研究者総覧

寺田 信幸 (テラダ ノブユキ)

  • 理工学部生体医工学科 教授
  • 工業技術研究所 教授
  • 生体医工学研究センター 教授
  • 理工学研究科生体医工学専攻 教授
  • 福祉社会開発研究センター 教授
Last Updated :2021/08/31

研究者情報

学位

  • 博士(医学)(山梨医科大学(YMU))

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 90155466

J-Global ID

研究キーワード

  • ロボティクス   環境生理学   医療情報ネットワーク   生体医工学   循環生理   宇宙医学   Heart & circulation   Space medicine   

研究分野

  • ライフサイエンス / 生体材料学 / 生体医工学
  • ライフサイエンス / 生体医工学 / 生体医工学
  • 情報通信 / 生命、健康、医療情報学 / 医療情報ネットワーク
  • ライフサイエンス / 生理学 / 宇宙医学
  • ライフサイエンス / 医療薬学 / 循環生理
  • ライフサイエンス / 生理学 / 循環生理

経歴

  • 2009年04月 - 現在  東洋大学理工学部 生体医工学科教授
  • 2005年04月 - 2009年03月  東洋大学工学部 機能ロボティクス学科教授
  • 2003年04月 - 2005年03月  山梨大学総合分析実験センター助教授
  • 1992年08月 - 2003年03月  山梨医科大学医学部実験実習機器センター助教授
  • 1992年 - 2002年  山梨医科大学(YMU)
  • 2002年  - University of Yamanashi, Associate Professor
  • 1982年03月 - 1992年07月  山梨医科大学医学部生理学講座助手
  • 1982年 - 1992年  山梨医科大学(YMU)
  • 1978年04月 - 1982年03月  国立循環器病センター臨床検査部
  • 1978年 - 1982年  National Cardiovascular Center, Dept. of Clinical Laboratory
  • 1976年04月 - 1977年03月  信州大学医学部附属病院中央検査部
  • 1976年 - 1977年  Shinshu University Hospital, Central Clinical Laboratory

学歴

  • 1972年04月 - 1976年03月   東邦大学   理学部   生物
  •         - 1976年   東邦大学   Faculty of Science

所属学協会

  • 日本医療情報学会   日本生体医工学会   日本分析化学会   日本宇宙生物科学会   日本宇宙航空環境医学会   日本自律神経学会   日本生理学会   J. Society for Medical and Biological Engineering   J. Association for Medical Informatics   J. Society of Neurovegetative Research   J. Society for Biological Sciences in Space   J. Society of Aerospace and Environmental Medicine   J. Physiol. Soc. Japan   

研究活動情報

論文

書籍

  • 先端医療を支える工学ー生体医工学への誘いー
    寺田 信幸 (担当:分担執筆範囲:ロボット技術が医療を変える)コロナ社 2014年04月
  • 人を知る、人を測る
    柴田昌和; 加藤千恵子; 寺田信幸 (担当:共著範囲:1-68)インデックス出版(東京) 2010年
  • 人、ヒトにであう
    加藤良平; 寺田信幸 (担当:分担執筆範囲:山梨医科大学標本館)風人社(東京) 1999年
  • Postural changes in venous hemodynamics in anesthetized monkeys.
    Vestibular and neural front. Elsevier Science B. V. , Amsterdam 1994年
  • 血中薬物濃度測定法
    寺田 信幸 (担当:分担執筆範囲:精度管理)中外医学社(東京) 1985年

MISC

  • T Shimamiya; N Terada; Y Hiejima; S Wakabayashi; H Kasai; M Mohri JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY 97 (3) 920 -924 2004年09月
  • 山梨地域医療IX(Y-MIX)の構築
    遠隔医療 64-65 2002年
  • Ynamanashi Medical Information exchange
    Telecare 2002 64-65 2002年
  • 浅海飽和潜水におけるストレスとリンパ球初期活性反応
    浅海飽和潜水シンポジウム論文集 49 -53 2001年
  • The effect of stress by a simulated shallow saturation dive on early activation reaction of human lymphocytes.
    Proceedings of the Symposium on Shallow-water Saturation Diving 47 -48 2001年
  • 血圧調節系におよぼす光環境の影響
    宇宙生物科学 14 228 -229 2000年
  • 統合的情報システムの構築
    山梨医大紀要 17 111 -115 1999年
  • 宇宙における生理モニターに期待すること-地上実験から宇宙実験に向けて-
    日本ME学会雑誌 10 (1) 42 -48 1996年
  • To expect from physiological monitor in space. -Develop to experiments in space from experiments on earth-
    Japanese Journal of Medical Electronics and Biological Engineering 10 (1) 42 -48 1996年
  • Head down tilt時の静脈血行動態における"Vascular Waterfall"現象
    日本宇宙生物科学 9 (3) 172 -173 1995年
  • 大静脈血行におよぼす体位変換の影響
    名古屋大学環医学研究所年報 46 34 -38 1995年
  • The Development of Vascular Waterfall and Vemous Hemodynamics during Head down tilt.
    Biological Sciences in Space. 9 (3) 172 -173 1995年
  • Effects of postural changes in vena caval hemodynamics.
    Ann. Res. Inst. Environ. Med. , Nagoya Univ. 46 34 -38 1995年
  • Postural changes in venous pressure gradients in anesthetized monkeys
    American Journal of Physiology 264,H21-H25 1993年
  • Effects of hypoxia hyperoxia and hypercapnia on graded cerebral ischemic responses in rabbits
    American Journal of Physiology 263,H1839-H1846 1992年
  • Effects of head down tilt on venous pressure gradients along the vena cava in anesthetized monkeys.
    Proceedings of the 3rd international symposium on space medicine in Nagoya 1992. 231-240 1992年
  • Effects of head down tilt on hepatic circulation and metabolism in conscious dogs.
    Jpn. J. Aerospace Environ. Med. 29, 73-80 1992年
  • Central vasomotor control of the ranbbit portal vein
    Pflugers Archiv (European Journal of Physiology) 413, 348-353 1989年
  • The role of fastigial pressor response to oscillatory head-up tilting.
    The Autonomic Nervous System 25 (6) 574 -579 1988年
  • Participation of adrenoceptors in liver blood flow regulation in anesthetized dogs.
    American Journal of Physiology 253,H1053-1058 1987年
  • T TAKEUCHI; N TERADA; S KOYAMA JAPANESE JOURNAL OF PHYSIOLOGY 36 (1) 65 -76 1986年
  • Shozo KOYAMA; Nobuyuki TERADA; Yumiko SHIOJIMA; Toru TAKEUCHI The Japanese Journal of Physiology 36 (2) 267 -275 1986年
  • Gas Liquid chromatographic Determination of Polyunsaturated Fatty Acids as the Precursor of Prostaglandins in Human Plasma and Platelets.
    The Journal of Japan Atherosclerosis Society 11 (3) 541 -547 1983年

産業財産権

  • 特開2011-229615:外耳道内圧測定システム及び外耳道内圧測定方法  2011年11月17日
    寺田 信幸, 秋元 俊成
  • 特開2006-17562:マイクロ流体素子、マイクロ流体素子を用いた分析方法及びマイクロ流体素子の製造方法  2006年01月19日
    寺田 信幸, 吉田 善一他

受賞

  • 1993年 第1回日本宇宙航空環境医学会研究奨励賞
     JPN

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 非侵襲右心機能測定装置の開発
    文部科学省:科学研究費
    研究期間 : 2014年 -2016年 
    代表者 : 寺田 信幸
  • 脳科学を基盤としたストレスの可視化によるヘルスサポートシステムの開発
    文部科学省:私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
    研究期間 : 2010年 -2014年 
    代表者 : 寺田 信幸
  • ナレッジデータベースの構築と地域医療・保健活動サポート事業
    文部科学省:地域貢献特別支援事業
    研究期間 : 2003年 -2004年 
    代表者 : 寺田 信幸
  • 小淵沢町SOHO等支援情報通信システム開発事業
    総務省:
    研究期間 : 2001年 -2003年 
    代表者 : 寺田 信幸
  • カオス解析による循環調節系におよぼす光環境の質的検討
    文部科学省:科学研究費
    研究期間 : 1999年 -2000年 
    代表者 : 寺田 信幸
  • 静水圧変化に基づく静脈血行変動の循環調節系への影響
    文部科学省:科学研究費
    研究期間 : 1994年 -1995年 
    代表者 : 寺田 信幸
  • Effects of artificial light environment on the cardiovascular regulatory system
  • Effects of microgravity condition on hepatic circulation and metabolism
  • Changes in the cardiovascular regulatory system under microgravitational environment

委員歴

  • 日本宇宙生物科学会   評議委員   日本宇宙生物科学会
  • 日本宇宙航空環境医学会   評議委員   日本宇宙航空環境医学会
  • 日本自律神経学会   評議委員   日本自律神経学会
  • 日本生理学会   評議委員   日本生理学会

担当経験のある科目

  • 生体情報処理東洋大学
  • 人体のしくみと機能東洋大学
  • 人間工学東洋大学
  • 医用生体工学東洋大学
  • 科学哲学東洋大学

その他のリンク

researchmap