詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

吉田 崇将ヨシダ タカマサ

所属・担当
生体医工学科
職名助教
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/07/19

研究者基本情報

学歴

  • 2005年04月 - 2008年03月, 東京工業大学, 大学院理工学研究科, 電子物理工学専攻
  • 2003年04月 - 2005年03月, 鹿児島大学, 大学院理工学研究科, 生体工学専攻
  • 1998年04月 - 2003年03月, 鹿児島大学, 工学部, 生体工学科

学位

  • 博士(工学), 東京工業大学

所属学協会

  • 日本神経回路学会
  • 日本神経科学学会
  • Society for Neuroscience

経歴

  •   2017年04月 - 現在, 東洋大学, 理工学部 生体医工学科, 助教
  •   2008年04月 - 2017年03月, 理化学研究所, 脳科学総合研究センター, 研究員

研究活動情報

研究キーワード

    広域カルシウムイメージング, 視覚野, 生体信号処理, 脳機能イメージング, 神経科学

論文

  • Schizophrenia-Like Phenotypes in Mice with NMDA Receptor Ablation in Intralaminar Thalamic Nucleus Cells and Gene Therapy-Based Reversal in Adults, Kosuke Yasuda, Yu Hayashi, Takamasa Yoshida, Mitsuaki Kashiwagi, Nao Nakagawa, Takayuki Michikawa, Mika Tanaka, Reiko Ando, Arthur Huang, Toshihiko Hosoya, Thomas J. McHugh, Masayoshi Kuwahara, Shigeyoshi Itohara, Translational Psychiatry, 7, (2) e1047-1 - e1047-9,   2017年02月
  • Astrocytic Ca2+ Signals Are Required for the Functional Integrity of Tripartite Synapses, Mika Tanaka, Pei-Yu Shih, Hiroshi Gomi, Takamasa Yoshida, Junichi Nakai, Reiko Ando, Teiichi Furuichi, Katsuhiko Mikoshiba, Alexey Semyanov, Shigeyoshi Itohara, Molecular Brain, 6, (1) 6-1 - 6-13,   2013年01月
  • Sensitivity Profile for Orientation Selectivity in the Visual Cortex of Goggle-Reared Mice, Takamasa Yoshida, Katsuya Ozawa, Shigeru Tanaka, PLoS ONE, 7, (7) e40630-1 - e40630-9,   2012年07月
  • Orientation Plasticity in Visual Cortex of Mice Reared under Single-Orientation Exposure, Takamasa Yoshida, Toshiki Tani, Shigeru Tanaka, Proceedings of IEEE 8th International Conference on Development and Learning (ICDL2009), devlrn, 1 - 6,   2009年06月
  • Extracting Task-Related Activation Components from Optical Topography Measurement Using Independent Components Analysis, Takusige Katura, Hiroki Sato, Yutaka Fuchino, Takamasa Yoshida, Hirokazu Atsumori, Masashi Kiguchi, Atsushi Maki, Masanori Abe, Naoki Tanaka, Journal of Biomedical Optics, 13, (5) 054008-1 - 054008-11,   2008年09月
  • Anisotropic Spatial Coherence in Ongoing and Spontaneous Activity in Auditory Cortex, Takamasa Yoshida, Masanori Sakagami, Takusige Katura, Kyoko Yamazaki, Shigeru Tanaka, Mitsumasa Iwamoto, Naoki Tanaka, Neuroscience Research, 61, (1) 49 - 55,   2008年01月
  • Extraction of Neural Activity from In Vivo Optical Recordings Using Multiple Independent Component Analysis, Takamasa Yoshida, Masanori Sakagami, Takusige Katura, Kyoko Yamazaki, Mitsumasa Iwamoto, Naoki Tanaka, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, 127, (10) 1642 - 1650,   2007年10月
  • Spatial Coherence in Auditory Cortical Activity Fluctuations, Takamasa Yoshida, Takusige Katura, Kyoko Yamazaki, Shigeru Tanaka, Mitsumasa Iwamoto, Naoki Tanaka, Proceedings of 19th International Conference on Noise and Fluctuations (ICNF2007), 922, 581 - 584,   2007年07月

MISC

  • 二光子励起イメージング法を用いたラットの遮蔽された物体に対する視覚的認知の研究, 吉田 崇将, 小澤 克也, 加藤 英之, 電子情報通信学会技術研究報告(信学技報), 111, (483) 335 - 340,   2012年03月
  • モルモット聴覚皮質における背景活動および自発活動の異方的構造, 吉田 崇将, 桂 卓成, 山崎 享子, 岩本 光正, 田中 尚樹, 生体・生理工学シンポジウム論文集, 21, (-) 219 - 222,   2006年11月
  • 相互情報量による脳波解析の検討, 吉田 崇将, 田中 慶太, 内藤 正美, 湯ノ口 万友, 電子情報通信学会技術研究報告(信学技報), 104, (644) 53 - 56,   2005年01月
  • 大脳皮質における機能部位間の関係の相互情報量による推定, 吉田 崇将, 佐官 綾乃, 内藤 正美, 湯ノ口 万友, 田中 慶太, 王 鋼, 電子情報通信学会技術研究報告(信学技報), 103, (637) 71 - 75,   2004年01月

特許

  • 行動解析方法, 吉田 崇将, 特願2015-096458

受賞

  •   2011年11月, 理化学研究所 脳科学総合研究センター, 理研BSIリトリート2011 ポスター発表賞, Visual Recognition of Occluded Object by Rats Studied with Two-Photon Imaging

競争的資金

  • マウス視覚野におけるトップダウン注意信号入力のイメージング, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業(若手研究B), 吉田 崇将