研究者総覧

藤稿 亜矢子 (トウコウ アヤコ)

  • 国際観光学部国際観光学科 教授
  • 国際共生社会研究センター 教授
  • 国際観光学研究科国際観光学専攻 教授
  • 地域活性化研究所 教授
Last Updated :2021/09/18

研究者情報

学位

  • 博士(環境学)(東京大学)

科研費研究者番号

  • 20732754

J-Global ID

研究キーワード

  • 生物多様性   参加型自然資源管理   自然環境保全   

研究分野

  • 環境・農学 / 自然共生システム

経歴

  • 2014年04月 - 現在  東洋大学国際観光学部准教授
  • 2005年07月 - 2014年03月  WWF Japan

学歴

  • 2003年04月 - 2009年03月   東京大学   大学院新領域創成科学研究科   自然環境学専攻

所属学協会

  • 環境経済・政策学会   日本造園学会   日本森林学会   (一社)環境情報科学センター   

研究活動情報

論文

  • Measuring Tourists’ Experiential Values for Planning a Sustainable Destination in Natural Areas: A Case of the Rock Islands Southern Lagoon in Palau
    Ayako TOKO; Yasukazu HAMA; Masanori TAKE; Yuki SAKAMOTO
    Urban and Regional Planning Review 8 24 - 49 2021年03月 [査読有り]
  • ミャンマー・インレー湖の保全と持続可能な観光に関する研究: アジア・アフリカにおける地域に根ざしたグローバル化時代の国際貢献手法の開発
    藤稿 亜矢子
    東洋大学国際共生社会研究センター, H30年度版研究報告書 59 - 62 2019年
  • The contribution of ecotourism to community-based conservation: A case study of forest conservation in a protected area in Cambodia
    藤稿 亜矢子
    Journal of Environmental Information Science 2018 2 13 - 24 2019年 [査読有り]
  • 自然環境保全とSDGs
    藤稿 亜矢子
    環境情報科学 47 1 21 - 26 2018年 [招待有り]
  • Setting Suns: The Historical Decline of Ivory and Rhino Horn Markets in Japan
    Tomomi Kitade; Ayako Toko
    TRAFFIC International 2016年 [査読有り]
  • A theory and practices of conservation-based tourism for sustainable tourism development.
    藤稿 亜矢子
    東洋大学国際共生社会研究センター, H27年度版研究報告書 113 - 116 2016年
  • Community-Based Ecotourism as a Tool for Conservation- a Case from Cambodia
    藤稿 亜矢子
    Journal of Environmental Information Science 44 5 149 - 156 2016年 [査読有り]
  • Kaoru Saito; Kazuhiko Nakamura; Mutsuyuki Ueta; Reiko Kurosawa; Akio Fujiwara; Hill Hiroki Kobayashi; Masaya Nakayama; Ayako Toko; Kazuyo Nagahama
    AMBIO 44 4 S572 - S583 2015年11月 [査読有り]
  • Participatory approach application for endogenous development: A Case from nature reserve administration in Costa Rica.
    藤稿 亜矢子
    東洋大学国際共生社会研究センター, H26年度版研究報告書 123 - 126 2015年
  • 参加型アプローチ:サステナブルツーリズムの適応に関する考察
    藤稿 亜矢子
    現代社会研究 12 51 - 60 2015年
  • ワシントン条約40周年:将来世代のために持続可能な国際取引を
    藤稿 亜矢子
    私たちの自然 586 16 - 19 2013年 [招待有り]
  • 生物多様性条約目標11と目標12への対応
    藤稿 亜矢子
    日本の植物保全-2010年目標の成果と2020年目標に向けての対応(編)岩槻邦夫 48 - 55 2012年 [招待有り]
  • 既往研究レビューによるソーシャルキャピタル概念の定義に関する考察
    藤稿 亜矢子
    環境情報科学 38 1 56 - 65 2009年11月 [査読有り]
  • Social Capital and Participatory Natural Resource Management
    Ayako Toko
    Preservation fo Biocultural Diversity-a Global Issue 98 - 104 2008年05月 [査読有り][招待有り]
  • 藤稿 亜矢子
    ランドスケープ研究 71 5 807 - 810 2008年04月 [査読有り]
  • Development of a Conceptual Framework for Measuring Social Capital
    Ayako Toko
    Journal of Environemental Information Science 36 5 87 - 94 2008年03月 [査読有り]
  • 生理指標を用いた森林浴の評価(2)-唾液中コルチゾールならびに分泌型免疫グロブリンAを指標として
    朴範鎭; 李妍受; 石井秀樹; 綛谷珠美; 藤稿亜矢子; 森川岳; 恒次祐子; 平野秀樹; 香川隆英; 宮崎良文
    日林関東支論 57 37 - 38 2006年 [査読有り]
  • Design study of forest environment multimedia contents for environmental education with video data at the Tokyo university forests in Chichibu
    Kaoru SAITO; Akio FUJIWARA; Ayako TOKO; Akiko YANO; Takuya OKAMOTO
    The Bulletin of the Tokyo University Forests 116 267 - 281 2006年 [査読有り]
  • 藤稿 亜矢子
    農村計画学会論文集 24 7 145 - 150 2005年04月 [査読有り]

書籍

  • サステナブルツーリズム-地球の持続可能性の視点から
    藤稿 亜矢子 (担当:単著範囲:)晃洋書房 2018年
  • 持続可能な開発目標と国際貢献-フィールドから見たSDGs
    藤稿 亜矢子 (担当:共著範囲:観光開発とSDGs-環境保全と地域社会を基盤としたサステナブルツーリズム.)朝倉書店 2017年09月
  • 観光交通ビジネス
    藤稿 亜矢子 (担当:共著範囲:観光と環境-エコツーリズムとサステナブルツーリズム)成山堂書店 2017年06月

講演・口頭発表等

  • 自然環境保全分野とSDGs  [通常講演]
    藤稿 亜矢子
    公開シンポジウム「SDGs達成に向けた多様な環境研究の取り組みと今後への期待」 2017年12月 口頭発表(招待・特別)
  • Community-based conservation and Ecotourism  [通常講演]
    藤稿 亜矢子
    International Conference “Local Communities and Nature Conservation” 2017年11月 口頭発表(招待・特別)
  • Community with ICT count  [通常講演]
    藤稿 亜矢子
    International Conference “Sense of Globe” 2016年06月 口頭発表(招待・特別)
  • Lessons learnt from Japan's experience: Combating Wildelife Crime  [招待講演]
    Ayako Toko
    Tokyo Conference on Combating Wildelife Crime 2014年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Social Capital and Participatory Natural Resource Management  [招待講演]
    Ayako Toko
    The Conference of Preservation of Biocultural Diversity-a Global Issue 2008年05月 口頭発表(招待・特別)
  • ソーシャルキャピタルと参加型森林管理の関連性における考察  [通常講演]
    藤稿 亜矢子
    日本森林学会 2008年 口頭発表(一般)
  • コミュニティーベースの森林管理と住民の認識  [通常講演]
    藤稿 亜矢子
    農村計画学会 2005年 口頭発表(一般)
  • タンザニア北部高原の森林資源維持管理に関する研究  [通常講演]
    藤稿 亜矢子
    日本地理学会 2004年 口頭発表(一般)

受賞

  • 2005年11月 (社)環境情報科学センター 学術委員会委員長賞
     
    受賞者: 藤稿 亜矢子
  • 2005年03月 the Alliance for Global Sustainability 最優秀ポスター発表賞
     
    受賞者: Kaoru Saito;Ayako Toko
  • 2004年04月 農村計画学会 最優秀ポスター発表賞
     
    受賞者: 藤稿 亜矢子

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 持続可能な観光における評価手法の構築:カンボジアのCBETを事例として
    文部科学省:日本学術振興会科学研究費助成事業
    研究期間 : 2017年04月 -2019年03月 
    代表者 : 藤稿 亜矢子

委員歴

  • 2013年04月 - 現在   (一社)環境情報科学センター   理事
  • 2012年04月 - 現在   (一社)環境情報科学センター   論文審査委員

担当経験のある科目

  • サステナブルツーリズム東洋大学
  • エコツーリズム、サステナブルツーリズム東洋大学
  • 環境法規、環境政策論東洋大学
  • 自然保護論、自然公園論東洋大学
  • 環境保護論東洋大学大学院

その他のリンク

researchmap