詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

田島 正弘タジマ マサヒロ

所属・担当
応用化学科
工業技術研究所
応用科学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/11/10

研究者基本情報

学歴

  •  - 1976年, 東京都立大学, 工学研究科, 工業化学
  •  - 1974年, 東京都立大学, 工学部, 工業化学

学位

  • 工学修士, 東京都立大学
  • 博士(工学), 東京都立大学

所属学協会

  • 日本化学会
  • 光化学協会
  • 高分子学会

研究活動情報

研究分野

  • 基礎化学, 有機化学
  • 複合化学, 機能物質化学
  • 材料化学, 有機工業材料

研究キーワード

    有機光化学 ポリウレタン

論文

  • Effects of Fullerene Derivatives on the Gas Permeability of Thermoplastic Polyurethane Elastomers, 土橋亮平 松永勝治 田島 正弘, Journal of Applied Polymer Science, 131,   2014年03月
  • Photoamination of 1-hydroxyanthraquinone in a water-acetonitrile mixed solvent, 田島 正弘、首都大学東京 大学院 都市環境科学研究科 井上晴夫, 松永 勝治, Elsevier, 22, (4) 313 - 320,   2009年04月
  • Satako Nishiyama, Masahiro Tajima, Yasuhiko Yoshida,Photochemical Reactions of Poly(vinylpyridines) and its Drivatives in Solid State: Spectral Changes with UV-irradiation and Quaternization, Journal of Photopolymer Science and technology, Vol. 18 p109-116,   2005年
  • Satako Nishiyama, Masahiro Tajima, Yasuhiko Yoshida,Luminescence and Absorption Spectra of Poly(4-vinylpyridine) Thin Filmes and Their Surface Modification, Journal of Photopolymer Science and technology, Vol. 17, p87- 94,   2004年
  • Masahiro Tajima, Katsumi Kato, Katsuji Matsunaga, Haruo Inoue 'Mechanism of the photoamination of 1-Hydroxyanthraquinones Reaction in acetonitrile under air , Journal of Photochemistry and Photobiology A:Chemistry, Vol. 165, p11 - 18,   2004年
  • Satako Nishiyama, Masahiro Tajima, Yasuhiko Yoshida 'Chemical Modification and Luminescence Measurement of Nitrogen-containing polymer Surface, Journal of photopolymer Science and technology, 16, 173 - 180,   2003年
  • Masahiro Tajima, Katsumi Kato, Katsuji Matsunaga, Haruo Inoue 'Potoamination of 1-Hydroxyanthraquinones', Journal of Photochemistry and Photobiology A:Chemistry, 140, 127 - 132,   2001年
  • Mashiro Tajima, Masashi Sugai, Katsuji Matsunaga, Tadataka Yamashita, Haruo Inoue and mitsuhiko Hida 'Thermochromism of Dyes on Silica Gel', Dyes an Pigments, 39, 97 - 109,   1998年
  • Mashiro Tajima, Hiroaki Misawa and Haruo Inoue 'Potochromism of 1-(2-naphthoxy)anthraquinone', Journal of Photochemistry and Photobiology A:Chemistry, 89, 53 - 59,   1995年
  • Masahiro Tajima, Makoto Tokoro and Haruo Inoue 'Photochromism of 1-(1-naphthoxy)anthraquinone', Journal of Photochemistry and Photobiology A:Chemistry, 84, 167 - 171,   1994年
  • Masahiro Tajima, Lo Eg Keat, Katsuji Matsunaga, Tadataka Yamashita, Makoto Tokoro and Haruo Inoue 'Photochromism of 1-Phenoxyanthraquinones', Journal of Photochemistry and Photobiology A:Chemistry, 74, 211 - 219,   1993年
  • Masahiro Tajima and Mitsuo Honda 'Molecular Orbital Study on the Hydrolysis of Adenosine Triphosphate: The rol of a Cation as Catalyst', Journal of Molecular Stucture(Theochem), 228, 201 - 208,   1991年
  • Mitsu Honda and Masahiro Tajima 'Ab inito Study of Disulfide Bond PartⅡ. The change in atomic distance betwwwn suphur atoms on the reduction of disulphide to dithiol', Journal of Molecular Stucture(Theochem), 204, 247 - 252,   1990年
  • Masahiro Tajima, Haruo Inoue, and Mitsuhiko Hida 'Thermochromic Character of Dyes', Dyes and Pigments, 8, 119 - 127,   1987年
  • Masahiro Tajima and Mitsuo Honda 'Molecular Orbital Study on the Cxidation of 1,3-Propanedithiol: Relationship between Structure and Elimination of a Proton', Journal of Molecular Stucture(Theochem), 152, 155 - 159,   1987年
  • Mitsuo Honda and Msahiro Tajima 'Ab initio Study of Disulfide Bond PartⅠ. Contribution of d polarization Functions', Journal of Molecular Stucture(Theochem), 136, 93 - 98,   1986年
  • Mashiro Tajima and Mitsuo Honda 'Molecular Orbital Study on the Oxidation of Dithiol by Flavin', Journal of Molecular Stucture(Theochem), 137, 287 - 292,   1986年
  • Masahiro Tajima, Haruo Inoue, and Mitsuhiko Hida 'Photochromism of 1-Aryloxyanthraquinones in Solid State', DENKI KAGAKU, 57, 1225 - 1226,   1986年
  • Masahiro Tajima, Haruo Inoue, and Mitsuhiko Hida 'The Alkylation of 1-Hydroxyanthraquinone with Visible-ligh Irradiation', Bulletin of The Chemical Society of Japan, 57, 305 - 306,   1984年
  • 田島正弘・井上晴夫・飛田満彦 「1-(アセチルアミノ)ハロアントラキノンの光アミノ化反応」, 日本化学学会誌, ( 1728-1733) ,   1979年

書籍等出版物

  • 分子光化学の原理 一部翻訳
    井上晴夫・伊藤 攻 監訳
    その他丸善出版  2015年07月
  • 新編基礎化学
    田島 正弘、蒲生西谷 美香 宮崎 芳雄 吉田 泰彦
    実教出版  2013年03月
  • 光と化学の事典 付録(共著)
    光と化学の事典編集委員会偏 丸善  2002年01月15日
  • 山下忠孝編著 「化学の夢」 一部執筆
    三共出版  1995年

講演・口頭発表等

  • カルボジイミド変性MDIを用いるポリウレタンの合成とその物性評価, 田島 正弘・澤井 聡・松永 勝治, 日本化学会第96春季年会,   2016年03月26日
  • ポリウレタン電解質のイオン伝導性とガス透過性, 河島 達也・上原 綾・田口 遼子・田島 正弘・松永 勝治, 日本化学会第95春季年会,   2015年03月27日
  • 熱可塑性ポリウレタンエラストマー中のソルバトクロミック色素のスペクトル, 田島 正弘、松永 勝治, 日本化学会第92春季年会,   2012年03月26日
  • 電導性ポリウレタンエラストマーの合成, 田島 正弘、松永 勝治, 日本化学会弟91春季年会,   2011年03月27日
  • ローダミン6G-ハイドロタルサイト複合体の蛍光スペクトルの溶媒蒸気依存性, 田島 正弘、松永 勝治, 日本化学会第90春季年会,   2010年03月27日
  • 熱可塑性ポリウレタンエラストマーのガス透過性に及ぼすフラーレンの影響, 田島 正弘、松永 勝治, 日本化学会第90春季年会,   2010年03月26日

競争的資金

  • ヒドロキシアントラキノン類の光反応

その他

  •   2016年, 卒論指導, 卒論題目  熱可塑性ポリウレタンの合成と圧縮永久歪みの測定 側鎖に蛍光色素を有するポリウレタンの合成とスペクトル 他5題目