詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

近藤 和雄コンドウ カズオ

所属・担当
食環境科学部健康栄養学科
ライフイノベーション研究所
食環境科学研究科食環境科学専攻
職名教授
メールアドレスkondo002[at]toyo.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURLhttp://www.toyo.ac.jp/
生年月日
Last Updated :2019/05/16

研究者基本情報

学位

  • 医学博士

経歴

  •   2015年05月 - 現在, お茶の水女子大学, 客員教授
  •   2015年04月 - 現在, 東洋大学, 食環境科学部健康栄養学科, 教授
  •   2015年04月 - 現在, お茶の水女子大学, 名誉教授
  •   2012年04月 - 2015年03月, お茶の水女子大学, 生活環境教育研究センター長兼務
  •   2008年04月 - 2012年03月, お茶の水女子大学付属, 中学校長, 兼務
  •   2007年04月, お茶の水女子大学大学院, 人間文化創生科学研究科, 教授配置換
  •   2001年04月 - 2007年03月, お茶の水女子大学, 生活環境研究センター長併任
  •   1999年11月, お茶の水女子大学, 生活環境研究センター, 教授
  •   1992年11月, 国立健康・栄養研究所, 臨床栄養部臨床栄養指導, 室長
  •   1992年02月, 防衛医科大学校, 病院講師(第一内科)
  •   1986年11月 - 1988年03月, ベイカー医学研究所(豪), 訪問研究員併任
  •   1984年03月, 防衛医科大学校, 第一内科, 助手
  •   1981年11月, 東京慈恵会医科大学, 青戸病院, 内科助手

研究活動情報

研究分野

  • 生活科学, 食生活学
  • 農芸化学, 食品科学
  • 内科系臨床医学, 循環器内科学

研究キーワード

    動脈硬化, 脂質, 抗酸化, ポリフェノール, 動脈硬化, 血管内皮機能障害, 単球/マクロファージ活性化, 活性酸素, 抗酸化物

論文

  • Low Levels of Plasma Osteoglycin in Patients with Complex Coronary Lesions., Seki T, Saita E, Kishimoto Y, Ibe S, Miyazaki Y, Miura K, Ohmori R, Ikegami Y, Kondo K, Momiyama Y, Journal of atherosclerosis and thrombosis, 25, (11) 1149 - 1155,   2018年11月
  • Associations between plasma nesfatin-1 levels and the presence and severity of coronary artery disease., Ibe S, Kishimoto Y, Niki H, Saita E, Umei T, Miura K, Ikegami Y, Ohmori R, Kondo K, Momiyama Y, Heart and vessels,   2019年01月
  • Low Plasma Levels of Fibroblast Growth Factor-21 in Patients with Peripheral Artery Disease., Miyazaki Y, Saita E, Kishimoto Y, Ibe S, Seki T, Miura K, Suzuki-Sugihara N, Ikegami Y, Ohmori R, Kondo K, Momiyama Y, Journal of atherosclerosis and thrombosis, 25, (9) 821 - 828,   2018年09月
  • Associations Between Plasma Betatrophin Levels and Coronary and Peripheral Artery Disease., Niki H, Kishimoto Y, Ibe S, Saita E, Sasaki K, Miura K, Ikegami Y, Ohmori R, Kondo K, Momiyama Y, Journal of atherosclerosis and thrombosis,   2018年12月
  • Plasma Heme Oxygenase-1 Levels and Carotid Atherosclerosis., Kishimoto Y, Sasaki K, Saita E, Niki H, Ohmori R, Kondo K, Momiyama Y, Stroke, 49, (9) 2230 - 2232,   2018年09月
  • Regular egg consumption at breakfast by Japanese woman university students improves daily nutrient intakes: open-labeled observations., Taguchi C, Kishimoto Y, Suzuki-Sugihara N, Saita E, Usuda M, Wang W, Masuda Y, Kondo K, Asia Pacific journal of clinical nutrition, 27, (2) 359 - 365,   2018年
  • Plasma Heme Oxygenase-1 Levels in Patients with Coronary and Peripheral Artery Diseases., Kishimoto Y, Ibe S, Saita E, Sasaki K, Niki H, Miura K, Ikegami Y, Ohmori R, Kondo K, Momiyama Y, Disease markers, 2018,   2018年
  • Terminalia bellirica (Gaertn.) Roxb. Extract and Gallic Acid Attenuate LPS-Induced Inflammation and Oxidative Stress via MAPK/NF-κB and Akt/AMPK/Nrf2 Pathways., Tanaka M, Kishimoto Y, Sasaki M, Sato A, Kamiya T, Kondo K, Iida K, Oxidative medicine and cellular longevity, 2018,   2018年
  • ApoA-I/A-II-HDL positively associates with apoB-lipoproteins as a potential atherogenic indicator., Kido T, Kondo K, Kurata H, Fujiwara Y, Urata T, Itakura H, Yokoyama S, Lipids in health and disease, 16, (1) ,   2017年11月
  • Serum gamma-glutamyltransferase is inversely associated with dietary total and coffee-derived polyphenol intakes in apparently healthy Japanese men., Taguchi C, Kishimoto Y, Kondo K, Tohyama K, Goda T, European journal of nutrition,   2017年10月
  • Plasma interleukin-27 levels in patients with coronary artery disease., Miura K, Saita E, Suzuki-Sugihara N, Miyata K, Ikemura N, Ohmori R, Ikegami Y, Kishimoto Y, Kondo K, Momiyama Y, Medicine, 96, (43) ,   2017年10月
  • Additional consumption of one egg per day increases serum lutein plus zeaxanthin concentration and lowers oxidized low-density lipoprotein in moderately hypercholesterolemic males., Kishimoto Y, Taguchi C, Saita E, Suzuki-Sugihara N, Nishiyama H, Wang W, Masuda Y, Kondo K, Food research international (Ottawa, Ont.), 99, (Pt 2) 944 - 949,   2017年09月
  • Plasma Soluble Endoglin Levels Are Inversely Associated With the Severity of Coronary Atherosclerosis-Brief Report., Saita E, Miura K, Suzuki-Sugihara N, Miyata K, Ikemura N, Ohmori R, Ikegami Y, Kishimoto Y, Kondo K, Momiyama Y, Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology, 37, (1) 49 - 52,   2017年01月
  • Quantification and physiological significance of the rightward shift of the V-slope during incremental cardiopulmonary exercise testing., Nishijima H, Kondo K, Yonezawa K, Hashimoto H, Sakurai M, BMC sports science, medicine & rehabilitation, 9,   2017年
  • Dietary Polyphenol Intake Estimated by 7-Day Dietary Records among Japanese Male Workers: Evaluation of the Within- and Between-Individual Variation., Taguchi C, Kishimoto Y, Fukushima Y, Saita E, Tanaka M, Takahashi Y, Masuda Y, Goda T, Kondo K, Journal of nutritional science and vitaminology, 63, (3) 180 - 185,   2017年
  • Bioinformatic Analysis of Plasma Apolipoproteins A-I and A-II Revealed Unique Features of A-I/A-II HDL Particles in Human Plasma., Kido T, Kurata H, Kondo K, Itakura H, Okazaki M, Urata T, Yokoyama S, Scientific reports, 6,   2016年08月
  • Terminalia bellirica Extract Inhibits Low-Density Lipoprotein Oxidation and Macrophage Inflammatory Response in Vitro., Tanaka M, Kishimoto Y, Saita E, Suzuki-Sugihara N, Kamiya T, Taguchi C, Iida K, Kondo K, Antioxidants (Basel, Switzerland), 5, (2) ,   2016年06月
  • The Dietary Isoflavone Daidzein Reduces Expression of Pro-Inflammatory Genes through PPARα/γ and JNK Pathways in Adipocyte and Macrophage Co-Cultures., Sakamoto Y, Kanatsu J, Toh M, Naka A, Kondo K, Iida K, PloS one, 11, (2) ,   2016年
  • The Effect of the Consumption of Egg on Serum Lipids and Antioxidant Status in Healthy Subjects., Kishimoto Y, Taguchi C, Suzuki-Sugihara N, Saita E, Usuda M, Wang W, Masuda Y, Kondo K, Journal of nutritional science and vitaminology, 62, (5) 361 - 365,   2016年

MISC

  • コーヒー及びポリフェノール摂取に関する検討~ネスレ日本社員健康調査~, 福島洋一, 田口千恵, 岸本良美, 高橋仁也, 鈴村裕輔, 近藤和雄, 近藤和雄, New Diet Therapy, 34,   2018年09月01日
  • 緑茶およびコーヒーの摂取と冠動脈疾患(CAD)発症との関連性について, 岸本良美, 才田恵美, 田口千恵, 大東華子, 佐々木賢二, 井部進, 池上幸憲, 大森玲子, 近藤和雄, 近藤和雄, 樅山幸彦, 日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラム・抄録集(Web), 50th,   2018年06月25日
  • 大学生のポリフェノール摂取量の推定ならびに季節差に関する検討, 田口千恵, 岸本良美, 戸ヶ崎秀代, 竹内郁恵, 田中未央里, 岩島知未, 才田恵美, 福島洋一, 近藤和雄, 近藤和雄, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 72nd,   2018年04月27日
  • 単球系細胞における小胞体ストレスマーカー発現に及ぼす抹茶の影響, 竹内郁恵, 岸本良美, 田中未央里, 岩島知未, 才田恵美, 田口千恵, 近藤和雄, 近藤和雄, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 72nd,   2018年04月27日
  • ターミナリアベリリカ抽出物及び没食子酸の生体内における酸化ストレス制御メカニズムの解明, 田中未央里, 岸本良美, 佐々木瑞穂, 佐藤あかり, 神谷智康, 近藤和雄, 近藤和雄, 飯田薫子, 飯田薫子, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 72nd,   2018年04月27日
  • アロニアベリー抽出物が炎症惹起時の血管内皮細胞に与える影響, 岩島知未, 久留悠希, 才田恵美, 田口千恵, 岸本良美, 飯田薫子, 近藤和雄, 近藤和雄, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 72nd,   2018年04月27日
  • 日本栄養・食糧学会における医系会員に関する一考察(私見), 近藤和雄, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 72nd,   2018年04月27日
  • 日本人におけるルテイン及びゼアキサンチン摂取量に関する検討, 福島洋一, 田口千恵, 岸本良美, 山崎雄太, 近藤和雄, 近藤和雄, 日本フードファクター学会学術集会講演要旨集, 23rd,   2018年
  • シンポジウム開催にあたり脂質摂取における消化・吸収と代謝の重要性について, 近藤和雄, 脂質栄養シンポジウム講演要旨集, 20th,   2018年
  • 尿中ポリフェノール排泄量と総ポリフェノール摂取量との関連性の検討, 田口千恵, 岸本良美, 竹内郁恵, 田中未央里, 岩島知未, 福島洋一, 近藤和雄, 近藤和雄, 日本フードファクター学会学術集会講演要旨集, 23rd,   2018年
  • 機能性食品について考えている事―私見―, 近藤和雄, 機能性食品と薬理栄養, 11,   2017年12月01日
  • 培養血管内皮細胞においてクルクミンは飽和脂肪酸による炎症反応を抑制する, 岸本良美, 才田恵美, 田口千恵, 谷真理子, 近藤和雄, 機能性食品と薬理栄養, 11,   2017年12月01日
  • 没食子酸が肥満に伴う慢性炎症ならびに代謝異常に及ぼす影響, 田中未央里, 須釜彩子, 角佳奈子, 清水梢, 岸本良美, 近藤和雄, 近藤和雄, 飯田薫子, 日本未病システム学会学術総会抄録集, 24th,   2017年10月18日
  • 卵とコレステロール摂取の諸問題, 近藤和雄, 日本未病システム学会学術総会抄録集, 24th,   2017年10月18日
  • コーヒーと緑茶からのポリフェノール摂取と紫外線シミ, 福島洋一, 高橋仁也, 岸本良美, 田口知恵, 横山美保子, 近藤和雄, 近藤和雄, 栄養学雑誌, 75,   2017年09月13日
  • LDL酸化ならびに肝脂質蓄積に対するゴボウの抑制作用, 岸本良美, 竹中沙織, 才田恵美, 鈴木(杉原)規恵, 田中未央里, 田口千恵, 鈴木惠美子, 近藤和雄, 近藤和雄, 機能性食品と薬理栄養, 11,   2017年08月10日
  • 冠動脈疾患および閉塞性動脈硬化症における血漿Galectin‐3濃度, 岸本良美, 才田恵美, 三浦光太郎, 関俊樹, 宮崎良央, 鈴木(杉原)規恵, 池上幸憲, 大森玲子, 近藤和雄, 近藤和雄, 樅山幸彦, 日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラム・抄録集(Web), 49th,   2017年06月25日
  • ポリフェノールと動脈硬化予防, 近藤和雄, 近藤和雄, ビタミン, 91,   2017年06月25日

書籍等出版物

  • 臨床栄養学
    飯田 薫子, 市 育代, 近藤 和雄, 脊山 洋右, 丸山 千寿子
    東京化学同人  2017年
  • 解剖・生理学 : 人体の構造と機能
    飯田 薫子, 石川 朋子, 近藤 和雄, 脊山 洋右
    東京化学同人  2016年
  • 解剖生理学・病理学
    加藤 昌彦, 近藤 和雄, 箱田 雅之, 大荷 満生
    第一出版  2016年
  • 疾病の成り立ち
    飯田 薫子, 近藤 和雄, 脊山 洋右
    東京化学同人  2015年
  • 人のアブラはなぜ嫌われるのか : 脂質「コレステロール・中性脂肪など」の正しい科学
    近藤 和雄
    技術評論社  2015年
  • 応用栄養学
    近藤 和雄, 鈴木 恵美子, 藤原 葉子
    東京化学同人  2015年
  • 解剖生理学・病理学
    加藤 昌彦, 近藤 和雄, 箱田 雅之, 大荷 満生
    第一出版  2015年
  • サプリメント・機能性食品の科学
    近藤 和雄, 佐竹 元吉
    日刊工業新聞社  2014年
  • 解剖生理学・病理学
    加藤 昌彦, 近藤 和雄, 箱田 雅之, 井階 幸一
    第一出版  2013年
  • 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 総論
    香川 靖雄, 近藤 和雄, 石田 均, 門脇 孝
    南江堂  2013年
  • 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 各論
    香川 靖雄, 近藤 和雄, 石田 均, 門脇 孝
    南江堂

講演・口頭発表等

  • ~油脂・食品成分の役割~, 近藤 和雄, 生活習慣病予防のための食生活セミナー,   2018年12月09日
  • 食と健康~血管の病気を防ぐ~, 近藤 和雄, 夢ナビライブ,   2018年07月14日
  • 心臓病とポリフェノール, 近藤 和雄, 学びLive,   2018年06月17日
  • 日本栄養・食糧学会における医系会員に関する一考察(私見), 近藤 和雄, 第72回日本栄養・食糧学会大会,   2018年05月12日
  • 脂質摂取における消化・吸収と代謝の重要性について, 近藤 和雄, 第20回脂質栄養シンポジウム,   2018年02月03日
  • 未病ケアの栄養学, 近藤 和雄, 未病の日制定記念フォーラム‐老年よ大志を抱け人生100歳時代の未病ケア‐,   2017年12月17日
  • 機能性食品について考えている事‐私見‐, 近藤 和雄, 第15回日本機能性食品医用学会総会,   2017年12月09日
  • 緑茶やワインなどからのポリフェノールの機能性効果について, 近藤 和雄, 第27回日本MRS学術シンポジウム,   2017年12月07日
  • 高齢社会における油脂の役割‐高齢者の栄養補給から物忘れ防止まで‐, 近藤 和雄, 生活習慣病予防のための食生活セミナー,   2017年11月23日
  • 卵とコレステロール摂取の諸問題, 近藤 和雄, 第24回日本未病システム学会学術総会,   2017年11月05日
  • ポリフェノールと健康、最前線‐コーヒー、緑茶と抹茶の可能性‐, 近藤 和雄, 第71回日本栄養・食糧学会大会,   2017年05月21日

受賞

  •   2014年05月, 日本栄養・食糧学会学会賞, 動脈硬化予防に関わる食事因子の研究
  •   1994年01月, 食品産業技術功労賞(特別賞), 「赤ワインが動脈硬化を防ぐ」を科学的に証明

競争的資金

  • 動脈硬化を防ぐ食事因子の検討, ライフサイエンス基礎科学研究