詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

清水 宏シミズ ヒロシ

所属・担当
法律学科
私法学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/10/04

研究者基本情報

学歴

  •  - 1999年, 中央大学, 法学研究科, 民事法学
  •  - 1992年, 中央大学, 法学部, 法律

学位

  • 法学修士, 中央大学

所属学協会

  • 日本スポーツ法学会
  • 日本仲裁人協会
  • 司法アクセス学会
  • 日本民事訴訟法学会
  • 日本交渉学会
  • 仲裁・ADR法学会

経歴

  •   2011年 - 2013年, 桐蔭法科大学院
  •   1999年 - 2010年, 桐蔭横浜大学法学部

研究活動情報

研究分野

  • 法学, 民事法学

研究キーワード

    民事手続法

論文

  • スポーツ仲裁判断の執行可能性について, 清水 宏, 東洋法学, 61, (1) 231 - 251,   2017年07月
  • 当事者の破産による訴訟手続の中断と受継~慰謝料請求訴訟の取り扱いについて~, 清水 宏, 東洋通信, 54, (1) 8 - 19,   2017年04月
  • 日本における「訴訟バブル」の解説(2006年~2010年), 清水 宏, Oxford University Comparative Law Forum, (4) ,   2016年12月
  • 発信者情報開示を命じる仮処分について, 清水 宏, 東洋通信, 53, (4) 25 - 36,   2016年10月
  • 解釈論としての職権鑑定の可能性について, 清水 宏, 民事訴訟雑誌, (62) 164 - 172,   2016年03月
  • いわゆる対抗型の国際的訴訟競合の規制のあり方に関する一考察, 清水 宏, 東洋通信, 52, (3) 31 - 43,   2015年08月
  • 職権鑑定に関する一考察, 清水 宏, 東洋法学, 58, (3) 69 - 101,   2015年03月
  • 専門委員の説明について-鑑定意見との役割分担に関して-, 清水 宏, 東洋法学, 58, (2) 75 - 104,   2014年12月
  • 文書提出命令不遵守に対する制裁としての証明主題の真実擬制, 清水 宏, 東洋通信, 51, (3) 36 - 47,   2014年08月
  • 多数当事者仲裁手続に関する一考察, 比較法雑誌, 31, (2) ,   1997年
  • 仮差押え命令の効力は、表示された被保全債権とは異なるが請求の基礎を同一にする債権に及ぶか, 清水 宏, 東洋法学, 57, (1) 361 - 387,   2013年07月
  • 裁判所付置仲裁手続について, 清水 宏, 中央大学大学院研究年報, (24) 51 - 62,   1995年02月
  • 預金債権の差押えと差押債権の特定, 清水 宏, 桐蔭法学, 19, (2) 175 - 236,   2013年03月
  • スリランカの司法制度, 清水 宏, 比較法雑誌, 28, (3) 53 - 73,   1994年12月
  • 多数当事者仲裁手続に関する一考察, 清水 宏, 比較法雑誌, 31, (2) 141 - 165,   1997年09月
  • アメリカ法律協会について, 清水 宏, 国際商事法務, 28, (11) 1342 - 134,   2000年11月
  • 一部免責決定に関する可否基準について, 清水 宏, 桐蔭法学, 6, (1) 231 - 251,   1999年07月
  • 文書提出義務と文書の一部提出命令について, 清水 宏, 桐蔭法学, 9, (1) 31 - 55,   2002年07月
  • 既に発せられた仮差押命令と同一の被保全債権に基づき異なる目的物に対し更に仮差押命令をすることの許否, 清水 宏, 判例時報, (183) 184 - 189,   2003年12月
  • 控訴審における請求の縮減への対応について, 清水 宏, 桐蔭法学, 19, (2) 51 - 76,   2012年09月

書籍等出版物

  • 民事執行法・民事保全法
    小田司、清水宏他
    共著第3章強制執行の要件と強制執行の対象弘文堂  2014年03月
  • 民事訴訟法
    小田司編
    共著第4章 訴訟の審理弘文堂  2012年10月
  • よくわかる民事訴訟法
    清水 宏、桐蔭横浜大学学長 小島武司
    ミネルヴァ書房  2013年10月15日
  • 注釈と論点仲裁法
    清水 宏、小島武司
    青林書院  2007年02月
  • 注釈と論点仲裁法
    清水 宏、小島武司
    青林書院  2007年02月
  • 民事訴訟法
    清水 宏、小田司、大江毅、秦公正、畑宏樹、福永清貴
    弘文堂  2012年10月
  • 日本法制の改革:立法と実務の最前線
    清水 宏、小島武司
    中央大学出版部  2007年09月
  • 基本法コンメンタール民事訴訟法3[第二版]
    清水 宏、小島武司
    日本評論社  2003年05月
  • 民事司法の法理と改革上巻
    清水 宏
    商事法務  2008年08月
  • 訴訟法における法族論の再検討
    清水 宏、大村雅彦
    中央大学出版部  1999年05月
  • 仲裁における秘密保持との比較における調停の文脈での秘密保持
    清水 宏
    比較法雑誌42巻2号  2008年08月
  • ブリッジブック裁判法[第二版]
    清水 宏
    信山社  2010年05月
  • 基本法コンメンタール民事訴訟法2[第三版追補版]
    清水 宏、小島武司
    日本評論社  2012年03月
  • 注釈と論点仲裁法
    清水 宏
    青林書院  2007年02月
  • The Legal Policy Problems after 2002 World-Cup
    清水 宏、小島武司
    2004 International Conference in the fifth commemoration of the founding of association  2004年12月
  • 民事鑑定の研究
    清水 宏、木川統一郎、生田美弥子
    判例タイムズ社  2003年09月
  • 民事訴訟法
    清水 宏、川口誠、二羽和彦、萩澤達彦
    不磨書房  2000年12月
  • 民事訴訟法
    清水 宏、川口誠、二羽和彦、萩澤達彦
    不磨書房  2000年12月
  • 民事紛争をめぐる法的諸問題
    清水 宏、木川統一郎
    信山社  1999年04月
  • 民事訴訟法・民執法・民保法
    清水 宏
    法学書院  2007年01月
  • ブリッジブック裁判法
    清水 宏、小島武司
    信山社  2002年12月
  • 基本法コンメンタール民事訴訟法2[第二版]
    清水 宏、小島武司
    日本評論社  2003年06月
  • 民事鑑定の研究
    清水 宏、木川統一郎、生田美弥子
    判例タイムズ社  2003年09月
  • 基本法コンメンタール民事訴訟法2[第三版]
    清水 宏、小島武司
    日本評論社  2007年07月
  • 訴訟法における法族論の再検討
    清水 宏
    中央大学出版部  1999年05月
  • 基本法コンメンタール民事訴訟法3[第三版]
    清水 宏、小島武司
    日本評論社  2008年01月
  • 訴訟法における法族論の再検討
    清水 宏
    中央大学出版部  1999年04月
  • ADRと民事訴訟
    清水 宏、大村雅彦
    中央大学出版部  1997年12月
  • 基本法コンメンタール民事訴訟法3[第三版追補版]
    清水 宏、小島武司
    日本評論社  2012年03月
  • 民事司法の国際動向
    清水 宏、猪股孝史
    中央大学出版部  1996年05月
  • 訴訟法における法族論の再検討
    清水 宏、大村雅彦
    中央大学出版部  1999年05月

講演・口頭発表等

  • 解釈論としての職権鑑定の可能性について, 清水 宏, 日本民事訴訟法学会,   2015年05月17日
  • 仲裁ADR法学会, 清水 宏, 仲裁とADR3号,   2008年05月
  • 情報ネットワーク法学会, 清水 宏、指宿信、細田啓介、合田俊文, 情報ネットワーク・ロー・レビュー 第3巻,   2004年07月

その他

  •   2017年02月, 司法におけるAI化の波, 司法分野におけるAIの導入について、海外の事情などを紹介した随筆である。
  •   2016年02月, 私見管見, 東洋大学通信教育課程における課題レポート作成についての 注意点として、理論的な争点に関する私見の提示のあり方 を説明したものである。
  • 「是非に及ばず」, これから民事訴訟法を学ぶ者を対象とし、民事訴訟の被告 になった場合を仮定して、どのような法的問題が生じるかを 提示しながら民事訴訟制度の特徴を解説した誌上入門講義 である。