研究者総覧

小路口 聡 (ショウジグチ サトシ)

  • 文学部東洋思想文化学科 教授
  • 国際哲学研究センター 教授
  • 東洋学研究所 教授
  • 文学研究科中国哲学専攻 教授
Last Updated :2021/08/31

研究者情報

学位

  • 文学修士(広島大学)
  • 博士(文学)(東洋大学)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 陽明学   朱子学   中国哲学   

研究分野

  • 人文・社会 / 中国哲学、印度哲学、仏教学 / 中国哲学、宋明儒学思想、朱子学、陽明学

学歴

  •         - 1989年   広島大学大学院   文学研究科   中国哲学・インド哲学専攻
  •         - 1982年   広島大学   文学部   中国哲学専攻

所属学協会

  • 日本中國學會   白山中国学会   

研究活動情報

論文

  • 『孟子』公孫丑上篇「人皆有不忍人之心」章を読む――哲学資源として漢文を「読む」――
    小路口 聡
    白山中国学 27 1 - 40 2021年03月 [査読有り]
  • 小路口 聡
    陽明学 30 1 - 49 2020年03月 [招待有り]
  • 王畿「余氏家會籍題辭」訳注――陽明門下の講会活動記録を読む(四)――
    小路口 聡
    『東洋思想文化』 6 1 - 28 2019年02月
  • 王畿「書績溪穎濱書院同心會藉」訳注――陽明門下の講会活動記録を読む(三)――
    小路口 聡
    『東洋思想文化』 5 1 - 28 2018年02月
  • 王畿「婺源同志會約」訳注――陽明門下の講会活動記録を読む(二)――
    小路口 聡
    『東洋思想文化』 4 1 - 36 2017年02月
  • 王畿「蓬莱會籍申約」訳註――陽明門下の講会活動記録を読む(一)――
    小路口 聡
    『東洋思想文化』 3 1 - 52 2016年03月
  • 西周と陽明学――「生性劄記」における「当下便是」説批判をめぐって――
    小路口 聡
    『近代化と伝統の間――明治期の人間観と世界観――』教育評論社 24 - 52 2016年02月
  • 宋明心学における「現在」主義の哲学
    小路口 聡
    『哲学資源としての中国思想』研文出版 70 - 91 2013年03月
  • 天地を生み出す良知について
    小路口 聡
    『東洋大学中国哲学文学科紀要』 21 61 - 87 2013年03月
  • 朱熹の慎独論
    小路口 聡
    『東洋大学中国哲学文学科紀要』 20 35 - 83 2012年03月
  • 王畿晩年の「自訟」についての考察
    小路口 聡
    『東洋学研究』 49 137 - 160 2012年03月
  • 王畿の「一念自反」の思想――王畿良知心学原論(二)――
    小路口 聡
    『東洋大学中国哲学文学科紀要』 19 23 - 67 2011年03月
  • 王畿の「一念」の思想――王畿良知心学原論(一)――
    小路口 聡
    『東洋大学中国哲学文学科紀要』 18 17 - 58 2010年03月
  • 「人に忍びざるの政」とは(四)──朱熹の死刑論と人間の尊厳について──
    小路口 聡
    東洋学研究 46 95 - 118 2009年03月
  • 「人に忍びざるの政」とは(3)――宋王朝の「寛仁」政策と朱熹の刑罰論
    小路口 聡
    東洋学研究 45 2008年03月
  • 〈非暴力〉主義としての「仁」の思想――朱熹の「生」の哲学・再考
    小路口 聡
    東洋大学中国哲学文学科紀要 16 2008年03月
  • 天下を以て己が任と為す――宋明儒学者たちの「志」
    小路口 聡
    東洋大学中国哲学文学科紀要 15 2007年03月
  • 「人に忍びざるの政」とは(2)――司法の場における「仁」の思想
    小路口 聡
    東洋学研究 44 2007年
  • 「人に忍びざるの政」とは(1)―朱熹の「仁」の思想を再考する
    小路口 聡
    東洋学研究 43 2006年
  • 王龍溪の「根本知」をめぐる考察――あるいは、「生」の哲学としての良知心学
    小路口 聡
    陽明学 18 2006年 [招待有り]
  • 良知心学の血脈――陸九淵・王陽明・王龍溪
    小路口 聡
    陽明学 17 2005年 [招待有り]
  • 君子が庖廚を遠ざける理由――朱熹の<臨床倫理学>序説
    小路口 聡
    『白山中国学』 11 2004年12月

書籍

  • 語り合う〈良知〉たち――王龍溪の良知心学と講学活動――
    小路口 聡 (担当:編者(編著者)範囲:序論、王龍渓の良知心学と講学活動ー嘉靖三十六年の「新安福田の会」を中心にー、後記)研文出版 2018年02月
  • 近代化と伝統の間――明治期の人間観と世界観――
    小路口 聡 (担当:共著範囲:西周と陽明学――「生性劄記」における「当下便是」説批判をめぐって――)教育評論社 2016年02月 pp.24-52
  • 哲学資源としての中国思想
    小路口 聡 (担当:共編者(共編著者)範囲:宋明心学における「現在」主義の哲学)研文出版 2013年03月 70-91頁
  • 「即今自立」の哲学――陸九淵心学再考――
    小路口 聡 (担当:単著範囲:)研文出版 2006年03月

講演・口頭発表等

  • 心は理を創造する――荒木見悟氏の「心即理」解釈の可能性――  [通常講演]
    小路口 聡
    中国哲学の豊かさの再発見―荒木見悟と中日儒学国際シンポジウム 2019年09月 口頭発表(招待・特別)
  • 王畿哲学の可能性について――「研究」と「学」の間で――  [通常講演]
    小路口 聡
    二松學舎大學陽明学研究センター主催シンポジウム「王龍溪研究の現在」 2019年03月 口頭発表(招待・特別)
  • 嘉靖から萬暦年間の徽州府における陽明学派の講会活動――『新安理學先覺會言』を読む――  [通常講演]
    小路口 聡
    白山中国学会第十一回発表大会 2016年07月 口頭発表(招待・特別)
  • 王畿の良知心学と講学活動――「交脩の益」について――  [通常講演]
    小路口 聡
    科研成果発表国際シンポジウム「王畿の良知心学と明末の講学活動」 2015年08月 口頭発表(一般)

MISC

  • 「王畿「慈湖精舍會語」訳注――陽明門下の会語記録を読む 其の一――」
    小路口聡; 吉田公平; 早坂俊廣; 鶴成久章 『白山中国学』 (23) 25 -49 2017年03月
  • 王畿『龍渓王先生会語』訳注 其の二二
    小路口聡; 吉田公平; 早坂俊廣; 鶴成久章; 内田健太 白山中国学 (22) 65 -87 2016年03月
  • 王畿『龍渓王先生会語』訳注 其の二一
    小路口聡; 吉田公平; 早坂俊廣; 鶴成久章; 内田健太 白山中国学 (21) 29 -64 2016年03月
  • 王畿『龍渓王先生会語』訳注 其の二〇
    小路口聡; 吉田公平; 早坂俊廣; 鶴成久章; 内田健太 東洋古典學研究 (40) 51 -78 2015年10月
  • 王畿『龍渓王先生会語』訳注 其十九
    小路口聡; 吉田公平; 早坂俊廣; 鶴成久章; 内田健太と共著 白山中国学 (21) 35 -65 2015年03月
  • 王畿『龍渓王先生会語』訳注 其十八
    小路口聡; 吉田公平; 早坂俊廣; 鶴成久章; 内田健太と共著 『東洋古典學研究』 (38) 73 -92 2014年12月
  • 王畿『龍渓王先生会語』訳注 其十七
    小路口聡; 吉田公平; 早坂俊廣; 鶴成久章; 内田健太; 本多道隆と共著 『東洋古典學研究』 (37) 57 -90 2014年05月
  • 王畿「致知議略」精読
    小路口 聡 『東洋大学中国哲学文学科紀要』 (17) 45 -76 2009年03月
  • 孔子と現代――〈共生〉原理としての「仁」の思想について――
    小路口 聡 『白山中国学』 (15) 167 -182 2009年01月
  • 今、『孟子』を読むことの意味――性善説の現代的意義――
    小路口 聡 『プロブレマティーク』 (7) 1 -24 2006年10月
  • 『陸象山語録』下巻訳注(五) ─包顕道所録(四)─
    東洋古典學研究 (15) 2003年
  • 林良斎と近藤篤山の論争を読む ─「生機」論の背景とその可能性について─
    陽明学 (15) 2003年
  • 『杜子春』を読むための覚書 ─芥川龍之介と近代的家族観をめぐる考察─
    広島商船高等専門学校紀要 (24) 2002年
  • 陸九淵の「即今自立」の哲学-あるいは,哲学の「現場」について-
    東洋古典學研究 (11) 2001年
  • 陸九淵の性善説再考-構造論的人間観を越えて-
    広島商船高等専門学校紀要 (23) 2001年
  • 陸九淵の「当下便是」説は「頓悟」論なのか-「即今自立」の哲学・序章-
    東洋古典學研究 (10) 2000年
  • 響き溢れる聲の力-「臨床哲学」としての陸九淵心学-
    広島商船高等専門学校紀要 (22) 2000年
  • Liu Jiu-Yuan's Xinxue as"the clinical philosophy"
    THE BULLETIN HIROSHIMA NATIONAL COLLEGE OF MARITIME TECHNOLOGY (22) 2000年
  • 事実の楽しみ、言語の病-陸九淵の朱子学批判・続編-
    東洋古典學研究 7 1999年
  • 『陸象山語録』下巻訳注[四]-包顯道所録(三)-
    東洋古典學研究 6 1998年
  • 心の病は医し難し-陸九淵の朱子学批判-
    東洋古典學研究 5 1998年
  • 『陸象山語録』訳注[四]-陸象山思想研究ノート(四)-
    広島商船高等専門学校紀要 (20) 1998年
  • 『陸象山語録』下巻訳注[三]-包顯道所録(二)-
    東洋古典學研究 4 1997年
  • 『陸象山語録』下巻訳注[二]-包顯道所録-
    東洋古典學研究 3 1997年
  • 朱熹の曾點観-陸象山批判の一視座-
    日本中國學會報 49 1997年
  • 『陸象山語録』訳注[三]-陸象山思想研究ノート(三)-
    広島商船高等専門学校紀要 (19) 1997年
  • ZhuXi's views on Zeng Dian-A viewpoint of critique of Lu Xiang-shan
    Bulletin of the Sinological Society of Japan 49 1997年
  • 『陸象山語録』下巻訳注 -李伯敏所録-
    東洋古典研究 (2) 1996年
  • 『陸象山語録』訳注〔二〕-陸象山思想研究ノート(二)-
    広島商船高等専門学校紀要 (18) 1996年
  • A Lecture on "Lu Xiang-shan YuLu"
    (2) 1996年
  • A Lecture on "Lu Xiang-shan Yulu" (2)
    THE BULLETIN HIROSHIMA NATIONAL COLLEGE OF MARITIME TECHNOLOGY (18) 1996年
  • 『陸象山語録』訳注〔一〕-陸象山思想研究ノート(一)-
    広島商船高等専門学校紀要 (17) 1995年
  • A Lecture on "Lu Xiang-shan Yulu"
    THE BULLETIN HIROSHIMA NATIONAL COLLEGE OF MARITIME TECHNOLOGY (17) 1995年
  • 朱熹『大学或問』の「介然の覚」について-朱熹の格物説についての一考察-
    広島商船高等専門学校紀要 16 1994年
  • On'Jie-ran zhi Jue'in The Da-xue Huo-wen by Zhu-xi
    16 1994年
  • 朱子の『皇極辨』を読む-「朱子の君主論」のための覚書-
    広島商船高等専門学校紀要 14 1992年
  • A Lecture on Zhu-zi's"Huang-Ji Bian"
    THE BULLETIN HIROSHIMA NATIONAL COLLEGE OF MARITIME TECHNOLOGY 14 1992年
  • 象山精舎小史
    哲學 43 1991年
  • 陸像山門入群像
    広島商船高等専門学校紀要 13 1991年
  • Historical outline of Xiang-Shan Jing-She
    TETSUGAKU(THE JOURNAL of HIROSHIMA PHILOSOPHICAL SOCIETY) 43 1991年
  • Disciples of Lu Xiang-Shan
    THE BULLETIN HIROSHIMA NATIONAL COLLEGE OF MARITIME TECHNOLOGY 13 1991年
  • 陸象山と朱子-『曹立之』観をめぐって-
    広島商船高等専門学校紀要 12 1990年
  • L(]J1167[) Xiang-Shan and Zhu-zi-Concerning the view of"Cao Li-zhi"-
    THE BULLETIN HIROSHIMA NATIONAL COLLEGE OF MARITIME TECHNOLOGY 12 1990年
  • 張横渠の世界観について
    哲學 38 1986年
  • On Chan Heng-chu's World View
    TETSUGAKU(THE JOURNAL OF HIROSHIMA PHILOSOPHICAL SOCIETY) 38 1986年

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 「新安理学」の脱構築―中国近世の程朱闕里における思想の変遷に関する通時的考察―
    日本学術振興会 科学研究費助成事業:
    研究期間 : 2021年04月 -2024年03月
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2017年04月 -2020年03月 
    代表者 : 小路口 聡
  • 王畿の良知心学と明末の講学活動に関する発展的研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2013年04月 -2016年03月 
    代表者 : 小路口 聡
  • 王畿の良知心学と明末の講学活動に関する基礎的研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2009年04月 -2011年03月 
    代表者 : 小路口 聡
  • -

その他のリンク

researchmap