詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

椎崎 一宏シイザキ カズヒロ

所属・担当
応用生物科学科
工業技術研究所
職名准教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://www2.toyo.ac.jp/~shiizaki/
生年月日
Last Updated :2017/07/27

研究者基本情報

学歴

  • 2002年04月 - 2006年03月, 筑波大学

学位

  • 医学, 筑波大学

所属学協会

  • 日本癌学会
  • 環境変異原学会

経歴

  •   2015年04月 - 現在, 東洋大学, 生命科学部, 准教授
  •   2013年 - 2015年, 独立行政法人国立がん研究センター
  •   2010年 - 2013年09月, 埼玉県立がんセンター
  •   2006年 - 2010年, 大阪府立大学 産学官連携機構 遺伝子環境科学研究室
  •   2004年 - 2006年, (独)国立環境研究所 分子細胞毒性研究室
  •   2003年 - 2006年, 筑波大学 人間総合科学科 博士後期課程
  •   2002年 - 2004年, ㈱新日本科学(国立環境研究所出向)
  •   1989年 - 2002年, ㈱ツムラ 中央研究所
  •   1988年 - 1989年, 埼玉がんセンター生化学部(実験補助員)

研究活動情報

研究分野

  • 環境学, 放射線・化学物質影響科学
  • 生物科学, 分子生物学
  • 薬学, 医療系薬学

研究キーワード

    変異原物質, アリール炭化水素受容体, 環境化学物質, 発がん

論文

  • Influence of GSH S-transferase on the mutagenicity induced by dichloromethane and 1,2-dichloropropane., Akiba N, Shiizaki K, Matsushima Y, Endo O, Inaba K, Totsuka Y, Mutagenesis,   2017年05月
  • Modulation of benzo[a]pyrene-DNA adduct formation by CYP1 inducer and inhibitor., Shiizaki K, Kawanishi M, Yagi T, Genes and environment : the official journal of the Japanese Environmental Mutagen Society, 39,   2017年
  • Development of yeast reporter assays for the enhanced detection of environmental ligands of thyroid hormone receptors α and β from Xenopus tropicalis., Matsui S, Ito-Harashima S, Sugimoto Y, Takada E, Shiizaki K, Kawanishi M, Yagi T, Toxicology in vitro : an international journal published in association with BIBRA, 37, 15 - 24,   2016年12月
  • Construction of sensitive reporter assay yeasts for comprehensive detection of ligand activities of human corticosteroid receptors through inactivation of CWP and PDR genes., Ito-Harashima S, Shiizaki K, Kawanishi M, Kakiuchi K, Onishi K, Yamaji R, Yagi T, Journal of pharmacological and toxicological methods, 74, 41 - 52,   2015年07月
  • Microbial Metabolites of Omeprazole Activate Murine Aryl Hydrocarbon Receptor In Vitro and In Vivo., Kazuhiro Shiizaki, Masanobu Kawanishi, Takashi Yagi, Drug Metab Dispos., 42, (10) 1690 - 1697,   2014年10月
  • Development of yeast reporter assay for screening specific ligands of retinoic acid and retinoid X receptor subtypes, Kazuhiro Shiizaki, Tomoya Yoshikawa, Eiji Takada, Shizuma Hirose, Sayoko Ito-Harashima, Masanobu Kawanishi, Takashi Yagi, Journal of Pharmacological and Toxicological Methods, 69, (2) 245 - 252,   2014年03月
  • Identification of amino acid residues in the ligand-binding domain of the aryl hydrocarbon receptor causing the species-specific response to omeprazole: possible determinants for binding putative endogenous ligands, Kazuhiro Shiizaki, Seiichiroh Ohsako, Masanobu Kawanishi, Takashi Yagi, Molecular Pharmacology, 85, (2) 279 - 289,   2014年
  • ASC-associated inflammation promotes cecal tumorigenesis in aryl hydrocarbon receptor-deficient mice., Ikuta T, Kobayashi Y, Kitazawa M, Shiizaki K, Itano N, Noda T, Pettersson S, Poellinger L, Fujii-Kuriyama Y, Taniguchi S, Kawajiri K, Carcinogenesis, 34, (7) 1620 - 1627,   2013年07月
  • Dioxin suppresses benzo[a]pyrene-induced mutations and DNA adduct formation through cytochrome P450 1A1 induction and (±)-anti-benzo[a]pyrene-7,8-diol-9,10-epoxide inactivation in human hepatoma cells, Kazuhiro Shiizaki, Masanobu Kawanishi, Takashi Yagi, Mutation Research, 750, (1-2) 77 - 85,   2013年01月
  • Establishment of Yeast Reporter Assay Systems to Detect Ligands of Thyroid Hormone Receptors alpha and beta., Kazuhiro Shiizaki, Shota Asai, Shingo Ebata, Masanobu Kawanishi, Takashi Yagi, Toxicol In Vitro., 24, (2) 638 - 44,   2010年
  • Validation of a new yeast-based reporter assay consisting of human estrogen receptors alpha/beta and coactivator SRC-1: application for detection of estrogenic activity in environmental samples., Chu WL, Shiizaki K, Kawanishi M, Kondo M, Yagi T, Environmental toxicology, 24, (5) 513 - 521,   2009年10月
  • Possible involvement of arylhydrocarbon receptor variants in TCDD-induced thymic atrophy and XRE-dependent transcriptional activity in Wistar Hannover GALAS rats., Kawakami T, Ito T, Ohsako S, Shiizaki K, Murakami Y, Hirowatari K, Sato M, Tohyama C, The Journal of toxicological sciences, 34, (2) 209 - 220,   2009年04月
  • Differential response of various pharmaceuticals to human estrogen receptor a and b in newly-constructed yest reporter assays. , Chu WL, Shiizaki K, Kawanishi M, Kondo M. Yagi T,, Genes and Environment, 31, (3) 80 - 86,   2009年
  • Construction of a reporter yeast strain to detect estrogen receptor signaling through aryl hydrocarbon receptor activation., Kawanishi M, Kondo M, Shiizaki K, Chu WL, Terasoma Y, Yagi T, Environmental science & technology, 42, (18) 6897 - 6902,   2008年09月
  • Omeprazole alleviates benzo[a]pyrene cytotoxicity by inhibition of CYP1A1 activity in human and mouse hepatoma cells., Kazuhiro Shiizaki, Seiichiro Osako, Masanobu Kawanishi, Takashi Yagi, Basic Clin Pharmacol Toxicol., 103, (5) 468 - 75,   2008年
  • Identification of amino acid residues in the Ah receptor involved in ligand binding., Goryo K, Suzuki A, Del Carpio CA, Siizaki K, Kuriyama E, Mikami Y, Kinoshita K, Yasumoto K, Rannug A, Miyamoto A, Fujii-Kuriyama Y, Sogawa K, Biochemical and biophysical research communications, 354, (2) 396 - 402,   2007年03月
  • Activation of telomerase in BeWo cells by estrogen and 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin in co-operation with c-Myc., Sarkar P, Shiizaki K, Yonemoto J, Sone H, International journal of oncology, 28, (1) 43 - 51,   2006年01月
  • Lack of CYP1A1 expression is involved in unresponsiveness of the human hepatoma cell line SK-HEP-1 to dioxin., Kazuhiro Shiizaki, Seiichiro Ohsako, Toshie Koyama, Ryoji Nagata, Junzo Yonemoto, Chiharu Tohyama, Toxicol Lett, 160, (1) 22 - 33,   2005年12月
  • Identification of differentially expressed gene in ovariectomized rat pituitary normalized by Unkei-to. Res Commun. Pharmcology and Toxicology. , Shiizaki K, Goto K, Ishige A., Res Commun. Pharmcology and Toxicology., 6, (1,2) 125 - 133,   2001年01月
  • Antinociceptive effect of U-50488H, a kappa-opioid agonist, in streptozotocin-induced diabetic mice., Suzuki Y, Goto K, Shiizaki K, Omiya Y, Ishige A, Komatsu Y, Kamei J., J Pharm Pharmacol., 53, (4) 521 - 526,   2001年
  • Phytoestrogen activity of Emodin, an anthraquinone derivative isolated from Rheum palamatum., Shiizaki K, Muramatsu M, Ogawa S, Inoue S, Goto K, Ishige A, Sasaki H. , Res Commun. Pharmcology and Toxicology., 5, (3,4) 179 - 189,   2000年03月
  • Bioassay of phytoestrogen in herbal medicine used for postmenopausal disorder using transformed MCF-7 cells., Kazuhiro Shiizaki, Kazuhiro Goto, Atsushi Ishige, Yasunori Komatsu, Phytother Res., 13, (6) 498 - 503,   1999年09月

特許

  • 「形質転換酵母、それを用いた分析方法および分析キット」, 西本幸史, 八木孝司, 川西優喜, 椎崎一宏, 特願2008-079803, 特許第5226353号

受賞

  •   2009年, (社)近畿化学協会第9回環境技術賞

競争的資金

  • ゲノムDNA上に生じた一分子の付加体の測定方法の開発, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 椎崎 一宏
  • 大腸がん新規薬物療法を目指したAhRリガンドの探索, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 椎崎 一宏,  AhRはダイオキシンを始めとした化学物質をリガンドとして認識し、遺伝子発現を調節する転写因子であると共に、E3ユビキチンリガーゼの構成因子としてタンパク分解に関与している。近年、AhRがβ-catenin分解を介して大腸がんを抑制することが報告された。この経路はAhRリガンドに依存的なため薬物制御が可能と考えられ、大腸がんの新規薬物療法または予防法が開発できることが期待できる。本研究では生体内または天然物由来の「安全な」物質から、臨床応用可能なAhRリガンドを探索することを目的とした。 23年度はまず、AhRリガンドによる転写調節活性とタンパク分解活性の評価に用いる細胞株の検討を行った。大腸由来細胞(DLD1、Caco-2)および陽性対象として肝臓由来細胞(HepG2)を用いて実験を行った結果、DLD1細胞では転写活性化作用がHepG2に比べて著しく低く、アッセイには不向きであった。Caco-2では高い転写活性化を示したが、実験系として非常に不安定であったため、安定形質転換株の作成を行っている。一方、β-catenin分解の指標となるTOPFLASHアッセイを十数種の大腸がん由来細胞を用いて行ったが、AhRリガンドによる抑制作用はいずれの細胞においても認められなかった。この結果は既報とは異なるため、実験条件の検討ならびにタンパクレベルでのβ-cateninの定量化を行っている。 また、簡便なAhRリガンド活性の測定のため、ヒトAhRを発現するレポーターアッセイ酵母株を作成した。ホスト酵母の細胞透過性や薬物排出機能を改変したところ、極めて高感度のアッセイ酵母株を作成することに成功した。臨床応用可能なAhRリガンドの探索のため、トリプトファン代謝物のアッセイを行った結果、内因性リガンド候補とされるキヌレニンにはリガンド活性はみられず、キヌレン酸に活性が見られた。