詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

角野 立夫スミノ タツオ

所属・担当
生命科学部応用生物科学科
生命科学研究科生命科学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://www2.toyo.ac.jp/~sumino/
生年月日
Last Updated :2018/12/08

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:集積培養した低温耐性硝化細菌を用いて5℃での硝化処理が可能であることを見出してます。この技術を浄水処理に適用し、冬場の5℃条件で低温耐性硝化担体投入型BAC処理を行い、NH4-N1mg/Lを0.01mg/Lまで下げる技術を検証しました。

学歴

  • 山梨大学大学院工学研究科発酵生産学専攻

学位

  • 農学博士

所属学協会

  • 日本水処理生物学会
  • 日本水環境学会
  • 化学工学会
  • 生物工学会

委員歴

  •   2008年, 日本水環境学会「産業排水の処理・回収技術」研究委員会委員
  •   2002年, 滋賀県生活環境事業協会環境部会理事

経歴

  •   1978年04月 - 2010年03月, 日立プラントテクノロジー 理事・主管研究長
  •   2011年03月 - 2015年03月, 中央大学兼任講師
  •   2009年04月 - 2012年03月, 山梨大学非常勤講師
  •   2010年04月 - 現在, 東洋大学, 生命科学部, 教授

研究活動情報

研究分野

  • 環境学, 環境技術・環境材料

研究キーワード

    硝化, 硝化細菌, 固定化微生物, 低温, アンモニア酸化細菌, 下水, 産業廃水, 廃水処理

論文

  • 生物膜担体を用いた一槽式硝化脱窒技術の検討, 角野立夫, 用水と廃水, 59, (7) 530 - 536,   2017年07月
  • 下水や産業排水向け軽量化包括固定化微生物担体の開発, 角野立夫, ケミカルエンジニヤリング, 61, (6) 389 - 394,   2016年06月
  • PVA担体を用いた高速硝化処理と生物膜の次世代アンプリコンシーケンス解析, 角野立夫, 日本水処理生物学会誌, 51, (4) 75 - 82,   2015年12月
  • アナモックス担体投入型循環変法におけるC/N比の影響, 角野立夫, 日本水処理生物学会誌, 51, (1) 11 - 18,   2015年04月
  • 高濃度アンモニア含有廃水で馴養した包括固定化汚泥担体の低温硝化特性, 角野立夫, 日本水処理生物学会誌, 50, (3) 113 - 120,   2014年09月
  • 下水処理向けりん除去・回収技術, 角野立夫, ケミカルエンジニヤリング, 59, (4) 258 - 262,   2014年04月
  • Effect of free cells and additional supporting material on performance of polyethylene glycol-pellet reactor to treat NH4-N contaminated groundwater, 角野立夫, Journal of Water Resource and Protection, 3, 12 - 21,   2011年
  • Performance of intermittent aeration reactor on NH4-N removal from groundwater resources, 角野立夫, Water Science and Technology, 61, (12) 3061 - 3069,   2010年
  • Influence of carbon source on biological nitrogen removal by immobilized bacteria, 角野立夫, J.Water Resource and Protection, 2, 527 - 531,   2010年
  • Novel nitritation process using heat-shocked nitrifying bacteria entrapped in gel carriers., 角野 立夫, Process Biochemistry, 43, 265 - 270,   2008年04月
  • The presence and activity of anammox and denitrification process in low ammonium-fed bioreactors., 角野 立夫, Bioresource Technology., 98, (11) 2201 - 2206,   2007年11月
  • Quantification of anammox populations enrich an immobilized microbiol consortium with low levels of ammonium nitrogen and low temperature., 角野 立夫, Appl. Microbiol. Biotechnol., 76, 1173 - 1179,   2007年10月
  • High nitrogen removal performance at moderately low temperature utilizing anaerobic ammonium oxidation reactions., 角野 立夫, J.Biosci.Bioeng., 103, 486 - 490,   2007年06月
  • ”FloraArry" for screening of specific DNA probes representing the characteristics of a certain microbial community., 角野 立夫, FEMES Microbiol Lett., 273, 166 - 171,   2007年04月
  • Simultaneous nitrification and denitrification using activated sludge entrapped in polyethylene glycol prepolymer., 角野 立夫, Japan J.Water Treat. Biol., 43, (3) 121 - 128,   2007年03月
  • Application of immobilized biomass for freshwater nitrogen removal., 角野 立夫, Technical Journal of Nepal Engineers Association., 1, 48 - 51,   2007年01月
  • Nitrification of landfill leachate using immobilized nitrifying bacteria at low temperature., 角野 立夫, Biochem. Eng. J., 37, 49 - 55,   2007年01月
  • 水処理向け生物学的窒素処理技術とその将来展望, 角野 立夫, 日立評論, 88, 994 - 999,   2006年12月
  • Presence of anammox process in low ammonium-fed solid-phase denitrification bioreactor., 角野 立夫, 衛生工学研究論文集, 43, 149 - 153,   2006年11月
  • Nitrogen removal from wastewater using simultaneous nitrate reduction and anaerobic ammonium oxidation in a single reactor, 角野 立夫、K.Isaka, H.Ikuta, Y.Saiki, T.Yokota, J.Biosci.Bioeng., 102, 346 - 351,   2006年06月
  • Sphingosinicella microcystinivorans gen. Nov., sp. Nov., a microcystin-degrading bacterium., 角野 立夫, Int.J.Dyst.Evol.Microbiol., 56, 85 - 89,   2006年04月
  • Degradation microcystins using immobilized microorganism isolated in an eutrophic lake., 角野 立夫, Chemosphere, 65, 117 - 124,   2006年04月
  • 特殊菌(アナモックス菌)を用いた高速窒素除去システム, 角野 立夫, 日立プラント技報, 25, 30 - 33,   2006年03月
  • Growth characteristic of anaerobic ammonium-oxidizing bacteria in an anaerobic biological filtrated reactor., 角野 立夫、K.Isaka, Y.Date, S.Yoshie, S.Tsuneda, Appl.Microbiol.Biotechnol., 70, 47 - 52,   2006年02月
  • 包括固定化担体を用いた下水中環境ホルモン除去技術, 角野 立夫, 北海道大学衛生工学会第12回衛生工学シンポジュウム論文集, 133 - 136,   2004年10月
  • 底泥固定化担体および銀含有セラミックスによるアオコ増殖抑制について, 角野 立夫, 環境工学研究論文集, 429 - 436,   2004年10月
  • 高濃度アンモニア性窒素耐性菌による窒素処理技術, 角野 立夫, 化学装置, 8, 36 - 41,   2004年08月
  • 微生物のリサイクル利用のための磁気分離, 角野 立夫, 低温工学, 37, (8) 404 - 409,   2002年08月
  • 活性炭複合担体による埋立地浸出水中のダイオキシン類除去, 角野 立夫, 北海道大学衛生工学会第9回衛生工学シンポジュウム論文集, 295 - 300,   2001年10月
  • 水質浄化技術の動向について, 角野 立夫, 静電気学会誌, 25, (4) 185 - 191,   2001年04月
  • Rapid quantification and in situ detection of nitrifying bacteria in biofilms by monoclonal antibody method, 角野 立夫, Water Science and technology, 41, (4) 301 - 308,   2000年04月
  • 硝化細菌の包括固定化担体内における増殖速度特性と硝化速度, 角野 立夫, 日本水処理生物学会誌, 36, (4) 173 - 181,   2000年04月
  • 高濃度アンモニア廃水の多段処理の評価, 角野 立夫, 北海道大学衛生工学会第7回衛生工学シンポジュウム論文集, 193 - 198,   1999年10月
  • Molecular analysis of bacterial communities in a three-compartment granular activated sludge system indicates community-level control by incompatiable nitrification processes, 角野 立夫, Appl.Environ.Microbiol., 64, 2528 - 2532,   1998年12月
  • PEG固定化担体から単離したアンモニア酸化細菌の生理特性, 角野 立夫, 北海道大学衛生工学会衛生工学第6回シンポジュウム論文集, 211 - 215,   1998年10月
  • 水環境のトータルソリューションを目指す次世代型廃水高度処理・汚泥処理システム, 角野 立夫, 日立評論, 80, (8) 47 - 52,   1998年08月
  • Wastewater treatment using activated sludge entrapped in polyethlene glycol prepolymer, 角野 立夫, J.Ferment.Bioeng., 86, 424 - 426,   1998年08月
  • Complete oxidation of ammonia by retaining incompatiable nitrification activities in three-vessel system, 角野 立夫, Wat.Res., 32, 769 - 773,   1998年03月
  • 高濃度アンモニア廃水の亜硝酸型硝化・脱窒処理の検討, 角野 立夫, 北海道大学衛生工学会第5回衛生工学シンポジュウム論文集, 146 - 150,   1997年10月
  • 包括固定化微生物担体を用いた高度処理技術, 角野 立夫, 用水と廃水, 39, (8) 672 - 677,   1997年08月
  • Phylogenetic relationships of activated sludge isolates of ammonia oxidizers with different sensitivities to ammonium sulfate, 角野 立夫, J.Gen.Appl.Microbiol., 43, 373 - 379,   1997年06月
  • Nitrification of high concentration ammonium nitrogen using immbilized nitrifying bacteria, 角野 立夫, JSWA, 69 - 78,   1997年03月
  • 産業廃水向け高濃度アンモニア廃水処理技術, 角野 立夫, 日立プラント技報, 17, 7 - 10,   1997年03月
  • Nitrification of high concentration ammonium nitrogen using immobilized nitrifying bacteria, 角野 立夫, JSWA, 70 - 78,   1997年03月
  • Application of nitrification by cells immobilized in polyehylene glycol, 角野 立夫, Immobilized cell, 622 - 632,   1996年10月
  • 固定化微生物担体による半導体工場排水処理, 角野 立夫, 北海道大学衛生工学会第4回衛生工学シンポジュウム論文集, 34 - 36,   1996年10月
  • Application of immobilized nitrifiers gel removal of high ammonium nitrogen, 角野 立夫, Wat.Sci.Tech., 29, (9) 241 - 250,   1994年09月
  • High rate and compact single sludge pre-denitrification process for retrofit, 角野 立夫, Wat.Sci.Tech., 30, (6) 31 - 40,   1994年06月
  • 包括固定化微生物を用いた廃水処理, 角野 立夫, 用水と廃水, 34, 935 - 940,   1992年11月
  • Immobilization of nitrifying bacteria in porous pellets of urethane gel for removal of ammonium nitrogen from wastewater, 角野 立夫, Appl.Microbiol.Biotechnol., 36, 556 - 560,   1992年05月
  • Immobilization of nitrifying bacteria with polyethylene glycol prepolymer, 角野 立夫, JSWA, 15 - 28,   1992年03月
  • Immobilization of nitrifying bacteria by polyethylene glycol prepolymer, 角野 立夫, J.Ferement.Bioeng., 73, 37 - 42,   1992年01月
  • 固定化活性汚泥ペレットの乾燥保存性, 角野 立夫, 水質汚濁研究, 14, 820 - 823,   1991年10月
  • 固定化微生物ペレットの長期安定性と高濃度アンモニア性窒素の除去, 角野 立夫, 水質汚濁研究, 14, 820 - 823,   1991年05月
  • Immobilization of activated sludge by the acrylamide method, 角野 立夫, J.Ferment.Bioeng., 72, 141 - 143,   1991年02月
  • 固定化微生物を用いた窒素除去に関する研究, 角野 立夫, 下水道協会誌論文集, 28, (334) 44 - 53,   1991年01月
  • アクリルアミド包括固定化法による排水処理, 角野 立夫, 用水と廃水, 29, 735 - 741,   1987年04月
  • 包括固定化微生物を用いた廃水処理, 角野 立夫, PPM, 28 - 35,   1987年01月
  • 米国における最新バイオテクノロジーの動向(2), 角野 立夫, 用水と廃水, 28, 1236 - 1242,   1986年12月
  • 米国における最新バイオテクノロジーの動向(1), 角野 立夫、森忠洋、遠藤銀朗、館川進、佐々木正一, 用水と廃水, 28, 1137 - 1146,   1986年11月
  • 包括固定化微生物を用いた廃水処理技術, 角野 立夫、昆正治、森直道、中島一郎, 用水と廃水, 27, 1024 - 1029,   1983年10月

書籍等出版物

  • 最新 環境浄化のための微生物学
    角野 立夫、稲森悠平編
    講談社サイエンティフィック  2008年12月
  • ベーシックマスター微生物学
    角野 立夫、井上 明
    オーム社  2006年11月
  • 微生物固定化法による水処理
    角野 立夫、望月和博、友野勝義ら
    NTS社  2000年07月
  • Industrial application of immbilized biocatalysts
    角野 立夫、T.Tanaka, T.Tosa and T.Kobayashi
    Marcel Dekker Inc.  1993年12月
  • 環境微生物工学研究法
    角野 立夫、土木学会衛生工学委員会編
    技報堂  1993年04月
  • 微生物固定化法による廃水処理
    角野 立夫、須藤隆一編
    産業用水調査会  1988年06月
  • バイオリアクターの応用技術
    角野 立夫、千畑一郎、土佐哲也
    シーエムシー  1986年01月

講演・口頭発表等

  • 硝化処理における生物膜担体と包括固定化担体での活性化エネルギーの比較検討, 津田裕子、角野立夫, 化学工学会新潟大会,   2014年11月22日
  • 高塩類濃度アンモニア廃水の硝化処理に関する検討, 大木亮、北澤卓也、角野立夫, 化学工学会新潟大会,   2014年11月22日
  • 新規包括材料で作製した包括固定化硝化菌担体の処理特性, 田村彩、角野立夫, 化学工学会新潟大会,   2014年11月22日
  • 多孔性ゲル担体を用いた高速硝化処理の検討, 武井彩夏、角野立夫, 日本水処理生物学会第51回大会,   2014年11月14日
  • レアメタル回収系産業廃水での耐塩性硝化脱窒処理の馴養, 北澤卓也、角野立夫, 日本水処理生物学会第51回大会,   2014年11月13日
  • 畜産臭気対策用のアンモニア脱臭技術開発, 伊藤達也、武井彩夏、角野立夫、井上、高橋、鈴木, 日本水処理生物学会第51回大会,   2014年11月13日
  • 包括固定化微生物担体を用いた実下水での低温硝化検討, 木村勇貴、田端良祐、角野立夫、濱本 亜希、小林政行, 日本水処理生物学会第51回大会,   2014年11月13日
  • 下水処理向けアナモックス担体投入型循環変法における水素供与体の影響, 北澤卓也、角野立夫, 化学工学会第46回秋季大会,   2014年09月18日
  • 畜産アンモニア臭気用の生物脱臭技術開発, 伊藤達也、角野立夫, 第6回理工学部研究者・学生交流会,   2014年07月26日
  • 生物膜担体を用いた中濃度アンモニア含有廃水の処理特性, 武井彩夏、角野立夫, 第6回理工学部研究者・学生交流会,   2014年07月26日
  • アナモックス担体投入型循環変法におけるC/N比の影響, 北澤卓也、角野立夫,   2014年07月22日
  • 高濃度アンモニア含有廃水で馴養した包括固定化活性汚泥担体の低温硝化特性, 小暮 元輝、大竹 赳、角野 立夫,   2014年07月22日
  • 担体法を適用した生物学的リン除去特性の比較検討, 辻幸志、橋本敏一、神田真冴、斎藤智之、鈴木将史、角野立夫, 第51回下水道研究発表会,   2014年07月22日
  • 包括固定化微生物担体を用いたリン除去特性に関する基礎検討, 角野 立夫、下水道事業団 辻 幸志、橋本敏一, 第50回下水道研究発表会,   2013年07月30日
  • 包括固定化技術の生物学的リン除去への適用, 角野 立夫、下水道事業団 辻 幸志、橋本敏一, 第50回下水道研究発表会,   2013年07月30日
  • 包括固定化微生物担体を用いた低温硝化処理技術の開発, 角野 立夫, 第50回下水道研究発表会,   2013年07月30日
  • アナモックス担体投入型循環変法の基礎検討, 角野 立夫, 第50回下水道研究発表会,   2013年07月30日
  • Nitrogen removal using immobilized microorganisms at low temperature., 角野 立夫, Toyo international symposium,   2013年03月24日
  • Basic investigation of phosphorus removal with Entrapment in Gel Carrier, 角野 立夫、Koji TSUJI, Yukio KAWAGUCHI, Toshikazu HASHIMOTO (Japan Sewage Works Agency), Toyo international symposium,   2013年03月24日
  • 各種汚泥や沼地底泥を用いたアナモックス菌群の集積培養及び応用展開, 角野 立夫, 日本水環境学会(神戸大会),   2013年03月12日
  • 下水処理向けアナモックス担体投入型循環変法の検討, 角野 立夫, 日本水環境学会(神戸大会),   2013年03月11日
  • 固定化硝化細菌を用いた5~10℃低水温対応型硝化処理方法及び装置, 角野 立夫, (独)科学技術振興機構主催平成24年度新技術説明会,   2012年12月18日
  • 包括固定化微生物担体を用いた一槽式硝化脱窒処理の検討, 角野 立夫, 東洋大学生命科学部シンポジュウム,   2012年11月30日
  • 下水からのりん回収技術開発, 角野 立夫、下水道事業団 辻幸志、橋本敏一, 東洋大学生命科学部シンポジュウム,   2012年11月30日
  • 水圏の底泥を包括固定化した担体の低温硝化特性, 角野 立夫, 日本水処理生物学会第49回大会,   2012年11月24日
  • 包括固定化担体を用いた生物学的りん除去の検討, 角野 立夫、下水道事業団 辻幸志、橋本敏一, 日本水処理生物学会第49回大会,   2012年11月24日
  • 包括固定硝化細菌担体を用いた低水温での処理特性, 角野 立夫, 日本水処理生物学会第49回大会,   2012年11月24日
  • 下水処理場の活性汚泥を用いたアナモックス菌群の集積培養, 角野 立夫、高品 知典, 日本水処理生物学会第48回大会,   2012年11月17日
  • 生物膜法による廃水処理装置の設計法, 角野 立夫, 情報技術センターセミナー,   2012年10月17日
  • 若手研究者のためのバイオテクノロジー, 角野 立夫, 日立プラントテクノロジーセミナー,   2012年09月24日
  • アナモックス菌群の集積培養及び応用展開, 角野 立夫, 日本水環境学会シンポジュウム(佐賀),   2012年09月11日
  • 包括固定化微生物担体を用いたリン除去における基礎検討, 角野 立夫、下田圭祐、藏本克昭、鈴木将史, 日本化学工学会横浜大会,   2012年08月30日
  • 包括固定硝化細菌担体を用いた低温硝化の検討, 角野 立夫、関田和真、大竹赳、荻野正人、方波見亮太, 日本化学工学会横浜大会,   2012年08月30日
  • 水圏の底泥を包括固定化した担体の窒素処理特性, 角野 立夫、奥井地洋、大倉冬樹、伊藤進太朗、園田育美、金沢彩子, 日本水環境学会第46回年会,   2012年03月15日
  • 包括固定化担体を用いたリン除去における基礎的検討, 角野 立夫、下水道事業団 辻幸志、川口幸男、橋本敏一, 日本水環境学会第46回年会,   2012年03月15日
  • 活性汚泥から集積培養したアナモックス菌群の特性, 角野 立夫、中央大学 久保田裕美、勝山千恵、諏訪裕一, 日本水環境学会第46回年会,   2012年03月14日
  • 群馬県下水処理場の活性汚泥を用いたアナモックス菌群の集積培養, 角野 立夫、高品 知典 清水 和哉, 日本農芸化学会関東支部2011年度大会,   2011年10月15日
  • 活性汚泥構成菌の内生呼吸, 角野 立夫、Chaman Ara Keya、諏訪裕一、原山重明、生田創, 日本水処理生物学会第46回大会,   2009年11月13日
  • 不織布リアクタを用いたアナモックス菌の培養・回収に関する検討, 角野 立夫、木村裕哉、井坂和一、北崎祥子、安部直樹, 日本水処理生物学会第46回大会,   2009年11月12日
  • 包括固定化アナモックス担体の長期保存に関する研究, 角野 立夫、井坂和一、木村裕哉、北崎祥子、安部直樹, 日本水処理生物学会第46回大会,   2009年11月12日
  • pHショック法を用いた亜硝酸型硝化技術の検討, 角野 立夫、生田創、原山重明、諏訪裕一, 日本水処理生物学会第46回大会,   2009年11月12日
  • 重金属類等が及ぼすアナモックス活性への影響, 角野 立夫、北崎祥子、井坂和一、木村裕哉、安部直樹, 日本水処理生物学会第46回大会,   2009年11月12日
  • 包括固定化アナモックス担体を用いた窒素除去システムの安定性評価, 角野 立夫、井坂和一、木村裕哉、糸川浩紀, 第43回日本水環境学会年会,   2009年03月18日
  • アナモックス反応におけるアンモニア態窒素の動的同位体効果, 角野 立夫、中村高志、木村裕哉、風間ふたば, 第43回日本水環境学会年会,   2009年03月18日
  • アナモックス反応に及ぼす高濃度亜硝酸の影響, 角野 立夫、木村裕哉、井坂和一, 第43回日本水環境学会年会,   2009年03月18日
  • 包括固定化微生物を用いたシングルリアクターによる窒素除去, 角野 立夫、宮崎麻里、中村高志、風間ふたば, 第43回日本水環境学会年会,   2009年03月16日
  • 廃水処理の曝気量低減に向けた基礎的検討, 角野 立夫、生田創, 第43回日本水環境学会年会,   2009年03月
  • 低コストでできる排水中窒素規制対策「排水中窒素の形態・特徴と低コスト処理のポイント」, 角野 立夫, メガセミナー講演会,   2008年11月19日
  • 排水の窒素規制対策, 角野 立夫, 技術情報センタ講演会,   2006年12月
  • Real-time PCR法を用いたanammox細菌の定量と窒素除去特性の関係解析, 角野 立夫, 日本水処理生物学会,   2006年11月
  • 硝酸還元型アナモックス反応の長期安定性, 角野 立夫, 日本水処理生物学会,   2006年11月

特許

  • 廃水処理用の微生物保持用担体及びその担体を用いた廃水処理装置, 角野立夫, 特願2017-23869
  • 高濃度硝酸・尿素含有廃水の処理方法及び装置, 角野立夫, 特願2017-081402
  • 高塩類濃度含有廃水の廃水処理方法および廃水処理装置, 角野立夫, 特願2015-082227
  • アンモニア含有廃水の処理方法および処理装置, 角野立夫, 特願2015-018706
  • 包括固定化担体及びそれを用いた廃水処理装置, 角野立夫, 特願2014-219064
  • 廃水処理装置及び包括固定化担体, 角野立夫, 特願2013-259904
  • アンモニア性窒素含有廃水の低温処理方法および装置, 角野立夫, 特願2012-166093

受賞

  •   2005年, 発明協会関東支部長賞
  •   2002年, 武田研究奨励賞の優秀賞
  •   1997年, 土木学会新技術プロジェクト賞
  •   1993年, 科学技術庁注目発明賞

競争的資金

  • 低温耐性硝化細菌を用いた硝化処理操作因子の解明と処理システムの構築, 科学研究費, 基盤研究(C)(一般), 角野立夫
  • 低温硝化処理に使用する包括固定化微生物担体のデザイン化, 科学研究費 基盤研究(C)(一般), 角野立夫