Researchers Database

KOBAYASHIKAI

    Department of Information Sciences and Arts Assistant Professor
Last Updated :2021/08/31

Researcher Information

J-Global ID

Research Interests

  • Coaching Sciences   Sports Biomechanics   Sports Sciences   

Research Areas

  • Life sciences / Sports science

Academic & Professional Experience

  • 2021/04 - Today  Toyo UniversityFaculty of Information Sciences and Arts助教
  • 2012/02 - Today  Nihon UniversityCollege of Economics非常勤講師
  • 2018/04 - 2021/03  Toyo UniversityFaculty of Science and Engineering非常勤講師
  • 2018/04 - 2021/03  Tokyo Keizai University全学共通教育センター特任講師
  • 2015/08 - 2018/03  JAPAN SPORT COUNCILThe High Performance Support Project契約職員
  • 2010/04 - 2018/03  Meiji Gakuin UniversityCenter of Liberal Arts非常勤講師
  • 2011/04 - 2015/07  Mejiro UniversityFaculty of Human Sciences専任講師(期限付)
  • 2010/04 - 2011/03  Waseda UniversityFaculty of Sport Sciences研究助手
  • 2007/04 - 2010/03  J. F. Oberlin UniversityCollege of Health and Welfare非常勤講師

Education

  • 2007/04 - 2011/01  Waseda University  Graduate School of Sport Sciences  スポーツ科学専攻
  • 2005/04 - 2007/03  Waseda University  Graduate School of Human Sciences  スポーツ科学専攻
  • 1998/04 - 2002/03  Waseda University  School of Human Sciences  スポーツ科学科

Association Memberships

  • 日本コーチング学会   日本スプリント学会   日本体育学会   日本トレーニング科学会   日本バレーボール学会   日本体力医学会   日本バイオメカニクス学会   東京体育学会   

Published Papers

Books etc

Conference Activities & Talks

  • 特別講演 トップスプリンターのトレーニング“主観と客観は一致するのか”~飯塚翔太選手の事例について~  [Invited]
    小林 海; 豊田 裕浩; 飯塚 翔太
    日本スプリント学会 第31回大会  2021/03
  • 短距離走(100m、400m)のトップ選手のデータから  [Invited]
    小林海; 山中亮
    第2回バイオメカニクス研究活動報告会  2021/02
  • シンポジウム 東京オリンピック2020への挑戦 日本代表男子マイルリレーチームの取り組み  [Invited]
    山村貴彦; 邑木隆二; 小林海
    日本スプリント学会 第30回大会  2019/11
  • 欠畑 岳; 早川 恭平; 福田 一樹; 小林 海; 礒 繁雄
    スプリント研究 = Sprint research  2017/05  日本スプリント学会
  • 短距離走の加速局面における主観的努力度の変化とキネマティクスおよびキネティクスの関係
    欠畑岳; 早川恭平; 松井一樹; 久保倉里美; 小林海; 松尾彰文; 礒繁雄
    日本コーチング学会大会(兼)日本体育学会体育方法専門領域研究会大会大会プログラム・予稿集  2017
  • 110mハードル走におけるアプローチ局面の歩数の違いがパフォーマンスに与える影響
    早川恭平; 欠畑岳; 松井一樹; 久保倉里美; 小林海; 松尾彰文; 礒繁雄
    日本コーチング学会大会(兼)日本体育学会体育方法専門領域研究会大会大会プログラム・予稿集  2017
  • シンポジウム リオオリンピックでの医科学サポートの実際  [Invited]
    蒲原一之; 小林海; 三浦康二
    第15回日本陸上競技学会  2016/12
  • 特別講演 リオデジャネイロオリンピック男子4×100mリレー,銀メダル獲得への軌跡  [Invited]
    小林海; 土江寛裕
    日本スプリント学会 第27回大会  2016/12
  • 各種競技におけるサーブの正確さ(正確性と再現性)の実態
    内堀 昭宜; 小林 海; 彼末 一之
    日本体育学会大会予稿集  2013  一般社団法人 日本体育学会
  • 全力疾走中の骨盤の機能的役割
    小林 海; 松林 武生; 松尾 彰文; 礒 繁雄
    日本トレーニング科学会  2012/12  日本トレーニング科学会
  • Kinematics and step characteristics during acceleration phase of sprint running
    NSCA Annual National Conference  2011/07
  • バレーボールサーブにおける正確性
    内堀 昭宜; 小林 海; 矢島 忠明; 彼末 一之
    日本体育学会大会予稿集  2011  一般社団法人 日本体育学会
  • 腱の力学的特性および疾走中の関節トルクがスプリントパフォーマンスに及ぼす影響
    小林海; 宮本直和; 土江寛裕; 金久博昭; 矢内利政; 川上泰雄
    日本トレーニング科学会大会プログラム・抄録集  2010
  • スタートダッシュにおけるピッチ意識型とストライド意識型の比較
    松林 武生; 松尾 彰文; 小林 海
    日本体育学会大会予稿集  2010  一般社団法人 日本体育学会
  • 短距離、長距離走者における400m走中の下肢筋電図と動作の関係
    五味 宏生; 礒 繁雄; 小林 海; 永見 智行; 彼末 一之
    日本トレーニング科学会  2008/12  日本トレーニング科学会
  • Changes in sprint performance and kinetics during the acceleration phase of running of a world record holder
    Kai Kobayashi; Hiroyasu Tsuchie; Akifumi Matsuo; Tetsuo Fukunaga; Yasuo Kawakami
    the XXVI Int. Conference on Biomechanics in Sports  2008/07
  • 実投球されたプロ野球投手のボール回転について
    永見 智行; 小宮山 悟; 大室 康平; 茶川 剛史; 勝亦 陽一; 小林 海; 彼末 一之; 氏原 洋輔; 子安 大士; 前川 仁
    日本体育学会大会予稿集  2008  一般社団法人 日本体育学会
  • HIGURASHI Nao; SAKAGUCHI Masanori; KOBAYASHI Kai; MOTOYASU Yoichi; MARUYAMA Takeo; KAWAKAMI Yasuo
    The Proceedings of Joint Symposium: Symposium on Sports Engineering, Symposium on Human Dynamics  2008  The Japan Society of Mechanical Engineers
     
    The impact force which runners receive passively during running reaches approximately 1.5〜5.0 times the body weight. The joint movements of lower extremity have strategy which absorbs the impact force. In addition, shoes have an important role of absorbing the impact force. This study investigated the relationship between the impact force and joint movements wearing different shoes. Eight subjects ran at 3.5m/s wearing 3-types of shoes with different shock-absorbing capacities. Shoes with thicker outer-sole were defined as shoes with higher shock-absorbing. GRF, joint angle, joint angular velocity, sole angle which is angle between foot and ground at touch down, and time of maximum joint angular velocity were sampled and computed. Time of GRF first peak and loading rate were longer and smaller significantly and knee joint angle at touchdown tended to be smaller when runners wore shoes with higher shock-absorbing. It was suggested that shoes with higher shock-absorbing attenuated the impact to the body and influenced running motion.
  • 中学生陸上競技選手のスプリントパフォーマンスの縦断的変化
    小林 海; 勝亦 陽一; 土江 寛裕; 福永 哲夫; 川上 泰雄
    体力科學  2007/12  日本体力医学会
  • 異なる衝撃緩衝性を有するシューズがランニング中の脚スティフネスと下肢の関節トルクに及ぼす影響
    阪口 正律; 小林 海; 元安 陽一; 福永 哲夫; 江口 貴弘; 川上 泰雄
    日本トレーニング科学会  2007/11  日本トレーニング科学会
  • Changes in leg stiffness and sprint characteristics during the acceleration phase of running in top sprinters
    Kai Kobayashi; Shigeo Iso; Kazuyuki Kanosue; Hiroyasu Tsuchie; Tetsuo Fukunaga; Yasuo Kawakami
    American Society of Biomechanics 2007 Annual Conference  2007/08
  • 一流短距離選手にみられる加速局面の脚スティフネスおよび関節スティフネスの変化  [Not invited]
    小林海; 土江寛裕; 松尾彰文; 彼末一之; 礒繁雄; 福永哲夫; 川上泰雄
    第19回日本バイオメカニクス学会大会  2006
  • スパイクジャンプにおける下肢3関節のトルク発揮様相
    黒川 貞生; 亀ヶ谷 純一; 森田 恭光; 小林 海; 鈴木 陽一; 伊藤 雅充; 矢島 忠明
    体力科學  2005/12  日本体力医学会
  • 陸上競技選手と野球選手の100m疾走の特徴  [Not invited]
    小林海; 土江寛裕; 勝亦陽一; 磯繁雄; 彼末一之; 福永哲夫; 川上泰雄
    第18回日本トレーニング科学会  2005

Awards & Honors

  • 2010/03 日本体育学会東京支部第36回学会大会 東京体育学奨励賞
     陸上短距離選手のスプリントタイムと外側広筋の腱特性の関係 
    受賞者: 小林海;光川眞壽;矢内利政;福永哲夫;金久博昭;川上泰雄

Research Grants & Projects

  • 負荷可変牽引装置を用いたスプリント走の力-速度関係の定量的評価に関する研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    Date (from‐to) : 2020/04 -2023/03 
    Author : 杉崎 範英; 土江 寛裕; 小林 海; 高井 洋平; 吉本 隆哉
  • 運動イメージと協調運動の脳機構に基づくスキー技術の学習支援システム構築
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    Date (from‐to) : 2018/04 -2022/03 
    Author : 彼末 一之; 内田 雄介; 桜井 良太; 小林 海; 永見 智行; 加藤 孝基; 村岡 哲郎; 依田 珠江; 中田 大貴; 大室 康平; 中島 剛; 樋口 貴俊; 坂本 将基; 水口 暢章; 中川 剣人
     
    脳神経科学的な視点をス ポーツの指導/学習に取り入れることを目指し、その研究モデルとして日常にはない複雑な動作の習得が必要なスキーを取り上げる。先ずスキー滑走時の様々なパラメータを総合的に測定する系を確立する。そして、「運動イメ ージ」と「協調運動」についての知見に基づき、リアルタイムフィードバックを中心としたスキー技術の学習を 支援する手法を開発する。本研究はこれまで経験に頼りがちであったスキー指導に科学的根拠を与えてくれる。 本年度は冬に行う測定が雪や天候の影響を強く受けるので、夏にサマーゲレンデで測定を行い。冬のデータと比較することで、サマーゲレンデの特徴、また雪上でのスキーと共通する知見が得られるかを検討した。実験は,ウイングヒルズ白鳥リゾート(岐阜県)にて行われた.ここは樹枝状の突起物をマットを用い,スキー板のエッジに対して抵抗を作り出し,ターン動作を可能にするようになっている.使用コースは全長1000m,平均傾斜12 °,最大傾斜15 °の初心者コースであった。一流のスキーヤーを被験者として「小回り」を行ったときの脚筋電図、足圧測定とビデオ撮影を行った。本研究に先立って,冬季の測定を雪上にて行ったが,足圧に関しては雪上とサマーゲレンデで同様の結果を示した,筋活動についてはさらに検討していく必要があるが,サマーゲレンデで得られた本研究の知見は,雪上でのスキー指導に還元することができると考えられる.また,本研究を通して,サマーゲレンデという環境が測定実験として好ましい条件を多く持っていることが明らかになった。 本研究で,サマースキーゲレンデにおけるスキー滑走を多角的な指標から解析することができた.また,基礎スキーと競技スキーという異なる性質を持つスキーヤーの動作的特徴を検討するための指標の一つとして,足圧の変化が有用である可能性が示唆された.
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Research Activity Start-up
    Date (from‐to) : 2010 -2011 
    Author : KOBAYASHI Kai
     
    Anterior pelvic tilt angles of faster sprinters during foot strike and toe off were significantly larger than those of slower sprinters. The faster sprinters also ran with a significantly higher leg swing angular velocity during contact phase compared to slower sprinters. In addition, the average leg swing angular velocity was found to have a significant correlation with the anterior pelvic tilt angles and pelvic rotation angle, respectively. These results indicate that the pelvic kinematics were one of the factors to produce higher leg swing angular velocity for running.
  • -

Teaching Experience

  • TrainingTraining Toyo University
  • Volleyball/BasketballVolleyball/Basketball Toyo University
  • Training SciencesTraining Sciences Tokyo Keizai University
  • Table TennisTable Tennis Tokyo Keizai University
  • AtleticsAtletics Tokyo Keizai University
  • Health SciencesHealth Sciences Tokyo Keizai University
  • VolleyballVolleyball Meiji Gakuin University
  • SoftballSoftball Meiji Gakuin University
  • Sports SciencesSports Sciences Meiji Gakuin University
  • Table TennisTable Tennis Mejiro University
  • BasketballBasketball Mejiro University
  • VolleyballVolleyball Mejiro University
  • BadmintonBadminton Mejiro University
  • Health SciencesHealth Sciences Mejiro University
  • TrainingTraining J. F. Oberlin University
  • VolleyballVolleyball J. F. Oberlin University

Committee Membership

  • 2017/10 - Today   Japan Association of Athletics Federations   Scientific Committee
  • 2012/10 - Today   Japan Association of Athletics Federations   Certified Committee
  • 2012/10 - Today   Japanese Olympic Committee   Intelligence Strategies Staff

Social Contribution

  • データ分析からみるスポーツ科学
    Date (from-to) : 2019/11/30
    Role : Lecturer
    Category : Lecture
    Sponser, Organizer, Publisher  : 東洋大学
    Event, Program, Title : 総合情報学部開学10周年記念事業 特別講演
  • 世界陸上メダリストから学ぶ
    Date (from-to) : 2019/11/28
    Role : Lecturer
    Category : Lecture
    Sponser, Organizer, Publisher  : 新潟市立木戸中学校
    Event, Program, Title : オリンピックパラリンピック研修
  • 男子4×100mリレーにおける強化戦略と科学サポート
    Date (from-to) : 2019/11/22
    Role : Lecturer
    Category : Lecture
    Sponser, Organizer, Publisher  : 日本陸上競技連盟
    Event, Program, Title : 2019年度日本陸上競技連盟全国強化責任者会議
  • 速く走るとは
    Date (from-to) : 2019/06/19
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : キャリアカウンセリング協会
    Event, Program, Title : 第4回勉強会 基調講演
  • 男子4×100mリレーにおける科学的支援
    Date (from-to) : 2018/12/04
    Role : Lecturer
    Category : Lecture
    Sponser, Organizer, Publisher  : 日本オリンピック委員会
    Event, Program, Title : 医科学ミーティング
  • 4×100mリレーにおけるバトンパス
    Date (from-to) : 2018/03/27
    Role : Lecturer
    Category : Others
    Sponser, Organizer, Publisher  : 九州・沖縄地区高校体育連合
    Event, Program, Title : 陸上競技研修会
  • 日本代表選手の合宿における施設の重要性
    Date (from-to) : 2017/09/08
    Role : Lecturer
    Category : Seminar
    Sponser, Organizer, Publisher  : 鹿児島県
    Event, Program, Title : 大隅陸上競技トレーニング拠点施設連絡会第2回総会
  • ボルトの速さのヒミツ・4×100mリレー日本代表の速さのヒミツ
    Date (from-to) : 2017/07/07
    Role : Lecturer
    Category : Meeting
    Sponser, Organizer, Publisher  : 川崎市
    Event, Program, Title : かわさき市民アカデミー
  • リオデジャネイロオリンピックの科学サポート
    Date (from-to) : 2017/02/11
    Role : Lecturer
    Category : Lecture
    Sponser, Organizer, Publisher  : 帯広畜産大学
    Event, Program, Title : KIPチャレンジ2017コーチングカンファレンス
  • 4×100mリレーにおける科学サポート
    Date (from-to) : 2016/12/25
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 中国・四国地区高校体育連合
    Event, Program, Title : 陸上競技研修会
  • NTC陸上競技場の施設紹介と活用事例
    Date (from-to) : 2016/11/16
    Role : Lecturer
    Category : Lecture
    Sponser, Organizer, Publisher  : 日本オリンピック委員会
    Event, Program, Title : 日本オリンピック委員会セミナー