詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

藤本 典嗣フジモト ノリツグ

所属・担当
国際地域学科
国際地域学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/90455907.ja.html
生年月日
Last Updated :2017/12/09

研究者基本情報

学位

  • 博士(経済学), 九州大学

経歴

  •   2015年10月 - 2016年03月, ブリティッシュコロンビア大学(カナダ), 客員准教授
  •   2007年 - 2016年, 福島大学, 共生システム理工学類, 准教授

研究活動情報

研究分野

  • 経済学, 経済政策, 都市システム 経済地理学 震災復興学 防災 環境学

研究キーワード

    中枢管理機能 都市システム 再生可能エネルギー 防災 環境学, 韓国 台湾 中国 福島 ハイチ

論文

  • Changes of Flexibility and Security in Northeast Asian Labor Markets and their Social Impact : Analysis on a Questionnaire Survey on the Employees' Perceptions, 厳成男・朴美善・藤本典嗣, Innovation and supply chain management, 10, (1) 31 - 41,   2016年03月
  • Government’s Budget Constraint on the Fukushima Nuclear Disaster: Substitution Ratio of Decontamination to Evacuation in Japan, 藤本典嗣, Disaster Advances, 8, (9) 26 - 33,   2015年09月
  • Industrial Agglomeration in Border Areas in Northeast China: The Case of Yanbian in the China–North Korea–Russia Triangle Border Area, 朴美善、厳成男、藤本典嗣, Innovation and Supply Chain Management, 9, (1) 1 - 9,   2015年06月
  • The Change of Hierarchy of Urban System : Analysis of Office Location Restructuring in Japan (2000-2010), 藤本典嗣, Innovation and Supply Chain Management, 8, (1) 8 - 14,   2015年03月
  • Decontamination-oriented Reconstruction Policy in Fukushima Post 3.11: Real versus Administrative Boundaries, 藤本典嗣, Disaster Advances, 8, (1) 53 - 58,   2015年01月
  • Policy Implications for Music Cities in Japan, 藤本典嗣, Urban Policy Studies, 5, 41 - 54,   2012年01月

MISC

  • 行政・企業関係と都市システム : 東アジア諸国・地域の国際比較(7月例会,北東支部), 藤本 典嗣, 経済地理学年報, 56, (4) 320 - 321,   2010年12月30日
  • 避難民による域外貨幣流出についての考察 : 東日本大震災後の銀行券受払動向を中心に(2月例会,北東支部,例会記録(2015年1〜3月)), 藤本 典嗣, 経済地理学年報, 61, (2) 174 - 175,   2015年06月30日
  • ハイチ大地震の復興における諸アクターの役割 : JICAの事例(7月例会,北東支部,例会記録(2013年7月〜9月)), 藤本 典嗣, 経済地理学年報, 59,   2013年12月30日
  • 除染集約型復興政策と福島の地域経済 (原子力復興政策の経済的側面 : 福島からの発信), 藤本 典嗣, 計画行政 = Planning and public management, 38, (2) 3 - 8,   2015年05月
  • オフィス立地と地方都市生活圏(オフィス立地変動と都市地域構造の変容-その近年の動向と将来像-,2013年度秋季学術大会シンポジウム), 藤本 典嗣, 地理科学, 69, (3) 105 - 113,   2014年09月28日
  • 東京一極集中を加速する中枢管理機能の構造と情報通信の高速化 (特集 東京一極集中を問い直す), 藤本 典嗣, 都市問題, 106, (2) 22 - 28,   2015年02月
  • Industrial Agglomeration in Border Areas in Northeast China: The Case of Yanbian in the China–North Korea–Russia Triangle Border Area , PIAO Meishan, YAN Chengnan, FUJIMOTO Noritsugu, Innovation and Supply Chain Management, 9, (1) 1 - 9,   2015年, The aim of this study is to provide insight into the recent industrial agglomeration in Chinas border areas. As a first step towards more a comprehensive and extensive study on the interaction between industrial agglomeration and local economic development in the Chinese economy, this study examines the status of industrial development in Yanbian in the China-North Korea-Russia triangle border area. In particular, we examined the inŽuence of a decrease in transport costs on industrial agglomerations in the Yanbian area, and describe the industrial agglomeration gradually appeared in these border areas by increasing international trade with regional economic integration, and decreasing transport costs by maintaining the traffic infrastructure under the support of national development policies. We also clarified that the development strategy covered the disadvantageous initial conditions for industrial agglomerations in the Yanbian area.
  • The Change of Hierarchy of Urban System: Analysis of Office Location Restructuring in Japan (2000-2010) , FUJIMOTO Noritsugu, Innovation and Supply Chain Management, 8, (1) 8 - 14,   2014年, The aim of this study was to quantitatively capture changes in the hierarchical structure of head and branch office location from the viewpoint of the national urban system in Japan from 2000 to 2010. The data was extracted from the"Handbook of Organization Charts and Offices (2001 and 2011 editions) "published by Diamond Inc. Large businesses tend to have multi-locational organizations and to locate their head and branch offices in many cities with preferable locational conditions such as cities that offer large market size, ease of information collection, and face-toface contact, especially with government agencies. The"Administrative Structure Charts "published by Institute of Administrative Management were also utilized to understand the distribution of government agencies because of the importance of the location of government organizations on the location of private sector offices. This paper analyzes the data extracted on the locations of head and branch offices of listed companies and administrative agencies, and on the basis of this analysis throws light on the urban system of Japan.
  • 中国東北「辺境」地域における産業立地と産業集積に関する研究 : 延辺朝鮮族自治州を事例に, 朴 美善, 藤本 典嗣, 福島大学地域創造, 25, (1) 7477 - 7487,   2013年09月
  • 喜多方市観光業の裾野拡大に向けて : 産業論の視点から, 藤本 典嗣, 福島大学地域創造, 23, (2) 7019 - 7027,   2012年02月

書籍等出版物

  • グローバル災害復興論
    藤本典嗣・厳成男・佐野孝治・吉高神明
    共編者第2章 第14章中央経済社  2017年08月
  • テキスト都市地理学
    藤本典嗣
    単著  2017年05月行政機関や大企業の本社、支社などの立地や集中度はどのように決まるのか。都市システム論のアプローチにより、具体的なデータや産業などの事例を織り込みながら解説。
  • Unravelling the Fukushima Disaster(Edited by M.Yamakawa and D. Yamamto, Routledge Studies in Hazards, Disaster Risk and Climate Change)
    藤本典嗣
    分担執筆Routledge  2017年01月The Fukushima disaster continues to appear in national newspapers when there is another leakage of radiation-contaminated water, evacuation designations are changed, or major compensation issues arise and so remains far from over. However, after five years, attention and research towards the disaster seems to have waned despite the extent and significance of the disaster that remains. The aftermath of Fukushima exposed a number of shortcomings in nuclear energy policy and disaster preparedness. This book gives an account of the municipal responses, citizen’s responses, and coping attempts, before, during, and after the Fukushima crisis. It focuses on the background of the Fukushima disaster, from the Tohoku earthquake to diffusion on radioactive material and risk miscommunication. It explores the processes and politics of radiation contamination, and the conditions and challenges that the disaster evacuees have faced, reflecting on the evacuation process, evacuation zoning, and hope in a post-Fukushima environment. The book will be of great interest to students and scholars of disaster management studies and nuclear policy.
  • ハイチ大地震とマクロバランス
    藤本典嗣(福島大学国際災害復興学研究チーム編著)
    分担執筆「東日本大震災からの復旧・復興と国際比較」の第13章八朔社  2014年05月
  • フクシマ発―復興・復旧を考える県民の声と研究者の提言 (Fukushima‐hatsu Fh選書)
    藤本典嗣
    共著批評社  2014年02月
  • 北東地域における県土構造とオフィス立地
    藤本典嗣(経済地理学会北東支部編)
    「北東日本の地域経済」の第8章八朔社  2012年05月
  • 都市の階層と格差問題 『あすの地域論―「自治と人権の地域づくり」のために』
    藤本典嗣
    分担執筆第3章 都市の階層と格差問題八朔社  2008年10月清水 修二(著/文), 小山 良太(著/文), 下平尾 勲(著/文) 「地域」への関心が高まっている。それは自らの「生きる場」としての関心の高まりであろうと思われる。現代日本の地域問題をいろんな角度から分析し、問題解決の道を探る。
  • 行政・企業関係と都市システム
    藤本典嗣
    地域構造論の軌跡と展望 (MINERVA現代経済学叢書) の第13章ミネルヴァ書房  2005年03月好評だった『地域構造の理論』(1990年)刊行から10年余が経過した。この間、経済地理学をめぐる理論動向は変化をみせてきており、新たな理論をも取り込むことが求められている。本書では、日本の経済地理学(地域構造論)の体系を軸に、それぞれの分野の基礎理論と最新の理論的成果をわかりやすく解説する。

講演・口頭発表等

  • Regional economic boom after the nuclear disaster: Political economy, governance and reconstruction policy in Fukushima, 藤本典嗣, AAG 2017 All Things Nuclear,   2017年04月07日
  • 福島県田村市都路地区における買い物弱者の実態―アンケート調査の報告を中心に―, 藤本典嗣, 経済地理学会関東支部3月例会,   2017年03月18日
  • 再生可能エネルギー導入の国際比較-地域経済への影響の視点から-, 藤本典嗣, 日本建築学会都市計画委員会企画戦略小委員会環境都市計画ワーキンググループシンポジウム「東日本大震災・福島原発事故と環境都市計画」,   2017年03月10日
  • 電⼒市場構造の集中・分散と地域経済, 藤本典嗣, 日本計画行政学会第39回全国大会ワークショップ「再生可能エネルギーと地域経済-電力事業経営の成立閾値の視点から」,   2016年09月09日

受賞

  •   2011年12月, Asian Conference of Management Science & Applications, Best Paper Award, The Change of Hierarchy of Urban System : Analysis of Office Location Restructuring in Japan (2000-2010)

その他

  •   2016年06月, 「現金県外流出」全国ワーストの福島県〜銀行券受払にみる地域間現金流動の特徴と地域経済の課題〜, 政経東北6月号(株式会社 東邦出版)寄稿

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 産業構造論, 福島大学
  • 都市地域分析, 東洋大学
  • 地域産業政策, 福島大学
  • 外国地誌, 東洋大学
  • 人文地理学, 東洋大学
  • 都市地理学, 東洋大学