詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

伊吹 敦イブキ アツシ

所属・担当
東洋思想文化学科
東洋学研究所
インド哲学仏教学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/11/10

研究者基本情報

学歴

  •  - 1992年, 早稲田大学, 文学研究科, 東洋哲学
  •  - 1983年, 早稲田大学, 文学部, 東洋哲学

学位

  • 文学修士, 早稲田大学

所属学協会

  • 日本印度学仏教学会
  • 日本仏教学会
  • 早稲田大学東洋哲学会

委員歴

  •  - 現在, 日本佛教学会, 理事
  •   2000年 - 2001年, 早稲田大学東洋哲学会, 会計監査
  •   1998年 - 2000年, 仏教思想学会, 幹事

経歴

  •   1992年 - 1996年, (財)東方研究会 専任研究員
  •   1993年 - 1996年, 日本学術振興会 特別研究員
  •   1994年 - 1997年, 獣医畜産大学 非常勤講師
  •   1997年 - 1998年, 早稲田大学 非常勤講師
  •   1996年 - 1999年, 東洋大学 専任講師

研究活動情報

研究分野

  • 哲学, 中国哲学
  • 哲学, 印度哲学・仏教学
  • 哲学, 思想史

研究キーワード

    仏教学, 禅, 中国仏教

論文

  • 『觀心論』と『修心要論』の成立とその影響, 伊吹 敦, 禅学研究, 94,   2016年03月
  • 道璿撰『註菩薩戒經』佚文集成, 伊吹 敦, 東洋思想文化, 3, 120 - 160,   2016年03月
  • 初期禪宗と『大乘起信論』, 伊吹 敦, 東アジア仏教学術論集, 4, 65 - 103,   2016年02月
  • 戒律と禅宗, 伊吹 敦, Studies in Chinese Religions, 1,   2015年06月
  • 神秀得度受戒年代考, 伊吹 敦, 佛教文化研究, 1, 256 - 275,   2015年04月
  • 日本の古文獻から見た中國初期禪宗, 伊吹 敦, 東洋思想文化, 2, 37 - 58,   2015年03月
  • 聖徳太子慧思後身説の変化とその意味, 伊吹 敦, 東洋学研究, 52,   2015年03月
  • 日本の古文献から見た中国初期禅宗―大安寺道璿の『集註梵網経』を中心に, 伊吹 敦, 叡山学院彙報, 40, 10 - 30,   2015年02月
  • 『異本上宮太子伝』の成立と流布, 伊吹 敦, 東洋学研究, 51, 428 - 462,   2014年03月
  • 聖徳太子慧思後身説の形成, 伊吹 敦, 東洋思想文化, (創刊号) 1 - 27,   2014年03月
  • 日本古文献所見中国早期禅宗―以大安寺道璿所撰《集注梵網經》為中心, 伊吹 敦, 世界漢学, 12, 115 - 125,   2013年12月
  • 鑑真は來日以前に聖徳太子慧思後身説を知っていたか?, 伊吹 敦, 印度学仏教学研究, 62, (1) 12 - 19,   2013年12月
  • 道璿は天台教學に詳しかったか?, 伊吹 敦, 『印度学仏教学研究』 日本印度学仏教学会, 61, (2) 193 - 200,   2013年03月
  • 初期禪宗と日本佛教―大安寺道璿の活動とその影響, 伊吹 敦, 東洋学論叢, 38, 26 - 52,   2013年03月
  • 禪宗の成立と佛性觀の變容, 伊吹 敦, 『東アジア仏教学術論集―韓・中・日国際仏教学術大会論文集―, 1, 127 - 155,   2013年03月
  • 墓志銘所見之初期禪宗(王征訳), 伊吹 敦, 宗教研究(中国人民大学佛教与宗教学理論研究所), 2010年, 191 - 225,   2012年03月
  • 墓志銘所見之初期禪宗, 伊吹 敦, 『宗教研究』中国人民大学佛教与宗教学理論研究所, 2010, 191 - 225,   2012年03月
  • 「大乗五方便」の成立と展開, 伊吹 敦, 『東洋学論叢』(東洋大学文学部紀要), 37, 1 - 62,   2012年03月
  • 「東山法門」と国家権力, 伊吹 敦, 『東洋学研究』東洋大学東洋学研究所, 49, 403 - 436,   2012年03月
  • 道璿は本当に華厳の祖師だったか, 伊吹 敦, 『印度学仏教学研究』 日本印度学仏教学会, 60, (1) 79 - 86,   2012年01月
  • 東山法門和儒教國家權力, 伊吹 敦, 禅文化(中州古籍出版社), 1, 419 - 445,   2011年04月
  • 東山法門和儒教國家權力, 伊吹 敦, 『禅文化』中州古籍出版社(鄭州), 1, 419 - 445,   2011年04月
  • 「東山法門」の人々の傳記について(下), 伊吹 敦, 『東洋学論叢』(東洋大学文学部紀要), 36, 25 - 107,   2011年03月
  • 神秀の受戒をめぐって, 伊吹 敦, 『禅文化研究所紀要』(財)禅文化研究所, 31, 25 - 107,   2011年03月
  • 「東山法門」の人々の傳記について(中), 伊吹 敦, 『東洋学論叢』(東洋大学文学部紀要), 35, 1 - 94,   2010年03月
  • 北宗禪における禪律一致思想の形成, 伊吹 敦, 『東洋学研究』東洋大学東洋学研究所, 47, 362 - 378,   2010年03月
  • 墓誌銘に見る初期の禅宗(下), 伊吹 敦, 『東洋学研究』東洋大学東洋学研究所, 46, 103 - 119,   2009年03月
  • 東山法門」の人々の傳記について(上), 伊吹 敦, 『東洋学論叢』(東洋大学文学部紀要), 34, 1 - 14,   2009年03月
  • 「戒律」から「清規」へ―北宗の禪律一致とその克服としての清規の誕生, 伊吹 敦, 『日本佛教学会年報』日本佛教学会, 74, 49 - 90,   2008年03月
  • 慧可伝の再検討, 伊吹 敦, 『東洋学論叢』(東洋大学文学部紀要), 33, 1 - 36,   2008年03月
  • 墓誌銘に見る初期の禅宗(上), 伊吹 敦, 『東洋学研究』東洋大学東洋学研究所, 45, 288 - 302,   2008年03月
  • 『二入四行論』の作者について―「曇林序」を中心に, 伊吹 敦, 東洋大学文学部紀要(印度哲学科篇), 60, 185 - 204,   2007年03月
  • 元暁と金剛三昧経, 伊吹 敦, 元暁学研究, 11, 25 - 56,   2006年12月
  • 『二入四行論』の成立について, 伊吹 敦, 印度学仏教学研究, 55, (1) 127 - 134,   2006年12月
  • 元暁の著作の成立時期について, 伊吹 敦, 『東洋学論叢』(東洋大学文学部紀要), (31) 51 - 69,   2006年03月
  • 「禅」の起源, 伊吹 敦, 『駒澤大学大学院仏教学研究会年報』 駒澤大学大学院仏教学研究会, (38) 1 - 21,   2005年05月
  • 『続高僧伝』に見る達摩系習禅者の諸相―道宣の認識の変化が意味するもの, 伊吹 敦, 『東洋学論叢』 (東洋大学文学部紀要), (30) 45 - 75,   2005年03月
  •  『続高僧伝』達摩=慧可伝の形成過程について, 伊吹 敦, 『印度学仏教学研究』 日本印度学仏教学会, 53, (1) 124 - 130,   2004年12月
  • 『法句経』の思想と歴史的意義, 伊吹 敦, 『東洋学論叢』(東洋大学文学部紀要), (29) 1 - 65,   2004年03月
  • 『念仏三昧宝王論』に見る禅の動向, 伊吹 敦, 『東洋学研究』東洋大学東洋学研究所, (41) 131 - 143,   2004年03月
  • 『心王経』の諸本について, 伊吹 敦, 『印度学仏教学研究』 日本印度学仏教学会, 52, (1) 180 - 187,   2003年12月
  • 早期禪宗史研究之回顧和展望(王廸訳), 伊吹 敦, 中国禪學, 2, 278 - 289,   2003年05月
  • 關於《曹溪大師傳》的編輯過程及其意義(王廸訳), 伊吹 敦, 中国禪學, 2, 77 - 96,   2003年05月
  • 早期禅宗史研究之回顧和展望, 伊吹 敦, 『中国禪学』 中華書局〈北京〉, (2) 278 - 289,   2003年05月
  • 関於《曹渓大師伝》的編輯過程及其意義, 伊吹 敦, 『中国禅学』 中華書局(北京), (2) 278 - 289,   2003年05月
  • 金剛蔵菩薩撰『金剛般若経註』校訂テキスト, 伊吹 敦, 『東洋学研究』 東洋大学東洋学研究所, (40) 233 - 268,   2003年03月
  • 白隠の心身観, 伊吹 敦, 『東洋思想の心身観』 〈『東洋学研究』別冊〉  東洋大学東洋学研究所, 211 - 222,   2003年03月
  • 『念仏鏡』に見る八世紀後半の禅の動向, 伊吹 敦, 『東洋学論叢』(東洋大学文学部紀要), (28) 95 - 111,   2003年03月
  • 關於禪宗系的《法句經疏》, 伊吹 敦, 戒幢佛學, 2, 189 - 199,   2002年12月
  • 『法句経』の成立と変化について, 伊吹 敦, 『仏教学』 仏教思想学会, (44) 1 - 26,   2002年12月
  • 『念仏鏡』に見る禅の影響, 伊吹 敦, 『印度学仏教学研究』 日本印度学仏教学会, 51, (1) 71 - 78,   2002年12月
  • 金春禅竹の能楽論に見る禅の影響 ― 六輪一露説を中心に(下), 伊吹 敦, 『東洋学論叢』 (東洋大学文学部紀要), (27) 1 - 66,   2002年03月
  •  北宗禅系の『楞伽経疏』について, 伊吹 敦, 『東洋学研究』 東洋大学東洋学研究所, (39) 352 - 376,   2002年03月
  • 禪宗的出現與社會反應―《淨土慈悲集》所見北宗禪活動(齋藤智寛譯・朴光哲校), 伊吹 敦, 佛學研究, 2002總11期, 97 - 108,   2002年
  • 『念仏鏡』に見る禅の影響, 印度学仏教学研究, 51-1,   2002年
  • 『法句経』の成立と変化について, 仏教学, V1-26,   2002年
  • 北宗禅系の『楞伽経疏』について, 東洋学研究, 39,352-376,   2002年
  • 金春禅竹の能楽論に見る禅の影響-六輪一露説を中心に(上), 東洋大学文学部紀要(印度哲学科篇), 54, 1 - 65,   2001年03月
  • 慧可と『涅槃論』上・下, 東洋学研究, 37, 38, 338-356, 255-270,   2000年
  • 禅宗の登場と社会的反響-『浄土慈悲集』に見る北宗禅の活動とその反響, 東洋大学文学部紀要(印度哲学科篇), 53,1-30,   2000年
  • 慧可と慧哿, 印度学仏教学研究, 48, (1) 196 - 202,   1999年
  • 敦煌資料による禅宗研究の現状と課題, 伊吹 敦, 東方学, 95, 159 - 160,   1998年01月
  • 地論宗南道派の心識説について, 印度学仏教学研究, 47, (1) 86 - 92,   1998年
  • 初期禅宗文献に見る禅観の実践, 禅文化研究所紀要, 24,19-45,   1998年
  • 地論宗北道派の心識説について, 仏教学, 40, 23-59,   1998年
  • 『金剛経変相』について-宋代仏教の一面を伝える特異な文献, 東洋学研究, 35, 214-236,   1998年
  • 菩提達摩の『楞伽経疏』について上・下, 東洋大学文学部紀要(印度哲学科篇), 51,52,1-23,1-33,   1998年
  • 『曹渓大師伝』の成立をめぐって, 東洋の思想と宗教, 15, 82-109,   1998年
  • 『金剛経解義』の諸本の系統と古形の復元, アジアの文化と思想, 6,63-218,   1997年
  • 最澄が伝えた初期禅宗文献について, 禅文化研究所紀要, 23,127-201,   1997年
  • 再び『心王経』の成立を論ず, 東洋学論叢(東洋大学文学部紀要印度哲学篇), 50,82-106,   1997年
  • 『金剛経解義』の成立をめぐって, 印度学仏教学研究, 45, (1) 63 - 67,   1996年
  • 慧能に帰される数種の『金剛経』の註釈書について, 禅文化研究所紀要, 22,49-87,   1996年
  • 敦煌本『壇経』の形成, 印度学仏教学研究, 44, (1) 77 - 81,   1995年
  • 敦煌本『壇経』の形成-恵能の原思想と神会派の展開, アジアの文化と思想, 4,V.1-226,   1995年
  • 『達磨大師三論』と『少室六門』の成立について, 印度学仏教学研究, 43, (1) 257 - 261,   1994年
  • 『達磨大師三論』と『少室六門』の成立と流布, アジアの文化と思想, 3,V1-115,   1994年
  • 心王経の復元-漢文断片とソグド語訳に基づいて, アジアの文化と思想, 2,48-104,   1993年
  • 『心王経註』の成立について, 印度学仏教学研究, 42, (1) 285 - 288,   1993年
  • 『心王経』の思想について, アジアの文化と思想, 2,1-31,   1993年
  • 『心王経』について-ソグド語訳された禅宗系偽経, 駒沢大学禅研究所年報, 4,146-173,   1993年
  • 『大乗開心顕性頓悟真宗論』の依用文献について, 伊吹 敦, 印度学仏教学研究, 41, (1) 97 - 100,   1992年12月
  • 關於『續高僧傳』之増補(釈証道訳), 伊吹 敦, 諦觀, 69, 197 - 221,   1992年04月
  • 『頓悟真宗金剛般若修行達彼岸法門要決』について, 伊吹 敦, 宗教研究, 291, 148 - 149,   1992年03月
  • 『頓悟真宗金剛般若修行達彼岸法門要決』の諸本について, 東方(東方学院), 8,167-178,   1992年
  • 般若心経慧淨疏の改変にみる北宗思想の展開, 仏教学, 31,41-67,   1992年
  • 摩訶衍と『頓悟大乗正理決』, アジアの文化と思想, 1,1-75,   1992年
  • 「大乗五方便」の諸本について-『通一切経要義集』を中心に, 伊吹 敦, 宗教研究, 287, 192 - 193,   1991年05月
  • 法如派について, 印度学仏教学研究, 40, (1) 110 - 113,   1991年
  • 「大乗五方便」の諸本について-文献の変遷に見る北宗思想の展開, 南都仏教, 65,71-102,   1991年
  • 北宗禅の新資料-金剛蔵菩薩撰とされる『観世音経讃』と『金剛般若経註』について, 禅文化研究所紀要, 17,183-212,   1991年
  • 『続高僧伝』の増広に関する研究, 東洋の思想と宗教, 7,58-74,   1990年
  • 『続高僧伝』の増広について, 伊吹 敦, 印度学仏教学研究, 38, (1) 217 - 220,   1989年12月
  • 唐僧慧祥に就いて, 早稲田大学文学研究科紀要別冊, 12,33-45,   1987年
  • 『投子和尚語録』の成立について, 早稲田大学大学院文学研究科紀要別冊, 12,55-68,   1985年
  • 「東山法門」と「楞伽宗」の成立, 伊吹 敦, 東洋学研究, 44, 335 - 360
  • 慧安の傳記について, 伊吹 敦, 印度学仏教学研究, 58, (2) 640 - 647

書籍等出版物

  • 臨済宗黄檗宗 宗学概論
    伊吹 敦
    分担執筆中国禅宗史臨済宗黄檗宗連合各派合議所  2016年04月
  • 天台・真言 諸宗論攷
    伊吹 敦
    分担執筆最澄と聖徳太子慧思後身説山喜房佛書林  2015年12月
  • 般若経大全
    伊吹 敦
    分担執筆『金剛般若経』と禅仏教春秋社  2015年01月
  • 天台宗探尋
    伊吹 敦
    分担執筆最澄の禅相承とその意義法藏館  2014年03月
  • 栄西と臨済宗(別冊大陽215)
    伊吹 敦
    分担執筆中国の禅宗史平凡社  2014年03月
  • 佛教禪坐傳統研討會論文集
    伊吹 敦
    分担執筆東山法門的修行生活以及禪觀的意義法鼓文化(台北)  2012年01月
  • 日本思想史ハンドブック
    伊吹 敦
    分担執筆禅が日本に残したもの新書館  2008年03月
  • 興隆・発展する仏教
    伊吹 敦
    分担執筆頓悟と漸悟―道生から禅まで佼成出版社  2008年03月
  • 人間仏教の発達と実践―学際的視野から(英語書名の翻訳)
    伊吹 敦
    分担執筆「人間佛教」的來源和其歴史性意義  2007年
  • 馬祖道一与中国禅宗文化
    伊吹 敦
    分担執筆馬祖的思想与時代精神中国社会科学出版社  2006年11月
  • 日本敦煌学論叢 第一巻
    伊吹 敦
    分担執筆『心王経』の思想と制作者の性格比較文化研究所  2006年10月
  • 禅の真理と実践
    伊吹 敦
    分担執筆初期註釋文獻に見る北宗禪の思想と實踐春秋社  2005年11月
  • アジア文化の思想と儀礼
    伊吹 敦
    分担執筆初期の禪宗における経典注釈―「金剛藏菩薩注」に関する研究の整理春秋社  2005年06月
  • 中国の宗教(訳)
    伊吹 敦、尾形幸子
    春秋社  2005年06月
  • インド哲学・仏教学への誘い
    伊吹 敦
    分担執筆中国仏教大東出版社  2005年03月
  • 中国仏教Ⅰ 支那仏教精史(下)
    伊吹 敦
    その他境野黄洋と仏教史学の形成(下)うしお書店  2004年02月
  • 中国仏教Ⅰ 支那仏教精史(上)
    伊吹 敦
    その他境野黄洋と仏教史学の形成(上)うしお書店  2003年12月
  • 禅学研究の諸相
    伊吹 敦
    分担執筆『法句経』の諸本について大東出版社  2003年03月
  • 禅の歴史
    伊吹 敦
    法藏館  2001年11月
  • 新・八宗綱要―日本仏教諸宗の思想と歴史
    伊吹 敦
    分担執筆禅宗法藏館  2001年06月
  • 金剛般若経の思想的研究
    伊吹 敦
    分担執筆初期禅宗における『金剛経』/慧能に帰される数種の『金剛経』の注釈書について春秋社  1999年10月
  • “慧能與嶺南文化”國際學術研討會論文集
    伊吹 敦
    分担執筆敦煌本《壇經》是否爲傳授本学術研究雑志社  1997年05月
  • 新仏教の興隆
    伊吹 敦
    分担執筆「南宗禅」の誕生春秋社  1997年05月
  • 中国禅宗史―禅思想の誕生(翻訳)
    伊吹 敦
    山喜房佛書林  1997年01月
  • 日本・中国 仏教思想とその展開
    伊吹 敦
    分担執筆『頓悟真宗金剛般若修行達彼岸法門要決』と荷沢神會山喜房佛書林  1992年10月

講演・口頭発表等

  • 『観心論』と『修心要論』の成立とその影響, 伊吹 敦, 第86回禅学研究会学術大会,   2015年11月28日, 招待有り
  • 初期禅宗と『大乗起信論』, 伊吹 敦, 第四回 韓・中・日 国際仏教学術大会,   2015年06月19日, 招待有り
  • 日本古文獻所見中國早期禪宗―以大安寺道セン撰《集注梵網經》爲中心, 伊吹 敦, 第3届世界漢学大会(北京・人民大学/中国),   2012年11月04日
  • 道璿は天台教學に詳しかったか?, 伊吹 敦, 日本印度学仏教学会第63回学術大会(鶴見大学),   2012年06月30日
  • 禪宗の成立と佛性觀の變容, 伊吹 敦, 第1回韓中日国際仏教学術大会(ソウル・フェラム・ホール/韓国),   2012年06月23日
  • 初期の禪宗が日本の佛教に與えた影響―大安寺道センを中心に―, 伊吹 敦, 玄奘大學語文教學曁文化交流國際學術研討會(新竹・玄奘大学/台湾),   2012年05月04日
  • 道璿は本當に華嚴の祖師だったか, 伊吹 敦, 日本印度学仏教学会第62回学術大会(龍谷大学),   2011年09月07日
  • 社會學視野下的初期禪宗史―兼評柳田聖山的禪宗研究, 伊吹 敦, 中国人民大学仏教与宗教学理論研究所主催学術講演会(北京・人民大学/中国),   2011年03月16日
  • 東山法門和儒教國家權力, 伊吹 敦, 首届黄梅禪宗高峯論壇(湖北省黄梅県・世紀錦園大酒店/中国),   2010年10月30日
  • 東山法門和儒教國家權力, 伊吹 敦, "儒佛關係與仏教中國化"學術研討會(済南・山東大学/中国),   2010年10月17日
  • 禪師的療效―禪宗的登場以及人們對禪師的期求之變化, 伊吹 敦, 薬師信仰與佛教文化國際學術研討會(唐山・順縁會館/中国),   2009年12月12日
  • 東山法門的特性和修行法以及觀法的意義, 伊吹 敦, 東亞的靜坐傳統國際研討會(台北県・法鼓佛學院/台湾),   2009年10月31日
  • 慧安の傳記について, 伊吹 敦, 日本印度学仏教学会第60回学術大会(大谷大学),   2009年09月08日
  • 「戒律」から「清規」へ―北宗の禪律一致とその克服としての清規の誕生, 伊吹 敦, 日本佛教学会平成20年度学術大会(叡山学院),   2008年09月12日
  • 墓誌銘に見る初期の禅宗, 伊吹 敦, 仏教史学会第58回学術大会(花園大学),   2007年10月20日
  • 馬祖的思想与時代精神, 伊吹 敦, 馬祖与中國禅宗文化学術研討会(四川省/中国),   2005年08月
  • 禅の起源について, 伊吹 敦, 駒澤大学大学院仏教学研究会 2004年度公開講演会,   2005年01月
  • 『続高僧伝』に見る達摩系習禅者の諸相, 伊吹 敦, 東アジア仏教研究会2004年度年次大会(東京大学仏教青年会会館ホール),   2004年12月
  • 《人間仏教》的来源和其歴史性意義, 伊吹 敦, 「人間仏教的発展与実践」学術研討会(花蓮・慈済大学/台湾),   2004年11月
  • 『続高僧伝』達摩=慧可伝の形成過程について, 伊吹 敦, 印度学仏教学会第55回学術大会(駒澤大学),   2004年07月
  • 『心王経』の諸本について, 伊吹 敦, 日本印度哲学仏教学会第54回学術大会(佛教大学),   2003年09月
  • 『念仏鏡』に見る禅の影響, 伊吹 敦, 日本印度学仏教学会第53回学術大会(ソウル・東国大学校/韓国),   2002年07月07日
  • 『法句経』の成立と変化について, 伊吹 敦, 仏教思想学会第18回学術大会 (東洋大学),   2002年06月
  • 関於禅宗系《法句経疏》, 伊吹 敦, 中日敦煌仏教学術会議(北京・和平里大酒店/中国),   2002年03月14日

受賞

  •   1999年, 印度学仏教学会賞

競争的資金

  • 世界の諸地域における仏教の哲学的社会学的研究, 東洋大学, 井上円了記念研究助成・研究所プロジェクト(大型), 伊吹 敦
  • 仏教思想に見る日本・中国・韓国の共通性と差異, 東洋大学, 井上円了記念研究助成・研究所プロジェクト, 伊吹 敦
  • 東洋思想における個と共同体の関係の探求, 東洋大学, 研究所プロジェクト
  • 禅の成立に関する研究, 日本学術振興会, 科学研究費補助金, 伊吹敦