詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

花木 啓祐ハナキ ケイスケ

所属・担当
情報連携学科
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/08/24

研究者基本情報

学歴

  •  - 1980年, 東京大学, 工学系研究科博士課程, 都市工学専門課程
  •  - 1975年, 東京大学, 工学部, 都市工学科

学位

  • 工学博士, 東京大学

所属学協会

  • 土木学会
  • 日本水環境学会
  • 国際水協会(International Water Association)
  • 日本下水道協会
  • 環境科学会
  • 廃棄物資源循環学会
  • 建築学会
  • 環境情報科学センター

委員歴

  •   2014年10月 - 現在, 日本学術会議, 副会長
  •   2011年10月 - 現在, 日本学術会議, 会員(第三部)
  •   2003年03月 - 2017年03月, 環境科学会, 理事、副会長、会長
  •   1995年, 日本水環境学会, 顧問(前会長)
  •   2008年, 土木学会, 前理事
  • 廃棄物資源循環学会, 評議員

経歴

  •   1980年04月 - 1983年03月, 東北大学工学部 助手
  •   1983年04月 - 1985年04月, 東京大学工学部 助教授
  •   1985年04月 - 1987年04月, アジア工科大学院(バンコク) 助教授
  •   1987年04月 - 1992年11月, 東京大学工学部 助教授
  •   1992年11月 - 1992年12月, 東京大学工学部 教授
  •   1993年01月 - 1998年03月, 東京大学先端科学技術研究センター 教授
  •   1998年04月 - 2017年03月, - 東京大学工学系研究科 教授
  •   2017年04月 - 現在, 東洋大学情報連携学部, 教授

研究活動情報

研究分野

  • 環境学, 環境動態解析
  • 環境学, 環境影響評価・環境政策
  • 環境学, 環境技術・環境材料
  • 土木工学, 土木環境システム

研究キーワード

    都市活動と環境負荷, 低炭素都市, 温室効果ガス

論文

  • 家庭科へのLCA的思考法導入に向けた教科書のテキスト分析, 平松あい,山本大輔,栗栖聖,花木啓祐, 日本LCA学会誌, accepted,   2015年01月
  • 地域での環境教育におけるCO2排出削減量の包括的かつ定量的な算定モデルの提案−東京都文京区をケーススタディとして−, 平松 あい,花木 啓祐, 土木学会論文集G(環境), Vol. 70, No. 6, II_69-II_80,   2014年10月
  • Application of LCA by using midpoint and endpoint interpretations for urban solid waste management, Sora Yi, Kiyo Kurusu and Keisuke Hanaki, Journal of Environmental Protection, Vol.5, 1091-1103,   2014年09月
  • Spillover Effect on Families Derived from Environmental Education for Children, Ai Hiramatsu, Kiyo Kurisu, Hiroshi Nakamura, Shuichi Teraki and Keisuke Hanaki, Low Carbon Economy , Vol. 5, 40-50,   2014年05月
  • Island waste management systems - Statistics, challenges, and opportunities for applied industrial ecology, Matthew J .Eckelman, Weslynne Ashton, Yuji Arakaki, Keisuke Hanaki, Shunsuke Nagashima and Lai Choo Malone-Lee, Journal of Industrial Ecology, Vol, 18, 306-317,   2014年04月
  • Development of the Compact City Index and its Application to Japanese Cities, Jungchan Lee, Kiyo Kurisu, Kyoungjin An and Keisuke Hanaki, Urban Studies, online available,   2014年
  • Application of the Analytical Hierarchy Process to analyse wastewater nutrient recycling options: A case based on a group study of residents on the city of Zurich, Francisco Contreras, Keisuke Hanaki, Toshiya Aramaki and Claudia R. Binder, Water Science and Technology, Vol. 68, No. 12, 2645-2653,   2013年12月
  • バイオ燃料利用増加のためのインドネシアにおけるオイルパーム栽培およびインドにおけるサトウキビ栽培による化学物質の環境リスクについて, 荒井眞一,花木啓祐, 環境情報科学, Vol. 42, No. 3, 49-59,   2013年10月
  • 東京都における消費者の飲用水選択種類と選択理由による類型化, 天野巌斗,栗栖聖,花木啓祐, 土木学会論文集G(環境), Vol. 69, No. 6, II_117-II_126,   2013年10月
  • 様々な環境配慮行動に対応する心理モデルの探索的な構築, 青木えり,栗栖聖,花木啓祐, 土木学会論文集G(環境), Vol. 69, No. 6, II_93-II_104,   2013年10月
  • Influential factors on pro-environmental behaviors - Case study in Tokyo and Seoul, Hyunsook Lee, Kiyo Kurisu, Keisuke Hanaki, Low Carbon Economy, Vol.4, 104-116,   2013年09月
  • 流域圏における水利用システムのライフサイクル環境影響の多面的評価, 牧誠也,中谷隼,栗栖聖,花木啓祐, 水環境学会誌, Vol.36, No.3, 67-76,   2013年05月
  • Assessment of stakeholders’ preferences toward sustainable sanitation scenarios, Pham Ngoc Bao, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Water and Environment Journal, Volume 27, Issue 1, 58?70,   2013年03月
  • 自動車走行に係る環境影響評価のための産業連関表の拡張−営業用貨物車に係る付帯表の作成と適用, 井伊亮太,中谷隼,栗栖聖,花木啓祐, 日本LCA学会誌, Vol. 9,2-12,   2013年01月
  • 提供情報及び個人特性の差異がもたらす飲料水リスク認知への影響, 天野厳斗,栗栖聖,中谷隼,花木 啓祐, 水環境学会誌, Vol. 36, No. 1, 11-22,   2013年01月
  • Forecasting Hourly Roadside Particulate Matter in Taipei County of Taiwan Based on First-Order and One-Variable Grey Model, Tzu-Yi Pai, Keisuke Hanaki and Ren-Jie Chiou, CLEAN -- Soil, Air, Water, online available on 27 MAR 2013,   2013年
  • A 24-h Forecast of Oxidant Concentration in Tokyo Using Neural Network and Fuzzy Learning Approach, Tzu-Yi Pai, Keisuke Hanaki, Han-Chang Su and Lu-Feng Yu, CLEAN -- Soil, Air, Water, online available on 27 MAR 2013,   2013年
  • Model development for household waste prevention behaviour, Ana Paula Bortoleto, Kiyo H. Kurisu, and Keisuke Hanaki, Waste Management, Vol. 32, 2195-2207,   2012年12月
  • 江戸城外濠の水質改善を目的とした環境用水導入の効果とコスト評価, 吉岡 佐,栗栖 聖,花木 啓祐, 土木学会論文集G(環境), Vol. 68, No. 7 ,III_691-II_702,   2012年11月
  • 東日本大震災以降の環境配慮型購買行動と実施理由による市民の類型化, 牛尾浩史,栗栖聖,平松あい,花木啓祐, 土木学会論文集G(環境), Vol. 68, No. 7 ,III_715-II_726,   2012年11月
  • 各地方自治体における市民の環境配慮行動を規定する要因分析, 青木えり,栗栖聖,花木啓祐, 土木学会論文集G(環境), Vol. 68, No. 6, II_165-II_176,   2012年10月
  • 東日本大震災以降の家庭における節電行動の実施と心理的要因の影響評価, 牛尾浩史,栗栖聖,平松あい,花木啓祐, 土木学会論文集G(環境), Vol. 68, No. 6, II_349-II_359,   2012年10月
  • 家庭における廃棄物発生抑制行動のライフサイクル評価, 新保雄太,中谷隼,栗栖聖,花木啓祐, 環境科学会誌, Vol. 25, 95-105,   2012年03月
  • Evaluation of strategies for utilizing rice husk based on life cycle cost analysis in relation to Greenhouse Gas emissions in An Giang province, Vietnam, Thi Mai Thao Pham, Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, Biomass and Bioenergy, Vol. 37, 122-131,   2012年02月
  • 家庭における環境配慮行動の類型化とその特徴分析, 青木えり,栗栖聖,中谷隼,花木啓祐, 環境工学研究論文集, Vol. 48, 615-625,   2011年11月
  • 沿道ツツジ葉中への多環芳香族炭化水素類 (PAHs) の取り込みと脱離に関する研究, 山下喬子,栗栖聖,星子智美,花木啓祐, 環境工学研究論文集, Vol. 48, 565-575,   2011年11月
  • 建設資材の二酸化炭素排出量計算手法の共通化に関する検討, 神田太朗,瀧本真理,曽根真理,岸田弘之,花木啓祐,藤田壮, 土木学会論文集G(環境), Vol. 67, No. 6, II_267-II_278,   2011年10月
  • 空間構成要素と市民の特性に着目した江戸城外濠の価値選好評価, 大塚佳臣,麻永隆,栗栖聖,窪田亜矢,中谷隼,花木啓祐, 土木学会論文集G(環境), Vol. 67, No. 6, II_173-II_182,   2011年10月
  • 暑熱緩和事業の多側面効用に対する選好評価と意思決定支援, 中川秀治,中谷隼,栗栖聖,花木啓祐, 土木学会論文集G(環境), Vol. 67, No. 6, II_327-II_338,   2011年10月
  • 居住地属性の住民選好に基づく類型化による居住地選択行動の解析, 西山悠介,中谷隼,栗栖聖,荒巻俊也,花木啓祐, 土木学会論文集G(環境), Vol. 67, No. 6, II_1-II_10,   2011年10月
  • 仮想的下水処理場における下水汚泥と厨芥の混合消化がエネルギー収支と水処理系にもたらす効果, 李呟俶,花木啓祐,栗栖聖,中谷隼, 下水道協会誌論文集, Vol. 48, No. 587, 101-108,   2011年09月
  • Managing heat rejected from air conditioning systems to save energy and improve the microclimates of residential buildings, Chun-Ming Hsieh, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Computers, Environment and Urban Systems, Vol. 35, No. 5, 358-367,   2011年09月
  • Life cycle impact assessment and interpretation of municipal solid waste management scenarios based on the midpoint and endpoint approaches, Sora Yi, Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, International Journal of Life Cycle Assessment, Vol. 16, 652-668,   2011年08月
  • Greenhouse gas emission mitigation potential of rice husks for An Giang province, Vietnam, Pham Thi Mai Thao, Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, Biomass and Bioenergy, Vol. 35, 3656-3666,   2011年08月
  • 国立大学施設における環境負荷低減手法に関する研究−東京大学におけるCO2排出量削減に向けた実効ある対策の計画と実践の事例, 河野 匡志,柳原 隆司,花木 啓祐,磯部 雅彦,坂本 雄三, 日本建築学会環境系論文集, Vol. 76, 666, 727-734,   2011年08月
  • Factors affecting waste generation: a study in a waste management programme in Dhaka City, Bangladesh, Rafia Afroz, Keisuke Hanaki and Rabaah Tudin, Environmental Monitoring and Assessment, Vol. 179, 509-519,   2011年08月
  • Global-scale quantitative assessment for biodiversity on forest land use: applying the Global No Net Loss approach, Minoru Yoshikawa, Yuko Motoki, Go Hibino, Kazuhiko Takeuchi, Keisuke Hanaki, Shinichi Arai, Toshihiko Masui and Toshihiro Inoue, Sustainability Science, Vol. 6, No. 2, 169-175,   2011年07月
  • Selected socio-economic factors affecting the willingness to minimize solid waste in Dhaka City, Bangladesh, Rafia Afroz, Rabaah Tudin, Keisuke Hanaki and Muhammad Mehedi Masud, Journal of Environmental Planning and Management, Vol. 54, 711-731,   2011年07月
  • Characteristics of MSW and heat energy recovery between residential and commercial areas in Seoul, Sora Yi, Kee-Young Yoo and Keisuke Hanaki, Waste Mangement, Vol. 31, 595-602,   2011年03月
  • Effect of change of forest carbon storage on net carbon dioxide balance of wood use for energy in Japan, Chihiro Kayo, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Journal of Industrial Ecology, Vol. 5, No. 1, 122-136,   2011年02月
  • 水辺意識に着目した住民の都市河川金銭価値評価解析, 大塚佳臣, 栗栖聖, 中谷隼, 花木啓祐, 水環境学会誌, Vol.34, No.2, 29-40.,   2011年02月
  • パス解析を用いた都市河川価値評価に対する河川の状態および河川への意識の影響解析, 大塚佳臣,栗栖聖,中谷隼,花木啓祐, 環境システム研究論文集, Vol. 38, 229-238,   2010年10月
  • 社会資本ライフ・サイクル・アセスメントに用いる資材インベントリ・データのシステム境界の考え方について, 神田太朗,曽根真理,岸田弘之,花木啓祐, 環境システム研究論文集, Vol. 38, 185-191,   2010年10月
  • 市民の環境配慮行動に対する全国47都道府県の現状分析と地域間比較, 青木えり,栗栖聖,中谷隼,花木啓祐, 環境システム研究論文集, Vol. 38, 17-26,   2010年10月
  • Promote canal water quality improvement using decentralized wastewater management: Case study Bangkok, Chanathip Pharino, Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, Water Practice & Technology, vol. 5, Issue 3,   2010年09月
  • Impact of future urban form on the potential to reduce greenhouse gas emissions from residential, commercial and public buildings in Utsunomiya, Japan, Satoshi Ishii, Shoichi Tabushi, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Energy Policy, Vol. 38, 4888-4896,   2010年09月
  • Potential and life cycle assessment of biodiesel production in China, Rui Guo and Keisuke Hanaki, Journal of Renewable and Sustainable Energy, Vol. 2, 033107, 1-15,   2010年06月
  • A survey of recycling behaviour in households in Dhaka, Bangladesh, Rafia Afroz, Keisuke Hanaki, Rabaah Tuddin and Kartinah Ayup, Waste Management & Research, Vol. 28, 552-560,   2010年06月
  • Drivers in current and future municipal solid waste management systems: cases in Yokohama and Boston, Francisco Contreras, Satoshi Ishii, Toshiya Aramaki, Keisuke Hanaki, and Stephen Connors, Waste Management & Research, vol. 28, No.1, pp. 76-93,   2010年01月
  • Multi-criteria Evaluation of Wastewater Treatment Scenarios for Small Towns in Developing Countries ? Case Study of Toan Thang Town in Vietnam, Pham Ngoc Bao, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Journal of Water and Environmental Technology, Vol. 8, 269-291,   2010年
  • コンジョイント分析による都市河川に対する住民の金銭価値及び支払手段の評価, 大塚佳臣,栗栖(長谷川)聖,中谷隼,花木啓祐, 環境工学研究論文集, Vol. 46, 581-591,   2009年11月
  • 都市河川のアメニティ価値と住民の環境意識をもとにした排水処理マネジメント, 大塚佳臣,栗栖(長谷川)聖,花木啓祐, 土木学会論文集G, Vol. 65, No. 3, 164-179,   2009年10月
  • 気候条件の違いによる下水熱利用地域冷暖房システム導入効果の解析, 池上貴志,荒巻俊也,花木啓祐, 環境システム研究論文集, Vol. 37, 423-434,   2009年10月
  • 河川の物理属性及び住民の認知に基づく類型化による都市河川の価値評価構造解析, 大塚佳臣,栗栖(長谷川)聖,花木啓祐, 環境システム研究論文集, Vol. 37, 271-282,   2009年10月
  • 大学キャンパスにおける二酸化炭素排出削減策の立案・実行−東京大学サステイナブルキャンパスプロジェクト−, 迫田一昭,河野匡志,花木啓祐,野城智也,磯部雅彦, エネルギー・資源, Vol. 30, No. 4, 240-243,   2009年07月
  • 東京大学におけるサステイナブルキャンパス活動−東大サステイナブルキャンパスプロジェクト−, 迫田一昭,河野匡志,花木啓祐,野城智也,磯部雅彦, 日本建築学会技術報告集, Vol. 15, No. 30, 611-614,   2009年06月
  • 東京都区部への下水熱利用地域冷暖房システム導入による二酸化炭素排出削減可能量の評価, 池上貴志,荒巻俊也,花木啓祐, 土木学会論文集G, Vol. 65, No. 2, pp.114-129,   2009年06月
  • Willingness to pay for waste management improvement in Dhaka city, Bangladesh, Rafia Afroz, Keisuke Hanaki and Kiyo Hasegawa, Journal of Environmental Management, Vol. 90, Issue 1, 492-503,   2009年01月
  • 炭素ストック変化を考慮した森林資源のエネルギー活用による実質CO2削減効果の長期予測, 加用千裕,荒巻俊也,花木啓祐, 土木学会論文集G, Vol. 64, No. 4, 336-346,   2008年12月
  • 下水道機電設備のマクロマネジメント手法, 藤生和也,花木啓祐, 土木学会建設マネジメント研究論文集, 169-179,   2008年12月
  • 大気汚染評価に対する植物葉中GST活性の利用可能性, 栗栖(長谷川)聖, 濱理貴, 花木啓祐, 環境工学研究論文集 , Vol. 45,211-217,   2008年11月
  • Evaluating source separation of plastics waste using conjoint analysis, Jun Nakatani, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Waste Management, Vol. 28, 2393-2402,   2008年11月
  • 日本全国の清掃工場を対象とした排熱利用地域冷暖房システムによるCO2排出削減ポテンシャルの推計, 河上 裕美,荒巻 俊也,花木 啓祐, 環境システム研究論文集, Vol. 36, 87-95,   2008年10月
  • Application of the Clean Development Mechanism in the Sanitation Sector: “Proof of Concept”, Alexander Meneses, Walter Vergara, Keisuke Hanaki, Mickiel Doorn, Eudes Herna'ndez, Marcos Gryshek, Alfred Grunwaldt and Alejandro Deeb, CLEAN - Soil, Air, Water, Vol.36, Issue 9, 788--797,   2008年09月
  • 手賀沼水域をモデルとした都市河川の水辺価値選好評価, 大塚佳臣,栗栖(長谷川)聖,花木啓祐, 水環境学会誌, Vol.31, No.8, 471-480,   2008年08月
  • 木質資源フローに着目した温室効果ガス排出削減政策シナリオ評価フレームの構築, 加用千裕,荒巻俊也,花木啓祐, 土木学会論文集G, Vol. 64, No. 3, .207-220,   2008年07月
  • ライフサイクルインベントリ分析による下水熱利用地域冷暖房システム導入効果の解析, 池上貴志,荒巻俊也,花木啓祐, 土木学会論文集G, Vol. 64, No. 2, 107-122,   2008年05月
  • 高温接触酸化型トイレ実証試験における処理槽内の細菌群集構造解析, 大坊彩乃,栗栖(長谷川)聖,花木啓祐, 水環境学会誌, Vol. 31, 253-259.,   2008年05月
  • Application of Analytical Hierarchy Process to Analyze Stakeholders Preferences for Municipal Solid Waste Management Plans, Boston, USA, Francisco Contreras, Keisuke Hanaki, Toshiya Aramaki and Stephen Connors, Resources, Conservation and Recycling, Volume 52, Issue 7, 979-991,   2008年05月
  • Modified RAMS-Urban Canopy Model for heat island simulation in ChongQing, China, Hongbin Zhang, Keisuke Hanaki, Naoki Sato, Takeki Izumi and Toshiya Aramaki, Journal of Applied Meteorology, Volume 47, Issue 2, 509-524 ,   2008年02月
  • 多側面の影響への選好を考慮した費用便益分析に基づく統合的評価の方法論の構築, 中谷隼,荒巻俊也,花木啓祐, 環境科学会誌, Vol. 20, No. 6, 435-448,   2007年11月
  • 廃棄物バイオマスの利用ポテンシャルの将来予測と温室効果ガス排出削減効果の解析〜都市湿系バイオマスと建設発生木材を対象として, 荒巻俊也,石井暁,園田隼也,加用千裕,花木啓祐, 地球環境, Vol. 12, No.2, 201-207,   2007年11月
  • The feedback of heat rejection to air conditioning load during the nighttime in subtropical climate, Chun-Ming Hsieh, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Energy and Buildings, Volume 39, Issue 11, 1175-1182 ,   2007年11月
  • 都市空間情報基盤不足地域における熱環境評価の試み, 一ノ瀬俊明,白木洋平,松本太,盧軍,花木啓祐, 環境システム研究論文集, Vol. 35, 147-154,   2007年10月
  • 閉鎖性水域での排出権取引における流入河川での水質変化の影響に関する考察―東京湾流域の下水処理場を対象として―, 荒巻俊也,松本一城,石井暁,花木啓祐, 環境システム研究論文集, Vol. 35, 375-381,   2007年10月
  • Estimation of heat rejection based on the air conditioner use time and its mitigation from buildings in Taipei City, Chun-Ming Hsieh,Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Building and Environment, Volume 42, Issue 9, 3125-3137,   2007年09月
  • Applying choice experiments to valuing the different types of environmental issues in Japan, Jun Nakatani, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Journal of Environmental Management, Volume 84, Issue 3, 362-376,   2007年08月
  • Integrated simulation of neighborhood scale land use and transport dynamics for multi-criteria evaluation of transit oriented development, Pandit Debapratim, Keisuke Hanaki, Toshiya Aramaki and Satoshi Ishii, Computers in Urban Planning and Urban Management, Paper 85,   2007年07月
  • Report: Citizen participation as a part of integrated solid waste management: Porto Alegre case, Ana Paula Bortoleto and Keisuke Hanaki , Waste Management & Research , Vol. 25, No. 3, 276-282,   2007年06月
  • プラスチックごみ処理の多側面の影響評価−川崎市のケーススタディ−, 中谷隼,荒巻俊也,花木啓祐, 環境科学会誌, Vol. 20, No. 3, 181-194,   2007年05月
  • Using grey system theory to evaluate transportation effects on air quality trends in Japan, Tzu-Yi Pai, Keisuke Hanaki, Hsin-Hsien Ho and Chun-Ming Hsieh, Transportation Research Part D: Transport and Environment, Volume 12, Issue 3,158-166,   2007年05月
  • GCM-based analysis of water availability along the Tone River and Tokyo Metropolitan Area under climatic changes, Md. Sirajul Islam, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Regional Environmental Change, Vol. 7, 15-26,   2007年03月
  • 川崎市下水処理場における有機性食品廃棄物を利用したエネルギー回収および二酸化炭素削減ポテンシャルの推定, 石井暁,花木啓祐, 環境システム研究論文集, Vol. 34, 443-453,   2006年10月
  • Evaluation of nitrate removal by continuous culturing of an aerobic denitrifying bacterium, Paracoccus pantotrophus, K. Hasegawa-Kurisu, Y. Otani and K. Hanaki, Water Science and Technology, Vol 54, No 8, 219-228,   2006年09月
  • 選択型コンジョイント分析を用いた飲料水に対する消費者の受容性評価, 中谷隼,志摩学,荒巻俊也,花木啓祐, 環境科学会誌, Vol. 19, No. 4, 355-363,   2006年07月
  • Impacts of city-block-scale countermeasures against urban heat-island phenomena upon a building's energy-consumption for air-conditioning, Yukihiro Kikegawa, Yutaka Genchi, Hiroaki Kondo and Keisuke Hanaki, Applied Energy, Vol. 83, 649-668,   2006年05月
  • Estimation of reduced and increasing health risks by installation of urban wastewater systems, Toshiya Aramaki, Mona Galal and Keisuke Hanaki, Water Science and Technology, Vol. 53, No.9, 247-252,   2006年04月
  • 都市および農業地域に位置する河川からの亜酸化窒素の生成と放出, 長谷川聖,花木啓祐, 土木学会論文集G, 62(1), 183-190,   2006年02月
  • 微生物群集解析による茶園流出水の硫黄脱窒処理プロセス評価, 松崎祐子,長谷川聖,花木啓祐, 環境工学研究論文集, Vol. 42, 555-560,   2005年11月
  • 大気中のベンゼンおよびトルエンの緑化による除去ポテンシャルの検証, 長谷川聖,並木貴司,荒巻俊也,花木啓祐, 環境工学研究論文集, Vol. 42, 23-28,   2005年11月
  • 東京湾流域の下水処理場への排出権取引制度導入効果の推定, 石田整,花木啓祐,荒巻俊也, 土木学会論文集, No. 804/VII-37, 73-81,   2005年11月
  • 下水熱利用地域冷暖房システムの戦略的導入による環境負荷低減効果の解析, 池上貴志,荒巻俊也,花木啓祐, 環境システム研究論文集, Vol. 33, 343-354,   2005年11月
  • Development and application of an integrated water balance model to study the sensitivity of the Tokyo Metropolitan Area water availability scenario to climatic changes, Md. Sirajul Islam, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Water Resources Management, Vol. 19, No. 4, 423-445,   2005年08月
  • Secondary materials transfer from Japan to China: destination analysis, Aya Yoshida, Atsushi Terazono, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Journal of Material Cycles and Waste Management, Vol. 7, 8-15,   2005年03月
  • 雨水の貯留・浸透を考慮した都市内雨水管理システムの構築と合流式下水道改善効果の評価, 近藤弘章,荒巻俊也,細田昌広,花木啓祐,松尾友矩, 下水道協会誌論文集, Vol. 41, No. 506, 118-128,   2004年12月
  • 開発途上国の都市廃棄物管理へのクリーン開発メカニズム導入における持続可能性評価, 平松あい, 花木啓祐, 荒巻俊也, 環境システム研究論文集, Vol. 32, 45-56,   2004年10月
  • International analysis and projection of domestic water use, Toshiya Aramaki, Manabu Suzuki, Keisuke Hanaki, Journal of Global Environment Engineering, JSCE, Vol. 11, 73-79,   2004年08月
  • Nitrate Removal with Low N2O Emission by Application of Sulfur Denitrification in Actual Agricultural Field, Kiyo Hasegawa, Katsura Shimizu and Keisuke Hanaki, Water Science and Technology, Vol. 50, No. 8, 145-151,   2004年08月
  • Comparison of aerobic denitrifying activity among three cultural species with various carbon sources, Yohei Otani, Kiyo Hasegawa and Keisuke Hanaki, Water Science and Technology, Vol. 50, No. 8,15-22,   2004年08月
  • 実態調査に基づく古紙回収・卸売業の特性分析と古紙回収システムのモデル化, 志水 章夫,荒巻 俊也,花木 啓祐., 廃棄物学会論文誌, Vol. 15, 256-265,   2004年07月
  • 住宅地による大気の運動量・熱量の変質過程, 浦野明,花木啓祐,森川泰成, 日本建築学会環境系論文集, No. 581, 95-102,   2004年07月
  • Fuzzy decision-making tool for environmental sustainable buildings, Seongwon Seo, Toshiya Aramaki, Yongwoo Hwang and Keisuke Hanaki, Journal of Construction Engineering and Management, American Society of Civil Engineers, Vol. 130, No. 3, 415-423,   2004年05月
  • Heat discharges from an office building in Tokyo using DOE-2, Shobhakar Dhakal, Keisuke Hanaki and Ai Hiramatsu, Energy Conversion and Management, Vol. 45, No. 7/8, 1107-1118,   2004年05月
  • Comparison of the environmental impact of incineration and landfilling in Sao Paulo City as determined by LCA, Mara Regina Mendes, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Resources, Conservation and Recycling, Vol. 41, 47-63,   2004年04月
  • Environmental impact of solid waste treatment methods in Korea , Seongwon Seo, Toshiya Aramaki, Yongwoo Hwang and Keisuke Hanaki, Journal of Environmental Engineering, ASCE, Vol. 130, No. 1, 81-89,   2004年01月
  • Assessment of sustainable water management for rapidly developing urban regions in Guangzhou City, China, James Eastcott, Toshiya Aramaki, Keisuke Hanaki, Z. Li and J. You, Water Science and Technology, Vol. 48, No. 10,   2003年12月
  • Baseline options and greenhouse gas emission reduction of clean development mechanism project in urban solid waste management, Ai Hiramatsu, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki , Mitigation and Adaptation Strategies for Global Change, Vol. 8, 293-310,   2003年11月
  • Assessment of the environmental impact of management measures for the biodegradable fraction of municipal solid waste in Sao Paulo City, Mara Regina Mendes, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Waste Management, Vol 23/5, 403-409,   2003年07月
  • Evaluation of solid waste management system using fuzzy composition, Seongwon Seo, Toshiya Aramaki, Yongwoo Hwang and Keisuke Hanaki, Journal of Environmental Engineering, ASCE, Vol. 129, No. 6, 520-531,   2003年06月
  • 表明選好による旅行費用法を用いた仮想評価法における包含効果の解析, 中谷隼, 稲葉陸太, 荒巻俊也, 花木啓祐, 土木学会論文集, No. 727/VII-26, 63-75,   2003年02月
  • Estimation of heat discharges by residential buildings in Tokyo, Shobhakar Dhakal, Keisuke Hanaki and Ai Hiramatsu, Energy Conversion and Management, Vol. 44, No. 9, 1487- 1499,   2003年01月
  • 複合的な対策による諏訪湖水環境改善および副次的CO2排出による地球温暖化への影響の統合的評価, 稲葉陸太, 中谷隼, 荒巻俊也, 花木啓祐, 水環境学会誌, Vol.25, 635-640,   2002年11月
  • 種々のステイクホルダーの視点を組み込んだEco-efficiencyの活用可能性, 粟生木千佳, 荒巻俊也, 花木啓祐, 環境システム研究論文集, Vol.30, 171-181,   2002年10月
  • 街区構造に応じた高温化対策の導入が都市空調エネルギー需要に及ぼす影響, 亀卦川幸浩,玄地裕,近藤裕昭,花木啓祐, エネルギー・資源, Vol. 23, 39-45,   2002年05月
  • The life cycle assessment of manufacturing processes and waste treatments of packages for drink, Tadashi Sawatani and Keisuke Hanaki, Journal of Advanced Science, Vol. 13, No. 3, 239-242,   2002年03月
  • Improvement of urban thermal environment by managing heat discharge sources and surface modification in Tokyo, Shobhakar Dhakal and Keisuke Hanaki, Energy and Buildings, Vol. 34,13-23,   2002年01月
  • An integrated computational infrastructure for a virtual Tokyo: concepts and examples, Steven B. Kraines, David R. Wallace, Yumiko Iwafune, Yoshikuni Yoshida, Toshiya Aramaki, Kazuhiko Kato, Keisuke Hanaki, Hisashi Ishitani, Tomonori Matsuo, Hiroshi Takahashi, Koichi Yamada, Kenji Yamaji, Yukio Yanagisawa and Hiroshi Komiyama, Journal of Industrial Ecology, Vol. 5, No. 1, 35-54,   2001年11月
  • 街区における熱環境改善計画の効果に関する熱収支・エネルギー解析, 浦野明, 稲井康弘, 花木啓祐, 環境システム研究論文集, Vol.29, 253-262,   2001年11月
  • 諏訪湖水環境改善効果と対策に伴う地球環境への影響の費用便益換算による統合的評価, 稲葉陸太, 花木啓祐, 荒巻俊也, 中谷隼, 環境システム研究論文集, Vol.29, 37-45,   2001年11月
  • ゼロエミッションを目指した地域物質循環ネットワークの構築とシナリオ策定手法, 藤江幸一,後藤尚弘,宮田譲,迫田章義,花木啓祐,原科幸彦,森俊介,柳憲一郎,池田伸,羽野忠,吉田弘之, 環境科学会誌, Vol. 14, No. 4, 391-401,   2001年07月
  • 有機性廃棄物の有効利用に向けたコンポスト製品の需要供給バランスの解析 〜愛知県を対象として〜, 荒巻俊也,鈴木英司,花木啓祐, 環境科学会誌, Vol. 14, No. 4, 367-371,   2001年07月
  • 都市下水の脱窒過程での亜酸化窒素の突発的発生, 花木啓祐, 中村剛雄, 松尾友矩, 糸川浩紀, 水環境学会誌, Vol. 24, 473-476,   2001年07月
  • Evaluation of Appropriate System for Reclaimed Wastewater Reuse in Each Area of Tokyo using GIS-Based Water Balance Model, T. Aramaki, R. Sugimoto, K. Hanaki and T. Matsuo, Water Science & Technology, Vol. 43, No. 5, 301-308,   2001年05月
  • Nitrous oxide production in high-loading biological nitrogen removal process under low COD/N ratio condition, Hiroki Itokawa, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo, Water Research, Vol. 35, No. 3, 657-664,   2001年03月
  • 都市下水の硝化脱窒過程での亜酸化窒素の発生, 花木啓祐, 中村剛雄, 松尾友矩, 糸川浩紀, 水環境学会誌, Vol. 23, 803-810,   2000年12月
  • 東京都区部における民生用エネルギー供給由来のCO2排出削減可能性の検討〜コジェネレーションシステムと清掃工場廃熱利用の地域冷暖房システムの導入による〜, 荒巻俊也, 飯濱美夏, 花木啓祐, 環境システム研究論文集, Vol.28, 85-93,   2000年10月
  • The generation of CO2 in sewage sludge treatment systems: life cycle assessment, Y. Hwang and K. Hanaki, Water Science and Technology, Vol. 41, No. 8, 107-113,   2000年08月
  • 古紙由来トイレットペーパーの実態調査に基くライフサイクル分析, 志水章夫, 花木啓祐, 荒巻俊也, 土木学会論文集第7部門, No. 657, 35-46,   2000年08月
  • Nitrous oxide from the agricultural water system contaminated with high nitrogen, Kiyo Hasegawa, Keisuke Hanaki, Tomonori Matsuo and Shin Hidaka, Chemosphere - Global Change Science, Vol. 2, Issues 3-4, 335-345,   2000年07月
  • Effects of oxygen concentration and moisture content of refuse on nitrification, denitrification and nitrous oxide production, Sunjin Hwang and Keisuke Hanaki, Bioresource Technology, Vol. 71, Issue 2, 159-165,   2000年01月
  • 土壌中の硫黄脱窒過程における硝酸態窒素除去及び亜酸化窒素生成の評価, 長谷川聖, 花木啓祐, 松尾友矩, 環境工学研究論文集, Vol. 36, 465-476,   1999年12月
  • GISを用いた東京都区部における人工系水循環モデルによる雑用水供給システムの導入効果の検討, 荒巻俊也, 杉本留三, 花木啓祐, 松尾友矩, 環境工学研究論文集, Vol. 36, 341-352,   1999年12月
  • 首都機能移転による熱環境変化の予測, 泉岳樹, 岡部篤行, 貞広幸雄, 花木啓祐, 一ノ瀬俊明, 環境システム研究(全文審査部門), Vol. 27, 171-178,   1999年10月
  • 北東アジアにおける窒素酸化物排出量の将来予測−モータリゼーションと自動車からの排出量の増加−, 臼井朗, 花木啓祐, 秋元肇, 環境システム研究(全文審査部門), Vol. 27, 187-198,   1999年10月
  • 下水汚泥と都市ごみのゼロエミッション指向型管理, 稲葉陸太, 花木啓祐, 環境システム研究(全文審査部門), Vol. 27, 365-374,   1999年10月
  • Thermal environment simulation for three dimensional replacement of urban activity, Urano A, T. Ichinose and K. Hanaki, Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics, 81, 197-210,   1999年07月
  • Design of Reclaimed Wastewater Reuse System Using GIS-Based Water Balance Model, T. Aramaki, R. Sugimoto, K. Hanaki and T. Matsuo, Conference Reprint of Asian Waterqual '99, 137-142,   1999年
  • Impact of anthropogenic heat on urban climate in Tokyo, Ichinose. T., K. Shimodozono and K. Hanaki, Atmospheric Environment, Vol.33, pp.3897-3909,   1999年
  • 高濃度硝酸態窒素流入のある水田及び小河川における亜酸化窒素の生成と分解, 長谷川聖, 花木啓祐,松尾友矩, 日高伸, 水環境学会誌, Vol. 21, No. 10, 676-682,   1998年10月
  • 紙のリサイクル市場と消費行動に関する分析, 志水章夫, 花木啓祐, 環境システム研究(全文審査部門), Vol. 26, 95-102,   1998年10月
  • Responses of Lake Stratification and Temperature Profiles for Downscaling Future GCM-HadCM2SUL Climate Scenarios., Hany Hassan, Toshiya Aramaki, Keisuke Hanaki, Tomonori Matsuo and R. Wilby, Water Science and Technology, Vol.38, No.11, 217 - 226,   1998年10月
  • Fate of Dissolved Odorous Compounds in Actual Sewage Treatment Plants., Nurul Islam, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo, Water Science and Technology, Vol. 38, No. 3, 337-344,   1998年10月
  • A Modeling Approach to Simulate the Impact of Climate Change on Lake Water Quality: Phytoplankton Growth Rate Assessment, Hany Hassan, Keisuke Hanaki, and Tomonori Matsuo , Water Science and Technology, Vol. 37, No. 2, 177-185,   1998年02月
  • Statistical downscaling of hydrometeorological variables using general circulation model output, Robert L. Wilby, Hany Hassan and Keisuke Hanaki, J. Hydrology, 205, 1-19,   1998年01月
  • 高負荷間欠曝気式硝化脱窒法における有機物制限条件下でのN2O生成, 糸川浩紀, 花木啓祐, 松尾友矩, 環境工学研究論文集, Vol. 34, 191-202,   1997年11月
  • 微気候からみた街区形態の評価に関する研究, 久保田孝幸, 花木啓祐, 浦野明, 粉川大樹, 小宮英孝, 環境システム研究(全文審査部門), Vol. 25, 191-199,   1997年10月
  • Anaerobic treatment utilizing the function of activated carbon treatment utilizing the function of activated carbon., Keisuke Hanaki, Toshiaki Saito and Tomonori Matsuo , Water Science and Technology, Vol. 35, 193-201,   1997年08月
  • 地理情報システムとライフサイクルアセスメントの結合による地域熱供給事業の検討, 一ノ瀬俊明, 花木啓祐, 伊藤武美, 松尾友矩, 川原博満, 環境科学会誌, Vol. 10, No.2 (1997/5), 119-127,   1997年05月
  • 細密地理情報にもとづく都市気候数値シミュレーション地表面境界条件の高精度化, 一ノ瀬俊明, 下堂薗和宏, 鵜野伊津志, 花木啓祐, 天気, Vol. 44, 121-133,   1997年
  • Lowering the environmental impact of urban infrastructures: A research study., Keisuke Hanaki, Tomonori Matsuo and Takemi Ito , J. Urban Technology, Vol. 4, No. 2, 41-52,   1997年
  • 下水熱有効利用可能性解析ツールとしてのGISの開発, 一ノ瀬俊明, 川原博満, 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会論文集, No. 552/VII-1 (1996/11), 11-21,   1996年11月
  • Denitrification with external carbon source utilizing adsorption and desorption capability of activated carbon., Nenita F. Sison, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo , Water Research, Vol. 30, No.1, 217-227,   1996年
  • LCCO2による汚泥集約処理の評価, 黄龍雨, 花木啓祐, 田中俊博, 下水道協会誌, Vol. 33, No. 405 (1996/11), 88-95,   1996年
  • 汚泥処理システムにおけるLCCO2に関する考察, 黄龍雨, 花木啓祐, 田中俊博, 下水道協会誌, Vol. 33, No. 405 (1996/11), 75-87,   1996年
  • 微気候の快適性から見た街区計画の評価に関する研究, 久保田孝幸, 花木啓祐, 一ノ瀬俊明, 小宮英孝, 神島奈央子, 環境システム研究(全文審査部門), Vol. 24, 141-148,   1996年
  • 二酸化炭素排出抑制技術・システムのニュータウン建設への適用, 伊藤武美, 花木啓祐, 本多博, 環境システム研究(全文審査部門), Vol 24, 250-259,   1996年
  • Mechanism of anaerobic biological activated carbon process examined by using stable isotope, Toshiaki Saito, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo , Water Science and Technology, Vol. 34, No. 5-6, 429-435,   1996年
  • Nitrous oxide emission during nitrification and denitrification in a full-scale night soil treatment plant, Hiroki Itokawa, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo , Water Science and Technology, Vol. 34, No. 5-6, 277-284,   1996年
  • High loading denitrification by biological activated carbon process, Nenita F. Sison, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo , Water Research, Vol. 29, No.12, 2776-2779,   1995年12月
  • cis-1,2-ジクロロエチレン分解嫌気性集積培養菌の水素利用機構, 小松俊哉、桃井清至、松尾友矩、花木啓祐, 水環境学会誌, Vol. 18, No. 7, 569-575,   1995年07月
  • cis-1,2-ジクロロエチレン分解嫌気性菌の集積培養, 小松俊哉、桃井清至、松尾友矩、花木啓祐, 水環境学会誌, Vol. 18, No. 5, 396-404,   1995年05月
  • 間欠ばっ気を行うし尿処理施設における硝化・脱窒過程からの亜酸化窒素の発生と制御, 糸川浩紀, 花木啓祐, 松尾友矩, 環境工学研究論文集, Vol. 32,. 311-320,   1995年
  • ニュータウン建設にともなう二酸化炭素排出量に関する研究, 伊藤武美、花木啓祐、谷口孚幸、有浦幸隆, 環境システム研究(全文審査部門), Vol.23, 190-197,   1995年
  • Identification and quantification of sulfur and nitrogen containing odorous compounds in wastewater., Yong-Woo Hwang, Tomonori Matsuo, Keisuke Hanaki and Noriyuki Suzuki , Water Research, Vol. 29, No. 2, 711-718,   1995年
  • Production of nitrous oxide gas during nitrification of wastewater., Hong Zheng, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo, Water Science and Technology, Vol. 30, No. 6, 133-141,   1994年
  • Removal of odorous compounds in wastewater by using activated carbon, ozonation and aerated biofilter., Yong-Woo Hwang, Tomonori Matsuo, Keisuke Hanaki and Noriyuki Suzuki , Water Research, Vol. 28, 2309-2319,   1994年
  • 細密地理情報にもとづく都市人工排熱の時空間分布の構造解析, 一ノ瀬俊明, 花木啓祐, 松尾友矩, 環境工学研究論文集, Vol. 31, 263-273,   1994年
  • Biotransformation of cis-1,2-dichloroethylene to ethylene and ethane under anaerobic conditions., Toshiya Komatsu, Kiyoshi Momonoi, Tomonori Matsuo and Keisuke Hanaki , Water Science and Technology, Vol.30,75-84,   1994年
  • Characterization of accumulated biomass in anaerobic filter treating various types of substrates., Keisuke Hanaki, Sommai Chatsanguthai, Tomonori Matsuo , Bioresource Technology, Vol. 47, 275-282,   1994年
  • Selective use of microorganisms in anaerobic treatment processes by application of immobilization. , Keisuke Hanaki, Sompong Hirunmasuwan and Tomonori Matsuo, Water Research, Vol. 28, 993-996,   1994年
  • Protection of methanogenic bacteria from low pH and toxic materials by immobilization using polyvinyl alcohol., Keisuke Hanaki, Sompong Hirunmasuwan and Tomonori Matsuo, Water Research, Vol. 28, 877-885,   1994年
  • 脱窒における一酸化二窒素生成と操作因子の関係, 花木啓祐, 鄭紅, 松尾友矩, 下水道協会誌論文集, Vol. 30, No. 352, 30-42,   1993年02月
  • Green house gas -- N2O production during denitrification in wastewater treatment., Hong Zheng, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo , Water Science and Technology, Vol.28, 7, 203-207,   1993年
  • 都市におけるエネルギー消費構造の国際比較, 一ノ瀬俊明, 花木啓祐, 松尾友矩, 環境工学研究論文集, Vol. 30, 371-381,   1993年
  • 揮発性有機塩素化合物の嫌気的生分解性と反応機構, 小松俊哉, 桃井清至, 松尾友矩, 花木啓祐, 環境工学研究論文集, Vol.29, 255-265,   1992年
  • 嫌気性生物活性炭における活性炭の流入変動吸収効果, 斉藤利晃, 花木啓祐, 松尾友矩, 環境工学研究論文集, Vol.29, 235-246,   1992年
  • エネルギー消費の大都市間比較, 平松直人, 花木啓祐, 松尾友矩, 環境システム研究, Vol.20, 252-261,   1992年
  • Production of nitrous oxide gas during denitrification of wastewater., Keisuke Hanaki, Hong Zheng and Tomonori Matsuo , Water Science and Technology, Vol.26, 5/6, 1027-1036,   1992年
  • Prevention of lipid inhibition in anaerobic processes by introducing a two-phase system., Toshiya Komatsu, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo , Water Science and Technology, Vol.23, 7-9, 1189-1200,   1991年
  • 下水処理水の再利用のための臭気物質の分析と同定, 瀧口博明, 松尾友矩, 花木啓祐, 鈴木規之, 土木学会衛生工学研究論文集, Vol.27, 165-173,   1991年
  • 嫌気性処理における不飽和高級脂肪酸の阻害及び分解過程, 小松俊哉, 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会衛生工学研究論文集, Vol.26, 1-8,   1990年
  • Nitrification at low levels of dissolved oxygen with and without organic loading in a suspended-growth reactor., Keisuke Hanaki, Chalermraj Wantawin and Shinichiro Ohgaki , Water Research, Vol. 24, 297-302,   1990年
  • Effects of the activity of heterotrophs on nitrification in a suspended-growth reactor., Keisuke Hanaki, Chalermraj Wantawin and Shinichiro Ohgaki , Water Research, Vol. 24, 289-296,   1990年
  • Treatment of oily cafeteria wastewater by single-phase and two-phase anaerobic filter., Keisuke Hanaki, Tomonori Matsuo and K. Kumazaki , Water Science and Technology, Vol.22, No.3/4, 299-306,   1990年
  • Contribution of methanogenesis to denitrification with an upflow filter., Keisuke Hanaki and Chongchin Polprasert , J. Water Pollution Control Federation, Vol.61, 1604-1611,   1989年
  • River basin water quality management in stochastic environment., Okitsugu Fujiwara, W. Puangmaha and Keisuke Hanaki , Proc. American Society of Civil Engineers, J. Environ. Engineering Division, Vol.114, 864-877,   1988年
  • Denitrification process using upflow filter with the aid of methane production., Keisuke Hanaki and Chongchin Polprasert , Advances in Water Pollution Control, Water Pollution in Asia, Pergamon Press, 163-170,   1988年
  • Effect of DO on kinetics of nitrification., Somasundaram Jayamohan, Shinichiro Ohgaki and Keisuke Hanaki , Water Supply, Vol.6, Brussels, 141-150,   1988年
  • Evaluation of effectiveness of two-phase anaerobic digestion process degrading complex substrate., Keisuke Hanaki, Tomonori Matsuo, Michihiko Nagase and Yoshihisa Tabata , Water Science and Technology, Vol.19, Rio, 311-322,   1987年
  • Effect of seawater on nitrification by attached biofilm., Shigeaki Kawasaki, Marek Gromiec, Keisuke Hanaki and Junichiro Matsumoto , Ecological Modelling, Vol.32, 183-190,   1986年
  • 複合基質からの酸生成及びメタン生成に及ぼす相分離の効果, 長瀬道彦, 松尾友矩, 花木啓祐, 土木学会衛生工学研究論文集, Vol.20, 157-163,   1984年
  • Kinetics of hydrolysis, oxidation, and adsorption during olive oil degradation by activated sludge., T. Hsu, Keisuke Hanaki and Junichiro Matsumoto , Biotechnology and Bioengineering, Vol.25, 1829-1839,   1983年
  • 付着生物による有機性汚濁物質の分解に関する室内実験, 花木啓祐, 川崎重明, 松本順一郎, 水質汚濁研究, Vol.6, 145-150,   1983年
  • 嫌気性消化における酢酸からのメタン生成プロセスでのオレイン酸の挙動, 石川徳春, 花木啓祐, 松本順一郎, 土木学会第19回衛生工学研究討論会講演論文集(1984年より衛生工学研究論文集と改名), Vol.19, 164-172,   1983年
  • Mechanism of inhibition caused by long-chain fatty acids in anaerobic digestion process., Keisuke Hanaki, Tomonori Matsuo and Michihiko Nagase , Biotechnology and Bioengineering, Vol.23, 1591-1610,   1981年
  • 嫌気性消化における脂肪酸の代謝, 花木啓祐, 松尾友矩, 長瀬道彦, 下水道協会誌, Vol.18, No.207, 30-39,   1981年
  • 嫌気性消化における種々の基質の分解過程(II), 花木啓祐, 松尾友矩, 長瀬道彦, 下水道協会誌, Vol.17, No.196, 40-49,   1980年
  • 嫌気性消化における種々の基質の分解過程(I), 花木啓祐, 松尾友矩, 下水道協会誌, Vol.17, No.189, 50-59,   1980年
  • 生物汚泥からのリン酸溶出, 味埜俊, 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会第15回衛生工学研究討論会講演論文集(1984年より衛生工学研究論文集と改名), Vol.15, 100-105,   1979年
  • 嫌気性消化の反応機構に関する研究, 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会第14回衛生工学研究討論会講演論文集(1984年より衛生工学研究論文集と改名), Vol.14, 37-41,   1978年

MISC

  • 日本の低炭素都市実現, 花木啓祐, 日本情報経営学会誌,   2012年05月
  • Heat mitigation project in environmentaly sound city, Keisuke Hanaki, Urban Flux,   2011年10月
  • Management of water environments in Asian cities, Keisuke Hanaki, Journal of Asian Urbanism,   2010年03月
  • 共鳴型アジア環境リーダー育成網の展開 , 小貫元治,太田美帆,星子智美,花木啓祐,味埜俊, 環境技術,   2009年10月
  • 低炭素社会と下水道技術, 花木啓祐, 月刊下水道,   2009年02月
  • 都市の環境システム分析の必要性 −環境科学会学術賞を受賞して−, 花木啓祐, 環境科学会誌,   2009年01月
  • 温暖化防止に向けた都市のあり方, 花木啓祐, 科学,   2008年05月
  • 環境問題への中国の挑戦, 花木啓祐, 学術の動向,   2007年10月
  • 地球温暖化の見通しと低炭素社会形成の必要性, 花木啓祐, 学術の動向,   2007年07月
  • 都市熱環境のデザイン, 花木啓祐, 季刊環境研究,   2007年04月
  • 地球温暖化問題を考慮した水環境管理, 花木啓祐, 水環境学会誌,   2006年02月
  • 下水道政策の中長期的なあり方, 花木啓祐, 新都市,   2005年11月
  • 都市は異常気象にどう対応するか, 花木啓祐, 科学,   2005年10月
  • 都市空間の持続再生学の創出プロジェクトのアウトライン, 花木啓祐, 環境科学会2005年会講演集,   2005年09月
  • 統合的な都市環境把握のアプローチ, 花木啓祐,荒巻俊也, 環境科学会誌, 18, (4) 427 - 439,   2005年07月
  • ディスポーザーがもたらす下水道と廃棄物管理への影響, 花木啓祐, 都市清掃,   2005年07月
  • 下水道技術に期待されている役割, 花木啓祐, 季刊環境研究,   2005年05月
  • 都市環境管理へのLCAの応用, 花木啓祐,荒巻俊也, 日本LCA学会誌,   2005年04月
  • 日本の水資源への地球温暖化の影響, 花木啓祐, 気候影響・利用研究会会報,   2002年07月
  • 下水道による環境負荷低減の推進−LCA的な評価−, 花木啓祐, 再生と利用,   2002年06月
  • 地球温暖化に対する下水道の戦略, 花木啓祐, 下水道協会誌,   2002年04月
  • 水環境への気候変化の影響と適応策, 花木啓祐, 河川,   2001年12月
  • 下水道における地球温暖化防止対策, 花木啓祐, 水道公論,   1999年07月
  • 下水汚泥のゼロエミッション型管理, 稲葉陸太, 花木啓祐, 再生と利用,   1999年06月
  • 環境共生都市に求められるもの, 花木啓祐, 土木学会環境システム委員会1999年地域シンポジウム講演集,   1999年06月
  • 地球環境への負荷と下水道, 花木啓祐, 月刊下水道,   1999年01月
  • インフラ整備に対するライフサイクルアセスメント, 花木啓祐, 月刊下水道,   1998年07月
  • 循環型都市における生態系との調和と共存, 花木啓祐, 日本機械学會誌,   1998年04月
  • 環境負荷の低い排水処理システム, 花木啓祐, 第5回日本水環境学会シンポジウム「いま水環境のためにできること−トータルな環境負荷とエネルギー消費の視点から−」,   1997年09月
  • 気候変動影響の研究−IPCC第2次評価報告書第二作業部会(影響)報告より−個別分野の影響をどう読むか?<水文・水資源>, 花木啓祐, 気候影響・利用研究会会報,   1997年09月
  • 生物学的脱窒素・脱リン技術, 花木啓祐, 最近の化学工学(化学工学会編)48−環境化学工学−,   1996年
  • 陸域−水域生態系における窒素の変換, 花木啓祐, 水環境学会誌,   1995年08月
  • 都市のエネルギー需要の面的分布と下水熱の有効利用, 花木啓祐, 一ノ瀬俊明, 気候影響・利用研究会会報,   1995年
  • Climate Change and Management of Water Environment, Keisuke Hanaki , J. Korean Society of Environmental Engineers,   1995年
  • 水資源と水質への影響に対するIPCC−WG2の検討状況, 花木啓祐, 気候影響・利用研究会会報,   1994年
  • 都市の体質の改善と地域冷暖房, 花木啓祐, クリーンエネルギー,   1994年
  • 生物活性炭法による脱窒処理, 花木啓祐, 用水と廃水,   1993年
  • 地球温暖化時代の排水管理, 花木啓祐, 水質汚濁研究,   1991年
  • Application of methane fermentation process to treatment of agricultural and industrial wastes with energy recovery., Keisuke Hanaki , Proc. Regional Seminar on Management and Utilization of Agricultural and Industrial Wastes, Kuala Lumpur, March 1990, ,   1990年
  • 嫌気性処理における基質分解特性, 花木啓祐, 水質汚濁研究,   1990年
  • 地球環境と都市づくり, 花木啓祐, 行政管理 ,   1990年
  • Management of human wastes in Japan., Junichiro Matsumoto and Keisuke Hanaki , Advances in Water Pollution Control, Water Pollution in Asia, Pergamon Press,   1988年
  • 嫌気性生物処理とその微生物, 花木啓祐, 月刊下水道,   1988年
  • 嫌気性消化法の原理, 花木啓祐, 松尾友矩, 再生と利用,   1981年

書籍等出版物

  • 環境工学入門
    花木啓祐
    実教出版  2014年09月
  • ‘Low-Carbon Economics’
    Keisuke Hanaki
    Toward low-carbon cityWorld Scientific Publishing, Singapore  2014年01月
  • ‘Environmental Leadership Capacity Building in Higher Education’
    Tomohiro Akiyama, Keisuke Hanaki and Takashi Mino
    Asian program for incubation of environmental leadersSpringer  2013年03月
  • 『新訂 環境工学』
    花木啓祐
    第7,8章「脱温暖化社会」放送大学教育振興会  2013年03月
  • 環境工学基礎
    花木啓祐
    実教出版  2013年01月
  • ‘Establishing a Resource-circulating Society in Asia: Challenges and Opportunities’
    Ai Hiramatsu, Yuji Hara and Keisuke Hanaki
    Development of biomass recycling on the urban fringe: A case study in Nonthaburi province, ThailandUnited Nations University Press  2011年05月
  • ‘Climate Change and Global Sustainability: A Holistic Approach’
    Keisuke Hanaki
    Introduction to a low-carbon city - Innovation of urban form and human activitiesUnited Nations University Press  2011年05月
  • Treatise on Water Science
    Peter Wilderer, Peter Rogers, Stefan Uhlenbrook, Fritz Frimmel, Keisuke Hanaki and Tom Vereijken
    Elsevier B.V.  2011年04月
  • 『地域環境システム』
    花木啓祐
    人間活動が地域環境に与えるインパクト朝倉書店  2011年02月
  • 『サステイナビリティ学 3.資源利用と循環型社会』
    花木啓祐
    序章 循環型社会からみたサステイナビリティ東京大学出版会  2010年11月
  • 『日本低炭素社会のシナリオ−二酸化炭素70%削減の道筋』
    花木啓祐
    6. 低炭素社会の住まい方:都市と住宅はこう変わる日刊工業新聞社  2008年06月
  • “Urban Environmental Management and Technology”
    Keisuke Hanaki
    Global Climate Change and CitiesSpringer  2008年03月
  • 『入門サステイナビリティ学−循環経済と調和社会へ向けて−』
    花木啓祐
    低炭素社会における都市ダイヤモンド社  2008年03月
  • 『サステイナビリティ学への挑戦』
    花木啓祐
    サステイナブルキャンパス−大学からの変革岩波書店  2007年11月
  • 『改訂版 環境工学』
    鈴木基之,花木啓祐
    第14章 地球環境(2)温暖化への対策放送大学教育振興会  2007年04月
  • 『これからの大学等研究施設 第3編「環境科学編」』
    花木啓祐
    持続可能な都市文教施設協会・科学新聞社  2006年08月
  • 『生活水資源の循環技術』
    花木啓祐,荒巻俊也
    「持続可能な水の供給」コロナ社  2005年07月
  • 『都市のアメニティとエコロジー』
    花木啓祐
    「地球環境問題と都市」岩波書店  2005年02月
  • 都市環境論
    花木啓祐
    岩波書店  2004年05月
  • 『地球温暖化と日本 第3次報告−自然・人への環境予測−』
    花木啓祐, 寶馨, 花里孝幸, 福島武彦, 吉谷純一
    「水文・水資源と水環境への影響」古今書院  2003年10月
  • 『都市を保全する』
    花木啓祐
    「都市の環境問題と地球環境問題」鹿島出版会  2003年05月
  • 『環境工学』
    鈴木基之,花木啓祐
    第13章 地球温暖化と工学の対応放送大学教育振興会  2003年05月
  • Future Cities: Dynamics and Sustainability'
    K. Hanaki
    Environmental loading of resources and heat recoveryKluwer Academic Publishers  2002年04月
  • 『循環型社会構築への戦略−21世紀の環境と都市代謝システムを考える』
    花木啓祐
    13.1. 物質・熱・エネルギーのフローからみた都市環境の未来像中央法規出版  2002年02月
  • "Non-CO2 Greenhouse Gases : Scientific Understanding, Control Options and Policy Aspects"
    Hasegawa, K., R. Kai and K. Hanaki
    Suppression of Nitrous Oxide from Agricultural Soil-water System by On-site Sulfur DenitrificationMillpress, The Netherlands  2002年01月
  • Appropriate Environmental and Solid Waste Management and Technologies for Developing Countries'
    Mara Regina Mendes, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki
    Assessment of the environmental impact of management measures for the biodegradable fraction of municipal solid waste in Sao Paulo CityBogazici University  2002年
  • 『建設のLCA』
    花木啓祐
    大規模宅地造成事業のLCAオーム社  2001年06月
  • Climate Change 2001: Impacts, Adaptations and Vulnerability. Contribution of Working Group II to the Third Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change'
    K. Hanaki
    "Chapter 4 Hydrology and Water Resources." Cambridge University Press  2001年
  • Advances in Water and Wastewater Treatment Technology - Molecular Technology, Nutrient Removal, Sludge Reduction and Environmental Health'
    K. Hanaki, T. Nakamura and T. Matsuo
    Nitrous oxide production in nitrogen removal process treating domestic sewage from combined sewer system.Elsevier Science B.V.   2001年
  • Japanese Urban Environment'
    Keisuke Hanaki and Toshiaki Ichinose
    "Efficient energy use in Japanese cities."Pergamon Press  1998年
  • 『環境システム−その理念と基礎手法−』
    花木啓祐
    「 5.1. 都市環境デザイン」共立出版  1998年
  • 『都市環境学事典』
    花木啓祐
    「 6.2 都市のエネルギー問題」朝倉書店  1998年
  • Global Warming -The Potential Impact on Japan'
    K. Hanaki, K. Takara, T. Hanazato, H. Hirakuchi and H. Kayanne
    "Impacts on hydrology/water resources and water environment."Springer-Verlag  1998年
  • Urban Ecology
    Toshiaki Ichinose, Hiromitsu Kawahara, Keisuke Hanaki, Takemi Ito and Tomonori Matsuo
    "Feasibility Study on Effective Utilization of Sewage Heat in Urban Area with GIS" Springer-Verlag  1998年
  • 『地球温暖化と日本−自然・人への環境予測−』
    花木啓祐, 寶馨, 花里孝幸, 平口博丸, 茅根創
    「水文・水資源および水環境への影響」古今書院  1997年
  • Climate Change 1995: Impacts, Adaptations and Mitigation of Climate Change: Scientific-Technical Analyses. Contribution of Working Group II to the Second Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change'
    K. Hanaki
    "Chapter 14 Water Resources Management. " Cambridge University Press  1996年
  • Toward Global Planning of Sustainable Use of the Earth'
    K. Hanaki and T. Ichinose
    "Relief of impacts of urban activities on global environment" Elsevier Science  1995年
  • 『地球環境の行方−地球温暖化の我が国への影響−』
    花木啓祐
    「第8章 都市インフラストラクチャー」中央法規出版  1994年
  • "Guide to California Planning" (William Fulton)の訳本
    花木啓祐, 藤井康幸
    カリフォルニアのまちづくり技報堂出版  1994年
  • Contemporary studies in urban planning and environmental management in Japan'
    K. Hanaki
    "Management of urban material flows in the context of the global environment" Kajima Institute Publishing  1994年
  • 『分離精製技術ハンドブック』
    花木啓祐
    「生物処理の高度化」丸善  1993年
  • 『水質環境工学(翻訳本)』
    花木啓祐
    「下水処理の目的と方法, 実施に当っての考慮事項」技報堂出版  1993年
  • 『環境微生物工学研究法』
    花木啓祐
    「嫌気性処理における各種物質による阻害とその分解」技報堂出版  1993年
  • in 'The potential effects of climate change in Japan'
    K. Hanaki
    "Impact on urban infrastructure in Japan"  1993年
  • 『地球温暖化の影響予測−−IPCC第2作業部会報告書(翻訳本)』
    花木啓祐
    「水文と水資源」中央法規出版.  1992年
  • 『地球環境工学ハンドブック』
    花木啓祐
    「都市からのメタン (CH4) と亜酸化窒素 (N2O) の発生と対策」オーム社  1991年
  • 『地球温暖化による社会影響(抄訳本)』
    花木啓祐
    「水資源」 技報堂出版  1990年
  • 『土木工学ハンドブック(第4版)』
    花木啓祐
    「環境微生物学と生態学の基礎概念」技報堂出版  1989年
  • 『生物反応プロセスシステムハンドブック』
    花木啓祐
    「排水の脱窒装置」サイエンスフォーラム  1985年
  • "Mathematical Models in Biological Waste Water Treatment."
    K. Hanaki, T. Noike and J. Matsumoto
    "Mathematical modelling of the anaerobic digestion process."Elsevier Science  1985年
  • 『微生物の生態12』
    松本順一郎, 花木啓祐
    「河川における自浄作用」学会出版センター  1984年
  • 『微生物による環境制御・管理技術マニュアル』
    花木啓祐
    「嫌気性処理プロセスにおける反応促進・阻害因子」環境技術研究会  1983年

作品

  • 環境リーダープログラム,   2009年
  • 二酸化炭素削減対策の都市への導入,   2000年
  • 持続可能な都市の計画,   1997年

受賞

  •   1993年, 土木学会第29回環境工学研究フォーラム優秀論文賞
  •   1994年, 日本下水道協会有功賞(論文賞)
  •   1997年, 月刊「水」論文賞
  •   2005年, 日本水環境学会 学術賞
  •   2005年, 月刊「水」賞
  •   2008年02月, 環境科学会 学術賞
  •   2012年06月, 日本水環境学会 学会賞

競争的資金

  • 地球温暖化と都市活動の相互の関わりに関する研究, 地球環境研究総合推進費
  • 主体的行動の誘発による文の京の脱温暖化, JST社会技術研究プログラム(RISTEX), 東京都文京区において、主体的な脱温暖化活動を普及させる社会実験を行う。幼保小中学校を通じて家庭に、またネットワーク形成を中心として事業所と大学に活動を広げる。