詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

文 貞實ムン ジョンシル

所属・担当
社会学部社会学科
社会学研究科福祉社会システム専攻
職名教授
メールアドレスmoon[at]toyo.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/09/06

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:主な研究領域:社会学(都市社会学、地域社会学、マイノリティ・スタディーズ)

学歴

  •  - 1995年, 明治学院大学, 社会学研究科, 社会学・社会福祉学

学位

  • 社会学修士, 明治学院大学

所属学協会

  • 日本社会学会
  • 日本都市社会学会
  • 地域社会学会
  • 日本福祉社会学会
  • 日本寄せ場学会
  • 関西社会学会

経歴

  •   1995年 - 1997年, ・明治学院大学社会学部 非常勤講師(1995年-1997年)
  •   1995年 - 1997年, ・東京女学館短期大学部国際文化学科 非常勤講師(1995年-1997年)
  •   1997年 - 1998年, ・岐阜経済大学経営学部 非常勤講師(1997年-1998年)
  •   1998年 - 2000年, ・日本福祉大学社会福祉学部 非常勤講師(1998年-2000年)
  •   1999年 - 2003年, ・同朋大学 非常勤講師(1999年-2003年)
  •   2004年 - 2005年, ・金城学院大学現代社会学部 非常勤講師(2004年-2005年)
  •   2007年 - 2009年, ・聖隷クリストファ大学大学院 非常勤講師(2007年-2009年)
  •   1997年 - 2001年, ・中部学院大学 人間福祉学部 専任講師(1997年-2001年)
  •   2001年 - 現在, ・中部学院大学 人間福祉学部 助教授(2001年-現在に至)

研究活動情報

研究分野

  • 社会学, 社会学

研究キーワード

    都市下層, 寄せ場, 野宿者, 在日韓国・朝鮮人

MISC

  • 「寄せ場におけるボランティア活動について」, 明治学院大学大学院社会学研究科, 「社会学専攻紀要」, (13号) 117 - 145,   1989年
  • 「裏返しの論理」, 明治学院大学大学院社会学研究科, 『社会学研究紀要』, (14号) 27 - 44,   1990年
  • 「『わたしは…です』の意味と作用に関する試論/文法編」, 明治学院大学大学院社会学専攻, 『社会学専攻紀要』, (15号) 167 - 186,   1991年
  • 「『わたしは…です』の意味と作用に関する試論/基礎編」, 明治学院大学大学院社会学研究科, 『社会学専攻紀要』, (16号) 267 - 283,   1992年
  • 「社会地理学の<外部>Ⅰ」, 明治学院大学大学院社会学研究科, 『社会学専攻紀要』, (17号) 19 - 34,   1993年
  • 「社会的弱者への救援活動~神戸市長田区の事例(2)~」, 早稲田大学社会学研究所・都市研究部会・研究シリーズ, 『阪神・淡路大震災における災害ボランティア』, (36) 241 - 286,   1995年
  • 「震災をめぐる在日韓国・朝鮮人の活動と在日コミュニティ」, 早稲田大学社会学会, 『社会学年誌』, (38号) 45 - 59,   1997年
  • 「『山谷』=社会空間の記述にむけて-言説化される『山谷』、身体化される『山谷』-」, 平成7~9年度文部省科学研究費補助金総合研究(A)(課題番号07301068)研究成果報告書(研究代表:宇都宮大学・田巻松雄), 『現代日本における都市下層社会に関する社会学的研究』,   1997年
  • 「震災とエスニシティ~神戸市長田のケミカルシューズ産業と共生のまちづくり~」, ハーベスト社, 『地域社会学会年報』, 12, (12集) 55 - 78,   2000年
  • 「野宿とジェンダー」, 新宿ホームレス支援機構, 『Shelter-less』, 季刊, (NO.19) 120 - 155,   2003年
  • 「野宿生活の現状(2)」, 基礎生活問題研究会(非刊行), 『名古屋市「ホームレス」聞き取り調査等に関する最終報告書』,   2002年
  • 「山谷の『社会空間』分析-都市空間/野宿/ジェンダー-」, 平成11-13年度科学研究費補助金基盤研究(C)課題番号:11610216(2)研究成果報告書(研究代表:中部学院大学・文貞實),   2003年
  • 「『寄せ場』の変容と女性野宿者」, 研究代表:宇都宮大学・田巻松雄(非刊行), 『現代日本社会に於ける寄せ場の実態』平成11-14年度科学研究費補助金基盤研究(A)(1)研究成果報告書(課題番号:11301005),   2004年
  • 「福祉労働におけるジェンダー問題」, 平成18年度日本証券奨学財団研究成果報告書(研究代表:中部学院大学・文貞實)(非刊行), 『保育・介護現場における女性労働問題の実証的研究-福祉労働の現状と課題-』,   2008年
  • 「地域産業の発展と衰退に関わるエスニック・コミュニティの形成について-神戸市長田地域のケミカルシューズ産業と東京都足立区関原地区のヘップサンダルを事例に-」, 平成14-17年度科学研究費補助金基盤研究(A)課題番号:14201022研究成果報告書(研究代表者:広島大学・西村雄郎)(非刊行), 『エスニック・コミュニティの比較都市社会学』,   2006年
  • 「都市下層と女性-サービス業従業者特化地域の女性労働者の需要供給メカニズム-熱海市の旅館ホテル女性従業員を事例に-」, 研究代表:東洋大学・西澤晃彦(非刊行), 『現代都日本における都市下層の動態に関する実証的研究』平成15-18年度科学研究費補助金基盤研究(B)(課題番号:12330110)研究成果報告書,   2007年
  • 「韓国社会の“両極化”と移住労働者」, 『地域社会学会年報』, (19集) 31 - 50,   2007年

書籍等出版物

  • 「『在日』コミュニティの可能性」『外国人居住者と日本の地域社会』奥田道大他編
    明石書店  1994年
  • 「アメリカのホームレス、日本のホームレス」『現代人の社会心理 暮らす人-結節と共生の社会心理』水谷史夫編
    学文堂  1995年
  • 「エスニック・コミュニティの被災状況と救援活動」(麦倉哲、浦野正樹と共著)『阪神・淡路大震災の社会学』第2巻岩崎信彦他編
    昭和堂  1999年
  • 「被災コミュニティと在日韓国・朝鮮人の復興戦略」『阪神・淡路大震災の社会学』第3巻岩崎信彦他編
    昭和堂  1999年
  • 「女性野宿者のストリート・アイデンティティ-彼女の「無力さ」は抵抗である-」『不埒な希望-ホームレス/寄せ場をめぐる社会学』狩谷あゆみ編
    松籟社  2006年
  • 「社会運動と福祉ボランティア」『福祉ボランティア論』三本松政之・朝倉美江編
    有斐閣  2007年

講演・口頭発表等

  • 「韓国労働市場の変容と階層化」, 第31回地域社会学会大会・シンポジウム,   2006年
  • 「野宿者をめぐる排除と抵抗(1)ストリートからの抵抗の可能性について」, 第78回日本社会学会大会・自由報告,   2005年
  • 「都市/野宿/ジェンダー -女性野宿者の直面する<現実>-」, 第74回日本社会学会大会・自由報告,   2001年
  • 「震災とエスニシティ-神戸長田のケミカルシューズ産業と共生のまちづくり-」, 第24回地域社会学会大会・シンポジウム,   1999年
  • 「『寄せ場/野宿』への介入=『調査』について」, 第12回寄せ場学会・総会,   1998年
  • 「エスニック・コミュニティと『社会空間』-神戸市長田のアジアタウン構想をめぐって-」, 第15回都市社会学会大会・シンポジウム,   1997年
  • 「阪神・淡路大震災における救援活動とその後の生活再建について」, 第69回日本社会学会大会・自由報告,   1996年
  • 「『山谷』記述に関する諸問題」, 第67回日本社会学会大会・自由報告,   1994年

競争的資金

  • マイノリティ・スタディーズ, 科学研究費補助金, ・寄せ場の変容と野宿者について ・地域産業の発展と衰退に関わる在日韓国・朝鮮人のエスニック・コミュニティの形成について
  • 1,日本の都市下層問題 , 科学研究費補助金, 山谷地域と女性野宿者
  • 2,都市下層と女性労働, 科学研究費補助金, サービス業従業者特化地域の女性労働者の需要供給メカニズム
  • 3,アジア・グローバル都市と移住労働者, 科学研究費補助金, 韓国における労働運動と移住労働者の組織化
  • 4,地域産業とエスニック・コミュニティの形成, 科学研究費補助金, 地域産業の発展と衰退に関わるエスニック・コミュニティの形成過程
  • 5,保育・介護現場における女性労働者の実証的研究, 民間学術研究振興費補助金, 福祉系大学卒業生を対象とした就労実態調査