詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

佐々木 伸大ササキ ノブヒロ

所属・担当
食環境科学科
職名准教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/07/19

研究者基本情報

学歴

  •  - 2005年, 東京農工大学, 工学研究科, 生命工学専攻

学位

  • 博士(工学), 東京農工大学

所属学協会

  • 日本植物学会
  • 日本植物細胞分子生物学会
  • 日本植物生理学会

経歴

  •   2017年04月 - 現在, 東洋大学, 食環境科学部, 准教授
  •   2013年04月 - 2017年03月, (公財)岩手生物工学研究センター, 園芸資源研究部, 主任研究員
  •   2005年 - 2006年, :東北大学大学院工学研究科産学官連携研究員
  •   2006年 - 2007年, :東京農工大学共生科学技術研究院助手
  •   2007年04月 - 2013年03月, -:東京農工大学共生科学技術研究院助教

研究活動情報

研究分野

  • 基礎生物学, 植物分子生物・生理学

研究キーワード

    植物色素, アントシアニン, ベタレイン

論文

  • Novel C-xylosylflavones from the leaves and flowers of Iris gracilipes., Mizuno T, Kamo T, Sasaki N, Yada H, Murai Y, Iwashina T, Natural product communications, 10, (3) 441 - 444,   2015年03月
  • Achievements and perspectives in biochemistry concerning anthocyanin modification for blue flower coloration., Sasaki N, Nakayama T, Plant & cell physiology, 56, (1) 28 - 40,   2015年01月
  • Identification of the glucosyltransferase that mediates direct flavone C-glucosylation in Gentiana triflora., Sasaki N, Nishizaki Y, Yamada E, Tatsuzawa F, Nakatsuka T, Takahashi H, Nishihara M, FEBS letters, 589, (1) 182 - 187,   2015年01月
  • Transposon-mediated mutation of CYP76AD3 affects betalain synthesis and produces variegated flowers in four o'clock (Mirabilis jalapa)., Suzuki M, Miyahara T, Tokumoto H, Hakamatsuka T, Goda Y, Ozeki Y, Sasaki N, Journal of plant physiology, 171, (17) 1586 - 1590,   2014年11月
  • The role of acyl-glucose in anthocyanin modifications., Sasaki N, Nishizaki Y, Ozeki Y, Miyahara T, Molecules (Basel, Switzerland), 19, (11) 18747 - 18766,   2014年11月
  • Sequence analysis of the genome of carnation (Dianthus caryophyllus L.)., Yagi M, Kosugi S, Hirakawa H, Ohmiya A, Tanase K, Harada T, Kishimoto K, Nakayama M, Ichimura K, Onozaki T, Yamaguchi H, Sasaki N, Miyahara T, Nishizaki Y, Ozeki Y, Nakamura N, Suzuki T, Tanaka Y, Sato S, Shirasawa K, Isobe S, Miyamura Y, Watanabe A, Nakayama S, Kishida Y, Kohara M, Tabata S, DNA research : an international journal for rapid publication of reports on genes and genomes, 21, (3) 231 - 241,   2014年06月
  • Identification of the glucosyltransferase gene that supplies the p-hydroxybenzoyl-glucose for 7-polyacylation of anthocyanin in delphinium., Nishizaki Y, Sasaki N, Yasunaga M, Miyahara T, Okamoto E, Okamoto M, Hirose Y, Ozeki Y, Journal of experimental botany, 65, (9) 2495 - 2506,   2014年06月
  • Overexpression of the PAP1 transcription factor reveals a complex regulation of flavonoid and phenylpropanoid metabolism in Nicotiana tabacum plants attacked by Spodoptera litura., Mitsunami T, Nishihara M, Galis I, Alamgir KM, Hojo Y, Fujita K, Sasaki N, Nemoto K, Sawasaki T, Arimura G, PloS one, 9, (9) ,   2014年
  • p-Hydroxybenzoyl-glucose is a zwitter donor for the biosynthesis of 7-polyacylated anthocyanin in Delphinium., Nishizaki Y, Yasunaga M, Okamoto E, Okamoto M, Hirose Y, Yamaguchi M, Ozeki Y, Sasaki N, The Plant cell, 25, (10) 4150 - 4165,   2013年10月
  • Acyl-glucose-dependent glucosyltransferase catalyzes the final step of anthocyanin formation in Arabidopsis., Miyahara T, Sakiyama R, Ozeki Y, Sasaki N, Journal of plant physiology, 170, (6) 619 - 624,   2013年04月
  • Rice Os9BGlu31 is a transglucosidase with the capacity to equilibrate phenylpropanoid, flavonoid, and phytohormone glycoconjugates., Luang S, Cho JI, Mahong B, Opassiri R, Akiyama T, Phasai K, Komvongsa J, Sasaki N, Hua YL, Matsuba Y, Ozeki Y, Jeon JS, Cairns JR, The Journal of biological chemistry, 288, (14) 10111 - 10123,   2013年04月
  • Genetic engineering of yellow betalain pigments beyond the species barrier., Nakatsuka T, Yamada E, Takahashi H, Imamura T, Suzuki M, Ozeki Y, Tsujimura I, Saito M, Sakamoto Y, Sasaki N, Nishihara M, Scientific reports, 3,   2013年
  • Phenolic compounds, including novel C-glycosylflavone, from the flowers of the tall bearded iris cultivar 'Victoria Falls'., Mizuno T, Yabuy T, Sasaki N, Iwashina T, Natural product communications, 7, (12) 1591 - 1594,   2012年12月
  • Isolation of an acyl-glucose-dependent anthocyanin 7-O-glucosyltransferase from the monocot Agapanthus africanus., Miyahara T, Takahashi M, Ozeki Y, Sasaki N, Journal of plant physiology, 169, (13) 1321 - 1326,   2012年09月
  • Structure of the acyl-glucose-dependent anthocyanin 5-O-glucosyltransferase gene in carnations and its disruption by transposable elements in some varieties., Nishizaki Y, Matsuba Y, Okamoto E, Okamura M, Ozeki Y, Sasaki N, Molecular genetics and genomics : MGG, 286, (5-6) 383 - 394,   2011年12月
  • A novel detection system for the genetically modified canola (Brassica rapa) line RT73., Akiyama H, Makiyama D, Nakamura K, Sasaki N, Minegishi Y, Mano J, Kitta K, Ozeki Y, Teshima R, Analytical chemistry, 82, (23) 9909 - 9916,   2010年12月
  • In vitro synthesis of betaxanthins using recombinant DOPA 4,5-dioxygenase and evaluation of their radical-scavenging activities., Sekiguchi H, Ozeki Y, Sasaki N, Journal of agricultural and food chemistry, 58, (23) 12504 - 12509,   2010年12月
  • A novel glucosylation reaction on anthocyanins catalyzed by acyl-glucose-dependent glucosyltransferase in the petals of carnation and delphinium., Matsuba Y, Sasaki N, Tera M, Okamura M, Abe Y, Okamoto E, Nakamura H, Funabashi H, Takatsu M, Saito M, Matsuoka H, Nagasawa K, Ozeki Y, The Plant cell, 22, (10) 3374 - 3389,   2010年10月

MISC

  • 植物のベタレイン合成のメカニズムとその役割, 佐々木伸大, 園芸学研究 別冊, 15,   2016年09月10日
  • リンドウにおけるC‐配糖化フラボンの生合成経路に関する研究, 佐々木伸大, 田崎啓介, 西原昌宏, 日本植物学会大会研究発表記録, 80th,   2016年09月01日
  • 重粒子線照射による多年生植物の突然変異に関する研究, 西原昌宏, 佐々木伸大, 坂本裕一, 内藤善美, 浅川知則, 下川卓志, NIRS-M (National Inst. of Radiological Sciences),   2016年09月
  • タバコ及びトレニアにおけるベタレイン色素のエンジニアリング, 西原昌宏, 山田恵理, 樋口敦美, 藤田晃平, 黒川良美, 中塚貴司, 宮原平, 小関良宏, 高橋秀行, 佐々木伸大, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 34th,   2016年08月20日
  • 植物二次代謝における代謝的収斂進化, 佐々木伸大, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 34th,   2016年08月20日
  • CRISPR/Cas9により得られたF3H遺伝子編集タバコ,トレニアの解析, 田崎啓介, 樋口敦美, 藤田晃平, 黒川良美, 高橋秀行, 佐々木伸大, 西原昌宏, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 34th,   2016年08月20日
  • リンドウにおける八重咲き形質早期選抜用DNAマーカーの開発と育種への利用, 田崎啓介, 樋口敦美, 藤田晃平, 内藤善美, 阿部弘, 藤原一道, 高橋守, 佐々木伸大, 西原昌宏, 園芸学研究 別冊, 15,   2016年03月26日
  • 重イオンビーム照射が多年生植物に与える生物影響評価, 西原昌宏, 黒川良美, 千葉恵美子, 樋口敦美, 山田恵理, 岡村正愛, 内藤善美, 浅川知則, 古澤佳也, 下川卓志, 佐々木伸大, イオンビーム育種研究会大会講演要旨集, 11th,   2016年
  • 重粒子線照射による多年生植物の突然変異に関する研究, 西原昌宏, 佐々木伸大, 星伸枝, 小原繁, 浅川知則, 下川卓志, NIRS-M (National Inst. of Radiological Sciences),   2015年12月
  • イオンビーム照射によるリンドウ花色変異体の獲得, 佐々木伸大, 山田恵理, 樋口敦美, 岡村正愛, 星伸枝, 古澤佳也, 下川卓志, 西原昌宏, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 33rd,   2015年07月20日
  • リンドウにおけるゲノム編集技術の利用に向けて, 西原昌宏, 田崎啓介, 藤田晃平, 関根健太郎, 樋口敦美, 山田恵理, 佐々木伸大, 高橋秀行, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 33rd,   2015年07月20日
  • 三倍体センノウ(Lychnis senno Siebold et Zucc.)の自殖後代に現れた花色変異個体の特性, 神戸敏成, 安本元樹, 佐々木伸大, 小関良宏, 富田裕明, 中田政司, 園芸学研究 別冊, 14,   2015年03月28日
  • エゾリンドウからのフラボン配糖化酵素遺伝子群の単離, 佐々木伸大, 山田恵理, 西崎雄三, 中塚貴司, 立澤文見, 樋口敦美, 藤田晃平, 高橋秀行, 西原昌宏, 日本植物生理学会年会要旨集, 56th,   2015年03月09日
  • 植物の稀少色素3‐デオキシアントシアニンを利用した花色改変手法の開発, 西原昌宏, 山田恵理, 藤田晃平, 佐々木伸大, 高橋秀行, 日本植物生理学会年会要旨集, 56th,   2015年03月09日
  • 重粒子線照射による多年生植物の突然変異に関する研究, 西原昌宏, 佐々木伸大, 藤原一道, 星伸枝, 小原繁, 浅川知則, 古澤佳也, NIRS-M (Natl Inst Radiol Sci), (273) 56 - 57,   2014年10月
  • 日本のリンドウ園芸品種に含まれるポリフェノール類の解析, 佐々木伸大, 山田恵理, 西崎雄三, 中塚貴司, 立澤文見, 樋口敦美, 藤田晃平, 高橋秀行, 西原昌宏, 日本植物学会大会研究発表記録, 78th,   2014年09月01日
  • PAP1転写因子を過剰発現した組換えタバコにおける食害ストレス応答機構, 三竝朋子, 西原昌宏, GALIS Ivan, ALAMGIR Kabir Md, 北條優子, 藤田晃平, 佐々木伸大, 根本圭一郎, 澤崎達也, 有村源一郎, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 32nd,   2014年07月30日
  • イワタバコ科植物シンニンギアの花色発色機構の解明と花色改変への応用, 西原昌宏, 山田恵理, 藤田晃平, 千葉恵美子, 高橋秀行, 佐々木伸大, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 32nd,   2014年07月30日
  • リンドウからのフラボンC‐配糖化酵素遺伝子の単離, 佐々木伸大, 山田恵理, 西崎雄三, 中塚貴司, 立澤文見, 樋口敦美, 藤田晃平, 高橋秀行, 西原昌宏, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 32nd,   2014年07月30日
  • 重イオンビームを用いたリンドウ育種効率化のための条件検討, 佐々木伸大, 千葉恵美子, 樋口敦美, 山田恵理, 岡村正愛, 星伸枝, 古澤佳也, 下川卓志, 西原昌宏, イオンビーム育種研究会大会講演要旨集, 10th,   2014年07月
  • カーネーションのゲノム解読, 八木雅史, 小杉俊一, 平川英樹, 大宮あけみ, 棚瀬幸司, 原田太郎, 岸本久太郎, 中山真義, 市村一雄, 小野崎隆, 山口博康, 佐々木伸大, 宮原平, 西崎雄三, 小関良宏, 中村典子, 鈴木孝征, 田中良和, 佐藤修正, 白澤健太, 磯部祥子, 宮村佳典, 渡辺安希子, 中山しのぶ, 岸田佳恵, 小原光代, 田畑哲之, 園芸学研究 別冊, 13,   2014年03月29日
  • RNA‐seqによるイワタバコ科植物シンニンギア花弁のトランスクリプトーム解析, 西原昌宏, 山田恵理, 藤田晃平, 佐々木伸大, 日本植物生理学会年会要旨集, 55th,   2014年03月11日
  • オシロイバナにおけるベタレイン生合成に関わるCYP76AD3遺伝子のゲノム構造解析, 鈴木万里子, 徳本廣子, 宮原平, 佐々木伸大, 小関良宏, 日本植物生理学会年会要旨集, 55th,   2014年03月11日
  • 非ナデシコ目植物におけるベタキサンチン生合成経路の再構築と黄色色素の蓄積, 中塚貴司, 佐々木伸大, 山田恵理, 藤田晃平, 高橋秀行, 今村智弘, 鈴木万里子, 小関良宏, 辻村郁子, 齋藤美沙, 坂本裕一, 西原昌宏, 園芸学研究 別冊, 12,   2013年09月20日
  • DNAマイクロアレイによるGMOスクリーニング検査法の開発, 伊東篤志, 田口朋之, 田名網健雄, 羽田聖治, 中村公亮, 近藤一成, 穐山浩, 手島玲子, 佐々木伸大, 山口友紀絵, 宮原平, 山田晃世, 小関良宏, 日本食品化学学会総会・学術大会講演要旨集, 19th,   2013年08月29日
  • 赤系デルフィニウムの花色に関わるF3′5′H遺伝子の解析, 宮川菜月, 西崎雄三, 宮原平, 廣瀬由紀夫, 岡本充智, 小関良宏, 佐々木伸大, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 31st,   2013年08月20日
  • デルフィニウムのポリアシル化アントシアニン合成におけるp‐ヒドロキシベンゾイル‐グルコースの役割, 岡本えみ, 西崎雄三, 安永元樹, 岡本充智, 廣瀬由紀夫, 山口雅篤, 佐々木伸大, 小関良宏, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 31st,   2013年08月20日
  • タバコ培養細胞BY‐2を用いたベタレイン色素合成系の確立, 中塚貴司, 佐々木伸大, 山田恵理, 藤田晃平, 高橋秀行, 今村智弘, 鈴木万里子, 小関良宏, 辻村郁子, 齋藤美沙, 坂本裕一, 西原昌宏, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 31st,   2013年08月20日
  • シロイヌナズナにおける液胞内アントシアニン配糖化酵素の解析, 宮原平, 先山遼平, 小関良宏, 佐々木伸大, 日本植物学会大会研究発表記録, 77th,   2013年08月20日
  • オシロイバナのベタレイン合成変異体におけるシトクロムP450遺伝子のゲノム構造解析, 鈴木万里子, 小関良宏, 佐々木伸大, 日本植物学会大会研究発表記録, 77th,   2013年08月20日
  • 赤系デルフィニウムのアントシアニンの構造とF3′5′H遺伝子の解析, 宮川菜月, 西崎雄三, 宮原平, 廣瀬由紀夫, 岡本充智, 小関良宏, 佐々木伸大, 日本植物学会大会研究発表記録, 77th,   2013年08月20日
  • イオンビーム照射カーネーション花色変異株の変異遺伝子の解析, 宮原平, 山本悠加, 佐々木伸大, 岡村正愛, 梅基直行, 小関良宏, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 31st,   2013年08月20日
  • オシロイバナにおけるベタレイン色素合成に関わるCYP76AD3遺伝子のゲノム構造解析, 鈴木万里子, 小関良宏, 佐々木伸大, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 31st,   2013年08月20日
  • リンドウ花弁で発現するSingle‐repeat MYB転写因子遺伝子の機能解析, 中塚貴司, 山田恵理, 齋藤美沙, 藤田晃平, 佐々木伸大, 西原昌宏, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 31st,   2013年08月20日
  • 植物の突然変異誘発への重イオンビームの効果 8:色素代謝系の改変, 岡村正愛, 中山真義, 山本悠加, 佐々木伸大, 古澤佳也, NIRS-M (Natl Inst Radiol Sci), (260) 78 - 79,   2013年08月
  • 赤色系デルフィニウムにおけるF3’5’H遺伝子の解析, 佐々木伸大, 宮川菜月, 西崎雄三, 岡本充智, 廣瀬由紀夫, 小関良宏, 園芸学研究 別冊, 12,   2013年03月23日
  • イオンビーム照射カーネーション花色変異株のF3’H遺伝子の解析, 山本悠加, 岡村正愛, 西崎雄三, 梅基直行, 小関良宏, 佐々木伸大, 園芸学研究 別冊, 12,   2013年03月23日
  • デルフィニウムのポリアシル化アントシアニン生合成に関わるアシルグルコース依存型アントシアニン配糖化酵素遺伝子の解析, 西崎雄三, 安永元樹, 岡本充智, 廣瀬由紀夫, 宮川菜月, 小関良宏, 佐々木伸大, 園芸学研究 別冊, 12,   2013年03月23日
  • 新開発バイオテクノロジー応用食品の安全性確保並びに国民受容に関する研究 遺伝子組換え体の安全性に関するポストゲノム手法導入のための調査研究(2), 小関良宏, 佐々木伸大, 新開発バイオテクノロジー応用食品の安全性確保並びに国民受容に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書,   2013年
  • 非食用モダンバイオテクノロジー応用生物の食品への混入危害防止のための検知法開発に関する研究 工業原料用遺伝子組換え植物の検知法開発に関する研究, 小関良宏, 佐々木伸大, 非食用モダンバイオテクノロジー応用生物の食品への混入危害防止のための検知法開発に関する研究 平成24年度総括・分担研究報告書,   2013年
  • パープルキャロット色素合成経路の解明, 佐々木伸大, 日本食品化学研究振興財団研究成果報告書, (18) 42 - 48,   2012年11月15日
  • アントシアニンの多様性を産み出す液胞内修飾系の解明, 小関良宏, 松葉由紀, 宮原平, 西崎雄三, 佐々木伸大, 植物化学シンポジウム, 49th,   2012年11月15日
  • ヒメシャガ(アヤメ科)の葉と花に含まれるフラボノイドとその特性, 水野貴行, 佐々木伸大, 小関良宏, 岩科司, 日本植物学会大会研究発表記録, 76th,   2012年09月14日
  • デルフィニウムのポリアシル化アントシアニン生合成に関与する修飾酵素の解析, 西崎雄三, 安永元樹, 岡本充智, 廣瀬由紀夫, 小関良宏, 佐々木伸大, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 30th,   2012年08月03日
  • デルフィニウムにおけるp‐hydroxybenzoic acid配糖化酵素についての報告, 佐々木伸大, 西崎雄三, 廣瀬由紀夫, 岡本充智, 岡本えみ, 安永元樹, 小関良宏, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 30th,   2012年08月03日
  • シロイヌナズナにおけるアシルグルコース依存型アントシアニン配糖化酵素活性の検出, 宮原平, 先山遼平, 小関良宏, 佐々木伸大, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 30th,   2012年08月03日
  • DNAマイクロアレイによるGMOスクリーニング検査法の開発, 伊東篤志, 田口朋之, 茂木豪介, 田名網健雄, 近藤一成, 穐山浩, 手島玲子, 佐々木伸大, 山田晃世, 小関良宏, 日本食品化学学会総会・学術大会講演要旨集, 18th,   2012年06月21日
  • アガパンサスにおけるアシルグルコース依存型アントシアニン配糖化酵素の解析, 宮原平, 高橋真理子, 小関良宏, 佐々木伸大, 日本植物生理学会年会要旨集, 53rd,   2012年03月09日
  • アントシアニンの蓄積形態と生合成コンパートメント, 小関良宏, 松葉由紀, 阿部裕, 佐々木伸大, 日本植物生理学会年会要旨集, 53rd,   2012年03月09日
  • 第3世代バイオテクノロジー応用食品等の安全性確保とリスクコミュニケーションに関する研究 遺伝子組換え体の安全性に関するポストゲノム手法導入のための調査研究(2), 小関良宏, 佐々木伸大, 第3世代バイオテクノロジー応用食品等の安全性確保とリスクコミュニケーションに関する研究 平成21-23年度 総合研究報告書,   2012年
  • 第3世代バイオテクノロジー応用食品等の安全性確保とリスクコミュニケーションに関する研究 遺伝子組換え体の安全性に関するポストゲノム手法導入のための調査研究(2), 小関良宏, 佐々木伸大, 第3世代バイオテクノロジー応用食品等の安全性確保とリスクコミュニケーションに関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書,   2012年
  • 第3世代バイオテクノロジー応用食品等の安全性確保とリスクコミュニケーションに関する研究 組換え植物の検知技術の開発に関する研究, 近藤一成, 穐山浩, 中村公亮, 小林友子, 橘田和美, 古井聡, 真野潤一, 小口太一, 大森清美, 中島安基江, 笠原正輝, 児玉貴志, 吉松嘉代, 河野徳昭, 小関良宏, 佐々木伸大, 名古屋博之, 第3世代バイオテクノロジー応用食品等の安全性確保とリスクコミュニケーションに関する研究 平成21-23年度 総合研究報告書,   2012年
  • 非食用モダンバイオテクノロジー応用生物の食品への混入危害防止のための検知法開発に関する研究(工業原料遺伝子組換え植物の検知法開発に関する研究), 小関良宏, 佐々木伸大, 非食用モダンバイオテクノロジー応用生物の食品への混入危害防止のための検知法開発に関する研究 平成23年度総括・分担研究報告書,   2012年
  • メタリックな輝きを持つ特殊花色カーネーションの作出とイオンビームによる色調の拡大, 岡村正愛, 中山真義, 長谷純宏, 西崎雄三, 佐々木伸大, イオンビーム育種研究会大会講演要旨集, 8th,   2012年
  • 第3世代バイオテクノロジー応用食品等の安全性確保とリスクコミュニケーションに関する研究 組換え植物の検知技術の開発に関する研究, 近藤一成, 中村公亮, 小林友子, 橘田和美, 真野潤一, 高畠玲於奈, 大森清美, 笠原正輝, 吉松嘉代, 河野徳昭, 小関良宏, 佐々木伸大, 名古屋博之, 第3世代バイオテクノロジー応用食品等の安全性確保とリスクコミュニケーションに関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書,   2012年
  • デルフィニウムにおけるアントシアニン7位配糖体化酵素遺伝子の解析, 西崎雄三, 安永元樹, 小関良宏, 佐々木伸大, 日本植物学会大会研究発表記録, 75th,   2011年09月10日
  • デルフィニウムにおけるアントシアニンアシル基転移酵素の解析, 安永元樹, 西崎雄三, 小関良宏, 佐々木伸大, 日本植物学会大会研究発表記録, 75th,   2011年09月10日
  • 液胞移行型タンパク質によるアントシアニンの修飾反応, 佐々木伸大, 日本植物学会大会研究発表記録, 75th,   2011年09月10日
  • カーネーションにおけるアシルグルコース依存型アントシアニン配糖化酵素遺伝子の解析, 西崎雄三, 松葉由紀, 佐々木伸大, 宮原平, 岡村正愛, 小関良宏, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 29th,   2011年09月06日
  • アシルグルコース依存型アントシアニン糖転移酵素についての報告, 佐々木伸大, 松葉由紀, 宮原平, 西崎雄三, 岡村正愛, 小関良宏, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 29th,   2011年09月06日
  • 大腸菌組み換えタンパク質を用いたアシルグルコース依存型アントシアニン配糖化酵素の生化学的解析, 宮原平, 松葉由紀, 佐々木伸大, 西崎雄三, 岡村正愛, 小関良宏, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 29th,   2011年09月06日
  • 赤ダイコンにおけるflavonoid 3’‐hydroxylase遺伝子の構造, 小関良宏, 大脇裕介, 阿部裕, 百瀬忠征, 佐々木伸大, 下村講一郎, 浅子洋一, 日本食品化学学会総会・学術大会講演要旨集, 17th,   2011年05月19日
  • ベタキサンチンの酵素学的半合成およびラジカル消去能評価, 関口拓史, 小関良宏, 佐々木伸大, 日本食品化学学会総会・学術大会講演要旨集, 17th,   2011年05月19日
  • 植物二次代謝に関わる新規糖転移酵素の発見, 佐々木伸大, 松葉由紀, 小関良宏, バイオサイエンスとインダストリー, 69, (3) 200 - 203,   2011年05月01日
  • カーネーションとデルフィニウムからの新奇アントシアニン配糖化酵素遺伝子cDNAの単離, 小関良宏, 岡本えみ, 松葉由紀, 岡村正愛, 寺正行, 長澤和夫, 佐々木伸大, 日本植物生理学会年会要旨集, 52nd,   2011年03月11日
  • アシルグルコース依存型アントシアニン配糖化酵素の酵素学的解析, 松葉由紀, 佐々木伸大, 岡本えみ, 岡村正愛, 寺正行, 長澤和夫, 小関良宏, 日本植物生理学会年会要旨集, 52nd,   2011年03月11日
  • カーネーションとデルフィニウムにおける新奇アントシアニン配糖化酵素活性の検出, 佐々木伸大, 松葉由紀, 岡本えみ, 岡村正愛, 寺正行, 阿部裕, 長澤和夫, 小関良宏, 日本植物生理学会年会要旨集, 52nd,   2011年03月11日
  • 第3世代バイオテクノロジー応用食品等の安全性確保とリスクコミュニケーションに関する研究 遺伝子組換え体の安全性に関するポストゲノム手法導入のための調査研究(2), 小関良宏, 佐々木伸大, 第3世代バイオテクノロジー応用食品等の安全性確保とリスクコミュニケーションに関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書,   2011年
  • 地下部内部全体にペラルゴニジンを主たるアントシアニジンとして蓄積するダイコン(Raphanus sativus L.)の中間母本「乾谷」とその遺伝様式, 浅子洋一, 大脇裕介, 小関良宏, 佐々木伸大, 阿部裕, 百瀬忠征, 下村講一郎, 育種学研究, 13,   2011年
  • 第3世代バイオテクノロジー応用食品等の安全性確保とリスクコミュニケーションに関する研究 組換え植物の検知技術の開発に関する研究, 穐山浩, 中村公亮, 濱岡志津子, 山田千尋, 牧山太樹, 坂田こずえ, 橘田和美, 真野潤一, 高畠玲於奈, 大森清美, 笠原正輝, 吉松嘉代, 河野徳昭, 小関良宏, 佐々木伸大, 名古屋博之, 第3世代バイオテクノロジー応用食品等の安全性確保とリスクコミュニケーションに関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書,   2011年
  • アシルグルコース依存型アントシアニン修飾酵素について, 佐々木伸大, 生化学,   2011年
  • 植物色素ベタキサンチンの酵素学的半合成, 関口拓史, 佐々木伸大, 小関良宏, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 28th,   2010年09月02日
  • 色と模様の生物学 植物色素の排他性―アントシアニン色素とベタレイン色素―, 佐々木伸大, 生物科学, 62, (1) 30 - 38,   2010年09月01日
  • DNAチップを用いた遺伝子組換え食品の遺伝子非増幅検出法の検討, 伊東篤志, 田口朋之, 和気仁志, 穐山浩, 手島玲子, 佐々木伸大, 山田晃世, 小関良宏, 日本食品化学学会総会・学術大会講演要旨集, 16th,   2010年06月09日
  • 花色の多様性を生み出すアントシアニンの修飾機構, 小関良宏, 佐々木伸大, 松葉由紀, 阿部裕, 日本植物生理学会年会要旨集, 51st,   2010年03月12日
  • カーネーションにおける新規アントシアニン配糖化酵素活性の検出, 松葉由紀, 佐々木伸大, 中村晴香, 阿部裕, 岡本えみ, 岡村正愛, 寺正行, 長澤和夫, 小関良宏, 日本植物生理学会年会要旨集, 51st,   2010年03月12日
  • 非食用バイオテクノロジー応用生物の食品への混入危害防止に関する安全性確保のための研究 工業原料用遺伝子組換え植物・生物の混入危害に関する研究, 小関良宏, 佐々木伸大, 非食用バイオテクノロジー応用生物の食品への混入危害防止に関する安全性確保のための研究 平成19‐21年度 総合研究報告書,   2010年
  • 第3世代バイオテクノロジー応用食品等の安全性確保とリスクコミュニケーションに関する研究 組換え植物の検知技術の開発に関する研究, 穐山浩, 橘田和美, 古井聡, 真野潤一, 小口太一, 大森清美, 中島安基江, 笠原正輝, 児玉貴志, 吉松嘉代, 河野徳昭, 小関良宏, 佐々木伸大, 名古屋博之, 第3世代バイオテクノロジー応用食品等の安全性確保とリスクコミュニケーションに関する研究 平成21年度 総括・分担研究報告書,   2010年
  • 非食用バイオテクノロジー応用生物の食品への混入危害防止に関する安全性確保のための研究 工業原料用遺伝子組換え植物・生物の混入危害に関する研究, 小関良宏, 佐々木伸大, 非食用バイオテクノロジー応用生物の食品への混入危害防止に関する安全性確保のための研究 平成21年度 総括・分担研究報告書,   2010年
  • PCR法を用いた米加工品の安全性未審査遺伝子組換え米の検知法, 穐山浩, 佐々木伸大, 大木果林, 中村文美, 坂田こずえ, 中村公亮, 大森清美, 中島安基江, 古井聡, 橘田和美, 小関良宏, 手島玲子, 日本食品化学学会誌, 16, (3) 147 - 151,   2009年12月18日
  • 液胞移行型タンパク質によるアントシアニン修飾, 佐々木伸大, 小関良宏, 植物化学シンポジウム, 46th,   2009年12月17日
  • カナダ産未承認遺伝子組換えナタネの検知法について(第二報), 穐山浩, 牧山太樹, 佐々木伸大, 近藤一成, 中村公亮, 峯岸恭孝, 真野潤一, 橘田和美, 小関良宏, 手島玲子, 日本食品衛生学会学術講演会講演要旨集, 98th,   2009年10月08日
  • DNAマイクロアレイを用いた遺伝子組換え食品検知法の開発, 伊東篤志, 田口朋之, 和気仁志, 穐山浩, 手島玲子, 佐々木伸大, 小関良宏, 日本食品化学学会総会・学術大会講演要旨集, 15th,   2009年05月21日
  • プロファイリング技術による遺伝子組換えニワトリの非意図的影響の評価, 佐々木伸大, 佐々木和生, 梅津博紀, 太田大策, 岩城俊雄, 堀内浩幸, 穐山浩, 手島玲子, 小関良宏, 日本食品化学学会総会・学術大会講演要旨集, 15th,   2009年05月21日
  • カナダ産未承認遺伝子組換えナタネの検知法について(第一報), 穐山浩, 牧山太樹, 佐々木伸大, 近藤一成, 真野潤一, 橘田和美, 小関良宏, 手島玲子, 日本食品化学学会総会・学術大会講演要旨集, 15th,   2009年05月21日
  • カーネーションのアントシアニン合成に関与するリンゴ酸転移酵素遺伝子, 梅基直行, 阿部裕, CANO Emilio A., 岡村正愛, 百瀬眞幸, 佐々木伸大, 吉田聡, 小関良宏, 園芸学研究 別冊, 8,   2009年03月19日
  • ニンジン培養細胞におけるストレス誘導性DcMYB1遺伝子の発現制御に関与する転写調節因子DcEILの機能解析, 佐藤俊介, 前田和寛, 木村惣一, 野間和香奈, 佐々木伸大, 小関良宏, 日本植物生理学会年会要旨集, 50th,   2009年03月16日
  • トレニア再生系においてアントシアニン合成誘導時に特異的に発現している遺伝子の解析, 中川陽子, 柳楽洋三, 佐々木伸大, 西村一馬, 児玉浩明, 小関良宏, 日本植物生理学会年会要旨集, 50th,   2009年03月16日
  • 「モダンバイオテクノロジー応用食品の安全性確保に関する研究」遺伝子組換え体の検知技術の開発に関する調査研究, 穐山浩, 橘田和美, 古井聡, 真野潤一, 小口太一, 大森清美, 豊田安基江, 笠原正輝, 児玉貴志, 吉松嘉代, 河野徳昭, 小関良宏, 佐々木伸大, モダンバイオテクノロジー応用食品の安全性確保に関する研究 平成20年度 総括・分担研究報告書,   2009年
  • 「モダンバイオテクノロジー応用食品の安全性確保に関する研究」遺伝子組換え体の検知技術の開発に関する調査研究, 穐山浩, 米谷民雄, 渡邉敬浩, 近藤一成, 手島玲子, 橘田和美, 古井聡, 真野潤一, 小口太一, 大森清美, 豊田安基江, 笠原正輝, 児玉貴志, 吉松嘉代, 河野徳昭, 小関良宏, 佐々木伸大, モダンバイオテクノロジー応用食品の安全性確保に関する研究 平成18-20年度 総合研究報告書,   2009年
  • 「モダンバイオテクノロジー応用食品の安全性確保に関する研究」遺伝子組換え体の安全性に関するポストゲノム手法導入のための調査研究(1), 小関良宏, 佐々木伸大, モダンバイオテクノロジー応用食品の安全性確保に関する研究 平成18-20年度 総合研究報告書,   2009年
  • 「モダンバイオテクノロジー応用食品の安全性確保に関する研究」遺伝子組換え体の安全性に関するポストゲノム手法導入のための調査研究 遺伝子組換え体の安全性に関するポストゲノム手法導入のための調査研究(1), 小関良宏, 佐々木伸大, モダンバイオテクノロジー応用食品の安全性確保に関する研究 平成20年度 総括・分担研究報告書,   2009年
  • 非食用バイオテクノロジー応用生物の食品への混入危害防止に関する安全性確保のための研究 工業原料用遺伝子組換え植物・生物の混入危害に関する研究, 小関良宏, 佐々木伸大, 非食用バイオテクノロジー応用生物の食品への混入危害防止に関する安全性確保のための研究 平成20年度 総括・分担研究報告書,   2009年
  • カーネーションにおけるリンゴ酸転移酵素について, 阿部裕, 寺正行, 佐々木伸大, 岡村正愛, 梅基直行, 百瀬眞幸, 川原信夫, 鎌倉浩之, 合田幸広, 長澤和夫, 小関良宏, 日本植物学会大会研究発表記録, 72nd,   2008年09月25日
  • ニンジン及びハマボウフウ培養細胞におけるアントシアニンアシル基転移酵素の生化学的解析, 松葉由紀, 奥田裕樹, 阿部裕, 北村美江, 寺坂和祥, 水上元, 鎌倉浩之, 川原信夫, 合田幸広, 佐々木伸大, 小関良宏, 日本植物学会大会研究発表記録, 72nd,   2008年09月25日
  • ニンジン及びハマボウフウ培養細胞におけるアントシアニンアシル基転移酵素の基質特異性比較, 松葉由紀, 奥田裕樹, 阿部裕, 北村美江, 寺坂和祥, 水上元, 鎌倉浩之, 川原信夫, 合田幸広, 佐々木伸大, 小関良宏, 日本植物生理学会年会要旨集, 49th,   2008年03月15日
  • 「モダンバイオテクノロジー応用食品の安全性確保に関する研究」遺伝子組換え体の安全性に関するポストゲノム手法導入のための調査研究(1), 小関良宏, 佐々木伸大, モダンバイオテクノロジー応用食品の安全性確保に関する研究 平成19年度 総括・分担研究報告書,   2008年
  • 「モダンバイオテクノロジー応用食品の安全性確保に関する研究」遺伝子組換え体の検知技術の開発に関する調査研究, 穐山浩, 橘田和美, 古井聡, 真野潤一, 小口太一, 大森清美, 豊田安基江, 笠原正輝, 児玉貴志, 吉松嘉代, 河野徳昭, 小関良宏, 佐々木伸大, モダンバイオテクノロジー応用食品の安全性確保に関する研究 平成19年度 総括・分担研究報告書,   2008年
  • ニンジン培養細胞においてフェニルプロパノイド合成系を制御するDcMYB1遺伝子の発現抑制に係わる転写調節因子の解析, 佐藤俊介, 前田和寛, 木村惣一, 野間和香奈, 佐々木伸大, 小関良宏, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 26th,   2008年
  • センニチコウ由来cyclo‐DOPA配糖化酵素遺伝子の単離, 佐々木伸大, 中村晴香, 岡本えみ, 石川弘樹, 阿部裕, 小関良宏, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 26th,   2008年
  • カーネーションにおけるリンゴ酸転移酵素活性の検出及び基質の同定と合成, 阿部裕, 寺正行, 佐々木伸大, 岡村正愛, 梅基直行, 百瀬眞幸, 川原信夫, 鎌倉浩之, 合田幸広, 長澤和夫, 小関良宏, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 26th,   2008年
  • ニンジン及びハマボウフウ培養細胞におけるアントシアニンアシル基転移酵素の基質特異性比較, 松葉由紀, 奥田裕樹, 阿部裕, 北村美江, 寺坂和祥, 水上元, 鎌倉浩之, 川原信夫, 合田幸広, 佐々木伸大, 小関良宏, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 26th,   2008年
  • ニンジン培養細胞におけるストレス誘導性DcMYB1遺伝子の発現制御に関与する転写調節因子の解析, 佐藤俊介, 前田和寛, 木村惣一, 野間和香奈, 佐々木伸大, 小関良宏, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 25th,   2007年08月08日
  • ダイズ(Glycine max)由来イソフラボングルコシルトランスフェラーゼの遺伝子クローニング,系統解析および変異解析, 野口秋雄, 斉藤淳, 本間裕, 中尾正宏, 佐々木伸大, 高橋征司, 西野徳三, 中山亨, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 25th,   2007年08月08日
  • 加工食品における中国産の安全性未審査遺伝子組換え米の同定と検出法, 穐山浩, 佐々木伸大, 坂田こずえ, 渡邉敬浩, 大森清美, 豊田安基江, 菊池裕, 古井聡, 橘田和美, 小関良宏, 米谷民雄, 日本食品化学学会総会・学術大会講演要旨集, 13th,   2007年05月31日
  • 遺伝子組換え体の安全性評価へのポストゲノム手法の応用 1.プロファイリング技術による遺伝子組換え魚の非意図的影響の評価, 佐々木和生, 梅津博紀, 太田大策, 名古屋博之, 佐々木伸大, 小関良宏, 日本食品化学学会総会・学術大会講演要旨集, 13th,   2007年05月31日
  • 高等植物におけるDOPA 4,5‐dioxygenase相同遺伝子の単離, 佐々木伸大, 柳楽洋三, 矢吹健二, 香田隆俊, 足立泰二, 小関良宏, 日本植物生理学会年会要旨集, 48th,   2007年03月15日
  • 変異ニンジン懸濁培養細胞株におけるアントシアニンアシル基転移酵素の特性, 奥田裕樹, 阿部裕, 野田尚信, 鈴木正彦, 寺坂和祥, 水上元, 石川彩, 小林信之, 北村美江, 佐々木伸大, 小関良宏, 日本植物生理学会年会要旨集, 48th,   2007年03月15日
  • ビーフンから安全性未審査の遺伝子組換え米の検出と同定, 穐山浩, 佐々木伸大, 坂田こずえ, 大森清美, 豊田安基江, 菊池裕, 渡邉敬浩, 古井聡, 橘田和美, 米谷民雄, 日本薬学会年会要旨集, 127th,   2007年03月05日
  • 「モダンバイオテクノロジー応用食品の安全性確保に関する研究」遺伝子組換え体の安全性に関するポストゲノム手法導入のための調査研究(1), 小関良宏, 佐々木伸大, モダンバイオテクノロジー応用食品の安全性確保に関する研究 平成18年度 総括・分担研究報告書,   2007年
  • 「モダンバイオテクノロジー応用食品の安全性確保に関する研究」遺伝子組換え体の検知技術の開発に関する調査研究, 米谷民雄, 穐山浩, 渡邉敬浩, 大森清美, 豊田安基江, 橘田和美, 古井聡, 児玉貴志, 小関良宏, 佐々木伸大, 峯岸泰孝, モダンバイオテクノロジー応用食品の安全性確保に関する研究 平成18年度 総括・分担研究報告書,   2007年
  • Indicated detection of two unapproved transgenic rice lines contaminating vermicelli products., Akiyama H, Sasaki N, Sakata K, Ohmori K, Toyota A, Kikuchi Y, Watanabe T, Furui S, Kitta K, Maitani T., J Agric Food Chem., 55, (15) 5942 - 5947,   2007年
  • A UDP-Glucose:Isoflavone 7-O-Glucosyltransferase from the Roots of Soybean (Glycine max) Seedlings: PURIFICATION, GENE CLONING, PHYLOGENETICS, AND AN IMPLICATION FOR AN ALTERNATIVE STRATEGY OF ENZYME CATALYSIS., Noguchi A, Saito A, Homma Y, Nakao M, Sasaki N, Nishino T, Takahashi S, Nakayama T., J Biol Chem., 282, (32) 23581 - 23590,   2007年
  • 黄色キンギョソウのフラボノイド生合成経路における酵素間相互作用の検索, 関谷崇, 飯島早瀬, 畑山正美, 佐々木伸大, 西野徳三, 高橋征司, 中山亨, 日本生物工学会大会講演要旨集, 58th,   2006年08月03日
  • オシロイバナにおけるベタレイン色素合成に関わるDOPA4,5‐dioxygenaseの解析, 佐々木伸大, 吉岡英明, 香田隆俊, 和田勝寛, 足立泰二, 小関良宏, 日本植物生理学会年会要旨集, 46th,   2005年03月
  • ベタシアニン合成に関わる配糖化酵素遺伝子についての報告, 佐々木伸大, 香田隆俊, 足立泰二, 小関良宏, 日本植物生理学会年会要旨集, 45th,   2004年03月20日
  • 塩生植物アッケシソウの培養細胞系の確立, 赤塚さと子, 山田晃世, 佐々木伸大, 田中喜之, 三村徹郎, 小関良宏, 日本植物生理学会年会要旨集, 45th,   2004年03月20日
  • Phenylalanine ammonia-lyase genes involved in anthocyanin synthesis and the regulation of its expression in suspension cultured carrot cells., Ozeki, Y., Itoh, Y., Sasaki, N., Oyanagi, M., Akimoto, H., Chikagawa, Y., Takeda, J., J. Plant Res., 113, (1111) 319 - 326,   2000年
  • Isolation and characterization of cDNAs encoding an enzyme with glucosyltransferase activity for cyclo-DOPA from four o’clocks and feather cockscombs., Sasaki N, Wada K, Koda T, Kasahara K, Adachi T, Ozeki Y., Plant Cell Physiol., 46, (4) 666 - 670,   2005年
  • Detection of UDP-glucose:cyclo-DOPA 5-O-glucosyltransferase activity in four o'clocks (Mirabilis jalapa L.)., Sasaki N, Adachi T, Koda T, Ozeki Y., FEBS Lett., 568, (1-3) 159 - 62,   2004年
  • Amaranthin in feather cockscombs is synthesized via glucuronylation at the cyclo-DOPA glucoside step in the betacyanin biosynthetic pathway., Sasaki N, Abe Y, Wada K, Koda T, Goda Y, Adachi T, Ozeki Y., J. Plant Res., 118, (6) 439 - 442,   2005年
  • PCR法を用いた米加工品の安全性未審査遺伝子組換え米の検知法, 穐山浩、佐々木伸大、大木果林、中村文美、坂田こずえ、中村公亮、大森清美、中島安基江、古井聡、橘田和美、小関良宏、手島玲子, 日本食品化学学会誌, 16, (3) 147 - 151,   2009年
  • Detection of 1-O-malylglucose: Pelargonidin 3-O-glucose-6''-O-malyltransferase activity in carnation (Dianthus caryophyllus)., Abe Y, Tera M, Sasaki N, Okamura M, Umemoto N, Momose M, Kawahara N, Kamakura H, Goda Y, Nagasawa K, Ozeki Y., Biochem Biophys Res Commun., 373, (4) 473 - 477,   2008年
  • Structure of an anthocyanin-anthocyanin dimer molecule in anthocyanin-producing cells of a carrot suspension culture., Yutaka Abe, Atsushi Sawada, Tadayuki Momose, Nobuhiro Sasaki, Nobuo Kawahara, Hiroyuki Kamakura, Yukihiro Goda, Yoshihiro Ozeki, Tetrahedron Letters, 49, (51) 7330 - 7333,   2008年
  • Enzymatic preparation of 1-O-hydroxycinnamoyl--D-glucoses and their application to the study of 1-O-hydroxycinnamoyl--D-glucose-dependent acyltransferase in anthocyanin-producing cultured cells of Daucus carota and Glehnia littoralis, Yuki Matsuba, Yuki Okuda, Yutaka Abe, Yoshie Kitamura, Kazuyoshi Terasaka, Hajime Mizukami, Hiroyuki Kamakura, Nobuo Kawahara, Yukihiro Goda, Nobuhiro Sasaki, Yoshihiro Ozeki, Plant Biotechnology, 25, (4) 369 - 375,   2008年
  • Constitutive expression of bergaptol O -methyltransferase in Glehnia littoralis cell cultures, Aya Ishikawa, Tatsuya Kuma, Hiroyuki Sasaki, Nobuhiro Sasaki, Yoshihiro Ozeki, Nobuyuki Kobayashi1 and Yoshie Kitamura, Plant Cell Reports, 28, (2) 257 - 265,   2009年
  • Detection of DOPA 4,5-dioxygenase (DOD) activity using recombinant protein prepared from Escherichia coli cells harboring cDNA encoding DOD from Mirabilis jalapa., Nobuhiro Sasaki, Yutaka Abe, Yukihiro Goda, Taiji Adachi, Kichiji Kasahara, Yoshihiro Ozeki, Plant Cell Physiology, 50, (5) 1012 - 1016,   2009年
  • Isolation of Daucus carota ethylene insensitive3-like (DcEIL) involved in stress-inducible DcMYB1 expression in suspension-cultured carrot cells., Taira Miyahara, Shunsuke Satoh, Kazuhiro Maeda, Soichi Kimura, Nobuhiro Sasaki, Yoshihiro Ozeki, Plant Biotechnology, 27, (1) 91 - 97,   2010年
  • Biosynthesis of plant pigments: anthocyanins, betalains and carotenoids., Tanaka Y, Sasaki N, Ohmiya A., Plant J., 54, (4) 733 - 749,   2008年
  • ニンジン(Daucus carota L.)培養細胞におけるDNAメチル化の挙動, 佐々木伸大, 小関良宏, 日本植物学会大会研究発表記録, 63rd,   1999年

講演・口頭発表等

  • DNA チップを用いた遺伝子組換え食品の遺伝子非増幅検出法の検討, 日本食品化学学会第 16回 総会・学術大会 (大阪),   2010年
  • カーネーションにおける新規アントシアニン配糖化酵素活性の検出, 第51回日本植物生理学会年会,   2010年
  • プロファイリング技術による遺伝子組換えニワトリの非意図的影響の評価, 第15回日本食品化学学会総会・学術集会,   2009年
  • トレニア再生系においてアントシアニン合成誘導時に特異的に発現している遺伝子の解析, 第50回日本植物生理学会年会,   2009年
  • カナダ産未承認遺伝子組換えナタネの検知法について(第一報), 第15回日本食品化学学会総会・学術集会,   2009年
  • DNA マイクロアレイを用いた遺伝子組換え食品検知法の開発, 第15回日本食品化学学会総会・学術集会,   2009年
  • ニンジン培養細胞におけるストレス誘導性DcMYB1 遺伝子の発現制御に関与する転写調節因子 DcEIL の機能解析, 第50回日本植物生理学会年会,   2009年
  • 植物色素の排他性-アントシアニン色素とベタレイン色素-, 第11回日本進化学会大会(札幌大会),   2009年
  • A Novel Glucosyltransferase Activity in Carnation, International Workshop on Anthocyanins 2009, Japan,   2009年
  • Detection of the Anthocyanin Malyltransferase Activity in Carnation, International Workshop on Anthocyanins 2009, Japan,   2009年
  • Carnation Serine Carboxypeptidase-like Acyltransferase is Important for Anthocyanin Malyltransferase Activity and Formation of Anthocyanic Vacuolar Inclusions, International Workshop on Anthocyanins 2009, Japan,   2009年
  • 液胞移行型タンパク質によるアントシアニン修飾, 第46回植物化学シンポジウム,   2009年
  • ニンジン及びハマボウフウ培養細胞におけるアントシアニンアシル基転移酵素の基質特異性比較, 第 49 回日本植物生理学会年会,   2008年
  • センニチコウ由来 cyclo-DOPA 配糖化酵素遺伝子の単離, 第26回日本植物細胞分子生物学会(大阪)大会・シンポジウム,   2008年
  • カーネーションにおけるリンゴ酸転移酵素活性の検出及び基質の同定と合成, 第26回日本植物細胞分子生物学会(大阪)大会・シンポジウム,   2008年
  • ニンジン及びハマボウフウ培養細胞におけるアントシアニンアシル基転移酵素の基質特異性比較, 第26回日本植物細胞分子生物学会(大阪)大会・シンポジウム,   2008年
  • カーネーションにおけるリンゴ酸転移酵素について, 日本植物学会第72回大会,   2008年
  • ニンジン及びハマボウフウ培養細胞におけるアントシアニンアシル基転移酵素の生化学的解析, 日本植物学会第72回大会,   2008年
  • 変異ニンジン懸濁培養細胞株におけるアントシアニンアシル基転移酵素の特性, 第 48 回日本植物生理学会年会,   2007年
  • 高等植物における DOPA 4,5-dioxygenase 相同遺伝子の単離, 第 48 回日本植物生理学会年会,   2007年
  • 加工食品における中国産の安全性未審査遺伝子組換え米の同定と検出法, 日本食品化学学会第 13 回総会・学術大会,   2007年
  • 遺伝子組換え体の安全性評価へのポストゲノム手法の応用 1.プロファイリング技術による遺伝子組換え魚の非意図的影響の評価, 日本食品化学学会第 13 回総会・学術大会,   2007年
  • ダイズ(Glycine max)由来イソフラボングルコシルトランスフェラーゼの遺伝子クローニング、系統解析および変異解析, 第 25 回日本植物細胞分子生物学会千葉大会,   2007年
  • ニンジン培養細胞におけるストレス誘導性 DcMYB1 遺伝子の発現制御に関与する転写調節因子の解析, 第 25 回日本植物細胞分子生物学会千葉大会,   2007年
  • 花色をつかさどるアントシアニンとベタレイン合成に関わる遺伝子の解明, 日本植物学会第 70 回大会,   2006年
  • ニンジン PAL 遺伝子 (DcPAL1) の発現制御を行う転写調節因子 DcMYB1 のプロモーター解析, 日本分子生物学会2006フォーラム,   2006年
  • アントシアニン合成およびクロロフィル分解を誘導しているトレニア再生シュートで発現する遺伝子の cDNA アレイ法および RNAi を用いた解析, 日本分子生物学会2006フォーラム,   2006年
  • オシロイバナにおけるベタレイン色素生合成に関わる DOPA 4,5-dioxygenase の解析, 第 46 回日本植物生理学会年会,   2005年
  • オシロイバナにおけるベタレイン色素生合成に関わる DOPA 4,5-dioxygenase についての解析, 第 23 回日本植物細胞分子生物学会京都大会,   2005年
  • ベタシアニン合成に関わる配糖化酵素遺伝子についての報告, 第 45 回日本植物生理学会年会,   2004年
  • ベタシアニン合成系における cyclo-DOPA 配糖化酵素遺伝子に関する報告, 第 22 回日本植物細胞分子生物学会,   2004年
  • 塩生植物アッケシソウの培養細胞系の確立, 第 45 回日本植物生理学会年会,   2004年
  • オシロイバナにおけるトランスポゾンの単離とベタシアニン合成系遺伝子候補の探索, 第 22 回日本植物細胞分子生物学会秋田大会,   2004年

受賞

  •   2010年, 日本食品化学学会論文賞
  •   2005年, 日本植物細胞分子生物学会学生奨励賞