詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

坂本 邦暢サカモト クニノブ

所属・担当
哲学科
国際哲学研究センター
職名助教
メールアドレスkuni.sakamoto[at]gmail.com ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURLhttp://d.hatena.ne.jp/nikubeta/
生年月日
Last Updated :2017/09/21

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:初期近代の哲学史、科学史を専攻している。

    狭義の専門はルネサンス、および初期近代の哲学史・科学史である。博士論文では16世紀を代表するアリストテレス主義哲学者であるユリウス・カエサル・スカリゲルの主著である『顕教的演習』の分析を行い、その歴史的意義をあきらかにした。究極的な狙いは、これまで独立に研究されてきたルネサンス哲学と、17世紀哲学研究を橋渡しする見通しを提示することであった。学位論文をもとにした著作 “Julius Caesar Scaliger, Renaissance Reformer of Aristotelianism: A Study of His Exotericae Exercitationes” がBrill書店より2016年8月に刊行された。

    より広い問題関心の一環として、研究成果を日本語を解する読者層に伝える活動をおこなっている。具体的には研究ブログにおいて日々の読書の成果を報告する活動を数年にわたって継続中である(http://d.hatena.ne.jp/nikubeta/)。より対象をしぼった活動として、雑誌『科学史研究』を多様な関心を持つ学会会員にとって読みごたえのあるものにするための活動を同誌編集委員としておこなっている。

学位

  • 博士, 東京大学

所属学協会

  • 日本哲学会
  • 日本科学史学会
  • 西洋中世学会
  • 中世哲学会

委員歴

  •   2015年06月 - 現在, 日本科学史学会, 全体委員(和文誌編集を担当)
  •   2015年06月 - 現在, 西洋中世学会, 『西洋中世研究』編集委員
  •   2013年07月 - 2015年06月, 日本科学史学会, 委嘱委員(和文誌編集を担当)
  •   2012年05月 - 2013年05月, 日本科学史学会 , 選挙管理委員

経歴

  •   2016年04月 - 現在, 東洋大学, 文学部哲学科, 助教
  •   2016年04月 - 2017年03月, 日本大学, 経済学部, 非常勤講師
  •   2015年04月 - 2016年03月, 立教大学, 兼任講師
  •   2014年04月 - 2015年07月, ラドバウド大学(オランダ), 哲学、神学、宗教学研究科, 研究員
  •   2013年04月 - 2014年03月, 明治大学文学部, 非常勤講師(科学思想史Aを担当[前期])
  •   2013年04月 - 2014年03月, 東京理科大学理学部, 非常勤講師(科学史1を担当[前期〕)
  •   2011年04月 - 2014年03月, 東京外国語大学, 日本学術振興会特別研究員(PD)
  •   2007年04月 - 2011年03月, 東京大学大学院総合文化研究科博士課程
  •   2007年04月 - 2010年03月, 日本学術振興会特別研究員(DC1)
  •   2005年04月 - 2007年03月, 東京大学大学院総合文化研究科修士課程
  •   2003年04月 - 2005年03月, 東京大学教養学部後期課程基礎科学科
  •   2001年04月 - 2003年03月, 東京大学教養学部前期課程

研究活動情報

研究分野

  • 哲学, 思想史
  • 科学社会学・科学技術史, 科学社会学・科学技術史
  • 史学, 西洋史

研究キーワード

    ギリシア哲学, アリストテレス, 思想史, 西洋史, 歴史, 中世, キリスト教, ルネサンス, 科学史, 哲学

論文

MISC

  • Review of Science and Representation: A History of "Bacteria" by Yuriko Tanaka, 坂本邦暢, EASTS, 11,   2017年12月, 招待有り
  • 観念と実践を架橋する「テクストの解剖学」(〈小特集〉レビューシンポジウム ヒロ・ヒライ『医学人文主義と自然哲学』をめぐって), 坂本邦暢, 科学史研究, 53, (2) 212 - 214,   2014年07月
  • Review of The Secrets of Alchemy, by Lawrence M. Principe, 坂本邦暢, Medical History, 58, (2) 301 - 302,   2014年04月, 招待有り
  • Review of Matter and Form in Early Modern Science and Philosophy, ed. Gideon Manning, 坂本邦暢, Early Science and Medicine, 18, (6) 574 - 576,   2013年12月, 招待有り
  • Review of Blood, Sweat and Tears: The Changing Concepts of Physiology from Antiquity into Early Modern Europe, edited by Manfred Horstmanshoff, Helen King, and Claus Zittel, 坂本邦暢, Medical History, 57, (4) 608 - 610,   2013年09月, 招待有り
  • 紹介 Picturing the Book of Nature: Text, and Argument in Sixteenth-Century Human Anatomy and Medical Botany, by Sachiko Kusukawa, 柴田和宏、坂本邦暢、下野葉月、藤本大士、松村一志、山口まり, 化学史研究, 40, (2) 76 - 79,   2013年06月
  • 紹介 Isis特集:応用科学, 中尾暁、藤本大士、住田朋久、坂本邦暢、矢野厚、柴田和宏, 化学史研究, 40, (2) 74 - 76,   2013年06月
  • 「広島は逃げるように立ち去るべし」, 坂本邦暢, ユリイカ, 45, (2) 246 - 246,   2013年02月, 招待有り
  • 紹介 特集「科学における教科書」Isis 103 (2012), 柴田和宏、工藤璃輝、坂本邦暢, 化学史研究, 40, (1) 46 - 47,   2013年
  • 紹介 ヨーゼフ・T・テヴレーゼ、ヒード・ファンデン・ベルヘ『科学革命の先駆者シモン・ステヴィン:不思議にして不思議にあらず』山本義隆監修、中澤聡訳」, 坂本邦暢, 科学史研究, 51, (264) 253 - 254,   2012年12月, 招待有り
  • 紹介 特集「錬金術と科学史」ISIS 102 (2011), 柴田和宏、下野葉月、坂本邦暢, 化学史研究, 39, (4) 220 - 222,   2012年12月
  • 紹介 隠岐さや香『科学アカデミーと「有用な科学」:フォントネルの夢からコンドルセのユートピアへ』, 坂本邦暢, 化学史研究, 39, (2) 91 - 94,   2012年06月
  • 小澤健志「お雇いドイツ人理化学教師 G. ワグネルの生い立ちと修学歴について」に所収のラテン語史料トランスクリプションと翻訳を担当, 化学史研究, 38, (1) 28 - 36,   2011年03月
  • 序文「小特集:新しいベイコン像を求めて:神学、寓話解釈、物質理論」, 坂本邦暢, 科学史研究, 50, (257) 9 - 10,   2011年03月
  • 書評 平井浩編『ミクロコスモス--初期近代精神史研究 第1集』, 坂本邦暢, 化学史研究, 37, (4) 201 - 203,   2010年
  • 書評 History, Medicine, and the Traditions of Renaissance Learning, by Nancy G. Siraisi, 坂本邦暢, 化学史研究, 36, (2) 80 - 82,   2009年06月
  • Review of Le concept de semence dans les théories de la matière à la Renaissance: de Marsile Ficin à Pierre Gassendi, by Hiro Hirai, Kuni Sakamoto, Historia Scientiarum, 18,   2009年

書籍等出版物

  • Julius Caesar Scaliger, Renaissance Reformer of Aristotelianism: A Study of His Exotericae Exercitationes
    Kuni Sakamoto
    単著Brill  2016年08月
  • 『化学史事典』の「ガッサンディ」「形相と質料」「原子論の再興」「レムリ、L.」「レムリ、N.」の項目
    化学同人  2017年03月
  • 「デカルトを読むフッサール コギト、場所、時間」河本英夫、稲垣諭編『現象学のパースペクティヴ』33–49ページ。
    共著晃洋書房  2017年03月
  • リヴァイアサンと空気ポンプ ホッブズ、ボイル、実験的生活
    スティーヴン・シェイピン、サイモン・シャッファー
    共訳第2章、第6章の翻訳;新序文、1章、3章–5章、7章の訳の確認名古屋大学出版会  2016年05月
  • 「アリストテレスを救え 16世紀のスコラ学とスカリゲルの改革」ヒロ・ヒライ、小澤実編集『知のミクロコスモス 中世ルネサンスのインテレクチュアル・ヒストリー』252–279ページ。
    中央公論新社  2014年03月
  • 「カルダーノ研究の最前線 本書の解説にかえて」榎本恵美子『天才カルダーノの肖像 ルネサンスの自叙伝、占星術、夢解釈』勁草書房、2013年、261–276ページ
    坂本邦暢
    勁草書房  2013年07月
  • 『科学・技術・倫理百科事典』の「デカルト」(1513–16頁)「ニュートン」(1712–15頁)の項目の翻訳
    丸善出版  2012年01月

講演・口頭発表等

  • 血塗られた平和 ダンテ、ウェルギリウス、アリストテレス, 坂本邦暢, 中世における平和の諸相,   2016年11月20日, 招待有り, 原基晶「平和の詩学―都市国家を超えて」へのコメント。
  • デカルトに知られざる神 新哲学とアレオパゴス説教, 坂本邦暢, 第26回 白山哲学会,   2016年10月29日
  • 2016年度 東洋大学国際哲学研究センター 哲学史ワークショップ「哲学ショック!! 愛智の営みは何を受け取らせたのか」司会, 坂本邦暢,   2016年10月08日
  • The Agent Intellect and Divine mens in Julius Caesar Scaliger and Jacob Schegk, 坂本邦暢, Sixteenth Century Society & Conference,   2016年08月19日
  • 政治と真空 『リヴァイアサンと空気ポンプ』から30年, 坂本邦暢, ルネサンス研究会,   2016年07月02日
  • The Architectonic Soul: The Theory of Generation in Julius Caesar Scaliger”, 坂本邦暢, Early Modern European Philosophy and Intellectual History,   2016年02月14日, 招待有り
  • 科学の革命を記憶する:一七世紀機械論と歴史学, 坂本邦暢, 学習院女子大学「ヨーロッパ文化論」(担当講師:根占献一)特別授業,   2015年12月17日, 招待有り
  • 愛は世界を動かす:前近代宇宙論における神、知性、天球, 坂本邦暢, 中世思想研究所主催/女性神秘家研究会共催「中世における愛の諸相」,   2015年11月22日, 招待有り
  • 環境と訓練:日本で英語で研究するために, 坂本邦暢, 西洋中世学会 2015年度 若手セミナー「外国語で論文を書く、報告する」,   2015年10月10日, 招待有り
  • Scaliger against Renaissance Naturalism, 坂本邦暢, Renaissance Humanism and Japan's Christian Century,   2015年07月18日, 招待有り
  • Anti-Naturalism and the “Religion of Form” in Julius Caesar Scaliger, 坂本邦暢, Julius Caesar Scaliger and Sixteenth-Century Natural Philosophy,   2015年06月26日, Kuni Sakamoto and Christoph Lüthy
  • Renaissance Anti-Naturalism and the Fate of De mundo, 坂本邦暢, Groningen-Nijmegen Colloquium,   2015年01月30日, 招待有り
  • Cardano, Fernel, and Scaliger on the Soul, 坂本邦暢, Aristotelian Traditions and Japan's Christian Century (1549-1650),   2014年07月19日, 招待有り
  • The Concept of Body in Scaliger, Cardano and Fernel, 坂本邦暢, Ars Effective et Methodus: The Body in Early Modern Science and Thought,   2014年06月30日
  • Providing a Platform for Confessional Psychology: Julius Caesar Scaliger's Theory of the Soul, 坂本邦暢, Confessionalized Psychology: 16th-17th Century,   2014年06月06日, 招待有り
  • bibliotheca hermetica叢書『天才カルダーノの肖像』(勁草書房)刊行記念トークイベント 「ヘルメスの図書館とカルダーノのコスモス」, 榎本恵美子、ヒロ・ヒライ、坂本邦暢,   2013年08月03日
  • スカリゲルの天使論(Scaliger on Angels), 坂本邦暢, 西欧ルネサンスの世界性と日本におけるキリシタンの世紀,   2013年07月20日, 招待有り, Japanese Association for Renaissance Studies
  • 世界霊魂をめぐるカルダーノとスカリゲルの論争(Cardano vs. Scaliger on the World Soul), 坂本邦暢, アメリカルネサンス学会年会(サンディエゴ),   2013年04月04日
  • 理工系大学院教育における歴史学教育の役割, 坂本邦暢, 総合研究大学院大学「科学知の総合化」プログラム研究会「人文社会系研究者は他分野の大学院教育にどのように貢献できるか」,   2013年03月29日, 招待有り
  • アリストテレスを救え:16世紀のスコラ学とスカリゲルの改革, 坂本邦暢, 立教大学文学研究科史学専攻、文学部史学科主催公開シンポジウム「人知の営みを歴史に記す 中世・初期近代インテレクチュアルヒストリーの挑戦」,   2012年07月07日, 招待有り
  • 変容する存在の大いなる連鎖:中世とルネサンスにおける最善世界論, 坂本邦暢, 西洋中世学会第4回大会シンポジウム「中世とルネサンス――継続/断絶」,   2012年06月24日, 招待有り
  • 反自然主義から原子論へ:ユリウス・カエサル・スカリゲルの哲学とその受容, 坂本邦暢, 日本科学史学会第59回年会,   2012年05月25日
  • God, Intellect and Angels in the Cosmology of Julius Caesar Scaliger(ユリウス・カエサル・スカリゲルの宇宙論における神、知性、天使), 坂本邦暢, 2010年科学史学会年会(モントリオール),   2010年11月06日
  • ベイコンにおける創造と摂理:質料に宿る量と力, 坂本邦暢, 日本科学史学会第57回年会,   2010年05月30日
  • ユリウス・カエサル・スカリゲルの混交と発生の議論, 坂本邦暢, 日本科学史学会第56回年会,   2009年05月24日
  • 古代神学者としてのアリストテレス:ユリウス・カエサル・スカリゲルの創造論と三位一体論, 坂本邦暢, 日本哲学会第68回大会,   2009年05月16日
  • Julius Caesar Scaliger’s Theory of the Soul as the Divine Fifth Essence(ユリウス・カエサル・スカリゲルにおける神的第五精髄としての霊魂), 坂本邦暢, サマースクール「霊魂:アリストテレス的スキエンティアから初期近代の心理学へ(デン・ボッシュ、オランダ)」,   2008年07月

受賞

  •   2014年05月, 日本科学史学会, 学術奨励賞

競争的資金

  • プロテスタント形而上学の成立, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 坂本邦暢
  • Mysteries of Living Corpuscles: The Humanist Revival of Presocratic Philosophy and Atomism in Philosophy, Science and Medicine, The Netherlands Organisation for Scientific Research, Christoph Lüthy
  • 近代原子論のアリストテレス主義的起源, 日本学術振興会, 特別研究員奨励費(PD), 坂本邦暢
  • 近代科学の起源と人文主義: ピエール・ガッサンディの人文主義的自然学, 日本学術振興会, 特別研究員奨励費(DC1), 坂本邦暢

その他

  •   2015年06月, Julius Caesar Scaliger and Sixteenth Century Natural Philosophy, Organized (with Christoph Lüthy) an academic conference on Julius Caesar Scaliger at Radboud University Nijmegen on 26/27 June 2015. Program: https://www.academia.edu/12606029/Full_Program_for_the_Conference_Julius_Caesar_Scaliger_and_Sixteenth-Century_Natural_Philosophy_

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 哲学(英語講義), 東洋大学
  • 哲学史, 東洋大学
  • 哲学演習, 東洋大学
  • 哲学, 東洋大学
  • 近代ヨーロッパ史, 立教大学
  • アカデミック・ライティング, 立教大学
  • 科学史, 東京理科大学
  • 科学思想史, 明治大学