研究者総覧

クリストファー ウィーバー (クリストファー ウィーバー)

  • 経営学部経営学科 准教授
Last Updated :2021/04/10

研究者情報

学位

  • 博士(教育学)-Curriculum,Instruction and Technology in Education

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 50345336

J-Global ID

研究キーワード

  • 対話者   評価尺度   感度   項目ターゲット化   Rasch Measurement   WTC   コミュニケーション不安   コミュニケーション意欲   評定尺度   英語学力検査   英語コミュニケーション   ビジネス英語   ラッシュ分析   英語の授業   信頼性   理工系学生   英語   項目難度   ラッシュ測定理論   カットポイントターゲット化   異文化理解   項目要求度   異文化理解力   カテゴリー   読みやすさ指数   大学入試   最適化   

研究分野

  • 人文・社会 / 外国語教育

経歴

  • 2011年  東洋大学経営学部准教授

学歴

  •         - 2010年   Temple University Japan   College of Education   Doctorate

研究活動情報

論文

  • The TOEIC® IP test as a placement test: Its potential formative value
    クリストファー ウィーバー
    JALT Journal 38 1 5 - 25 2016年 [査読有り]
  • Incorporating a formative assessment cycle into task-based language teaching in a university setting in Japan.
    Christopher Weaver
    Task-Based Language Teaching: Issues, Research, and Practice. 287 - 312 2012年 [査読有り]
  • Evaluating and customizing a commercially produced EFL placement examination
    クリストファー ウィーバー
    JALT2007 conference proceedings 1033 - 1044 2008年11月
  • The variability of foreign language anxiety over time
    クリストファー ウィーバー
    JALT2007 conference proceedings 272 - 282 2008年11月
  • Comparing placement decisions based on raw test scores and Rasch ability scores
    クリストファー ウィーバー
    The Language Teacher 32 6 3 - 8 2008年06月
  • Defining and tracking student performance on an EFL placement examination over a three-year period
    クリストファー ウィーバー
    Jissen Women’s University FLC Journal 3 49 - 61 2008年03月
  • Tracking and targeting: Investigating item performance on the English section of a university entrance examination over a four year period
    クリストファー ウィーバー
    JALT Journal 30 1 105 - 128 2008年01月
  • A Rasch-based evaluation of the presence of item bias in a placement examination designed for an EFL reading program
    クリストファー ウィーバー
    Pan-SIG 2007 Conference Proceedings 84 - 96 2007年07月
  • 受験者の英語コミュニケーション能力識別のための評価尺度について「分析例」―ラッシュ・モデルが期待する評価尺度のパフォーマンス―
    クリストファー ウィーバー
    大学入試研究ジャーナル 17 135 - 142 2007年05月
  • 英語のリーディング・スキルに関するアンケート調査結果の解析 ―教員と学生による英文サンプル評価―
    クリストファー ウィーバー
    Tokyo University of Agriculture and Technology Journal of Higher Education 13 - 26 2007年03月
  • Willingness to communicate: A mediating factor in the interaction between learners and tasks.
    Christopher Weaver
    Tasks in action: Task-based language education from a classroom-based perspective. 153 - 187 2007年 [査読有り]
  • Using genre analysis to unlock the language learning potential of infomercials
    クリストファー ウィーバー
    On JALT2005: Sharing our stories 686 - 693 2006年10月
  • Successful student infomercials start with a genre analysis
    クリストファー ウィーバー
    The Language Teacher 30 10 19  2006年10月
  • Evaluating the use of rating scales in a high-stakes Japanese university entrance examination
    クリストファー ウィーバー
    Spaan Fellow Working Papers in Second or Foreign Language Assessment 6 57 - 79 2006年06月
  • 受験者の英語コミュニケーション能力の多面的評価に向けて:分析
    クリストファー ウィーバー
    大学入試研究ジャーナル 16 125 - 132 2006年05月
  • How university entrance examination scores can inform more than just admission decisions
    クリストファー ウィーバー
    Pan-SIG 2005 Conference Proceedings 114 - 121 2006年04月
  • 受験者の英語コミュニケーション能力識別のための評価尺度について―ラッシュ・モデルが期待する評価尺度のパフォーマンス―
    クリストファー ウィーバー
    全国大学入学者選抜研究連絡協議会予稿集 第1回大会 153 - 158 2006年03月
  • Mass media on the Internet: A portal for global understanding
    クリストファー ウィーバー
    JALTCALL 2005 Conference Proceedings: Glocalization through CALL: Bringing people together 88 - 92 2006年03月
  • Factors underlying learners' perceived ability to give directions in their L2
    クリストファー ウィーバー
    JALT 2004 Conference Proceedings 174 - 184 2005年11月
  • 受験者の英語コミュニケーション能力の多面的評価に向けて
    クリストファー ウィーバー
    国立大学入学者選抜研究連絡協議会予稿集 第26回大会 139 - 145 2005年10月
  • 個別学力検査(英語)のラッシュ分析
    クリストファー ウィーバー
    大学入試研究ジャーナル 15 147 - 153 2005年09月
  • Assessing oral communicative competence in a university entrance examination
    クリストファー ウィーバー
    The Language Teacher 29 1 3 - 9 2005年01月
  • クリストファー ウィーバー
    Journal of Applied Measurement 6 4 396 - 415 2005年
  • Using the Rasch model to develop a measure of second language learners’ willingness to communicate within a language classroom.
    Christopher Weaver
    Journal of Applied Measurement 6 4 386 - 415 2005年 [査読有り]
  • Going to press: Some considerations when putting your textbook into print
    クリストファー ウィーバー
    Between the Keys 10 2 4 - 8 2002年02月
  • Wearing Ideology? [Review of the book Wearing Ideology: State, Schooling, and Self-Presentation in Japan]
    クリストファー ウィーバー
    The Language Teacher 25 10 59 - 60 2001年10月
  • The character and effect of peer advice on subsequent oral production
    クリストファー ウィーバー
    Daito Bunka University Language Education Research 18 1 - 22 2000年11月
  • Designing questionnaires to maximize conditions for language learning
    クリストファー ウィーバー
    Between the Keys 7 6 1 - 6 2000年06月
  • Do you want to see something captivating: Designing proactive focus on form tasks
    クリストファー ウィーバー
    Between the Keys 7 5 1 - 7 2000年05月
  • Stressing the NBA
    クリストファー ウィーバー
    Proceedings of the 1999 JALT International Conference 193 - 195 2000年05月
  • Information transfer diagrams
    クリストファー ウィーバー
    Between the Keys 7 4 3 - 6 2000年04月
  • Putting some bounce into students’ English: Teaching students the communicative function of word and sentence stress
    クリストファー ウィーバー
    Temple University Japan Studies in Applied Linguistics 49 - 54 1999年11月

書籍

  • Willingness to communicate: A mediating factor in the interaction between learners and tasks
    クリストファー ウィーバー Tasks in action: Task-based language education from a classroom-based perspective 2007年11月

講演・口頭発表等

  • Applying Rasch analysis to a test of pragmatic knowledge  [通常講演]
    クリストファー ウィーバー
    Temple University Applied Linguistics Colloquium 2003年02月
  • Advice sequences  [通常講演]
    クリストファー ウィーバー
    Association Internationale de Linguistique Applique (AILA) conference 2002年12月
  • Fostering international exchange in EFL classrooms  [通常講演]
    クリストファー ウィーバー
    Japan Association of Language Teachers (JALT) conference 2002年11月
  • Contextual and cultural influences on learners working in groups  [通常講演]
    クリストファー ウィーバー
    Knowledge and Discourse Conference 2002年06月
  • Pre-task planning: Does practice make perfect?  [通常講演]
    クリストファー ウィーバー
    Association of American Applied Linguistics (AAAL) conference 2002年04月
  • Media literacy and the Internet  [通常講演]
    クリストファー ウィーバー
    Information Technology and Universities in Asia (ITUA) conference 2002年04月
  • Words in motion with information transfer diagrams  [通常講演]
    クリストファー ウィーバー
    Temple University Applied Linguistics Colloquium 2002年02月
  • How different classroom tasks influence grammar learning  [通常講演]
    クリストファー ウィーバー
    Japan Association of Language Teachers (JALT) conference 2001年11月
  • The effects of planning time on accuracy  [通常講演]
    クリストファー ウィーバー
    Pacific Second Language Research Forum (PacSLRF) 2001年10月
  • The character and effect of peer feedback on English oral production  [通常講演]
    クリストファー ウィーバー
    Temple University Applied Linguistics Colloquium 1999年11月
  • Stressing the NBA  [通常講演]
    クリストファー ウィーバー
    Japan Association of Language Teachers (JALT) conference 1999年10月

受賞

  • 2005年 English Language Institute at University of Michigan. Spaan Fellowship for Studies in Second or Foreign Language Assessment
     
    受賞者: Christopher Weaver

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 日本人大学生と外国人留学生の就職面接におけるイメージマネージメント(IM)について
    井上円了記念研究助成金(研究の助成)
    研究期間 : 2013年 -2013年 
    代表者 : クリストファー ウィーバー
  • 英語コミュニケーション意欲と異文化理解力ある経営学専攻学生育成のための実践的研究
    Japanese Society for the Promotion of Science:
    研究期間 : 2009年04月 -2011年03月 
    代表者 : Christopher Weaver
  • 英語コミュニケーション意欲と異文化理解力ある経営学専攻学生育成のための実践的研究
    科学研究費 基盤研究(B)(一般)
    研究期間 : 2009年 -2011年 
    代表者 : Chris Weaver
  • 学術的な場における理工系学生の英語コミュニケーション意欲を高めるための実践的研究
    Japanese Society for the Promotion of Science:
    研究期間 : 2007年04月 -2008年03月 
    代表者 : クリストファー ウィーバー
  • 学術的な場における理工系学生の英語コミュニケーション意欲を高めるための実践的研究
    科学研究費 基盤研究(B)(一般)
    研究期間 : 2007年 -2008年 
    代表者 : Chris Weaver
  • 大学入学試験における英語個別学力検査の評価尺度の最適化に関する研究
    科学研究費 基盤研究(C)(一般)
    研究期間 : 2005年 -2006年 
    代表者 : Chris Weaver
  • 2005 Spaan Fellowship for Studies in Second or Foreign Language Assessment
    English Language Institute at University of Michigan
    研究期間 : 2005年 -2005年 
    代表者 : クリストファー ウィーバー
  • コンピュータ適応型英語プレイスメント・テスト試作のためのパイロット・スタディ
    東京農工大学
    研究期間 : 2005年 -2005年

その他のリンク

researchmap