藤本 貴之, コンピュータ&エデュケーション(コンピュータ利用教育学会), コンピュータ&エデュケーション, 11, (0) 77 - 83,   2001年

書籍等出版物

  • だからデザイナーは炎上する(中央公論新社)
    藤本 貴之
    単著  2016年03月
  • 脳にアイデアを思いつかせる技術(講談社)
    藤本貴之, 安達元一
    共著講談社  2013年01月
  • E-Activity and Intelligent Web Construction: Effects of Social Design(IGI)
    藤本貴之
    共編者IGI Global  2011年05月
  • 映像メディアのプロになる!~テレビ業界の実像から映像制作・技法まで~(河出書房新社)
    藤本貴之,奥村健太
    共著河出書房新社  2010年03月
  • 情報デザインの想像力- イメージの史学 -(現代数学社)
    単著現代数学社  2005年02月

特許

  • 選択科目クラス編成支援システム, 特願2004-300742
  • オンライン研究教育支援システム, 特願2005-156333
  • 研究者支援システム, 特願2006-177235
  • 研究者交流支援システム, 特願2006-187204

競争的資金

  • デザインにおける「パクリ」の発生要因とその抑止:「パクリ」と模倣・剽窃の差異, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 藤本 貴之
  • 産学連携・東洋大学インターネット放送局事業, 公益財団法人KDDI財団, 助成事業(社会的・文化的諸活動助成), 藤本 貴之

教育活動情報

担当経験のある科目

  • メディア概論/映像メディア概論, 東洋大学
  • 映像メディア作成技法/映像メディア制作, 東洋大学
  • メディア史, 東洋大学
  • 情報メディア論, 東洋大学
  • ゲームの歴史, 東洋大学
  • マルチメディアコンテンツ, 東洋大学大学院
  • サウンドアーツ, 園田学園女子大学
  • 商業デザイン, 園田学園女子大学