※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

Bunso Ri

Faculty
Department of Architecture
Research Institute of Industrial Technology
Course of Architecture
PositionAssociate Professor
Mailli051[at]toyo.jp In case of sending E-mail, please alternate [at] to @
HomepageURL
Birthday
Last Updated :2019/11/07

Researcher Profile and Settings

Profile & Settings

    profile:2006年7月〜2007年3月 福岡大学工学 助手 鉄筋コンクリート構造の耐震性能に関する研究

    2007年4月〜現在 福岡大学工学 助教 鉄筋コンクリート構造の耐震性能に関する研究

    2012年9月〜2013年8月 トロント大学(カナダ)土木工学科 研究員
    鉄筋コンクリート部材の繰返し性状に関する数値解析(FEM)的研究

    2007年〜2013年 方立て壁の弾塑性挙動に関する研究
    (福岡大学で助教として江崎文也・元教授と共同研究)

    2007年〜2011年 自己修復性のあるRC部材の履歴性状に関する研究
    (福岡大学で助教として江崎文也・元教授と共同研究)

    2007年〜2009年 RC柱鉄骨梁簡易接合工法に関する研究
    (福岡大学で助教として江崎文也・元教授と共同研究)

Education

  •   2002 04  - 2005 03 , University of the Ryukyus, Graduate School, Division of Science and Engineering, Material, Structural and Energy Engineering

Degree

  • B. Eng., Tongji University
  • M. Eng., University of the Ryukyus
  • Ph. D., University of the Ryukyus

Association Memberships

  • International Association for Bridge and Structural Engineering
  • Japan Concrete Institute
  • Architectural Institute of Japan

Committee Memberships

  •   2010 04  - 2012 03 , Organizer

Research Activities

Research Areas

  • Civil engineering, Structural engineering/Earthquake engineering/Maintenance management engineering, Structural Engineering, Earthquake Engineering
  • Architecture and building engineering, Building structures/Materials, Building Structure

Research Interests

    Existing RC Buildings, Seismic Retrofit, Self-Centering, RC Members, Hysteretic Behavior, Numerical Study, Mega Column with Composite materials

Published Papers

  • Numerical Studies on Multi-Cell CFT Columns with Double-Layer Circular Steel Tubes, LI Wencong, 16th European Conference on Earthquake Engineering, aper ID: 10269, 06 , Refereed
  • Seismic Performance of Concrete-Filled Double-Layer Steel Tubular Column under High Axial Load, LI Wencong, IABSE Symposium Vancouver 2017, 1281 - 1288, 09 , Refereed
  • Inelastic Behavior of Concrete-Filled Double-Layer Steel Tubular Column Subjected to High Axial Load, LI Wencong, 09 , Refereed
  • Seismic Performance of CFT Column with Boxed I-Shaped Section, LI Wencong, 16th World Conference on Earthquake Engineering, Santiago (CL), RC Structures VII, ID 469, 01 , Refereed
  • Numerical Modelling of Flexure-Shear Critical RC Column, LI Wencong, 19th IABSE Congress Stockholm, 17 - 24, 09 , Refereed
  • Study on a RC Frame Retrofitted by External High-Strength Hoops and Steel Cross Braces, LI Wencong, 90 - 101, 10 , Refereed
  • Failure Mechanism of Mullion-Type RC Wall Due to Stiffness of Vertical Boundary, Wencong Li, Fumiya Esaki and Oh-Sung Kwon, SEWC 2015 - Conference Proceedings, paper #1570110711, 10 , Refereed
  • Numerical Investigation of an RC Column Retrofitted with Steel Brace, Wencong Li and Oh-Sung Kwon, IABSE CONFERENCE GENEVA 2015, BT-19, 09 , Refereed
  • EFFECT OF MATERIAL MODELS ON NUMERICAL RESULT OF A FLEXURE-SHEAR-CRITICAL RC COLUMN, LI Wencong, 37, (2) 151 - 156, 07 , Refereed
  • NONLINEAR RESPONSES OF LOW STRENGTH RC COLUMNS RETROFITTED WITH EXTERNAL HIGH-STRENGTH HOOPS, Wencong Li and Oh-Sung Kwon, SECED 2015 Conference, Advances in structural, 07 , Refereed
  • Nonlinear Response of a RC Frame Retrofitted by External Confinement and Steel Cross Braces with Super High Tension Bolts, Wencong Li and Oh-Sung Kwon, IABSE Conference Nara 2015, Paper No. IA-30, 05 , Refereed
  • NUMERICAL STUDY ON FLEXURE-SHEAR-CRITICAL RC COLUMN, Wencong Li and Oh-Sung Kwon, Second European Conference on Earthquake Engineering and Seismology (Istanbul), Paper No. 1269, 08 , Refereed
  • 既存RC柱と耐震補強鉄骨ブレースの接合に関する解析的研究, Wencong LI, Oh-Sung KWON and Xu HUANG, 第10回日中建築構造技術交流会論文集(中国南京), 959 - 966, 11 , Refereed
  • Seismic Performance of Frame Retrofitted Utilizing Lateral Active Confinement Technique Together with Steel Braces, W. Li, T. Inada and F. Esaki, 15th World Conference on Earthquake Engineering, Paper No. 0813, 09 , Refereed
  • 能動的横拘束法とX形鉄骨ブレースを用いて補強したRCフレームの繰返し性状, 李文聰, コンクリート工学年次論文報告集, 34, (2) 997 - 1002, 07 , Refereed
  • Experimental Investigation of RC Frame Retrofitted by Steel Brace, W. Li, IABSE-IASS SYMPOSIUM 2011, 5.9 Design & Construction, 09 , Refereed
  • 現場溶接を必要としないRC パイルキャップと鋼管杭との接合工法の開発, 瀬利聡,田中照久,李文聰,江崎文也, コンクリート工学年次論文報告集, 33, (2) 1177 - 1182, 07 , Refereed
  • Hysteresis response of exterior beam-column joints with self-centering behavior, W. Li and F. Esaki, STRUCTURAL ENGINEERS WORLD CONGRESS 2011, CONCRETE THEORY 1, 04 , Refereed
  • 鉄骨ブレースを用いたRCフレームの耐震補強法に関する実験的研究, 李文聰,江崎文也, 第9回日中建築構造技術交流会論文集(日本東京), 1087 - 1096, 09 , Refereed
  • Experimental Investigation on RC Column Retrofitted by Steel Brace, W. Li, and F. Esaki, 14th European Conference On Earthquake Engineering, 09 , Refereed
  • EFFECT OF EXTERNAL HIGH STRENGTH HOOPS ON SEISMIC RETROFIT OF LOW STRENGTH CONCRETE R/C COLUMN UTILIZING ROUND REBAR, W. Li, Proceedings of the 9th U.S. National and 10th Canadian Conference on Earthquake Engineering, Toronto, Ontario, Canada, 07 , Refereed
  • RC柱S梁乾式接合法の相違が十字形骨組の履歴性状に及ぼす影響, 李文聰,河野州峰,江崎文也,田中照久, コンクリート工学年次論文報告集, 32, (2) 1111 - 1116, 07 , Refereed
  • 自己復元性のあるト型RC架構の履歴性状に関する研究, 鳥辺俊介,李文聰,江崎文也,中原浩之, コンクリート工学年次論文報告集, 32, (2) 295 - 300, 07 , Refereed
  • 鉄骨境界梁を有する並列プレキャスト連層壁の履歴性状, 浦塚正伸,李文聰,江崎文也,田中照久, コンクリート工学年次論文報告集, 32, (2) 397 - 402, 07 , Refereed
  • Hysteresis Response of End of Bottom Column in Self-centering R/C Frame, W. Li and F. Esaki, PROCEEDING OF THE 2009 ANCER WORKSHOP, UNIVERSITY OF ILLINOIS, URBANA, ILLINOIS, UNITED STATES, Session VII - A. Steel Structure - II, 08 , Refereed
  • 高強度アンボンド主筋を用いた最下層柱脚の履歴性状に及ぼす軸力の影響, 李文聰,江崎文也,鳥辺俊介,中原浩之, コンクリート工学年次論文報告集, 31, (2) 127 - 132, 07 , Refereed
  • 自己復元性のある連層壁の開発に関する研究, 浦塚正伸,江崎文也,李文聰,田中照久, コンクリート工学年次論文報告集, 31, (2) 415 - 420, 07 , Refereed
  • RC柱鉄骨梁簡易接合工法に関する研究, 河野州峰,江崎文也,李文聰,田中照久, コンクリート工学年次論文報告集, 31, (2) 1147 - 1152, 07 , Refereed
  • HYSTERESIS RESPONSE OF CROSS TYPE SUBASSEMBLAGE RC FRAME WITH SELF-CENTERING STRUCTURE, W. Li, F. Esaki and H. Nakahara, Proceedings of 14th World Conference on Earthquake Engineering, 10 , Refereed
  • 高強度アンボンド主筋を用いたRC柱柱脚と十字型骨組の履歴性状, 李文聰,江崎文也,中原浩之,嘉村健太郎, コンクリート工学年次論文報告集, 30, (3) 193 - 198, 07 , Refereed
  • 方立て壁の履歴性状に及ぼす材軸方向変位拘束の影響, 李文聰,江崎文也,小野正行, コンクリート工学年次論文報告集, 29, (3) 373 - 378, 07 , Refereed
  • 自己修復性のあるプレキャスト十字型骨組の履歴性状, 嘉村健太郎,江崎文也,李文聰,中原浩之, コンクリート工学年次論文報告集, 29, (3) 133 - 138, 07 , Refereed
  • アングル材と緊張PC鋼棒を用いた極脆性柱の耐震加力実験, 下浜光太郎,山川哲雄,李文聰,中田幸造, コンクリート工学年次論文報告集, 27, (2) 295 - 300, 06 , Refereed
  • 緊張力を導入したPC鋼棒を用いた腰壁付きRC柱の耐震補強設計法, 李 文聰, 博士後期課程学位論文(琉球大学理工学研究科生産エネルギー工学専攻), 03 , Refereed
  • A Study on Emergency Retrofit Using Prestressing Bars and Steel Plates for Damaged Columns, Miyagi, T., Yamakawa, T., Li, W. and Rahman, M. N., 13th World Conference on Earthquake Engineering, 08 , Refereed
  • 緊張PC鋼棒と鋼板で横補強した短柱の高軸力下での実験と解析, 森下陽一,山川哲雄,仲田傑,李文聰, コンクリート工学年次論文報告集, 26, (2) 1303 - 1308, 07 , Refereed
  • 緊張力を導入したPC鋼棒と鋼板を用いた腰壁付きRC柱の耐震補強設計法, 山川哲雄,李文聰, 日本建築学会構造系論文集, (577) 93 - 100, 03 , Refereed
  • 高軸力下のせん断柱に緊張PC鋼棒と鋼板を用いた耐震補強法, 與座敏安,山川哲雄,李文聰,Banazadeh Mehdi, コンクリート工学年次論文集, 25, (5) 1537 - 1542, 07 , Refereed
  • 高軸力下のせん断柱に緊張PC鋼棒用いた耐震補強実験と解析, 飯干福馬,山川哲雄,李文聰,仲田傑, コンクリート工学年次論文集, 25, (2) 1531 - 1536, 07 , Refereed
  • 緊張PC鋼棒と鋼板を用いた損傷極脆性柱の応急補強実験と解析, 宮城敏明,山川哲雄,李文聰,木村一洋, コンクリート工学年次論文集, 25, (2) 1519 - 1524, 07 , Refereed
  • Ultimate Strength of RC Column Members Retrofitted by PC Rod Prestressing, Banazadeh, M., Yamakawa, T., Li, W. and Hotta, K., Proceedings of the Japan Concrete Institute, 25, (2) 361 - 366, 07 , Refereed
  • 緊張PC鋼棒を用いた腰壁付き柱の耐震補強法に関する実験的研究, 李文聰,山川哲雄,森下陽一,飯干福馬, コンクリート工学年次論文集, 25, (2) 1525 - 1530, 07 , Refereed
  • Seismic Performance of RC Columns with Spandrel Walls Retrofitted Utilizing Steel Bar Prestressing and Steel Plates, Li, W., Yamakawa, T. and Rahman, M. N., Proceeding of the International Symposium on Latest Achievement of Technology and Research on Retrofitting Concrete Structures, Japan Concrete Institute, Technical Committee on Retrofitting Technology for Concrete Structures, 41 - 48, 07 , Refereed
  • Permanent and/or Emergency Seismic Retrofit of RC Extreme Short Columns by Utilizing Prestressed High Strength Steel Bars as External Hoops, Yamakawa, T., Li, W. and Kurashige, M., Proceedings of the fib 2003 Symposium, Athens, Greece, 384 - 385, 05 , Refereed
  • PC鋼棒によりプレストレスを導入した極短柱の耐震補強法に関する実験と解析, 飯干福馬,山川哲雄,李文聰, コンクリート工学年次論文集, 24, (2) 1231 - 1236, 06 , Refereed
  • PC鋼棒によりプレストレスを導入した極短柱の応急補強法に関する実験的研究, 山川哲雄,李文聰,倉重正義, コンクリート工学年次論文集, 24, (2) 1219 - 1224, 06 , Refereed
  • PC鋼棒によりプレストレスを導入した腰壁または壁梁付き柱の耐震補強実験, 李文聰,山川哲雄,飯干福馬, コンクリート工学年次論文集, 24, (2) 1225 - 1230, 06 , Refereed
  • PC鋼棒にプレストレスを導入した腰壁又は壁梁付きRC柱の耐震性能に関する実験的研究, 李 文聰, 博士前期課程学位論文(琉球大学理工学研究科環境建設工学専攻), 03 , Refereed
  • 外帯筋状に配置した横補強材により緊張力を導入したRC極短柱の靭性型耐震・応急補強法, 山川哲雄,李文聰, コンクリート構造物の靭性設計手法に関するシンポジウム, 335 - 342, 11 , Refereed
  • PC鋼棒にプレストレスを導入して外帯筋状に耐震補強したRC極短柱の高軸力下での弾塑性挙動, 飯干福馬,山川哲雄,田川利郎,李文聰, コンクリート工学年次論文集, 23, (1) 931 - 936, 07 , Refereed
  • PC鋼棒にプレストレスを導入して外帯筋状に耐震補強した腰壁付きRC柱の解析, 李文聰,山川哲雄,張愛暉,川満じゅん, コンクリート工学年次論文集, 23, (1) 907 - 912, 07 , Refereed
  • RC Column Retrofit Technique by PC Rod Prestressing as External Hoops, Yamakawa, T., Tagawa, T., Li, W., Kurashige, M. and Kamogawa, S., Proceedings of the First International Structural Engineering and Construction Conference / HONOLULU / HAWAII /Creative Systems in Structural and Construction Engineering, 975 - 980, 01 , Refereed
  • PC鋼棒にプレストレスを導入したRC柱の耐震補強に関する実験的研究, 冨名腰泉,山川哲雄,李文聰,倉重正義, コンクリート工学年次論文集, 22, (3) 1645 - 1650, 06 , Refereed
  • PC鋼棒によるプレストレスを導入したRC短柱の耐震補強実験, 李 文聰, 研究生学位論文(琉球大学理工学研究科環境建設工学専攻), 03

Misc

  • Experimental Investigation of Concrete-Filled Double-Layer Steel Tubular Column under High Axial Forc, LI Wencong, (41) 83 - 87,   2019 02

Conference Activities & Talks

  • Effect of Constitutive Models for Concrete on Numerical Results of Concrete-Filled Double-Layer Steel Tubular Column, LI Wencong,   2019 03
  • Hysteretic Behavior of Concrete-Filled Double-Layer Steel Tubular Column under High Axial Load, LI Wencong,   2017 08
  • Numerical Analysis of Concrete-Filled Double Steel Tubular Column under High Axial Force, LI Wencong,   2017 03
  • New Shear Spring Model for RC Column Subjected to Antisymmetric Bending Moment, LI Wencong,   2016 08
  • Numerical Analysis of Flexure-Shear-Critical RC Column Based on Modified Shear Spring, LI Wencong,   2016 03
  • Numerical Modelling of a RC Frame Retrofitted by Steel Cross Braces, LI Wencong,   2015 09
  • Non-Linear Numerical Modelling of a Flexure-Shear-Critical RC Frame, LI Wencong,   2015 03
  • Numerical Simulation of a RC Frame Retrofitted by Steel Cross Braces, LI Wencong,   2015 03
  • Nonlinear Analysis of Flexure-Shear-Critical RC Column by VecTor2, LI Wencong,   2014 09
  • Numerical Study on Flexure-Shear-Critical RC Column, 日本建築学会九州支部研究報告,   2014 03
  • 鉄骨ブレースにより補強したRC柱の弾塑性有限要素解析, 日本建築学会九州支部研究報告,   2014 03
  • 軸方向変位を拘束された方立て壁に関する解析的検討, 日本建築学会大会学術講演,   2013 08
  • ポリマーセメントモルタル用いたRC梁供試体の繰り返し載荷に伴う補修補強効果に関する実験, 藤田賢一・椎葉大和・本田悟・李文聰・山口尚也, 日本建築学会九州支部研究報告,   2013 03
  • 高力ボルト摩擦接合K形鉄骨ブレースにより補強したRCフレームの繰返し性状, 李文聰、稲田達夫, 日本建築学会九州支部研究報告,   2012 03
  • 超高力ボルト摩擦接合X形鉄骨ブレースにより補強したRCフレームの弾塑性挙動, 李文聰、江崎文也, 日本建築学会九州支部研究報告,   2012 03
  • 能動的横拘束法と鉄骨ブレースを用いて補強したRC柱の耐震性能, JCI九州支部 若手研究者による研究シーズ集,   2011 09
  • 簡易工法によりRCパイルキャップに接合された鋼管杭頭接合部の水平抵抗性能に関する実験的研究 その3 固定度の検討, 瀬利聡、田中照久、李文聰、江崎文也、堺純一、藤川繁次,   2011 08
  • 緊張力による横拘束法と鉄骨ブレースを併用して補強したフレームの耐震性能, 日本建築学会大会学術講演,   2011 08
  • 既存RCフレームと耐震補強鉄骨ブレースの接合に関する実験的研究, 李文聰,江崎文也, 日本建築学会大会学術講演,   2010 09
  • アンボンドPC鋼棒を用いたRCト型架構の履歴性状, 鳥辺俊介,李文聰,江崎文也,中原浩之, 日本建築学会大会学術講演,   2010 09
  • 簡易工法によりRCパイルキャップに接合された鋼管杭頭接合部の水平抵抗性能に関する実験的研究 その1 実験計画, 瀬利聡,田中照久,李文聰,堺純一,江崎文也, 日本建築学会大会学術講演,   2010 09
  • 簡易工法によりRCパイルキャップに接合された鋼管杭頭接合部の水平抵抗性能に関する実験的研究 その2 実験結果, 梅崎正吉,田中照久,李文聰,堺純一,江崎文也, 日本建築学会大会学術講演,   2010 09
  • 主筋に丸鋼が用いられた低強度コンクリートRC柱の非線形解析, 李文聰,江崎文也, 日本建築学会九州支部研究報告,   2010 03
  • 既存RC柱と耐震補強鉄骨ブレースの接合に関する実験的研究, 李文聰,江崎文也, 日本建築学会九州支部研究報告,   2010 03
  • 水平力を受ける鋼管杭とRCパイルキャップの接合部の力学性状に及ぼす軸方向力の影響に関する実験的研究, 梅崎正吉,江崎文也,田中照久,李文聰, 日本建築学会九州支部研究報告,   2010 03
  • 簡易工法によりRCパイルキャップに接合された鋼管杭頭接合部の水平抵抗性能に関する研究, 瀬利聡,江崎文也,田中照久,李文聰, 日本建築学会九州支部研究報告,   2010 03
  • 自己修復性のある連層壁の開発に関する研究 その3 鉄骨境界梁接合及び壁接合実験, 浦塚正伸,李文聰,江崎文也,田中照久, 日本建築学会九州支部研究報告,   2010 03
  • 自己修復性のある連層壁の開発に関する研究 その4 プレキャスト並列耐震壁の実験, 浦塚正伸,李文聰,江崎文也,田中照久, 日本建築学会九州支部研究報告,   2010 03
  • アンボンド高強度主筋を用いたRC柱で構成された架構の履歴性状に関する研究 その10 ト型架構の履歴性状に及ぼす軸力の影響, 鳥辺俊介,江崎文也,李文聰,中原浩之, 日本建築学会九州支部研究報告,   2010 03
  • アンボンド高強度主筋を用いたRC柱で構成された架構の履歴性状に関する研究 その11 梁端部主筋定着の相違がト型架構の履歴性状に及ぼす影響, 鳥辺俊介,江崎文也,李文聰,中原浩之, 日本建築学会九州支部研究報告,   2010 03
  • RC柱鉄骨梁簡易接合工法に関する研究 その4 柱貫通ボルトによる接合法の場合, 河野州峰,江崎文也,李文聰, 日本建築学会九州支部研究報告,   2010 03
  • アンボンドPC鋼棒を有するト型RC架構の履歴性状, 李文聰,江崎文也,中原浩之, 日本建築学会大会学術講演,   2009 08
  • RC柱鉄骨梁簡易接合工法に関する研究 その3 高ナット埋込定着による接合法の場合, 河野州峰,江崎文也,李文聰,田中照久, 日本建築学会大会学術講演,   2009 08
  • アンボンドPC鋼棒を用いたRC柱脚部の履歴性状に関する研究, 鳥辺俊介,李文聰,江崎文也,中原浩之, 日本建築学会大会学術講演,   2009 08
  • 鉄骨境界梁を有する自己復元性並列耐震壁の履歴性状, 浦塚正伸,江崎文也,李文聰,田中照久, 日本建築学会大会学術講演,   2009 08
  • アンボンド高強度主筋を用いたRC柱で構成された架構の履歴性状に関する研究 その9 ト型架構の履歴性状, 李文聰,江崎文也,中原浩之, 日本建築学会九州支部研究報告,   2009 03
  • RC柱鉄骨梁簡易接合工法に関する研究 その3 高ナット埋込定着による接合法の場合, 河野州峰,江崎文也,李文聰,田中照久, 日本建築学会九州支部研究報告,   2009 03
  • アンボンド高強度主筋を用いたRC柱で構成された架構の履歴性状に関する研究 その8 最下層柱脚の履歴性状に及ぼす軸力の影響, 鳥辺俊介,江崎文也,李文聰,中原浩之, 日本建築学会九州支部研究報告,   2009 03
  • 自己修復性のある連層壁の開発に関する研究 その2 鉄骨境界梁を高力ボルトで連結した並列耐震壁の実験, 浦塚正伸,江崎文也,李文聰,田中照久, 日本建築学会九州支部研究報告,   2009 03
  • 方立て壁の履歴性状に及ぼす材軸方向変位拘束の影響に関する研究 その3 炭素繊維バンド貼付の相違による補強効果の場合, 江崎文也,林田江里加,李文聰,小野正行, 日本建築学会九州支部研究報告,   2009 03
  • 方立て壁の履歴性状に及ぼす材軸方向変位拘束の影響に関する研究 その4 炭素繊維バンド貼付の相違による補強効果の場合, 林田江里加,小野正行,江崎文也,李文聰, 日本建築学会九州支部研究報告,   2009 03
  • 方立て壁の履歴性状に及ぼす材軸方向変位拘束の影響に関する研究 その5 炭素繊維バンド貼付の相違による補強効果の場合, 林田江里加,小野正行,江崎文也,李文聰, 日本建築学会九州支部研究報告,   2009 03
  • アンボンドPC鋼棒を用いたRC柱と十字型骨組の履歴性状, 李文聰,江崎文也,中原浩之, 日本建築学会大会学術講演,   2008 09
  • RC柱鉄骨梁簡易接合工法に関する研究 その2 接合方法の相違が架構の履歴性状に及ぼす影響, 河野州峰,李文聰,江崎文也,堺純一, 日本建築学会大会学術講演,   2008 09
  • 方立て壁の履歴性状に及ぼす材軸方向変位拘束の影響に関する研究 その2 せん断スパン比1と0.5の場合, 林田江里加,江崎文也,李文聰,小野正行, 日本建築学会大会学術講演,   2008 09
  • 主筋に丸鋼を使用した低強度コンクリートRC柱の高強度外帯筋による耐震補強効果, 李文聰,木村潤一,江崎文也, 日本建築学会九州支部研究報告,   2008 03
  • アンボンド高強度主筋を用いたRC柱で構成された架構の履歴性状に関する研究 その6 十字型架構の接合法が残留変形に及ぼす影響, 嘉村健太郎,李文聰,江崎文也,中原浩之, 日本建築学会九州支部研究報告,   2008 03
  • 方立て壁の履歴性状に及ぼす材軸方向変位拘束の影響に関する研究 その2 せん断スパン比1と0.5の場合, 林田江里加,江崎文也,李文聰,小野正行, 日本建築学会九州支部研究報告,   2008 03
  • アンボンド高強度主筋を用いたRC柱で構成された架構の履歴性状に関する研究 その7 十字型架構の接合法が残留変形に及ぼす影響, 嘉村健太郎,李文聰,江崎文也,中原浩之, 日本建築学会九州支部研究報告,   2008 03
  • RC柱鉄骨梁簡易接合工法に関する研究 その2 接合法の相違が架構の履歴性状に及ぼす影響, 河野州峰,李文聰,江崎文也, 日本建築学会九州支部研究報告,   2008 03
  • RC柱鉄骨梁簡易接合工法に関する研究 その1 十字形骨組の履歴性状, 林田江里加,李文聰,江崎文也,堺純一, 日本建築学会大会学術講演,   2007 08
  • 材軸方向変位拘束された方立て壁の履歴性状, 嘉村健太郎,李文聰,江崎文也,小野正行, 日本建築学会大会学術講演,   2007 08
  • 炭素繊維バンドによる既存木造軸組架構の耐震補強実験, 田中照久,江崎文也,李文聰,小野正行, 日本建築学会大会学術講演,   2007 08
  • RC柱鉄骨梁簡易接合工法に関する研究 その1 十字形骨組の履歴性状, 李文聰,江崎文也,堺純一, 日本建築学会九州支部研究報告,   2007 03
  • 方立て壁の履歴性状に及ぼす材軸方向変位拘束の影響に関する研究 その1 せん断スパン比1の場合, 李文聰,江崎文也,小野正行, 日本建築学会九州支部研究報告,   2007 03
  • アンボンド高強度主筋を用いたRC柱で構成された架構の履歴性状に関する研究 その5 十字形架構の残留変形に及ぼす主筋緊張力の効果, 嘉村健太郎,李文聰,江崎文也,中原浩之, 日本建築学会九州支部研究報告,   2007 03
  • アンボンド高強度主筋を用いたRC柱で構成された架構の履歴性状に関する研究 その4 十字形架構の残留変形に及ぼす接合部補強効果, 嘉村健太郎,李文聰,江崎文也,中原浩之, 日本建築学会九州支部研究報告,   2007 03
  • 一部分が日の字型に補剛されたH形鋼部材の曲げ座屈解析, 木村潤一,李文聰, 日本建築学会九州支部研究報告,   2007 03

Patents

  • 特願2015-025977, 特許第6025884号

Awards & Honors

  •   2002 03 , Japan Concrete Institute, Award of the Chairman of Japan Concrete Institute Kyushu branch, あなたは、次代のコンクリート界を担う若手の一人として貴大学院において優れた研究成果を上げられなしたので、ここに賞します。

Research Grants & Projects

  • ニューキットのせん断挙動に関する研究, 壁倍率(デザイン)を確保するため、ニューキットのせん断挙動を把握する
  • Study on Improving Aluminum Formwork