詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

後藤 武秀ゴトウ タケヒデ

所属・担当
法律学科
アジア文化研究所
工業技術研究所
私法学専攻
公法学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/12/07

研究者基本情報

学歴

  •  - 1984年, 中央大学, 法学研究科, 刑事法
  •  - 1978年, 中央大学, 法学部, 法律学科

学位

  • 法学修士, 中央大学

所属学協会

  • 法制史学会
  • 地域文化学会
  • 法文化学会

委員歴

  •   1998年, 地域文化学会, 常任理事
  •   1999年, 法文化学会, 理事

研究活動情報

研究分野

  • 法学, 基礎法学
  • 文化人類学, 文化人類学・民俗学
  • 法学, 民事法学
  • 法学, 基礎法学

研究キーワード

    台湾法, 台湾, 祭祀公業, 東南アジア, 基礎法学, 伝統的規範, 植民地法, 協働関係, 価値規範, イスラーム, 伝統, 中東, 華人, 法文化, 仏教法, 旧慣, 国家制定法, 同族, 組合, 合股, 慣習法, 判決原本, 改正, エスニシティ, 地域間比較, 人口移動, 東アジア, 会社法, トランスナショナル・コミュニティ, 韓国, 比較法史学

論文

  • マカオ法調査報告-マカオ法の比較法史的位置づけのための資料-, 後藤 武秀, アジア文化研究所研究年報, (51) 97 - 108,   2017年02月
  • 本島人ノ親族及相続慣習ニ関スル判例集, 後藤 武秀, 東洋法学, 59, (3) 233 - 310,   2016年03月
  • 近代マカオにおける西洋近代法と伝統中国法と伝統中国法の調整―黎暁平・汪清陽『望洋法雨―全球化与澳門民商法的変遷』の紹介を通して―, 後藤 武秀, アジア文化研究所研究年報, (49) 214 - 225,   2015年02月
  • 日本統治時期台湾における笞刑について, 後藤 武秀, 法学論叢(漢陽大学校法学研究所), 31, (2) 37 - 51,   2014年06月
  • 近年の中国における宗親会活動について―高其才主編『当代中国婚姻家庭習慣法』所収、林瀚「宗親結合に関する慣習法の現実についての考察―四川省濾県立石鎮、林氏宗親会を考察対象として―」試訳, 後藤 武秀, アジア文化研究所研究年報, (48) 191 - 197,   2014年02月
  • 日本統治下台湾における慣習法の変遷―妾について―, 後藤 武秀, アジア文化研究所研究年報, (48) 318 - 323,   2014年02月
  • 近代日本における会社法制の誕生と変遷, 後藤 武秀, Hanyang Law Review, 30, (3) 1 - 8,   2013年09月29日
  • 日本統治時期台湾における慣習法の適用実態ー合股を例としてー, 後藤 武秀, 法学新報, 119, (9・10) 355 - 380,   2013年03月25日
  • 対于台湾接受西洋近代法及調整慣例法ー以台湾伝統公司組織的合股為例ー, 後藤 武秀, アジア文化研究所研究年報, (47) 292 - 298,   2013年02月28日
  • 福建省アモイと台湾の城隍廟を通じた宗教文化の交流, 後藤 武秀, アジア文化研究所研究年報, (47) 234 - 237,   2013年02月28日
  • 中国大陸人民と台湾人民の交流に伴う法的問題の一齣ー中国大陸における離婚関係書類の台湾における適用ー, 後藤 武秀, アジア文化研究所研究年報, (46) 303 - 306,   2012年02月29日
  • 日本統治時期台湾における合股の変遷ー股東の責任を中心としてー, 後藤 武秀, 東洋通信, 48, (4) 30 - 40,   2011年07月01日
  • 台湾企業の源流としての合股ー『台湾私法』の所説を中心としてー, 後藤 武秀, アジア文化研究所研究年報, (45) 221 - 224,   2011年02月28日
  • 台湾、中国大陸両岸交流の基本法制ー基本法の紹介を中心としてー, 後藤 武秀, アジア文化研究所研究年報, (45) 151 - 156,   2011年02月28日
  • 林超駿「台湾における司法改革の挑戦ー裁判官の人事問題を中心としてー」(翻訳), 後藤 武秀, 東洋法学, 54, (1) 245 - 275,   2010年07月30日
  • オンラインカウンセリングによる海外赴任者のメンタルヘルスの改善に関する考察, 後藤 武秀, 工業技術(東洋大学工業技術研究所報告), (32) 72 - 75,   2010年02月25日
  • 台湾における日本統治時代の民事法, 後藤 武秀, 学術フロンティア報告書2008年度, 64 - 72,   2009年03月19日
  • 日本統治下台湾における祭祀公業の紛争処理の一事例‐公業の収益の帰属主体をめぐって‐, 後藤 武秀, 学術フロンティア報告書2007年度, 79 - 85,   2008年03月19日
  • 台湾の経済発展と観光文化産業を通じた伝統文化の維持‐文化創造産業・生活創造産業の例から‐, 後藤 武秀, アジア文化研究所年報, (42) 186 - 195,   2008年02月28日
  • 分権改革後日本的市町村合併和地方税財政改革問題‐以関東地方為例‐, 後藤 武秀, アジア文化研究所年報, (42) 182 - 185,   2008年02月28日
  • An Important Factor to Support East Asian Economical Circle:Taiwanese Transnational Movements to China Mainland, 後藤 武秀, 東洋大学アジア文化研究所, 25 - 28,   2008年02月
  • 台湾における政治文化の変容‐総統辞職要求と民主化‐, 後藤 武秀, 東洋, 44, (4・5) 27 - 36,   2007年07月01日
  • 日清条約と台湾の領有, 後藤 武秀, 東洋, 44, (3) 13 - 16,   2007年06月01日
  • 台湾における罪観念‐『玉歴鈔伝』の描く罪とその予防‐, 後藤 武秀, 法学新報, 第113, (11・12) 281 - 303,   2007年05月30日
  • 台湾法史研究の意義, 後藤 武秀, 東洋, 44, (2) 7 - 10,   2007年05月01日
  • 日本・中国・台湾関係の二面性‐政治的対立と経済交流の図式‐, 後藤 武秀, 学術フロンティア報告書2006年度, 250 - 252,   2007年03月22日
  • HUKUM JEPANG DI ASIA - Kerangka Kegiatan Pergandingan dengan Hukum Indonesia - アジアの中の日本法‐インドネシアとの比較の作業枠組み, 後藤 武秀, 学術フロンティア報告書2006年度, 241 - 245,   2007年03月22日
  • 台湾におけるイスラーム, 後藤 武秀, アジア文化研究所研究年報, (第41) 200 - 202,   2007年02月28日
  • 宗教施設における社会倫理教育‐日本と台湾の場合‐, 後藤 武秀, 東洋, 43, (9) 31 - 37,   2006年12月01日
  • 台湾の離婚状況と近年における法的対応, 後藤 武秀, 学術フロンテイア報告書2005年度, 140 - 147,   2006年03月
  • 宗教施設における社会倫理教育‐日本と台湾の場合‐, 後藤 武秀, 国際セミナー報告書, 64 - 68,   2006年02月
  • 台湾領有初期における民訴不受理政策ー明治三二年律令第一号の制定と判決原本から見た運用状況ー, 後藤 武秀, 八千代出版, 245 - 268,   2005年06月30日
  • 明治二八年台湾及澎湖島住民退去条規に基づく不動産処分の一事例, 後藤 武秀, 東洋, 42, (3) 28 - 40,   2005年06月01日
  • 韓国の離婚‐大都市と地方都市の比較をふまえて‐, 後藤 武秀, 学術フロンテイア報告書2004年度, 73 - 77,   2005年03月22日
  • 現代における祭祀公業の新たな展開‐財団法人台湾李氏宗祠の場合‐, 後藤 武秀, アジア文化研究所研究年報, (38) 47 - 56,   2004年02月27日
  • 2001年台湾会社法, 東洋法学, 47, (2) ,   2004年
  • 現代における祭祀公業の新たな展開―財団法人台湾李氏宗祠の場合―, 東洋大学アジア文化研究所研究年報, (38) ,   2004年
  • 台湾統治基本法制の変遷‐法三号の制定とその後‐, 後藤 武秀, 東洋, 39, (3) 6 - 10,   2002年06月01日
  • 現代における祭祀公業の一例‐祭祀公業陳悦記における財産処分‐, 後藤 武秀, 地域文化研究, (6) 121 - 130,   2002年06月01日
  • 台湾統治基本法制の変遷‐六三法から三一法まで‐, 後藤 武秀, 東洋, 38, (6) 38 - 45,   2001年09月01日
  • 台湾に現存する日本統治時代の裁判所資料, 後藤 武秀, 東洋法学, 44, (2) 119 - 170,   2001年03月
  • 台湾に現存する日本統治時代の裁判所資料, 東洋法学, 44, (2) ,   2001年
  • 食文化と法文化‐中華料理のくにと日本料理のくに, 後藤 武秀, 東洋, 37, (10) 6 - 14,   2000年10月01日
  • 日治時期之祭祀公業, 後藤 武秀, アジア・アフリカ文化研究所研究年報, (34) 71 - 79,   2000年03月
  • 台湾法制史学会の成立と活動について, 後藤 武秀, 法史学研究会会報, (4) 19 - 22,   1999年05月30日
  • 判例在日本法近代化上的作用, 後藤 武秀, 東洋法学, 42, (2) 107 - 119,   1999年03月
  • 臨時台湾旧慣調査会における「台湾祭祀公業令」の起草, 後藤 武秀, 東洋大学アジア・アフリカ文化研究所研究年報, (33) 37 - 49,   1999年03月
  • 台湾の祭祀公業に関する二つの資料, 後藤 武秀, 東洋法学, 42, (1) 79 - 106,   1998年09月
  • 台湾における祭祀公業‐法的性質に関する諸説‐, 後藤 武秀, 地域文化研究, (3) 16 - 28,   1998年08月31日
  • 台湾銀行経済研究室所蔵資料紹介, 後藤 武秀, 法史学研究会会報, (第3) 33 - 36,   1998年03月31日
  • 台湾における祭祀公業-法的性質に関する諸説-, 地域文化研究, (3) ,   1998年
  • 台湾の祭祀公業に関する二つの資料, 東洋法学, 42, (1) ,   1998年
  • 台湾における祭祀公業‐概念規定の動向‐, 後藤 武秀, 地域文化研究, (2) 77 - 86,   1997年12月20日
  • 台湾における台湾法史研究の動向‐台湾法学会『台湾法制一百年論文集』の紹介を中心として‐, 後藤 武秀, 比較法, (35) 119 - 138,   1997年11月20日
  • 台湾における祭祀公業-概念規定の動向-, 地域文化研究, (2) ,   1997年
  • 台湾総督府審議室「律令制定権ノ解釈ニ就テ」-大正一〇年法律第三号に基づく内地延長主義法体制修正の試み-, 東洋法学, 41, (1) ,   1997年
  • 新律綱領下における情状酌量, 後藤 武秀, 法学新報, 第102, (11・12) 301 - 321,   1996年10月20日
  • 日本の法文化の普遍性と特殊性についての覚書‐「大岡裁き」をめぐって‐, 後藤 武秀, 比較文化研究, (1) 55 - 60,   1996年08月01日
  • 新律綱領の虚像と実像‐法原理とその運用実態の関係をめぐって‐, 後藤 武秀, 研究所報, (189) 7 - 10,   1996年03月25日
  • 法律学の心を求めて‐良寛から道元への旅‐, 後藤 武秀, 東洋, 33, (3) 6 - 16,   1996年03月01日
  • 大岡裁きの今昔, 後藤 武秀, 東洋, 第32, (1・2) 13 - 22,   1995年01月01日
  • 文化大革命後の法史学研究の傾向, 後藤 武秀, 東洋, 第30, (11) 93 - 101,   1993年11月01日
  • 中国における法史学研究の歩み, 後藤 武秀, 東洋, 第30, (7・8) 11 - 19,   1993年07月01日
  • 中国における刑事裁判の一事例‐北京市崇文区人民法院における裁判の記録‐, 後藤 武秀, 比較法, (第30) 111 - 125,   1993年03月25日
  • 新律綱領「違令」条、改定律例「違式」条および「違制」条の一考察‐『司法者日誌』の分析を通して‐, 後藤 武秀, 東洋法学, 第35, (2) ,   1992年01月10日
  • 改定律例実施後の適用法について‐第二百六号布告と改定律例第百条の関係を中心として‐, 後藤 武秀, 北樹出版,   1991年12月25日
  • 職制律等の廃止と官吏懲戒例の制定について, 後藤 武秀, 敦賀論叢, (4) ,   1989年12月25日
  • 続・新律綱領「不応為」条の一考察‐明治六年より同九年に至る事例分析を通して‐, 後藤 武秀, 北樹出版,   1989年02月10日
  • 法社会学と法史学の関係についての覚書‐マンフレート・レービンダーの所説を中心として‐, 後藤 武秀, 敦賀論叢, (3) ,   1988年12月25日
  • 新律綱領「不応為」条の一考察‐明治六年より同九年に至る事例分析を返して‐, 後藤 武秀, 北樹出版,   1987年12月25日
  • 新律綱領「同僚犯公罪」条の解釈について‐長官および次官が所由の場合‐, 後藤 武秀, 敦賀論叢, (2) ,   1987年12月25日
  • 明治初期における不応為条の適用件数について, 後藤 武秀, 敦賀論叢, (1) ,   1987年01月30日
  • 近代日本における外国法の継受, 後藤 武秀, 白門, 35, (7) ,   1983年07月01日
  • 仮刑律下における他律の援用, 後藤 武秀, 法学新報, 89, (11=12) ,   1983年03月30日
  • 連坐責任の法理‐新律綱領名例律下同僚犯公罪条の実証的研究‐, 後藤 武秀, 大学院研究年報, 11, (1) ,   1982年03月01日

書籍等出版物

  • アジア社会の発展と文化変容
    後藤 武秀
    東洋大学アジア文化研究所  2010年03月18日
  • 日本の植民地支配の実態と過去の清算
    後藤 武秀
    風行社  2010年03月10日
  • 日本統治時期台湾の法改革(翻訳書)
    後藤 武秀
    東洋大学アジア文化研究所  2010年02月26日
  • 台湾法の歴史と思想
    後藤 武秀
    法律文化社  2009年09月20日
  • 地域の再生と観光文化
    後藤 武秀、比嘉 佑典
    ゆい出版  2008年03月15日
  • 日本統治下台湾における紛争処理資料‐台中地方法院所蔵判決原本‐DVD版Ver.1
    後藤 武秀
    アジア地域研究センター  2008年03月
  • アジアの経済発展と伝統文化の変容
    後藤 武秀
    東洋大学アジア文化研究所・アジア地域研究センター編  2007年03月26日
  • 法史學的傳承・方法與趨向‐載炎輝先生九五冥誕記念論文集‐
    後藤 武秀
    中国法制史学会  2004年07月
  • 律令法とその周辺(国学院大学日本文化研究所編)
    後藤 武秀
    汲古書院  2004年03月
  • 訳書・中国法制史(下)
    後藤 武秀
    日本比較法研究所  1995年01月31日
  • 訳書・中国法制史(上)
    後藤 武秀
    日本比較法研究所  1993年03月30日
  • 訳書・比較法における《様式理論》の様式について
    後藤 武秀
    中央大学出版部(日本比較法研究翻訳叢書20)  1988年03月30日
  • 訳書・法社会学と比較法
    後藤 武秀
    中央大学出版部(日本比較法研究翻訳叢書19)  1987年10月30日

講演・口頭発表等

  • 台湾同族企業の源流としての合股, 後藤 武秀, シンセン大学国際セミナー,   2010年12月04日, 国際セミナーにおける報告
  • 東アジアの観光客誘致の方法, 後藤 武秀, 名櫻大学総合研究所,   2010年02月26日
  • 中国を覆っていく台湾文化, 後藤 武秀, 東洋大学エクステンション講座,   2009年11月21日
  • 在台湾罪之観念‐『玉歴鈔伝』描絵之罪及其予防, 後藤 武秀, 台湾法学会・台湾法律史学会,   2008年11月08日, 於、台湾大学
  • 東アジア法文化圏の形成, 後藤 武秀, 韓国慶北大学校法科大学シンポジウム,   2008年11月04日, 於、慶北大学
  • 台湾における固有文化の産業化, 後藤 武秀, 東洋大学アジア文化研究アジア地域研究センター,   2008年06月14日, シンポジウム『地域再生時代における固有文化の復権‐新たな町おこし・村おこしを目指して‐』 於、沖縄県青年館
  • One important factor to support East Asia economical circle-Taiwanese transnational movement to China mainland-, 後藤 武秀, 東洋大学,   2007年11月22日, シンポジウム報告「Preliminary Studies on Transnational Communities in Asian Peripheries‐ Perspectives from Comparative Asia Studies-」
  • 分権改革後日本的市町村合併和地方税財政改革問題‐以関東地方為例‐, 後藤 武秀, 中華大学,   2007年05月25日, 於、台湾新竹市
  • アジアの中の日本法‐インドネシア法との比較の作業枠組み‐, 後藤 武秀, ディポネゴロ大学,   2006年08月24日, シンポジウム報告
  • 日本・中国・台湾関係の二面性‐政治的対立と経済交流の図式‐, 後藤 武秀, 新潟国際情報大学,   2006年07月01日, シンポジウム報告 シンポジウムテーマ「いま、アジアで」
  • 台湾社会の基礎としての祭祀公業, 後藤 武秀, 新潟情報国際大学,   2005年12月14日, ワークショップ報告
  • 宗教施設における社会倫理教育‐台湾と日本の場合‐, 後藤 武秀, ディポネゴロ大学,   2005年11月22日
  • 台湾の廟における社会倫理教育, 後藤 武秀, 地域文化学会12月例会(第112回),   2005年11月10日, 於、東洋大学
  • 台湾領有初期における民訴不受理政策‐明治三二年律令第一号の制定と判決原本から見た運用状況‐, 後藤 武秀, 法制史学会東京部会,   2004年07月16日, 於、明治大学
  • 台湾の政治文化ー総統選の顛末, 後藤 武秀, アジア文化研究所,   2004年04月17日, 於、東洋大学第2会議室
  • 日本人による台湾法史研究の意義と方法‐祭祀公業の研究を例として‐, 後藤 武秀, 載炎輝先生九五冥誕記念国際学術研討会,   2003年11月30日, 於、台湾大学法学院
  • 植民地時代の裁判所資料の所在状況と領有初期の一庶民による法的抵抗の事例‐台湾住民退去条規による不動産処分に対する抵抗‐, 後藤 武秀, トヨタ財団台湾報告会,   2003年03月29日, 於、台東、ブヌンビレッジ
  • 台湾における植民地支配と判例‐日本植民地時代の判決研究の意義, 後藤 武秀, 日韓学術フォーラム‐三・一独立運動をめぐる裁判と判例‐,   2003年02月27日, 於、韓国建国大学校
  • 現代台湾における祭祀公業の動向‐写真をまじえて‐, 後藤 武秀, 地域文化学会・月例研究会・公開セミナー,   2003年02月01日, 於、中央大学市ヶ谷校舎2617号室
  • 現代台湾における祭祀公業の解体と財産処分‐伝統をいかにして維持するか‐, 後藤 武秀, 地域文化学会第81回研究会月例セミナー,   2002年01月12日, 於、中央大学市ヶ谷校舎
  • 台湾における法史学研究の動向と非国家的共存秩序としての祭祀公業, 後藤 武秀, 法制史学会第53回総会,   2001年04月22日, 於、明治大学
  • 日本政府對私立大學的國庫補助支出與學術自由, 後藤 武秀, 我國與日本市立學校經營法制學術検討會,   2001年01月13日, 於、輔仁大學(台湾) 『会議手册』所収(中文)
  • 東洋大學大學經營之現状與問題點, 後藤 武秀, 我國與日本市立學校經營法制學術検討會,   2001年01月12日, 於、輔仁大學(台湾) 『会議手册』所収(中文)
  • 日本統治期台湾における判決原本等裁判所資料の現存状況について, 後藤 武秀, 法史学研究会,   2000年12月20日, 於、明治大学
  • 台湾民法近代化的先駆‐岡松参太郎, 後藤 武秀, 台湾法律史学会,   2000年09月07日, 台北市陳林法学基金会会議室
  • 台湾の国家法秩序と非国家法秩序‐現代に生きる祭祀公業を例として‐, 後藤 武秀, 法制史学会東京部会182回例会,   1999年06月19日, 於、早稲田大学
  • 台湾に今なお生きる祭祀公業‐中国人社会の慣習的秩序と国家法秩序‐, 後藤 武秀, 地域文化学会1999年度研究大会,   1999年06月12日, 於、中央大学駿河台記念館
  • 台湾銀行経済研究室所蔵資料紹介, 後藤 武秀, 台湾法学会、台湾法律史学会,   1999年03月20日, 於、台北
  • 日治時期之祭祀公業, 後藤 武秀, 台湾法学会、台湾法律史学会,   1998年12月05日, 於、台北
  • 地域文化と国‐台湾の非国家的慣習秩序と国家法秩序, 後藤 武秀, 第51回地域文化学会公開セミナー,   1998年11月07日, 於、中央大学駿河台記念館
  • 台湾における祭祀公業‐国家なき社会を秩序づけるもの‐, 後藤 武秀, アジア・アフリカ文化研究所,   1998年04月23日
  • 国家なき社会の秩序原理‐台湾の祭祀公業をモデルとして‐, 後藤 武秀, 比較法史学会関東部会,   1998年01月31日, 於、中央大学会館
  • 中国投資に伴う若干の法律問題, 後藤 武秀, 上海対外貿易学院(国際交流センター企画),   1997年11月22日
  • 台湾の祭祀公業について, 後藤 武秀, 比較文化研究会,   1997年09月06日, 於、中央大学会館
  • 新律綱領(明治3年刑法)の虚像と実像, 後藤 武秀, 中央大学基礎法研究会,   1996年03月15日
  • 新律綱領の虚像と実像‐法原理とその運用実態の関係をめぐって‐, 後藤 武秀, 第230回律令研究会 ,   1996年01月13日, 国学院大学日本文化研究所
  • 日本の法文化の普遍性と特殊性, 後藤 武秀, 比較文化研究会,   1995年02月04日, 於、中央大学会館
  • 明治初期刑事司法の衡平観念‐不応為・違令・違式・違制の事例分析を通して‐, 後藤 武秀, 比較法史学会関東部会第5回研究大会,   1994年07月02日, 於、中央大学会館
  • 中国に於ける法制史研究の動向, 後藤 武秀, 法史学研究会,   1992年12月
  • 法史学と法社会学の関係, 後藤 武秀, 第158回法制史学会東京部会,   1992年07月18日, 於、専修大学
  • 張晋藩・張希坡著『中国法制史』邦訳作業を通して感じたこと, 後藤 武秀, 法史学研究会,   1992年06月25日, 於、明治大学
  • 新律綱領「不応為」条の一考察‐明治六年より同九年に至る事例分析を返して‐, 後藤 武秀, 近畿部会,   1987年11月15日
  • 仮刑律下における他律の援用, 後藤 武秀, 第99回法制史学会東京部会,   1982年09月25日

競争的資金

  • 日本統治時期台湾における家族に関する慣習法の変容, 科学研究費 基盤研究(C)(一般), 後藤 武秀
  • 東アジア・東南アジアにおける西洋近代法と慣習法の関係に関する研究, 研究所プロジェクト, 後藤 武秀
  • アジア境域における跨境的生活様式の研究-東アジア・東南アジアの比較, 研究所プロジェクト
  • 台湾における西洋近代法との接触による慣習法の変容, 科学研究費 基盤研究(C)(一般)
  • トランスナショナル・コミュニティの地域間比較―境域アジアの移住と生活の動態研究, 科学研究費 基盤研究(B)(一般), 松本 誠一
  • 台湾・韓国における社会法制とコーポレートガバナンスに関する研究, 科学研究費 基盤研究(C)(一般), 井上貴也
  • 境域アジアのトランスナショナル・コミュニティ ―地域間比較研究の定礎に向けて―, 研究所プロジェクト
  • 東アジア・東南アジア諸国に見る経済発展と都市化による伝統文化の変容ー大都市・地方都市・農村の比較, 学術フロンティア
  • 境域アジアのトランスナショナル・コミュニティー -地域間比較研究の試みとして―, 研究所プロジェクト
  • 東南アジア・中東地域の国家制定法と伝統的秩序規範の協働関係に関する法文化的研究, 科学研究費 基盤研究(B)(一般), 後藤武秀
  • イスラーム世界における伝統的秩序規範の持続と変容, 研究所間プロジェクト, 後藤 武秀
  • 導入教育期における法学教材の開発, 特別研究(教材開発共同研究), 後藤 武秀
  • 日本植民地時代台湾における判決原本の収集と分析――日本法の受容と抵抗研究の基礎作業, トヨタ財団, 後藤 武秀
  • 台湾における祭祀公業の研究, 科学研究費 基盤研究(C)(一般), 後藤武秀
  • 祭祀公業の研究, 交流協会歴史研究者交流事業, 後藤 武秀
  • 日中比較法史