詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

顧 サンサンコ サンサン

所属・担当
法律学科
職名講師
メールアドレスgu[at]toyo.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/11/12

研究者基本情報

学歴

  • 2009年04月 - 2014年03月, 東京外国語大学, 大学院総合国際学研究科言語文化専攻博士後期課程
  • 2004年09月 - 2007年06月, 廈門大学, 大学院外国言語文化研究科日本文学専攻博士前期課程
  • 2006年04月 - 2006年08月, 東京外国語大学, 大学院総合国際学研究科(特別聴講生)
  • 2000年09月 - 2004年06月, 廈門大学, 外国言語文化学部日本語学科

学位

  • 博士(学術), 東京外国語大学

所属学協会

  • 和漢比較文学会

経歴

  •   2017年04月 - 現在, 東洋大学, 法学部法律学科, 講師
  •   2014年04月 - 2017年03月, 神田外語大学, アジア言語学科中国語専攻, 語学専任講師
  •   2014年04月 - 現在, 早稲田大学日本古典籍研究所, 招聘研究員
  •   2013年04月 - 2014年03月, 神田外語大学, アジア言語学科中国語専攻, 非常勤講師
  •   2012年04月 - 2014年03月, 気象大学校, 非常勤講師

研究活動情報

研究分野

  • 文学, 日本文学, 日本平安時代漢詩文学

研究キーワード

    中国文学, 平安時代, 比較文学, 菅家文草・後集, 漢詩

論文

  • 奈良·平安前期日本与新罗、渤海之间的汉诗交流 ——从分韵诗到次韵诗, 顧 姍姍, 延邊大学学報(社会科学版), 50, (2) 25 - 33,   2017年03月
  • 奈良・平安前期における日本の新羅、渤海使との漢詩交流―分韻詩から次韻詩へ―, 顧 姍姍, 東京外国語大学日本専攻[『日本研究教育年報20』,   2016年03月
  • 平安前期における日本漢詩文学の研究, 顧 姍姍, 東京外国語大学,   2014年03月
  • 「裴大使重押蹤字 見賜瓊章 不任諷味 敢以酬答」(『扶桑集』七二) 訳注, 顧 姍姍, 早稲田大学総合研究機『日本古構典籍研究所年報』, (6号) ,   2013年03月
  • 平安初期における日本紀講書 ―中国三史の講書との関わりから―, 顧 姍姍, 東京外国語大学総合文化研究所出版『総合文化研究 特集:ことばと空間』第14-15号,   2012年03月
  • 平安前期の竟宴詠史詩の一考察 ―詩作の題材からみる「文章経国」の理念―, 顧 姍姍, 東京外国語大学出版『言語・地域文化研究』17号,   2011年03月
  • 日本漢詩における対句の形 ―平安前期の日本漢詩における隔句対の運用をめぐって―, 顧 姍姍, 国文学研究資料館出版『第34回国際日本文学研究集会会議録』,   2011年03月
  • 流水対からみる平安前期の日本漢詩文学の展開, 顧 姍姍, 和漢比較文学会出版『和漢比較文学』45号,   2010年08月
  • 菅原道真の詩学 ―『菅家文草・後集』を中心として―, 顧 姍姍, 廈門大学,   2007年06月
  • 《大江千里集》漢詩摂取形式之成因分析, 顧 姍姍, 『翻訳与文化日本語教育研究中心研究成果漚編2』,   2006年10月

書籍等出版物

  • 秦汉帝国:中国古代帝国之兴亡
    西嶋定生
    社会科学文献出版社  2017年05月翻訳
  • 东印度公司:巨额商业资本之兴衰
    浅田实
    社会科学文献出版社  2016年11月翻訳
  • 『教育学入門 30のテーマで学ぶ』
    顧 姍姍
    分担執筆第23章「文学と教育」ミネルヴァ書房(編者:岡田昭人)  2015年05月
  • 《虚伪的日本》
    井上亘
    共訳第四章 国府与郡家社会科学文献出版社  2012年10月

講演・口頭発表等

  • 中国の「春節」とその過ごし方, 顧 姍姍,   2017年02月11日, 招待有り
  • 中国の「春節」とその過ごし方, 顧 姍姍,   2016年02月20日, 招待有り
  • 中国の「春節」とその過ごし方, 顧 姍姍,   2015年02月21日, 招待有り
  • 分韻詩から次韻詩へ―奈良・平安前期における日本官人の新羅使、渤海詩との漢詩交流を中心に―, 顧 姍姍, 国際シンポジウム「東アジア世界における筆談の研究」,   2013年09月15日, 早稲田大学日本古典籍研究所・浙江工商大学東亜文化研究院共催
  • 日本漢詩における次韻詩の発生―『懐風藻』時代の漢詩創作の背景―, 顧 姍姍, 第118回和漢比較文学会大会,   2013年01月26日
  • 日本漢詩における対句の形―平安前期の日本漢詩における隔句対の運用をめぐって―, 顧 姍姍, 第34回国際日本文学研究集会「書物としての可能性―日本文学がカタチになるまで」,   2010年11月23日
  • 対句論から見た中国と日本の漢詩―流水対の運用を中心に―, 顧 姍姍, 2009年度東京ワークショップ、東京外国語大学大学院教育改革支援プログラム「高度な言語運用能力に基づく地域研究者養成」,   2009年11月23日
  • 菅原道真詩における流水対, 顧 姍姍, 第28回和漢比較文学会大会,   2009年09月27日