研究者総覧

信岡 朝子 (ノブオカ アサコ)

  • 文学部日本文学文化学科 准教授
  • 人間科学総合研究所 准教授
Last Updated :2022/06/25

研究者情報

学位

  • 博士(学術)(東京大学)

科研費研究者番号

  • 90610113

J-Global ID

研究キーワード

  • 日米文化交流   クロスジャンル研究   環境とイメージ   

研究分野

  • 人文・社会 / 文学一般 / 比較文学・比較文化

学歴

  •         -   筑波大学第二学群比較文化学類 卒業
  •         -   東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻(比較文学・比較文化分野)博士課程 修了   Graduate School of Arts and Sciences   Interdisciplinary Cultural Studies

所属学協会

  • 日本児童文学学会   日本アメリカ学会   東大比較文学会   日本比較文学会   

研究活動情報

論文

  • 静寂の理由―ドキュメンタリー映画『いのちの食べかた』(二〇〇五)と屠畜をめぐる語り
    信岡朝子
    現代思想 50 7 112 - 124 2022年06月 [招待有り]
  • 公害を語るナラティヴ――水俣病・写真・ジェンダー
    信岡朝子
    文学論叢 東洋大学文学部紀要日本文学文化篇 94 (37) - (61) 2020年03月
  • Enigma of the ‘Beautiful Enemy’ Land: Photographic Representations of Japan in the National Geographic Magazine during the Meiji, Taisho, and Early Showa Eras.
    信岡朝子
    東洋大学人間科学総合研究所紀要 21 45 - 66 2019年03月 [査読有り]
  • 日常としての水俣病――芥川仁写真集『水俣・厳存する風景』(1980)をめぐって
    信岡朝子
    文学論叢 東洋大学文学部紀要日本文学文化篇 93 (1) - (29) 2019年03月
  • 「3.11のリフレーミングーー写真家・畠山直哉の視座」
    信岡 朝子
    『東洋通信』 54 4 (96) - (110) 2017年10月
  • 写真の限界、テクストの意義――水俣病を描くということ
    信岡 朝子
    比較文學研究(東大比較文學會) 101 263 - 272 2016年06月 [査読有り]
  • 「災害の「物語」と写真――東日本大震災と二つの報道写真集」
    信岡 朝子
    『東洋通信』第53巻第2号、(2016年6月)、8-21頁 53 2 8 - 21 2016年06月
  • 「イルカ殺し」はなぜ悪い――ドキュメンタリー映画『ザ・コーヴ』の思想史的背景をめぐる試論
    信岡朝子
    文学論叢 東洋大学文学部紀要日本文学文化篇 88 (1) - (26) 2014年02月
  • 震災の写真表象――東日本大震災のメディア報道を題材に
    信岡 朝子
    『エコクリティシズム・レビュー』(エコクリティシズム研究学会) 6 22 - 31 2013年08月
  • 闘病記文学の可能性――当事者性と他者理解の観点から
    信岡 朝子
    文学論藻(東洋大学文学部紀要日本文学文化学科篇) 87 -13 - -31 2013年02月
  • 信岡 朝子
    エコクリティシズム・レヴュー 6 22 - 31 エコクリティシズム研究会 2013年
  • 信岡 朝子
    文学論藻 : 東洋大学文学部紀要日本文学文化篇 86 169 - 144 東洋大学文学部日本文学文化学科 2012年02月
  • Scientific Mind as the Racial Privilege: Ernest Thompson Seton’s Woodcraft Indians and Pedagogic Discourses during the Progressive Era.
    信岡 朝子
    The proceedings of the 2007 Hawaii International Conference on Arts and Humanities (http://www.hichumanities.org/AH2007.pdf) -3676  2007年01月
  • 越境する旅人――星野道夫の見たアラスカ
    信岡 朝子
    超域文化科学紀要(東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻) 8 97 - 117 2003年11月
  • 信岡 朝子
    比較文学研究(東大比較文学会) 81 4 - 26 すずさわ書店 2003年06月
  • <良書>としての意味――E・T・シートンと戦中日本
    信岡 朝子
    比較文学(日本比較文学会) 7 - 20 2002年03月
  • 境目のない世界――デイヴィッド・フォスター・ウォーレス「わが出演」への一考察
    信岡 朝子
    『文学研究論集』(筑波大学大学院 文芸・言語研究科) 17 115 - 124 2000年03月
  • 『花物語』と語られる<少女>――少女小説試論(一)
    信岡 朝子
    『比較文学・文化論集』(東京大学比較文学・比較文化研究会) 17 80 - 91 2000年02月
  • 支配と被支配の力学――東京ディズニーランドというポストコロニアル的風景
    信岡 朝子
    筑波大学文化批評研究会 225 - 240 1999年03月

書籍

  • 快楽としての動物保護 : 『シートン動物記』から『ザ・コーヴ』へ
    信岡, 朝子 (担当:単著範囲:)講談社 2020年10月 ISBN: 9784065212592 400p
  • 核と災害の表象――日米の応答と証言
    信岡 朝子 (担当:共編者(共編著者)範囲:(著者としての担当)震災の表象と物語性――東日本大震災の初期報道写真集を中心に(198~218頁)、あとがき)英宝社 2015年03月

講演・口頭発表等

  • Nature, Gender, and Ideological Politics behind W. Eugene. Smith's Minamata (1975)  [通常講演]
    信岡朝子
    Northeast Modean Language Association 51st Annual Convention 2020年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • I`ll Eat You Up!: Fairy Tales and Cultural Backgrounds of Adults Readers' Anxiety about "Cruelty"  [通常講演]
    信岡 朝子
    Re-Orienting the Fairy Tale: Contemporary Fairy-Tale Adaptations across Cultures Conference. 2017年03月 口頭発表(一般)
  • 「動物の知能と保護思想――1960年代以降の欧米的イルカ観が意味するもの」  [通常講演]
    信岡 朝子
    日本比較文学会第78回全国大会 2016年06月 口頭発表(一般)
  • 「Lisa Lynch, “ ‘We don’t Wanna Be Radiated’: Documentary Film and the Evolving Rhetotic of Nuclear Energy Activism”についての報告」  [通常講演]
    信岡 朝子
    第26回エコクリティシズム研究学会、ワークショップ2「American Literatureのエコクリシティズム特集号(第84巻2号、2012年)をめぐって」 2013年08月
  • 「環境表象と物語化-東日本大震災の報道写真集を事例として」  [通常講演]
    信岡 朝子
    東洋大学エコフィロソフィ学際研究イニシアティブ(TIEPh)第一ユニット研究会 2013年07月 
    環境問題や災害の表象がいかに物語化と近接しているか、またそうした物語化された表象の拡散がどのような影響を及ぼし得るのかという点を、様々な具体例をあげつつ考察する。
  • 震災の写真表象――東日本大震災のメディア報道を題材に  [通常講演]
    信岡 朝子
    第25回エコクリティシズム研究会2012年度大会 シンポジアム「災害・文学・メディア」(於:松山大学) 2012年08月
  • Enigma of the Beautiful Enemy Land: Photographic Representations of Japan in National Geographic Magazine  [通常講演]
    信岡 朝子
    The Sixteenth Asian Studies Conference Japan (ASCJ), Rikkyo University, Tokyo, Japan. 2012年07月
  • 『借りぐらしのアリエッティ』にみる「こびと」像――英国ファンタジーとジブリ映画のはざまで  [通常講演]
    信岡 朝子
    東洋大学人間科学総合研究所公開シンポジウム「「こびと」という異界――現代文化と自然との関わりから」(於:東洋大学) 2011年12月
  • Story-tellers of a Disaster: Documentary Photography of the Kumanoto Minamata Disease.  [通常講演]
    信岡 朝子
    19th Congress of the International Comparative Literature Association. (Chung-Ang University, Seoul, Korea) 2010年08月
  • POETICS OF THE POLLUTION: US-JAPAN DOCUMENTARY PHOTOGRAPHY OF THE MINAMATA-DISEASE.  [通常講演]
    信岡 朝子
    2010 Hawaii International Conference on Arts and Humanities. (Honolulu: Hawaii, USA) 2010年01月
  • Beyond the Myth of ‘Japanese Beauty’: Nature Photography and Its New Possibility of Evaluating  [通常講演]
    信岡 朝子
    Oosawa Colloquium(Comparative Literature and Culture Program, U. of Tokyo) 2006年05月
  • A JAPANESE LENS ON ALASKA: DISCOVERY OF THE "NATURE LOVERS" ACROSS THE PACIFIC.  [通常講演]
    信岡 朝子
    2006 Anthropology Colloquium. (Purdue University, West Lafayette: Indiana, USA.) 2006年02月
  • 写真家・星野道夫の見たアラスカ――ラスト・フロンティアのイメージを超えて  [通常講演]
    信岡 朝子
    日本比較文学会東京支部5月例会 2005年05月
  • Incompatible Views of ‘Nature’: Jack London and Yonekichi Hiraiwa.  [通常講演]
    信岡 朝子
    17th Congress of the International Comparative Literature Association. Hong Kong. 2004年08月
  • <野生>を撮るという営為――wildlife photographyとアメリカ環境保護思想の矛盾  [通常講演]
    信岡 朝子
    アメリカ学会第38回年次大会 2004年06月
  • Woodcraft Indians and Scientific Discourses During the Progressive Era: The Case of Ernest T. Seton.  [通常講演]
    信岡 朝子
    2004 National Meeting of the Popular Culture/ American Culture Associations. (San Antonio: Texas, USA) 2004年04月
  • Who is Ernest Thompson Seton?: Evaluation of Children’s Books and Social Climate.  [通常講演]
    信岡 朝子
    Midwest Popular Culture Association 2003 Conference. (Minneapolis: Minnesota, USA) 2003年10月
  • シートンの動物物語とアメリカ――ネイチャースタディーとの関連から  [通常講演]
    信岡 朝子
    日本児童文学学会第40回研究大会 2001年10月
  • 「良書」としての位置――戦中日本におけるE・T・シートン『動物記』の受容とその背景  [通常講演]
    信岡 朝子
    日本比較文学会第63回全国大会 2001年06月
  • 侵食される想像力――ディズニー批判の意味  [通常講演]
    信岡 朝子
    日本児童文学学会5月例会 2000年05月
  • <絵本>という制度――絵本論の現在を考える  [通常講演]
    信岡 朝子
    比較・理論文学会1999年 2000年03月
  • <絵本>という制度――絵本論の現在を考える  [通常講演]
    信岡 朝子
    比較・理論文学会1999年 1999年03月 口頭発表(一般)

MISC

  • 「書評 花方寿行著『我らが大地――19世紀イスパノアメリカ文学におけるナショナル・アイデンティティのシンボルとしての自然描写』(晃洋書房、2018年3月)」
    信岡朝子 比較文学研究 (106) 157 -162 2020年12月 [招待有り]
  • 「書評 小塩和人著『アメリカ環境史』(上智大学出版、2014年)」
    信岡 朝子 アメリカ太平洋研究 15 253 -258 2015年03月 [招待有り]
  • 「解説、ジーン・ストラトン=ポーター年譜」
    信岡朝子 ジーン・ストラトン=ポーター著、鹿田昌美訳『そばかすの少年』所収(光文社古典新訳文庫) 474 -498 2009年
  • 「解説、ジャック・ロンドン年譜」
    信岡朝子 ジャック・ロンドン著、深町眞理子訳『白い牙』所収(光文社古典新訳文庫) 477 -496 2009年 [招待有り]
  • 「書評 富士川英郎著『失われたファウナ』(小澤書店、一九八〇年)」
    6 -7 2007年
  • 「解説、ジャック・ロンドン年譜」
    信岡朝子 ジャック・ロンドン著、深町眞理子訳『野性の呼び声』所収(光文社古典新訳文庫) 206 -230 2007年

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 近現代日米間における「環境問題」をめぐる言説体系の翻訳論的・クロスジャンル的研究
    科学研究費 特別研究員奨励費
    研究期間 : 2007年 -2009年 
    代表者 : 信岡 朝子
  • 動物・未開・子供―20世紀日米における人と自然の「境界」に関する文化表象
    科学研究費 特別研究員奨励費
    研究期間 : 2005年 -2006年 
    代表者 : 信岡 朝子

その他

  • 2005年 - 2005年  東大比較文学会『比較文学研究』編集委員会 書評委員
  • 2004年 - 2004年  東大比較文学会『比較文学研究』展覧会カタログ評院生委員会 委員長

その他のリンク

researchmap