詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

坂元 浩一サカモト コウイチ

所属・担当
国際地域学科
国際共生社会研究センター
国際地域学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/80267856.ja.html
生年月日
Last Updated :2017/11/07

研究者基本情報

学位

  • 博士(経済学)

経歴

  •   2003年, 東洋大学, 国際地域学部, 教授

研究活動情報

研究分野

  • 法学, 国際法学
  • 教育学, 教育社会学

研究キーワード

    評価学, 発展途上国, アウトプット, 技術改良, 知的所有権制度, プログラム評価, ODA評価, プログラム・セオリー, 外貨収入, 人材養成, 政策評価, 経済発展, 特許出願リスト, アウトカム, プロジェクト評価, 伝統産業

MISC

  • 座談会 大きな可能性を秘めたアフリカとどう向き合うか (特集 いまアフリカを考える), 壽賀 一仁, 和崎 春日, 坂元 浩一, 三田評論, (1165) 10 - 26,   2013年03月
  • 書評 吉田栄一編『アフリカに吹く中国の嵐、アジアの旋風:途上国間競争にさらされる地域産業』情勢分析レポートNo.6, 坂元 浩一, アフリカ研究, 2008, (72) 98 - 100,   2008年
  • 世銀開発経済会合 開発援助は貧困削減に寄与するのか--世界の「知」、東京で論戦, 坂元 浩一, 世界週報, 87, (25) 36 - 39,   2006年07月04日
  • 経済自由化と貧困の実態を見る--現地リポート--フィリピン最新事情, 坂元 浩一, 世界週報, 86, (39) 36 - 39,   2005年10月18日
  • 「南南協力」をODAで支援--アジアの成功した開発経験をアフリカに (特集 躍進する東南アジアの断面を見る), 坂元 浩一, 世界週報, 86, (34) 20 - 23,   2005年09月13日
  • アフリカ支援策は正しい処方箋か (特集 グレンイーグルズ・サミット展望), 坂元 浩一, 世界週報, 86, (26) 6 - 9,   2005年07月12日
  • 総合的な国際協力政策を (特集 ODAと国際協力を考える), 坂元 浩一, 世界週報, 86, (9) 22 - 25,   2005年03月08日
  • 書評 『マラウィを知るための45章』(明石書店、栗田和明著), 坂元 浩一, アフリカ研究, 2005, (67) 124 - 126,   2005年
  • 再考:アフリカの開発と援助(2), 坂元 浩一, 月刊アフリカ, 44, (2) 9 - 13,   2004年02月
  • 再考:アフリカの開発と援助(1), 坂元 浩一, 月刊アフリカ, 44, (1) 6 - 11,   2004年01月
  • TICAD3 日本の援助を真のアフリカ開発のために, 坂元 浩一, 世界週報, 84, (37) 6 - 9,   2003年10月07日
  • 日本外交 なぜ「国益重視」のODAなのか--新ODA大綱の問題点, 坂元 浩一, 世界週報, 84, (33) 22 - 25,   2003年09月09日
  • 私のアフリカ滞在記, 坂元 浩一, サティア,   2001年
  • 援助 欧米主導でない日本独自の援助戦略を, 坂元 浩一, 世界週報, 81, (15) 24 - 26,   2000年04月18日
  • アフリカのマクロ経済と構造調整(下), 坂元 浩一, 月刊アフリカ, 38, (12) 21 - 23,   1998年12月
  • アフリカのマクロ経済と構造調整(上), 坂元 浩一, 月刊アフリカ, 38, (11) 22 - 24,   1998年11月
  • アフリカ経済への実践的接近法 (テ-マ アフリカ), 坂元 浩一, 統計, 48, (3) 31 - 36,   1997年03月
  • 構造調整(市場経済化)への実践的接近法--総合的理解と高「鮮度」の情報, 坂元 浩一, 月刊アフリカ, 37, (1) 9 - 13,   1997年01月
  • サハラ以内アフリカにおけるアジアの経済発展の活用(2), 坂元 浩一, 月刊アフリカ, 36, (7) 4 - 7,   1996年07月
  • 経済の安定化が進んだアフリカ諸国--南アを拠点に「インド洋経済圏」が始動 (アフリカの喜望峰<特集>), 坂元 浩一, 世界週報, 76, (22) p12 - 14,   1995年06月20日
  • サハラ以南アフリカの構造調整計画の実績, 坂元 浩一, 国際開発研究, 4,   1995年06月
  • マラウイの構造調整計画の実績, 坂元 浩一, アフリカ研究, 40,   1992年, The objective of this research is to evaluate performance of the structural adjustment program in Malawi. Facing an economic crisis in the early 1980s, the Government of Malawi started implementing the. structural adjustment polices with the support of the World Bank and the International Monetary Fund.Main goals of the adjustment policies are rectification of imbalances of external payments and efficient use of resources. The major policies are categorised as encouragement of production of tradable goods, increase in efficiency of markets, and sound management of public resources.Items of evaluation are defined to be extent of implementation and impact of the structural adjustment program. As the adjustment program is composed of the structural adjustment policies adopted by the Government, and support from donors, the implementation and impact of each of the two is separately analysed.Regarding the extent of implementation of the adjustment program, most of major policies were successfully implemented. Fiscal deficits were significantly reduced, while an exchange rate of Malawian currency was frequently devalued. Prices for produce of smallholder farmers were also raised, a sharp contrast with the previous disincentives given by a public purchasing agency.With respect to impact of the structural adjustment program, comparison is made between economic performance during the period of 1980-82, which saw the economic crisis, and that for 1983-87, when most of the important structural adjustment policies were implemented.The impact of the adjustment program is positive. Current account deficits of the international balance of payments were substantially reduced. Production and exports rose significantly, mainly in the sector of tradable goods. In addition, smallholder farmers increased their production and sales in response to pricing policies of the structural adjustment program.Finally, donors increased their assistance to Malawi, which sustained the adjustment efforts of the Government.
  • 減圧揚げ油脂の品質評価, 日高 敏郎, 福田 亘博, 坂元 浩一, 宮崎大学農学部研究報告, 38, (1) p35 - 38,   1991年11月

書籍等出版物

  • 教養系の国際経済論―総合理解から次の一歩まで
    坂元浩一
    単著大学教育出版  2012年05月10日
  • 世界金融危機 歴史とフィールドからの検証─G20・金融制度改革・途上国─
    坂元 浩一
    単著大学教育出版  2010年01月20日
  • 新興市場国サーベイ─グローバルスタンダードと構造改革─
    坂元 浩一
    単著大学教育出版  2009年07月24日
  • IMF・世界銀行と途上国の構造改革─経済自由化と貧困削減を中心に─
    坂元 浩一
    単著大学教育出版  2008年05月26日
  • 国際協力マニュアル―発展途上国への実践的接近法
    坂元 浩一
    単著勁草書房  1996年12月