詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

遠藤 喜佳エンドウ キヨシ

所属・担当
法律学科
私法学専攻
公法学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/07/19

研究者基本情報

学位

  • 修士(法学), 中央大学

所属学協会

  • 日本私法学会
  • 比較法学会
  • 金融法学会
  • 独日法律家協会

委員歴

  •   2012年04月 - 2014年03月, 東洋大学大学院法学研究科, 研究科委員長
  •   2010年04月 - 2012年03月, 東洋大学大学院法学研究科, 研究科委員長
  •   2008年04月 - 2009年03月, マックス・プランク研究所(ハンブルク), 客員研究員
  •   2007年, 公認会計士試験委員(企業法)
  •   1999年04月 - 2000年03月, マックス・プランク研究所(ハンブルク), 客員研究員

研究活動情報

研究分野

  • 法学, 民事法学

研究キーワード

    銀行秘密 商号続用, 事業譲渡, 営業譲渡, 内部統制

論文

  • 商法はどう変わるべきなのかーオーストリア企業法前史・クレイチの提言よりー, 遠藤 喜佳, 『企業法学の論理と体系』永井和之先生古稀記念論文集, 123 - 152,   2016年08月
  • 手形署名における文言解釈の限界, 遠藤 喜佳,  『日本法の論点』第二巻 文眞堂 , 2, 179 - 188,   2012年11月
  • Company  Split - Continued Use of Trade Name - Liability of Succeeding Company for Obligations of Splitting Company, 遠藤 喜佳、Moritz Baelz, Marc Dernauer, Christopher Heath, Anja Petersen-Padberg, Business Law in Japan - Cases and Comments ; Walters Kluwer, ISBN 978 90 411 3891 0, 275 - 290,   2012年05月
  • 白地手形における主観説と客観説の理論的検討, 遠藤 喜佳, 『日本法の論点』第一巻 文眞堂 , 1, 176 - 186,   2011年11月
  • Die Entwicklungen der japanischen Rechtssprechung und Lehre bezueglich der Haftung des Erwerbers bei Firmenfortfuehrung, 遠藤 喜佳, Zeitschrift fuer Japanishes Recht 独日法律家協会, (29) 103 - 122,   2010年09月
  • 商法から企業法へ オーストリア企業法典(UGB)概観, 遠藤 喜佳, 法学新報, 114, (41955) 25 - 42,   2008年03月
  • 商法における企業法理論の意義と役割, 遠藤 喜佳, 東洋法学 法学部創設50周年記念号, 50, (41641) 81 - 104,   2007年03月
  • 独判例にみる商号続用要件の解釈と展開, 遠藤 喜佳, 東洋法学, 48, (2) 135 - 156,   2005年03月
  • 判例研究 デリバティブ取引の損失と取締役の責任 ヤクルト巨額損失株主代表訴訟, 金融商事判例 経済法令研究会, (1217) ,   2005年
  • 一般銀行契約論の現在ー銀行秘密の基礎ー, 遠藤 喜佳, 比較法, (41) 117 - 144,   2004年03月
  • 判例研究  ゴルフクラブ名の続用と預託金返還義務の有無  最高裁平成16年2月20日判決, 金融・商事判例 経済法令研究会, 1195,63,   2004年
  • ドイツの企業買収法について・ ジークフリート・キュンペルの講演(共訳), 比較法雑誌, 37巻4号37頁,   2004年
  • ドイツ法の見地からみた証券取引所の概念・ ジークフリート・キュンペルの講演(共訳), 比較法雑誌, 37巻4号61頁,   2004年
  • 判例研究 ゴルフ場の経営委託と商法26条1項の責任 東京高裁平成14年8月30日判決, 金融・商事判例 経済法令研究会, 1173, 59,   2003年
  • 銀行間情報の法的規制, 遠藤 喜佳, 法学新報, 108, (9,10) 71 - 104,   2002年03月
  • Rechtsscheinhaftung eines Kaufhauses nach den Grundsaetzen des sogenannten Naitagashi, 遠藤 喜佳, Zeitschrift fuer Japanisches Recht 独日法律家協会 DJJV, (9) 208 - 215,   2000年05月
  • 商号の続用と責任(ドイツにおける企業法・会社法4), 遠藤 喜佳, 比較法雑誌, 32, (2) 71 - 91,   1998年09月
  • 判例研究 スーパーマーケットの名義貸責任 最高裁平成7年11月30日判決, 金融・商事判例 経済法令研究会, (989) ,   1996年
  • 銀行秘密と銀行間照会制度の法的検討 , 遠藤 喜佳, 私法 有斐閣, (57) 279 - 285,   1995年04月
  • 統一的抗弁制限論について, 経済法令研究会刊行「現代企業法の理論と実務」所収,   1993年
  • 有価証券概念の継続形成 , 遠藤 喜佳, 法学新報, 97, (41641) 421 - 442,   1990年10月
  • キュンペルの有価証券概念, 遠藤 喜佳, 法学論集(宮崎産業経営大学) , 1, (2) 1 - 32,   1989年03月
  • Sparbuchの法的性質についてー銀行免責の法理を視点にー, 遠藤 喜佳, 大学院研究年報(中央大学)法学研究科編下1985, 15, (I-2) 1 - 14,   1986年03月01日
  • 西独における有価証券概念の見直しとその実務的背景について, 遠藤 喜佳, 手形研究, (376) 25 - 29,   1985年12月
  • 銀行・顧客間の信頼関係論序説ードイツ法を中心にー, 遠藤 喜佳, 大学院研究年報(中央大学)法学研究科編下1982, 12, (I-2) 73 - 82,   1983年03月01日

書籍等出版物

  • 最新改正会社法
    遠藤 喜佳、 永田均編著
    共著第二章 会社の設立八千代出版  2016年05月
  • 商法総則・商行為法ープチ・コンメンタール 改訂版
    遠藤 喜佳 松田和久 共著
    税務経理協会  2015年04月平成26年商法改正を反映させた内容である。
  • 新・会社法講義
    西脇敏男監修 遠藤喜佳
    分担執筆2章 会社設立手続と法的手続の要求八千代出版  2014年07月
  • 商法総則・商行為法 プチ・コンメンタール
    遠藤 喜佳、 松田和久 共著
    税務経理協会  2010年04月
  • 実務解説 会社法Q&A
    遠藤 喜佳、生駒・根田・須藤・永井 編著
    ぎょうせい  2006年05月20日
  • 会社法判例解説 三訂版第1刷
    遠藤 喜佳、河内隆史 編著
    一橋出版  2005年09月20日
  • 手形・小切手法判例解説 新訂版第5刷
    遠藤 喜佳、遠藤喜佳 編著
    一橋出版  2004年10月01日
  • 商法の解説 総則・商行為 新訂版第7刷
    遠藤 喜佳、沢野芳夫 共著
    一橋出版  2003年10月01日
  • 手形・小切手法の解説 新訂版第15刷
    遠藤 喜佳
    一橋出版  2002年10月01日
  • 商法の解説-総則・商行為-(共著)
    一橋出版  1997年
  • 手形・小切手法判例解説
    一橋出版  1995年
  • 取締役の権限と責任
    遠藤 喜佳、加美和照 編
    中央経済社  1994年09月20日
  • 現代企業法の理論と実務
    遠藤 喜佳、高窪利一先生還暦記念
    経済法令研究会  1993年12月
  • 株主の権利
    遠藤 喜佳、崎田直次 編
    中央経済社  1991年10月30日
  • 問答式 手形・小切手の実務
    遠藤 喜佳
    新日本法規出版  1985年02月
  • 手形・小切手法の解説
    一橋出版  1984年

講演・口頭発表等

  • 民法と商法との交錯-近時の法改正の議論からー, 遠藤 喜佳, 民法判例研究会,   2015年12月19日
  • 商法(運送・海商関係)等の改正に関する検討, 遠藤 喜佳, 東洋大学商事法研究会,   2015年08月06日
  • ドイツにおける日本法研究, 遠藤 喜佳, 宮崎産業経営大学 平成25年度学術講演会・法学会,   2013年08月08日, ドイツにおいて日本法を研究することの意義について検討を行った。
  • ドイツにおける日本法研究事情, 遠藤 喜佳, 日独比較企業法研究会・21世紀コーポレートガバナンス研究会,   2010年01月16日, ドイツにおいて日本法研究を行っている大学・その他の学術機関の動向について報告を行った。
  • 商法から企業法へ Bydlinskiに対するRaischの批判から, 遠藤 喜佳, 日独比較企業法研究会,   2006年12月09日
  • ヤクルト巨額損失株主代表訴訟, 遠藤 喜佳, 金融商事判例研究会,   2005年03月05日
  • 日独判例における商号続用要件の解釈と比較, 遠藤 喜佳, 日独比較企業法研究会,   2005年02月05日
  • ゴルフクラブ名の続用と預託金返還義務の有無, 遠藤 喜佳, 金融商事判例研究会,   2004年05月08日
  • ゴルフ場の経営委託と受託会社の商法26条責任, 遠藤 喜佳, 金融商事判例研究会,   2003年05月10日
  • 商号の続用と営業譲渡, 遠藤 喜佳, 日独比較企業法研究会,   1997年05月17日
  • テナントの販売に関するスーパーマーケットの名板貸責任, 遠藤 喜佳, 金融商事判例研究会,   1996年01月20日
  • 商号の継続と責任, 遠藤 喜佳, 日独比較企業法研究会,   1995年07月01日
  • 銀行秘密と銀行間照会制度の法的検討, 遠藤 喜佳, 日本私法学会 第58回大会 第4部会,   1994年10月09日
  • 金融・証券不祥事とその法的対応, 遠藤 喜佳, 第3回 南九州法律研究会,   1992年06月06日

競争的資金

  • 銀行と顧客間の法律関係の研究
  • 日独比較企業法研究, 国際研究
  • 銀行秘密の比較法的研究
  • 事業譲渡と商号続用による責任, 会社法22条、商法17条の法的責任についての学説・判例の研究
  • 取締役の責任と内部統制, 判例における内部統制の問題を扱う。
  • 銀行秘密の現代的意義と機能について, 全国銀行学術研究振興財団, 遠藤 喜佳, 比較法41号2004年3月刊に論文発表

その他

  •   2016年10月, 「民法の改正と商法規定の見直し」, 東洋通信第53巻4号4頁~8頁【学習室】 東洋大学通信教育部2016年10月号
  •   2015年, 「イギリスにおける商事法の発展-手形が紙幣となるまでー」を読んで, 東洋通信第52巻4号8頁~11頁【学習室】 東洋大学通信教育部2015年10月号
  •   2013年, 東洋大学大学院法学研究科科長
  •   2013年, 「法人の目的」, 東洋通信第50巻2号 14頁~16頁【学習室】 東洋大学通信教育部2013年5月号
  •   2012年, 東洋大学大学院法学研究科委員長
  •   2012年, 「法の片思い」, 東洋通信第49巻4・5号 6頁~8頁【オアシス】 東洋大学通信教育部 2012年7・8月号
  •   2011年, 東洋大学大学院法学研究科委員長, 東洋大学大学院法学研究科委員長
  •   2011年, 「会社分割による事業の承継とゴルフクラブ名の続用による責任」, (判例研究) 東洋法学55巻2号175頁~191頁に掲載。最高裁判所平成20年6月10日判決の検討
  •   2011年, 「商法における基本概念とその法理について-会社・商人・商行為ー」, 東洋通信第48巻3号32頁~45頁に掲載。 東洋大学通信教育部2011年6月号【学灯】
  •   2010年, 中国アモイ大学における日本法講座, アモイ大学における日本法講座において講演を行う。 「商法の基本概念」6月23日「商号の続用」25日、 シンポジウムでは「商法の基本原理」を報告した。
  •   2010年, 東洋大学大学院法学研究科委員長, 大学院法学研究科委員長
  •   2009年, 「船荷証券原本と引換えずに運送品を渡すこと(空渡)に関する法規制」, 何麗新論文 劉永光・李秀文訳 遠藤喜佳監修 東洋法学53巻2号281頁以下に掲載。
  •   2007年, 「事業譲渡と商号続用者の責任‐判例の動きと学説ー」, 東洋第43巻12号30頁~43頁に掲載。 東洋大学通信教育部2007年3月号【学灯】
  •   2004年, 「利子の話あれこれ」, 東洋第41巻4・5号8頁~10頁に掲載。  東洋大学通信教育部2004年7・8月号【オアシス】
  •   1997年, 「商人考」, 千葉商科大学創立70周年記念誌 平成9年11月発行 4章282頁以下に寄稿。