詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

花木 啓祐ハナキ ケイスケ

所属・担当
情報連携学部情報連携学科
国際哲学研究センター
国際共生社会研究センター
情報連携学研究科情報連携学専攻
職名教授
メールアドレスhanaki[at]toyo.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2018/07/13

研究者基本情報

学歴

  •  - 1980年, 東京大学, 工学系研究科博士課程, 都市工学専門課程
  •  - 1975年, 東京大学, 工学部, 都市工学科

学位

  • 工学博士, 東京大学

所属学協会

  • 土木学会
  • 日本水環境学会
  • 国際水協会(International Water Association)
  • 日本下水道協会
  • 環境科学会
  • 廃棄物資源循環学会
  • 日本建築学会
  • 環境情報科学センター

委員歴

  •   2014年10月 - 2017年09月, 日本学術会議, 副会長
  •   2011年10月 - 2017年09月, 日本学術会議, 会員(第三部)
  •   2003年03月 - 2017年03月, 環境科学会, 理事、副会長、会長
  •   1995年, 日本水環境学会, 顧問(前会長)
  •   2008年, 土木学会, 前理事
  • 廃棄物資源循環学会, 評議員

経歴

  •   1980年04月 - 1983年03月, 東北大学工学部 助手
  •   1983年04月 - 1985年04月, 東京大学工学部 助教授
  •   1985年04月 - 1987年04月, アジア工科大学院(バンコク) 助教授
  •   1987年04月 - 1992年11月, 東京大学工学部 助教授
  •   1992年11月 - 1992年12月, 東京大学工学部 教授
  •   1993年01月 - 1998年03月, 東京大学先端科学技術研究センター 教授
  •   1998年04月 - 2017年03月, 東京大学大学院工学系研究科 教授
  •   2017年04月 - 現在, 東洋大学情報連携学部, 教授

研究活動情報

研究分野

  • 環境学, 環境動態解析
  • 環境学, 環境影響評価・環境政策
  • 環境学, 環境技術・環境材料
  • 土木工学, 土木環境システム

研究キーワード

    都市活動と環境負荷, 低炭素都市, 温室効果ガス

論文

  • 自然および旅行に対する態度が島への訪問意図に与える影響構造分析−八丈島を例に−, 栗栖聖,齊藤修,荒巻俊也,花木啓祐, 環境科学会誌, Vol. 30, 307-324,   2017年09月
  • インドネシアおよびインドにおけるエネルギー作物栽培による農薬についての障害調整生存年(DALY)の簡易な計算法を用いた環境リスクの相対的な評価について, 荒井眞一,花木啓祐, 環境情報科学, Vol. 46, No. 2, 52-61,   2017年07月
  • Water use and pollution recognition from the viewpoint of local residents in Dhaka, Bangladesh, Kazi Shamima Akter, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, Water, 9, 331, 1-14,   2017年05月
  • Insight into pro-environmental behaviors and people’s perceptions in a developing country, Sarunnoud Phuphisith, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, Journal of Environmental Information Science, Vol.45, No.5, 9-20.,   2017年03月
  • Health benefits of urban allotment gardening: improved physical and psychological wellbeing and social integration, Masashi Soga, Daniel T.C. Cox, Yuichi Yamaura, Kevin J. Gaston, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, International Journal of Environmental Research and Public Health, Vol. 14, No. 1, 71,   2017年01月
  • Role of e-reader adoption in the life cycle greenhouse gas emissions of book reading activities, Eri Amasawa, Tomohiko Ihara and Keisuke Hanaki, International Journal of Life Cycle Assessment, Online available 07 November 2017,   2017年
  • Urban residents' perceptions of neighbourhood nature: does the extinction of experience matter?, Masashi Soga, Kevin J. Gaston, Tomoyo F. Koyanagi, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, Biological Conservation, Vol. 203, November 2016, 143?150,   2016年11月
  • 多目的最適化された代替案を用いた水利用システム計画の段階的合意形成支援法, 牧誠也,中谷隼,栗栖聖,花木啓祐, 環境科学会誌, Vol. 29, No. 6, 283-295,   2016年11月
  • Tokyo’s Long-term Socioeconomic Pathways: Towards a Sustainable Future, Miho Kamei, Keisuke Hanaki and Kiyo Kurisu , Sustainable Cities and Society, Vol. 27, 73-82,   2016年11月
  • Life cycle assessment of organic light emitting diode display as emerging materials and technology, Eri Amasawa, Tomohiko Ihara, Takashi Ohta and Keisuke Hanaki, Journal of Cleaner Production, Vol. 135, 1340-1350,   2016年11月
  • Anthropometric and demographic differences in human thermophysiology under light activity, Reuben Li, Keisuke Hanaki and Kiyo Kurisu, Journal of Human-Environment Systems, Vol. 19, No. 1, 13-22,   2016年09月
  • Both direct and vicarious experiences of nature affect children’s willingness to conserve biodiversity, Masashi Soga, Kevin J. Gaston, Yuichi Yamaura, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, International Journal of Environmental Research and Public Health, Vol. 13, 529-540,   2016年05月
  • Perceived landscape values in the Ogasawara Islands, Jarkko Havas, Osamu Saito, Keisuke Hanaki and Toshinori Tanaka, Ecosystem Services, Vol. 18, 130-140,   2016年03月
  • Life cycle assessment of conventional and optimised Jatropha biodiesel fuels, Joana Portugal, Jun Nakatani, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, Renewable Energy, Vol. 86, 585-593,   2016年02月
  • Evaluation of Consumers' Preferences on Drinking Water considering the Information Provision Effect, Iwato Amano, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, Water Science and Technology: Water Supply, on line 27 February 2016,   2016年02月
  • Environmental consciousness in daily activities measured by negative prompts, Ai Hiramatsu, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, Sustainability, Vol.8, No. 2, 1-19,   2015年12月
  • Are compact urban forms related to high quality of life in high-density cities in India? - Case of Kolkata, Ronita Bardhan, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, Cities, Vol. 48, 55-65,   2015年11月
  • マテリアルフローからみた八丈島の特性評価, 白井浩介,栗栖聖,齊藤修,荒巻俊也,花木啓祐, 環境情報科学論文集, Vol. 29, 171-176,   2015年11月
  • 多目的最適化を用いた多様な選好に対応した水利用システムの代替案生成モデルの開発, 牧誠也,中谷隼,栗栖聖,花木啓祐, 土木学会論文集G(環境), Vol. 71, No. 7, III_57-III_68,   2015年11月
  • 食品を対象としたリスク認知への影響因子の評価, 白井浩介,栗栖聖,花木啓祐, 土木学会論文集G(環境), Vol. 71, No. 6, II_99-II_107,   2015年10月
  • 八丈島における市場を介さない食料供給サービスの実態とレジリエントな島づくりへの一考察, 齊藤修,ヤルッコ・ハバス,白井浩介,栗栖聖,荒巻俊也,花木啓祐, 土木学会論文集G(環境), Vol. 71, No. 6, II_349-II_357,   2015年10月
  • Comparative environmental impacts of source-separation systems for domestic wastewater management in rural China, Lauho Lam,Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, Journal of Cleaner Production, Vol. 104, 185-198,   2015年05月
  • Effect of information provision on pro-environmental behaviors, Hyunsook Lee, Kiyo Kurisu, Keisuke Hanaki, Low Carbon Economy, Vol. 6, 30-40,   2015年05月
  • Comparative energy and environmental analysis of Jatropha bioelectricity versus biodiesel production in remote areas, Joana Portugal-Pereira, Jun Nakatan, Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, Energy, Vol. 83, 284-293,   2015年04月
  • Development of the Compact City Index and its Application to Japanese Cities, Jungchan Lee, Kiyo Kurisu, Kyoungjin An and Keisuke Hanaki, Urban Studies, Vol. 52, No. 6, 1054-1070,   2015年03月
  • 用途の異なる街区の組み合わせに対するスマートグリッド適用効果, 伊達貴彦,栗栖聖,花木啓祐, 環境科学会誌, Vol.28, No.2, 126-142,   2015年03月
  • 家庭科へのLCA的思考法導入に向けた教科書のテキスト分析, 平松あい,山本大輔,栗栖聖,花木啓祐, 日本LCA学会誌, 11, (1) 2 - 10,   2015年01月
  • 江戸城外濠における水質改善施策のモデル評価と費用便益分析, 吉岡 佐,栗栖 聖,花木啓祐, 水環境学会誌, Vol.38, No.1, 9-21,   2015年01月
  • 地域での環境教育におけるCO2排出削減量の包括的かつ定量的な算定モデルの提案−東京都文京区をケーススタディとして−, 平松 あい,花木 啓祐, 土木学会論文集G(環境), Vol. 70, No. 6, II_69-II_80,   2014年10月
  • Application of LCA by using midpoint and endpoint interpretations for urban solid waste management, Sora Yi, Kiyo Kurusu and Keisuke Hanaki, Journal of Environmental Protection, Vol.5, 1091-1103,   2014年09月
  • Evaluation of rice husk use scenarios incorporating stakeholders’ preferences revealed by Analytic Hierarchy Process in An Giang province, Vietnam, Thi Mai Thao Pham, Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, Low Carbon Economy, Vol. 5, 95-104,   2014年08月
  • Spillover Effect on Families Derived from Environmental Education for Children, Ai Hiramatsu, Kiyo Kurisu, Hiroshi Nakamura, Shuichi Teraki and Keisuke Hanaki, Low Carbon Economy , Vol. 5, 40-50,   2014年05月
  • Island waste management systems - Statistics, challenges, and opportunities for applied industrial ecology, Matthew J .Eckelman, Weslynne Ashton, Yuji Arakaki, Keisuke Hanaki, Shunsuke Nagashima and Lai Choo Malone-Lee, Journal of Industrial Ecology, 18, (2) 306 - 317,   2014年04月
  • Development of the Compact City Index and its Application to Japanese Cities, Jungchan Lee, Kiyo Kurisu, Kyoungjin An and Keisuke Hanaki, Urban Studies, 52, (6) 1054 - 1070,   2014年
  • Application of the Analytical Hierarchy Process to analyse wastewater nutrient recycling options: A case based on a group study of residents on the city of Zurich, Francisco Contreras, Keisuke Hanaki, Toshiya Aramaki and Claudia R. Binder, Water Science and Technology, 68, (12) 2645 - 2653,   2013年12月
  • 様々な環境配慮行動に対応する心理モデルの探索的な構築, 青木えり,栗栖聖,花木啓祐, 土木学会論文集G(環境), Vol. 69, No. 6, II_93-II_104,   2013年10月
  • 東京都における消費者の飲用水選択種類と選択理由による類型化, 天野巌斗,栗栖聖,花木啓祐, 土木学会論文集G(環境), Vol. 69, No. 6, II_117-II_126,   2013年10月
  • バイオ燃料利用増加のためのインドネシアにおけるオイルパーム栽培およびインドにおけるサトウキビ栽培による化学物質の環境リスクについて, 荒井眞一,花木啓祐, 環境情報科学, Vol. 42, No. 3, 49-59,   2013年10月
  • Influential factors on pro-environmental behaviors - Case study in Tokyo and Seoul, Hyunsook Lee, Kiyo Kurisu, Keisuke Hanaki, Low Carbon Economy, Vol.4, 104-116,   2013年09月
  • A 24-h Forecast of Oxidant Concentration in Tokyo Using Neural Network and Fuzzy Learning Approach, Tzu-Yi Pai, Keisuke Hanaki, Han-Chang Su and Lu-Feng Yu, CLEAN -- Soil, Air, Water, 41, (8) 729 - 736,   2013年08月
  • Forecasting Hourly Roadside Particulate Matter in Taipei County of Taiwan Based on First-Order and One-Variable Grey Model, Tzu-Yi Pai, Keisuke Hanaki and Ren-Jie Chiou, CLEAN -- Soil, Air, Water, 41, (8) 737 - 742,   2013年08月
  • 流域圏における水利用システムのライフサイクル環境影響の多面的評価, 牧誠也,中谷隼,栗栖聖,花木啓祐, 水環境学会誌, 36, (3) 67 - 76,   2013年05月
  • Assessment of stakeholders’ preferences toward sustainable sanitation scenarios, Pham Ngoc Bao, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Water and Environment Journal, 27, (1) 58 - 70,   2013年03月
  • 提供情報及び個人特性の差異がもたらす飲料水リスク認知への影響, 天野厳斗,栗栖聖,中谷隼,花木 啓祐, 水環境学会誌, 36, (1) 11 - 22,   2013年01月
  • 自動車走行に係る環境影響評価のための産業連関表の拡張−営業用貨物車に係る付帯表の作成と適用, 井伊亮太,中谷隼,栗栖聖,花木啓祐, 日本LCA学会誌, 9, (1) 2 - 12,   2013年01月
  • Model development for household waste prevention behaviour, Ana Paula Bortoleto, Kiyo H. Kurisu, and Keisuke Hanaki, Waste Management, 32, (12) 2195 - 2207,   2012年12月
  • 東日本大震災以降の環境配慮型購買行動と実施理由による市民の類型化, 牛尾浩史,栗栖聖,平松あい,花木啓祐, 土木学会論文集G(環境), Vol. 68, No. 7 ,III_715-II_726,   2012年11月
  • 江戸城外濠の水質改善を目的とした環境用水導入の効果とコスト評価, 吉岡 佐,栗栖 聖,花木 啓祐, 土木学会論文集G(環境), Vol. 68, No. 7 ,III_691-II_702,   2012年11月
  • 東日本大震災以降の家庭における節電行動の実施と心理的要因の影響評価, 牛尾浩史,栗栖聖,平松あい,花木啓祐, 土木学会論文集G(環境), Vol. 68, No. 6, II_349-II_359,   2012年10月
  • 各地方自治体における市民の環境配慮行動を規定する要因分析, 青木えり,栗栖聖,花木啓祐, 土木学会論文集G(環境), Vol. 68, No. 6, II_165-II_176,   2012年10月
  • 家庭における廃棄物発生抑制行動のライフサイクル評価, 新保雄太,中谷隼,栗栖聖,花木啓祐, 環境科学会誌, 25, (2) 95 - 105,   2012年03月
  • Evaluation of strategies for utilizing rice husk based on life cycle cost analysis in relation to Greenhouse Gas emissions in An Giang province, Vietnam, Thi Mai Thao Pham, Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, Biomass and Bioenergy, 37, 122 - 131,   2012年02月
  • 沿道ツツジ葉中への多環芳香族炭化水素類 (PAHs) の取り込みと脱離に関する研究, 山下喬子,栗栖聖,星子智美,花木啓祐, 環境工学研究論文集, Vol. 48, 565-575,   2011年11月
  • 家庭における環境配慮行動の類型化とその特徴分析, 青木えり,栗栖聖,中谷隼,花木啓祐, 環境工学研究論文集, Vol. 48, 615-625,   2011年11月
  • 居住地属性の住民選好に基づく類型化による居住地選択行動の解析, 西山悠介,中谷隼,栗栖聖,荒巻俊也,花木啓祐, 土木学会論文集G(環境), Vol. 67, No. 6, II_1-II_10,   2011年10月
  • 暑熱緩和事業の多側面効用に対する選好評価と意思決定支援, 中川秀治,中谷隼,栗栖聖,花木啓祐, 土木学会論文集G(環境), Vol. 67, No. 6, II_327-II_338,   2011年10月
  • 空間構成要素と市民の特性に着目した江戸城外濠の価値選好評価, 大塚佳臣,麻永隆,栗栖聖,窪田亜矢,中谷隼,花木啓祐, 土木学会論文集G(環境), Vol. 67, No. 6, II_173-II_182,   2011年10月
  • 建設資材の二酸化炭素排出量計算手法の共通化に関する検討, 神田太朗,瀧本真理,曽根真理,岸田弘之,花木啓祐,藤田壮, 土木学会論文集G(環境), Vol. 67, No. 6, II_267-II_278,   2011年10月
  • Managing heat rejected from air conditioning systems to save energy and improve the microclimates of residential buildings, Chun-Ming Hsieh, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Computers, Environment and Urban Systems, 35, (5) 358 - 367,   2011年09月
  • 仮想的下水処理場における下水汚泥と厨芥の混合消化がエネルギー収支と水処理系にもたらす効果, 李呟俶,花木啓祐,栗栖聖,中谷隼, 下水道協会誌論文集, Vol. 48, No. 587, 101-108,   2011年09月
  • Factors affecting waste generation: a study in a waste management programme in Dhaka City, Bangladesh, Rafia Afroz, Keisuke Hanaki and Rabaah Tudin, Environmental Monitoring and Assessment, 179, (1-4) 509 - 519,   2011年08月
  • 国立大学施設における環境負荷低減手法に関する研究−東京大学におけるCO2排出量削減に向けた実効ある対策の計画と実践の事例, 河野 匡志,柳原 隆司,花木 啓祐,磯部 雅彦,坂本 雄三, 日本建築学会環境系論文集, Vol. 76, 666, 727-734, (666) 727 - 734,   2011年08月
  • Greenhouse gas emission mitigation potential of rice husks for An Giang province, Vietnam, Pham Thi Mai Thao, Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, Biomass and Bioenergy, 35, (8) 3656 - 3666,   2011年08月
  • Life cycle impact assessment and interpretation of municipal solid waste management scenarios based on the midpoint and endpoint approaches, Sora Yi, Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, International Journal of Life Cycle Assessment, 16, (7) 652 - 668,   2011年08月
  • Selected socio-economic factors affecting the willingness to minimize solid waste in Dhaka City, Bangladesh, Rafia Afroz, Rabaah Tudin, Keisuke Hanaki and Muhammad Mehedi Masud, Journal of Environmental Planning and Management, 54, (6) 711 - 731,   2011年07月
  • Global-scale quantitative assessment for biodiversity on forest land use: applying the Global No Net Loss approach, Minoru Yoshikawa, Yuko Motoki, Go Hibino, Kazuhiko Takeuchi, Keisuke Hanaki, Shinichi Arai, Toshihiko Masui and Toshihiro Inoue, Sustainability Science, 6, (2) 169 - 175,   2011年07月
  • Characteristics of MSW and heat energy recovery between residential and commercial areas in Seoul, Sora Yi, Kee-Young Yoo and Keisuke Hanaki, Waste Mangement, 31, (3) 595 - 602,   2011年03月
  • 水辺意識に着目した住民の都市河川金銭価値評価解析, 大塚佳臣, 栗栖聖, 中谷隼, 花木啓祐, 水環境学会誌, 34, (2) 29 - 40,   2011年02月
  • Effect of change of forest carbon storage on net carbon dioxide balance of wood use for energy in Japan, Chihiro Kayo, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Journal of Industrial Ecology, 15, (1) 122 - 136,   2011年02月
  • 市民の環境配慮行動に対する全国47都道府県の現状分析と地域間比較, 青木えり,栗栖聖,中谷隼,花木啓祐, 環境システム研究論文集, Vol. 38, 17-26,   2010年10月
  • 社会資本ライフ・サイクル・アセスメントに用いる資材インベントリ・データのシステム境界の考え方について, 神田太朗,曽根真理,岸田弘之,花木啓祐, 環境システム研究論文集, Vol. 38, 185-191,   2010年10月
  • パス解析を用いた都市河川価値評価に対する河川の状態および河川への意識の影響解析, 大塚佳臣,栗栖聖,中谷隼,花木啓祐, 環境システム研究論文集, Vol. 38, 229-238,   2010年10月
  • Impact of future urban form on the potential to reduce greenhouse gas emissions from residential, commercial and public buildings in Utsunomiya, Japan, Satoshi Ishii, Shoichi Tabushi, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Energy Policy, 38, (9) 4888 - 4896,   2010年09月
  • Promote canal water quality improvement using decentralized wastewater management: Case study Bangkok, Chanathip Pharino, Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, Water Practice & Technology, vol. 5, Issue 3,   2010年09月
  • A survey of recycling behaviour in households in Dhaka, Bangladesh, Rafia Afroz, Keisuke Hanaki, Rabaah Tuddin and Kartinah Ayup, Waste Management & Research, 28, (6) 552 - 560,   2010年06月
  • Potential and life cycle assessment of biodiesel production in China, Rui Guo and Keisuke Hanaki, Journal of Renewable and Sustainable Energy, 2, (3) ,   2010年06月
  • Drivers in current and future municipal solid waste management systems: cases in Yokohama and Boston, Francisco Contreras, Satoshi Ishii, Toshiya Aramaki, Keisuke Hanaki, and Stephen Connors, Waste Management & Research, 28, (1) 76 - 93,   2010年01月
  • Multi-criteria Evaluation of Wastewater Treatment Scenarios for Small Towns in Developing Countries ? Case Study of Toan Thang Town in Vietnam, Pham Ngoc Bao, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Journal of Water and Environmental Technology, 8, (4) 269 - 291,   2010年
  • コンジョイント分析による都市河川に対する住民の金銭価値及び支払手段の評価, 大塚佳臣,栗栖(長谷川)聖,中谷隼,花木啓祐, 環境工学研究論文集, Vol. 46, 581-591,   2009年11月
  • 河川の物理属性及び住民の認知に基づく類型化による都市河川の価値評価構造解析, 大塚佳臣,栗栖(長谷川)聖,花木啓祐, 環境システム研究論文集, Vol. 37, 271-282,   2009年10月
  • 気候条件の違いによる下水熱利用地域冷暖房システム導入効果の解析, 池上貴志,荒巻俊也,花木啓祐, 環境システム研究論文集, Vol. 37, 423-434,   2009年10月
  • 都市河川のアメニティ価値と住民の環境意識をもとにした排水処理マネジメント, 大塚佳臣,栗栖(長谷川)聖,花木啓祐, 土木学会論文集G, 65, (3) 164 - 179,   2009年10月
  • 大学キャンパスにおける二酸化炭素排出削減策の立案・実行−東京大学サステイナブルキャンパスプロジェクト−, 迫田一昭,河野匡志,花木啓祐,野城智也,磯部雅彦, エネルギー・資源, Vol. 30, No. 4, 240-243,   2009年07月
  • 東京都区部への下水熱利用地域冷暖房システム導入による二酸化炭素排出削減可能量の評価, 池上貴志,荒巻俊也,花木啓祐, 土木学会論文集G, 65, (2) 114 - 129,   2009年06月
  • 東京大学におけるサステイナブルキャンパス活動−東大サステイナブルキャンパスプロジェクト−, 迫田一昭,河野匡志,花木啓祐,野城智也,磯部雅彦, 日本建築学会技術報告集, 15, (30) 611 - 614,   2009年06月
  • Willingness to pay for waste management improvement in Dhaka city, Bangladesh, Rafia Afroz, Keisuke Hanaki and Kiyo Hasegawa, Journal of Environmental Management, 90, (1) 492 - 503,   2009年01月
  • 下水道機電設備のマクロマネジメント手法, 藤生和也,花木啓祐, 土木学会建設マネジメント研究論文集, 169-179,   2008年12月
  • 炭素ストック変化を考慮した森林資源のエネルギー活用による実質CO2削減効果の長期予測, 加用千裕,荒巻俊也,花木啓祐, 土木学会論文集G, Vol. 64, No. 4, 336-346,   2008年12月
  • Evaluating source separation of plastics waste using conjoint analysis, Jun Nakatani, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Waste Management, 28, (11) 2393 - 2402,   2008年11月
  • 大気汚染評価に対する植物葉中GST活性の利用可能性, 栗栖(長谷川)聖, 濱理貴, 花木啓祐, 環境工学研究論文集 , 45, 211 - 217,   2008年11月
  • 日本全国の清掃工場を対象とした排熱利用地域冷暖房システムによるCO2排出削減ポテンシャルの推計, 河上 裕美,荒巻 俊也,花木 啓祐, 環境システム研究論文集, 36, 87 - 95,   2008年10月
  • Application of the Clean Development Mechanism in the Sanitation Sector: “Proof of Concept”, Alexander Meneses, Walter Vergara, Keisuke Hanaki, Mickiel Doorn, Eudes Herna'ndez, Marcos Gryshek, Alfred Grunwaldt and Alejandro Deeb, CLEAN - Soil, Air, Water, 36, (9) 788 - 797,   2008年09月
  • 手賀沼水域をモデルとした都市河川の水辺価値選好評価, 大塚佳臣,栗栖(長谷川)聖,花木啓祐, 水環境学会誌, 31, (8) 471 - 480,   2008年08月
  • 木質資源フローに着目した温室効果ガス排出削減政策シナリオ評価フレームの構築, 加用千裕,荒巻俊也,花木啓祐, 土木学会論文集G, 64, (3) 207 - 220,   2008年07月
  • Application of Analytical Hierarchy Process to Analyze Stakeholders Preferences for Municipal Solid Waste Management Plans, Boston, USA, Francisco Contreras, Keisuke Hanaki, Toshiya Aramaki and Stephen Connors, Resources, Conservation and Recycling, 52, (7) 979 - 991,   2008年05月
  • 高温接触酸化型トイレ実証試験における処理槽内の細菌群集構造解析, 大坊彩乃,栗栖(長谷川)聖,花木啓祐, 水環境学会誌, 31, (5) 253 - 259,   2008年05月
  • ライフサイクルインベントリ分析による下水熱利用地域冷暖房システム導入効果の解析, 池上貴志,荒巻俊也,花木啓祐, 土木学会論文集G, 64, (2) 107 - 122,   2008年05月
  • Modified RAMS-Urban Canopy Model for heat island simulation in ChongQing, China, Hongbin Zhang, Keisuke Hanaki, Naoki Sato, Takeki Izumi and Toshiya Aramaki, Journal of Applied Meteorology, 47, (2) 509 - 524,   2008年02月
  • The feedback of heat rejection to air conditioning load during the nighttime in subtropical climate, Chun-Ming Hsieh, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Energy and Buildings, 39, (11) 1175 - 1182,   2007年11月
  • 廃棄物バイオマスの利用ポテンシャルの将来予測と温室効果ガス排出削減効果の解析〜都市湿系バイオマスと建設発生木材を対象として, 荒巻俊也,石井暁,園田隼也,加用千裕,花木啓祐, 地球環境, Vol. 12, No.2, 201-207,   2007年11月
  • 多側面の影響への選好を考慮した費用便益分析に基づく統合的評価の方法論の構築, 中谷隼,荒巻俊也,花木啓祐, 環境科学会誌, 20, (6) 435 - 448,   2007年11月
  • 閉鎖性水域での排出権取引における流入河川での水質変化の影響に関する考察―東京湾流域の下水処理場を対象として―, 荒巻俊也,松本一城,石井暁,花木啓祐, 環境システム研究論文集, 35, 375 - 381,   2007年10月
  • 都市空間情報基盤不足地域における熱環境評価の試み, 一ノ瀬俊明,白木洋平,松本太,盧軍,花木啓祐, 環境システム研究論文集, 35, 147 - 154,   2007年10月
  • Estimation of heat rejection based on the air conditioner use time and its mitigation from buildings in Taipei City, Chun-Ming Hsieh,Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Building and Environment, 42, (9) 3125 - 3137,   2007年09月
  • Applying choice experiments to valuing the different types of environmental issues in Japan, Jun Nakatani, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Journal of Environmental Management, 84, (3) 362 - 376,   2007年08月
  • Integrated simulation of neighborhood scale land use and transport dynamics for multi-criteria evaluation of transit oriented development, Pandit Debapratim, Keisuke Hanaki, Toshiya Aramaki and Satoshi Ishii, Computers in Urban Planning and Urban Management, Paper 85,   2007年07月
  • Report: Citizen participation as a part of integrated solid waste management: Porto Alegre case, Ana Paula Bortoleto and Keisuke Hanaki , Waste Management & Research , 25, (3) 276 - 282,   2007年06月
  • Using grey system theory to evaluate transportation effects on air quality trends in Japan, Tzu-Yi Pai, Keisuke Hanaki, Hsin-Hsien Ho and Chun-Ming Hsieh, Transportation Research Part D: Transport and Environment, 12, (3) 158 - 166,   2007年05月
  • プラスチックごみ処理の多側面の影響評価−川崎市のケーススタディ−, 中谷隼,荒巻俊也,花木啓祐, 環境科学会誌, 20, (3) 181 - 194,   2007年05月
  • GCM-based analysis of water availability along the Tone River and Tokyo Metropolitan Area under climatic changes, Md. Sirajul Islam, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Regional Environmental Change, 7, (1) 15 - 26,   2007年03月
  • 川崎市下水処理場における有機性食品廃棄物を利用したエネルギー回収および二酸化炭素削減ポテンシャルの推定, 石井暁,花木啓祐, 環境システム研究論文集, 34, 443 - 453,   2006年10月
  • Evaluation of nitrate removal by continuous culturing of an aerobic denitrifying bacterium, Paracoccus pantotrophus, K. Hasegawa-Kurisu, Y. Otani and K. Hanaki, Water Science and Technology, 54, (8) 219 - 228,   2006年09月
  • 選択型コンジョイント分析を用いた飲料水に対する消費者の受容性評価, 中谷隼,志摩学,荒巻俊也,花木啓祐, 環境科学会誌, 19, (4) 355 - 364,   2006年07月
  • Impacts of city-block-scale countermeasures against urban heat-island phenomena upon a building's energy-consumption for air-conditioning, Yukihiro Kikegawa, Yutaka Genchi, Hiroaki Kondo and Keisuke Hanaki, Applied Energy, 83, (6) 649 - 668,   2006年05月
  • Estimation of reduced and increasing health risks by installation of urban wastewater systems, Toshiya Aramaki, Mona Galal and Keisuke Hanaki, Water Science and Technology, 53, (9) 247 - 252,   2006年04月
  • 都市および農業地域に位置する河川からの亜酸化窒素の生成と放出, 長谷川聖,花木啓祐, 土木学会論文集G, 62(1), 183-190,   2006年02月
  • 下水熱利用地域冷暖房システムの戦略的導入による環境負荷低減効果の解析, 池上貴志,荒巻俊也,花木啓祐, 環境システム研究論文集, 33, 343 - 354,   2005年11月
  • 東京湾流域の下水処理場への排出権取引制度導入効果の推定, 石田整,花木啓祐,荒巻俊也, 土木学会論文集, (804) 73 - 81,   2005年11月
  • 大気中のベンゼンおよびトルエンの緑化による除去ポテンシャルの検証, 長谷川聖,並木貴司,荒巻俊也,花木啓祐, 環境工学研究論文集, 42, 23 - 28,   2005年11月
  • 微生物群集解析による茶園流出水の硫黄脱窒処理プロセス評価, 松崎祐子,長谷川聖,花木啓祐, 環境工学研究論文集, 42, 555 - 560,   2005年11月
  • Development and application of an integrated water balance model to study the sensitivity of the Tokyo Metropolitan Area water availability scenario to climatic changes, Md. Sirajul Islam, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Water Resources Management, 19, (4) 423 - 445,   2005年08月
  • Secondary materials transfer from Japan to China: destination analysis, Aya Yoshida, Atsushi Terazono, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Journal of Material Cycles and Waste Management, 7, (1) 8 - 15,   2005年03月
  • 雨水の貯留・浸透を考慮した都市内雨水管理システムの構築と合流式下水道改善効果の評価, 近藤弘章,荒巻俊也,細田昌広,花木啓祐,松尾友矩, 下水道協会誌論文集, Vol. 41, No. 506, 118-128,   2004年12月
  • 開発途上国の都市廃棄物管理へのクリーン開発メカニズム導入における持続可能性評価, 平松あい, 花木啓祐, 荒巻俊也, 環境システム研究論文集, 32, 45 - 56,   2004年10月
  • Comparison of aerobic denitrifying activity among three cultural species with various carbon sources, Yohei Otani, Kiyo Hasegawa and Keisuke Hanaki, Water Science and Technology, Vol. 50, No. 8,15-22,   2004年08月
  • Nitrate Removal with Low N2O Emission by Application of Sulfur Denitrification in Actual Agricultural Field, Kiyo Hasegawa, Katsura Shimizu and Keisuke Hanaki, Water Science and Technology, Vol. 50, No. 8, 145-151,   2004年08月
  • International analysis and projection of domestic water use, Toshiya Aramaki, Manabu Suzuki, Keisuke Hanaki, Journal of Global Environment Engineering, JSCE, Vol. 11, 73-79,   2004年08月
  • 住宅地による大気の運動量・熱量の変質過程, 浦野明,花木啓祐,森川泰成, 日本建築学会環境系論文集, No. 581, 95-102,   2004年07月
  • 実態調査に基づく古紙回収・卸売業の特性分析と古紙回収システムのモデル化, 志水 章夫,荒巻 俊也,花木 啓祐., 廃棄物学会論文誌, Vol. 15, 256-265,   2004年07月
  • Heat discharges from an office building in Tokyo using DOE-2, Shobhakar Dhakal, Keisuke Hanaki and Ai Hiramatsu, Energy Conversion and Management, 45, (7/8) 1107 - 1118,   2004年05月
  • Fuzzy decision-making tool for environmental sustainable buildings, Seongwon Seo, Toshiya Aramaki, Yongwoo Hwang and Keisuke Hanaki, Journal of Construction Engineering and Management, American Society of Civil Engineers, 130, (3) 415 - 423,   2004年05月
  • Comparison of the environmental impact of incineration and landfilling in Sao Paulo City as determined by LCA, Mara Regina Mendes, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Resources, Conservation and Recycling, 41, (1) 47 - 63,   2004年04月
  • Environmental impact of solid waste treatment methods in Korea , Seongwon Seo, Toshiya Aramaki, Yongwoo Hwang and Keisuke Hanaki, Journal of Environmental Engineering, ASCE, 130, (1) 81 - 89,   2004年01月
  • Assessment of sustainable water management for rapidly developing urban regions in Guangzhou City, China, James Eastcott, Toshiya Aramaki, Keisuke Hanaki, Z. Li and J. You, Water Science and Technology, Vol. 48, No. 10,   2003年12月
  • Baseline options and greenhouse gas emission reduction of clean development mechanism project in urban solid waste management, Ai Hiramatsu, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki , Mitigation and Adaptation Strategies for Global Change, 8, (3) 293 - 310,   2003年11月
  • Assessment of the environmental impact of management measures for the biodegradable fraction of municipal solid waste in Sao Paulo City, Mara Regina Mendes, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Waste Management, 23, (5) 403 - 409,   2003年07月
  • Evaluation of solid waste management system using fuzzy composition, Seongwon Seo, Toshiya Aramaki, Yongwoo Hwang and Keisuke Hanaki, Journal of Environmental Engineering, ASCE, 129, (6) 520 - 531,   2003年06月
  • 表明選好による旅行費用法を用いた仮想評価法における包含効果の解析, 中谷隼, 稲葉陸太, 荒巻俊也, 花木啓祐, 土木学会論文集, (727) 63 - 75,   2003年02月
  • Estimation of heat discharges by residential buildings in Tokyo, Shobhakar Dhakal, Keisuke Hanaki and Ai Hiramatsu, Energy Conversion and Management, 44, (9) 1487 - 1499,   2003年01月
  • 複合的な対策による諏訪湖水環境改善および副次的CO2排出による地球温暖化への影響の統合的評価, 稲葉陸太, 中谷隼, 荒巻俊也, 花木啓祐, 水環境学会誌, 25, (11) 635 - 640,   2002年11月
  • 種々のステイクホルダーの視点を組み込んだEco-efficiencyの活用可能性, 粟生木千佳, 荒巻俊也, 花木啓祐, 環境システム研究論文集, 30, 171 - 181,   2002年10月
  • 街区構造に応じた高温化対策の導入が都市空調エネルギー需要に及ぼす影響, 亀卦川幸浩,玄地裕,近藤裕昭,花木啓祐, エネルギー・資源, Vol. 23, 39-45,   2002年05月
  • The life cycle assessment of manufacturing processes and waste treatments of packages for drink, Tadashi Sawatani and Keisuke Hanaki, Journal of Advanced Science, 13, (3) 239 - 242,   2002年03月
  • Improvement of urban thermal environment by managing heat discharge sources and surface modification in Tokyo, Shobhakar Dhakal and Keisuke Hanaki, Energy and Buildings, 34, (1) 13 - 23,   2002年01月
  • 諏訪湖水環境改善効果と対策に伴う地球環境への影響の費用便益換算による統合的評価, 稲葉陸太, 花木啓祐, 荒巻俊也, 中谷隼, 環境システム研究論文集, 29, 37 - 45,   2001年11月
  • 街区における熱環境改善計画の効果に関する熱収支・エネルギー解析, 浦野明, 稲井康弘, 花木啓祐, 環境システム研究論文集, 29, 253 - 262,   2001年11月
  • An integrated computational infrastructure for a virtual Tokyo: concepts and examples, Steven B. Kraines, David R. Wallace, Yumiko Iwafune, Yoshikuni Yoshida, Toshiya Aramaki, Kazuhiko Kato, Keisuke Hanaki, Hisashi Ishitani, Tomonori Matsuo, Hiroshi Takahashi, Koichi Yamada, Kenji Yamaji, Yukio Yanagisawa and Hiroshi Komiyama, Journal of Industrial Ecology, 5, (1) 35 - 53,   2001年11月
  • 都市下水の脱窒過程での亜酸化窒素の突発的発生, 花木啓祐, 中村剛雄, 松尾友矩, 糸川浩紀, 水環境学会誌, 24, (7) 473 - 476,   2001年07月
  • 有機性廃棄物の有効利用に向けたコンポスト製品の需要供給バランスの解析 〜愛知県を対象として〜, 荒巻俊也,鈴木英司,花木啓祐, 環境科学会誌, 14, (4) 367 - 371,   2001年07月
  • ゼロエミッションを目指した地域物質循環ネットワークの構築とシナリオ策定手法, 藤江幸一,後藤尚弘,宮田譲,迫田章義,花木啓祐,原科幸彦,森俊介,柳憲一郎,池田伸,羽野忠,吉田弘之, 環境科学会誌, 14, (4) 391 - 401,   2001年07月
  • Evaluation of Appropriate System for Reclaimed Wastewater Reuse in Each Area of Tokyo using GIS-Based Water Balance Model, T. Aramaki, R. Sugimoto, K. Hanaki and T. Matsuo, Water Science & Technology, Vol. 43, No. 5, 301-308,   2001年05月
  • Nitrous oxide production in high-loading biological nitrogen removal process under low COD/N ratio condition, Hiroki Itokawa, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo, Water Research, 35, (3) 657 - 664,   2001年03月
  • 都市下水の硝化脱窒過程での亜酸化窒素の発生, 花木啓祐, 中村剛雄, 松尾友矩, 糸川浩紀, 水環境学会誌, 23, (12) 803 - 810,   2000年12月
  • 東京都区部における民生用エネルギー供給由来のCO2排出削減可能性の検討〜コジェネレーションシステムと清掃工場廃熱利用の地域冷暖房システムの導入による〜, 荒巻俊也, 飯濱美夏, 花木啓祐, 環境システム研究論文集, 28, 85 - 93,   2000年10月
  • 古紙由来トイレットペーパーの実態調査に基くライフサイクル分析, 志水章夫, 花木啓祐, 荒巻俊也, 土木学会論文集第7部門, (657) 35 - 46,   2000年08月
  • The generation of CO2 in sewage sludge treatment systems: life cycle assessment, Y. Hwang and K. Hanaki, Water Science and Technology, Vol. 41, No. 8, 107-113,   2000年08月
  • Nitrous oxide from the agricultural water system contaminated with high nitrogen, Kiyo Hasegawa, Keisuke Hanaki, Tomonori Matsuo and Shin Hidaka, Chemosphere - Global Change Science, 2, (3/4) 335 - 345,   2000年07月
  • Effects of oxygen concentration and moisture content of refuse on nitrification, denitrification and nitrous oxide production, Sunjin Hwang and Keisuke Hanaki, Bioresource Technology, 71, (2) 159 - 165,   2000年01月
  • GISを用いた東京都区部における人工系水循環モデルによる雑用水供給システムの導入効果の検討, 荒巻俊也, 杉本留三, 花木啓祐, 松尾友矩, 環境工学研究論文集, 36, 341 - 352,   1999年12月
  • 土壌中の硫黄脱窒過程における硝酸態窒素除去及び亜酸化窒素生成の評価, 長谷川聖, 花木啓祐, 松尾友矩, 環境工学研究論文集, 36, 465 - 476,   1999年12月
  • 下水汚泥と都市ごみのゼロエミッション指向型管理, 稲葉陸太, 花木啓祐, 環境システム研究(全文審査部門), 27, 365 - 374,   1999年10月
  • 北東アジアにおける窒素酸化物排出量の将来予測−モータリゼーションと自動車からの排出量の増加−, 臼井朗, 花木啓祐, 秋元肇, 環境システム研究(全文審査部門), 27, 187 - 198,   1999年10月
  • 首都機能移転による熱環境変化の予測, 泉岳樹, 岡部篤行, 貞広幸雄, 花木啓祐, 一ノ瀬俊明, 環境システム研究(全文審査部門), 27, 171 - 178,   1999年10月
  • Thermal environment simulation for three dimensional replacement of urban activity, Urano A, T. Ichinose and K. Hanaki, Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics, 81, 197 - 210,   1999年07月
  • Impact of anthropogenic heat on urban climate in Tokyo, Ichinose. T., K. Shimodozono and K. Hanaki, Atmospheric Environment, 33, (24/25) 3897 - 3909,   1999年
  • Design of Reclaimed Wastewater Reuse System Using GIS-Based Water Balance Model, T. Aramaki, R. Sugimoto, K. Hanaki and T. Matsuo, Conference Reprint of Asian Waterqual '99, 137-142,   1999年
  • Fate of Dissolved Odorous Compounds in Actual Sewage Treatment Plants., Nurul Islam, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo, Water Science and Technology, 38, (3) 337 - 344,   1998年10月
  • Responses of Lake Stratification and Temperature Profiles for Downscaling Future GCM-HadCM2SUL Climate Scenarios., Hany Hassan, Toshiya Aramaki, Keisuke Hanaki, Tomonori Matsuo and R. Wilby, Water Science and Technology, 38, (11) 217 - 226,   1998年10月
  • 紙のリサイクル市場と消費行動に関する分析, 志水章夫, 花木啓祐, 環境システム研究(全文審査部門), Vol. 26, 95-102,   1998年10月
  • Lake stratification and temperature profiles simulated using downscaled GCM output, Hany Hassan, Toshiya Aramaki, Keisuke Hanaki, Tomonori Matsuo and R. Wilby, Water Science and Technology, Vol.38, No.11, 217 - 226,   1998年10月
  • 高濃度硝酸態窒素流入のある水田及び小河川における亜酸化窒素の生成と分解, 長谷川聖, 花木啓祐,松尾友矩, 日高伸, 水環境学会誌, 21, (10) 676 - 682,   1998年10月
  • A Modeling Approach to Simulate the Impact of Climate Change on Lake Water Quality: Phytoplankton Growth Rate Assessment, Hany Hassan, Keisuke Hanaki, and Tomonori Matsuo , Water Science and Technology, 37, (2) 177 - 185,   1998年02月
  • Statistical downscaling of hydrometeorological variables using general circulation model output, Robert L. Wilby, Hany Hassan and Keisuke Hanaki, J. Hydrology, 205, (1/2) 1 - 19,   1998年01月
  • 高負荷間欠曝気式硝化脱窒法における有機物制限条件下でのN2O生成, 糸川浩紀, 花木啓祐, 松尾友矩, 環境工学研究論文集, 34, 191 - 202,   1997年11月
  • 微気候からみた街区形態の評価に関する研究, 久保田孝幸, 花木啓祐, 浦野明, 粉川大樹, 小宮英孝, 環境システム研究(全文審査部門), 25, 191 - 199,   1997年10月
  • Anaerobic treatment utilizing the function of activated carbon treatment utilizing the function of activated carbon., Keisuke Hanaki, Toshiaki Saito and Tomonori Matsuo , Water Science and Technology, 35, (8) 193 - 201,   1997年08月
  • 地理情報システムとライフサイクルアセスメントの結合による地域熱供給事業の検討, 一ノ瀬俊明, 花木啓祐, 伊藤武美, 松尾友矩, 川原博満, 環境科学会誌, 10, (2) 119 - 127,   1997年05月
  • Lowering the environmental impact of urban infrastructures: A research study., Keisuke Hanaki, Tomonori Matsuo and Takemi Ito , J. Urban Technology, Vol. 4, No. 2, 41-52,   1997年
  • 細密地理情報にもとづく都市気候数値シミュレーション地表面境界条件の高精度化, 一ノ瀬俊明, 下堂薗和宏, 鵜野伊津志, 花木啓祐, 天気, Vol. 44, 121-133,   1997年
  • 下水熱有効利用可能性解析ツールとしてのGISの開発, 一ノ瀬俊明, 川原博満, 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会論文集, (552) 11 - 21,   1996年11月
  • 微気候の快適性から見た街区計画の評価に関する研究, 久保田孝幸, 花木啓祐, 一ノ瀬俊明, 小宮英孝, 神島奈央子, 環境システム研究(全文審査部門), Vol. 24, 141-148,   1996年10月
  • Nitrous oxide emission during nitrification and denitrification in a full-scale night soil treatment plant, Hiroki Itokawa, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo , Water Science and Technology, 34, (1/2) 277 - 284,   1996年
  • Mechanism of anaerobic biological activated carbon process examined by using stable isotope, Toshiaki Saito, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo , Water Science and Technology, 34, (5/6) 429 - 435,   1996年
  • 二酸化炭素排出抑制技術・システムのニュータウン建設への適用, 伊藤武美, 花木啓祐, 本多博, 環境システム研究(全文審査部門), Vol 24, 250-259,   1996年
  • 汚泥処理システムにおけるLCCO2に関する考察, 黄龍雨, 花木啓祐, 田中俊博, 下水道協会誌, Vol. 33, No. 405 (1996/11), 75-87,   1996年
  • LCCO2による汚泥集約処理の評価, 黄龍雨, 花木啓祐, 田中俊博, 下水道協会誌, Vol. 33, No. 405 (1996/11), 88-95,   1996年
  • Denitrification with external carbon source utilizing adsorption and desorption capability of activated carbon., Nenita F. Sison, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo , Water Research, 30, (1) 217 - 227,   1996年
  • High loading denitrification by biological activated carbon process, Nenita F. Sison, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo , Water Research, 29, (12) 2776 - 2779,   1995年12月
  • cis-1,2-ジクロロエチレン分解嫌気性集積培養菌の水素利用機構, 小松俊哉、桃井清至、松尾友矩、花木啓祐, 水環境学会誌, 18, (7) 569 - 575,   1995年07月
  • cis-1,2-ジクロロエチレン分解嫌気性菌の集積培養, 小松俊哉、桃井清至、松尾友矩、花木啓祐, 水環境学会誌, 18, (5) 396 - 404,   1995年05月
  • Identification and quantification of sulfur and nitrogen containing odorous compounds in wastewater., Yong-Woo Hwang, Tomonori Matsuo, Keisuke Hanaki and Noriyuki Suzuki , Water Research, 29, (2) 711 - 718,   1995年
  • ニュータウン建設にともなう二酸化炭素排出量に関する研究, 伊藤武美、花木啓祐、谷口孚幸、有浦幸隆, 環境システム研究(全文審査部門), Vol.23, 190-197,   1995年
  • 間欠ばっ気を行うし尿処理施設における硝化・脱窒過程からの亜酸化窒素の発生と制御, 糸川浩紀, 花木啓祐, 松尾友矩, 環境工学研究論文集, 32, 311 - 320,   1995年
  • Protection of methanogenic bacteria from low pH and toxic materials by immobilization using polyvinyl alcohol., Keisuke Hanaki, Sompong Hirunmasuwan and Tomonori Matsuo, Water Research, 28, (4) 877 - 885,   1994年
  • Selective use of microorganisms in anaerobic treatment processes by application of immobilization. , Keisuke Hanaki, Sompong Hirunmasuwan and Tomonori Matsuo, Water Research, 28, (4) 993 - 996,   1994年
  • Characterization of accumulated biomass in anaerobic filter treating various types of substrates., Keisuke Hanaki, Sommai Chatsanguthai, Tomonori Matsuo , Bioresource Technology, 47, (3) 275 - 282,   1994年
  • Biotransformation of cis-1,2-dichloroethylene to ethylene and ethane under anaerobic conditions., Toshiya Komatsu, Kiyoshi Momonoi, Tomonori Matsuo and Keisuke Hanaki , Water Science and Technology, Vol.30,75-84,   1994年
  • 細密地理情報にもとづく都市人工排熱の時空間分布の構造解析, 一ノ瀬俊明, 花木啓祐, 松尾友矩, 環境工学研究論文集, 31, 263 - 273,   1994年
  • Removal of odorous compounds in wastewater by using activated carbon, ozonation and aerated biofilter., Yong-Woo Hwang, Tomonori Matsuo, Keisuke Hanaki and Noriyuki Suzuki , Water Research, 28, (11) 2309 - 2319,   1994年
  • Production of nitrous oxide gas during nitrification of wastewater., Hong Zheng, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo, Water Science and Technology, Vol. 30, No. 6, 133-141,   1994年
  • 脱窒における一酸化二窒素生成と操作因子の関係, 花木啓祐, 鄭紅, 松尾友矩, 下水道協会誌論文集, Vol. 30, No. 352, 30-42,   1993年02月
  • 都市におけるエネルギー消費構造の国際比較, 一ノ瀬俊明, 花木啓祐, 松尾友矩, 環境工学研究論文集, Vol. 30, 371-381,   1993年
  • Green house gas -- N2O production during denitrification in wastewater treatment., Hong Zheng, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo , Water Science and Technology, Vol.28, 7, 203-207,   1993年
  • Production of nitrous oxide gas during denitrification of wastewater., Keisuke Hanaki, Hong Zheng and Tomonori Matsuo , Water Science and Technology, Vol.26, 5/6, 1027-1036,   1992年
  • エネルギー消費の大都市間比較, 平松直人, 花木啓祐, 松尾友矩, 環境システム研究, 20, 252 - 261,   1992年
  • 嫌気性生物活性炭における活性炭の流入変動吸収効果, 斉藤利晃, 花木啓祐, 松尾友矩, 環境工学研究論文集, 29, 235 - 246,   1992年
  • 揮発性有機塩素化合物の嫌気的生分解性と反応機構, 小松俊哉, 桃井清至, 松尾友矩, 花木啓祐, 環境工学研究論文集, 29, 255 - 265,   1992年
  • 下水処理水の再利用のための臭気物質の分析と同定, 瀧口博明, 松尾友矩, 花木啓祐, 鈴木規之, 土木学会衛生工学研究論文集, Vol.27, 165-173,   1991年
  • Prevention of lipid inhibition in anaerobic processes by introducing a two-phase system., Toshiya Komatsu, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo , Water Science and Technology, Vol.23, 7-9, 1189-1200,   1991年
  • Treatment of oily cafeteria wastewater by single-phase and two-phase anaerobic filter., Keisuke Hanaki, Tomonori Matsuo and K. Kumazaki , Water Science and Technology, Vol.22, No.3/4, 299-306,   1990年
  • Effects of the activity of heterotrophs on nitrification in a suspended-growth reactor., Keisuke Hanaki, Chalermraj Wantawin and Shinichiro Ohgaki , Water Research, 24, (3) 289 - 296,   1990年
  • Nitrification at low levels of dissolved oxygen with and without organic loading in a suspended-growth reactor., Keisuke Hanaki, Chalermraj Wantawin and Shinichiro Ohgaki , Water Research, 24, (3) 297 - 302,   1990年
  • 嫌気性処理における不飽和高級脂肪酸の阻害及び分解過程, 小松俊哉, 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会衛生工学研究論文集, Vol.26, 1-8,   1990年
  • Contribution of methanogenesis to denitrification with an upflow filter., Keisuke Hanaki and Chongchin Polprasert , J. Water Pollution Control Federation, Vol.61, 1604-1611,   1989年
  • Effect of DO on kinetics of nitrification., Somasundaram Jayamohan, Shinichiro Ohgaki and Keisuke Hanaki , Water Supply, Vol.6, Brussels, 141-150,   1988年
  • Denitrification process using upflow filter with the aid of methane production., Keisuke Hanaki and Chongchin Polprasert , Advances in Water Pollution Control, Water Pollution in Asia, Pergamon Press, 163-170,   1988年
  • River basin water quality management in stochastic environment., Okitsugu Fujiwara, W. Puangmaha and Keisuke Hanaki , Proc. American Society of Civil Engineers, J. Environ. Engineering Division, Vol.114, 864-877,   1988年
  • Evaluation of effectiveness of two-phase anaerobic digestion process degrading complex substrate., Keisuke Hanaki, Tomonori Matsuo, Michihiko Nagase and Yoshihisa Tabata , Water Science and Technology, Vol.19, Rio, 311-322,   1987年
  • Effect of seawater on nitrification by attached biofilm., Shigeaki Kawasaki, Marek Gromiec, Keisuke Hanaki and Junichiro Matsumoto , Ecological Modelling, Vol.32, 183-190,   1986年
  • 複合基質からの酸生成及びメタン生成に及ぼす相分離の効果, 長瀬道彦, 松尾友矩, 花木啓祐, 土木学会衛生工学研究論文集, Vol.20, 157-163,   1984年
  • 嫌気性消化における酢酸からのメタン生成プロセスでのオレイン酸の挙動, 石川徳春, 花木啓祐, 松本順一郎, 土木学会第19回衛生工学研究討論会講演論文集(1984年より衛生工学研究論文集と改名), Vol.19, 164-172,   1983年
  • 付着生物による有機性汚濁物質の分解に関する室内実験, 花木啓祐, 川崎重明, 松本順一郎, 水質汚濁研究, 6, (3) 145 - 150,   1983年
  • Kinetics of hydrolysis, oxidation, and adsorption during olive oil degradation by activated sludge., T. Hsu, Keisuke Hanaki and Junichiro Matsumoto , Biotechnology and Bioengineering, 25, (7) 1829 - 1839,   1983年
  • 嫌気性消化における脂肪酸の代謝, 花木啓祐, 松尾友矩, 長瀬道彦, 下水道協会誌, Vol.18, No.207, 30-39,   1981年
  • Mechanism of inhibition caused by long-chain fatty acids in anaerobic digestion process., Keisuke Hanaki, Tomonori Matsuo and Michihiko Nagase , Biotechnology and Bioengineering, 23, (7) 1591 - 1610,   1981年
  • 嫌気性消化における種々の基質の分解過程(I), 花木啓祐, 松尾友矩, 下水道協会誌, Vol.17, No.189, 50-59,   1980年
  • 嫌気性消化における種々の基質の分解過程(II), 花木啓祐, 松尾友矩, 長瀬道彦, 下水道協会誌, Vol.17, No.196, 40-49,   1980年
  • 生物汚泥からのリン酸溶出, 味埜俊, 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会第15回衛生工学研究討論会講演論文集(1984年より衛生工学研究論文集と改名), Vol.15, 100-105,   1979年
  • 嫌気性消化の反応機構に関する研究, 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会第14回衛生工学研究討論会講演論文集(1984年より衛生工学研究論文集と改名), Vol.14, 37-41,   1978年

MISC

  • 上下水道とICT, 花木啓祐, 用水と廃水, Vol. 59, No.12, 1,   2017年12月
  • 国際学術団体の統合の趨勢, 花木啓祐, 学術の動向, Vol. 22, No. 1, 88-93,   2017年01月
  • 視点を変えて見る下水道, 花木啓祐, 月刊下水道, Vol. 40, No. 1, 6-10,   2017年01月
  • 下水汚泥派生品の普及, 花木啓祐, 下水道協会誌, Vol. 53, No. 650, 1,   2016年12月
  • Gサイエンス学術会議2016の意義と概要, 大西隆,花木啓祐, 学術の動向, Vol. 21, No. 6, 92-95,   2016年06月
  • 新下水道ビジョンにおける「持続と進化」, 花木啓祐, 下水道協会誌, Vol. 52, No. 636, 1,   2015年10月
  • 下水処理過程での一酸化二窒素排出管理の挑戦, 花木啓祐, 水環境学会誌, Vol.38(A), No.9, 327,   2015年09月
  • 環境科学の特性と学会活動, 花木啓祐, 環境科学会誌, Vol. 28, No. 3, 191-192,   2015年05月
  • 循環に力点を置く下水道事業, 花木啓祐, 廃棄物資源循環学会誌, Vol. 26, No. 2, 95,   2015年03月
  • 賢い下水道管理, 花木啓祐, 用水と廃水, Vol. 57, No. 1, 36-37,   2015年01月
  • 都市研究におけるサステイナビリティ学への取組, 花木啓祐, 季刊環境研究, No. 177, 11-17,   2015年
  • 新たな下水道政策のあり方, 花木啓祐, 新都市, Vol. 68, No. 12, 3-4,   2014年12月
  • 下水道における地球温暖化防止対策の特徴, 花木啓祐, 下水道協会誌, Vol. 51, No. 622, 1,   2014年08月
  • 問題解決のための環境科学の進出と連携, 花木啓祐, 環境科学会誌, Vol. 26, No. 6, 459-460,   2013年11月
  • 低炭素都市実現へのみち, 花木啓祐, 建設業界, Vol. 30, No. 10, 31,   2013年10月
  • 文の京(ふみのみやこ)の地球温暖化防止地域活動, 花木啓祐, 東京大学環境報告書2013, 26,   2013年09月
  • 環境学の視点から見た震災と復興, 花木啓祐, 学術の動向, Vo.17, No. 11,25-28,   2012年11月
  • 日本の低炭素都市実現, 花木啓祐, 日本情報経営学会誌, Vol. 32, No. 4, 49-57,   2012年05月
  • Heat mitigation project in environmentaly sound city, Keisuke Hanaki, Urban Flux, Vol. 21, 17-20,   2011年10月
  • 温室効果ガス排出量削減に対する下水道の役割, 花木啓祐, 下水道協会誌, Vol. 18, No. 582, 1,   2011年04月
  • Management of water environments in Asian cities, Keisuke Hanaki, Journal of Asian Urbanism, No. 2, 32-35,   2010年03月
  • 共鳴型アジア環境リーダー育成網の展開 , 小貫元治,太田美帆,星子智美,花木啓祐,味埜俊, 環境技術, Vol. 38, No. 10, 719-725,   2009年10月
  • 世界の水問題に日本の技術がなすべきこと, 花木啓祐, 水と水技術, No. 2, 66-71,   2009年07月
  • コンサルタントに期待する, 花木啓祐, 水坤, Vol. 38, 6-7,   2009年07月
  • 低炭素社会における都市環境, 花木啓祐, 建設の施工企画, 2009年7月号, 5,   2009年07月
  • ストックホルムでの出会い, 花木啓祐, 都市計画, Vol.58, No.3,   2009年06月
  • プロアクティブな土木研究を目指して, 花木啓祐, 土木学会誌, Vol.94, No.5, 1,   2009年05月
  • 低炭素都市の実現に向けたインフラ整備, 花木啓祐, East Times, 2009.5, 4-7,   2009年05月
  • 低炭素社会と下水道技術, 花木啓祐, 月刊下水道, Vol. 32, No. 4, 11-16,   2009年02月
  • 都市の環境システム分析の必要性 −環境科学会学術賞を受賞して−, 花木啓祐, 環境科学会誌, Vol.22, No.1, 41-45,   2009年01月
  • 温暖化防止に向けた都市のあり方, 花木啓祐, 科学, Vol. 78, No. 5, 520-523.,   2008年05月
  • 環境問題への中国の挑戦, 花木啓祐, 学術の動向, Vo.12, No. 10,33-38.,   2007年10月
  • 地球温暖化の見通しと低炭素社会形成の必要性, 花木啓祐, 学術の動向, Vo.12, No. 7,8-11,   2007年07月
  • 都市熱環境のデザイン, 花木啓祐, 季刊環境研究, No. 145, 14-19,   2007年04月
  • 地球温暖化問題を考慮した水環境管理, 花木啓祐, 水環境学会誌, Vol. 29, 57-61,   2006年02月
  • 下水道ビジョン2100と情報技術, 花木啓祐, 下水道光ファイバージャーナル(SOFTA), No. 27, 14,   2006年01月
  • 下水道政策の中長期的なあり方, 花木啓祐, 新都市, Vol. 51, No. 11, 8-15,   2005年11月
  • 都市は異常気象にどう対応するか, 花木啓祐, 科学, Vol. 75, No. 10, 1183-1185,   2005年10月
  • 都市空間の持続再生学の創出プロジェクトのアウトライン, 花木啓祐, 環境科学会2005年会講演集, 232-233,   2005年09月
  • 合流式下水道における計測・制御技術の挑戦, 花木啓祐, 環境システム計測制御学会誌, Vol. 10, No. 2, 1,   2005年07月
  • 統合的な都市環境把握のアプローチ, 花木啓祐,荒巻俊也, 環境科学会誌, Vol.18, Vol.4, 427-439, (4) 427 - 439,   2005年07月
  • ディスポーザーがもたらす下水道と廃棄物管理への影響, 花木啓祐, 都市清掃, Vol. 58, No. 266, 303-307,   2005年07月
  • 下水道技術に期待されている役割, 花木啓祐, 季刊環境研究, No. 137, 94-101,   2005年05月
  • 都市環境管理へのLCAの応用, 花木啓祐,荒巻俊也, 日本LCA学会誌, Vol. 1, 23-28,   2005年04月
  • 日本の水資源への地球温暖化の影響, 花木啓祐, 気候影響・利用研究会会報, No. 21, 19-24,   2002年07月
  • 下水道による環境負荷低減の推進−LCA的な評価−, 花木啓祐, 再生と利用, Vol. 25, No. 96, 6-17,   2002年06月
  • 地球温暖化に対する下水道の戦略, 花木啓祐, 下水道協会誌, Vol. 39, No. 474, 9-12,   2002年04月
  • 上下水道における省エネルギー推進への期待, 花木啓祐, 水環境学会誌, Vol. 25, 1,   2002年01月
  • ITを進める下水道, 花木啓祐, 下水道協会誌, Vol. 38, No. 470, 1,   2001年12月
  • 水環境への気候変化の影響と適応策, 花木啓祐, 河川, No. 665, 45-49,   2001年12月
  • 水は天下の回りもの, 花木啓祐, みずとともに, No. 451, 1,   2001年08月
  • 香り環境の姿, 花木啓祐, 臭気の研究, Vol. 32, No. 3, 0,   2001年05月
  • エコ効率から見た下水道事業, 花木啓祐, 下水道協会誌, Vol. 38, No. 459, 29-30,   2001年01月
  • ゼロエミッションの発想, 花木啓祐, 再生と利用, Vol. 24, No. 90, 5,   2001年01月
  • 都市の水循環システムにおける下水道の計画・管理支援ツールに係わる基礎調査−GISを用いた都市水循環モデルによる雑用水供給システムの評価−, 松尾友矩, 荒巻俊也, 杉本留三, 花木啓祐, 東京大学工学部総合試験所年報, Vol. 58, 59-64,   1999年10月
  • 高度情報化時代を迎えて, 花木啓祐, 下水道光ファイバージャーナル(SOFTA), No. 8, 2,   1999年07月
  • 下水道における地球温暖化防止対策, 花木啓祐, 水道公論, Vol. 35, No. 7, 90-92,   1999年07月
  • 下水汚泥のゼロエミッション型管理, 稲葉陸太, 花木啓祐, 再生と利用, Vol. 22, No. 84, 8-13,   1999年06月
  • 環境共生都市に求められるもの, 花木啓祐, 土木学会環境システム委員会1999年地域シンポジウム講演集, 1-6,   1999年06月
  • 新事業への下水道の展開, 花木啓祐, 下水道協会誌, Vol. 36, No. 436, 1,   1999年02月
  • 地球環境への負荷と下水道, 花木啓祐, 月刊下水道, Vol. 22, No. 1, 44-46,   1999年01月
  • インフラ整備に対するライフサイクルアセスメント, 花木啓祐, 月刊下水道, Vol. 21, No. 11, 10-15,   1998年07月
  • 循環型都市における生態系との調和と共存, 花木啓祐, 日本機械学會誌, Vol. 101, No. 953, 229-231,   1998年04月
  • 環境負荷の低い排水処理システム, 花木啓祐, 第5回日本水環境学会シンポジウム「いま水環境のためにできること−トータルな環境負荷とエネルギー消費の視点から−」, 9-18,   1997年09月
  • 気候変動影響の研究−IPCC第2次評価報告書第二作業部会(影響)報告より−個別分野の影響をどう読むか?<水文・水資源>, 花木啓祐, 気候影響・利用研究会会報, No. 13, 22-30,   1997年09月
  • 下水の有効利用に関する基礎調査−アンケート調査による雑用水利用施設の現状分析−, 松尾友矩, 荒巻俊也, 杉本留三, 佐藤弘泰, 浦瀬太郎, 花木啓祐, 東京大学工学部総合試験所年報, Vol. 56, 55-60,   1997年
  • 生物学的脱窒素・脱リン技術, 花木啓祐, 最近の化学工学(化学工学会編)48−環境化学工学−, 57-66,   1996年
  • 陸域−水域生態系における窒素の変換, 花木啓祐, 水環境学会誌, Vol. 18, No. 8, 618-623,   1995年08月
  • GIS及びLCAによる下水熱有効利用のフィージビリティースタディー, 松尾友矩、味埜俊、鈴木規之、花木啓祐、一ノ瀬俊明, 東京大学工学部総合試験所年報, Vol.54, 49-54,   1995年
  • 都市のエネルギー需要の面的分布と下水熱の有効利用, 花木啓祐, 一ノ瀬俊明, 気候影響・利用研究会会報, No. 11, 88-94,   1995年
  • Climate Change and Management of Water Environment, Keisuke Hanaki , J. Korean Society of Environmental Engineers, Vol. 17, No. 8, 713-721,   1995年
  • 下水の有効利用に係わる基礎調査 〜下水を中心とする生活系都市代謝システムシミュレーターの構築〜, 松尾友矩, 味埜俊, 鈴木規之, 花木啓祐, 一ノ瀬俊明, 東京大学工学部総合試験所年報, Vol.53, 67-72,   1994年
  • 水資源と水質への影響に対するIPCC−WG2の検討状況, 花木啓祐, 気候影響・利用研究会会報, No. 10, 29-34,   1994年
  • 都市の体質の改善と地域冷暖房, 花木啓祐, クリーンエネルギー, Vol. 3, No. 8, 19-22,   1994年
  • 生物活性炭法による脱窒処理, 花木啓祐, 用水と廃水, Vol. 35, No.8, 31-36,   1993年
  • 下水道による都市環境の向上−水と緑の創造と都市気候の緩和, 花木啓祐, 月刊下水道, Vol.16, No.1, 17-20,   1993年
  • 地球温暖化問題にどう取り組むか, 花木啓祐, 月刊下水道, Vol.15, No.1, 6-9,   1992年01月
  • 日本の7大都市におけるエネルギー消費構造比較, 松尾友矩, 花木啓祐, 一ノ瀬俊明, 平松直人, 東京大学工学部総合試験所年報, Vol.51, 49-54,   1992年
  • 都市のエネルギー消費構造分析, 松尾友矩, 花木啓祐, 一ノ瀬俊明, 平松直人, 東京大学工学部総合試験所年報, Vol.50, 49-54,   1991年
  • 地球温暖化時代の排水管理, 花木啓祐, 水質汚濁研究, Vol.14, 593-598,   1991年
  • Sulfate reduction and methane production during degradation of organic materials in coastal sediment., Junichiro Matsumoto and Keisuke Hanaki , J. College of Engineering, Nihon University, Series A, Vol.31, 7-18,   1990年
  • Application of methane fermentation process to treatment of agricultural and industrial wastes with energy recovery., Keisuke Hanaki , Proc. Regional Seminar on Management and Utilization of Agricultural and Industrial Wastes, Kuala Lumpur, March 1990, , 274-281,   1990年
  • 嫌気性処理における基質分解特性, 花木啓祐, 水質汚濁研究, Vol. 13, 552-554,   1990年
  • 地球環境と都市づくり, 花木啓祐, 行政管理 , No.361, 20-27,   1990年
  • 嫌気性処理における高級脂肪酸の阻害と相分離の効果, 小松俊哉, 花木啓祐, 松尾友矩, 東京大学工学部紀要, A-27, 14-15,   1989年
  • Management of human wastes in Japan., Junichiro Matsumoto and Keisuke Hanaki , Advances in Water Pollution Control, Water Pollution in Asia, Pergamon Press, 163-170,   1988年
  • 嫌気性処理とは何か, 花木啓祐, 月刊下水道, Vol.11, No.12, 2-5,   1988年
  • 嫌気性生物処理とその微生物, 花木啓祐, 月刊下水道, Vol.11, No.3, 86-92,   1988年
  • Inhibitory and stimulative effects of oleate on methanogenesis from acetate in anaerobic digestion., Keisuke Hanaki, Tokuharu Ishikawa and Junichiro Matsumoto , Technology Report, Tohoku University, Vol.48, 123-135,   1983年
  • Characteristics of the degradation of organic matter by attached biofilm in rivers., Keisuke Hanaki, Shigeaki Kawasaki and Junichiro Matsumoto , Technology Report, Tohoku University, Vol.47, 225-235,   1982年
  • 嫌気性消化法の原理, 花木啓祐, 松尾友矩, 再生と利用, Vol.4, No.15, 6-16,   1981年

書籍等出版物

  • Biofuels and Sustainability - Holistic Perspectives for Policy-making
    Keisuke Hanaki and Joana Portugal-Pereira
    共著Chapter6: The effect of biofuel production on greenhouse gas emission reductionsSpringer  2018年03月
  • 環境工学入門
    花木啓祐
    実教出版  2014年09月
  • ‘Low-Carbon Economics’
    Keisuke Hanaki
    Toward low-carbon cityWorld Scientific Publishing, Singapore  2014年01月
  • ‘Environmental Leadership Capacity Building in Higher Education’
    Tomohiro Akiyama, Keisuke Hanaki and Takashi Mino
    Asian program for incubation of environmental leadersSpringer  2013年03月
  • 『新訂 環境工学』
    花木啓祐
    第7,8章「脱温暖化社会」放送大学教育振興会  2013年03月
  • 環境工学基礎
    花木啓祐
    実教出版  2013年01月
  • ‘Establishing a Resource-circulating Society in Asia: Challenges and Opportunities’
    Ai Hiramatsu, Yuji Hara and Keisuke Hanaki
    Development of biomass recycling on the urban fringe: A case study in Nonthaburi province, ThailandUnited Nations University Press  2011年05月
  • ‘Climate Change and Global Sustainability: A Holistic Approach’
    Keisuke Hanaki
    Introduction to a low-carbon city - Innovation of urban form and human activitiesUnited Nations University Press  2011年05月
  • Treatise on Water Science
    Peter Wilderer, Peter Rogers, Stefan Uhlenbrook, Fritz Frimmel, Keisuke Hanaki and Tom Vereijken
    Elsevier B.V.  2011年04月
  • 『地域環境システム』
    花木啓祐
    人間活動が地域環境に与えるインパクト朝倉書店  2011年02月
  • 『サステイナビリティ学 3.資源利用と循環型社会』
    花木啓祐
    序章 循環型社会からみたサステイナビリティ東京大学出版会  2010年11月
  • 『日本低炭素社会のシナリオ−二酸化炭素70%削減の道筋』
    花木啓祐
    6. 低炭素社会の住まい方:都市と住宅はこう変わる日刊工業新聞社  2008年06月
  • “Urban Environmental Management and Technology”
    Keisuke Hanaki
    Global Climate Change and CitiesSpringer  2008年03月
  • 『入門サステイナビリティ学−循環経済と調和社会へ向けて−』
    花木啓祐
    低炭素社会における都市ダイヤモンド社  2008年03月
  • 『サステイナビリティ学への挑戦』
    花木啓祐
    サステイナブルキャンパス−大学からの変革岩波書店  2007年11月
  • 『改訂版 環境工学』
    鈴木基之,花木啓祐
    第14章 地球環境(2)温暖化への対策放送大学教育振興会  2007年04月
  • 『これからの大学等研究施設 第3編「環境科学編」』
    花木啓祐
    持続可能な都市文教施設協会・科学新聞社  2006年08月
  • 『生活水資源の循環技術』
    花木啓祐,荒巻俊也
    「持続可能な水の供給」コロナ社  2005年07月
  • 『都市のアメニティとエコロジー』
    花木啓祐
    「地球環境問題と都市」岩波書店  2005年02月
  • 都市環境論
    花木啓祐
    岩波書店  2004年05月
  • 『地球温暖化と日本 第3次報告−自然・人への環境予測−』
    花木啓祐, 寶馨, 花里孝幸, 福島武彦, 吉谷純一
    「水文・水資源と水環境への影響」古今書院  2003年10月
  • 『都市を保全する』
    花木啓祐
    「都市の環境問題と地球環境問題」鹿島出版会  2003年05月
  • 『環境工学』
    鈴木基之,花木啓祐
    第13章 地球温暖化と工学の対応放送大学教育振興会  2003年05月
  • Future Cities: Dynamics and Sustainability'
    K. Hanaki
    Environmental loading of resources and heat recoveryKluwer Academic Publishers  2002年04月
  • 『循環型社会構築への戦略−21世紀の環境と都市代謝システムを考える』
    花木啓祐
    13.1. 物質・熱・エネルギーのフローからみた都市環境の未来像中央法規出版  2002年02月
  • "Non-CO2 Greenhouse Gases : Scientific Understanding, Control Options and Policy Aspects"
    Hasegawa, K., R. Kai and K. Hanaki
    Suppression of Nitrous Oxide from Agricultural Soil-water System by On-site Sulfur DenitrificationMillpress, The Netherlands  2002年01月
  • Appropriate Environmental and Solid Waste Management and Technologies for Developing Countries'
    Mara Regina Mendes, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki
    Assessment of the environmental impact of management measures for the biodegradable fraction of municipal solid waste in Sao Paulo CityBogazici University  2002年
  • 『建設のLCA』
    花木啓祐
    大規模宅地造成事業のLCAオーム社  2001年06月
  • Climate Change 2001: Impacts, Adaptations and Vulnerability. Contribution of Working Group II to the Third Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change'
    K. Hanaki
    "Chapter 4 Hydrology and Water Resources." Cambridge University Press  2001年
  • Advances in Water and Wastewater Treatment Technology - Molecular Technology, Nutrient Removal, Sludge Reduction and Environmental Health'
    K. Hanaki, T. Nakamura and T. Matsuo
    Nitrous oxide production in nitrogen removal process treating domestic sewage from combined sewer system.Elsevier Science B.V.   2001年
  • Japanese Urban Environment'
    Keisuke Hanaki and Toshiaki Ichinose
    "Efficient energy use in Japanese cities."Pergamon Press  1998年
  • 『環境システム−その理念と基礎手法−』
    花木啓祐
    「 5.1. 都市環境デザイン」共立出版  1998年
  • 『都市環境学事典』
    花木啓祐
    「 6.2 都市のエネルギー問題」朝倉書店  1998年
  • Global Warming -The Potential Impact on Japan'
    K. Hanaki, K. Takara, T. Hanazato, H. Hirakuchi and H. Kayanne
    "Impacts on hydrology/water resources and water environment."Springer-Verlag  1998年
  • Urban Ecology
    Toshiaki Ichinose, Hiromitsu Kawahara, Keisuke Hanaki, Takemi Ito and Tomonori Matsuo
    "Feasibility Study on Effective Utilization of Sewage Heat in Urban Area with GIS" Springer-Verlag  1998年
  • 『地球温暖化と日本−自然・人への環境予測−』
    花木啓祐, 寶馨, 花里孝幸, 平口博丸, 茅根創
    「水文・水資源および水環境への影響」古今書院  1997年
  • Climate Change 1995: Impacts, Adaptations and Mitigation of Climate Change: Scientific-Technical Analyses. Contribution of Working Group II to the Second Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change'
    K. Hanaki
    "Chapter 14 Water Resources Management. " Cambridge University Press  1996年
  • Toward Global Planning of Sustainable Use of the Earth'
    K. Hanaki and T. Ichinose
    "Relief of impacts of urban activities on global environment" Elsevier Science  1995年
  • 『地球環境の行方−地球温暖化の我が国への影響−』
    花木啓祐
    「第8章 都市インフラストラクチャー」中央法規出版  1994年
  • "Guide to California Planning" (William Fulton)の訳本
    花木啓祐, 藤井康幸
    カリフォルニアのまちづくり技報堂出版  1994年
  • Contemporary studies in urban planning and environmental management in Japan'
    K. Hanaki
    "Management of urban material flows in the context of the global environment" Kajima Institute Publishing  1994年
  • 『分離精製技術ハンドブック』
    花木啓祐
    「生物処理の高度化」丸善  1993年
  • 『水質環境工学(翻訳本)』
    花木啓祐
    「下水処理の目的と方法, 実施に当っての考慮事項」技報堂出版  1993年
  • 『環境微生物工学研究法』
    花木啓祐
    「嫌気性処理における各種物質による阻害とその分解」技報堂出版  1993年
  • in 'The potential effects of climate change in Japan'
    K. Hanaki
    "Impact on urban infrastructure in Japan"  1993年
  • 『地球温暖化の影響予測−−IPCC第2作業部会報告書(翻訳本)』
    花木啓祐
    「水文と水資源」中央法規出版.  1992年
  • 『地球環境工学ハンドブック』
    花木啓祐
    「都市からのメタン (CH4) と亜酸化窒素 (N2O) の発生と対策」オーム社  1991年
  • 『地球温暖化による社会影響(抄訳本)』
    花木啓祐
    「水資源」 技報堂出版  1990年
  • 『土木工学ハンドブック(第4版)』
    花木啓祐
    「環境微生物学と生態学の基礎概念」技報堂出版  1989年
  • 『生物反応プロセスシステムハンドブック』
    花木啓祐
    「排水の脱窒装置」サイエンスフォーラム  1985年
  • "Mathematical Models in Biological Waste Water Treatment."
    K. Hanaki, T. Noike and J. Matsumoto
    "Mathematical modelling of the anaerobic digestion process."Elsevier Science  1985年
  • 『微生物の生態12』
    松本順一郎, 花木啓祐
    「河川における自浄作用」学会出版センター  1984年
  • 『微生物による環境制御・管理技術マニュアル』
    花木啓祐
    「嫌気性処理プロセスにおける反応促進・阻害因子」環境技術研究会  1983年

講演・口頭発表等

  • Potential roles of ICT for sustainable life, Keisuke Hanaki, 2018 February Meeting, United Nations University Women’s Association,   2018年02月
  • 自然の恵みと人間の消費活動, 花木啓祐, 東洋大学国際哲学研究センターシンポジウム「自然と人間の関わりの在り方を追究する」,   2017年12月
  • Introduction of session “Nexus and security of natural resources towards a peaceful future”, Keisuke Hanaki, World Science Forum 2017,   2017年11月
  • バーチャルコンパクトシティの可能性, 花木啓祐, 第45回環境システム研究論文発表会講演集,   2017年10月
  • 製品の環境情報提供と消費者意識:情報媒体に着目したケーススタディ, 中谷隼,石川奈那,木村直紀,文多美,栗栖聖,花木啓祐,平尾雅彦, 環境科学会2017年会講演集,   2017年09月
  • ICTがもたらす社会の変化と下水道, 花木啓祐, 日本下水道新技術機構・下水道新技術セミナー,   2017年08月
  • Role of ICT in sustainable urban development, Keisuke Hanaki, Special Lecture, Graduation Ceremony, United Nations University, Institute of Advanced Study of Sustainability,   2017年07月
  • Mobilizing inter- and trans-disciplinary activities by national academy, Keisuke Hanaki, G7 Science Conference -The role of National Academies and International Academy Networks in advising institutions-,   2017年05月
  • バーチャル・コンパクトシティ, 花木啓祐, 花木啓祐最終講義,   2017年03月
  • 電子書籍端末による読書習慣と満足度の変化を考慮した読書における環境影響評価, 天沢逸里,井原智彦,花木啓祐, 第12回日本LCA学会研究発表会講演要旨集,   2017年03月
  • マイクログリッドによるCO2削減効果から見た街区構成と生活スケジュールの評価, 佐藤惇,栗栖聖,花木啓祐, 第12回日本LCA学会研究発表会講演要旨集,   2017年03月
  • パネルディスカッションモデレーター, 花木啓祐, 第12回エネルギー持続性フォーラム 公開シンポジウム『気候変動「パリ協定」とエネルギー社会の未来』,   2017年02月
  • Energy policy and challenges for CO2 mitigation in Japan, Keisuke Hanaki, KAST 2016 Inter-Academy Seoul Science Forum,   2016年11月
  • Promoting pro-environmental behaviors: how different they are performed? ─A comparison of 3 cities; Bangkok, Tokyo and Seoul, Sarunnoud Phuphisith, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, Ecobalance 2016,   2016年10月
  • Evaluation of the urban regeneration strategies considering the future life style changes in building sector, Miho Kamei, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, Ecobalance 2016,   2016年10月
  • Integration of consumer satisfaction in assessing environmental impact: case of e-book reader, Eri Amasawa, Tomohiko Ihara, and Keisuke Hanaki, Ecobalance 2016,   2016年10月
  • 多様な生活スケジュールを考慮したマイクログリッドによるCO2削減効果の評価, 佐藤惇, 栗栖聖, 花木啓祐, 環境科学会2016年会講演集,   2016年09月
  • Estimating the economic loss of rice production due to climate-change-reinforced floods: An application of GIS and hydrological modelling, Pham Quy Giang, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, ISEH 2016 Geoinformatics 2016 - Joint International Conference on Environment, Health, GIS and Agriculture,   2016年08月
  • An integrated approach to assessing agricultural flood damage in the context of climate change, Pham Quy Giang, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, 2016 Biennial Conference of the Asian Studies Association of Australia (ASAA),   2016年07月
  • Urban resource and energy management for sustainable society, Keisuke Hanaki, Proc. 16th Conference of the Science Council of Asia - Science for the people: mobilizing modern technologies for sustainable development in Asia,   2016年06月
  • Future Earth− 社会と共創する地球研究, 花木啓祐, 平成28年度第1回日本学術会議中部地区会議学術講演会,   2016年06月
  • 科研費改革への期待−科研費審査システム改革2018に向けて−, 花木啓祐, 科研費審査システム改革2018説明会,   2016年04月
  • 未経験の大事故に関わるリスク認知, 花木啓祐, 日本学術会議主催学術フォーラム「原子力発電所事故と汚染水対策」,   2016年04月
  • パネルディスカッションモデレーター, 花木啓祐, 第11回エネルギー持続性フォーラム 公開シンポジウム「再生可能エネルギーベストミックスと自然資本ビジネスの展開による地域再生」,   2016年03月
  • Environmental life cycle analysis of biomass utilization technologies, Keisuke Hanaki and Kiyo Kurisu, Proc. AASSA-NAST Regional Workshop on Economic prosperity through research and development in natural products,   2016年03月
  • 消費者にとっての性能を考慮した電子書籍端末の環境効率, 天沢逸里,井原智彦,花木啓祐, 第11回日本LCA学会研究発表会講演要旨集,   2016年03月
  • Follow-up of G-Science 2015 in Japan, Keisuke Hanaki, Gサイエンス学術会議2016,   2016年02月
  • Assessing the accuracy of flood inundation simulation in a watershed scale using different correlation based and non-correlation based statistics, Giang Quy Pham, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, Proceedings of the 5th Annual International Conference on Sustainable Energy and Environmental Sciences (SEES 2016),   2016年02月
  • モノからサービス・情報へ, 花木啓祐, AGS特別セミナー,   2016年01月
  • コミュニティに基盤を置いた低炭素地域形成(パネルディスカッションで発表), 花木啓祐, International Symposium on Sustainability Science - Future Earth: a new platform promoting science for society,   2015年11月
  • Effects of flood inundation upon rice production as a result of climate change reinforced multi-day extreme precipitation, Giang Quy Pham, Keisuke Hanaki and Kiyo Kurisu, Rome 2015 Science Symposium on Climate,   2015年11月
  • Sustainable lifestyles evaluation of lifestyles at a subruban area in the Jakarta metroplitan area, Kyoko Takahashi and Keisuke Hanaki, The 3rd PC and the 10th SSMS International Conference,   2015年10月
  • Energy and resource conscious water management, Keisuke Hanaki, 6th IWA-ASPIRE Conference & Exhibition,   2015年09月
  • 生産地による食品リスク認知構造の違いの把握と個人の特性による影響, 白井浩介,栗栖聖,花木啓祐, 環境科学会2015年会講演集,   2015年09月
  • Analysis of influential factors on food risk perception, Kosuke Shirai, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, Water and Environment Technology Conference 2015 (WET2015),   2015年08月
  • Estimating effects of climate change on flood-triggered damage to agricultural production in Vietnam, Giang Quy Pham, Keisuke Hanaki and Kiyo Kurisu, Water and Environment Technology Conference 2015 (WET2015),   2015年08月
  • Daily contact with neighborhood nature enhances children's positive emotion and attitude to the environment: implications for environmental education, Masashi Soga, Kevin J Gaston, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, Water and Environment Technology Conference 2015 (WET2015),   2015年08月
  • Analysis of convenience of the city in the context of accessibility to facilities for daily life, Yuuri Tanaka, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, Water and Environment Technology Conference 2015 (WET2015),   2015年08月
  • Future Earth−社会と連携したサステイナビリティ研究, 花木啓祐, 東京大学AGSサステイナビリティ戦略セミナー,   2015年04月
  • Multidimensional approach in water management, Keisuke Hanaki, Japanese Israeli Inter-Academy Symposium - The Science of Water Management and Treatment,   2015年03月
  • 若年層へのLCT普及を目指した日常行動及びゲーム志向性に関する基礎データの整備と可能性, 佐藤渓,平松あい,栗栖聖,花木啓祐, 第10回日本LCA学会研究発表会講演要旨集,   2015年03月
  • 社会的空間における行動変容をきっかけとした環境教育の在り方についての研究, 小谷津亮,栗栖聖,花木啓祐, 第10回日本LCA学会研究発表会講演要旨集,   2015年03月
  • スマートフォン用有機EL ディスプレイ(AMOLED) のライフサイクル評価, 天沢逸里,太田隆司,井原智彦,花木啓祐, 第10回日本LCA学会研究発表会講演要旨集,   2015年03月
  • Consequences of urban planning and management to wellbeing, Keisuke Hanaki, Health and Wellbeing in the Changing Urban Environment: A Systems Analysis Approach - Xiamen Expert Workshop,   2014年12月
  • 施設立地からみた都市の利便性分析, 田中優理,栗栖聖,花木啓祐, 土木学会第51回環境工学研究フォーラム講演集,   2014年12月
  • Influence of water use attitudes of residential people on their opinion about water issues in Dhaka, Bangladesh, Kazi Akter, S., Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, 11th International Symposium on Southeast Asian Water Environment,   2014年11月
  • Linkage of city and region in resource and energy management, Keisuke Hanaki, University of Tokyo-UC-University of Chile Forum ‘Linking cities to regions: Exploring trans-scalar sustainable development processes’,   2014年10月
  • Promotions of energy saving behavior and their psychological effects, Keisuke Hanaki, Making Universities Sustainable Conference,   2014年10月
  • Environmental Impacts and Quality of Life in a Compact City in the Context of Aged Society, Keisuke Hanaki, IARU Sustainability Science Congress - Global Challenges: Achieving Sustainability,   2014年10月
  • Evaluating the change of psychological factors and pro-environmental behaviors through workshop about life cycle thinking and norms, Aoki, Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, Eco-Balance 2014,   2014年10月
  • 地域コミュニティと共に創る教育, 花木啓祐, 日本学術会議公開シンポジウム「持続可能な未来のための教育と人材育成の推進に向けて」,   2014年09月
  • Incorporating resident values on ecosystem services into environmental protection policies in the Ogasawara Archipelago, Jarkko Havas, Keisuke Hanaki, Osamu Saito and Toshinori Tanaka, The 7th Conference of the Ecosystem Services Partnership,   2014年09月
  • コンパクトシティとQoL(生活の質)の文脈からみた下町評価, 栗栖聖,田中優里,花木啓祐, 環境科学会2014年会講演集,   2014年09月
  • マテリアルフローからみた八丈島の特性評価, 白井浩介,栗栖聖,花木啓祐,斉藤修,荒巻俊也, 環境科学会2014年会講演集,   2014年09月
  • リスク表現法が住民選好にもたらす影響の定量的評価, 栗栖聖,天野厳斗,花木啓祐, 環境科学会2014年会講演集,   2014年09月
  • Stakeholders' perception evaluation regarding water use issues in Dhaka, Bangladesh, Kazi Akter, S., Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, IWA World Water Congress & Exhibition,   2014年09月
  • まちとくらし−昔はモノを使はざりけり, 花木啓祐, 東京大学オープンキャンパス模擬講義,   2014年08月
  • 新下水道ビジョン−民間企業の役割−, 花木啓祐, 日本産業機械工業会環境ビジネス委員会講演,   2014年08月
  • 新下水道ビジョン〜「循環のみち」の持続と進化〜, 花木啓祐, 日本下水道協会設立50周年特別講演会,   2014年07月
  • IPCC第5次報告書の概要, 花木啓祐, 東京大学AGSサステイナビリティ戦略セミナー,   2014年04月
  • コミュニティの力を生かした低炭素地域形成, 花木啓祐, EPOC低炭素社会分科会/自然共生社会分科会共同セミナー,   2014年03月
  • 利害関係者の多様性を前提とした水利用システムのシナリオ生成, 中谷隼,牧誠也,栗栖聖,大塚佳臣,荒巻俊也,花木啓祐, 第9回日本LCA学会研究発表会,   2014年03月
  • 家庭科へのLCA的思考法導入に向けた教科書のテキスト分析, 山本大輔,栗栖聖,平松あい,花木啓祐, 第9回日本LCA学会研究発表会,   2014年03月
  • 江戸城外濠における水質改善施策のモデル評価と費用便益分析, 吉岡佐,栗栖聖,花木啓祐, 第48回日本水環境学会年会講演集,   2014年03月
  • 情報提供の影響を考慮したコンジョイント分析による消費者の飲用水選好評価, 天野厳斗,栗栖聖,花木啓祐, 第48回日本水環境学会年会講演集,   2014年03月
  • Evaluation of the environmental impacts of source-separation systems for domestic wastewater management modeled on rural villages in Tianjin, China, Lauho Lam,Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, 第48回日本水環境学会年会講演集,   2014年03月
  • 新下水道ビジョンの議論と課題, 花木啓祐, 21世紀水倶楽部設立10周年記念シンポジウム「地球環境時代の下水道を考える」,   2014年01月
  • Co-chair of Round Table “Challenges & Practice in Sustainability Education”, Keisuke Hanaki, The 2nd GPSS-GLI International Symposium, Sharing and Creation of Knowledge, Wisdom and Valuesfor Sustainable and Resilient Society,   2014年01月
  • Challenge of sustainability in Japan, Keisuke Hanaki, UTokyo Forum 2013, Global Emergence of Frontier Knowledge, Chile Session, What is "Sustainability"? - Perspectives from Japan and Chile,   2013年11月
  • Environmental aspect of compact city development, Keisuke Hanaki, UTokyo Forum 2013, Global Emergence of Frontier Knowledge, Brazil Session, Sustainable Cities and Urban Areas,   2013年11月
  • 地域からつくる低炭素社会, 花木啓祐, 金沢大学理工研究域サステナブルエネルギー研究センター第2回公開シンポジウム,   2013年11月
  • HEMS計測データを利用した各家庭の電力消費量の類型化及び家庭における生活パターンの推測, 小澤裕,栗栖聖,花木啓祐, 土木学会第50回環境工学研究フォーラム講演集,   2013年11月
  • Green vehicle scenarios in major cities in Latin America, Liliana Gonzalez, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, 土木学会第50回環境工学研究フォーラム講演集,   2013年11月
  • Multidimensional approach in water management for sustainability, Keisuke Hanaki, The 5th IWA-ASPIRE Conference and Exhibition,   2013年09月
  • 地域に根ざした脱温暖化, 花木啓祐, 文京区地球温暖化対策シンポジウム,   2013年09月
  • 家庭における廃棄物発生抑制行動のライフサイクル評価, 新保雄太,中谷隼,栗栖聖,花木啓祐, 環境科学会2013年会講演集,   2013年09月
  • 家庭における複数の環境配慮行動を対象とした個別心理モデルの構築と評価, 青木えり,栗栖聖,花木啓祐, 環境科学会2013年会講演集,   2013年09月
  • 地球温暖化問題への意識に基づく関連主体の類型評価, 寺西制,栗栖聖,花木啓祐, 環境科学会2013年会講演集,   2013年09月
  • Exploring determinants and models of 2Rs ?waste prevention (reduction) and reuse behaviors, Eri Aoki, Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, 10th Biennial Conference on Environmental Psychology,   2013年09月
  • Water use and pollution recognition from residential peoples’ point of view in Dhaka, Bangladesh, Kazi Akter, Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, Abstract, The 5th IWA-ASPIRE Conference,   2013年09月
  • Evaluation of seasonal water quality fluctuation and pollutant loads derived by urban runoff and CSO in Edo Castle Outer Moat, Tasuku Yoshioka, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, Abstract, The 5th IWA-ASPIRE Conference,   2013年09月
  • パネルディスカッション, 花木啓祐, 学士課程教育における土木工学・建築学分野の参照基準,   2013年07月
  • パネルディスカッション, 花木啓祐, Future Earth: 持続可能な未来の社会へ向けて,   2013年06月
  • Prediction of flood characteristics in the future under climate change scenarios in Hat Yai Municipality, Thailand, Allan S. Tabucanon, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, Water and Environment Technology Conference 2013 (WET2013),   2013年06月
  • Evaluation of seasonal water quality fluctuation and countermeasures against CSO in Edo Castle Outer Moat, Tasuku Yoshioka, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, Water and Environment Technology Conference 2013 (WET2013),   2013年06月
  • Decision-making oriented multi-objective optimization for constructing basin-scale water use system -a case study of Arakawa Basin-, Seiya Maki, Jun Nakatani, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, Water and Environment Technology Conference 2013 (WET2013),   2013年06月
  • Evaluation of the environmental impacts of source-separation systems for domestic wastewater management modeled on rural villages in Tianjin, China, Seiya Maki, Jun Nakatani, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, Water and Environment Technology Conference 2013 (WET2013),   2013年06月
  • 水環境を通じて見る持続可能性の課題, 花木啓祐, 第26回環境工学連合講演会,   2013年04月
  • 低い環境負荷と高い生活の質を両立する都市, 花木啓祐, 東京大学AGSサステイナビリティ戦略セミナー,   2013年04月
  • Relating urban form to objective quality of life using pattern recognition technique ? a case study: megacity region of Kolkata, India, Ronita Bardhan, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, Annual meeting of Association of American Geographers 2013,   2013年04月
  • 江戸城外濠における水質変動の把握と流出解析モデルによる汚濁負荷解析, 吉岡佐,栗栖聖,花木啓祐, 第47回日本水環境学会年会講演集,   2013年03月
  • Introduction of graduate program at Department of Urban Engineering, Keisuke Hanaki, G30 Indo-Japan Networking Symposium, “Studying in Japan”,   2013年02月
  • パネルディスカッションモデレーター, 花木啓祐, 第8回エネルギー持続性フォーラム 公開シンポジウム「震災後のエネルギー・低炭素社会の新展望」,   2013年02月
  • スリムな社会資本から作る持続可能な社会, 花木啓祐, 土木学会第34 回環境システムシンポジウム「持続可能なグリーン社会の実現に向けた社会資本LCA技術」,   2013年01月
  • 都市環境工学が担う役割, 花木啓祐, 東京大学都市工学科創立50周年記念講演会,   2012年11月
  • Water Environment from Global, Local and Human Aspects, Keisuke Hanaki, Tenth International Symposium on Southeast Asian Water Environment,   2012年11月
  • 沿道におけるツツジ葉中多環芳香族炭化水素類(PAHs)濃度の変動, 山下喬子,栗栖聖,星子智美,花木啓祐, 土木学会第49回環境工学研究フォーラム講演集,   2012年11月
  • 共鳴型アジア環境リーダー育成網の展開, 星子智美,秋山知宏,小貫元治,Kyoungjin An,片山浩之,横張真,古米弘明,花木啓祐,味埜俊, 土木学会第49回環境工学研究フォーラム講演集,   2012年11月
  • 都市規模での低炭素社会形成の論点, 花木啓祐, 日本学術会議 土木工学・建築学委員会 低炭素建築・都市マネジメント分科会,   2012年09月
  • 市民の環境配慮行動に係る心理構造モデル分析, 青木えり,栗栖聖,花木啓祐, 環境科学会2012年会講演集,   2012年09月
  • ソウル市民を対象とした環境配慮行動促進に向けた情報提供の効果, 李呟俶,栗栖聖,花木啓祐, 環境科学会2012年会講演集,   2012年09月
  • 宇都宮市の現状に基づく再生可能エネルギー導入ポテンシャル, 小澤裕,栗栖聖,花木啓祐, 環境科学会2012年会講演集,   2012年09月
  • Flood management under climate change condition in Hat Yai Municipality, Thailand, Allan S. Tabucanon, Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, IWA World Water Congress & Exhibition,   2012年09月
  • Analysis on water balance and water-use conflicts in Dhaka district, Bangladesh, Kazi Akter, S., Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, IWA World Water Congress & Exhibition,   2012年09月
  • Influence of information provision on intention and practice changes of people’s pro-environmental behaviors in Seoul, Korea, HyunSook Lee, Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, ISWA World Solid Waste Congress,   2012年09月
  • The application of analytic hierarchy process to incorporate stakeholders’ preferences into rice husk use evaluation in an Giang province, Vietnam, Thi Mai Thao Pham, Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, ISWA World Solid Waste Congress,   2012年09月
  • Perceptions and actual life cycle environmental burdens of waste prevention behaviors, Kiyo H. Kurisu, Yuta Shimpo, Jun Nakatani and Keisuke Hanaki, ISWA World Solid Waste Congress,   2012年09月
  • コミュニティを生かした低炭素地域形成, 花木啓祐, 東京大学AGSサステイナビリティ戦略セミナー,   2012年08月
  • パネルディスカッション「持続可能な社会に向けて〜下水道とエネルギー〜」, 花木啓祐, 日本下水道協会第49回下水道研究発表会,   2012年07月
  • Environmental incentives of compact city development, Keisuke Hanaki, MLTM-OECD Joint International Conference "Urban Regeneration and Compact City",   2012年06月
  • Basin-scale multi-objective optimization for restructuring water and wastewater systems ? a case study of Arakawa basin-, Seiya Maki, Jun Nakatani, Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, Water and Environment Technology Conference 2012 (WET2012),   2012年06月
  • Impact of climate change on flood characteristics in Hat Yai municipality, Thailand, Allan S. Tabucanon, Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, Water and Environment Technology Conference 2012 (WET2012),   2012年06月
  • イノベーションと持続可能な都市との相互関係, 花木啓祐, 大阪大学CEIDS、SSC、東京大学IR3S一般公開シンポジウム「持続可能社会のグランドデザインとイノベーション」,   2012年05月
  • 持続可能な社会に向けた復興―環境学の視点から―, 花木啓祐, 日本学術会議主催 公開シンポジウム 東日本大震災から一年 持続可能な社会に向けた復興へ,   2012年03月
  • パネルディスカッション「放射性物質のリスクとその管理」, 花木啓祐, 環境科学会公開シンポジウム『放射性物質の環境管理』,   2012年03月
  • 一都三県の住民意識を基にした江戸城外濠の整備施策の検討, 大塚佳臣,栗栖聖,麻永隆,窪田亜矢,中谷隼,花木啓祐, 第46回日本水環境学会年会講演集,   2012年03月
  • 流域圏の上下水道システム再構築による環境影響・コストの多面的最適化, 牧誠也,中谷隼,栗栖聖,花木啓祐, 第46回日本水環境学会年会講演集,   2012年03月
  • 東京都における放射性物質検出に伴う水道水へのリスク認知と忌避行動の評価, 天野厳斗,栗栖聖,花木啓祐, 第46回日本水環境学会年会講演集,   2012年03月
  • 地域コミュニティ主導の低炭素社会づくり, 花木啓祐, 第7回エネルギー持続性フォーラム公開シンポジウム「転換期をむかえたエネルギー利用とその地域的展開」,   2012年02月
  • Realizing Low Carbon City in Japan, Keisuke Hanaki, JSPS Asian CORE Program - Manufacturing and Environmental Management under Low-carbon Economy,   2012年01月
  • Establishing a Resource- Circulating Society in Asia, Keisuke Hanaki, UNU Interactive Seminar on Global Issues # 14 ?Developing a Sustainable Future: Introducing Sustainability Science ?,   2011年11月
  • Integrated approaches in urban biomass management, Keisuke Hanaki, Eco-materials and Eco-innovation for Global Sustainability: ECO-MATES 2011 (Proceedings of ECO-MATES 2011, Vol. 1, 7-8),   2011年11月
  • 水処理における亜酸化窒素の排出についての論点, 花木啓祐, 21世紀水倶楽部研究集会「下水道による窒素除去と地球環境保全」,   2011年11月
  • Biomass utilization as an energy source, Keisuke Hanaki, 1st kyunghee University / The University of Tokyo Seminar for Academic Exchange of Educational Curriculum and Research in Environmental Sphere,   2011年11月
  • Benefits of heat mitigation projects in urban area, Keisuke Hanaki, The 4th China-Japan Science Forum - Low Carbon City and Economy -,   2011年11月
  • Nitrogen flows assessment of Chaophraya River Delta: Material flow analysis through food production and consumption activities, Pinida Leelapanang, Keisuke Hanaki, Toshiya Aramaki, Kiyo Kurisu, Kyoung-Jin An, Abstract, The 4th IWA-ASPIRE Conference (Oral),   2011年10月
  • Influence of provided information and recipient's personality on risk perception of drinking water, Iwato Amano, Kiyo Kurisu, Jun Nakatani, Keisuke Hanaki, Abstract, The 4th IWA-ASPIRE Conference (Poster),   2011年10月
  • Linking urban form and quality of life in Kolkata, India, Ronita Bardhan, Kiyo Kurisu-Hasegawa and Keisuke Hanaki, 47th ISOCARP Congress,   2011年10月
  • パネルディスカッション「東日本大震災における環境科学の役割」, 花木啓祐, 環境科学会2011年会,   2011年09月
  • Relationships between perceptions and lifecycle environmental burdens of waste prevention behaviors, Kurisu,K.H., Y. Shimpo, J. Nakatani and K. Hanaki, 9th Biennial Conference on Environmental Psychology,   2011年09月
  • ディスカッション:「どうなる東京?いまとるべき都市戦略とは?」, 花木啓祐, 森記念財団都市戦略特別セミナー「東京未来シナリオ2035/ 4つのシナリオと都市戦略提言」,   2011年07月
  • パネルディスカッション「SSCは何ができるのか?」, 花木啓祐, サステイナビリティ・サイエンス・コンソーシアム研究集会「震災復興とサステイナビリティ学の役割」,   2011年06月
  • Strategy toward low carbon city, Keisuke Hanaki, IBM day at University of Tokyo,   2011年05月
  • 資源利用と循環型社会, 花木啓祐, 丸の内サステイナビリティ・プログラム 〜持続可能な社会のために〜,   2011年05月
  • Heat mitigation projects in urban environmental management, Keisuke Hankai, Workshop on heat environment,   2011年03月
  • 建設資材に共通した、個別製品の二酸化炭素排出量計算手法の提案, 曽根 真理, 神田 太朗, 瀧本 真理, 岸田 弘之, 花木 啓祐, 藤田 壮, 第6回日本LCA学会研究発表会講演集,   2011年03月
  • コンジョイント分析を用いた容器包装プラスチックの店頭回収システムと環境ラベリングの消費者選好評価, 石野隆之, 中谷隼, 栗栖聖, 花木啓祐, 第6回日本LCA学会研究発表会講演集,   2011年03月
  • 飲料水のリスク認知に対する提供情報がもたらす影響評価, 天野厳斗,栗栖聖,花木啓祐, 第45回日本水環境学会年会講演集,   2011年03月
  • 流域圏水利用システム再構築におけるライフサイクル環境負荷の多面的評価, 牧誠也,中谷隼,花木啓祐,栗栖聖, 第45回日本水環境学会年会講演集,   2011年03月
  • パネルディスカッション, 花木啓祐, IR3S/SSC/S-5公開シンポジウム「地球温暖化・少子高齢化社会に対応した新しい社会づくりを目指して」,   2011年02月
  • Dependency and independency of island in material flow and services, Keisuke Hanaki, Island Industrial Ecology and Sustainability Workshop,   2011年01月
  • 地球と地域の持続可能性から見た地球温暖化問題, 花木啓祐, 土木学会エネルギー委員会「地球規模環境問題に関する調査・検討(改訂版)」報告会,   2010年11月
  • 下水道事業と温室効果ガスの発生と抑制, 花木啓祐, 21世紀水倶楽部研究集会「下水道における地球温暖化ガスコントロール」,   2010年11月
  • コンパクトシティ実現に向けた居住地移転促進要因と阻害要因の解析, 西山 悠介,栗栖 聖,中谷 隼,荒巻 俊也,花木 啓祐, 土木学会第47回環境工学研究フォーラム講演集,   2010年11月
  • 沿道大気及び街路樹葉における大気汚染物質濃度分布の多地点測定による評価, 山下 喬子,栗栖 聖,星子 智美,花木 啓祐, 土木学会第47回環境工学研究フォーラム講演集,   2010年11月
  • コンジョイント分析を用いた暑熱緩和事業の多側面効用の評価, 中川 秀治,中谷 隼,栗栖 聖,花木 啓祐, 土木学会第47回環境工学研究フォーラム講演集,   2010年11月
  • Integrated life cycle assessment of second generation bioenergy systems: an Indian case study, Joana Portugal, Kiyo Kurisu, Jun Nakatani and Keisuke Hanaki, EcoBalance 2010,   2010年11月
  • Jatropha-based biodiesel: a sustainable and feasible option to the future?, Joana Portugal, Kiyo Kurisu, Jun Nakatani and Keisuke Hanaki, Proceedings of ISIE Asia-Pacific Meeting & ISIE MFA-ConAccount Meeting,   2010年11月
  • Assessment of nitrogen flows in Chaophraya Delta, Thailand: Integrated approach for upstream pollution control, Pinida Leelapanang, Keisuke Hanaki, Toshiya Aramaki, Kiyo Kurisu and Kyoung-Jin An, Proceedings of ISIE Asia-Pacific Meeting & ISIE MFA-ConAccount Meeting,   2010年11月
  • Citizen's consciousness, perceived effectiveness and practice of environmental behavior, Eri Aoki, Kiyo Kurisu , Jun Nakatani and Keisuke Hanaki, EcoBalance 2010,   2010年11月
  • Life cycle inventory analysis of rice husk use in Angiang Province, Vietnam, Thi Mai Thao Pham, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, EcoBalance 2010,   2010年11月
  • Damage function on human health caused by road transport noise, Ryota Ii, Jun Nakatani, Kiyo Hasegawa Kurisu and Keisuke Hanaki, Ecobalance 2010,   2010年11月
  • 日本における低炭素都市の実現, 花木啓祐, OECDセミナー「グリーン成長戦略とコンパクトシティ」,   2010年10月
  • パネルディスカッション「エコハウス・エコシティー」:明日のくらしとまちをプロアクティブに創る, 花木啓祐, 朝日地球環境フォーラム2010,   2010年09月
  • 全国を対象とした家庭における環境配慮行動分析, 青木えり,栗栖聖,中谷隼,花木啓祐, 環境科学会2010年会講演集,   2010年09月
  • 環境配慮行動を促進するための家庭における消費行動のライフサイクル評価, 新保雄太,中谷隼,栗栖聖,花木啓祐, 環境科学会2010年会講演集,   2010年09月
  • 潜在クラス分析による住民類型化を用いた都市河川に対する価値評価構造の把握, 大塚佳臣,栗栖聖,中谷隼,花木啓祐, 環境科学会2010年会講演集,   2010年09月
  • 都市縮退に伴う余剰地利用に関する住民選好の一対比較分析, 中谷隼,岸田英,栗栖聖,花木啓祐, 環境科学会2010年会講演集,   2010年09月
  • Social preferences based on interpretations of LCA for municipal solid waste management, Sora Yi, Kiyo H. Kurisu, Keisuke Hanaki and Masafumi Inoue, Proc. International Conference on Biomass and Energy Technologies,   2010年08月
  • University collaboration with local communities toward the formation of low carbon city in Bunkyo City, Keisuke Hanaki, International ISCN Symposium in Shanghai, Better Campus, Better City: Learning for a Sustainable Future,   2010年07月
  • Evaluation of Sugar Cane Bioenergy Systems: A Life Cycle Perspective, Keisuke Hanaki and Joana Portugal, Expert Workshop “Evaluation of the sustainability of biofuels from multiple perspectives”, IGES, ISAP,   2010年07月
  • Optimization Approach for the Multi-Criteria Assessment and Selection of Sustainable Wastewater Treatment Scenarios in Vietnam ? Case Study in Toan Thang Town, Pham Ngoc Bao, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Proceedings of the IWA International Young Water Professional Conference, Sydney, Australia from 5-7 July 2010,   2010年07月
  • 都市とエネルギー, 花木啓祐, 低炭素社会実現に向けた工学の挑戦(東京大学工学部主催),   2010年06月
  • 水環境コーディネーターの役割, 花木啓祐, 日本水環境学会総会,   2010年06月
  • 土地利用計画と環境, 花木啓祐, 国土交通省「土地利用計画制度研究会」講演,   2010年06月
  • Asian Program for Incubation of Environmental Leaders (APIEL) in the University of Tokyo, Keisuke Hanaki, Asian University Conference for Green Leadership,   2010年06月
  • Environmental potential benefits of sugar cane bioenergy systems: a life cycle perspective, Joana O. Portugal, Kiyo Kurisu, Jun Nakatani and Keisuke Hanaki, Renewable Energy 2010 Abstract,   2010年06月
  • Activities of sustainable campus project at University of Tokyo, Keisuke Hanaki, Renewable Energy 2010 Abstract,   2010年06月
  • 環境・エネルギーからみた東京, 花木啓祐, 日本経済調査協議会講演,   2010年05月
  • Environmental and economic potential of rice husk use in Angiang Province, Vietnam, Thi Mai Thao Pham, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, Proc. 18th European Biomass Conference and Exhibition -From Research to Industry and Markets,   2010年05月
  • A life cycle assessment of diversified bioenergy technology systems of ethanol production in Brazil: a forecast for 2030, Joana O. Portugal, Kiyo Kurisu, Jun Nakatani and Keisuke Hanaki, Proc. 18th European Biomass Conference and Exhibition -From Research to Industry and Markets,   2010年05月
  • Urban and hinterland development in ageing society, Keisuke Hanaki, AGS Annual Meeting, Panel dicussion “Adapting to the ageing society: what does it mean for sustainability?”,   2010年03月
  • 低炭素社会の実現に向けた市民の行動変化の必要性, 花木啓祐, 地域の学び推進機構主催『地域教育における「プチエコ・プログラム」』,   2010年03月
  • Multi-stakeholder Approach to Sustainable Sanitation Planning - An Application of Analytic Hierachy Process, Pham Ngoc Bao, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Proceedings of the IWA Decentralized Wastewater Treatment Solutions in Developing Countries Conference, Surabaya, Indonesia from 23-26 March 2010,   2010年03月
  • CO2 Emission Mitigation Potential of Rice Husks for Angiang Province, Vietnam, Thi Mai Thao Pham, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, The Twenty-Fifth International Conference on Solid Waste Technology and Management,   2010年03月
  • 環境配慮行動を促進する情報提供のための家庭における消費行動の環境負荷評価, 新保雄太, 中谷隼, 栗栖聖, 花木啓祐, 第5回日本LCA学会研究発表会講演集,   2010年03月
  • 社会資本LCAに用いる資材のインベントリデータの境界条件に関する検討, 神田太朗,曽根真理,岸田弘之,花木啓祐, 第5回日本LCA学会研究発表会講演集,   2010年03月
  • パネルディスカッション「快適な環境づくりのためのヒートアイランド対策の推進方策」, 花木啓祐, 環境省・東京大学サステイナビリティ学連携研究機構公開フォーラム「持続可能で快適な社会を目指すヒートアイランド対策 2010 −人体の温熱生理応答を考慮したヒートアイランド対策の推進―」,   2010年02月
  • Toward Low Carbon City, Comparative Study of Three Cities; Tokyo, Copenhagen and Canberra, Keisuke Hanaki, UC-Todai / IR3S Workshop “Designing a Sustainable Society under Impacts of Climate Change in a Post COP15 World”,   2009年12月
  • 下水道における地球温暖化防止の考え方, 花木啓祐, 東京都下水道局・下水道設備研究発表会,   2009年11月
  • パネルディスカッション, 花木啓祐, 文部科学省科学技術振興調整費シンポジウム「世界に羽ばたく環境リーダー」,   2009年11月
  • 低炭素社会をつくる私たちのくらし, 花木啓祐, 文京区・環境学習リーダー育成講座,   2009年10月
  • サンパウロ市民を対象とした廃棄物削減行動を規定する因子のモデル化と適用, 栗栖 聖,Ana Paula Bortoleto,花木 啓祐, 土木学会第46回環境工学研究フォーラム講演集,   2009年10月
  • 大学活動のサステイナビリティ評価の枠組み, 花木啓祐,入谷和範,荒巻俊也, 第37回環境システム研究論文発表会講演集,   2009年10月
  • 日本国内の木質資源利用による炭素貯留およびCO2排出削減効果のフロー・ストック分析に基づく評価, 加用千裕,荒巻俊也,花木啓祐, 第37回環境システム研究論文発表会講演集,   2009年10月
  • 都市域の縮小に伴う再生可能エネルギー生産ポテンシャルの評価, 西山悠介,花木啓祐,栗栖聖, 第37回環境システム研究論文発表会講演集,   2009年10月
  • Modelling of Residents' Perception and Valuation Structure for Improvement of Riverfront Value, Yoshiomi Otsuka, Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, The 3rd IWA-ASPIRE Conference, Taipei,   2009年10月
  • Promote canal water quality improvement using decentralized wastewater management: Case study Bangkok, Chanathip Pharino, Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, The 3rd IWA-ASPIRE Conference, Taipei,   2009年10月
  • Cost effectiveness of rice husk utilization for power generation to prevent dumping into water bodies in Angiang Province, Vietnam, Thi Mai Thao Pham, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, 7th International Symposium on Southeast Asian Water Environment,   2009年10月
  • パネルディスカッション「東京未来シナリオのキー・ファクター」, 花木啓祐, 東京未来シナリオ研究会キックオフ「東京の未来をデザインする」,   2009年09月
  • Importance of Predicting Prevention Behavior to Improve Solid Waste Reduction Programs, Ana Paula Bortoleto, Kiyo H. Kurisu and Keisuke Hanaki, 8th Biennial Conference on Environmental Psychology,   2009年09月
  • Structure of Residents' Perception and Valuation of River-front, Kiyo H. Kurisu, Yoshiomi Otsuka, Jun Nakatani and Keisuke Hanaki, 8th Biennial Conference on Environmental Psychology,   2009年09月
  • Wastewater and Sludge Management for Reduction of Greenhouse Gas Emission, Keisuke Hanaki, “Energy Production & Greenhouse Gas Reduction in Wastewater Treatment Plants” at Inha University,   2009年08月
  • 下水道における地球温暖化対応策, 花木啓祐, 日本水環境学会市民セミナー「温暖化,水とくらしはどうなる?どうする?(II)〜水環境における賢い適応へ向けて〜」,   2009年08月
  • 住宅の建設・改修・解体起因CO2排出量の2050年までの都道府県別推計, 木本慶介,伊香賀俊治,花木啓祐, 日本建築学会学術講演会講演梗概集,   2009年08月
  • Management of water environment from global, local and human aspects, Keisuke Hanaki, Proc. World City Water Forum 2009, Special Symposium,   2009年08月
  • LCAの賢い使い方, 花木啓祐, 社会資本のライフ・サイクル・アセスメントに関するシンポジウム,   2009年07月
  • Panel: Promoting Sustainability Science and International Cooperation, Keisuke Hanaki, International Conference “Sustainability Transition ? International Research Initiatives towards Resource-circulating Societies”,   2009年07月
  • 低炭素都市の戦略と解析の特徴, 花木啓祐, シンポジウム「低炭素都市の実現へ向けての解析」,   2009年07月
  • 札幌の気候条件下での下水熱利用地域冷暖房システム導入効果の解析, 池上貴志,花木啓祐,荒巻俊也, 日本エネルギー学会大会講演要旨集,   2009年07月
  • 下水道事業における地球温暖化対策, 花木啓祐, 下水道新技術推進機構セミナー,   2009年06月
  • Control of Greenhouse Gas Emission in Wastewater Management, Keisuke Hanaki, 6th IWA Leading-Edge Conference on Water and Wastewater Technologies,   2009年06月
  • Development of Integrated Framework for Sustainability Evaluation of Sanitation Systems in Small Towns of Vietnam, Pham Ngoc Bao, Keisuke Hanaki and Toshiya Aramaki, Industrial Ecology Conference 2009,   2009年06月
  • Development of long-term vision of global sustainable society form viewpoints of low-carbon, material cycle and ecosystem, Keisuke Hanaki, IR3S - Tyndall Centre Joint Symposium - Pathway toward low carbon society and global sustainability -,   2009年05月
  • 下水道における地球温暖化対策, 花木啓祐, 下水道新技術推進機構技術サロン,   2009年04月
  • The improvement of building energy use and thermal environment by countermeasures of cooling system, Chun-Ming Hsieh, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Proc. Sustainable Development to Save the Earth 2008,   2009年04月
  • パネルディスカッション「ヒートアイランド対策と持続可能で快適な環境づくり」, 花木啓祐, 環境省・東京大学サステイナビリティ学連携研究機構シンポジウム「ヒートアイランド対策と持続可能で快適な社会 2009」,   2009年03月
  • Education program at Department of Urban Engineering, Keisuke Hanaki, APIEL workshop “Knowledge or Experience? -Educational Challenges for Environmental Leaders in Asia -”,   2009年03月
  • 評価グリッド法を用いた都市河川の価値評価構造解析, 大塚佳臣,栗栖(長谷川)聖,花木啓祐, 第43回日本水環境学会年会講演集,   2009年03月
  • 住宅の建設・改修・解体に起因するCO2排出量の2050年までの予測, 木本慶介,伊香賀俊治,花木啓祐,新谷圭右,野口宏明, 第4回日本LCA学会研究発表会講演集,   2009年03月
  • Development of long-term vision of global sustainable society from viewpoints of low-carbon, material cycle and ecosystem, Keisuke Hanaki, Climate Change Congress: Global Risks, Challenges and Decisions,   2009年03月
  • Panel: Sustainability Science for Industry, Keisuke Hanaki, International Conference on Sustainability Science (ICSS),   2009年02月
  • サステイナブルキャンパスへの大学の取り組みの国際的潮流, 花木啓祐, 国際水環境技術研究会セミナー,   2009年02月
  • 都市の低炭素化のポテンシャルとその解析, 花木啓祐, 低炭素社会への道筋:日本とアジア−「脱温暖化2050 プロジェクト」研究成果発表会−,   2009年02月
  • Panel: Realizing Low Carbon Cities− Opportunities and Challenges, Keisuke Hanaki, International Symposium “Realizing Low Carbon Cities: Bridging Science and Policy”,   2009年02月
  • パネルディスカッション「低炭素社会における持続的発展への産業界の役割と貢献」, 花木啓祐, シェルエネルギーフォーラム公開シンポジウム「エネルギー持続性への挑戦」,   2009年02月
  • Panel: Pathways to sustainable energy systems: the role of research institution - Japan Low Carbon Society Scenarios toward 2050, Keisuke Hanaki, AGS Annual Meeting,   2009年01月
  • Panel: Progress of Industrial Ecology in the Asia Pacific Region, Keisuke Hanaki, The Asia-Pacific International Workshop on Industrial Ecology - Sustainable Management with Environmental Innovation, Symbiosis between Theory and Practice,   2008年12月
  • 感覚環境のまちづくりに向けて, 花木啓祐, 感覚環境のまちづくりシンポジウム,   2008年12月
  • 先回りする環境工学へ, 花木啓祐, 京都大学工学部衛生工学科創立50周年記念講演会,   2008年11月
  • Greenhouse gas emission reduction in wastewater management, Keisuke Hanaki, 2008 Annual Conference of Korean Society of Water & Wastewater,   2008年11月
  • The importance of predicting waste prevention behaviour to decrease solid waste generation, Ana Paula Bortoleto, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, ISWA/WMRAS World Congress 2008,   2008年11月
  • 製品利用と温室効果ガス発生量からみた関東圏の食品系廃棄物リサイクルシステムの評価, 山口雅博,栗栖(長谷川)聖,花木啓祐, 土木学会第45回環境工学研究フォーラム講演集,   2008年11月
  • 低炭素地域の形成への戦略, 花木啓祐, 茨城大学・茨城県・茨城産業会議 連携講演会「地球温暖化防止とエネルギーの持続可能性」,   2008年10月
  • 下水道事業への環境経済的手法の適用, 花木啓祐, 日本下水道協会高度処理セミナー,   2008年10月
  • Responding challenges of global sustainability; - Undertakings by the Integrated Research System for Sustainability Science (IR3S) -, Keisuke Hanaki, International Symposium on “New Vision and Strategies of Research Institutes for Sustainable Development” Seoul National University,   2008年10月
  • 低炭素化都市の実現のための技術と適用戦略, 花木啓祐, 環境システム計測制御学会(EICA)第20回研究発表会パネルディスカッション「地球温暖化防止エネルギー対策と技術戦略」,   2008年10月
  • 東大サステイナブルキャンパスプロジェクト , 花木啓祐, 環境三四郎15周年記念公開シンポジウム「環境の世紀を切り拓く−キャンパスからの変革−」,   2008年10月
  • 土木分野からの温室効果ガス排出と削減, 花木啓祐, 土木学会第63回年次学術講演会研究討論会「土木界からの地球温暖化対策への貢献」,   2008年09月
  • 低炭素都市実現のための戦略, 花木啓祐, 環境科学会学術賞受賞記念シンポジウム「低炭素都市に向けた多面的アプローチ」,   2008年09月
  • パネルディスカッション「21世紀のエネルギー需要:技術革新と社会経済・社会制度」, 花木啓祐, シェルエネルギーフォーラム公開シンポジウム「エネルギー持続性への挑戦」,   2008年09月
  • 建築・都市のサステナビリティに関する研究(その5) : 業務用建築起因CO2 排出量の超長期予測モデルの開発, 新谷圭右,伊香賀俊治,村上周三,花木啓祐, 日本建築学会学術講演会講演梗概集,   2008年09月
  • 東京都区部における下水熱利用地域冷暖房システム導入による二酸化炭素排出削減ポテンシャルの推計, 池上貴志, 荒巻俊也, 花木啓祐, 土木学会第63回年次学術講演会,   2008年09月
  • Waste Prevention Policies, its Reduction Potential and Economic Impacts, Ana Paula Bortoleto and Keisuke Hanaki, Sustainable Building 2008,   2008年09月
  • 途上国におけるバイオエタノール生産プロジェクトの影響評価手法の検討−パプアニューギニアにおけるケーススタディ−, 荒巻俊也,齊藤香菜子,花木啓祐,入江光輝, 土木学会第16回地球環境シンポジウム講演集,   2008年08月
  • 地球規模の水循環モデル構築に向けた生活用水使用量の将来予測手法の開発, 真田圭太郎,Magnus Bengtsson,荒巻俊也、大瀧雅寛,中川直子,花木啓祐, 水文・水資源学会 2008 年度研究発表会,   2008年08月
  • パネルディスカッション 土木はいかに地球温暖化問題に取り組むか?, 花木啓祐, 土木学会地球温暖化対策特別委員会シンポジウム 「土木工学は地球温暖化問題に如何にして挑むのか?」,   2008年07月
  • 都市環境の改善, 花木啓祐, かわさき市民アカデミー,   2008年07月
  • Wastewater management strategy in the context of climate change, Keisuke Hanaki, IWA - The Croucher Foundation Advanced Study Institute (ASI) on Perspectives of Energy and Resources Saving and Recovery in Wastewater Treatment,   2008年06月
  • 温室効果ガス削減のための都市の対策, 花木啓祐, 東京大学都市基盤安全工学国際研究センター(ICUS)第14回オープンレクチャー「地球温暖化は都市にどのような影響を及ぼすか?」,   2008年05月
  • 環境経済的手法を活用した水環境管理の可能性, 花木啓祐, 日本水環境学会東北支部総会,   2008年05月
  • Holistic Management of Water Environment, Keisuke Hanaki, Annual Conference of Korean Society of Environmental Engineers, Spring 2008,   2008年05月
  • Assessment of Sanitation Systems for Small Towns in Vietnam through the Application of Sustainable Development Indicators., Pham Ngoc Bao, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Proceedings International IWA Conference, Sanitation Challenge ? New Sanitation Concepts and Models of Governance. Wageningen, Netherlands.,   2008年05月
  • Sustainable Campus Activities in The University of Tokyo - Todai Sustainable Campus Project (TSCP) -, Keisuke Hanaki, International Sustainable Campus Network Conference 2008,   2008年04月
  • 都市環境再生のための循環促進, 花木啓祐, RISSシンポジウム 持続可能な産業社会形成:研究報告会「環境再生による持続可能な地域づくり」,   2008年03月
  • パネルディスカッション「21世紀 アジアのエネルギー持続性への道筋」, 花木啓祐, シェルエネルギーフォーラム公開シンポジウム「エネルギー持続性への挑戦」,   2008年03月
  • 学生も参加するエコキャンパスづくり(サステイナブルキャンパス活動), 花木啓祐, 北海道大学資源循環教育のためのエコ施設めぐり&講演会,   2008年03月
  • パネル討論:環境関連諸学会の役割と連携, 花木啓祐, 環境科学会設立20周年記念シンポジウム,   2008年03月
  • パネルディスカッション「水環境の将来展望と人材育成」, 花木啓祐, 第42回日本水環境学会年会,   2008年03月
  • CO2 emission reduction toward low carbon society, Keisuke Hanaki, HOF / NSTDA International Symposium on Ecotechnology --Innovation and Entrepreneurship in Asia--,   2008年03月
  • 高温接触化型トイレにおける発熱に寄与する細菌種の代謝特性, 大坊彩乃,花木啓祐,栗栖(長谷川)聖, 第42回日本水環境学会年会講演集,   2008年03月
  • 地球温暖化対策の評価にむけた木質資源フローのモデリング, 加用千裕, 荒巻俊也, 花木啓祐, 第58回日本木材学会大会発表要旨集,   2008年03月
  • パネルディスカッション「ヒートアイランド対策の研究の進展と快適な環境づくりへの取り組み」, 花木啓祐, 環境省・東京大学IR3Sシンポジウム「ヒートアイランド対策と持続可能で快適な社会:ヒートアイランド対策による人体への温熱生理応答評価に関する研究の推進」,   2008年02月
  • 水環境管理への排出権取引活用の可能性, 花木啓祐, 国際水環境技術研究会セミナー,   2008年02月
  • Necessity of International and Transdisciplinary Collaborations in Biological Production, 花木啓祐, Final symposium of JSPS-DGHE Core University Programs in Applied Biosciences,   2008年02月
  • 地理情報を利用した清掃工場排熱利用の地域冷暖房導入によるCO2削減ポテンシャルの推定, 河上裕美,花木啓祐,荒巻俊也, エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス講演論文集,   2008年01月
  • 水環境保全のための排出権取引, 花木啓祐, 第17回東京大学環境安全研究センターシンポジウム,   2007年12月
  • Role of universities in sustainability science, Keisuke Hanaki, BESETOHA Tokyo Conference,   2007年11月
  • Water management in global and local context, Keisuke Hanaki, AEARU International Collaboration for Asia Sustainable Society - Workshop on Engineering for Resources, Energy and Manufacturing Technology,   2007年10月
  • Sustainable campus initiative with participation of students in the University of Tokyo, Keisuke Hanaki, 2nd International Colloquium on Education and Sustainability,   2007年10月
  • 栽培系バイオマス由来のバイオエタノール活用による二酸化炭素排出削減ポテンシャルの推計, 加用千裕,花木啓祐,荒巻俊也,石井暁, 第35回環境システム研究論文発表会講演集,   2007年10月
  • アメリカの大学におけるサステイナブルキャンパス活動内容の実態調査, 入谷 和範,荒巻 俊也,花木 啓祐, 第35回環境システム研究論文発表会講演集,   2007年10月
  • Environmental Management, Keisuke Hanaki, Next Step to Sustainable Urban Regeneration: Overview of the Issues and Strategies for an Integrated Approach,   2007年09月
  • Renewable resource linkage between urban and rural area, Keisuke Hanaki, International Workshop “Resource-circulating Society in Asia: Development through a Harmonious Urban-Rural Linkage”,   2007年09月
  • 住宅由来の建設発生木材によるバイオエタノール製造ポテンシャルの将来推定, 加用千裕, 園田隼也, 荒巻俊也, 石井暁, 花木啓祐, 土木学会第62回年次学術講演会,   2007年09月
  • Energy recovery and avoided CO2 emissions of incineration plants in Seoul City, Sora Yi, Satoshi Ishii, Keisuke Hanaki and Kee-Young Yoo, Proc. ISWA/NVRD Annual Congress 2007,   2007年09月
  • Application of sulfur denitrification process to remove nitrate-nitrogen discharged from agricultural fields, Kiyo Kurisu-Hasegawa, Katsura Shimizu-Ishii, Ikuro Kasuga and Keisuke Hanaki, Proceedings of International Symposium on Food and Water Sustainability in China,   2007年09月
  • 建築・都市のサステナビリティに関する研究(その2) : 事務所ビル起因CO2排出量の2050年までの都道府県別予測, 川久保俊,新谷圭右,伊香賀俊治,村上周三,花木啓祐,津田公平, 日本建築学会学術講演会講演梗概集,   2007年08月
  • 建築・都市のサステナビリティに関する研究(その1) : 事務所ビル起因CO2排出量の超長期予測モデルの開発, 新谷圭右,伊香賀俊治,村上周三,花木啓祐,津田公平 , 日本建築学会学術講演会講演梗概集,   2007年08月
  • Environmental Impacts of Waste Prevention Policies applied to solid waste management, Ana Paula Bortoleto, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki, International Congress on Environmental Planning and Management, Berlin,   2007年08月
  • Analysis of Waste Prevention Policies applied at the Solid Waste Management in Belo Horizonte, Brazil, Ana Paula Bortoleto and Keisuke Hanaki, Prpc. ISWA/NVRD Annual Congress 2007,   2007年08月
  • Sustainable water management under climate change, Keisuke Hanaki, APRU World Institute Workshop: Climate Change: Challenges and Strategies for Sustainable Cities,   2007年07月
  • 低炭素社会をつくる都市−CO2排出70%減への道−, 花木啓祐, 第4回東京大学AGSサステイナビリティ戦略セミナー,   2007年07月
  • 水と資源循環の要としての下水道事業, 花木啓祐, 第44回下水道研究発表会,   2007年07月
  • パネルディスカッション, 花木啓祐, 感覚環境の街づくりシンポジウム−光・風・香りに満ちた豊かな街へ,   2007年06月
  • Planning for sustainable future cities: optimizing density, transportation, land use and the natural support systems, Debapratim Pandit, Satoshi Ishii, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Industrial Ecology for a Sustainable Future 2007,   2007年06月
  • Construction of the methodology for integrated assessment based on cost-benefit analysis and applicability for strategic environmental assessment, Jun Nakatani, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Industrial Ecology for a Sustainable Future 2007,   2007年06月
  • Potential energy recovery and CO2 reduction from organic food waste in Yokohama: centralized or de-centralized biogas system options, Satoshi Ishii and Keisuke Hanaki, Industrial Ecology for a Sustainable Future 2007,   2007年06月
  • Analysis of waste prevention policies applied at the solid waste management in Brazil, Ana Paula Bortoleto and Keisuke Hanaki, Industrial Ecology for a Sustainable Future 2007,   2007年06月
  • 都市への人口集中とサステイナビリティ, 花木啓祐, ダイワJFS・青少年サステナビリティ・カレッジ,   2007年05月
  • 脱温暖化社会における都市の代謝, 花木啓祐, IR3S-KSI国際シンポジウム「循環経済と持続可能な社会」,   2007年05月
  • 脱温暖化社会における環境共生型の都市, 花木啓祐, 土木学会関東支部談話会,   2007年04月
  • 地球温暖化防止と資源循環の面から見た下水道技術, 花木啓祐, 日本水環境学会水環境懇話会特別講演会,   2007年04月
  • 都市の健全な水循環とヒートアイランド現象, 花木啓祐, 東京六本木ロータリークラブ環境シンポジウム〜健全な水環境の再生とヒートアイランド現象の緩和を目指して〜,   2007年04月
  • 地球温暖化の予測と脱温暖化社会形成の必要性, 花木啓祐, 日本学術会議主催公開講演会「環境学のフロンティア:脱温暖化社会へのシナリオ」,   2007年03月
  • Integrated analysis of low carbon scenario of Japanese urban and rural area, Keisuke Hanaki, International Workshop on Urbanization, Development Pathways and Carbon Implications,   2007年03月
  • 手賀沼流域の水辺環境改善施策提案に向けた住民に対する価値選好評価法の適用, 大塚佳臣,栗栖(長谷川)聖,花木啓祐, 第41回日本水環境学会年会講演集,   2007年03月
  • 高温接触酸化型トイレにおける好熱性細菌の解析, 大坊彩乃,花木啓祐,栗栖(長谷川)聖, 第41回日本水環境学会年会講演集,   2007年03月
  • Long-term estimation of utilization potential for unused biomass in a regional scale, Toshiya Aramaki, Shunya Sonoda, Satoshi Ishii, Kiyo Hasegawa-Kurisu and Keisuke Hanaki, Proc. The Alliance for Global Sustainability, Annual Meeting, 2007,   2007年03月
  • Biomass use strategy in suburban area: Case study in Saitama Prefecture, Japan, Kiyo Hasegawa-Kurisu, Taku Yoshida, Satoshi Ishii, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Proc. The Alliance for Global Sustainability, Annual Meeting, 2007,   2007年03月
  • 水処理設備のLCA評価, 宮内重明, 藤岡哲雄, 秋 鷹二, 花木啓祐, 第2回日本LCA学会研究発表会講演集,   2007年03月
  • Summary of research project “Analysis of thermal environment in building, district, urban and regional scale and its application to Asian Megacities”, Keisuke Hanaki, International symposium on thermal environment of Chongqing,   2007年02月
  • 脱温暖化社会へ向けた都市の戦略, 花木啓祐, 日本LCA学会・LCA日本フォーラム共催 第3回LCA講演会『都市・社会システムのLCA』,   2006年12月
  • Analysis of Microbial Community for Optimization of Heat Environment of Composting Toilets, Kiyo Kurisu-Hasegawa., Ayano Daibo and Keisuke Hanaki, The Fourth International Symposium on Southeast Asian Water Environment,   2006年12月
  • Sustainability initiative in campus management in The University of Tokyo, Keisuke Hanaki, 3rd Annual Conference of the Northeast Campus Sustainability Consortium,   2006年11月
  • 持続可能な都市の将来像, 花木啓祐, 浙江大学循環経済学ワークショップ「循環経済と持続可能な社会構築の理論と実践」,   2006年11月
  • Evaluation of introducing clean development mechanism (CDM) in public transport system of Dhaka, Bangladesh, Sohel Md. Anwar Pasha and Keisuke Hanaki, Proc. 7th International Conference on Ecobalance,   2006年11月
  • Potential energy recovery and CO2 reduction by utilizing organic food waste in sludge recycle centres in Yokohama, Satoshi Ishii and Keisuke Hanaki, Proc. 7th International Conference on Ecobalance,   2006年11月
  • Application of analytical hierarchy process to analyze residents preferences for municipal solid waste management options ? A pilot study in Boston - USA, Francisco Contreras, Satoshi Ishii and Keisuke Hanaki, Proc. 7th International Conference on Ecobalance,   2006年11月
  • パネルディスカッション「われわれは21世紀の環境問題をのりきれるか −環境社会の超長期ビジョンを描く−」, 花木啓祐, 土木学会環境システム委員会地域シンポジウム「われわれは21世紀の環境問題をのりきれるか −環境社会の超長期ビジョンを描く−」,   2006年10月
  • 埼玉県寄居町をケーススタディとしたバイオマス利用可能性評価, 栗栖(長谷川)聖,吉田拓,石井暁,花木啓祐, 第34回環境システム研究論文発表会講演集,   2006年10月
  • 都市域大気汚染物質の濃度評価に関する簡便な評価方法の提案と適用−川崎市のケーススタディ−, 中谷隼,荒巻俊也,花木啓祐, 第34回環境システム研究論文発表会講演集,   2006年10月
  • Research activity on sustainability science in The University of Tokyo, Keisuke Hanaki, IARU Workshop on Energy, Resources and Environment,   2006年09月
  • Analysis of bacterial community structure in composting toilet reactors using molecular biological techniques, Ayano Daibo, Kiyo Hasegawa-Kurisu and Keisuke Hanaki, The 4th International Symposium on Sustainable Sanitation,   2006年09月
  • Heat rejection management of cooling system of buildings, Chun-Ming Hsieh, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Proceedings of International Symposium on Urban Planning,   2006年08月
  • Bacterial community structure in bio-toilet reactors analyzed by molecular biological techniques, Ayano Daibo, Kiyo Hasegawa-Kurisu and Keisuke Hanaki, Second International Dry Toilet Conference DT 2006,   2006年08月
  • 脱温暖化社会と都市, 花木啓祐, 日経ビジネスクリエーション塾〜人と企業と社会と〜『課題先進国日本―課題解決のために今何をすべきか―』,   2006年07月
  • 下水道事業における地球温暖化防止対策, 花木啓祐, 社団法人日本産業機械工業会環境ビジネス研究会講演会,   2006年06月
  • Formation of pyrene metabolite in roadside plant leaves, Kenichi Morishita, Kiyo Hasegawa-Kurisu and Keisuke Hanaki, SETAC Europe 16th Annual Meeting,   2006年05月
  • The Ambient temperature increase due to the heat rejection from air conditioners, Chun-Ming Hsieh and Keisuke Hanaki, Proceedings of International Conference on Asia-European Sustainable Urban Development,   2006年04月
  • 持続的な都市空間の再生, 花木啓祐, (財)石川県産業創出支援機構主催環境ビジネス特別講演会「地球環境時代と持続性社会のあり方〜改めて環境ビジネスの近未来を問う〜」,   2006年03月
  • Urban Design for Sustainability, Keisuke Hanaki, Japan-UK Workshop 2006: Sustainable Development and Engineering,   2006年03月
  • The Citizen Participation inside the Integrated Solid Waste Management ? Porto Alegre Case, Ana Paula and Keisuke Hanaki, The 21st International Conference on Solid Waste Technology and Management,   2006年03月
  • パネルディスカッション「地球持続戦略の構築を目指して」, 花木啓祐, サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)公開シンポジウム『サステイナビリティ学が拓く地球と文明の未来』,   2006年02月
  • 地球温暖化に適応する都市をめざして, 花木啓祐, 第81回ひょうごエコプラザ・ミニフォーラム,   2006年02月
  • パネルディスカッション, 花木啓祐, シンポジウム「脱温暖化に向けた挑戦」-京都議定書発効から1年-,   2006年02月
  • Emission permit trading of water pollutants in Tokyo Bay, Keisuke Hanaki, International Expert Sessions for Industrial Symbiosis Research and Implementation in 2nd Asia-Pacific Eco-Business Forum in Kawasaki -Urban and Industrial Symbiosis,   2006年01月
  • Use of modified RAMS-Urban Canopy Model for heat island simulation in ChongQing, China, Hongbin Zhang, Keisuke Hanaki, Naoki Sato, Takeki Izumi and Toshiya Aramaki, 86th American Meteorological Society Annual Meeting,   2006年01月
  • Role of academia in research on urban sustainability in Asia, Keisuke Hanaki, AGS Technical Meeting - Critical Barriers to a Sustainable Energy Future,   2005年11月
  • 脱温暖化社会をかたちづくる都市, 花木啓祐, 平成17年度地球環境研究総合推進費公開シンポジウム『脱温暖化社会に向けて』〜2050年からのバックキャスティング〜,   2005年11月
  • アジアにおける都市環境保全の工学的アプローチ , 花木啓祐, 明星大学 第1回ACER環境シンポジウム「アジアの成長と環境戦略」,   2005年11月
  • 循環型社会基盤への下水道事業の展開と膜処理, 花木啓祐, 第22 回ニューメンブレンテクノロジーシンポジウム2005,   2005年11月
  • プラスチックごみの分別収集およびごみ収集の有料化に対する住民意識の統計的解析−東京都調布市のケーススタディ−, 中谷隼,荒巻俊也,花木啓祐, 第33回環境システム研究論文発表会講演集,   2005年11月
  • 水環境の創造とその価値, 花木啓祐, 信州大学山地水環境教育研究センター第6回公開講演会・放送大学長野学習センター平成17年度公開講演会,   2005年10月
  • 沿道植物中での大気中ピレン代謝産物の測定, 森下賢一,長谷川聖, 花木啓祐, 土木学会第42回環境工学研究フォーラム講演集,   2005年10月
  • Collaborative research for reduction of CO2 in Tokyo - Introduction of Tokyo Half Project -, Keisuke Hanaki, Dalian University of Technology International Expert Workshops on Sustainable Industrial Symbiosis in Dalian- Symbiosis of Theory and Practices,   2005年09月
  • 選択型コンジョイント分析を用いた飲料水に対する消費者の受容性評価, 中谷隼,志摩学,荒巻俊也,花木啓祐, 環境科学会2005年会講演集,   2005年09月
  • 植物のGSTに着目した大気汚染モニタリング手法の検討, 浜理貴,長谷川聖,花木啓祐, 環境科学会2005年会講演集,   2005年09月
  • 都市のサステイナビリティと温暖化対策 都市系バイオマスのマネジメント, 花木啓祐, AGSワークショップ,   2005年07月
  • 地球温暖化問題を考慮した水環境管理に関する研究, 花木啓祐, 日本水環境学会学術賞受賞講演,   2005年06月
  • Applying the socioeconomic evaluation to strategic environmental assessment of municipal solid waste management system, Jun Nakatani, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Industrial Ecology for a Sustainable Future 2005, Abstract Book,   2005年06月
  • Evaluation of effectiveness of district heating and cooling systems with recovering heat from wastewater, Takashi Ikegami, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Industrial Ecology for a Sustainable Future 2005, Abstract Book (Poster),   2005年06月
  • 環境システム教育の目標と科目の構成, 花木啓祐, 第19回環境システムシンポジウム「環境システム学教育のすすめ」,   2005年03月
  • Why do we need case studies in urban energy research?, Keisuke Hanaki, AGS Annual meeting,   2005年03月
  • East Asian case studies and Introduction of THP (Tokyo Half Project), Keisuke Hanaki, AGS Annual meeting,   2005年03月
  • 茶園排水を対象とした硫黄脱窒処理プロセスにおける微生物群集解析, 松崎祐子,長谷川聖,花木啓祐, 第39回日本水環境学会年会講演集,   2005年03月
  • 上下水道による水環境および衛生改善効果と地球環境への負荷の比較, 花木啓祐, 第20回環境工学連合講演会講演論文集,   2005年02月
  • 都市の廃棄物と排水よりも質の高い資源を供給する製造業, 花木啓祐, 川崎エコビジネスフォーラム,   2005年01月
  • 地球温暖化への都市の対応戦略, 花木啓祐, 社会技術研究公開シンポジウム 「地球温暖化問題に対する社会技術的アプローチ」,   2004年12月
  • 生活の質の向上をめざした水環境デザイン, 花木啓祐, エコデザイン2004ジャパンシンポジウム「価値創造と環境調和:人類のより良い生活のために」 ,   2004年12月
  • Nitrate removal efficiency and bacterial community structure of sulfur-dependent denitrification process treating effluent from agricultural field, Kiyo Kurisu-Hasegawa, Katsura Shimizu-Ishii, Ikuro Kasuga and Keisuke Hanaki, Proc. of The Second International Symposium on Southeast Asian Water Environment,   2004年12月
  • 都市における温室効果ガス削減対策の統合的解析, 花木啓祐, 地球温暖化問題に対する社会技術的アプローチ研究会,   2004年11月
  • 下水道の新しい展開 −排出権取引と制度化、循環型社会形成への寄与−, 花木啓祐, 国際水環境技術研究会セミナー,   2004年11月
  • 首都圏の持続可能な環境再生に向けての『知』の役割, 花木啓祐, International Workshop on Regional Industrial Symbiosis Research Center,   2004年11月
  • 中国における自動車リサイクルの実態, 吉田 綾,荒巻俊也,花木啓祐, 第15回廃棄物学会研究発表会講演論文集,   2004年11月
  • 持続可能な大都市圏再生に向けた環境システム研究の展開, 花木啓祐, 地域シンポジウム「都市と産業の共生にむけてのアクションプログラム 〜産官学連携による持続可能な社会への道筋を考える〜」 ,   2004年10月
  • Trade off between improvement in sanitation and environmental impact of water supply system in Egypt, Mona Galal, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Proc.6th International Conference on Ecobalance,   2004年10月
  • Integrated environmental management across various aspects of environment and quality of life, Keisuke Hanaki, The Second AEARU Environmental Workshop,   2004年08月
  • 下水道事業における顧客満足と競争力, 花木啓祐, 下水道研究発表会パネルディスカッション「下水道事業における顧客満足(CS)の向上に求められる新技術」,   2004年07月
  • パネルディスカッション, 花木啓祐, 東京湾再生のためのシンポジウム Tokyo Bay Renaissance 2004,   2004年07月
  • アジアのメガシティの都市環境問題の解決への戦略(Strategies for Resolving Urban Environmental Problems in Asian Megacities), Keisuke Hanaki, 日中持続的発展・天津フォーラム,   2004年07月
  • Risk based assessment of water availability along the tone river and tokyo metropolitan area under climatic changes, Islam, Md. Sirajul, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Proceedings of the 2nd International Conference of the Asia Pacific Association of Hydrology and Water Resources (APHW),   2004年07月
  • 持続可能な都市再生に向けての技術システムの貢献, 花木啓祐, 「都市と産業の共生に向けて」環境技術と持続可能な都市政策の国際シンポジウム,   2004年06月
  • Biomonitoring of air pollution by detoxication enzyme activities in plants, Michitaka Hama, Kiyo Hasegawa and Keisuke Hanaki, 7th Biennial Symp. International Society for Environmental Biotechnology,   2004年06月
  • 東京の戦略を打ち出すTHP, 花木啓祐, 「環境共生居住」研究プロジェクト,   2004年04月
  • 農地水系における硫黄脱窒適用現場での微生物群集解析, 松崎祐子,長谷川聖,花木啓祐, 第38回日本水環境学会年会講演集,   2004年03月
  • 連続培養条件における好気性脱窒細菌Paracoccus pantotrophusの窒素除去能評価, 尾谷洋平,長谷川聖,花木啓祐, 第38回日本水環境学会年会講演集,   2004年03月
  • 東京湾流域の下水処理場を対象とした排出権取引制度導入の効果の推定, 石田整,花木啓祐,荒巻俊也, 第38回日本水環境学会年会講演集,   2004年03月
  • 自然と人を融和させる水環境, 花木啓祐, 日経BP社主催 都市再生・環境フォーラム2004,   2004年02月
  • Greenhouse Gas Scenario and Technological Opportunities for Mitigation: case of Tokyo, Keisuke Hanaki, IGES, International Workshop on Policy Integration towards Sustainable Energy Use for Asian Cities: Integrating Local Air Pollution and Greenhouse Gas Emissions Concerns,   2004年01月
  • Holistic management of water, air and solid waste in the context of global environment, Keisuke Hanaki, EnvironmexAsia2003 & WatermexAsia2003 International Conference,   2003年12月
  • 東京の都市活動からの二酸化炭素排出量の削減可能量推定のための統合解析 , 花木啓祐, 東京大学気候システム研究センター第12回「伊藤忠シンポジウム」,   2003年12月
  • 環境負荷の低い都市への脱皮, 花木啓祐, 第13回環境安全研究センターシンポジウム「環境の評価・修復・創造」,   2003年12月
  • バイオソリッドの利活用の動向と多面的評価, 花木啓祐, エンジニアリング振興協会セミナー,   2003年12月
  • 包含効果の解析に着目した仮想評価法の天竜川上流域水環境改善への適用, 古林俊彦,荒巻俊也,花木啓祐, 第31回環境システム研究論文発表会講演集,   2003年10月
  • 国境を越えたリサイクル可能廃棄物の資源循環の実態−日本と中国の事例から−, 吉田綾,荒巻俊也,花木啓祐, 第31回環境システム研究論文発表会講演集,   2003年10月
  • 東京湾流域の下水処理場を対象とした排出権取引制度導入による汚濁負荷削減費用の節約効果の推定, 石田整,花木啓祐,荒巻俊也, 第31回環境システム研究論文発表会講演集,   2003年10月
  • Nitrate Removal with Low N2O Emission by Application of Sulfur Denitrification in Actual Agricultural Field, Hasegawa, K., K. Shimizu and K. Hanaki, Proc. of IWA Asia-Pacific Regional Conference,   2003年10月
  • Comparison of aerobic denitrifying activity among three cultural species with various carbon sources, Otani,Y., K. Hasegawa and K. Hanaki, Proc. of IWA Asia-Pacific Regional Conference,   2003年10月
  • 大気中のベンゼンおよびトルエンの都市緑化植物による除去, 長谷川聖,並木貴司,花木啓祐,荒巻俊也, 環境科学会2003年会講演集,   2003年09月
  • 選択型コンジョイント分析を用いた異種の環境問題の経済的評価における限界支払意志額の妥当性の解析, 中谷 隼,荒巻俊也,花木啓祐, 環境経済・政策学会2003年大会,   2003年09月
  • 環境共生都市の水環境, 花木啓祐, 2003年度 日本学術会議 都市地域計画シンポジウム『自然環境共生の大都市像』-21世紀の都市づくりコンセプトを求めて,   2003年07月
  • THP(Tokyo Half Project)の成果と今後の展望, 花木啓祐, AGS国内ワークショップ,   2003年07月
  • 各国の生活用水使用量の要因解析と将来予測, 荒巻俊也,鈴木学,花木啓祐, 土木学会第11回地球環境シンポジウム,   2003年07月
  • Utilization of municipal solid waste and wastewater for reduction of carbon dioxide emission in Tokyo, Keisuke Hanaki and Toshiya Aramaki, Industrial Ecology for a Sustainable Future -Abstracts from the second ISIE conference,   2003年06月
  • Strategy of Reduction of Carbon Dioxide Emission from Urban Activities, Keisuke Hanaki, 大韓環境工学会年次大会,   2003年05月
  • 都市構造面からのヒートアイランド対策の考え方, 花木啓祐, 国土交通省 平成14年度 大都市圏におけるヒートアイランド対策調査,   2003年03月
  • 都市インフラ整備に伴う環境負荷の評価, 花木啓祐, 豊橋技科大21世紀COEシンポジウム,   2003年03月
  • 実現場における硫黄脱窒による硝酸態窒素除去試験での処理特性および微生物群集評価, 清水桂, 長谷川聖, 花木啓祐, 第37回日本水環境学会年会講演集,   2003年03月
  • 複合的な対策による諏訪湖水環境改善および副次的負荷排出による環境影響の統合的評価, 稲葉陸太, 中谷隼, 荒巻俊也, 花木啓祐, 第37回日本水環境学会年会講演集,   2003年03月
  • Research Activities on Mega-city, Keisuke Hanaki, Expert Meeting on EST Guidelines and Sustainable Regional Management,   2003年02月
  • QOL(Quality of Life)の高いくらしと環境共生まちづくり, 花木啓祐, 国際環境シンポジウム「持続可能なまちづくり -環境にやさしい技術を都市づくりに活かすために- 」,   2003年02月
  • WSSD後の土木工学の役割・地球環境委員会の役割, 花木啓祐, 土木学会地球環境シンポジウム『ヨハネスブルグ環境サミット後の地球環境問題と日本の土木界』 ,   2003年02月
  • Application of sulfur denitrification process to actual field and microbial community analysis, Katsura Shimizu, Kiyo Hasegawa and Keisuke Hanaki, Proc. of Sino-Singapore Joint Symposium on Environmental Protection Technologies and Environmental Hydraulics 2003 & First Asian Environmental Research Alliance Partnership Symposium,   2003年01月
  • LCAの背景、捉え方、現状等, 花木啓祐, 全国上下水道コンサルタント協会第10回パネルディスカッション,   2002年12月
  • ディスポーザー導入による東京23区の下水処理及び廃棄物処理システムへの影響評価, 荒巻俊也, 近藤英明, 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会第39回環境工学研究フォーラム講演集,   2002年11月
  • 都市廃棄物のゼロエミッション化, Keisuke Hanaki, 第2回東京大学・成均館大学校学術会議,   2002年10月
  • 商店組合による自主的な環境管理活動の評価とその指標−エコステーションシステムを事例に, 藤崎理恵, 荒巻俊也, 花木啓祐, 第30回環境システム研究論文発表会講演集,   2002年10月
  • 高性能気象モデルによる重慶市の熱環境のシミュレーション, 張洪賓, 荒巻俊也, 泉岳樹, 花木啓祐, 第30回環境システム研究論文発表会講演集,   2002年10月
  • 都市の温室効果ガス削減対策へのクリーン開発メカニズム(CDM)導入におけるベースライン設定とそれに基づく認証排出削減量 , 平松あい, 花木啓祐, 荒巻俊也 , 第30回環境システム研究論文発表会講演集,   2002年10月
  • 住民の満足感に基づく環境属性と環境価値の特性解析−諏訪湖水環境改善のケーススタディ−, 中谷隼, 荒巻俊也, 花木啓祐, 第30回環境システム研究論文発表会講演集,   2002年10月
  • QOL(Quality of Life)の高いくらしと環境共生まちづくり , 花木啓祐, 日中環境都市フォーラム,   2002年09月
  • Evaluation of trade-off between lake water quality improvement and arising impacts in other environmental aspects, Rokuta Inaba, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Proceedings of 9th International Specialized Conference on Watershed and River Basin Management,   2002年09月
  • 硫黄脱窒細菌の微生物群集構造解析と処理特性の評価, 清水桂, 長谷川聖, 花木啓祐, 根岸勉, 土木学会第57回年次学術講演会講演集,   2002年09月
  • 好気性脱窒細菌間の硝酸性窒素除去能および有機物利用能比較, 尾谷洋平, 長谷川聖, 花木啓祐, 土木学会第57回年次学術講演会講演集,   2002年09月
  • 遺伝的アルゴリズムを利用した空調消費エネルギー最小化を目指した建築計画の最適化解析 その1 断熱材厚さの検討, 浦野明,三品涼介,花木啓祐, 日本建築学会大会学術講演梗概集,   2002年08月
  • Urban activities causing heat island and its mitigation, Hongbin Zhang, Keisuke Hanaki and Toshiya Aramaki, Proceedings of the 5th International Ecocity Conference,   2002年08月
  • 東京都区部における清掃工場廃熱利用地域冷暖房導入によるCO2排出量削減可能性の評価, 荒巻俊也,薦田将治,花木啓祐, 土木学会第10回地球環境シンポジウム,   2002年07月
  • 地域環境改善技術の導入効果と副次的CO2排出による地球温暖化への影響のトレードオフ評価, 稲葉陸太,荒巻俊也,花木啓祐,中谷隼, 土木学会第10回地球環境シンポジウム,   2002年07月
  • An assessment of the historical trend and sensitivity of the Tone River flow to climate change, Md. Sirajul Islam, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Proc. 3rd International Conference on Water Resources and Environment Research,   2002年07月
  • 清掃工場廃熱利用地域冷暖房によるCO2排出削減に周辺地区の特性が与える影響, 荒巻俊也,薦田将治,花木啓祐, 第21回エネルギー・資源学会研究発表会講演論文集,   2002年06月
  • 熱環境と空調エネルギー需要の相互作用を考慮した都市高温化対策の評価, 亀卦川幸浩,近藤裕昭,玄地裕,花木啓祐, 第21回エネルギー・資源学会研究発表会講演論文集,   2002年06月
  • 水環境改善事業にかかわる環境負荷の統合的評価, 花木啓祐, 土木学会環境システムシンポジウム,   2002年05月
  • Sustainability of mega-cities, Keisuke Hanaki, AGS Annual Meeting,   2002年03月
  • 硫黄脱窒を用いたオンサイトでの硝酸態窒素除去プロセスにおける微生物相の把握, 清水桂, 長谷川聖, 花木啓祐, 第36回日本水環境学会年会講演集,   2002年03月
  • Integrated approach for best mix of technologies of reduction of carbon dioxide emission ? Tokyo Half Project (THP) ?, Keisuke Hanaki, Proceedings of Workshop of IGES/APN Mega-City Project,   2002年01月
  • Management for Sustainable Water Environment, 花木啓祐, AGS Future Cities - International Seminar on Guangzhou Sustainable Development,   2001年12月
  • 節水策およびディスポーザー導入による下水量および下水水質に与える影響の検討―東京都区部を対象として, 荒巻俊也, 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会第38回環境工学研究フォーラム講演集,   2001年12月
  • 有機性廃棄物の資源化における需給バランス及び環境負荷の地域単位での評価−愛知県をケーススタディとして−, 鈴木英司, 荒巻俊也, 花木啓祐, 土木学会第38回環境工学研究フォーラム講演集,   2001年12月
  • 水環境対策による環境改善効果と環境負荷の統合評価, 花木啓祐, 国際水環境技術研究会セミナー,   2001年11月
  • コジェネレーションシステムと清掃工場排熱利用の地域冷暖房システムの導入によるCO2排出削減量の評価 −東京都区部におけるケーススタディ−, 並木貴司, 荒巻俊也, 花木啓祐, 第29回環境システム研究論文発表会講演集,   2001年11月
  • 下水再利用水を用いた空調システムの導入可能性と熱環境改善効果の解析 −建物情報に基づいた東京都区部におけるケーススタディ−, 平松あい, 荒巻俊也, 花木啓祐, 第29回環境システム研究論文発表会講演集,   2001年11月
  • 商店街における環境パフォーマンス評価及びそれに基づく改善策の提案, 藤崎理恵, 荒巻俊也, 花木啓祐, 第29回環境システム研究論文発表会講演集,   2001年11月
  • Outline of Tokyo Half Project - Challenging Application of DOME -, Keisuke Hanaki, AGS Technical meeting,   2001年10月
  • LCAによる各種飲料容器材料の環境負荷の分析, 澤谷精,花木啓祐, 第12回廃棄物学会研究発表会講演論文集,   2001年10月
  • Life Cycle Assessment to Compare the Environmental Loading from Incineration and Landfilling of Municipal Solid Waste in Sao Paulo City, Mara Regina Mendes, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Proc. The 17th Int. Conf. on Solid Waste Technology and Management,   2001年10月
  • 仮想評価法を用いた諏訪湖水環境改善による社会的便益の解析, 中谷隼, 稲葉陸太, 荒巻俊也, 花木啓祐, 土木学会第56回年次学術講演会講演集,   2001年09月
  • 農業系有機資材を利用した硝酸態窒素窒素除去過程での亜酸化窒素生成評価, 甲斐隆典, 長谷川聖, 花木啓祐, 土木学会第56回年次学術講演会講演集,   2001年09月
  • 街区の放射・熱負荷達成解析 : 屋上緑化・街路樹による空調消費エネルギーの削減効果の定量化, 浦野明,稲井康弘,花木啓祐, 日本建築学会学術講演会講演梗概集,   2001年09月
  • Life cycle assessment of scenarios of municipal solid waste management in Sao Paulo City, Brazil, Mara Regina Mendes, Toshiya Aramaki and Keisuke Hanaki, Proc. 3rd International Summer Symposium, JSCE,   2001年08月
  • Probable impact of climate change along Tone River basin and its effect on the water supply scenario of Tokyo Metropolitan Area, Md. Sirajul Islam, Keisuke Hanaki and Toshiya Aramaki, Proc. 3rd International Summer Symposium, JSCE,   2001年08月
  • 持続可能型社会形成に向けた企業活動評価へのEco-efficiencyの適用可能性−ステイクホルダーの特性に基づいた解釈−, 粟生木千佳,荒巻俊也,花木啓祐, 土木学会第9回地球環境シンポジウム,   2001年07月
  • 土壌中での脱窒過程における一酸化窒素(NO)生成に対する影響因子の評価, 長谷川聖, 花木啓祐, 第35回日本水環境学会年会講演集,   2001年03月
  • Nutrient removal and microbial communities, Keisuke Hanaki, The COE Symposium on Utilization Of Complex Microbial Community For Water Environment Management In The 21st Century,   2001年02月
  • Material & Energy Flows of Megacities, Keisuke Hanaki, AGS Annual Meeting,   2001年01月
  • 都道府県単位における民生部門由来廃棄物コンポストの需給バランスの解析, 鈴木英司, 花木啓祐, 荒巻俊也, 第11回廃棄物学会研究発表会講演論文集,   2000年12月
  • AGS To Solve Urban Environmental Issues, Keisuke Hanaki, AGS Future Cities - Guangzhou Environment: A Partnership For Urban Sustainability Conference And Workshop,   2000年11月
  • Sustainable Water Environment, Keisuke Hanaki, AGS Future Cities - Guangzhou Environment: A Partnership For Urban Sustainability Conference And Workshop,   2000年11月
  • 土壌中における硫黄脱窒細菌Thiobacillus denitrificans のFISH法による検出, 長谷川聖, 栗栖太,花木啓祐, 土木学会第37回環境工学研究フォーラム講演集,   2000年11月
  • 下水の高度処理導入による地球及び地域への環境負荷変化量の統合的評価, 稲葉陸太, 花木啓祐, 荒巻俊也, 第28回環境システム研究論文発表会講演集,   2000年10月
  • 環境負荷の低い排水管理システム, 花木啓祐, 第1回水環境技術研究会,   2000年07月
  • 二酸化炭素削減対策の都市への連携導入効果の評価, 花木啓祐, 2000年化学工学会つくば大会研究発表講演要旨集,   2000年07月
  • 都市の環境と人口減社会, 花木啓祐, 第2回 GRIPS高齢社会シンポジウム,   2000年03月
  • Outline of Tokyo Half Project, Keisuke Hanaki, AGS Annual Meeting,   2000年01月
  • 実下水処理工程における運転条件の違いが亜酸化窒素の発生量に及ぼす影響, 中村剛雄・花木啓祐, 土木学会第36回環境工学研究フォーラム講演集,   1999年12月
  • 流域管理のためのLCAの新たな視点, 花木啓祐, 土木学会第36回環境工学研究フォーラム講演集,   1999年12月
  • 地球温暖化問題の現状と見通し, 花木啓祐, 日本下水道協会主催「地球温暖化に関する講習会」,   1999年10月
  • 都市における分散型代替エネルギー供給システムの連携導入評価ツールの開発 , 川原博満, 花木啓祐, 環境システム研究(アブストラクト審査部門),   1999年10月
  • 環境容量消費指標による廃棄物埋立に伴う空間資源消費の指標化および環境影響の総合的評価 , 稲葉陸太, 花木啓祐, 荒巻俊也, 第10回廃棄物学会研究発表会講演論文集,   1999年10月
  • 汚泥処理システムの新たな考え方, 花木啓祐, 下水道研究発表会パネルディスカッション,   1999年07月
  • 環境共生都市に求められるもの, 花木啓祐, 土木学会環境システム地域シンポジウム「環境共生のまちづくり」,   1999年06月
  • 下水処理水の消毒にともなう水中残存臭気物質の変化, 紺昌弘, 花木啓祐, 佐藤弘泰, 第12回臭気学会講演要旨集,   1999年06月
  • 下水道における亜酸化窒素の発生と制御, 花木啓祐, 下水道先端技術シンポジウム,   1999年04月
  • 土壌中への硫黄添加型脱窒過程における亜酸化窒素生成に対する影響因子の評価, 長谷川聖, 花木啓祐, 松尾友矩, 第33回日本水環境学会年会講演集,   1999年03月
  • ライフサイクル評価を用いた公園計画に関する研究, 伊藤武美, 谷内康弘, 花木啓祐, 第10回アーバンインフラテクノロジー研究発表会,   1999年02月
  • What is Tokyo Half Project (THP)?, Keisuke Hanaki, AGS Annual Meeting,   1999年01月
  • Measurement for urban canopy parameterization, Urano A, , K. Hanaki, T. Okabe, Proceedings of the 15th International Congress of Biometeorology & International Conference on Urban Climatology, ICUCPO3.03, Sydney,   1999年
  • 街区における顕熱流の観測, 浦野 明, 花木啓祐, 岡部篤行, 日本建築学会学術講演会講演梗概集,   1999年
  • 土壌中への硫黄埋め込みによる硝酸態窒素除去過程での亜酸化窒素の生成と分解, 長谷川聖, 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会第35回環境工学研究フォーラム講演集,   1998年11月
  • 下水汚泥セメント資源化によるゼロエミッションに向けた汚泥処理, 稲葉陸太, 花木啓祐, 土木学会第35回環境工学研究フォーラム講演集,   1998年11月
  • 実下水処理工程における亜酸化窒素の発生に関する研究, 中村剛雄,糸川浩紀,花木啓祐, 土木学会第35回環境工学研究フォーラム講演集,   1998年11月
  • 下水汚泥のセメント資源化によるゼロエミッションの有効性の評価, 稲葉陸太, 花木啓祐, 第9回廃棄物学会研究発表会講演論文集,   1998年10月
  • 一般廃棄物プラスチックフロー解析と分別回収・リサイクルの可能性, 高倉秀太郎, 花木啓祐, 環境システム研究(アブストラクト審査部門),   1998年10月
  • 都市気候予測のための街区から大気への顕熱流のモデル化, 浦野明, 花木啓祐, 粉川大樹, 環境システム研究(アブストラクト審査部門),   1998年10月
  • 環境改善と水処理技術, 花木啓祐, 造水セミナー,   1998年09月
  • 航空機による都市上空の熱汚染の観測, 浦野明,花木啓祐, 日本建築学会学術講演会講演梗概集,   1998年09月
  • Effect of availability of organic matters on nitrous oxide production in denitrifying microbial system, Keisuke Hanaki, COE Symposium on Microbial Community and Functions in Wastewater Treatment Processes,   1998年03月
  • 極低濃度域における排水中臭気物質の分析及び除去技術の検討, 紺昌弘, 佐藤弘泰, 花木啓祐, 第32回日本水環境学会年会講演集,   1998年03月
  • 都市づくりのための下水道, 花木啓祐, 下水道新技術推進機構 第3回新技術研究発表会,   1998年02月
  • Sensitivity analysis of building drag effect and anthropogenic heat release in urban environment, Akira Urano, Toshiaki Ichinose and Keisuke Hanaki, "Klimaanalyse fuer die Stadtplanung", Report of RCUSS, Kobe University,   1998年
  • 農業に由来した硝酸態窒素の硫黄脱窒による除去, 長谷川聖, 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会第34回環境工学研究フォーラム講演集,   1997年11月
  • ニュータウン建設における二酸化炭素排出量の概略推計方法の検討, 伊藤武美, 花木啓祐, 本多博, 環境システム研究(アブストラクト審査部門),   1997年10月
  • 建物間の空地形態が熱環境に及ぼす効果, 粉川大樹, 久保田孝幸, 花木啓祐, 浦野明, 環境システム研究(アブストラクト審査部門),   1997年10月
  • 都市活動の立体的再配置による都市熱環境の制御に関する研究, 浦野明, 花木啓祐, 一ノ瀬俊明, 下堂薗和宏, 環境システム研究(アブストラクト審査部門),   1997年10月
  • 都市開発と都市活動の維持における物質フロー解析, 花木啓祐, 環境科学会1997年会講演要旨集,   1997年10月
  • 環境負荷の低い排水処理システム, 花木啓祐, 日本水環境学会シンポジウム「いま水環境のためにできること」,   1997年09月
  • 都市熱環境の制御を目的とした都市活動の立体的再配置の影響解析, 浦野明, 花木啓祐, 一ノ瀬俊明, 下堂薗和宏 , 日本建築学会学術講演会講演梗概集,   1997年09月
  • 下水道の未利用エネルギー活用, 花木啓祐, 下水道研究発表会パネルディスカッション,   1997年07月
  • Planning Of Urban Area With Less Environmental Impacts, Keisuke Hanaki, University of Tokyo - Stockholm University Forum, Environmental Challenge for the 21st Century,   1997年06月
  • Production of nitrous oxide during nitrification and denitrification, Keisuke Hanaki, COE Workshop,   1997年03月
  • Production of nitrous oxide and its control during nitrogen removal process, Keisuke Hanaki, 中日水環境国際検討会,   1997年03月
  • Spatial and Temporal Variability of Stream Water Quality Elements based on Current and Future Climate Change Scenarios., Hany Hassan, Keisuke Hanaki, and Tomonori Matsuo , 第31回日本水環境学会年会講演集,   1997年03月
  • 地球を襲う温暖化の脅威, 花木啓祐, 立川市市民講座,   1997年01月
  • The Potential Analysis on Utilization Use of Sewage Heat with GIS and Discussion on Optimized Settlement on Heat Pumps, Toshiaki Ichinose, Hiromitsu Kawahara, Keisuke Hanaki, Tomonori Matsuo and Takemi Ito, "The 14th International Conference on Passive and Low Energy Architecture",   1997年
  • Feasibility Study on Effective Utilization of Sewage Heat in Urban Area with GIS , Toshiaki Ichinose, Hiromitsu Kawahara, Keisuke Hanaki, Takemi Ito and Tomonori Matsuo, International Conference "Urban Ecology" Leipzig 1997,   1997年
  • Urban development with lower environmental impact, Keisuke Hanaki, アジアの持続可能発展に関する日中シンポジウム,   1996年10月
  • 間欠曝気を行うし尿処理施設からの亜酸化窒素の発生量, 糸川浩紀、松尾友矩、花木啓祐, 第30回日本水環境学会年会講演集,   1996年
  • GISとLCAの結合による地域熱供給事業の検討 〜GISの行政への応用例として〜, 一ノ瀬俊明, 川原博満, 1996年度日本地理学会春季学術大会予稿集,   1996年
  • 都市の立地や風系が都市熱環境に与える影響 〜甲府盆地を対象として〜, 下堂薗和宏, 一ノ瀬俊明, 鵜野伊津志, 花木啓祐, 1996年度日本気象学会春季大会講演予稿集,   1996年
  • 市街地街区における微気候の観測, 久保田孝幸, 神島奈央子, 一ノ瀬俊明, 花木啓祐, 1996年度日本気象学会春季大会講演予稿集,   1996年
  • A decision framework of a monthly hydrological model structure regarding impact of climate change., Hany Hassan and Keisuke Hanaki , Intl. Workshop on Macro-scale Hydrological Modeling, Nanjing, China,   1996年
  • Application of a conceptual-stochastic modeling of seasonal runoff.: Assessment of basin runoff change due to climate change., Hany Hassan, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo , 2nd Intl. Scientific Conf. on the Global Energy and Water Cycle, GEWC, National Academy of Sciences, Washington D.C., U.S.A,   1996年
  • Fate of selected odorous compounds in biological treatment processes, A.K.M Nurul Islam, Keisuke Hanaki, Tomonori Matsuo and Noriyuki Suzuki , 18th IAWQ Biennial International Conference and Exhibition,Abstracts-Poster Presentations ,   1996年
  • 公園建設にともなう二酸化炭素排出量に関する研究, 伊藤武美, 花木啓祐, 本多博, 土木学会第4回地球環境シンポジウム講演集,   1996年
  • 東アジアを対象とした自動車排出ガスによる大気汚染の将来予測−中国における自動車からのNOx発生量の推定−, 臼井朗,花木啓祐,秋元肇 , 土木学会第4回地球環境シンポジウム講演集,   1996年
  • Impact on Anthropogenic Heat on Urban Climate in Tokyo , Toshiaki Ichinose, Kazuhiro Shimodozono, Itsushi Uno, Keisuke Hanaki and Osamu Kiyota, InternationalConference on Urban Climatology, Book of Abstracts,   1996年
  • Analysis of Water Quality Variation Along Stream Considering Potential Impacts of Climate Change, Hany Hassan, Keisuke Hanaki, and Tomonori Matsuo , Int. Conference on Water Resources & Envir. Res. Towards the 21st Century, Kyoto, Japan, November 1996,   1996年
  • GISとLCAの結合による地域熱供給事業の検討, 一ノ瀬俊明, 川原博満, 花木啓祐, 伊藤武美, 松尾友矩, 土木学会第51回年次学術講演会,   1996年
  • 東京首都圏における土地利用変化と地上気温変化の関係に関する考察, 一ノ瀬俊明, 清田修, 花木啓祐, 1996年度日本地理学会秋季学術大会予稿集,   1996年
  • 下水汚泥処理システムにおけるエネルギー有効利用, 黄龍雨, 花木啓祐, 田中俊博, 環境システム研究,   1996年
  • 亜酸化窒素の分解を目的とした脱窒プロセス, 堀芳彦, 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会第33回環境工学研究フォーラム講演集,   1996年
  • 下水を用いた地域冷暖房施設のライフサイクルアセスメント−供給規模と密度の異なるモデル地区に対する検討−, 伊藤真知子、伊藤武美、花木啓祐、松尾友矩, 環境システム研究,   1995年08月
  • エネルギー効率を超えた新しいアプローチの必要性, 飯田哲也、花木啓祐, 環境システム研究,   1995年08月
  • 土地利用および人間活動の都市気候へのインパクト評価 −東京23区を例として−, 下堂薗和宏、一ノ瀬俊明、花木啓祐、鵜野伊津志, 環境システム研究,   1995年08月
  • 浄水を目的とした生物活性炭カラムにおける硝化脱窒能, 花木啓祐, 糸川浩紀, 第29回日本水環境学会年会講演集,   1995年
  • 細密地理情報にもとづく都市気候数値シミュレーション地表面境界条件の高精度化(第2報) 〜省エネルギーによる都市の熱環境緩和効果の検討〜, 一ノ瀬俊明, 下堂薗和宏, 鵜野伊津志, 花木啓祐, 日本気象学会春季大会講演予稿集,   1995年
  • 地球温暖化に伴う湖沼水質の変化のモデルによる評価, 佐藤研三、花木啓祐、松尾友矩, 土木学会第3回地球環境シンポジウム講演集,   1995年
  • Fate of selected odorous compounds in sewage treatment plant, Islam, A.K.M. Nurul, Noriyuki Suzuki, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo , 土木学会第50回年次学術講演会,   1995年
  • GISによる下水熱有効利用ポテンシャルの解析, 一ノ瀬俊明, 北村英也, 川原博満, 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会第50回年次学術講演会,   1995年
  • 都市における人工排熱の熱環境影響及び未利用エネルギーの有効利用によるその緩和, 一ノ瀬俊明, 花木啓祐, 松尾友矩, 環境科学シンポジウム1995年会講演予稿集,   1995年
  • 農地水系における亜酸化窒素の生成と分解に関する調査研究, 長谷川聖、花木啓祐、松尾友矩, 土木学会第32回環境工学研究フォーラム講演集,   1995年
  • Sensitivity of river basin runoff to climate change , Hany Hassan, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo , 土木学会第32回環境工学研究フォーラム講演集,   1995年
  • 都市代謝構造解析ツールとしてのGISの開発, 川原博満, 一ノ瀬俊明, 花木啓祐, 松尾友矩, 日本地理学会秋季学術大会予稿集,   1995年
  • GISによる下水熱有効利用にむけた最適施設配置の検討, 一ノ瀬俊明, 川原博満, 花木啓祐, 松尾友矩, 日本地理学会秋季学術大会予稿集,   1995年
  • Study on Energy Consumption in Urban Area and Its Environmental Impact, Toshiaki Ichinose, Keisuke Hanaki , The 18th Pacific Science Congress, Jun. 5-12, 1995 Beijing, China, Collection of Abstracts,   1995年
  • Post-stabilization characteristics of landfilled solid waste after exposure to leachate recirculation, Frederick G. Pohland, A. B. Al-Yousfi, Keisuke Hanaki, N. C. Vasuki , IAWQ Anaerobic Digestion Symposium, January 1994.,   1994年
  • 生活排水の窒素除去過程で発生する一酸化二窒素, 花木啓祐, 鄭紅, 市岡信也, 松尾友矩, .土木学会第2回地球環境シンポジウム,   1994年
  • 東京23区におけるエネルギー消費と都市構造, 一ノ瀬俊明, 花木啓祐, 日本地理学会1994年度春季学術大会講演予講集,   1994年
  • GISを用いた都市代謝構造の解析〜東京23区を例に〜, 一ノ瀬俊明, 花木啓祐, 川原博満, 伊藤泰志, 松尾友矩, 日本地理学会1994年度秋季学術大会講演予講集,   1994年
  • 細密地理情報にもとづく都市気候数値シミュレーション 地表面境界条件の高精度化, 一ノ瀬俊明, 花木啓祐, 鵜野伊津志, 日本気象学会秋季大会講演予稿集,   1994年
  • 大学における大気科学実習教材の研究〜環境工学の立場から〜, 一ノ瀬俊明, 花木啓祐, 松尾友矩, 日本気象学会秋季大会講演予稿集,   1994年
  • 都市代謝シミュレーションシステムの開発, 一ノ瀬俊明、花木啓祐、川原博満、伊藤泰志、松尾友矩, 土木学会第49回年次学術講演会,   1994年
  • CGアニメーションによる各種都市活動の時空間構造解析と最適化への応用, 一ノ瀬俊明、川原博満、花木啓祐, 環境科学シンポジウム1994年会講演要旨集,   1994年
  • Detection of sulfur containing odorous compounds from aqueous solution in lower than odor threshold concentration level , Islam, A.K.M. Nurul, Noriyuki Suzuki , Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo , 土木学会第49回年次学術講演会,   1994年
  • 嫌気性微生物群による塩化エチレン類の無害化, 小松俊哉, 桃井清至, 松尾友矩, 花木啓祐, 第5回廃棄物学会研究発表会講演集,   1994年
  • 中国と日本の都市におけるエネルギー消費の比較, 花木啓祐, 一ノ瀬俊明, 松尾友矩, 文部省重点領域研究「人間環境系」N3小領域シンポジウム「都市広域化の環境影響とその管理」,   1993年
  • 塩化エチレン類の嫌気的生分解を促進させる因子について, 小松俊哉, 桃井清至, 松尾友矩, 花木啓祐, 第27回日本水環境学会年会講演集,   1993年
  • 下水処理水の再利用を前提とした処理水中残存臭気物質の除去, 花木啓祐, 黄龍雨, 松尾友矩, 第30回下水道研究発表会講演集,   1993年
  • 人間活動に伴って生成する一酸化二窒素の地域スケールでの評価, 花木啓祐, 広瀬洋一郎, 松尾友矩, 土木学会第1回地球環境シンポジウム講演集,   1993年
  • Denitrification with intermittent organic supply utilizing adsorption and desorption capability of GAC , Nenita S. Fortuno, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo , 土木学会第48回年次学術講演会,   1993年
  • The effect of type of organic substrate on N2O production in denitrification process, Zheng Hong, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo , 土木学会第48回年次学術講演会,   1993年
  • 都市河川における一酸化二窒素の変化に関する調査, 糸川浩紀, 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会第30回環境工学研究フォーラム講演集,   1993年
  • 強混合感潮域のBODと溶存酸素が地球温暖化によって受ける変動, 佐藤研三, 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会第30回環境工学研究フォーラム講演集,   1993年
  • 嫌気性集積培養菌によるcis - 1, 2 - ジクロロエチレンの分解, 小松俊哉, 桃井清至, 松尾友矩, 花木啓祐, 土木学会第30回環境工学研究フォーラム講演集,   1993年
  • 脱窒プロセスにおける温室効果ガス亜酸化窒素生成に対するpHの影響, 鄭紅, 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会第28回衛生工学研究討論会講演集,   1992年
  • 関東圏における渇水安定性の評価と水再利用システムの最適化, 一ノ瀬俊明, 荒巻俊也, 山本郷史, 松尾友矩, 花木啓祐, 土木学会第28回衛生工学研究討論会講演集,   1992年
  • 嫌気性生物を生かしたハイブリッド処理システムの可能性, 花木啓祐, 第26回日本水環境学会年会講演集,   1992年
  • 嫌気条件下でのテトラクロロエチレンの還元的脱塩素反応, 小松俊哉, 桃井清至, 松尾友矩, 花木啓祐, 第26回日本水環境学会年会講演集,   1992年
  • オゾン, 曝気, 微生物処理による水中の硫黄系臭気物質と窒素系臭気物質の除去, 黄龍雨, 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会第47回年次学術講演会,   1992年
  • Production of nitrous oxide from nitrite in denitrification., Hong Zheng, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo , 土木学会第47回年次学術講演会,   1992年
  • Corrosion on concrete sewer pipes -The effect of H2S concentration, temperature and inoculation, , Ruddy Noriega, Tomonori Matsuo, Keisuke Hanaki, H. Nishizawa, Kuniharu Yoshimoto and Kazuhiro Tanaka , 土木学会第47回年次学術講演会,   1992年
  • 水源としての下水処理水の量的安定性について, 山本郷史, 一ノ瀬俊明, 松尾友矩, 花木啓祐, 土木学会第29回環境工学研究フォーラム講演集,   1992年
  • 関東地方における利水安全性の評価, 荒巻俊也, 一ノ瀬俊明, 松尾友矩, 花木啓祐, 土木学会第29回環境工学研究フォーラム講演集,   1992年
  • 都市におけるエネルギー消費構造の国際比較, 一ノ瀬俊明, 松尾友矩, 花木啓祐, 土木学会第29回環境工学研究フォーラム講演集,   1992年
  • 嫌気性微生物群による揮発性有機塩素化合物の分解除去, 小松俊哉, 桃井清至, 松尾友矩, 花木啓祐, 第3回廃棄物学会研究発表会講演集,   1992年
  • 都市域からの温室効果ガスの生成, 花木啓祐, 土木学会第27回衛生工学研究討論会講演集特別シンポジウム「地球環境問題と衛生工学」,   1991年
  • 下水道普及の影響に注目した中小都市河川の水温形成に関する考察, 一ノ瀬俊明, 隈崎勝雄, 松尾友矩, 花木啓祐, 土木学会第46回年次学術講演会,   1991年
  • Determination of sulfur containing odorous compounds in night soil treatment plant., Yong-woo Hwang, Tomonori Matsuo, Keisuke Hanaki and Noriyuki Suzuki , 土木学会第46回年次学術講演会,   1991年
  • 都市のエネルギー消費構造分析, 花木啓祐, 平松直人, 松尾友矩, 文部省重点領域研究「人間環境系」N3小領域シンポジウム「都市広域化の環境影響とその管理」,   1991年
  • 嫌気性処理における硫酸塩及び亜硫酸塩の効果, 花木啓祐, Ruddy Noriega, 松尾友矩, 第24回水質汚濁学会講演集,   1990年
  • 脱窒プロセスにおける温室効果ガス亜酸化窒素の発生, 花木啓祐, 鄭紅, 松尾友矩, 第27回下水道研究発表会,   1990年
  • 中空糸膜モジュールを用いた膜分離活性汚泥法における間欠吸引の効率化に関する研究, 日浅雅見, 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会第45回年次学術講演会,   1990年
  • 都市の諸活動に起因するエネルギー消費量の推計, 平松直人, 花木啓祐, 松尾友矩, 環境システム研究,   1990年
  • Effects of sulfide, sulfite and sulfate on methane production., Ruddy Noriega, Tomonori Matsuo and Keisuke Hanaki , Poster Paper at IAWPRC's Biennial Conf. at Kyoto,   1990年
  • Application of cell immobilization to anaerobic process., Sompong Hirunmasuwan, Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo , 土木学会第25回衛生工学研究討論会講演集,   1989年
  • Anaerobic degradation of organic materials in coastal sediment., Keisuke Hanaki, Junichiro Matsumoto , Proc. Specialised Conf. on Coastal and Estuarine Pollution, Kyushu Univ./IAWPRC/JSWPR, Oct. 1987,   1989年
  • Role of acidogenesis in eliminating inhibitory effect of unsaturated long-chain fatty acids on acetate-utilizing methanogenic bacteria., Keisuke Hanaki, Toshiya Komatsu and Tomonori Matsuo , Poster Paper at 5th International Symposium on Microbial Ecology, Kyoto. ,   1989年
  • 嫌気性処理における高級脂肪酸の阻害と相分離の効果, 小松俊哉, 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会第44回年次学術講演会,   1989年
  • 無加温上向流嫌気性ろ床法による廃水処理, 小松俊哉, 松尾友矩, 花木啓祐, 山本和夫, 第25回下水道研究発表会,   1988年
  • 直接吸引型中空糸膜を用いた活性汚泥法における間欠吸引の効果, 日浅雅見, 山本和夫, 花木啓祐, 松尾友矩, 第25回下水道研究発表会,   1988年
  • Start-up of UASB and anaerobic filter treating synthetic wastewater in ambient temperature., Keisuke Hanaki and Sompong Hirunmasuwan , Poster paper at 5th International Symposium on Anaerobic Digestion, Bologna,   1988年
  • 玉川上水の下水処理水による復活についてのアンケート調査, 瀧口博明, 松尾友矩, 花木啓祐, 環境システム研究,   1988年
  • 学生食堂排水の二相嫌気性ろ床処理, 隈崎勝雄, 松尾友矩, 花木啓祐, 土木学会第43回年次学術講演会,   1988年
  • Upflow anaerobic filter in single phase and two phase system., Keisuke Hanaki and Tomonori Matsuo , Proc. IAWPRC's Asian Workshop on Anaerobic Treatment, Oct. 1988, Bangkok,   1988年
  • 嫌気性消化における炭水化物, たんぱく質及び脂質の分解, 花木啓祐, 松尾友矩, 環境科学シンポジウム1987年年会,   1987年
  • 熱帯河川における窒素成分の変化, 花木啓祐, W.H. Hsiao , 土木学会第42回年次学術講演会,   1987年
  • 浸透性河床における硝化機構, 長岡裕, 大垣真一郎, 花木啓祐, 土木学会第40回年次学術講演会,   1985年
  • 嫌気性消化におけるたんぱく質の分解特性, 田端祥久, 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会第40回年次学術講演会,   1985年
  • 海域底質中の有機物の嫌気性分解について, 桑添貞彦, 花木啓祐, 吉野明良, 土木学会第39回年次学術講演会,   1984年
  • 嫌気性消化における汚泥返送の効果, 花木啓祐, 松本順一郎, 鈴木文夫, 土木学会東北支部昭和57年度技術研究発表会,   1983年
  • 海域底質における有機物分解に伴う硫酸還元とメタン生成について, 神埜進, 花木啓祐, 桑添貞彦, 土木学会東北支部昭和57年度技術研究発表会,   1983年
  • 嫌気性消化法の運転方式がプロセス動特性に与える影響, 花木啓祐, 松本順一郎, 土木学会第38回年次学術講演会,   1983年
  • 海域底質中の硫酸還元菌とメタン生成菌による有機物の分解について, 神埜進, 花木啓祐, 松本順一郎, 土木学会第38回年次学術講演会,   1983年
  • ショックロードに対する嫌気性消化プロセスの応答, 花木啓祐, 松本順一郎, 矢野重政, 土木学会東北支部昭和56年度技術研究発表会,   1982年
  • 酢酸からのメタン生成反応に及ぼすオレイン酸の影響について, 石川徳春, 渡辺孝夫, 花木啓祐, 土木学会東北支部昭和56年度技術研究発表会,   1982年
  • 嫌気性消化プロセスの動特性について−−−ショックロードに対する応答, 花木啓祐, 松本順一郎, 土木学会第37回年次学術講演会,   1982年
  • し尿の嫌気性消化に及ぼす撹拌と滞留日数の影響, 石井宏和, 花木啓祐, 野池達也, 土木学会東北支部昭和56年度技術研究発表会,   1982年
  • 酢酸からのメタン生成に対するオレイン酸の影響, 石川徳春, 花木啓祐, 松本順一郎, 土木学会第37回年次学術講演会,   1982年
  • メタン生成反応に及ぼす高級脂肪酸の影響, 花木啓祐, 石川徳春, 石井宏和, 土木学会東北支部昭和55年度技術研究発表会,   1981年
  • 付着生物による硝化作用に関する基礎的研究, 川崎重明, 山崎秀彦, 花木啓祐, 土木学会東北支部昭和55年度技術研究発表会,   1981年
  • メタン生成反応に及ぼす高級脂肪酸とマグネシウムの影響, 花木啓祐, 松本順一郎, 石川徳春, 土木学会第36回年次学術講演会,   1981年
  • 付着生物の硝化作用に及ぼす有機炭素とアンモニア性窒素の影響, 川崎重明, 花木啓祐, 松本順一郎, 土木学会第36回年次学術講演会,   1981年
  • 嫌気性消化における脂質の阻害とその防止策, 花木啓祐, 長瀬道彦, 松尾友矩, 土木学会第35回年次学術講演会,   1980年
  • 嫌気性消化における蛋白質, アミノ酸の分解, 長瀬道彦, 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会第35回年次学術講演会,   1980年
  • 嫌気性消化における基質分解過程について(3), 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会第34回年次学術講演会,   1979年
  • 嫌気性消化における基質分解過程について(2), 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会第33回年次学術講演会,   1978年
  • 嫌気性消化における基質分解過程について, 花木啓祐, 松尾友矩, 土木学会第32回年次学術講演会,   1977年
  • 下水汚泥の嫌気性消化に関する考察, 花木啓祐, 松尾友矩, 高橋敬雄, 第13回下水道研究発表会,   1976年
  • TLCによる水中有機物の分離に関する2, 3の検討, 松尾友矩, 旦尚久, 三沢庸助, 花木啓祐, 土木学会第30回年次学術講演会,   1975年

受賞

  •   1993年, 土木学会第29回環境工学研究フォーラム優秀論文賞
  •   1994年, 日本下水道協会有功賞(論文賞)
  •   1997年, 月刊「水」論文賞
  •   2005年, 日本水環境学会 学術賞
  •   2005年, 月刊「水」賞
  •   2008年02月, 環境科学会 学術賞
  •   2012年06月, 日本水環境学会 学会賞

競争的資金

  • 地球温暖化と都市活動の相互の関わりに関する研究, 地球環境研究総合推進費
  • 主体的行動の誘発による文の京の脱温暖化, JST社会技術研究プログラム(RISTEX), 東京都文京区において、主体的な脱温暖化活動を普及させる社会実験を行う。幼保小中学校を通じて家庭に、またネットワーク形成を中心として事業所と大学に活動を広げる。