詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

山本 浩文ヤマモト ヒロブミ

所属・担当
応用生物科学科
生命環境科学研究センター
生命科学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/07/19

研究者基本情報

学位

  • 薬学博士, 京都大学

所属学協会

  • 日本農芸化学会
  • 日本薬学会
  • 日本植物細胞分子生物学会
  • 日本植物生理学会
  • 植物化学研究会

研究活動情報

研究分野

  • 薬学, 化学系薬学

論文

  • Transcriptome Analysis of Nine Tissues to Discover Genes Involved in the Biosynthesis of Active Ingredients in Sophora flavescens, Biological and Pharmeceutical Bulletin, 38, (6) 876 - 883,   2015年06月
  • Two B-type ATP-binding cassette (ABC) transporters localize to the plasma membrane in Thalictrum minus, Plant Biotechnology, 32, (4) 243 - 247,   2015年
  • Improvement of EEG Processing Syetem “BBFFT2ANOVA” -To Generate Detailed Graph Data Corresponding to ANOVA Results-, Hirobumi Yamamoto、Takashi Ajiro, Koichiro Shimomura, Kenichi Kamijo, International Journal of Computer Science and Network Security, 11, (10) 29 - 44,   2011年10月30日
  • Molecular Characterization of a Membrane-bound Prenyltransferase Specific for Isoflavone from Sophora flavescens., 山本 浩文、Kanako Sasaki, Yusuke Tsurumaru, Kazufumi Yazaki, The Journal of Biological Chemistry, 286, (27) 24125 - 24134,   2011年07月08日
  • A Method for EEG Fluctuation Processing -Application to Fertilizer Difference Analysis in Vegetable Ingestion-, 山本 浩文、Takashi Ajiro, Koichiro Shimomura, Kenichi Kamijo, IJCSNS International Journal of Computer Science and Network Security, 10, (10) 71 - 82,   2010年10月
  • Malonylation is a key reaction in the metabolism of xenobiotic phenolic glucosides in Arabidopsis and tobacco, 山本 浩文、Goro Taguchi, Takahisa Ubukata, Hatsumi Nozue, Yuki Kobayashi, Maki Takahi, Nobuaki Hayashida, The Plant Journal, 63, (6) 1031 - 1041,   2010年09月
  • HCHL expression in hairy roots of Beta vulgaris yields a high accumulation of p-hydroxybenzoic acid (pHBA) glucose ester, and linkage of pHBA into cell walls, 山本 浩文、Laiq ur Rahman, Hitomi Kouno, Yuya Hashiguchi, Arjan Narbad, Adrian Parr, Nicholas Walton, Toshihiro Ikenaga, Yoshie Kitamura, Bioresource Technology, 100, (20) 4836 - 4842,   2009年10月
  • A Method for Structure Analysis of EEG Data -Application to ANOVA in Vegetable Ingestion-, 山本 浩文、Takashi Ajiro, Akiko Yamanouchi, Koichiro Shimomura, Kenichi Kamijo, International Journal of Computer Science and Network Security, 9, (9) 70 - 82,   2009年09月
  • Cloning and Characterization of Naringenin 8-Prenyltransferase, a Flavonoid-Specific Prenyltransferase of Sophora flavescens, 山本 浩文、Kanako Sasaki, Kouji Mito, Kazuaki Ohara, Kazufumi Yazaki, Plant Physiology, 146, (3) 1075 - 1084,   2008年03月
  • Outlier Rejection in Massive Trace Element Data for Geographical Origin Identification System of Vegetables, 山本 浩文、Nobuyoshi Sato, Minoru Uehara, Koichiro Shimomura, Kenichi Kamijo, Journal of Networks, 2, (5) 61 - 68,   2007年09月
  • Exogenous plant H6H but not bacterial HCHL gene is expressed in Duboisia leichhardtii hairy roots and affect tropane alkaloid production, 山本 浩文、Laiq ur Rahman, Yoshie Kitamura, Junko Yamaguchi, Miki Mukai, Kuniko Akiyama, Toshiya Muranaka, Toshihiko Ikenaga, Emzyme and Microbial Technology, 39, (6) 1183 - 1189,   2006年10月03日
  • A Distributed Geographical Origin Identification System for Agricultural Products by Trace Element Compositions., 山本 浩文、N. Sato、M. Uehara、J. Tamaoka、K. Shimomura、K. Kamijo, International J. Computer Science and Network Security, 5 (10), 5, (10) 55 - 63,   2005年10月
  • Molecular cloning, characterization, and downregulation of an acyltransferase that catalyzes the malonylation of flavonoid and naphthol glucosides in tobacco cells., 山本 浩文、G. Taguchi、Y. Shitchi、S. Shirasawa、N. Hayashida, The Plant Journal, 42 (4), 42, (4) 481 - 491,   2005年05月
  • Metabolism of administered (2RS)-naringenin in flavonoid-producing cultured cells of Sophora flavescens., 山本 浩文、H. Kuribayashi、Y. Seshima、P. Zhao、I. Kouno、G. Taguchi、K. Shimomura, Plant Biotechnology, 21 (5), 21, (5) 355 - 359,   2004年12月
  • Engineering of ubiquinone biosynthesis using the yeast coq2 gene confers oxidative stress tolerance in transgenic tobacco., 山本 浩文、K. Ohara、Y. Kokado、F. Sato、K. Yazaki, The Plant Journal, 40 (5), 40, (5) 734 - 743,   2004年12月
  • Stimulating the production of homoisoflavonoids in cell suspension cultures of Caesalpinia pulcherrima using cork tissue., 山本 浩文、P. Zhao、Y. Iwamoto、I. Kouno、Y. Egami, Phytochemistry, 65 (17), 65, (17) 2455 - 2461,   2004年09月
  • Cloning and characterization of a glucosyltransferase that reacts on 7-hydroxyl group of flavonol and 3-hydroxyl group of coumarin from tobacco cells., 山本 浩文、G. Taguchi、T. Ubukata、N. Hayashida、M. Okazaki, Archives of Biochemsitry and Biophysiology 420 (1), 95 - 102,   2003年12月
  • シチリア島とスペインにおけるGlycyrrhiza glabra L.の調査研究, 林 宏明、芝野真喜雄、草野源次郎、山本浩文、池城安正, Natural Medicines, 52, (3) 259 - 264,   1998年
  • 植物培養細胞によるベルベリンの生産と分泌, 組織培養, 16, (13) ,   1990年

書籍等出版物

  • 種々の植物培養細胞における二次代謝産物生産に対するコルクの影響
      1999年
  • バイカイカリソウ:組織培養およびイソプレニルフラボノール配糖体の生産
      1994年

講演・口頭発表等

  • Transcriptome analysis of Sophora flavescens to investigate genes involved in the biosynthesis of active ingredients, 韓 栄春、高橋 弘喜、中村 道美、Somnuk BUNSUPA、吉本 尚子、山本 浩文、鈴木 秀幸、柴田 大輔、山崎 真巳、斉藤 和季, 第9回中韓日生薬学合同シンポジウム(上海),   2016年05月29日
  • 薬用植物クララにおけるトランスクリプトーム解析, 韓 栄春、高橋 弘喜、中村 道美、Somnuk BUNSUPA、吉本 尚子、山本 浩文、鈴木 秀幸、柴田 大輔、山崎 真巳、斉藤 和季, 日本薬学会第136年会(横浜),   2016年03月27日
  • セリ科植物の芳香族基質O-プレニル化酵素遺伝子と酵素機能解析, 棟方 涼介、Jacob Florence、肥塚 崇男、山本 浩文、杉山 暁史、矢崎 一史, 第25回イソプレノイド研究会(仙台),   2015年09月14日
  • アキカラマツABCタンパク質TmABCB1, TmABCB2の発現解析, 士反 伸和、寺坂 和祥、山本 浩文、佐藤 文彦、 矢崎 一史, 第33回日本植物細胞分子生物学会(東京)大会・シンポジウム,   2015年08月12日
  • アシタバ由来の芳香族基質O -プレニル基 転移酵素遺伝子の単離と機能解析, 棟方 涼介、Jacob Florence、肥塚 崇男、山本 浩文、杉山 暁史、矢崎 一史, 第33回日本植物細胞分子生物学会(東京)大会・シンポジウム,   2015年08月11日
  • ムラサキ培養細胞におけるナフトキノン環形成機構の解明, 塚原美香、富田健吾、矢崎一史、和田昭盛、山野由美子、柏田祥策、山本浩文, 日本農芸化学会2015年度岡山大会,   2015年03月28日
  • RNA-Seq analysis on 9 tissues of Sophora flavescens reveals putative genes involved in the biosynthesis of quinolizidine alkaloids and isoflavonoids, 韓栄春,中村道美,Bunsupa Somnuk,山本浩文,鈴木秀幸,高橋弘喜,吉本尚子,山崎真巳, 斉藤和季, 日本生薬学会第61回年会(福岡),   2014年09月13日
  • ムラサキ培養細胞におけるナフトキノン骨格生成:3’’-ヒドロキシゲラニルハイドロキノン中のアルコール性水酸基の酸化, 塚原美香、町田典子、矢崎一史、和田昭盛、山野由美子、山本浩文, 日本農芸化学会2014年度東京大会,   2014年03月29日
  • ムラサキのポリフェノールオキシダーゼLePPO1の 特性とシコニン生産, 山本 浩文、高野祐希,山本恭子,棟方涼介,杉山暁史,佐々木佳菜, 小原一朗,下村講一郎,矢崎一史, 第31回日本植物細胞分子生物学会(札幌)大会・シンポジウム,   2013年09月10日
  • アシタバ脱分化培養細胞におけるフェニルプロパノイド代謝調節について, 山本 浩文、中村 陽、橋爪 早季、秋田 悟史、鈴木 達也, 第31回日本植物細胞分子生物学会(札幌)大会・シンポジウム,   2013年09月10日
  • 異なる条件で栽培した野菜のバイオマーカーの探索, 山本 浩文、佐々木和生、下村講一郎, 日本食品化学学会 第19回総会・学術大会 (名古屋),   2013年08月29日
  • ムラサキにおけるポリフェノールオキシダーゼLePPOの発現特性とシコニン生産, 山本 浩文、高野祐希、山本恭子、棟方涼介、杉山暁史、佐々木佳菜子、小原一朗、矢崎一史, 第30回日本植物細胞分子生物学会(奈良)大会・シンポジウム,   2012年08月05日
  • アシタバにおけるカルコン基質プレニルトランスフェラーゼ遺伝子の探索, 山本 浩文、Jacob Florence, 山本太基、肥塚祟男、杉山暁史、矢崎一史, 日本植物細胞分子生物学会,   2011年09月07日
  • 脳波の情報構造解析のための一方法 -野菜摂取時の脳波変動を例として-, 山本 浩文、網代 孝, 山内 明子, 下村 講一郎, 上條 賢一, 電子情報通信学会研究報告,   2009年03月
  • 植物のフラボノイド・プレニルトランスフェラーゼ遺伝子の発見と利用, 山本 浩文、矢崎一史、佐々木佳菜子、鶴丸優介, 日本薬学会第129年会,   2009年03月
  • ホモロジーベースPCRによる新規フラボノイドプレニルトランスフェラーゼ遺伝子の探索, 山本 浩文、佐々木佳菜子、鶴丸優介、矢崎一史, 日本生薬学会第55回年会,   2008年09月
  • 組換え酵母を用いたプレニルナリンゲニン生産, 山本 浩文、佐々木佳菜子,鶴丸優介,矢崎一史, 第26回日本植物細胞分子生物学会(大阪)大会・シンポジウム,   2008年09月
  • ミヤマホタルカズラ不定根における deoxyshikonin の生合成に関する研究, 山本 浩文、栗空 裕,間中寛士,下村講一郎, 第26回日本植物細胞分子生物学会(大阪)大会・シンポジウム,   2008年09月
  • クララのフラボノイドプレニル基転移酵素遺伝子の単離と分子進化, 山本 浩文、佐々木佳菜子,矢崎一史, 第49回日本植物生理学会年会,   2008年03月
  • クララのナリンゲニン・プレニルトランスフェラーゼ SfN8DT-3 の機能及び発現解析, 山本 浩文、鶴丸 優介、佐々木 佳菜子、山本 恭子、宮脇 達也、矢崎 一史, 日本農芸化学会2008年度大会,   2008年03月
  • 野菜類の産地判別システムにおける微量元素含有量の異常値の排除, 山本 浩文、佐藤永欣、上原 稔、下村講一郎、上條賢一, マルチメディア通信と分散処理ワークショップ,   2007年11月
  • Evaluations on Classified Selection of Dense Vectors for Vegetable Geographical Origin Identification System using Trace Elements, 山本 浩文、Nobuyoshi Sato, Minoru Uehara, Koichiro Shimomura, Kenichi Kamijo, The 1st International Conference on Network-Based Information Systems,   2007年09月
  • Improvement and Evaluation of SPH on High Dimensional Vector for Geographical Origin Identification System for Vegetables by Trace Elements, 山本 浩文、Nobuyoshi Sato, Minoru Uehara, Koichiro Shimomura, Kenichi Kamijo, The Second International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2007),   2007年09月
  • クララ由来フラボノイド・プレニルトランスフェラーゼのクローニングと機能解析, 山本 浩文、佐々木佳菜子、矢崎一史, 第 25 回日本植物細胞分子生物学会(千葉)大会・シンポジウム,   2007年08月09日
  • Effective Retrieval of High Dimensioanl Vector by Class Coding in Vegetable Geographical Origin Identification System, 山本 浩文、Nobuyoshi Sato, Minoru Uehara, Koichiro Shimomura, Kenichi Kamijo, IEEE 9th International Workshop on Multimedia Network Systems and Applications (MNSA2007),   2007年06月
  • On Rejecting Outliers by Smirnov Test for Massive Data Input System for Vegitable Geographical Identification System, 山本 浩文、Nobuyoshi Sato, Minoru Uehara, Koichiro Shimomura, Kenichi Kamijo, IEEE 21st International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA2007),   2007年05月
  • 微量元素組成に基づくホウレンソウの産地判別のための基礎研究‐その2, 山本 浩文、石黒 沙千代、玉岡 迅、佐藤 永欣、上條 賢一、下村 講一郎, 日本農芸化学会2007年度大会,   2007年03月
  • クララ由来のフラボノイド・プレニルトランスフェラーゼ遺伝子の単離と機能解析, 山本 浩文、佐々木佳菜子、矢崎一史, 第48回日本植物生理学会年会,   2007年03月
  • 野菜類の産地判別システムにおける効率的な微量元素含有量のコード化, 山本 浩文、佐藤永欣、上原 稔、下村講一郎、上條賢一, マルチメディア通信と分散処理ワークショップ,   2006年11月12日
  • 微量元素による農産物の産地判別システムにおけるSPHによる絞り込み, 山本 浩文、佐藤永欣 上原 稔 玉岡 迅 下村 講一郎 上條 賢一, マルチメディア通信と分散処理ワークショップ、情報処理学会シンポジウム(那覇),   2006年11月
  • ミヤマホタルカズラ不定根培養系におけるシコニンの生産調節, 山本 浩文、宮崎秀紀、東野 薫、矢崎一史、下村講一郎, 第 24 回日本植物細胞分子生物学会(つくば)大会・シンポジウム,   2006年07月29日
  • 野菜類の分散型産地判別システムにおけるSPHの効率化, 山本 浩文、佐藤永欣、上原 稔、玉岡 迅、下村講一郎、上條賢一, マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2006),   2006年07月
  • 酵母COQ2遺伝子を用いた高等植物コエンザイムQの代謝工学, 山本 浩文、小原一朗 小門善正 佐藤文彦 矢崎一史, 日本農芸化学会2006年度大会(京都),   2006年03月
  • 軟質ポリウレタンフォームによるクララ培養細胞におけるプレニルフラボノイド生産促進機構の解明, 山本 浩文、栗林弘樹 信澤 岳 下村 講一郎, 日本農芸化学会2006年度大会(京都),   2006年03月
  • 微量元素組成に基づくホウレンソウの産地判別のための基礎研究, 山本 浩文、石黒 沙千代 玉岡 迅 佐藤 永欣 上條 賢一 下村 講一郎, 日本農芸化学会2006年度大会(京都),   2006年03月
  • A Possibility Test on a Discrimination System for Identification of Cultivated Products by Trace Element Analysis, 山本 浩文、Nobuyoshi Sato Minoru Uehara Jin Tamaoka Koichiro Shimomura Kenichi Kamijo, The 5th International Conference on Computer and Information Technology (CIT2005), Shanghai, China,   2005年09月
  • Initial Design of Distributed Identification System for Geographical Origin by Trace Element Analysis, 山本 浩文、Nobuyoshi Sato Minoru Uehara Jin Tamaoka Koichiro Shimomura Kenichi Kamijo, The 8th International Workshop on Network-Based Information System (NBiS'05), in conjunction with the 16th International Workshop on Database and Expert Systems Applications (DEXA2005), Copenhagen, Denmark,   2005年08月
  • クララ培養細胞が生産するプレニルフラバノンの軟質ポリウレタンフォームによる効率的生産回収, 山本 浩文、栗林広樹 鈴木亮平 下村 講一郎, 第23回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム(京都),   2005年08月
  • Naringeninの投与によるクララ培養細胞におけるsophoraflavanone G生産の効率化, 山本 浩文、栗林広樹 瀬島康治, 第23回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム(京都),   2005年08月
  • ガラス化法によるムラサキ培養細胞の超低温保存と再生後の評価, 山本 浩文、松田泰治 東野 薫 矢崎一史 下村 講一郎, 第23回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム(京都),   2005年08月
  • 微量元素分析による野菜類の分散産地判別システムの検討, 山本 浩文、佐藤永欣 上原 稔 玉岡 迅 下村 講一郎 上條 賢一, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2005)シンポジウム(花巻),   2005年06月
  • A Discrimination System for Identification of Cultivated Products by Trace Elements Analysis -Using Broccoli as an Example-?, 山本 浩文、Nobuyoshi Sato Minoru Uehara Jin Tamaoka Koichiro Shimomura Kenichi Kamijo?, The 7th International Workshop on Multimedia Network Systems and Applications (MNSA 2005), in conjunction with the 25th IEEE International Conference on Distributed Computing Systems Workshops, Columbus, OH, USA,   2005年06月
  • 酵母Coq2遺伝子を用いたユビキノン-10高生産タバコの作出と酸化ストレス抵抗性, 山本 浩文、小原 一朗 小門 善正 佐藤 文彦 矢崎 一史, 日本農芸化学会2005年度(平成17年度)大会(札幌),   2005年03月
  • フェノール類配糖体に反応するタバコのマロニルトランスフェラーゼの性質とその遺伝子発現抑制, 山本 浩文、田口 悟朗 志知 能弘 林田 信明, 日本農芸化学会2005年度(平成17年度)大会(札幌),   2005年03月
  • Glucosylation and malonylation of exogenously added phenolics in tobacco cells, 山本 浩文、Goro Taguchi Yoshihiro Shitchi Naoko Kadota Takahisa Ubukata Nobuaki Hayashida, Germany-Japan Seminar on Molecular Regulation of Plant Secondary Metabolism, Kisarazu, Japan,   2004年09月
  • クララ培養細胞における外因性ナリンゲニンの代謝, 山本 浩文、栗林広樹 趙 平 河野 功 田口悟朗 下村 講一郎, 第22回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム(秋田),   2004年08月
  • 酵母COQ2遺伝子を用いたユビキノン-10高生産タバコの作出とその形質, 山本 浩文、小原一朗 小門善正 佐藤文彦 矢崎一史, 日本農芸化学会2004年度(平成16年度)大会(広島),   2004年03月
  • フェノール類配糖体に反応するタバコのマロニル化酵素遺伝子のクローニング, 山本 浩文、田口悟朗 志知能弘 白澤佐季子 林田信明, 日本農芸化学会2004年度(平成16年度)大会(広島),   2004年03月
  • ムラサキ培養シュートにおけるシコニンおよびコーヒー酸誘導体生産に対するサリチル酸の影響, 山本 浩文、東野 薫 下村 講一郎, 日本農芸化学会2004年度(平成16年度)大会(広島),   2004年03月
  • ミヤマホタルカズラ(Lithospermum diffusum Lagasca)シュート培養系の確立およびシコニン誘導体生成, 山本 浩文、藤枝美穂 東野 薫 下村 講一郎, 日本農芸化学会2004年度(平成16年度)大会(広島),   2004年03月
  • フェノール配糖体に反応するタバコのマロニルトランスフェラーゼの解析, 山本 浩文、志知能弘 田口悟朗 野末雅之 林田信明, 第21回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム(高松),   2003年08月
  • Caesalpinia pulcherrima培養細胞におけるホモイソフラボノイド類の生産, 山本 浩文、超 平 岩本裕子 河野 功 江上泰邦 水戸光司, 第21回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム(高松),   2003年08月
  • プレニルトランスフェラーゼ遺伝子を用いたユビキノンの代謝工学, 山本 浩文、小原一朗 小門善正 藤崎隆広 佐藤文彦 矢崎一史, 第21回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム(高松),   2003年08月
  • 各地産絶滅危惧植物ムラサキの培養および超低温保存, 山本 浩文、東野 薫 村瀬広恵 京極春樹 下村 講一郎, 第21回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム(高松),   2003年08月
  • ヒマラヤヤマボウシ培養不定根由来PGG分解酵素の精製および特性解析, 山本 浩文、林 宏和 藤巻 豊 田中章江 石丸幹二 藤伊 正 下村 講一郎, 第21回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム(高松),   2003年08月
  • タバコの配糖化酵素NtGT2はフラボノイドの7位に反応する, 山本 浩文、田口悟朗 産形峰久 林田信明 岡崎光雄, 日本農芸化学会2003年度(平成15年度)大会(横浜),   2003年03月
  • コルク組織の添加によるクララ培養細胞におけるラバンドリル側鎖形成酵素の活性変動, 山本 浩文、趙 平 井上謙一郎, 日本薬学会第123回年会(長崎),   2003年03月
  • 細胞外から投与したナフトールはマロニルグルコシドとしてタバコ細胞内に蓄積される, 山本 浩文、田口悟朗 産形峰久 趙平 林田信明 岡崎光雄, 日本植物生理学会2003年度年会及び第43回シンポジウム(奈良),   2003年03月
  • Sophoraflavanone G中のlavandulyl基形成に関与する膜結合性酵素の細胞内局在性, 山本 浩文、趙 平 井上謙一郎, 第20回日本植物分子生物学会大会・シンポジウム(奈良),   2002年07月
  • ミヤマホタルカズラのカルスによるナフトキノン誘導体の生産, 山本 浩文、趙 平 松方友美 矢崎一史, 第20回日本植物分子生物学会大会・シンポジウム(奈良),   2002年07月
  • Agrobacterium-mediated parAt promotor-H6H Gene Introduction into Duboisia spp, 山本 浩文、L. U. Rahman K. Amamoto H. Yamamoto Y. Kitamura T. Muranaka T. Ikenaga, The 10th IAPTC & B Congress Plant Biotechnology: 2002 and Beyond,,   2002年06月
  • コルク組織及びジャスモン酸メチルの使用によるクララ培養細胞中の微量生合成中間体の検索, 山本 浩文、趙 平 井上謙一郎, 日本薬学会第122回年会(千葉),   2002年03月
  • スイカズラ培養細胞における7-deoxyloganetic acid 1-O-glucosyltransferase, 山本 浩文、車 満暎 片野信行 山口実沙子 井上謙一郎, 日本生薬学会第48回年会(金沢),   2001年09月
  • クララ培養細胞中のleachianone G 2"-dimethylallyltransferase, 山本 浩文、趙 平 井上謙一郎, 第19回日本植物分子生物学会大会・シンポジウム(東京),   2001年07月
  • コルク組織と共培養したクララ培養細胞を用いたプレニルフラボノイド類の生合成研究, 山本 浩文、趙 平 井上謙一郎, 第19回日本植物分子生物学会大会・シンポジウム(東京),   2001年07月

特許

  • 植物二次代謝産物吸着材及び植物細胞二次代謝産物の回収方法, 山本 浩文、下村 講一郎, 特願2005-41585
  • コーヒー酸誘導体の生産方法, JP2000060588A2

受賞

  •   1998年, Alexander von Humboldt Research Fellowship

競争的資金

  • 群馬伝統食材のブランド化 ~大白ダイズおよび加工品の機能性評価と普及~, 科学技術振興機構 平成20年度「シーズ発 掘試験」研究推進費
  • 抗酸化ビタミン等含有機能性野菜の開発に関する研究, (財)日本食品化学研究振興財団, 山本 浩文
  • 人工蓄積系としての軟質ポリウレタンフォームの利用による植物由来脂溶性機能性成分の効率的生産, 特別研究(個人研究), 山本 浩文
  • 抗酸化ビタミン含有野菜の評価に関する研究, (財)日本食品化学研究振興財団, 山本 浩文
  • 植物組織培養系を用いた有用物質の生産制御
  • 植物組織培養による有用物質の生産に関する研究