詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

西牟田 守ニシムタ マモル

所属・担当
健康栄養学科
ライフイノベーション研究所
食環境科学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/07/19

研究者基本情報

学歴

  •  - 1975年, 東京慈恵会医科大学, 医学部

学位

  • 医学博士, 東京慈恵会医科大学

所属学協会

  • 日本生理学会
  • 日本体力医学会
  • 日本栄養・食糧学会
  • 日本臨床栄養学会
  • 日本衛生学会
  • 日本公衆衛生学会
  • 日本ビタミン学会
  • 日本微量元素学会
  • 日本マグネシウム研究会
  • 日本高血圧学会
  • 日本肥満学会
  • 国際微量元素学会 (ISTERH)
  • 日本口腔衛生学会

委員歴

  • 日本生理学会, 評議員
  • 日本体力医学会, 評議員,編集委員(2000~)
  • 日本栄養・食糧学会, 評議員,英文誌編集委員
  • 日本臨床栄養学会, 評議員
  • 日本衛生学会, 評議員
  • 日本微量元素学会, 評議員
  • 日本マグネシウム研究会, 理事
  • 日本肥満学会, 評議員

研究活動情報

研究分野

  • 生活科学, 食生活学
  • 基礎医学, 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)

研究キーワード

    人体栄養学, 予防医学, ミネラル

論文

  • CD56(dim)CD16(high) and CD56(bright)CD16(-) cell percentages associated with maximum knee extensor strength and incidence of death in elderly., Senpuku H, Miyazaki H, Yoshihara A, Yoneda S, Narisawa N, Kawarai T, Nakagawa N, Miyachi M, Tada A, Yoshida G, Shimada M, Ohashi M, Nishimuta M, Kimura Y, Yoshitake Y, SpringerPlus, 5,   2016年
  • Tracking of Pedometer-Determined Physical Activity in Healthy Elderly Japanese People., Yamamoto N, Shimada M, Nakagawa N, Sawada SS, Nishimuta M, Kimura Y, Ohashi M, Asai H, Miyazaki H, Lee IM, Blair SN, Yoshitake Y, Journal of physical activity & health, 12, (10) 1421 - 1429,   2015年10月
  • Physical performance and 10-year mortality in a 70-year-old community-dwelling population., Takata Y, Shimada M, Ansai T, Yoshitake Y, Nishimuta M, Nakagawa N, Ohashi M, Yoshihara A, Miyazaki H, Aging clinical and experimental research, 24, (3) 257 - 264,   2012年06月
  • Estimated equilibrated dietary intakes for nine minerals (Na, K, Ca, Mg, P, Fe, Zn, Cu, and Mn) adjusted by mineral balance medians in young Japanese females., Nishimuta M, Kodama N, Shimada M, Yoshitake Y, Matsuzaki N, Morikuni E, Journal of nutritional science and vitaminology, 58, (2) 118 - 128,   2012年
  • Equilibrium energy intake estimated by dietary energy intake and body weight changes in young Japanese females., Miyamoto K, Nishimuta M, Hamaoka T, Kodama N, Yoshitake Y, Journal of nutritional science and vitaminology, 58, (6) 431 - 437,   2012年
  • Natural S-equol decreases bone resorption in postmenopausal, non-equol-producing Japanese women: a pilot randomized, placebo-controlled trial., Tousen Y, Ezaki J, Fujii Y, Ueno T, Nishimuta M, Ishimi Y, Menopause (New York, N.Y.), 18, (5) 563 - 574,   2011年05月
  • Influence of dental occlusion on physical fitness decline in a healthy Japanese elderly population., Okuyama N, Yamaga T, Yoshihara A, Nohno K, Yoshitake Y, Kimura Y, Shimada M, Nakagawa N, Nishimuta M, Ohashi M, Miyazaki H, Archives of gerontology and geriatrics, 52, (2) 172 - 176,   2011年03月
  • Intra- and inter-individual variations of blood and urinary water-soluble vitamins in Japanese young adults consuming a semi-purified diet for 7 days., Shibata K, Fukuwatari T, Watanabe T, Nishimuta M, Journal of nutritional science and vitaminology, 55, (6) 459 - 470,   2009年12月
  • Effect of low dose vitamin K2 (MK-4) supplementation on bio-indices in postmenopausal Japanese women., Koitaya N, Ezaki J, Nishimuta M, Yamauchi J, Hashizume E, Morishita K, Miyachi M, Sasaki S, Ishimi Y, Journal of nutritional science and vitaminology, 55, (1) 15 - 21,   2009年02月
  • Average daily intake of phosphorus in 3- to 5-year-old Japanese children as assessed by the duplicate-diet technique., Sugiyama T, Murakami T, Shibata T, Goshima M, Narita N, Nakagaki H, Nishimuta M, Asia Pacific journal of clinical nutrition, 18, (3) 335 - 343,   2009年

MISC

  • Equilibrium intakes of calcium and magnesium with an adequate and limited range of sodium intake in human, NISHIMUTA Mamoru, KODAMA Naoko, KODAMA Naoko, MORIKUNI Eiko, YOSHIOKA Yayoi H., MATSUZAKI Nobue, TAKEYAMA Hidemaro, TAKEYAMA Hidemaro, TAKEYAMA Hidemaro, YAMADA Hideaki, YAMADA Hideaki, YAMADA Hideaki, YAMADA Hideaki, KITAJIMA Hideaki, KITAJIMA Hideaki, KITAJIMA Hideaki, KITAJIMA Hideaki, KITAJIMA Hideaki, J. Nutr Sci Vitaminol., 52, (6) 402 - 406,   2006年
  • Characteristics of urine sodium and potassium after oral ingestion of solutions containing sodium and potassium which is isotonic to the physiological saline -a quantitative study-, , NISHIMUTA Mamoru, J. Nutr Sci Vitaminol., 52, (5) 333 - 336,   2006年
  • Molybdenum balance in healthy young Japanese women, J Trace Elements in Medicine and Biology , 20,   2006年
  • Fluoride intake from food and liquid in Japanese children living in two areas with different fluoride concentrations in the water supply, Caries Res , 40,   2006年
  • Effects of a 21 day metabolic study on serum opsonic activity in female college students, assessed by a chemiluminescence technique, Luminescence, 21,   2006年
  • Moisture and Mineral Content of Human Feces. -High fecal moisture is associated with increase sodium and decreased potassium content-, NISHIMUTA Mamoru, INOUE Nozomi, KODAMA Naoko, KODAMA Naoko, MORIKUNI Eiko, YOSHIOKA Yayoi H., MATSUZAKI Nobue, SHIMADA Mieko, SHIMADA Mieko, SATO Nanae, SATO Nanae, IWAMOTO Tamami, IWAMOTO Tamami, OHKI Kazuko, OHKI Kazuko, TAKEYAMA Hidemaro, TAKEYAMA Hidemaro, NISHIMUTA Hironobu, J. Nutr Sci Vitaminol. , 52, (2) 121 - 126,   2006年
  • 地方都市在住高齢者における日常生活での歩数と体力との関係, 永山寛, 木村靖夫, 島田美恵子, 中川直樹, 西牟田守, 大橋正春, 宮崎秀夫, 浜岡隆文, 吉武裕, 体力科学, 57, (1) 151 - 162,   2008年
  • 健常成人女性におけるビオチンの吸収と排泄についての検討, 日本臨床栄養学会誌, 29, (1) 28 - 34,   2007年
  • 小学生の日常生活における身体活動量の評価, 体力科学 , 56, (3) 347 - 356,   2007年
  • 出納実験における女子大学生の主観的疲労度、血中逸脱酵素活性、及び血液性状の変動 -客観的な疲労度指標の開発に関する研究-, 体力・栄養・免疫学雑誌(J Physical Fitness, Nutrition and Immunology), 16, (1) 42 - 51,   2006年
  • 健常成人における葉酸の必要量についての検討, 渡邊 敏明, 大串 美沙, 前川 紫, 西牟田 守, 柴田 克己, 福井 徹, 日本栄養・食糧学会誌, 59, (3) 169 - 176,   2006年
  • 血漿トリヨードサイロニン(T3) は低値者が存在し、しかも早朝空腹仰臥位安静時代謝(PARM)と正相関する—T3は基礎代謝基準値策定のためのPARM測定時の必須測定項目である—, 体力科学, 55, (3) 295 - 306,   2006年
  • 日本糖尿病協会活動と過去30年間における推移 2002年版全国アンケート調査より, 鈴木 和枝, 福島 恭子, 藤田 弘美, 西牟田 守, 本吉 光隆, 藤波 襄二, 池田 義雄, 糖尿病, 49, (4) 295 - 298,   2006年
  • 高齢者の血液中NADおよびNADP含量, ビタミン, 80, (3) 125 - 127,   2006年
  • バターと鶏卵多量摂取後のカルシウム・マグネシウム尿中摂取量増加と摂取前の栄養状態, Trace Nutrient Research , 22,   2006年
  • 日本人の母乳中の水溶性ビタミン含量についての検討, ビタミン, 79, (12) 573 - 581,   2005年
  • わが国における糖尿病診療と教育活動の実態 (第4報)-2002年度全国アンケート調査より-, 鈴木 和枝, 福島 恭子, 藤田 弘美, 西牟田 守, 本吉 光隆, 藤波 襄二, 池田 義雄, 糖尿病, 48, (4) 263 - 268,   2005年
  • Values of water-soluble vitamins in blood and urine of Japanese young man and women consuming a semi-purified diet based on the Japanese dietary reference intakes, SHIBATA Katsumi, FUKUWATARI Tsutomu, OHTA Mari, OKAMOTO Hidemi, WATANABE Toshiaki, FUKUI Tooru, NISHIMUTA Mamoru, TOTANI Masayuki, KIMURA Mieko, OHISHI Nobuko, NAKASHIMA Mieko, WATANABE Fumio, MIYAMOTO Emi, SHIGEOKA Shigeru, TAKEDA Tooru, MURAKAMI Megumi, IHARA Hiroshi, HASHIZUME Naotaka, J Nutr Sci Vitaminol , 51, (5) 319 - 328,   2005年
  • The relationship between dietary intake and the number of teeth in elderly Japanese subjects, Gerodontology , 22,   2005年
  • Positive correlation between dietary intake of sodium and balances of calcium and magnesium in young Japanese adults -low sodium intake is a risk factor for loss of calcium and magnesium-, NISHIMUTA Mamoru, KODAMA Naoko, KODAMA Naoko, MORIKUNI Eiko, YOSHIOKA Yayoi H., MATSUZAKI Nobue, TAKEYAMA Hidemaro, TAKEYAMA Hidemaro, YAMADA Hideaki, YAMADA Hideaki, KITAJIMA Hideaki, KITAJIMA Hideaki, J Nutr Sci Vitaminol., 51, (4) 265 - 270,   2005年
  • Sodium and potassium balances in Japanese young adults, KODAMA Naoko, KODAMA Naoko, MORIKUNI Eiko, MATSUZAKI Nobue, YOSHIOKA Yayoi H., TAKEYAMA Hidemaro, TAKEYAMA Hidemaro, YAMADA Hideaki, YAMADA Hideaki, KITAJIMA Hideaki, KITAJIMA Hideaki, NISHIMUTA Mamoru, J. Nutr Sci Vitaminol., 51, (3) 161 - 168,   2005年
  • 植物性食品に含まれる栄養素の調理による変化率の算定と適用, 渡邊 智子, 鈴木 亜夕帆, 熊谷 昌士, 見目 明継, 竹内 昌昭, 西牟 田守, 萩原 清和, 栄養学雑誌, 62, (3) 171 - 182,   2004年
  • 日本人女性と母乳中ビオチン、パントテン酸およびナイアシンの含量, ビタミン, 78, (8) 399 - 407,   2004年
  • 早朝空腹時に仰臥位安静で測定した消費エネルギーとその再現性について, 島田美恵子, 西牟田守, 児玉直子, 吉武裕, 体力科学, 53, (1) 83 - 92,   2004年
  • Balance of Mg positively correlates with that of Ca.-Estimated Average Requirement of Mg-., J Am College of Nutr , 23,   2004年
  • Nutritional intakers in community-dwelling older Japanese adults: high intakers of energy and protein based on high consumption of fish vegetables and fruits provide sufficient micro-nutrients, WATANABE R, HANAMORI K, KADOYA H, NISHIMUTA M, MIYAZAKI H, J. Nutr Sci Vitaminol , 50, (3) 184 - 195,   2004年
  • Balance of calcium, magnesium and phosphorus in Japanese youg adults., NISHIMUTA M, KODAMA N, MORIKUNI E, YOSHIOKA Y H, TAKEYAMA H, YAMADA H, KITAJIMA H, SUZUKI K, J Nutr Sci Vitaminol, 50, (1) 19 - 25,   2004年
  • 五訂成分表収載食品の調理による成分変化率表, 渡邊 智子, 鈴木 亜夕帆, 熊谷 昌士, 見目 明継, 竹内 昌昭, 西牟田 守, 萩原 清和, 栄養学雑誌, 61, (4) 251 - 262,   2003年
  • 水素化物原子吸光法による食品中のセレンの分析ム最適測定条件と凍結乾燥処理の影響, Biomed. Res on Trace Elements , 14, (1) 40 - 46,   2003年
  • Intake and excretion of 99Tc in a common sea alga, hijiki (hizikia fusiforme), as ingested in the dairy diet -a measurement in an adult male, Radiation Protection Dosimetry , 105,   2003年
  • Negative balance of calcium and magnesium under relatively low sodium intake in human, KODAMA N, NISHIMUTA M, SUZUKI K, J Nutr Sci Vitaminal, 49, (3) 201 - 209,   2003年
  • Diurnal vareations in human urinary excretion of nicotinamide catabolites: effects of stress on the metabolism of nicotinamide., Am J Clin Nutr, 77,   2003年
  • 急性ヒ素中毒マウスにセレンを過剰投与または欠乏させた時の体内微量元素の影響, Biomed. Res on Trace Elements, 13, (4) 250 - 251,   2002年
  • セレン欠乏または 過剰が生体内の29元素に及ぼす影響, Biomed. Res on Trace Elements , 13, (4) 248 - 249,   2002年
  • 急性ヒ素中毒マウスの体内微量元素の影響, Biomed. Res on Trace Elements , 13, (4) 246 - 247,   2002年
  • ヒトにおける汗および糞中へのナイアシン排泄量, ビタミン, 76, (10) 461 - 468,   2002年
  • 二重標識水を用いた簡易エネルギー消費測定法の評価.-生活時間調査法、心拍法数、加速度計法について-, 体力科学, 51, (1) 151 - 164,   2002年
  • Effects of stress on the urinary excretory pattern of Niacin catabolites, the most reliable index of niacin status, in humans, J Nutr Sci Vitaminol, 48, (5) 417 - 419,   2002年
  • Relationship between dental occlusion and physical fitness in a elderly popilation., J Gerontology: MEDICAAL SCIENCE, 57A,   2002年
  • 液状食品の100ml成分表 ー五訂成分表収載食品についてー, 渡邊 智子, 鈴木 亜夕帆, 西牟 田守, 栄養学雑誌, 59, (4) 197 - 202,   2001年
  • 水泳運動が閉経後女性の有酸素性能力と血中資質・リポ蛋白プロフィールに及ぼす影響, 樋口 満, 田畑 泉, 吉武 裕, 西牟田 守, 太田 壽城, 体力科学, 50, (2) 175 - 184,   2001年
  • 日本人青年におけるマグネシウムの摂取と出納, マグネシウム (JJSMgR) , 19,   2000年
  • 電気化学検出器を装着した高速液体クロマトグラフィーによる血漿ビタミンCの定量方法に関する検討, 梅垣 敬三, 吉村 美香, 西牟田 守, 江指 隆年, 日本栄養・食糧学会誌 , 52, (2) 107 - 111,   1999年
  • 大学生男子長距離陸上選手の亜鉛出納, 大森 俊夫, 西牟田 守, 体力科学, 47, (3) 279 - 286,   1998年
  • カルシウム摂取不足によらない骨塩の低下 , Biomed Res Trace Elements , 8, (3) 203 - 204,   1997年
  • 人体におけるマグネシウム代謝の研究; 国立健康・栄養研究所での研究の総括, JJSMgR , 16, (suppl) 5 - 11,   1997年
  • 食事後の尿中カルシウム・マグネシウム排泄の増大と軽運動との関係 -軽運動にはマグネシウム吸収促進効果がある-, JJSMgR, 15,   1996年
  • ナトリウム・カリウム代謝に及ぼすエネルギー源物質の影響, 美作女子大学短期大学部紀要, 41,   1996年
  • 糖尿病食のマグネシウム供給量に関する検討, マグネシウム(JJSMgR), 15,   1995年
  • 日本成年男子のマグネシウム、カルシウム、リン出納について, JJSMgR , 14,   1994年
  • 随時尿中のカルシウム、マグネシウム、リン、クレアチニンの関係について, JJSMgR, 14,   1994年
  • フッ化物暴露指標としての尿中フッ素濃度に及ぼす食事摂取の影響とフッ素濃度の補正値についての検討, Biomed Res Trace Elements , 5, (2) 93 - 99,   1994年
  • 頭痛患者に対するマグネシウムの補足効果, JJSMgR , 13,   1994年
  • 日本人青年におけるマグネシウム出納, マグネシウム, 12,   1993年
  • Comparison of vitamine E levels in human plasma, red blood cells and platelets following varying intake of vitamine E, J Clin Biochem Nutr , 12, (1) 59 - 68,   1992年
  • 成人における慢性亜鉛欠乏状態とその臨床所見 -老化発ガン、慢性退行性疾患の亜鉛欠乏仮説-, Biomed Res Trace Elements, 2,   1991年
  • 肥満度と空腹時午前尿中のミネラル (Ca, Mg, P) および保健薬摂取によるその修飾, マグネシウム, 10,   1991年
  • 男子長距離運動選手を対象としたミネラルの代謝実験, マグネシウム, 10,   1991年
  • マグネシウム摂取量の把握方法について, マグネシウム, 9, (1) 1 - 5,   1990年
  • ストレス負荷に対する女子大生の身体的及び精神的影響について, 三田 禮造, 苫米地 孝之助, 山口 功, 添野 尚子, 小林 修平, 西牟田 守, 清水 盈行, 大木 和子, 栗原 和美, 栄養学雑誌, 49, (2) 63 - 74,   1991年
  • 加齢と微量金属 (Cu, Fe, Zn), 微量金属代謝, 17,   1989年
  • 暑熱曝露後の血清マグネシウム, マグネシウム (JJSMgR), 8, (1) 9 - 13,   1989年
  • 温熱刺激および運動による汗中亜鉛鉄および電解質濃度, 聖徳栄養短期大学紀要, 20,   1989年
  • Positive mineral balances (Na, K. Ca & Mg) in young Japanese females consuming high fat but low energy diet with additional physical exercise, Magnesium Res. , 2,   1989年
  • A decrease in faecal magnesium output, without a decrease in urine magnesium excretion, under a relatively low mineral intake in young females , Magnesium Res., 2,   1989年
  • Age related increase in serum ultrafiltrable calcium and magnesium in humans, Magnesium Res, 2,   1989年
  • Has protein-bound magnesium in blood plasma virtually no physiological activities ? , Magnesium Res, 2,   1989年
  • 灰分から食塩相当量を減じた値と他の食品成分との相関について, 児玉 直子, 西牟田 守, 小野 桂子, 米原 洋子, 日本栄養・食糧学会誌, 41, (4) 309 - 314,   1988年
  • ストレスによる尿中マグネシウム排泄の増大, マグネシウム, 7, (2) 123 - 132,   1988年
  • ATP の存在により血中限界ろ過性マグネシウムは増加する -血液脳関門等におけるミネラル選別の分子メカニズムについての検討 -, マグネシウム (JJSMgR), 7, (2) 105 - 110,   1988年
  • 過食により失われる栄養素について, 第9回日本肥満学会記録,   1988年
  • ミネラル代謝に及ぼすエネルギー源物質の影響, マグネシウム, 6, (2) 185 - 191,   1987年
  • 脳髄液中の微量金属 (Zn、Fe、Cu) , 微量金属代謝, 15,   1987年
  • 食事によるマグネシウム摂取量を推定する一方法についての検討, マグネシウム, 6, (1) 17 - 28,   1987年
  • 血液および髄液中のミネラルの同時測定—血液脳関門はミネラルを選択するー, マグネシウム (JJMgR) , 6, (1) 25 - 31,   1987年
  • 糖負荷試験時の尿中ミネラル排泄とその経時変化, 微量金属代謝, 14,   1986年
  • バターおよび鶏卵の経口負荷による血中および尿中ミネラルレベルの変動ー新しい尿中マグネシウム排泄亢進因子ー, マグネシウム, 5, (1) 53 - 60,   1986年
  • 運動時の汗中マグネシウム, マグネシウム, 4, (1) 13 - 21,   1985年
  • エネルギー以外の栄養所要量を充足した低エネルギー食 ー摂取エネルギー1日1,000〜1,200 cal-, 第6回日本肥満学会記録 ,   1985年
  • ナトリウム・カリウムの摂取レベルが血清尿酸値および尿中尿酸排泄量に及ぼす効果について, 尿酸, 8, (1) 48 - 55,   1984年
  • 日本人青年女子におけるマグネシウムの出納, 鈴木一正、西牟田守 , マグネシウム, 3, (1) 7 - 12,   1984年
  • Effect of exercise training on plasma high-density lipoprotein cholesterol level at constant weight, Clinical Physiology, 4,   1984年
  • 肥満青年女子の体重減少と月経周期との関連, 第5回日本肥満学会記録,   1984年
  • 運動・栄養とマグネシウム代謝, マグネシウム, 2, (1) 49 - 56,   1983年
  • 水・電解質尿中排泄に及ぼす食塩水摂取の影響, 日本栄養・食糧学会誌, 36, (5) 367 - 371,   1983年
  • 尿中尿酸排泄に及ぼすナトリウム・カリウム負荷効果, 尿酸, 7, (1) 42 - 49,   1983年
  • 頭部冷却時の鼓膜温, J Aerospace Environ Med, 19,   1982年
  • 青年肥満男子の水・電解質出納, 第3回日本肥満研究会記録,   1982年
  • 家兎脳外静脈血温度の特性 -脳温調節に関連して- , J J Aerospace Environ Med , 19,   1982年
  • ラットに対する条件付づけを応用した運動負荷の考案と試作, 第2回日本肥満研究会記録,   1981年
  • 肥満治療のための運動と栄養処方に関する研究, 第1回日本肥満研究会,   1980年
  • Decrease in skin temperature produced by muscle vibration, J J Aerospace environ Med , 16,   1979年
  • 睡眠時の心拍周期特性, 体力科学, 27, (1) 25 - 30,   1973年
  • Magnesium requirement and affecting factors , New Perspectives in Magnesium Research -Nutrition and Health- (Nishizawa Y, Morii H, Durlach J, Eds.), 11th Int. Mg, Sympo, Osaka-Kashikojima,   2006年
  • Effects of Risk Factors for Chronic Degenerative Diseases on Magnesium Metabolism in Human, Advances in Magnesium Research: New Data(Porr P.J., Nechlfor M., Durlach J., eds.),John Libbey Eurotext, Montrouge, France,   2006年
  • Magnesium homeostasis before and after high intensity (anaerobic) exercise, Advances in Magnesium Res : Nutrition and Health (Eds Y Rayssiguier, A Mazur, J Durlach), (9th Int Magnesium Sympo, Vichy-, France, Sep. 2000), John Libbey , Eastleigh (England), Chapter 75,   2001年
  • Magnesium intake and balance in Japanese population, Advances in Magnesium Res : Nutrition and Health (Eds Y Rayssiguier, A Mazur, J Durlach), (9th Int Magnesium Sympo, Vichy-, France, Sep. 2000), John Libbey , Eastleigh (England), Chapter 29,   2001年
  • The concept of intracellular-, extracellular- and bone-minerals (Mini-review), Bio Factors (Eds. L Flohe, E Niki, WJ Whelan), IOS Press, Amsterdam-Tokyo-Washington, DC, 12,   2000年
  • Sodium intake and balance in Japanese, Proc 8th World Salt Symposium, Vol 2 (Ed Rob M Geertman) Elsevier Science B.V., Amsterdam ,   2000年
  • Relation-ship between physical fitness and functional performances in older women, Recent Advances in Physiological Anthropology (Sato M, Tokura H, Watanuki S, Eds), Kyusyu Univ. Press, Chapter 40,   1999年
  • Magnesium metabolism and physical exercise in humans, Magnesium; Current Status and New Developments (Eds T Theophanides, J Anastassopoulou), Kluwer Academic Publ, Netherlands ,   1997年
  • Magnesium, calcium and phosphorus balances in young males at low dietary magnesium levels with or without magnesium supplementation, Advances in Magnesium Research 1, Magnesium in Cardiology, Chapter 55 (Eds. Ronald Smetana) John Libbey & Co Ltd, London ,   1997年
  • Lead concentration in thesweat of lead workers, Trace Elements in Man and Animals, Proc. of the 9th Int. Sympo. on Trace Elements in Man and Animals (Eds. Fischer PWF, L'Abbe MR, Cockell KA, Gibson RS) NRC Res Press, Ottawa, Canada,   1977年
  • The concept (intra and extra cellular minerals) , Metal Ions in Biology and Medicine (Eds. Ph. Collery, LA Poirier, M Manfait, JC Etienne), John Libbey Eurotext, Paris ,   1990年
  • Magnesium uresis by risk factors for chronic degenerative diseases, Magnesium in Health and Disease (Eds. Y Itokawa, J Durlach), John Libbey & Co Ltd, London ,   1989年
  • 精神医学に対する生理学的アプローチ, 最新精神医学, 13, (1) 23 - 28,   2008年
  • 必須元素とサプリメント, BIO INDUSTRY, 24, (5) 5 - 11,   2007年
  • 特集「骨と微量元素」, Trace Element , 17,   2006年
  • 骨代謝におけるミネラルの働き, 日本医事新報, (4276) 97 - 98,   2006年
  • ミネラル 特集・生活習慣病におけるサプリメント, 成人病と生活習慣病, 35, (9) 994 - 995,   2005年
  • 増補された五訂食品成分表について-脂肪酸成分表編の理解と活用-, 食生活, 99, (3) 81 - 86,   2005年
  • 高齢者のカルシウムサプリメント摂取, 日本医事新報,   2005年
  • ミネラル(Na, K, Ca, Mg and P)出納に及ぼすナトリウムの効果, 日本海水学会誌, 59, (2) 109 - 114,   2005年
  • カルシウム・マグネシウムの許容摂取量, 日本医事新報, (4205) 127 - 128,   2004年
  • カルシウム 「ミネラルの基礎知識と最新情報」シリーズ, 日本食品添加物協会会報, 23, (2) 12 - 14,   2004年
  • マグネシウム 「ミネラルの基礎知識と最新情報」シリーズ, 日本食品添加物協会会報, 23, (1) 33 - 35,   2004年
  • ナトリウム摂取量とカルシウム・マグネシウム出納との正相関-食塩制限で失われるカルシウム・マグネシウム-, マグネシウム (JJSMgR) , 23, (2) 113 - 114,   2004年
  • 微量元素とサプリメント, 西牟田 守, Biomed. Res on Trace Elements , 15, (3) 243 - 247,   2004年
  • マグネシウムの摂取量と健康、特集「マグネシウムと栄養補給」第一部, マグネシウム(JJSMgR), 23, (1) 3 - 8,   2004年
  • 微量元素と健康食品、特集 微量元素の臨床-実地医家の理解と実践のために, 日本医師会雑誌, 129,   2003年
  • 人体のマグネシウム出納, Lisa, 10, (2) 106 - 110,   2003年
  • 栄養におけるミネラルの現状と健康の総合医学的解析, 月刊綜合医学, 36,   2002年
  • 「サプリメント」を上手に使う ミネラル編, ヘルシスト, 156, (5) 19 - 23,   2002年
  • 微量元素の生理作用と補給 (Fe、Zn、Cu、Mn、Co、Cr、I、Mo、Se), Food Style , 21, (8) 53 - 56,   2002年
  • マグネシウムの必要量と中毒量(輸液も含める), JJPEN(輸液栄養), 23, (9) 471 - 475,   2001年
  • 栄養学研究の立場から ミビタミン・ミネラル-, 臨床栄養, 98, (5) 530 - 534,   2001年
  • 乳製品の適正な摂取量, 日本醫事新報, (4007) 116 - 117,   2001年
  • マンガン、ヨウ素の生理機能と栄養素としての意義, JJPEN(輸液栄養), 22, (3) 161 - 164,   2000年
  • マンガンの生理機能, Health Digest, 15, (5) 1 - 4,   2000年
  • 栄養所要量と微量元素, Biomed Res on Trace Elements , 11, (4) 369 - 370,   2000年
  • 中高年女性の歩行運動と骨代謝マーカー -長距離・長時間歩行が中高年女性の骨代謝マーカーと血清酵素に及ぼす影響-, 疲労と休養の科学, 15, (1) 143 - 151,   2000年
  • 効果的に鉄分を摂るにはQ&A, self doctor , 8,   1999年
  • 微量元素の栄養所要量決定の考え方, 栄養-評価と治療, 16,   1999年
  • 第6次改定日本人の栄養所要量(3)マンガン・ヨウ素, 臨床栄養, 95, (6) 699 - 705,   1999年
  • 細胞レベルでみた疲労, 疲労と休養の科学, 13, (1) 59 - 66,   1998年
  • マグネシウムの生理作用とその利用, 食品と開発, 33, (4) 12 - 14,   1998年
  • ミネラルをめぐる食品開発の諸問題, 食品と開発, 33, (4) 4 - 5,   1998年
  • ミネラル栄養の現状と問題点, FOOD Style 21, 2, (9) 25 - 28,   1998年
  • ミネラル、微量栄養素の欠乏と過剰, 臨床栄養, 89,   1996年
  • 見直さなければならないミネラル, 多摩西だより(東京都消費者センター誌),   1996年
  • 食塩摂取量1日6gは不足の可能性がある, 日本衛生学雑誌, 51,   1996年
  • マグネシウムの必要量, Current Concepts in Magnesium Metabol, 8, (2) 7 - 10,   1996年
  • 生体における無機質の生理学的及び病態生理学的特性, JJSMgR, 15,   1996年
  • 高齢者におけるマグネシウム・亜鉛の必要性, 月刊フードケミカル, 12, (12) 44 - 48,   1996年
  • 細胞の元気の素「細胞内ミネラル」の鍵はマグネシウム, 自然食ニュース, (2月) 4 - 11,   1995年
  • ミネラル摂取に注目しようー高齢者のミネラル栄養と問題点ー, 食べ物文化, (211) 18 - 22,   1995年
  • 人におけるミネラル代謝の研究で得られたもの, 放射線科学, 38,   1995年
  • ミネラル, The Lipid , 6, (3) 214 - 220,   1995年
  • 亜鉛摂取の意義と現状ー亜鉛はなぜ・どのくらい必要かー, 食の科学, 209,   1995年
  • マグネシウム、亜鉛およびマンガンの目標摂取量, 栄養日本, 38,   1995年
  • 歳より若く生きる方法, 若さの栄養学, 84,   1995年
  • ミネラルの生理機能と代謝, 月刊フードケミカル, (10月号) 26 - 30,   1995年
  • ミネラル・微量栄養素について(1)-(4) , 東京都の学校給食, 303,   1995年
  • 微量栄養素「カルシウム」, 東京都の学校給食, (297) 4 - 5,   1994年
  • 生体機能とカルシウム・マグネシウムの必要量, CLINICAL CALCIUM , 4,   1994年
  • 成人病危険因子とミネラル代謝, Health Digest , 9, (5) 1 - 6,   1994年
  • 微量元素の出納, Biomed Res on Trace Elements , 5, (3) 123 - 124,   1994年
  • 運動時の栄養・ミネラル・水・ビタミン, 日本医師会雑誌, 112,   1994年
  • 成人病危険因子とミネラル代謝, New Food Industry, 35, (11) 1 - 10,   1993年
  • ミネラル栄養のコペルニクス的展開ー成人病危険因子とミネラル代謝の関係を中心に, 月刊綜合医学, 16, (11) 25 - 32,   1993年
  • 健康とミネラル, 月刊ヘルシートーク, (8月号) 2 - 6,   1993年
  • 無機質(ミネラル)の代謝特性, 資源テクノロジー , 44,   1992年
  • 働き盛り世代の栄養の現状と問題点, 月刊フードケミカル, 82,   1992年
  • マグネシウムの推定方法とその応用, 臨床栄養, 81,   1992年
  • ミネラル常識の「コペルニクス的展開」, 毎日ライフ, (6月号) 101 - 105,   1991年
  • 疲れとミネラル, NHKきょうの健康, (7月号) 90 - 93,   1991年
  • 生体防御機構から見た無機質の必要量と充足度, BIOmedica, 6, (8) 815 - 819,   1991年
  • ナトリウムの必要量 運動時の腕汗中ミネラル濃度を指標とした検討, 医学のあゆみ, 156,   1991年
  • 栄養指導におけるミネラルの重要性(1)〜(6), 臨床栄養, 78,   1991年
  • 大学生(長距離選手)の栄養状態とミネラル代謝, J J of Sports Sci , 10, (5) 343 - 351,   1991年
  • ミネラル、微量元素の代謝特性, 小児内科, 22, (4) 477 - 484,   1900年
  • 女性のスポーツと栄養, 産婦人科の実際, 39, (7) 1001 - 1005,   1990年
  • ミネラルの代謝と疲労, 疲労と休養の科学, 4, (1) 55 - 60,   1989年
  • 高齢者のための食事学, ネオシルバー, 6, (3月号) 7 - 11,   1988年
  • 成人病危険因子とマグネシウム ー慢性退行性症患群のマグネシウム欠乏仮説ー, Current Concepts in Mg Metabol , 3, (3) 18 - 21,   1988年
  • いま、なぜミネラル不足? 日本人の食生活と微量栄養素, 米穀情報, (10月号) 18 - 22,   1987年
  • 高齢者のための食事学, 社会福祉広報,   1987年
  • ドライバーのための食事学, みち, 69,   1987年
  • 栄養学から見た疲労, 疲労と休養の科学, 2, (1) 9 - 14,   1987年
  • 水・電解質・ミネラルの摂取と運動, J J of Sports Sci , 5, (3) 161 - 167,   1986年
  • 生理学的に見た疲労, 臨床スポーツ医学 (J of Clin Sports Med) , 3, (5) 481 - 490,   1986年
  • 疲労の客観的評価に役立ちうる指標に関する研究 ー尿中電解質排泄についてー, 疲労と休養の科学, 1, (1) 33 - 35,   1986年
  • 塩の話, サンライズ情報, (8月号) 8 - 9,   1985年
  • 減量とそのタイミングー女性のダイエット法ー, MY SHOW INFORMATION DOCUMENTS, 12,   1985年
  • 肥満者の減量と運動, 公衆衛生, 49, (7) 461 - 466,   1985年
  • スポーツと水分代謝, 指導者のためのスポーツジャーナル, 6,   1985年
  • スポーツとミネラル (その2) これまであまり注目されていなかった重要なミネラル, 指導者のためのスポーツジャーナル, 5,   1985年
  • スポーツとミネラル, 指導者のためのスポーツジャーナル, 4,   1985年
  • 運動と栄養 -その関わりについて- , 臨床栄養, 65, (5) 525 - 530,   1984年
  • 必須元素と有害元素の健康に及ぼす作用とその元素間相互作用に関する国際シンポジウムに出席して, 栄養学雑誌, 41, (5) 331 - 333,   1983年
  • 中高年からの運動と栄養の必要性に関する実験研究, デサントスポーツ, 2,   1980年
  • 運動と栄養が高脂血症及び高血圧に及ぼす影響, デサントスポーツ, 2,   1980年

書籍等出版物

  • 日本におけるフッ化物摂取量と健康(フッ化物摂取基準策定資料)
    共著、社会保険研究所  2007年
  • 公衆栄養学(栄養・健康科学シリーズ)(田中平三、伊達ちぐさ、佐々木 敏編)
    共著、南江堂  2006年
  • 管理栄養士全科のまとめ2版(独立行政法人国立健康・栄養研究所監修、田中平三、田畑 泉、岡 純編)
    共著、南山堂   2006年
  • マグネシウムの基礎と臨床(外須美夫編)
    共著、真興交易(株)医書出版部  2005年
  • 新臨床栄養学Ⅱ(井上修二編)
    共著、光生館  2004年
  • 分子の目で見た骨格筋の疲労(吉岡利忠監修、山田茂、後藤勝正編)
    共著、(有)ナップ  2003年
  • 公衆栄養学(栄養・健康科学シリーズ)(改訂4版、田中平三編)
    共著、南江堂  2000年
  • 環境ホルモンはこの食事で解毒・排出できる
    ロングセラーズ  1998年
  • 解剖生理学・知っておきたいからだの仕組みとはたらき(久光 正 編)
    共著、宣協社  1995年
  • 食と栄養の健康学(社団法人資源協会食品成分調査研究所編)
    共著、農林統計協会  1994年
  • 放医研環境セミナーシリーズ(河村久佐男、大桃洋一郎編)
    共著、放射線医学綜合研究所  1990年
  • 五訂増補日本食品標準成分表分析マニュアル(安本教傅、竹内昌昭、安井明美、渡邊智子、編)
    建帛社  2006年
  • 生命元素辞典(桜井 弘、編)
    オーム社  2006年
  • 100kcal/100g 日本食品成分表(第2版)五訂増補日本食品標準成分表準拠(山下光雄、西牟田 守、萩原清和、渡邊智子、編)
    建帛社  2005年
  • 五訂増補日本食品標準成分表」(文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会編)
    国立印刷局  2005年
  • 健康・栄養-知っておきたい基礎知識(西牟田 守編)
    第一出版  2003年
  • ミネラルの辞典(糸川嘉則編)
    朝倉書店  2003年
  • 健康ネット「健康小辞典」
    健康・体力づくり財団  1997年
  • 「健康を作る栄養教室(第3版)」
    第一出版  1985年
  • 食品の食物繊維、無機質、コレステロール、脂肪酸含有表
    医歯薬出版  1985年

競争的資金

  • 慢性疾患の一次予防、慢性疾患の危険因子