詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

藤村 真フジムラ マコト

所属・担当
生命科学科
工業技術研究所
生命科学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/50297735.ja.html
生年月日
Last Updated :2017/07/19

研究者基本情報

学位

  • 博士(学術)

所属学協会

  • 日本農薬学会
  • 日本植物病理学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本遺伝学会

委員歴

  •   2014年04月 - 現在, Journal of Pesticide Science, Associate Editor
  •   2010年 - 現在, Pesticide Biochemistry and Physiology (Elsevier), editorial board member
  •   2006年04月 - 現在, 日本農薬学会, 評議員

経歴

  •   2002年04月 - 現在, 東洋大学, 生命科学部, 教授
  •   1997年04月 - 2002年03月, 東洋大学, 生命科学部, 助(准)教授
  •   1984年04月 - 1997年03月, 住友化学工業(株), 宝塚総合研究所

研究活動情報

研究分野

  • 生産環境農学, 植物保護科学

研究キーワード

    アカパンカビ, 植物病原菌, ジカルボキシイミド, ヒスチジンキナーゼ, グリセロール, MAPキナーゼ, cAMP, 浸透圧, 耐熱性, メラニン, 農薬耐性, 殺菌剤, 浸透圧調節, 薬剤耐性, イネいもち病, 赤かび病, トリコテセン, 誘導抵抗性, ストレス応答, シグナル伝達, Verticillium, ポリケタイド合成酵素, ゲノム情報

論文

  • Acetyltransferase activity in Pseudomonas sp. capable of acetylating the C-4 hydroxyl group of nivalenol-type trichothecenes., Tanaka A, Saikawa S, Suzuki T, Echigo A, Maeda K, Sato M, Fujimura M, Tokai T, Usami R, Yoshida Y, Kimura M, Takahashi-Ando N, The Journal of general and applied microbiology,   2016年10月
  • ブロッコリーとの輪作によるナス半身萎凋病の抑制, 池田健太郎・古澤安紀子・藤村 真, 植物防疫, 70, (8) 511 - 514,   2016年08月
  • Phenotypic abnormalities of fr, sp, and och-1 single mutants are suppressed by loss of putative GPI-phospholipase A2 in Neurospora crassa, Masayuki Kamei, Masayuki Kamei, Yuko Tsukagoshi, Shinpei Banno, Akihiko Ichiishi, Fumiyasu Fukumori, Makoto Fujimura, Mycoscience,   2016年06月24日
  • Involvement of MAK-1 and MAK-2 MAP kinases in cell wall integrity in Neurospora crassa., Kamei M, Yamashita K, Takahashi M, Fukumori F, Ichiishi A, Fujimura M, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 1 - 10,   2016年06月
  • Hydroxylations of trichothecene rings in the biosynthesis of Fusarium trichothecenes: evolution of alternative pathways in the nivalenol chemotype., Maeda K, Tanaka A, Sugiura R, Koshino H, Tokai T, Sato M, Nakajima Y, Tanahashi Y, Kanamaru K, Kobayashi T, Nishiuchi T, Fujimura M, Takahashi-Ando N, Kimura M, Environmental microbiology,   2016年04月
  • Characterization and distribution of two subtypes of Verticillium longisporum isolated from cabbage fields in Japan, Shinpei Banno, Shinpei Banno, Kentaro Ikeda, Hidenari Saito, Hiroshi Sakai, Toshihiko Urushibara, Toshimasa Shiraishi, Toshimasa Shiraishi, Makoto Fujimura, Journal of General Plant Pathology, 81, 118 - 126,   2015年01月01日
  • Crop rotation with broccoli suppresses Verticillium wilt of eggplant, Kentaro Ikeda, Shinpei Banno, Shinpei Banno, Shinpei Banno, Akiko Furusawa, Satoshi Shibata, Kazuhiro Nakaho, Makoto Fujimura, Makoto Fujimura, Journal of General Plant Pathology, 81, 77 - 82,   2015年01月
  • Genetic and phenotypic characterization of the heat shock response in Pseudomonas putida., Ito F, Tamiya T, Ohtsu I, Fujimura M, Fukumori F, MicrobiologyOpen,   2014年10月
  • Deletion and expression analysis of beta-(1,3)-glucanosyltransferase genes in Neurospora crassa., Kamei M, Yamashita K, Takahashi M, Fukumori F, Ichiishi A, Fujimura M, Fungal genetics and biology : FG & B, 52, 65 - 72,   2013年03月
  • Association of Verticillium dahliae and Verticillium longisporum with Chinese cabbage yellows and their distribution in the main production areas of Japan, Ikeda K, Banno S, Watanabe K, Fujinaga M, Ogiso H, Sakai H, Tanaka H, Miki S, Shibata S, Shiraishi T, Fujimura M, J Gen Plant Pathol, 78, 331 - 337,   2012年
  • A mutation in dnaK causes stabilization of the heat shock sigma factor σ32, accumulation of heat shock proteins and increase in toluene-resistance in Pseudomonas putida., Kobayashi Y, Ohtsu I, Fujimura M, Fukumori F, Environmental microbiology, 13, 2007 - 2017,   2011年08月
  • Quantitative nested real-time PCR detection of Verticillium longisporum and V. dahliae in the soil of cabbage fields., Banno S, Saito H, Sakai H, Urushibara T, Ikeda K, Kabe T, Kemmochi I, Fujimura M, J Gen Plant Pathol, 77, 282 - 291,   2011年
  • キャベツピシウム腐敗病菌Pythium ultimum var. ultimumによる結球期の茎腐敗症状(病徴追加), 池田健太郎, 坂野 真平, 三木 静恵, 柴田  聡, 日植病報, 77, 28 - 32,   2011年
  • Mechanism of action of dicarboximide and phenylpyrrole on the stress-response signal transduction pathway, Makoto Fujimura, Journal of Pesticide Science, 35, 351 - 353,   2010年11月03日
  • An AP-1-like transcription factor, NAP-1, regulates expression of the glutathione S-transferase and NADH:flavin oxidoreductase genes in Neurospora crassa., Takahashi M, Yamashita K, Shiozawa A, Ichiishi A, Fukumori F, Fujimura M, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 74, (4) 746 - 752,   2010年
  • Characterization of QoI resistance in Botrytis cinerea and identification of two types of mitochondrial cytochrome b gene, Banno S, Yamashita K, Fukumori F, Okada K, Uekusa H, Takagaki M, Kimura M, Fujimura M, Plant Pathol , 58, 120 - 129,   2009年
  • OxyR is involved in the expression of thioredoxin reductase TrxB in Pseudomonas putida., Hishinuma S, Ohtsu I, Fujimura M, Fukumori F, FEMS microbiology letters, 289, 138 - 145,   2008年12月
  • ATF-1 transcription factor regulates the expression of ccg-1 and cat-1 genes in response to fludioxonil under OS-2 MAP kinase in Neurospora crassa., Yamashita K, Shiozawa A, Watanabe S, Fukumori F, Kimura M, Fujimura M, Fungal genetics and biology : FG & B, 45, 1562 - 1569,   2008年12月
  • 4-O-acetylation and 3-O-acetylation of trichothecenes by trichothecene 15-O-acetyltransferase encoded by Fusarium Tri3., Tokai T, Takahashi-Ando N, Izawa M, Kamakura T, Yoshida M, Fujimura M, Kimura M, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 72, (9) 2485 - 2489,   2008年09月
  • A screening system for inhibitors of trichothecene biosynthesis: hydroxylation of trichodiene as a target., Takahashi-Ando N, Ochiai N, Tokai T, Ohsato S, Nishiuchi T, Yoshida M, Fujimura M, Kimura M, Biotechnology letters, 30, 1055 - 1059,   2008年06月
  • Genotyping of benzimidazole-resistant and dicarboximide-resistant mutations in Botrytis cinerea using real-time polymerase chain reaction assays., Banno S, Fukumori F, Ichiishi A, Okada K, Uekusa H, Kimura M, Fujimura M, Phytopathology, 98, 397 - 404,   2008年04月
  • Genetic analysis of the Neurospora crassa RAD14 homolog mus-43 and the RAD10 homolog mus-44 reveals that they belong to the mus-38 pathway of two nucleotide excision repair systems., Sato M, Niki T, Tokou T, Suzuki K, Fujimura M, Ichiishi A, Genes & genetic systems, 83, (1) 1 - 11,   2008年02月
  • Involvement of the osmosensor histidine kinase and osmotic stress-activated protein kinases in the regulation of secondary metabolism in Fusarium graminearum., Ochiai N, Tokai T, Nishiuchi T, Takahashi-Ando N, Fujimura M, Kimura M, Biochemical and biophysical research communications, 363, (3) 639 - 644,   2007年11月
  • OS-2 mitogen activated protein kinase regulates the clock-controlled gene ccg-1 in Neurospora crassa., Watanabe S, Yamashita K, Ochiai N, Fukumori F, Ichiishi A, Kimura M, Fujimura M, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 71, (11) 2856 - 2859,   2007年11月
  • Genetically engineered Fusarium as a tool to evaluate the effects of environmental factors on initiation of trichothecene biosynthesis., Ochiai N, Tokai T, Takahashi-Ando N, Fujimura M, Kimura M, FEMS microbiology letters, 275, 53 - 61,   2007年10月
  • Molecular and genetic studies of fusarium trichothecene biosynthesis: pathways, genes, and evolution., Kimura M, Tokai T, Takahashi-Ando N, Ohsato S, Fujimura M, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 71, 2105 - 2123,   2007年09月
  • Involvement of OS-2 MAP kinase in regulation of the large-subunit catalases CAT-1 and CAT-3 in Neurospora crassa., Yamashita K, Shiozawa A, Banno S, Fukumori F, Ichiishi A, Kimura M, Fujimura M, Genes & genetic systems, 82, (4) 301 - 310,   2007年08月
  • Roles of putative His-to-Asp signaling modules HPT-1 and RRG-2, on viability and sensitivity to osmotic and oxidative stresses in Neurospora crassa., Banno S, Noguchi R, Yamashita K, Fukumori F, Kimura M, Yamaguchi I, Fujimura M, Current genetics, 51, 197 - 208,   2007年03月
  • Identification of OS-2 MAP kinase-dependent genes induced in response to osmotic stress, antifungal agent fludioxonil, and heat shock in Neurospora crassa., Noguchi R, Banno S, Ichikawa R, Fukumori F, Ichiishi A, Kimura M, Yamaguchi I, Fujimura M, Fungal genetics and biology : FG & B, 44, 208 - 218,   2007年03月
  • Fusarium Tri4 encodes a key multifunctional cytochrome P450 monooxygenase for four consecutive oxygenation steps in trichothecene biosynthesis., Tokai T, Koshino H, Takahashi-Ando N, Sato M, Fujimura M, Kimura M, Biochemical and biophysical research communications, 353, 412 - 417,   2007年02月
  • OxyR regulated the expression of two major catalases, KatA and KatB, along with peroxiredoxin, AhpC in Pseudomonas putida., Hishinuma S, Yuki M, Fujimura M, Fukumori F, Environmental microbiology, 8, 2115 - 2124,   2006年12月
  • Molecular biology and biotechnology for reduction of Fusarium mycotoxin contamination, Kimura M, Takahashi-Ando N, Nishiuchi T, Ohsato S, Tokai T, Ochiai N, Fujimura M, Kudo T, Hamamoto H, Yamaguchi I , Pestic. Biochem. Physiol., 86, 117 - 123,   2006年
  • Screening of putative oxygenase genes in the Fusarium graminearum genome sequence database for their role in trichothecene biosynthesis., Tokai T, Koshino H, Kawasaki T, Igawa T, Suzuki Y, Sato M, Fujimura M, Eizuka T, Watanabe H, Kitahara T, Ohta K, Shibata T, Kudo T, Inoue H, Yamaguchi I, Kimura M, FEMS microbiology letters, 251, 193 - 201,   2005年10月
  • An Os-1 family histidine kinase from a filamentous fungus confers fungicide-sensitivity to yeast., Motoyama T, Ohira T, Kadokura K, Ichiishi A, Fujimura M, Yamaguchi I, Kudo T, Current genetics, 47, 298 - 306,   2005年05月
  • A two-component histidine kinase of the rice blast fungus is involved in osmotic stress response and fungicide action., Motoyama T, Kadokura K, Ohira T, Ichiishi A, Fujimura M, Yamaguchi I, Kudo T, Fungal genetics and biology : FG & B, 42, 200 - 212,   2005年03月
  • A catalytic subunit of cyclic AMP-dependent protein kinase, PKAC-1, regulates asexual differentiation in Neurospora crassa., Banno S, Ochiai N, Noguchi R, Kimura M, Yamaguchi I, Kanzaki S, Murayama T, Fujimura M, Genes & genetic systems, 80, 25 - 34,   2005年02月
  • Concordant evolution of trichothecene 3-O-acetyltransferase and an rDNA species phylogeny of trichothecene-producing and non-producing fusaria and other ascomycetous fungi., Tokai T, Fujimura M, Inoue H, Aoki T, Ohta K, Shibata T, Yamaguchi I, Kimura M, Microbiology (Reading, England), 151, 509 - 519,   2005年02月
  • Pyrrolnitrin interferes with osmotic signal transduction in Neurospora crassa, 藤村 真, Journal of Pesticide Science, 30, (4) 378 - 383,   2005年
  • Cloning and characterization of genes specifically expressed during infection stages in the rice blast fungus., Banno S, Kimura M, Tokai T, Kasahara S, Higa-Nishiyama A, Takahashi-Ando N, Hamamoto H, Fujimura M, Staskawicz BJ, Yamaguchi I, FEMS microbiology letters, 222, 221 - 227,   2003年05月
  • Expression in cereal plants of genes that inactivate Fusarium mycotoxins., Higa A, Kimura M, Mimori K, Ochiai-Fukuda T, Tokai T, Takahashi-Ando N, Nishiuchi T, Igawa T, Fujimura M, Hamamoto H, Usami R, Yamaguchi I, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 67, 914 - 918,   2003年04月
  • The trichothecene biosynthesis gene cluster of Fusarium graminearum F15 contains a limited number of essential pathway genes and expressed non-essential genes., Kimura M, Tokai T, O'Donnell K, Ward TJ, Fujimura M, Hamamoto H, Shibata T, Yamaguchi I, FEBS letters, 539, 105 - 110,   2003年03月
  • Trichothecene nonproducer Gibberella species have both functional and nonfunctional 3-O-acetyltransferase genes., Kimura M, Tokai T, Matsumoto G, Fujimura M, Hamamoto H, Yoneyama K, Shibata T, Yamaguchi I, Genetics, 163, (2) 677 - 684,   2003年02月
  • Putative homologs of SSK22 MAPKK kinase and PBS2 MAPK kinase of Saccharomyces cerevisiae encoded by os-4 and os-5 genes for osmotic sensitivity and fungicide resistance in Neurospora crassa., Fujimura M, Ochiai N, Oshima M, Motoyama T, Ichiishi A, Usami R, Horikoshi K, Yamaguchi I, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 67, (1) 186 - 191,   2003年01月
  • Effects of iprodione and fludioxonil on glycerol synthesis and hyphal development in Candida albicans., Ochiai N, Fujimura M, Oshima M, Motoyama T, Ichiishi A, Yamada-Okabe H, Yamaguchi I, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 66, (10) 2209 - 2215,   2002年10月
  • A Point Mutation in the Two-Component Histidine Kinase BcOS-1 Gene Confers Dicarboximide Resistance in Field Isolates of Botrytis cinerea., Oshima M, Fujimura M, Banno S, Hashimoto C, Motoyama T, Ichiishi A, Yamaguchi I, Phytopathology, 92, 75 - 80,   2002年01月
  • Characterization of mutations in the two-component histidine kinase gene that confer fludioxonil resistance and osmotic sensitivity in the os-1 mutants of Neurospora crassa, Ochiai N, Fujimura M, Motoyama T, Ichiishi A, Usami R, Horikoshi K, Yamaguchi I , Pest Manag Sci, 57, (5) 437 - 442,   2001年05月
  • Sensitivity to phenylpyrrole fungicides and abnormal glycerol accumulation in os and cut mutant strains of Neurospora crassa, Fujimura M, Ochiai N, Ichiishi A, Usami R, Horikoshi K, Yamaguchi I, J Pestic Sci , 25, 31 - 36,   2000年
  • Fungicide resistance and osmotic stress sensitivity in os mutants of Neurospora crassa, Fujimura M, Ochiai N, Ichiishi A, Usami R, Horikoshi K, Yamaguchi I , Pestic Biochem Physiol, 65, 125 - 133,   2000年
  • Amino-acid alterations in the beta-tubulin gene of Neurospora crassa that confer resistance to carbendazim and diethofencarb., Fujimura M, Kamakura T, Inoue H, Yamaguchi I , Curr Genet , 25, (5) 418 - 422,   1994年05月
  • A single amino-acid substitution in the beta-tubulin gene of Neurospora confers both carbendazim resistance and diethofencarb sensitivity, Fujimura M, Oeda K, Inoue H, Kato T , Curr Genet , 21, (4-5) 399 - 404,   1992年04月
  • Sensitivity of Neurospora crassa to benzimidazoles and N-phenylcarbamates: effect of amino acid substitutions at position 198 in beta-tubulin., Fujimura M, Kamakura T, Inoue H, Inoue S, Yamaguchi I, Pestic Biochem Physiol, 44, 165 - 173,   1992年

MISC

  • ”ミニレビュー” パイロシークエンス法を用いた殺菌剤耐性菌の検出と分布解析への応用, 藤村真,坂野真平,亀井誠之,石神陽平,塚田淑仁, 41, (1) 78 - 87,   2016年02月, 招待有り
  • ストレス応答シグナル伝達経路に作用する殺菌剤に関する研究(学会賞受賞論文(業績賞・研究)), 藤村 真, Journal of Pesticide Science, 35, (3) 363 - 369,   2010年08月
  • モデル糸状菌におけるシグナル伝達経路, 阿部 敬悦, 坂野 真平, 山下 和宏, 藤村 真, 化学と生物, 47, (8) 560 - 567,   2009年08月01日
  • C-15位に水酸基がついたタイプBトリコテセンをTLC上で簡単に見分ける方法, 安藤 直子, 東海 武史, 吉田 稔, 藤村 真, 木村 真, マイコトキシン, 58, (2) 115 - 117,   2008年07月31日, TLC上に展開した各トリコテセンと4-(p-nitrobenzyl)pyridine(NBP)を高温で反応させた後にtetraethylenepentamine(TEPA)を噴霧してアルカリ性にし、青色スポットとして検出する方法は、安価に多検体を同時処理できるので広く用いられている。本法において、NBP-熱処理を終えたTLCプレートを一晩室温で放置してからTEPAを噴霧すると、C-15位に水酸基がついたタイプBトリコテセンのみが濃い黄緑色になることを見出した。
  • Current and Future R&D Activities in Agrochemical Area in Korea and Japan (Fungicide), 藤村 真, Journal of Pesticide Science = 日本農薬学会誌, 32,   2007年10月
  • (58) 灰色かび防除剤に対する各種耐性株の遺伝的多様性解析(平成19年度日本植物病理学会大会講演要旨), 坂野 真平, 鈴木 智一, 植草 秀敏, 岡田 清嗣, 藤村 真, 日本植物病理學會報, 73,   2007年08月25日
  • (143) Real-time PCR法によるキャベツバーティシリウム萎凋病菌の定量的検出系の圃場解析への応用(平成19年度日本植物病理学会大会講演要旨), 斉藤 秀成, 坂野 真平, 加部 武, 漆原 寿彦, 藤村 真, 日本植物病理學會報, 73,   2007年08月25日
  • 平成19年度論文賞対象論文の概要とその研究背景(学会賞受賞論文(論文賞)), 坂野 真平, 藤村 真, Journal of pesticide science = 日本農薬学会誌, 32, (3) 297 - 299,   2007年08月20日
  • フローサイトメトリーによるヤマノイモ類の各種間及び系統間の核DNA量比較, 田中 一史, 櫛川 聡, 藤村 真, 木村 康夫, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表, 76,   2007年03月24日
  • B301 蛍光プローブ法を用いた殺菌剤耐性変異検出系の構築とその応用, 坂野 真平, 鈴木 智一, 植草 秀敏, 岡田 清嗣, 藤村 真, 講演要旨集, 32,   2007年03月09日
  • (156) Real-time PCR法によるキャベツバーティシリウム萎凋病菌の定量的検出と圃場の発病との相関解析(平成18年度日本植物病理学会大会講演要旨), 斉藤 秀成, 坂野 真平, 酒井 宏, 漆原 寿彦, 藤村 真, 日本植物病理學會報, 72,   2006年11月25日
  • (165) 蛍光ハイブリプローブ法を用いた灰色かび病菌のジカルボキシイミドおよびベンズイミダゾール耐性変異の分布解析(平成18年度日本植物病理学会大会講演要旨), 坂野 真平, 森 沙織, 斉藤 秀成, 岡田 清嗣, 植草 秀敏, 藤村 真, 日本植物病理學會報, 72, (4) 245 - 246,   2006年11月25日
  • (166) 大阪府および神奈川県から分離したQoI殺菌剤に耐性を示す灰色かび病菌の単離とその解析(平成18年度日本植物病理学会大会講演要旨), 藤村 真, 山下 和宏, 坂野 真平, 高垣 真喜一, 岡田 清嗣, 植草 秀敏, 日本植物病理學會報, 72,   2006年11月25日
  • Cloning and characterization of six highly similar endo-1,3-β-glucanase genes in hexaploid wheat, A. Higa-Nishiyama, S. Ohsato, S. Banno, S. Banno, S. H. Woo, M. Fujimura, I. Yamaguchi, M. Kimura, Plant Physiology and Biochemistry, 44,   2006年11月01日, Pathogenesis-related (PR) proteins are often used as a marker of plant defense reactions. Some endo-1,3-β-glucanase (Gns) genes encode proteins that belong to the PR protein family 2 (PR-2). Although the number of homologous family member genes is significantly greater in hexaploid wheat (Triticum aestivum L.) compared to other model plants, earlier studies did not evaluate the possible contribution of their homologs to hybridization signals in Northern blot analysis. In this study, we have examined whether routine transcriptional analyses of a PR gene is of high reliability or not by isolating six highly similar Gns genes (TaGlb2a, TaGlb2b, TaGlb2c, TaGlb2d, TaGlb2e, and TaGlb2f) and characterizing their expression patterns in detail. While TaGlb2b was shown to be a PR-2 gene, transcription of TaGlb2c and TaGlb2d was not induced upon infection with either powdery mildew (Erysiphe graminis) or head blight (Fusarium graminearum) pathogens; their transcripts were most abundant in healthy spikes (lemmas and in particular paleae). Therefore, in some cases, the conventional analyses do not necessarily provide accurate information on expression pattern of a PR gene in hexaploid wheat. This is also the first report of wheat genes that are specifically expressed in lemma/palea tissues of flowering spikelets. © 2006 Elsevier Masson SAS. All rights reserved.
  • フローサイトメトリーによるイチョウイモ (Dioscorea batatas Decne.) ×ジネンジョ (D. japonica Thunb.) 種間雑種の雑種性確認, 田中 一史, 櫛川 聡, 藤村 真, 木村 康夫, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表, 75,   2006年09月23日
  • B307 赤かび病菌の毒素産生をリアルタイムにモニターする系の開発とその応用, 落合 則幸, 東海 武史, 佐藤 真之, 藤村 真, 木村 真, 講演要旨集, 31,   2006年03月10日
  • Survey of mutations of a histidine kinase gene BcOS1 in dicarboximide-resistant field isolates of Botrytis cinerea, Michiyo Oshima, Shinpei Banno, Kiyotsugu Okada, Taeko Takeuchi, Makoto Kimura, Akihiko Ichiishi, Isamu Yamaguchi, Makoto Fujimura, Journal of General Plant Pathology, 72,   2006年02月01日, Previously, we cloned a putative osmosensing histidine kinase gene (BcOS1) and revealed that a single amino acid substitution, isoleucine to serine at codon 365, conferred dicarboximide resistance in field isolates of Botrytis cinerea. This point mutation (type I) occurred within the restriction enzyme TaqI site of the wild-type BcOS1 gene. Thus, a procedure was developed for detecting the type I mutation of the BcOS1 gene using a polymerase chain reaction (PCR) in combination with restriction fragment-length polymorphism (RFLP). Diagnosis by PCR-RFLP was conducted on the 105 isolates isolated from 26 fields in Japan. All dicarboximide-sensitive isolates (49 isolates) had the wild-type BcOS1 gene, and the 43 isolates with the type I mutation were resistant to dicarboximides without exception. These data indicate that dicarboximide-resistant isolates with type I mutation are widespread throughout Japan. However, other types of dicarboximide resistance were detected among isolates from Osaka; among the 24 resistant isolates from Osaka, 12 had the BcOS1 gene without the type I mutation. BcOS1 gene sequencing of these resistant isolates classified them into two groups, type II and type III. The type II isolates have three amino acid substitutions within BcOS1p (368Val to Phe, 369Gln to His, and 447Thr to Ser). The type III isolates have two amino acid substitutions within BcOS1p (369Gln to Pro and 373Asn to Ser). These amino acid changes are located on the amino acid repeat domain in BcOS1p. The three types of resistant isolates were all moderately resistant to dicarboximides without significant osmotic sensitivity, and their pathogenicity on cucumber leaves was also very similar to that of the wild-type isolate. © The Phytopathological Society of Japan and Springer-Verlag 2006.
  • ピロールニトリンはアカパンカビの浸透圧シグナル伝達経路に作用する, 岡田 晃佳, 坂野 真平, 一石 昭彦, 木村 真, 山口 勇, 藤村 真, 日本農薬学会誌, 30, (4) 378 - 383,   2005年11月20日, バイオコントロール細菌などにより生産されるピロールニトリン(PN)は, アカパンカビの電子伝達系を阻害すると報告されている.一方, 我々はフェニルピロール系剤であるフルジオキソニル(FL)が浸透圧シグナル伝達経路に作用することを報告している.両剤の殺菌スペクトルはよく似ていたが, PNはFL非感受性である卵菌類や酵母に対しても高濃度で抗菌作用を示した.両剤間の顕著な交差耐性はアカパンカビの浸透圧感受性変異株os-1 (histidine kinase), os-4 (MAPKK kinase), os-5 (MAPK kinase)とos-2 (MAP kinase)株のいずれにおいても認められた.しかし, PNは25μg/mlの濃度ではすべてのos変異株の生育を阻害した.両剤を0.1μg/mlの濃度でアカパンカビの野生株の分生子に処理したところ, 分生子の膨潤とバーストが観察された.しかし, 高濃度のPNを処理した場合には, os-5株は形態異常を示すことなく発芽を阻害した.また, PNは, FLと同様に低濃度では野生株に対してグリセロールの蓄積を誘導したが, 高濃度ではむしろグリセロール蓄積が抑制された.これらのことから, アカパンカビやその他の菌類に対するPNの主たる抗菌作用は, 浸透圧シグナル伝達経路のかく乱であると推定され, 高濃度での二次的な作用として呼吸阻害様作...
  • (234) 蛍光ハイブリプローブをもちいた灰色かび病菌のジカルボキシイミドおよびベンズイミダゾール耐性の複数変異の同時検出(平成17年度日本植物病理学会大会講演要旨), 藤村 真, 平山 美由紀, 佐藤 真之, 野口 莉枝子, 坂野 真平, 木村 真, 山口 勇, 日本植物病理學會報, 71, (3) 247 - 248,   2005年08月25日
  • Recent topics on action mechanisms of fungicides, Isamu Yamaguchi, Makoto Fujimura, Journal of Pesticide Science, 30,   2005年08月05日, Plant diseases are damaging to crop production in a temperate and humid climate like that of Japan, which has resulted in the development of many excellent fungicides, but wide-spread use of site-specific fungicides can cause pathogens to develop resistance in the field. While all modern fungicides have been developed through extensive safety evaluation, there is deep public concern about their side effects on non-target organisms. Thus there is a growing interest in non-fungicidal disease-controlling agents since they are supposedly specific to target organisms and less likely to cause resistance. Two groups of non-fungicidal rice blast chemicals are currently on the market; melanin biosynthesis inhibitors (MBIs) and plant defense activators or priming effectors which induce host resistance against the pathogen's attack. Recently, field isolates resistant to MBI-D have emerged and molecular mechanisms of action/resistance are attracting interest. Complex III in the electron transport system of fungal mitochondria which contains a cytochrome b with two ubiquinone binding sites, Qo and Qi, is another novel target of fungicides. Methoxyacrylate fungicides are known to block electron flow by binding to the Qo site. Resistance to Qo inhibitors has been observed in field isolates with a point mutation in the cytochrome b gene (G143A). While dicarboximide fungicides have been applied to protect various crops and vegetables against gray mold and other diseases, their mechanisms of action have remained unclear for many years; recent study revealed that dicarboximides interfere with the osmotic signal transduction pathway consisting of histidine kinase and MAP kinase cascades. The mutations conferring dicarboximide resistance in the field have been identified within the histidine kinase genes in Botrytis cinerea and Alternaria alternata. Thus management strategies for fungicide resistance may become a part of registration requirements worldwide. © Pesticide Science Society of Japan.
  • 殺菌剤の作用機構に関する最近の話題, 山口 勇, 藤村 真, 日本農薬学会誌, 30, (2) 67 - 74,   2005年05月20日, 我が国のように温暖多湿な地域では植物病害による被害が甚大で,それを反映して多くの優れた殺菌剤が開発されているが,特異性の高い薬剤に対する耐性菌出現が問題である.最近の薬剤開発は厳しい安全性評価の下でなされているが,非対象生物に対する悪影響に関する社会的懸念はますます高まっている.したがって本質的に対象有害微生物に特異的で,耐性菌の出にくいと考えられる,いわゆる非殺菌性の病害制御剤が注目されている.イネいもち病防除剤のメラニン合成阻害剤(MBIs)と宿主の病害抵抗性を誘導するプラントアクティベーターがその例であるが,最近,新規なメラニン合成阻害剤であるMBI-Dに予想外の抵抗性菌出現が報告されている.また,糸状菌ミトコンドリアの電子伝達系にある複合体IIIに含まれるチトクロームbのユビキノン結合サイトは殺菌剤の新規なターゲットで,メトキシアクリレート殺菌剤はそのQoサイトに結合して電子伝達を阻害する.近年,Qo阻害剤耐性菌の出現が問題化しているが,これは主にチトクロームb遺伝子の点変異(G143A)によるものである.また,多くの植物病害に使われているジカルボキシイミド系殺菌剤の作用機構は長い間,不明であったが,最近,ヒスチジンキナーゼを含む浸透圧信号伝達系に作用することが明らかになってきた.灰色かび病菌などの耐性変異はヒスチジンキナーゼ遺伝子にあることも示されている.今後は,作...
  • A101 アカパンカビのfludioxonilにより誘導される遺伝子の同定と各種ストレスとの関係, 野口 莉枝子, 坂野 真平, 木村 真, 山口 勇, 藤村 真, 講演要旨集, 30,   2005年03月10日
  • A102 アカパンカビのcAMPシグナル伝達系の変異とジカルボキシイミド感受性, 塩澤 あずさ, 橋本 千穂, 落合 則幸, 坂野 真平, 木村 真, 山口 勇, 藤村 真, 講演要旨集, 30,   2005年03月10日
  • (235)灰色かび病菌のフェンヘキサミド感受性とステロール合成遺伝子の多型解析(平成16年度日本植物病理学会大会講演要旨), 野口 莉枝子, 大峡 菜保美, 久保 麗子, 坂野 真平, 沢田 治子, 木村 真, 山口 勇, 藤村 真, 日本植物病理學會報, 70,   2004年08月25日
  • C101 アカパンカビのジカルボキシイミド誘導遺伝子のリアルタイム定量PCR解析, 坂野 真平, 野口 莉枝子, 落合 則幸, 木村 真, 山口 勇, 藤村 真, 講演要旨集, 29,   2004年03月19日
  • C102 アカパンカビのヒスチジンキナーゼ遺伝子破壊株の作製とその形質の解析, 岡田 晃佳, 落合 則幸, 坂野 真平, 木村 真, 山口 勇, 藤村 真, 講演要旨集, 29,   2004年03月19日
  • Histidine Kinase Signal Transduction and Fungicide-Resistance in Fungi, Makoto Fujimura, Journal of Pesticide Sciences, 28,   2003年12月01日
  • (239)日本の圃場における灰色かび病菌のジカルボキシイミド圃場耐性変異(平成15年度日本植物病理学会大会講演要旨), 大島 美知代, 藤村 真, 岡田 清嗣, 竹内 妙子, 山口 勇, 日本植物病理學會報, 69,   2003年08月25日
  • SI4 糸状菌のヒスチジンキナーゼと薬剤耐性, 藤村 真, 講演要旨集, 28,   2003年03月14日
  • B105 ピロールニトリンは糸状菌の浸透圧シグナル伝達系に作用する, 岡田 晃佳, 藤村 真, 落合 則幸, 宇佐見 論, 吉田 泰彦, 山口 勇, 講演要旨集, 28,   2003年03月14日
  • 糸状菌のヒスチジンキナーゼシグナル伝達と薬剤耐性 (ミニレビュー:植物保護とバイオテクノロジー), 藤村 真, 日本農薬学会誌, 28, (4) 484 - 488,   2003年
  • Mechanism of resistance to dicarboximides and phenylpyrroles, Makoto Fujimura, Noriyuki Ochiai, Takayuki Motoyama, Isamu Yamaguchi, ACS Symposium Series, 808,   2002年12月01日, The osmotic-sensitive os-1, os-2, os4, and os-5 mutants of Neurospora crassa were found resistant not only to iprodione but also to fludioxonil. Stimulation of glycerol biosynthesis by these fungicides observed in the wild-type strain was not induced in the os mutant strains. The os-1 mutant alleles were classified into two groups based on fungicide sensitivity and osmotic stress: Type I (highly resistant to fungicides but moderately sensitive to osmotic stress) and Type II (highly sensitive to osmotic stress but moderately resistant to fludioxonil). Sequence analysis of the os-1 gene in Type I mutant NM233t revealed that the codon for amino acid position 308 was changed to a stop codon in the os-1 gene, suggesting that an os-1 product, which is predicted to be the osmosensor, histidine kinase, may be required for these fungicides to express their antifungal activity. Based on the characterizations of the os mutants in N. crassa, possible mechanisms of laboratory and field dicarboximide-resistance in Botrytis cinerea are also discussed.
  • (81)イネいもち病菌のヒスチジンキナーゼ遺伝子の機能解析(平成14年度 日本植物病理学会大会講演要旨), 本山 高幸, 門倉 香, 藤村 真, 山口 勇, 日本植物病理學會報, 68,   2002年08月25日
  • (395)PCR-RFLPによる灰色かび病菌のジカルボキシイミド圃場耐性の検出(平成14年度 日本植物病理学会大会講演要旨), 大島 美知代, 藤村 真, 岡田 清嗣, 竹内 妙子, 山口 勇, 日本植物病理學會報, 68, (2) 262 - 263,   2002年08月25日
  • C216 N. crassa のジカルボキシイミド耐性 os-4 遺伝子は MAPKKK をコードする, 落合 則幸, 藤村 真, 宇佐美 論, 掘越 弘毅, 山口 勇, 講演要旨集, 27,   2002年02月22日
  • C217 灰色カビ病菌に対するステロール合成阻害剤の作用, 粉川 千絵美, 毛利 大作, 飯島 和秀, 藤村 真, 櫻井 成, 講演要旨集, 27,   2002年02月22日
  • 植物保護とバイオテクノロジー : バイオテクノロジー技術の農薬研究への応用, 藤村 真, 堀越 守, 日本農薬学会誌, 26,   2001年08月20日
  • Co-existing proteins interfere with the action of nordihydroguaiaretic acid on retrograde Golgi-to-ER protein trafficking in NRK cells and α-glucosidase reaction in vitro, Kazuhito Sato, Kazuhito Sato, Makoto Muroi, Machiko Nakamura, Makoto Fujimura, Akira Takatsuki, Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, 65,   2001年04月01日, Induction of retrograde trafficking of mannosidase II and TGN38 in NRK cells and inhibition of α-glucosidase in vitro by nordihydroguaiaretic acid (NDGA) were strongly interfered with by serum, serum albumin, or other unrelated proteins added to the medium or incubation mixture. These observations indicate that NDGA interacts with diverse kinds of proteins, and therefore, pharmacological effects of NDGA at cellular levels should be carefully interpreted.
  • B201 灰色かび病菌の浸透圧センサー遺伝子 (BcOS1) のクローニングとジカルボキシイミド圃場耐性変異の同定, 大島 美知代, 藤村 真, 本山 高幸, 山口 勇, 講演要旨集, 26,   2001年02月22日
  • B203 N. crassa のメラニン合成とポリケタイド合成酵素 (PKS) 遺伝子のクローニング, 坂野 真平, 大島 美知代, 東海 武史, 藤村 真, 山口 勇, 講演要旨集, 26,   2001年02月22日
  • B204 Candida albicans のジカルボキシイミド感受性とグリセロール蓄積誘導, 落合 則幸, 藤村 真, 本山 高幸, 宇佐美 論, 掘越 弘毅, 山口 勇, 講演要旨集, 26,   2001年02月22日
  • C208 Neurospora crassa におけるジカルボキシイミド耐性 os-1 遺伝子のクローニングとその変異同定, 落合 則幸, 藤村 真, 宇佐美 論, 掘越 弘毅, 山口 勇, 講演要旨集, 25,   2000年03月01日
  • アカパンカビの浸透圧感受性 os, cut 変異株におけるフェニルピロール系殺菌剤感受性とグリセロールの異常蓄積, 藤村 真, 落合 則幸, 一石 昭彦, 宇佐美 論, 掘越 弘毅, 山口 勇, 日本農薬学会誌, 25, (1) 31 - 36,   2000年02月20日, アカパンカビの浸透圧感受性株に対する薬剤感受性を調べたところ, os-1, os-2, os-4, os-5変異株が, ジカルボキシイミド剤, 芳香族炭素系剤と同様にフルジオキソニルにも交差耐性を示すことを見いだした.os-2, os-4, os-5変異株は各剤に高度の耐性を示したが, os-1変異株は低度耐性でイプロジオン(LD_<50> : 14μg/ml)とフルジオキソニル(LD_<50> : 0.087μg/ml)に対し感受性を残していた.一方, 浸透圧感受性cut変異株は野生株と同等の薬剤感受性を示した.また, 野生株をフルジオキソニル処理すると分生胞子の膨潤と破裂が誘導されたが, この形態異常はcut変異株でも同様に観察された.フルジオキソニル, イプロジオンを野生株に処理するとグリセロールの異常蓄積が認められることが報告されているが, これらのグリセロール異常蓄積は薬剤に高度耐性を示すos-2, os-4, os-5変異株では認められなかった.また, 低度耐性os-1変異株を10μg/mlの薬剤濃度で処理した場合に, フルジオキソニルでは顕著なグリセロールの蓄積が認められたが, イプロジオンではグリセロール蓄積量は野生株と比較し低下していた.これらの結果から薬剤耐性とグリセロール異常蓄積の相関が推定された.しかし, 浸透圧感受性cut変異株は薬剤に野生株同等の感...
  • A202 ジカルボキシイミドとフェニルピロールの抗菌作用とグリセロール異常蓄積, 藤村 真, 山口 勇, 講演要旨集, 24,   1999年03月01日
  • Topic 4 Mode of Action and Resistance, 葛西 真治, 正野 俊夫, 松田 一彦, 飯田 哲司, 藤村 真, 日本農薬学会誌, 23, (4) 446 - 454,   1998年11月20日
  • B104 Neurospora crassa におけるジエトフェンカルブのベンズイミダゾール耐性株に対する選択的抗菌活性の生化学的解析, 藤村 真, 鎌倉 高志, 小栗 幸男, 山口 勇, 講演要旨集, 18,   1993年03月01日
  • アカパンカビにおけるジエトフェンカルブのベンズイミダゾール耐性株に対する選択的殺菌作用機構, 藤村 真, 鎌倉 高志, 山口 勇, 日本農薬学会誌, 17, (4) 237 - 242,   1992年11月20日, ベンズイミダゾール耐性菌に選択的殺菌活性を示すジエトフェンカルブは, アカパンカビの分生胞子の発芽を阻害しなかったが, 0.5μg/mlの濃度において, ベンズイミダゾール耐性株の発芽管の膨潤および異常分岐を引き起こした.また, ジエトフェンカルブは, 耐性株に選択的に核の形態の異常を引き起こし, 核分裂を阻害していることがDAPIによる核染色により観察された.これらのジエトフェンカルブの耐性株に対する発芽管および核の形態異常は, 野生株に対するMBCの作用ときわめて類似していた.さらに, ^<14>C-ジエトフェンカルブを用いて, ジエトフェンカルブ結合蛋白質の検索を行なったところ, 耐性株の細胞破砕液の遠心(50, 000×g)の上清の高分子分画に特異的な結合蛋白質の存在を示唆する高い放射能活性が認められた.このジエトフェンカルブ結合蛋白質は, DEAE Sephadex A-50に吸着され, 0.5M KClで溶出された.その分子量は, Sephacryl S-200によるゲル濾過により約105, 000であると推定された.これらの結果は, ベンズイミダゾール感受性菌のMBC結合蛋白質(チューブリン)と一致していることから, ジエトフェンカルブは, ベンズイミダゾール耐性株のチューブリンに特異的に結合して, 微小管の形成を阻害することにより, 選択的殺菌活性を示すと考え...
  • Action Mechanism of Diethofencarb to a Benzimidazole-Resistant Mutant in Neurospora crassa, Makoto Fujimura, Takashi Kamakura, Isamu Yamaguchi, Journal of Pesticide Science, 17,   1992年01月01日, In the presence of 0.5 g/ml diethofencarb, conidia of a benzimidazole-resistant mutant of Neurospora crassa germinated, with distorted, swollen germ tubes. Diethofencarb induced scattered nucleus and inhibited mitotic nuclear division in the resistant strain. The morphological abnormality was quite similar to the one observed in the wild-type strain treated with carbendazim (MBC). Diethofencarb, however, did not morphologically affect the germ tubes and nuclei of a wild-type strain. Diethofencarb formed a complex in vitro with a protein present in the mycelial extracts of the resistant mutant. The binding protein of the resistant strain was retained on a DEAE-Sephadex A-50 and eluted with 0.5 m kc1. The molecular weight of the binding protein was estimated 105,000 by gel filtration on Sephacryl S-200 chromatography. The data well coincide with those on the MBC-binding protein in the wild-type strain, suggesting that diethofencarb was selectively toxic to the benzimidazole-resistant strain by binding to the tubulin. © 1992, Pesticide Science Society of Japan. All rights reserved.
  • Sensitivity of Neurospora crassa to benzimidazoles and N-phenylcarbamates: Effect of amino acid substitutions at position 198 in β-tubulin, Makoto Fujimura, Takashi Kamakura, Hirokazu Inoue, Satoru Inoue, Isamu Yamaguchi, Pesticide Biochemistry and Physiology, 44,   1992年01月01日, Diethofencarb-resistant revertants have been isolated from the Neurospora crassa mutant F914 which shows both carbendazim (MBC) resistance and diethofencarb sensitivity. Revertant strains FR422 and FR424 were true revertants showing high resistance to N-phenylcarbamates and sensitivity to benzimidazoles, the same as wild-type. However, other revertant strains, FR511, FR513, FR521, FR421, and FRB3, were more resistant to diethofencarb than the strain F914 but less resistant to diethofencarb than the wild-type strain. These moderately resistant strains were also more resistant to benzimidazoles than the parent strain F914, Strains FR421 and FR521 were also resistant to griseofulvin. All the diethofencarb-resistant mutations were linked to the Bml locus that encodes β-tubulin. The β-tubulin gene of FRB3 strain was cloned and sequenced, and an amino acid substitution at the position 198 was found. In the strains FRB3, F914, and wild-type, the amino acids at position 198 were Lys, Gly, and Glu, respectively. A new β-tubulin gene with Ala at position 198 was constructed by site-directed mutagenesis. This gene transformed the wild-type strain to MBC resistance, while transformation of the F914 strain with this gene resulted in growth on the medium containing 0.5 μg/ml diethofencarb but not on that containing 75 μg/ml diethofencarb. The F914 strain transformed by β-tubulin genes of the wild-type strain and the FRB3 strain grew even on medium containing 75 μg/ml diethofencarb. These data suggest that the presence of Glu at position 198 in β-tubulin is responsible for MBC sensitivity. Different amino acid substitutions at position 198 confer different sensitivity to diethofencarb and the order of amino acids which result in increasing sensitivity are Glu, Lys, Ala, and Gly (most sensitive). These approaches should work in clarifying the function of β-tubulin and also aid in the design of new potent fungicides. © 1992.

書籍等出版物

  • Fungicide Resistance in Plant Pathogens: Principles and a Guide to Practical Management
    Springer  2015年09月01日
  • 菌類の事典
    朝倉書店  2013年11月01日
  • Neurospora: Genomics and Molecular Biology
    Caister Academic Press  2013年01月01日
  • 次世代の農薬開発―ニューナノテクノロジーによる探索と創製
    ソフトサイエンス社  2003年03月

講演・口頭発表等

  • ヒスチジンキナーゼCcos1遺伝子のnull変異がキュウリ褐斑病菌のジカルボキシイミドとフェニルピロールに対する圃場耐性を担う (学生優秀発表賞受賞), 塚田淑仁、藤村真、一石昭彦, 平成28年度日本植物病理学会,   2016年03月22日
  • アカパンカビのチトクロームbのG143SとG137E変異株の単離とQoI感受性, 藤村 真,森田昭,亀井誠之,山下和宏, 日本農薬学会第41回大会,   2016年03月18日
  • キュウリ褐斑病菌のジカルボキシイミドおよびフェニルピロール耐性変異の同定, 塚田淑仁,堀内玲菜,一石昭彦,藤村真, 第15回糸状菌分子生物学コンファレンス,   2015年11月20日
  • パイロシーケンス法を用いたキュウリ褐斑病,うどんこ病およびべと病の殺菌剤耐性変異の検出と圃場診断への応用, 塚田淑仁, 新福剛, 粕谷紫帆, 森亜佑美, 藤村真, 平成27年度日本植物病理学会大会,   2015年03月30日
  • パイロシークエンス法を用いた圃場単位の殺菌剤耐性菌の分布解析 ―キュウリ病害を例として―, 藤村 真, 日本農薬学会第40回大会,   2015年03月20日, 招待有り
  • パイロシークエンス法を用いたキュウリ褐斑病菌の殺菌剤耐性変異の検出, 新福剛,坂野真平,粕谷紫帆,藤村真, 日本農薬学会第39回大会,   2014年03月15日
  • Transcriptional regulation of the erg genes response to ergosterol biosynthesis inhibitors, azole and morpholine,, Moto Miyashita, Mizuki Takenaka, and Makoto Fujimura., Neurospora 2014,   2014年03月09日
  • MSN-1 is a transcription factor regulated by MAK-1 MAP kinase in Neurospora crassa., Masayuki Kamei, Masakazu Takahashi, Akihiko Ichiishi, and Makoto Fujimura, Neurospora 2014,   2014年03月08日
  • ブロッコリーの栽培すきこみによるナス半身萎凋病の発病抑制, 池田健太郎・坂野真平・柴田聡・藤村真, 日本土壌微生物学会2013年度大会,   2013年06月

受賞

  •   2013年06月, 日本土壌微生物学会, ポスター賞, ブロッコリーの栽培すきこみによるナス半身萎凋病の発病抑制
  •   2010年05月, 日本農薬学会, 業績賞(研究), ストレス応答シグナル伝達経路に作用する殺菌剤に関する研
  •   2007年03月, 日本農薬学会, 論文賞, Pyrrolnitrin Interferes with Osmotic Signal Transduction in Neurospora crassa
  •   1994年04月, 日本農薬学会, 奨励賞, 負相関交差耐性剤ジエトフェンカルブの作用機構

競争的資金

  • 赤かび病菌のストレス応答シグナル伝達経路によるトリコテセン合成制御機構の解明, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 藤村 真, 麦類赤かび病菌のストレス応答とカビ毒(トリコテセン)合成制御の関係を明らかにするために、当初計画に基づき研究を展開し、下記の成果を得た。1.赤かび病菌のAキナーゼ触媒サブユニット遺伝子の破壊株の作成とトリコテセン合成への影響解析赤かび病菌のトリコテセン生産が糖源による制御を受けていることから、糖源を感知して応答すると考えられるcAMP-PKA経路の関与を調べるために、Aキナーゼの触媒サブユニット(FgPKA1)遺伝子のノックアウト株を相同組換え法を用いて作製した。FgPKA1欠損株は、やや生育抑制が認められたが、トリコテセン合成能は野生株と顕著な差は認められなかった。ことのとから、cAMP-PKA経路のトリコテセン合成への貢献度は低いと推定された。2.マイクロアレイを用いたcAMP-PKA経路の下流で制御される遺伝子群の同定cAMP-PKA経路で制御される糸状菌の遺伝子群を明らかにするために、アカパンカビのcAMP合成酵素欠損cr-1変異株を用いて、cAMPの添加による誘導遺伝子の探索を行った。マイクロアレイ解析により、誘導遺伝子の候補を選抜したが、リアルタイム定量PCRで顕著な発現誘導が認められた遺伝子はほとんどなく、実験手法の改善が必要であると考えられた。3.転写因子FgATF1破壊株の分生子形成能の再検定赤かび病菌のFgOS-2MAPキナーゼは、トリコテセン合成を制御するものの、その下流の転写因子であるFgATF-1欠損株では、トリコテセン合成に顕著な異常は認められなかった(前年度報告)。しかし、分生子形成能を欠損した株を親株として使用していたため、改めて分生子形成能を有する赤かび病菌を親株として、FgATF1破壊株を作製した。その結果、FgATF1遺伝子の破壊はトリコテセン合成能を消失することが明らかになった。このことから、FgATF1はトリコテセン合成を制御する転写因子であるが、その制御は分生子形成能と強く関連していることが明らかになった。
  • 宿主誘導抵抗性反応における植物病原菌のサリチル酸分解NahG様遺伝子の機能解明, 文部科学省, 科学研究費補助金(萌芽研究), 藤村 真, サリチル酸は、病害抵抗性誘導のメッセンジャー分子となっているが、植物病原菌を含め多くの糸状菌がサリチル酸分解NhaG様遺伝子をもっていた。本遺伝子の機能を解析するために、アカパンカビのNcNahG遺伝子の破壊株を作出し、サルチル酸およびその誘導体に対する感受性を比較したが、野生株と顕著な差が認められなかった。サルチル酸誘導体SHAMがシアン耐性呼吸の阻害剤であることから、農業用殺菌剤アゾキシストロビン(QoI剤)で誘導されるシアン耐性呼吸に対する影響を調べたが、野生株と破壊株間に顕著な差は認められなかった。また、イネいもち病菌のNahG様遺伝子は、EST解析から感染器官である付着器で発現していることが示唆された。そこで、NahGプロモーター-GFP遺伝子をもつイネいもち病菌の形質転換体を作成し、NahG遺伝子発現を共焦点レーザー顕微鏡を用いて解析した。その結果、GFP蛍光は付着器のみでなく菌糸にも認められた。だたし、その蛍光は対照としてもちいたIMRプロモーターGFPと比較して明らかに弱く、遺伝子の発現量は低いと推定された。さらに、イネいもち病菌のNahG遺伝子のcDNAを大腸菌で大量発現させたが、可溶化が困難で充分の酵素を調整できなかった。尿素処理により一部可溶化した酵素溶液を使用してサルチル酸からカテコールへの変換活性を調べたが活性を検出できなかった。以上の結果から、糸状菌のNahG様遺伝子産物は、糸状菌には一般に存在することから、芳香族化合物を資化する活性をもつと推定されるが、サルチル酸を基質とする可能性は低いと考えられた。本研究において糸状菌がもつNahG様遺伝子の機能を特定することはできなかったが、研究過程でサルチル酸がその誘導体SHAMと同様にシアン耐性呼吸の阻害活性を有していることが明らかになり、植物の抵抗性誘導とシアン耐性呼吸との関連が示唆された。
  • ゲノム情報を利用した糸状菌ヒスチジンキナーゼ解析と殺菌剤探索への応用, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 藤村 真, ヒスチジンキナーゼは、原核生物の環境応答の中心的な役割を果たしており、多数の遺伝子が存在するが、真核生物である出芽酵母には、SLN1遺伝子の1種類のみである。一方、アカパンカビのゲノムには、フィトクローム様ドメインをもつヒスチジンキナーゼを含め糸状菌特有のヒスチジンキナーゼが11種類存在した。その多くが植物病原菌にも存在することが明らかになった。アカパンカビのヒスチジンキナーゼの機能解析を行うため、各遺伝子のクローニングとRIP法による遺伝子破壊株の作製を行った。遺伝子破壊株がos-1ヒスチジンキナーゼ以外は、顕著な形質を示さなかったため、遺伝子破壊株の単離は容易でなかったが、11種類のうち、8種類の遺伝子破壊株の単離に成功した。しかし、これらの破壊株は、浸透圧、薬剤、温度、酸化的ストレス感受性および形態形成において、野生株と顕著な差は認められなかった。各遺伝子の機能的重複の可能性が考えられたため、交配による多重破壊株の作製が必要と考えられた。そこで、RIP変異を検出するPCRプライマーをもちいた遺伝子診断系による多重破壊株選抜法を構築した。作製したos-1/NcSLN1の二重変異株は、os-1破壊株よりも高い浸透圧感受性を示し、両ヒスチジンキナーゼ間には相互作用があることが明らかになった。さらに、os-1ヒスチジンキナーゼの下流にMAPキナーゼカスケードが存在することを明らかにし、その遺伝子が、os-4(MAPKKK)、os-5(MAPKK)であることを明らかにした。また、ヒスチジンキナーゼシグナル伝達経路の薬剤スクリーニング系を構築するために、MAKキナーゼカスケードの下流で制御されている遺伝子の解析を行いNcCTT(カタラーゼ)などの遺伝子発現がジカルボキシイミド剤で誘導されることを見いだした。
  • 真核糸状菌(植物病原菌を含む)におけるメラニン合成と耐熱性獲得に関する研究, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 藤村 真, 農業用殺菌剤ジクロシメットは、イネいもち病菌に対し、付着器メラニン合成を阻害すると同時に胞子形成の抑制を示した。さらに、薬剤含有培地上で形成された胞子は、紫外線感受性の増加と耐熱性の低下を示すことを見出した。ジクロシメットのこれらの作用は、同剤の圃場での長期間にわたるイネいもち病防除効果の維持に貢献していると考えられた。ジクロシメットの示す胞子の耐熱性低下とメラニン合成阻害作用との関係を明らかにするため、メラニン合成欠損株および薬剤耐性株をもちいて解析した。その結果、耐性株では、メラニン合成阻害がなくなると同時に胞子の耐熱性低下も消失したことから、耐熱性とメラニン阻害に関連があると推定された。アカパンカビでは、メラニン化は有性器官に特異的に観察され、強度にメラニン化した子嚢胞子は70℃でも生存した。一方、非メラニン化胞子に耐熱性は認められなかった。このことから、メラニンと耐熱性の関連が示唆された。アカパンカビのメラニンは植物病原菌とおなじDHNメラニンであることを、阻害剤処理による中間代謝物の同定から明らかにした。さらに、メラニン合成系遺伝子として、3種類のPKS, SDH, HNR遺伝子をクローニングした。アカパンカビのper-1株は、メラニンを欠損しており、その子嚢胞子は耐熱性を示さなかったが、野生株のPKS遺伝子を形質転換すると、メラニン化と耐熱性が回復した。さらに、その変異をPKS遺伝子内に同定した。また、アカパンカビのメラニン合成誘導は、窒素源の欠乏ではなく、交配により誘導されることを、メラニン合成中間体およびmRNAの解析から明らかにした。
  • ジカルボキシイミド系殺菌剤の耐性機構と植物病原菌の浸透圧調節機構, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 藤村 真, ジカルボキシイミド(DCI)耐性機構と浸透圧調節機構の関連について解析するために、Neurosporaの浸透圧感受性変異株、および新たに単離した浸透圧耐性復帰変異os-5/su(os-5)株を用いて研究をおこなった。浸透圧シグナル伝達系の構成因子のos変異が薬剤耐性を示し、耐性株では薬剤によるグリセロール異常蓄積が消失することから、DCIは浸透圧シグナル伝達系を攪乱していると考えられた。しかし、薬剤耐性と薬剤感受性は必ずしも相関しないことが判明し、os-1、os-2、os-4、os-5などから構成される情報伝達経路は、浸透圧のみではなく、糸状菌の形態形成にも関与している可能性が示唆された。またos-1(浸透圧センサー)変異株は、その表現型からDCI高度耐性株と浸透圧高度感受性株に分類された。DCIに高度耐性を示す変異株では、ORF上流に終止コドン、フレームシフト変異が見いだされ、変異酵素は完全にその活性を失っていると考えられた。このことから、os-1遺伝子産物の活性がDCIの殺菌活性発現に必須であり、その失活がDCI高度耐性をもたらすことが明らかとなった。一方、浸透圧高感受性株の変異は、いずれも90アミノ酸からなる繰り返し配列内のアミノ酸置換であった。この90アミノ酸の繰り返し配列は、糸状菌特異的な配列であり、その機能は不明であったが、本研究により、この繰り返し配列が浸透圧調節に重要な役割を果たしていることが明らかになった。これらの研究成果をもとに、今後植物病原菌における浸透圧情報伝達経路の役割と、圃場耐性、病原性との関連について解析をおこなう予定である。