詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

石原 次郎イシハラ ジロウ

所属・担当
総合情報学科
工業技術研究所
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/07/19

研究者基本情報

学歴

  •  - 1986年, 東北大学, 文学研究科, ドイツ文学
  •  - 1981年, 東北大学, 文学部, ドイツ文学

学位

  • 文学修士, 東北大学

所属学協会

  • 日本ゲーテ協会
  • 日本独文学会
  • 日本イメージ心理学会

経歴

  •   1986年 - 1988年, 東北大学 助手
  •   1988年 - 2006年,  北海道大学文学研究科 助教授

研究活動情報

研究分野

  • 文学, 各国文学・文学論

研究キーワード

    生態系, 文化, 感情

MISC

  • ロボット技術とアートのコラボレーション, 石原次郎, 東洋大学工学部研究報告(CD-ROM), (42) 79 - 83,   2007年10月01日
  • 講演会から ロボット環境学を立ち上げる--ロボット・環境・人間, 石原 次郎, 工業技術, (28) 12 - 14,   2006年
  • 『若きヴェルターの悩み』改訂版は何を生んだか?, 北海道大学文学部紀要, 39,   1991年
  • W.イーザーの『読書行為論』の限界-その「現象学的アプローチ」の含む問題から-, 東北ドイツ文学研究, 31,   1987年
  • ゲーテ『西東詩集』の数篇の詩の解釈, 文化, 49,   1986年
  • J.M.Rレンツ『兵士たち』におけるアスペクト効果, 北海道大学文学部独語独文学科研究年報, 20,19-36,   1993年
  • ゲーテを読むゲーテ-『ズライカの巻』はどう読まれるか-, ゲーテ年鑑, 37,   1995年
  • 経験的文学研究の理論と実践-札幌圏における文学活動の現状をふまえて, 日本独文学会 秋季研究発表会・口頭発表,   1995年
  • アスペクト論素描, 北海道大学文学部紀要, 45,   1996年
  • 経験的文学研究の現状と課題-札幌圏における実態調査の報告-, 独語独文学科研究年報,   1996年
  • 物体/事柄受容の汎用モデルの構築-文学受容の研究の基礎的考察-, 北海道大学文学研究科紀要, (102) 15 - 59,   2000年

講演・口頭発表等

  • AIBO使用時に現れる生物のイメージ, 日本イメージ心理学会第9回大会,   2008年
  • ロボットに重なる生き物のイメージ, 日本イメージ心理学会第9回大会,   2008年

競争的資金

  • 感覚と感情 生態系と文化 芸術とヒト, 生態系の中でのヒトという種が、感覚と感情という身体性を用いていかなる正解認知を行なっているのかを、芸術活動を主に対象として、体験的に、つまり臨床心理学的な事例分析の立場から探求する