詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

上條 賢一カミジョウ ケンイチ

所属・担当
食環境科学科
生命科学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://www.toyo.ac.jp/nyushi/column/video-lecture/20161206_02.html
生年月日
Last Updated :2017/11/23

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:長野県松本深志高校時代から落語研究会活動に没頭。
    大学時代にはBSN新潟放送でTV番組「集まれヤングメイツ」をレギュラーで担当した経験もある。ラジオ番組にも多数出演。
    新潟大学落語研究会創立者・初代会長(1967年-1970年)。
    現在新潟大学落語研究部OBOG会最高顧問。趣味は落語口演,カラオケなど。「創作駄洒落川柳」を毎月自身のHPで発表中。
    毎朝1時間のウォーキングが日課。土日はスイミングとその後のスイミンを欠かさない。
    種々の「異常状態」の前兆現象として、地球物理学的分野で自身が発見した『フラクタル次元増大の法則』が、他の様々な分野で常に成り立つかどうかを目下検証中。「エントロピー増大の法則」のムコウを張って自身が命名したので、ムコウミズと言われている。
    Life Scienceならぬ“Laugh” Science(!?)がモットー。
    学会や研究会での発表では、必ず冒頭に得意のギャグで笑わせてから本題に入る。国際会議の発表でも、いつも最初に英語でのユーモアで笑わせるように心掛けている。

学歴

  •  - 1971年, 新潟大学, 理学部, 地質鉱物学科

学位

  • 博士(理学), 京都大学

所属学協会

  • 日本測地学会
  • 電子情報通信学会
  • 日本気象学会

経歴

  •   2013年 - 現在, 東洋大学食環境科学部教授
  •   2009年 - 2013年, 東洋大学大学院生命科学研究科委員長
  •   2001年, 東洋大学生命科学部教授
  •   1997年, 東洋大学生命科学部助教授
  •   1996年, 東洋大学工学部助教授
  •   1984年, 東洋大学工学部講師
  •   1975年, 東洋大学工学部助手

研究活動情報

研究分野

  • 計算科学, 計算科学
  • 情報学, 統計科学
  • 地球惑星科学, 固体地球惑星物理学

研究キーワード

    地球情報学, 実験計画法, 品質管理, 複雑系情報学, カオス, フラクタル

論文

  • 動点測位におけるフラクタル的情報構造解析のための一方法, 金城登志樹、福澄健吾、上條 賢一, 電子情報通信学会技術研究報告, SANE2016-105, 53 - 58,   2017年01月
  • ネットワーク品質の変動時系列におけるフラクタル的情報構造解析のための一方法, 石井 良学、鈴木 宏一、上條 賢一, 電子情報通信学会技術研究報告, NS2015-182, 83 - 88,   2016年03月
  • Time Series Analysis in n-Dimensional Space Using Local Fractal Dimension –An Application to Meteorological Change –, 上條 賢一, European Meeting of Statisticians (EMS2015),   2015年07月
  • 測位データ変動における複雑性解析のための一方法-局所的フラクタル次元の活用法-, 鈴木宏一,上條賢一, 電子情報通信学会技術研究報告, SANE2014-115,   2015年01月
  • Analysis for multivariate time series using local fractal dimension in n-dimensional space, 上條 賢一, 21st International Conference on Computational Statistics (COMPSTAT2014),   2014年08月
  • 局所的フラクタル次元LFDを用いたCommunication Quality Controlのための一方法, 浦野徹,上條 賢一, 電子情報通信学会技術研究報告, CQ2013-94, 39 - 44,   2014年03月
  • Numerical Method for Fractal Analysis on Discrete Dynamical Orbit in n-Dimensional Space Using Local Fractal Dimension, 上條 賢一, Proceedings of European Conference on Numerical Mathematics and Advanced Applications (ENUMATH 2013),   2013年08月
  • Fractal Structure Analysis in Discrete Dynamical System Using Local Fractal Dimension - An Application to 3-Dimensional Logistic Orbit -, 上條 賢一、Norihisa Matsumoto, XVIIth International Congress on Mathematical Physics (ICMP12),   2012年08月
  • 一般化された多次元品質空間におけるフラクタル構造の情報解析-局所的フラクタル次元を用いた品質管理-, 上條 賢一、松本教久, 電子情報通信学会技術研究報告, CQ2012,   2012年07月
  • Improvement of EEG Processing System “BBFFT2ANOVA” - To Generate Detailed Graph Data Corresponding to ANOVA Results -, 上條 賢一、T. Ajiro, K. Shimomura, H. Yamamoto, International Journal of Computer Science and Network Security, 11, (10) ,   2011年10月
  • Numerical Complexity Analysis for Behavior of Free Moving Molecule in n-Dimensional Space Using Local Fractal Dimension, 上條 賢一、Norihisa Matsumoto, Proceedings of European Conference on Numerical Mathematics and Advanced Applications,   2011年09月
  • A Method for EEG Fluctuation Processing II -Application to Pesticide Difference Analysis in Vegetable Ingestion-, 上條 賢一、T. Ajiro, K. Shimomura, H. Yamamoto, International Journal of Computer Science and Network Security, 10, (11) ,   2010年11月
  • A Method for EEG Fluctuation Processing -Application to Fertilizer Difference Analysis in Vegetable Ingestion-, 上條 賢一、T. Ajiro, K. Shimomura, H. Yamamoto, International Journal of Computer Science and Network Security, 10, (10) 66 - 77,   2010年10月
  • A Method for Time Series Analysis Using Probability Distribution of Local Standard Fractal Dimension, 上條 賢一、Akiko Yamanouchi, Proceedings of 19th International Conference on Computational Statistics,   2010年08月
  • n次元空間における自由移動物体の挙動に関する複雑性解析-ノルム累積法による局所的フラクタル次元の算出-, 上條 賢一、松本教久, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP2010-8, 51 - 56,   2010年06月
  • A Method for Structure Analysis of EEG Data-Application to ANOVA in Vegetable Ingestion-, 上條 賢一、Takashi Ajiro, Akiko Yamanouchi, Koichiro Shimomura, Hirobumi Yamamoto, International Journal of Computer Science and Network Security, 9, (9) 70 - 82,   2009年09月
  • 局所的標準フラクタル次元の確率分布とその応用, 上條 賢一、山内明子, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP2009-69, 53 - 58,   2009年09月
  • Numerical and Practical Method for Statistical Quality Control Using Local Fractal Dimension in Discrete Time Series, 上條 賢一、Akiko Yamanouchi, Proceedings of European Conference on Numerical Mathematics and Advanced Applications,   2009年06月
  • 脳波の情報構造解析のための一方法-野菜摂取時の脳波変動を例として-, 上條 賢一、網代孝,山内明子,下村講一郎,山本浩文, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP2008-161, 59 - 64,   2009年03月
  • 脳波の情報構造解析のための一方法-野菜摂取時の脳波変動を例として-, 網代孝,山内明子,下村講一郎,山本浩文,上條賢一, 電子情報通信学会技術研究報告(NLP),   2009年
  • 脳波の情報構造解析のための一方法-野菜摂取時の脳波変動を例として-, 網代孝,山内明子,下村講一郎,山本浩文,上條賢一, 電子情報通信学会技術研究報告(NLP),   2009年
  • 局所的標準フラクタル次元の確率分布とその応用, 上條賢一,山内明子, 電子情報通信学会技術研究報告(NLP),   2009年
  • Time Series Analysis Using Local Standard Fractal Dimension -Application to Fluctuations in Seawater Temperature-, 上條 賢一、Akiko Yamanouchi, Proceedings (CD-ROM) of International Conference on Computational Statistics,   2008年08月
  • 局所的フラクタル次元を用いた統計的品質管理のための一方法, 上條 賢一、山内明子, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP2008-31,   2008年07月
  • 局所的フラクタル次元を用いた統計的品質管理のための一方法, 上條賢一,山内明子, 電子情報通信学会技術研究報告(NLP),   2008年
  • 離散時系列における局所的フラクタル次元の標準化とその性質, 上條 賢一、山内明子, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP2007-107,   2007年11月
  • Outlier Rejection in Massive Trace Element Data for Geographical Origin Identification System of Vegetables, 上條 賢一、Nobuyoshi Sato, Minoru Uehara, Koichiro Shimomura, Hirobumi Yamamoto, Journal of Networks, 2, (5) 61 - 68,   2007年09月
  • Improvement and Evaluation of SPH on High Dimensional Vector for Geographical Origin Identification System for Vegetables by Trace Elements, 上條 賢一、Nobuyoshi Sato, Minoru Uehara, Koichiro Shimomura, Hirobumi Yamamoto, Proceedings (CD-ROM) of The Second International Conference on Innovative Computing, Information and Control,   2007年09月
  • Evaluations on Classified Selection of Dense Vectors for Vegetable Geographical Origin Identification System using Trace Elements, 上條 賢一、Nobuyoshi Sato, Minoru Uehara, Koichiro Shimomura, Hirobumi Yamamoto, Proceedings (CD-ROM) of The 1st International Conference on Network-Based Information Systems,   2007年09月
  • 野菜類の産地判別システムにおける効率的な産地判別対象の絞りこみ, 上條 賢一、佐藤永欣,上原 稔,下村講一郎,山本浩文, マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2007)論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, 2007, (1) 822 - 828,   2007年07月
  • Effective Retrieval of High Dimensional Vector by Class Coding in Vegetable Geographical Origin Identification System, 上條 賢一、Nobuyoshi Sato, Minoru Uehara, Koichiro Shimomura, Hirobumi Yamamoto, Proceedings (CD-ROM) of International Conference on Distributed Computing Systems/ The 9th International Workshop on Multimedia Network Systems and Applications,   2007年06月
  • Massive Data Input System using Smirnov Test for Vegetable Geographical Origin Identification System, 上條 賢一、Nobuyoshi Sato, Minoru Uehara, Koichiro Shimomura, Hirobumi Yamamoto, Proceedings (CD-ROM) of IEEE 21st International Conference on Advanced Information Networking and Applications, 340 - 347,   2007年05月
  • Signal Processing Using Fuzzy Fractal Dimension and Grade of Fractality-Application to Fluctuations in Seawater Temperature-, 上條 賢一、Akiko Yamanouchi, Proceedings (CD-ROM) of 2007 IEEE Symposium on Computational Intelligence in Image and Signal Processing,   2007年04月
  • Massive Data Input System for Geographical Origin Identification System of Vegetables using Trace Element Compositions, 上條 賢一、Nobuyoshi Sato, Minoru Uehara, Koichiro Shimomura, Hirobumi Yamamoto, Proceedings (CD-ROM) of EEE/IPSJ SAINT 2007 Workshop on "Practical Applications of Sensor Networking", ISBN 0-7695-2757-4,   2007年01月
  • 離散時系列における局所的フラクタル次元の標準化とその性質, 上條賢一,山内明子, 電子情報通信学会技術研究報告(NLP),   2007年
  • 野菜類の産地判別システムにおける効率的な微量元素含有量のコード化, 上條 賢一、佐藤永欣,上原 稔,下村講一郎,山本浩文, マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, 2006, (15) 73 - 78,   2006年11月
  • 移動相対分散を用いた時系列解析-海水温の層間差変動への適用-, 上條 賢一、山内明子, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP2006-74,   2006年11月
  • Efficient Retrieval on Dense Vector by Similarity Preserve Hash in Vegetable Geographical Origin Identification System, 上條 賢一、Nobuyoshi Sato, Minoru Uehara, Koichiro Shimomura, Hirobumi Yamamoto, International Journal of Computer Science and Network Security, 6, (10) 227 - 235,   2006年10月
  • Efficient Target Selection in Similarity Preserve Hash for Distributed Geographical Origin Identification System of Vegetables, 上條 賢一、Nobuyoshi Sato, Minoru Uehara, Koichiro Shimomura, Hirobumi Yamamoto, Proceedings of the 9th International Workshop on Network-Based Information Systems, in conjunction with 17th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA2006), 40 - 44,   2006年09月
  • 微量元素含有量を用いた野菜類の分散型産地判別システム, 上條 賢一、佐藤永欣,上原 稔,玉岡 迅,下村講一郎,山本浩文, 情報処理学会論文誌, 47, (7) 2151 - 2159,   2006年07月
  • 野菜類の分散型産地判別システムにおけるSPHの効率化, 上條 賢一、佐藤永欣,上原 稔,玉岡 迅,下村講一郎,山本浩文, マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2006)論文集II, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, 2006, (6) 917 - 920,   2006年07月
  • Walsh直交関数系を用いたLFD変動解析のための一方法, 上條 賢一、山内明子, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP2006-9,   2006年05月
  • Target Selection by Similarity Preserve Hash in Distributed System for Geographical Origin Identification of Vegetables, 上條 賢一、Nobuyoshi Sato, Minoru Uehara, Jin Tamaoka, Koichiro Shimomura, Hirobumi Yamamoto, Proceedings of the IEEE 20th International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA2006), 1, 173 - 178,   2006年04月
  • 海水温変動における層間差時系列のLFD解析-気象現象と関連するLFD変化の特徴について-, 上條 賢一、山内明子, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP2005-121,   2006年01月
  • 移動相対分散を用いた時系列解析-海水温の層間差変動への適用-, 上條賢一,山内明子, 電子情報通信学会技術研究報告(NLP),   2006年
  • Walsh直交関数系を用いたLFD変動解析のための一方法, 上條賢一,山内明子, 電子情報通信学会技術研究報告(NLP) ,   2006年
  • 海水温変動における層間差時系列のLFD解析-気象現象と関連するLFD変化の特徴について-, 上條賢一,山内明子, 電子情報通信学会技術研究報告(NLP),   2006年
  • 微量元素による農産物の産地判別システムにおけるSPHによる絞り込み, 上條 賢一、佐藤永欣,上原 稔,玉岡 迅,下村講一郎,山本浩文, マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, 2005, No.19, pp.251-255, (19) 251 - 255,   2005年11月
  • 離散時系列におけるLFD・LCR解析-層別海水温変動への応用-, 上條 賢一、山内明子, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP2005-69,   2005年11月
  • A Distributed Geographical Origin Identification System for Agricultural Products by Trace Element Compositions, 上條 賢一、Nobuyoshi Sato, Minoru Uehara, Jin Tamaoka, Koichiro Shimomura, Hirobumi Yamamoto, International Journal of Computer Science and Network Security, 5, (10) 55 - 63,   2005年10月
  • A Possibility Test on a Discrimination System for Identification of Cultivated Products by Trace Element Analysis, 上條 賢一、Nobuyoshi Sato, Minoru Uehara, Jin Tamaoka, Koichiro Shimomura, Hirobumi Yamamoto, Proceedings of the 5th International Conference on Computer and Information Technology (CIT2005), 971 - 975,   2005年09月
  • Initial Design of Distributed Identification System for Geographical Origin by Trace Element Analysis, 上條 賢一、Nobuyoshi Sato, Minoru Uehara, Jin Tamaoka, Koichiro Shimomura, Hirobumi Yamamoto, Proceedings of the 8th International Workshop on Network-Based Information System (NBiS'05), in conjunction with the 16th International Workshop on Database and Expert Systems Applications (DEXA2005), 79 - 83,   2005年08月
  • A Discrimination System for Identification of Cultivated Products by Trace Elements Analysis -Using Broccoli as an Example-, 上條 賢一、Nobuyoshi Sato, Minoru Uehara, Jin Tamaoka, Koichiro Shimomura, Hirobumi Yamamoto, Proceedings of the 7th International Workshop on Multimedia Network Systems and Applications (MNSA 2005), in conjunction with the 25th IEEE International Conference on Distributed Computing Systems Workshops, 673 - 679,   2005年06月
  • 微量元素分析による野菜類の分散産地判別システムの検討, 上條 賢一、佐藤永欣,上原 稔,玉岡 迅,下村講一郎,山本浩文, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2005)シンポジウム論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, 2005, (6) 773 - 776,   2005年06月
  • Sliding Measurement for Signal Processing Using Local Fractal Dimension -An Example of Fluctuations in Seawater Temperature as Discrete Dynamical Systems-, 上條 賢一、Akiko Yamanouchi, Proceedings(CD-ROM) of Fractals in Engineering 2005, 1 - 6,   2005年06月
  • 浅層における深度別海水温のLDF解析-差系列の移動平均を用いた季節境界推定法-, 上條 賢一、山内明子,甲斐千尋, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP2004-97,   2005年01月
  • 浅層における深度別海水温のLDF解析-差系列の移動平均を用いた季節境界推定法-, 信学技報,NLP2004-97,   2005年
  • 離散時系列におけるLFD・LCR解析-層別海水温変動への応用-, 信学技報,NLP2005 ,   2005年
  • Sliding Measurement for Local Fractal Dimension in Discrete Time Series and its Applications, 上條 賢一、Takaomi Kato, Proceedings of 2004 Hawaii International Conference on Statistics, Mathematics and Related Fields,   2004年06月
  • 局所的フラクタル次元を用いた深度構造の時系列解析-伊豆半島周辺における海水温変動を例として-, 上條 賢一、山内明子,甲斐千尋, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP2004-23,   2004年06月
  • 局所的フラクタル次元を用いた深度構造の時系列解析-伊豆半島周辺における海水温変動を例として-, 信学技報, NLP2004,   2004年
  • 分散分析を用いたフラクタル次元検定法とその応用, 上條 賢一、甲斐千尋,杉原崇文, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP2003-101,   2003年11月
  • 離散時系列における局所的フラクタル次元のスライド式計測法とその応用, 上條 賢一、加藤貴臣, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP2003-38,   2003年07月
  • ある3次関数を用いた1自由度写像により生成される軌道差系列の統計的性質, 上條 賢一、前川一也, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP2002-149,   2003年03月
  • 離散力学系軌道を利用した落下シミュレーションの現象解析, 上條 賢一、前川一也, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP2002-153,   2003年03月
  • 離散的周期時系列のフラクタル次元に関する一考察, 上條 賢一、米山正秀, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP2002-97,   2003年02月
  • 分散分析を用いた局所的フラクタル次元の検定法とその応用, 信学技法, NLP, 2003 - 101,   2003年
  • Test for Local Fractal Dimension Using Variance Analysis and its Applications, TECHNICAL REPORT OF IEICE, NLP, 2003 - 101,   2003年
  • Relationship between Generation Overlapping and Fractal Dimension in Secular Change of ALife Population, 上條 賢一、Masahide Yoneyama, Proceedings of ALife8, 25 - 28,   2002年12月
  • 離散力学系における初期微動時間に関する一考察, 上條 賢一、米山正秀, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP2002-65,   2002年09月
  • Population Change of Artificial Life Conforming to A Propagating Rule -- Generation Overlapping and Fractal Structure Change --, 上條 賢一、Masahide Yoneyama, Proceedings of FRACTAL2002,   2002年09月
  • 離散力学系における軌道積系列の統計的性質, 上條 賢一、前川一也, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP2002-29,   2002年07月
  • 離散力学系における軌道差系列の統計的性質, 上條 賢一、前川一也, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP2001-120,   2002年03月
  • Relationship between generation Overlapping and Fractal Dirnension in Secular Change of ALife Population, ALife8,Sydney,   2002年
  • 離散力学系におけるカオス発現時刻制御のための一方法, 上條 賢一、米山正秀, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP2001-47,   2001年09月
  • 離散力学系におけるカオス発現時刻制御のための一方法, 信学技報, NLP,   2001年
  • 離散力学系の定常解に付加する極微小誤差と初期微動時間との関係について, 上條 賢一、米山正秀, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP2000-103,   2000年11月
  • Chaotic Phenomena and Fractal Information Structure in Coexistence System for Three Kinds of Artificial Lives, 上條 賢一、Masahide Yoneyama, Proceedings of ISITA2000,   2000年09月
  • 非線形多重写像によるカオス的乱数の統計的性質, 上條 賢一、米山正秀, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP2000-40,   2000年06月
  • カオス的乱数の確率分布とその統計的性質, 上條 賢一、米山正秀, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP99-155,   2000年03月
  • カオス的乱数の確率分布とその統計的性質, 信学技報, NLP, 99 - 155,   2000年
  • 非線形多重写像によるカオス的乱数の統計的性質, 信学技報, NLP, 2000 - 40,   2000年
  • 離散力学系の定常解に付加する極微小誤差と初期微動時間との関係について, 信学技報, NLP, 2000 - 103,   2000年
  • Smoothing in Chaotic Orbit and its Change of Fractal Structure, 上條 賢一、Masahide Yoneyama, Proceedings of NOLTA'99,   1999年09月
  • カオス的ピッチゆらぎをもつ声帯音源波の生成と母音合成への応用, 上條 賢一、米山正秀, Journal of Signal Processing, 3, (6) 463 - 470,   1999年06月
  • Fractal Dimension in Chaotic Area of Logistic Dynamical System, 上條 賢一、Masahide Yoneyama, Research Reports of Faculty of Engineering Toyo University, (34) 43 - 47,   1999年03月
  • カオス軌道の平滑化とそのフラクタル的構造変化, 上條 賢一、米山正秀, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP98-122,   1999年03月
  • カオス的ピッチゆらぎをもつ声帯音源波の生成と母音合成への応用, 信号処理, 3, (6) ,   1999年
  • カオス軌道の平滑化とそのフラクタル的構造変化, 信学技報, NLP, 98 - 122,   1999年
  • Chaos Phenomena and Fractal Information Structure in Logistic Orbit of Discrete Dynamical Systems, 上條 賢一、Masahide Yoneyama, Proceedings of NOLTA'98,   1998年09月
  • 3生物共存系におけるカオス現象とそのフラクタル的情報構造, 上條 賢一、米山正秀, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP98-57,   1998年07月
  • ノルム累積法によるフラクタル次元測定法-オメガ・ロジスティック変換後の離散力学系軌道への適用-, 上條 賢一、米山正秀, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP98-56,   1998年07月
  • 離散力学系軌道におけるフラクタル次元測定法とその応用, 上條 賢一, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP97-154,   1998年03月
  • 生命個体数のマクロ的世代変動におけるカオス現象とそのフラクタル的情報構造, 上條 賢一, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP97-155,   1998年03月
  • 生命個体数のマクロ的世代変動におけるカオス現象とそのフラクタル的情報構造, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP, 97 - 155,   1998年
  • ノルム累積法によるフラクタル次元測定法 -オメガ・ロジスティック変換後の離散力学系軌道への適用-, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP, 98 - 48,   1998年
  • 3生物共存系におけるカオス現象とそのフラクタル的情報構造, 電子情報通信学会技術研究報告, NLP, 98 - 49,   1998年
  • 離散力学系軌道を利用したカオス暗号-復号不要の原理とそのアルゴリズム-, 上條 賢一、片岡篤嗣, 電子情報通信学会技術研究報告, ISEC96-75,   1997年03月
  • 改良型フラクタル暗号の理論とそのアルゴリズム, 上條 賢一、片岡篤嗣, 電子情報通信学会技術研究報告, ISEC96-76,   1997年03月
  • 離散力学係軌道を利用したカオス暗号-復号不要の原理とその応用-, 電子情報通信学会技術研究報告, ISEC, 96 - 75,   1997年
  • 改良型フラクタル暗号の理論とそのアルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告, ISEC, 96 - 76,   1997年
  • 電子商取引におけるディジタル署名の一方法-フラクタル暗号の提案-, 上條 賢一、片岡篤嗣, 電子情報通信学会技術研究報告, ISEC96-47,   1996年11月
  • 電子商取引におけるディジタル署名の-方法フラクタル暗号の提案-, 電子情報通通学会技術研究報告, ISEC, 96 - 47,   1996年
  • 直交配列表を利用したマルチ暗号化の構造とそのアルゴリズム, 上條 賢一, 電子情報通信学会技術研究報告, ISEC95-22,   1995年09月
  • Characteristics of Residual Series for Mean Sea Level Associated with Earthquakes Using Pulse Decomposition, 上條 賢一、Yoichiro Fujii, Proceedings of IUGG XXI General Assembly,   1995年07月
  • 直交配列表を利用した情報セキュリティ構造とそのアルゴリズム, 上條 賢一, 電子情報通信学会技術研究報告, ISEC95-4,   1995年05月
  • 直交配列表を利用した情報セキュリティ構造とそのアルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告, ISEC95-4,23-30,   1995年
  • 直交配列表を利用したマルチ暗号化の構造とそのアルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告, ISEC, (95-22) 67 - 74,   1995年
  • Proposal of Extrema-Interval Test for Statistical Quality Control, 上條 賢一, Research Reports of Faculty of Engineering Toyo University, (19) 149 - 153,   1994年03月
  • Study on Residual Structure of Secular Change by Pulse Model Fitting in Geodetic Network, 上條 賢一, Journal of the Geodetic Society of Japan, 40, (2) 101 - 136,   1994年02月
  • A Method of Adjustment of Free Network by Orthogonal Decomposition, 上條 賢一, Manuscripta Geodaetica,Springer-Verlag, 16, (1) 19 - 27,   1991年01月
  • Vertical Crustal Movements as Deduced from Orthogonal Pulse Decomposition of Tide Gauge Observations, 上條 賢一, Manuscripta Geodaetica, Springer-Verlag, 15, (5) 296 - 301,   1990年05月
  • 観測計画法による一般線形モデルの汎用解析法, 上條 賢一、藤井陽一郎,青木滋, 測地学会誌, 34, (1) 25 - 32,   1988年06月
  • パルス分解法を用いた潮位解析による隆起量推定法--1986年伊豆大島噴火に関連した南伊豆,岡田における地殻変動の検定--, 上條 賢一、藤井陽一郎,青木滋, 測地学会誌, 33, (4) 307 - 313,   1988年03月
  • パルス分解法を用いた潮位解析による隆起量推定法, 測地学会誌, 33, (4) ,   1988年
  • 観測計画法による一般線形モデルの汎用解析法, 測地学会誌, 34, (1) ,   1988年
  • パルス分解法による潮位解析--1983年日本海中部地震に関連した深浦,男鹿における地殻変動の検定--, 上條 賢一、藤井陽一郎,青木滋, 測地学会誌, 33, (2) 89 - 96,   1987年08月
  • 管理図による異常検出のための汎用手法--潮位解析を例として--, 上條 賢一、藤井陽一郎,青木滋, 測地学会誌, 33, (1) 49 - 60,   1987年06月
  • 観測計画法おける直交理論, 上條 賢一、藤井陽一郎,青木滋, 測地学会誌, 33, (1) 49 - 60,   1987年06月
  • 観測計画法における直交理論, 測地学会誌, 33, (1) ,   1987年
  • パルス分解法による潮位解析, 測地学会誌, 33, (2) ,   1987年
  • 直交表による効率的な測地情報抽出のための汎用手法--観測計画法の提案--, 上條 賢一、藤井陽一郎,青木滋, 測地学会誌, 32, (2) 99 - 105,   1986年08月
  • パルス分解法による水準測量の時系列解析--掛川-浜岡間を例として--, 上條 賢一、藤井陽一郎,青木滋, 測地学会誌, 32, (2) 106 - 112,   1986年08月
  • DE-Expert(PC-9801用ソフトウェア), 上條 賢一, 日本能率協会総合研究所,   1986年06月
  • TQCツールパッケージ(PC-9801用ソフトウェア), 上條 賢一, 技術評論社,   1986年06月
  • 直交分解によるフリー網理論, 上條 賢一、藤井陽一郎,青木滋, 測地学会誌, 31, (4) 313 - 324,   1986年03月
  • 短い時系列測地データ解析の汎用手法, 上條 賢一、藤井陽一郎,青木滋, 測地学会誌, 31, (4) 325 - 332,   1986年03月
  • Unified Algorithm for Analysis of Orthogonal Array with Prime Level, 上條 賢一, Research Reports of Faculty of Engineering Toyo University, (19) 133 - 147,   1984年03月
  • 精密累積法解析のための新手法--精密累積型(外側因子型)Yates-Kamijo法について--, 上條 賢一, 品質管理, 33, 1736 - 1742,   1982年11月
  • 直和法解析のための新手法--直和型Yates-Kamijo法について--, 上條 賢一, 品質管理, 33, 1742 - 1749,   1982年11月
  • 素数水準系直交表解析のための汎用アルゴリズム--素数水準型Kamijo法について--, 上條 賢一, 品質管理, 33, 704 - 710,   1982年05月
  • 累積度数表を用いない累積法解析のアルゴリズム--累積型Yates-Kamijo法について--, 上條 賢一, 品質管理, 33, 698 - 703,   1982年05月
  • 擬因子法解析のアルゴリズム--Yates-Kamijo法について--, 上條 賢一, 品質管理, 32, 1570 - 1576,   1981年11月
  • 極値間統計量の主成分について, 上條 賢一, 品質管理, 31, 1641 - 1644,   1980年11月
  • 極値間隔検定法の汎用性について, 上條 賢一, 品質管理, 30, 1665 - 1669,   1979年11月
  • モンテカルロ法による確率収束に関する研究, 上條 賢一, 電気学会情報処理研究会資料, ⅠP-79-39,   1979年05月
  • ランダムプロセスにおける極値間統計量検定法, 上條 賢一, 電気学会情報処理研究会資料, ⅠP-79-38,   1979年05月
  • 確率過程における極値間統計量の確率分布とその応用(Ⅰ), 上條 賢一, 電気学会情報処理研究会資料, ⅠP-78-60,   1978年10月
  • 極値間統計量検定法による異常工程シミュレーション, 上條 賢一, 電気学会情報処理研究会資料, ⅠP-78-61,   1978年10月
  • 確率過程のシミュレーション(Ⅱ)--極値間隔について--, 上條 賢一, 電気学会情報処理研究会資料, ⅠP-78-12,   1978年06月
  • 正規確率過程における極値間統計量の確率分布, 上條 賢一, 電気学会情報処理研究会資料, ⅠP-78-13,   1978年06月
  • Statistic Test between Successive Extrema for Quality Control, 上條 賢一, Proceedings of International Conference on Quality Control, JUSE, D1-103 - D1-108,   1978年06月
  • 新潟市南方黒埼地区の水溶性天然ガス附随水の地下還元実験と地盤沈下について, 上條 賢一、青木滋, 新潟大学地盤災害研究施設年報, (4) 67 - 79,   1978年04月
  • 品質管理における極値間隔検定法の検出力評価シミュレーション, 上條 賢一, 品質管理, 28, 1543 - 1545,   1977年11月
  • 確率過程のシミュレーション(Ⅰ)--極値間隔の確率分布とその応用--, 上條 賢一, 電気学会情報処理研究会資料, ⅠP-77-23,   1977年06月
  • 極値間隔検定法による工程管理に関する研究, 上條 賢一, 品質管理, 28, 801 - 804,   1977年05月

MISC

  • 地盤のパルス現象解明のための一考察, 農林水産省新潟地盤沈下対策研究会資料, 107-113,   1992年
  • 新潟平野のパルス現象の検討, 「新潟平野の地盤沈下」(農林水産省), 189-196,   1992年

書籍等出版物

  • パソコン情報学入門
    上條 賢一、前川一也,中挟知延子
    工学図書  1999年03月
  • パソコンTQCの楽しみ方
    上條 賢一
    工学図書  1994年01月
  • Study on Residual Structure of Secular Change by Pulse Model Fitting in Geodetic Network
    上條 賢一
    京都大学大学院学位論文(理学研究科地球物理学専攻)  1994年01月
  • パソコンによるTQC入門
    上條 賢一
    工学図書  1984年11月
  • パソコン統計学入門
    上條 賢一
    工学図書  1984年09月
  • パソコンによる実験計画法入門
    上條 賢一
    工学図書  1983年11月

講演・口頭発表等

  • 気象変動モニタリングにおけるLFD異常検出のための一方法, 金城登志樹、福澄健吾、上條 賢一, 日本気象学会2016年度秋季大会,   2016年10月28日
  • 気象観測時系列における変動特性解析のための一方法-LFDの分散分析法とその適用-, 上條 賢一、鈴木宏一, 日本気象学会2015年度秋季大会,   2015年10月28日
  • マクロ的気象変動におけるLFDを用いた複雑性観測のための一方法, 上條 賢一、加部 渚, 日本気象学会2014年度秋季大会,   2014年10月22日
  • 水深別海水温変動における3次元LFD観測のための一方法-伊豆半島周辺を例として-, 上條 賢一、浦野徹,山内明子, 日本気象学会2013年度秋季大会,   2013年11月20日
  • 多次元気象変動空間における局所的フラクタル次元の観測手法とその応用, 上條 賢一, 日本気象学会2012年度秋季大会,   2012年10月03日
  • 環境気象と動物行動の複雑性との関係について-ダミー変数を用いた局所的フラクタル次元解析 -, 上條 賢一、松本教久, 日本気象学会2011年度秋季大会,   2011年11月
  • 環境気象と動物行動の複雑性との関係について-多変量解析による局所的フラクタル次元解析-, 上條 賢一、松本教久, 日本気象学会2011年度春季大会,   2011年05月
  • 環境気象と動物行動の複雑性との関係について-局所的フラクタル次元による解析-, 上條 賢一、松本教久,山内明子, 日本気象学会2010年度秋季大会,   2010年10月
  • 竜巻発生時における前兆現象とLFD変動パターンの特徴について―2009年7月館林市で発生した竜巻を例として―, 上條 賢一、西村満,蔵田英之,小笠原拓也,戸辺義人,高木篤大,菅生啓示,山内明子,松本教久, 日本気象学会2010年度秋季大会,   2010年10月
  • 局所的標準フラクタル次元を用いた層別海水温の変動解析-伊豆半島周辺を例として-, 上條 賢一、山内明子,赤堀智樹,井上周弥,幸田眞子, 日本気象学会2009年度秋季大会,   2009年11月
  • LFD異常と海洋環境変異の独立性検定について-伊豆半島周辺を例として-, 上條 賢一、山内明子,赤堀智樹,井上周弥,幸田眞子, 日本気象学会2009年度春季大会,   2009年05月
  • 伊豆半島周辺における層別海水温の変動解析-二重逆転化現象について-, 上條 賢一、山内明子,赤堀智樹,井上周弥,幸田眞子, 日本気象学会2008年度秋季大会,   2008年11月
  • MT法による冬型気圧配置判別のための一方法, 上條 賢一、関隆則, 日本気象学会2008年度秋季大会,   2008年11月
  • 500hPa等圧面高度変化のフラクタル性とその季節性, 上條 賢一、関隆則, 日本気象学会2006年度春季大会,   2006年05月
  • 黒潮大蛇行時における海水温変動のLFD 変化について, 上條 賢一、山内明子 小林裕司 赤堀智樹, 日本気象学会2006年度春季大会,   2006年05月
  • 500hPa等圧面高度のLFD解析-2003年の冷夏時の特徴について-, 上條 賢一、関隆則, 日本気象学会2005年度春季大会,   2005年05月
  • 梅雨期における深度別海水温変動の特徴について-LFDによる夏の暑冷予測法-, 上條 賢一、山内明子 小林裕司 赤堀智樹 西健二, 日本気象学会2005年度春季大会,   2005年05月
  • ブロッコリーの微量元素組成に基づく産地判別技術の可能性の検討, 上條 賢一、玉岡 迅,石黒 沙千代,山本 祥子,佐藤 永欣,下村 講一郎, 日本農芸化学会2005年度年次大会,   2005年03月
  • 台風上陸時における海水温変動のLFD変化について, 2005年度秋季大会,日本気象学会 ,   2005年
  • 季節標準境界による海水温変動解析-黒潮大蛇行の影響について-, 2005年度秋季大会,日本気象学会,   2005年
  • 夏季における500hPa等圧面高度のフラクタル性, 2005年度秋季大会,日本気象学会 ,   2005年
  • 季節境界推定法における判定基準の仮設定-伊豆半島周辺を例として-, 上條 賢一、山内明子 小林裕司 赤堀智樹 西健二, 日本気象学会2004年度春季大会,   2004年05月
  • 気温日較差変動のLFD解析-梅雨前後の気象変動を例として-, 上條 賢一、関隆則, 日本気象学会2004年度春季大会,   2004年05月
  • 浅層における深度別海水温の変動解析-高感度センサーとしての季節境界推定法-, 日本気象学会,   2004年
  • エルニーニョ及びラニーニャにおけるフラクタル次元の性質について, 日本気象学会,   2004年
  • 気温日較差変動のLFD解析-梅雨前後の気象変動を例として-, 日本気象学会,   2004年
  • 冷夏時の海水温変化におけるフラクタル的情報構造-伊豆半島周辺を例として-, 日本気象学会,   2004年
  • エルニーニョとフラクタル次元との関係について, 日本気象学会,   2004年
  • 遺伝的アルゴリズムを用いた食道発声者の音源同定~健常者音源との合成~, 上條 賢一、増子厚,村上真,米山正秀,斉藤博人,中村尚五, 日本音響学会2003年秋季研究発表会,   2003年10月
  • 遺伝的アルゴリズムを用いた食道発声者の音源同定, 上條 賢一、増子厚,米山正秀,斉藤博人,中村尚五, 日本音響学会2003年春季研究発表会,   2003年05月
  • 食道発声者における音源信号の同定, 上條 賢一、増子厚,米山正秀,斎藤博人,中村尚五, 東洋大学工業技術研究所2003年第1回講演会,   2003年05月
  • 雪崩規模推定のための定量的相互評価法, 上條 賢一、永井拓三 加藤貴臣, 日本雪氷学会全国大会,   2002年10月
  • 雪崩多発地帯における気象条件変化に関する情報構造学的研究, 上條 賢一、加藤貴臣 永井拓三, 日本雪氷学会全国大会,   2002年10月
  • 母音合成音声の自然性に関する研究, 上條 賢一、片岡伸介,米山正秀, 東洋大学工業技術研究所講演会,   2001年10月
  • ピッチゆらぎを導入した声帯音源波による合成音, 上條 賢一、山本明広,川島康晴,米山正秀, 日本音響学会1999年春季研究発表会,   1999年05月
  • ピッチゆらぎを導入した声帯音源波による合成音, 1999年春季研究発表会,日本音響学会,   1999年
  • 地殻変動におけるプレフラクタル的情報構造について, 上條 賢一、高畑行秀, 日本測地学会第86回講演会要旨,   1996年10月
  • プレフラクタル的情報構造の解析-フラクタル情報量規準FICの提案-, 上條 賢一、高畑行秀, 電子情報通信学会ソサイエティ大会,   1996年10月
  • 階層分析法によるプレフラクタル的情報構造の解析, 上條 賢一、高畑行秀, 電子情報通信学会ソサイエティ大会,   1996年10月
  • 新潟市周辺の地盤沈下について, 上條 賢一、青木滋, 日本自然災害学会第15回学術講演会,   1996年10月
  • 潮位パルス分解による兵庫県南部地震の震源域周辺の地殻垂直変動(1965-1993), 上條 賢一、藤井陽一郎, 日本測地学会第84回講演会要旨,   1995年10月
  • 潮位パルス分解による兵庫県南部地震の震源域周辺の地殻垂直変動(1965-1993), 日本測地学会第84回講演会要旨,   1995年
  • パルス分解法による年平均潮位の解析--地震前兆としての残差系列の性質--, 上條 賢一、藤井陽一郎, 日本測地学会第82回講演会要旨,   1994年10月
  • パルス分解法による年平均潮位の解析-地震前兆としての残差系列の性質-, 日本測地学会第82回講演会要旨,   1994年
  • 測地網における経年変動の誤差構造, 上條 賢一, 日本測地学会第78回講演会要旨,   1992年10月
  • 網内基準点移動方式による最適仮想不動点の抽出, 上條 賢一, 日本測地学会第77回講演会要旨,   1992年04月
  • 網内基準点移動方式による最適仮想不動点の抽出, 日本測地学会第77回講演会要旨,   1992年
  • 測地網における経年変動の誤差構造, 日本測地学会第78回講演会要旨,   1992年
  • 潮位解析による伊豆大島岡田港における地殻変動の統計的検定(Ⅰ), 上條 賢一、藤井陽一郎,青木滋, 日本測地学会第72回講演会要旨,   1989年10月
  • 潮位解析からみた伊豆半島北東部の地殻垂直変動(Ⅰ), 上條 賢一、桑山辰夫,藤井陽一郎,青木滋, 日本測地学会第72回講演会要旨,   1989年10月
  • 多変数多水準モデルにおける観測構造解析, 上條 賢一、藤井陽一郎,青木滋, 日本測地学会第70回講演会要旨,   1988年10月
  • パルス分解法を用いた潮位解析による隆起量推定法-1986年伊豆大島噴火に関連した南伊豆,岡田みおける地殻変動の検定-, 上條 賢一、藤井陽一郎,青木滋, 日本測地学会第68回講演会要旨,   1987年11月
  • パルス分解法による潮位解析-1983年日本海中部地震に関連した深浦,男鹿における地殻変動の検定-, 上條 賢一、藤井陽一郎,青木滋, 日本測地学会第67回講演会要旨,   1987年05月
  • 管理図による異常検出のための汎用手法, 上條 賢一、藤井陽一郎, 日本測地学会第65回講演会要旨,   1986年05月
  • 直交表による効率的な測地情報抽出のための汎用手法-観測計画法の提案-, 上條 賢一、藤井陽一郎, 日本測地学会第64回講演会要旨,   1985年10月
  • 直交分解によるフリー網理論, 上條 賢一、藤井陽一郎,青木滋, 日本測地学会第63回講演会要旨,   1985年05月
  • Simple Numerical Computation for P-adic Numbers by Pseudo-Decimalization, 上條 賢一, 日本数学会1982年度応用数学分科会,   1982年10月
  • Proof for Yates-Kamijo Method, 上條 賢一, 日本数学会1982年度統計数学分科会,   1982年10月
  • 短い乱数列におけるランダムネス検定の一方法, 上條 賢一, 情報処理学会第21回全国大会,   1980年05月
  • 極値間統計量の上側5%について, 上條 賢一, 情報処理学会第20回全国大会,   1979年05月
  • モンテカルロ法による極値間統計量の確率分布解析とその応用, 上條 賢一, 情報処理学会第19回全国大会,   1978年05月
  • 正規確率過程のシミュレーション--極値間隔の確率分布とその応用--, 上條 賢一、上迫宏計, 電気学会昭和52年講演会,   1977年08月
  • 確率モデルにおける地震回数のピーク間隔, 上條 賢一, 地震学会昭和52年度講演会,   1977年05月
  • 異常工程シミュレーション--極値間隔検定法の検出力について--, 上條 賢一, 情報処理学会第18回全国大会,   1977年05月
  • コンピュータによるダイラタンシーモデルのシミュレーション, 上條 賢一, 地震学会昭和51年度講演会,   1976年05月
  • ポアソン乱数の時系列シミュレーション--期待値とピーク間隔との関係について--, 上條 賢一, 情報処理学会第17回全国大会,   1976年05月
  • 関東地方における年間地震発生回数に関するシミュレーション, 上條 賢一, 地震学会昭和51年度講演会,   1976年05月

競争的資金

  • 測地網におけるパルス・モデル適合による経年変化の残差構造に関する研究
  • パルスモデルを用いた潮位解析による地震前兆の発見法
  • 複雑系に関する研究

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 生体分子情報工学, 東洋大学
  • 生命科学英語Ⅰ, 東洋大学
  • コンピューター実習, 東京国際大学
  • 情報処理演習, 東洋大学
  • 地学Ⅰ,Ⅱ, 東洋大学
  • 地球情報学特論, 東洋大学大学院
  • 情報処理基礎, 東洋大学
  • 食品品質管理学, 東洋大学