詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

竹野谷 みゆきタケノヤ ミユキ

所属・担当
文学部国際文化コミュニケーション学科
文学研究科国際文化コミュニケーション専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://toyo.ac.jp
生年月日
Last Updated :2019/05/16

研究者基本情報

学歴

  •  - 1995年, インディアナ大学大学院, 言語学研究科博士課程, 言語学 (Ph.D. in Linguistics)

学位

  • 言語学博士 (Ph.D. in Linguistics), インディアナ大学(アメリカ合衆国)
  • 言語学修士 (M.A. in Linguistics), インディアナ大学(アメリカ合衆国)

所属学協会

  • 国際語用語学会(International Pragmatics Association)
  • アメリカ応用言語学会(American Association for Applied Linguistics)
  • アメリカ言語学会(Linguistic Society of America)
  • 社会言語科学会
  • 大学英語教育学会

研究活動情報

研究分野

  • 文化人類学, 文化人類学・民俗学, エスノグラフィー
  • 言語学, 言語学, 語用論
  • 言語学, 言語学, 社会言語学
  • 言語学, 言語学, 談話分析
  • 言語学, 言語学, コミュニケーション論

研究キーワード

    エスノグラフィー, コミュニケーション研究, 社会言語学, 語用論, 談話分析, 異文化コミュニケーション

MISC

  • <論文>  言語行為としての謝罪広告:違法香料事件をめぐる新聞広告の分析 (単著), 「メディアとことば1:特集「マス」メディアのディスコース」 三宅和子ほか ひつじ書房 , pp. 38--64. (全263頁) ,   2004年
  • <論文>  Appropriateness in Terms of Address (単著), Teaching Pragmatics. Kathleen Bardovi-Harlig et al. (Eds.) Office of English Language Programs of the U.S. Department of State. (米国国務省英語言語プログラム局), On-line book  (http;,   2003年
  • <論文> Introduction to Teaching Pragmatics: Appropriateness in Terms of Address(共著), 「English Teaching Forum」 米国国務省英語言語プログラム局, 第3号 37--43頁,   2003年
  • <論文>  Analyzing Job Trainign Sessions as 'Unequal Encounters'(単著), 「札幌学院大学人文学会紀要」, 第72号 17--29頁,   2002年
  • <論文>  Direction-Giving of a Woman at Work: Context-Based Analysis of Gendered Speech(単著), 「札幌学院大学人文学会紀要」, 第66号 137--152頁,   1999年
  • <論文>  Sociolinguistic Study on Terms of Address: Effect of Ascribed and Acquired Factors on Speaker-Addressee Gender (単著), 「札幌学院大学人文学会紀要」, 第66号 117--136 ,   1999年
  • <論文>  言語表現に求める平等:脱・性差別表現ガイドラインの一考察 (単著), 「札幌学院法学」, 16巻1号 pp. 33--60,   1999年
  • <論文>  Acquisition of Pragmatic Rules: The Gap Between What the Language Textbooks Present and How Learners Perform (単著), 「The Foreign Language Classroom: Bridging Theory and Practice」 M.A. Haggstrom et al. (Eds.), Garland Publishing (New York) pp. 149--164.,   1995年
  • <その他>  Language and Gender in Context-Based Interaction(単著), 「Pragmatic Matters」, 第1号 ,   2000年
  • <その他>  Column 言語行為(単著), 「メディアとことば1: 特集「マス」メディアのディスコース」 三宅和子他(共編) ひつじ書房, (全263頁) 64--65頁担当,   2004年
  • <その他>  Lecture report: 'Bad News and Good News' by Douglas Maynard'(単著), 「Pragmatic Matters」, 第5巻,   2004年

書籍等出版物

  • <著書>  Terms of Address in Japanese: An Interlanguage Pragmatics Approach. (単著)
    北海道大学図書刊行会  2003年
  • <論文>  母語話者とアメリカ人学習者の日本語呼称の使用パターン (単著)
    博士学位論文 インディアナ大学  1995年