詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

田中 尚樹タナカ ナオキ

所属・担当
生体医工学科
工業技術研究所
生体医工学研究センター
生体医工学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/11/24

研究者基本情報

学位

  • 博士(工学)

研究活動情報

研究分野

  • 情報学, 情報学基礎理論
  • 脳科学, 脳計測科学

研究キーワード

    生体信号, 脳機能計測, 因果分析, 脳背景活動

論文

  • 局所脳血液量揺らぎの変化に基づいた意思伝達の試み, 田中尚樹,馬原奈央佳,小澤邦昭,内藤正美, 信学技報, 116, (WIT2016-78) 5 - 8,   2017年03月
  • Yes/No 意思伝達装置におけるALS患者の触覚利用による正答率向上の試み, 小澤邦昭,内藤正美,田中尚樹, 信学技報, 116, (WIT2016-77) 1 - 4,   2017年03月
  • Yes / No 意思伝達装置によるALS患者の単語選択の試み, 小澤邦昭,内藤正美,田中尚樹, 信学技報, 116, (WIT2016-37) 23 - 28,   2016年10月
  • Yes/No 意思伝達装置の意識障害者への応用, 小澤邦昭,内藤正美,田中尚樹, 信学技報, 115, (WIT2015-103) 83 - 88,   2016年03月
  • ALS患者のYes/No意思伝達装置における正答率向上の分析, 小澤邦昭,内藤正美,田中尚樹,尾形勇,金澤恒夫, 信学技報, 115, (WIT2015-48) 1 - 6,   2015年08月
  • Near-infrared spectroscopy determined cerebral oxygenation with eliminated skin blood flow in young males, A. Hirasawa, T. Kaneko, N. Tanaka, T. Funane, M. Kiguchi, H. Sørensen, N.H. Secher, S. Ogoh, J. Clinical Monitoring and Computing, 30, (2) 243 - 250,   2015年05月
  • Influence of skin blood flow and source-detector distance on near-infrared spectroscopy-determined cerebral oxygenation in humans., A Hirasawa, S Yanagisawa, N Tanaka, T Funane, M Kiguchi, H Sørensen, NH Secher, S Ogoh, Clinical physiology and functional imaging, 35, (3) 237 - 244,   2014年05月
  • Kinetics of Exercise-Induced Neural Activation; Interpretive Dilemma of Altered Cerebral Perfusion, T. MIYAZAWA, M. HORIUCHI, D. ICHIKAWA, K. SATO, N. TANAKA, D.M. BAILEY, S. OGOH, Exp. Physiol., 97, (2) 219 - 227,   2012年02月
  • Chewing-Related Prefrontal Cortex Activation while Wearing Partial Denture Prosthesis: Pilot Study, N. NARITA, K. KAMIYA, K. YAMAMURA, S. KAWASAKI, T. MATSUMOTO, N. TANAKA, J. Prosthod. Res., 53, 126 - 135,   2009年07月
  • Extracting Task-Related Activation Components from Optical Topography Measurement Using Independent Component Analysis, T. KATURA, H. SATO, Y. FUCHINO, T. YOSHIDA, M. KIGUCHI, A. MAKI, M. ABE, N. TANAKA, J. Biomed. Opt., 13,   2008年10月
  • Intrinsic Correlations of Electroencephalo- graphy Rhythms with Cerebral Hemodynamics during Sleep Transitions, M. UCHIDA-OTA, N. TANAKA, H. SATO, A. MAKI, Neuroimage, 42, 357 - 368,   2008年03月
  • Anisotropic Spatial Coherence of Ongoing and Spontaneous Activities in Auditory Cortex, T. YOSHIDA, M. SAKAGAMI, T. KATURA, K. YAMAZAKI, S. TANAKA, M. IWAMOTO, N. TANAKA, Neurosci. Res., 61, 49 - 55,   2008年01月
  • Extraction of Neural Activity from In Vivo Optical Recordings Using Multiple Independent Component Analysis, T. YOSHIDA, M. SAKAGAMI, T. KATURA, K. YAMAZAKI, M. IWAMOTO, N. TANAKA, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, 127, 1642 - 1650,   2007年10月
  • Wavelet Analysis for Detecting Body-Movement Artifacts in Optical Topography Signals, H. SATO, N. TANAKA, M. UCHIDA, Y. HIRABAYASHI, M. KANAI, T. ASHIDA, I. KONISHI, A. MAKI, Neuroimage, 32, 570 - 578,   2006年06月
  • Quantitative Evaluation of Interrelations between Spontaneous Low-frequency Oscillations in Cerebral Hemodynamics and Systemic Cardiovascular Dynamics, T. KATURA, N. TANAKA, A. OBATA, H. SATO, A. MAKI, Neuroimage, 31, 1592 - 1600,   2006年04月
  • Noisy Time-Delayed Decorrelation and Its Application to Extraction of Neural Activity from Single Optical Recordings in Guinea Pigs, R. HIROSAKA, T. KATURA, H. KAWAGUCHI, N. TANAKA, M. IWAMOTO, Physica D, 194, 320 - 332,   2004年05月
  • Extraction of Fetal Electrocadiogram from Cutanieous Potential Recordings of a Pregnant Woman Using Time Delayed Decorrelation and Nonlinear Noise Reduction, N. TANAKA, M. NAITO, M. YUNOKUCHI, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, 122, 1603 - 1608,   2002年09月
  • Estimating the Active Dimension of the Dynamics in a Time Series Based on an Information Criterion, N. TANAKA, H. OKAMOTO, M. NAITO, Physica D, 158, 19 - 31,   2001年06月
  • Potential Oscillations Related to Proton Concentration in Formaldehyde Oxidation, H. OKAMOTO, N. TANAKA, M. NAITO, J. Electrochem. Soc., 147, 2629 - 2635,   2001年03月
  • Detecting and Evaluating Intrinsic Nonlinearity Present in the Mutual Dependence between Two Variables, N. TANAKA, H. OKAMOTO, M. NAITO, Physica D, 147, 1 - 11,   2000年10月
  • Dynamics of Potential Oscillations in the Electrochemical Oxidation of Formic Acid on Pt, M. NAITO, H. OKAMOTO, N. TANAKA, Phys. Chem. Chem. Phys., 2, 1193 - 1198,   2000年08月
  • Nonlinear Dynamical Analysis of Spike Generation in Electrochemical Oxidation of Formic Acid on Pt, M. NAITO, H. OKAMOTO, N. TANAKA, Chem. Phys. Lett., 319, 71 - 75,   2000年07月
  • Potential Oscillations Related to Proton Concentration in Formaldehyde Oxidation, H. OKAMOTO, N. TANAKA, M. NAITO, J. Phys. Chem. A, 103, 7343 - 7352,   2000年05月
  • General Relationship between Complex Impedance and Linear Stability in Electrochemical Systems, M. NAITO, N. TANAKA, H. Okamoto, J. Chem. Phys, 111, 9908 - 9917,   1999年11月
  • Estimating the Amplitude of Measurement Noise Present in Chaotic Time Series, N. TANAKA, H. OKAMOTO, M. NAITO, Chaos, 9, 436 - 444,   1999年07月
  • Intermittencies and Related Phenomena in the Oxidation of Formaldehyde at a Constant Current,, H. OKAMOTO, N. TANAKA, M. NAITO, J. Phys. Chem. A, 102, 7343 - 7352,   1998年10月
  • Chaotic and Periodic Potential Oscillations in Formaldehyde Oxidation, H. OKAMOTO, N. TANAKA, M. NAITO, J. Phys. Chem. A, 102, 7353 - 7361,   1998年10月
  • Chaos in the Oxidation of Formaldehyde and/or Methanol, H. OKAMOTO, N. TANAKA, M. NAITO, J. Phys. Chem. A, 101, 8480 - 8488,   1997年04月
  • Modelling Temporal Kinetic Oscillations for Electrochemical Oxidation of Formic Acid on Pt, H. OKAMOTO, N. TANAKA, M. NAITO, Chem. Phys. Lett., 248, 289 - 295,   1996年06月
  • A Way of Distinguishing Chaos from Random Fractal Sequences Based on the Difference in Time Reversal Symmetry, N. TANAKA, H. OKAMOTO, M. NAITO, Jpn. J. Appl. Phys., 34, L863 - L865,   1995年08月
  • Analogy between the Stimulus-Response Characteristics of Neuronal and Electrochemical Cells,, H. OKAMOTO, N. TANAKA, M. NAITO, Chem. Phys. Lett., 237, 432 - 436,   1995年06月
  • An Optimal Metric for Predicting Chaotic Time Series, N. TANAKA, H. OKAMOTO, M. NAITO, Jpn. J. Appl. Phys., 34, 388 - 394,   1995年03月
  • Estimating the Number of Reaction Intermediates for Formaldehyde Oxidation by Analysis of the Chaotic Behavior, H. OKAMOTO, N. TANAKA, M. NAITO, Electrochim. Acta, 39, 2471 - 2474,   1994年03月
  • Unusual Orientational Behavior of Anthraquinone Dyes in Nematic Cyanophenylcyclohexane Derivatives, S. IMAZEKI, A. MUKOH, N. TANAKA, M. KINOSHITA, Mol. Cryst. Liq. Cryst., 225, 197 - 210,   1993年10月
  • Potential Oscillation Mechanism for Formaldehyde Oxidation on Platinum, H. OKAMOTO, N. TANAKA, Electrochim. Acta, 38, 503 - 509,   1993年08月
  • Highly Oriented Polydiacetylene Monolayer Formed at the Air-Water Interface, Y. TOMIOKA, S. IMAZEKI, N. TANAKA, Chem. Phys. Lett., 174, 433 - 437,   1990年06月
  • Analysis of Cyclic Voltammograms for Polypyrrole-as- Deposited Pt/ poly [tris (4-vinyl-4'-methyl-2,2'-bipyridine) ruthenium(II) perchlorate] Electrodes, K. MURAO, N. TANAKA, K. SUZUKI, Bull. Chem. Soc. Jpn., 62, 3911 - 3918,   1989年07月
  • Surface-Pressure-Induced Reversible Color Change of a Polydiacetylene Monolayer at a Gas-Water Interface, Y. TOMIOKA, N. TANAKA, S. IMAZEKI, J. Chem. Phys., 91, 5694 - 5700,   1989年04月
  • Effects of Side-Group Interactions on Pressure- Induced Chroism of Polydiacetylene Monolayer at a Gas-Water Interface, Y. TOMIOKA, N. TANAKA, S. IMAZEKI, Thin Solid Films, 179, 27 - 31,   1989年02月
  • Far-Infrared Spectrum of 15N16O2, Y. HAMADA, N. TANAKA, M. TSUBOI,, J. Mol. Spectrosc., 131, 36 - 43,   1988年03月
  • Molecular Parameters of the v2 Band of 15N16O2, N. TANAKA, Y. HAMADA, M. TSUBOI, C. YAMADA, E. HIROTA, J. Mol. Spectrosc., 131, 44 - 52,   1988年03月
  • Photochemical Vapor Deposition of Hydrogenated Amorphous Silicon Films from Disilane and Trisilane Using a Low Pressure Mercury Lamp, K. KUMATA, U. ITOH, Y. TOYOSHIMA, N. TANAKA, H. ANZAI, M. MATSUDA, Appl. Phys. Lett., 86, 1380 - 1382,   1986年
  • Force Field in the Hydroxylamine Molecule from Ab Initio MO Calculation, N. TANAKA, Y. HAMADA, M. TSUBOI, Chem. Phys., 94, 65 - 75,   1985年07月
  • Microwave Spectrum of 15N16O2 in the Ground State, N. TANAKA, Y. HAMADA, M. TSUBOI, Y. ENDO, E. HIROTA, J. Mol. Spectrosc., 103, 87 - 94,   1984年03月
  • Force Field in the Hydrazine Molecule from Ab initio MO Calculation, N. TANAKA, Y. HAMADA, Y. SUGAWARA, M. TSUBOI, S. KATO, K. MOROKUMA, J. Mol. Spectrosc., 99, 245 - 262,   1983年03月
  • Force Field in the Methylamine Molecule from Ab initio MO Calculation,, 田中 尚樹, J. Mol. Spectrosc., 96, 113 - 330,   1982年03月

MISC

  • メンタルヘルス関連の脳機能に関する身体的側面の検討(2) (工業技術研究所プロジェクト研究報告), 川口 英夫, 田中 尚樹, 太田 昌子, カワグチ ヒデオ, タナカ ナオキ, オオタ マサコ, Hideo KAWAGUCHI, Naoki TANAKA, Masako OTA, 工業技術 : 東洋大学工業技術研究所報告, (35) 19 - 21,   2013年
  • 運動による脳賦活の加齢変化, 田中尚樹, 渕野裕, 桂卓成, 牧敦, 可視化情報学会誌, 30, (Suppl.1) 157 - 158,   2010年07月01日
  • 睡眠時局所脳血行動態と脳波振幅変動の関係, 田中 尚樹, タナカ ナオキ, Naoki TANAKA, 工業技術, (32) 49 - 52,   2010年
  • 光トポグラフィーの開発と今後の展望, 牧 敦, 木口 雅史, 田中 尚樹, 佐藤 大樹, 平林 由紀子, 桂 卓成, 小幡 亜希子, 敦森 洋和, 舟根 司, 小泉 英明, 太田 内田 真理子, 電気学会研究会資料. OQD, 光・量子デバイス研究会, 2009, (1) 37 - 40,   2009年02月13日
  • 光脳機能計測におけるヘモグロビン以外の成分の検討, 舟根 司, 佐藤 大樹, 田中 尚樹, 木口 雅史, 牧 敦, 電気学会研究会資料. OQD, 光・量子デバイス研究会, 2009, (1) 41 - 44,   2009年02月13日
  • 114 脳賦活時における脳組織酸素分圧変化の部位依存性(GS1:診断・治療のバイオメカニクス), 平井 健一郎, 山上 陽平, 正本 和人, 牧 敦, 田中 尚樹, 桂 卓成, 山崎 享子, 谷下 一夫, バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2008, (21) 27 - 28,   2009年01月22日
  • 1606 脳血行動態変化に含まれる脳活動関連成分の抽出(口頭講演,トピックスセッション:知能機械に人間の高次脳機能の知見を積極的に活用,融合した新分野を切り拓く研究・技術(2)), 桂 卓成, 佐藤 大樹, 牧 敦, 田中 尚樹, IIP情報・知能・精密機器部門講演会講演論文集, 2008,   2008年03月17日, Optical topography (OT) signals measured during an experiment using activation tasks for certain brain functions contain neuronal-activation-induced blood oxygenation changes and also physiological changes. We used independent component analysis (ICA) for separating them, and extracted components related to brain activation without using any hemodynamic models. The analysis procedure has three stages: first, OT signals are separated into independent components (ICs) by using time-delayed decorrelation algorithm. Second, task-related ICs (TR-ICs) are selected from the separated ICs based on their mean inter-trial cross-correlations. Third, the TR-ICs are categorized into two clusters by k-mean clustering method and these are classified into TR activation-related ICs (TR-AICs) and TR noise ICs (TR-NICs). We applied this procedure to analysis of the OT signals obtained from experiments with one-handed finger tapping tasks. In the averaged waveform of TR-AICs, a small overshoot can be seen a few seconds after the onsets of each task and a few seconds after the ends, while the averaged waveform of TR-NICs show an N-shaped pattern.
  • 光による脳機能のイメージングと今後の展望, 牧 敦, 川口 英夫, 木口 雅史, 田中 尚樹, 山本 由香里, 平林 由紀子, 佐藤 大樹, 桂 卓成, 小幡 亜希子, 敦森 洋和, 舟根 司, 小泉 英明, 電気学会研究会資料. OQD, 光・量子デバイス研究会, 2008, (1) 29 - 31,   2008年02月08日
  • 認知神経科学における計測方法の統合的アプローチ (第11回認知神経科学会) -- (シンポジウム 光脳機能計測信号の意味理解を目指して), 牧 敦, 小幡 亜希子, 田中 尚樹, 認知神経科学, 9, (1) 7 - 12,   2007年04月
  • D-7-13 異なった姿勢における脳血液量・循環系パラメータ変動の相互関係解析(D-7.MEとバイオサイバネティックスB(医用工学),一般講演), 柳生 明彦, 小幡 亜希子, 桂 卓成, 山崎 享子, 牧 敦, 田中 尚樹, 阿部 正紀, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2007,   2007年03月07日
  • モルモット聴覚皮質における背景活動および自発活動の異方的構造, 吉田 崇将, 桂 卓成, 山崎 享子, 岩本 光正, 田中 尚樹, 電気学会研究会資料. MBE, 医用・生体工学研究会, 2006, (51) 85 - 88,   2006年11月17日
  • D-7-2 大脳皮質聴覚野における背景的活動の異方的構造 : 位相同期性に基づく解析(D-7.MEとバイオサイバネティックスA(バイオサイバネティックス),一般講演), 坂上 正徳, 吉田 崇将, 桂 卓成, 川口 英夫, 田中 尚樹, 岩本 光正, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2006,   2006年03月08日
  • D-7-3 多重ICA法と光計測における神経活動抽出への応用(D-7.MEとバイオサイバネティックスA(バイオサイバネティックス),一般講演), 吉田 崇将, 坂上 正徳, 桂 卓成, 田中 尚樹, 岩本 光正, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2006,   2006年03月08日
  • D-7-6 脳血液量・血圧・心拍数に現れる揺らぎの伝達関数解析(D-7.MEとバイオサイバネティックスA(バイオサイバネティックス),一般講演), 柳生 明彦, 桂 卓成, 小幡 亜希子, 山崎 享子, 牧 敦, 田中 尚樹, 阿部 正紀, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2006,   2006年03月08日
  • A-2-25 脳血液量揺らぎ・呼吸変動・心拍数揺らぎ間の情報移動解析(A-2. 非線形問題, 基礎・境界), 是永 智宏, 山崎 享子, 桂 卓成, 牧 敦, 田中 尚樹, 阿部 正紀, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2005,   2005年03月07日
  • A-2-26 大脳皮質継続的活動が有する時空間特性の位相同期性に基づく評価(A-2. 非線形問題, 基礎・境界), 坂上 正徳, 廣阪 亮祐, 桂 卓成, 川口 英夫, 田中 尚樹, 岩本 光正, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2005,   2005年03月07日
  • 光トポグラフィの現状と課題, 牧 敦, 山本 剛, 佐藤 大樹, 平林 由紀子, 桂 卓成, 小幡 亜希子, 敦森 洋和, 山本 由香里, 木口 雅史, 田中 尚樹, 川口 英夫, 小泉 英明, 映像情報メディア学会技術報告, 28, (55) 1 - 4,   2004年10月05日
  • A-2-10 相互情報量および移動エントロピーに基づ<情報移動解析(A-2. 非線形問題), 是永 智宏, 田中 尚樹, 阿部 正紀, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2004,   2004年03月08日
  • A-2-12 Noisy TDD-ICAと非線形ノイズ低減による神経活動の抽出(A-2. 非線形問題), 廣阪 亮祐, 桂 卓成, 川口 英夫, 田中 尚樹, 岩本 光正, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2004,   2004年03月08日
  • A-2-30 Noisy TDD-ICA と非線形ノイズ低減による胎児心音の分離, 廣阪 亮祐, 田中 尚樹, 川口 英夫, 岩本 光正, 内藤 正美, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2003,   2003年03月03日
  • A-2-13 適応的カーネル密度推定を用いた相互情報量の評価, 倉田 真, 田中 尚樹, 川口 英夫, 阿部 正紀, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2002,   2002年03月07日
  • A-2-21 改良された相互情報量計算法, 倉田 真, 田中 尚樹, 阿部 正紀, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 2001,   2001年08月29日
  • A-2-21 情報量基準に基づく時系列からの局所的力学次元の推定, 田中 尚樹, 岡本 博司, 内藤 正美, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 2000,   2000年09月07日
  • A-2-4 時空力オス系局所予測における予測確度の改善可能性, 田中 尚樹, 岡本 博司, 内藤 正美, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 1999,   1999年08月16日
  • カオス時系列におけるノイズ振幅の推定, 田中 尚樹, 岡本 博司, 内藤 正美, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 1998,   1998年09月07日
  • 自己相似的なトラヒックを記述するためのカオス写像, 田中 尚樹, 岡本 博司, 内藤 正美, 電子情報通信学会技術研究報告. SSE, 交換システム, 97, (242) 1 - 6,   1997年08月29日, 高速ネットワークにおいて行われた大規模なトラヒック測定によって, 現実のトラヒックがバースト性, 長期依存性や自己相似性といった特徴をもつことが明らかになってきた。本報告では, あるクラスのカオス写像が, これらの特徴を記述するための良いモデルとなることを示す。さらに, 簡単なトラヒック過程に対して, これらの写像に基づくモデルを検討し, モデルの有効性を確かめる。
  • 自己相似的トラヒックのモデルとしてのカオス写像, 田中 尚樹, 岡本 博司, 内藤 正美, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 1997,   1997年08月13日, 最近行われた高速ネットワークにおけるパケット測定では, トラヒックに1)バースト性, 2)長期依存性(Joseph効果), 3)分散の発散(Noah効果), 4)二次の自己相似性等が認められる旨が報告されている。これらの性質は伝統的なトラヒックモデルが示す統計的性質とは著しく異なる。一方, これらの統計的性質を力学的過程に求めてみると, 間欠カオス過程が, これらの性質を持つ可能性がある。そこで以下では, 間欠カオスの典型的なタイプ(タイプI, III)について, 上記の性質を表現し得るかどうかを検討し, 単一サーバーにおけるトラヒックの問題に応用する。
  • 通信トラヒックのカオスモデル, 田中 尚樹, 岡本 博司, 内藤 正美, ファジィシステムシンポジウム講演論文集, 13,   1997年06月04日
  • 表面化学振動反応とマイナスの抵抗, 岡本 博司, 田中 尚樹, 内藤 正美, 表面, 34, (7) 417 - 425,   1996年07月
  • 予測の非可逆性を利用したカオスの検出, 田中 尚樹, 岡本 博司, 内藤 正美, ファジィシステムシンポジウム講演論文集, 12,   1996年06月04日
  • 同期したカオス系の制御, 田中 尚樹, 岡本 博司, 内藤 正美, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 1996,   1996年03月11日, 同期現象にはなじまないと考えられていたカオスも,システムの構成を工夫することにより,同期することが,PecoraとCarrollにより示されている。この報告では,カオス状態にあるサブシステムを同期的に制御し,全体に均一な状態を得ることは可能か,ということを調べたい。具体的には,・システムが同期したカオス状態にあるとき一部のサブシステムにだけ制御を施して,最終的に全系を多様な均一状態に制御することが可能か。・その制御過程において同期状態を損なわずに,目標を達成するための条件は何か。といったことがらを検討する。カオス制御としてOGY制御を考える。カオス状態から周期状態への転換がその内容である。本報告ではローレンツ方程式で表される系を具体例として扱い,カオス状態から1周期状態への制御を取り上げる。
  • カオス時系列の予測誤差を最小にする距離計算法, 田中 尚樹, 岡本 博司, 内藤 正美, 電気学会研究会資料. IP, 情報処理研究会, 1995, (31) 33 - 37,   1995年09月08日
  • 時間反転対称性の差異を利用したカオスとノイズの識別法, 内藤 正美, 田中 尚樹, 岡本 博司, 電気学会研究会資料. IP, 情報処理研究会, 1995, (31) 39 - 47,   1995年09月08日
  • カオスと自己相関をもつノイズの識別, 田中 尚樹, 岡本 博司, 内藤 正美, 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 95, (201) 25 - 32,   1995年08月01日, 強い自己相関をもつノイズであるランダムフラクタル列(RFS)とカオス列とを識別する方法を提案する。RFSはf^<-α>(1<α<3)の形のパワースペクトルをもつ非定常ノイズで,既存の方法ではカオスとの識別が難しい。提案する方法では,時系列変動を順方向と逆方向に予測し,両者の予測確度を比べる。散逸的なカオスでは一般に両者の予測確度が異なり、RFSではそれが一致することを示す。この方法は定常ノイズとカオスの識別にも有効である。
  • カオス時系列の予測に最適な計量, 田中 尚樹, 岡本 博司, 内藤 正美, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 1995,   1995年03月27日, カオス時系列の予測はカオスの工学的応用における中心課題の一つである。予測に局所近似を用いる際には状態空間での点間距離を求める必要が生じる。この距離の与え方,すなわち計量を工夫することで予測確度が改善されることは93年の秋季大会で報告した。同様な報告がMurrayによってもなされている。しかしそれらの報告では予測誤差を生じる原因との関連で計量の見直しが行われていなかった。そこで本報告で我々は予測誤差を最小にするという意味で最適な計量について検討する。
  • カオス時系列とランダムフラクタル時系列の識別法, 内藤 正美, 田中 尚樹, 岡本 博司, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 1995,   1995年03月27日, ある時系列の変動がカオスによるものかノイズによるものかを知ることができれば,それぞれの特徴に応じたデータ処理や機器の制御ができるので,カオスとノイズの識別は重要な課題である。これまでにも,カオスとノイズの識別法がいくつか提案されている。埋め込み次元と相関次元の関係を見る方法や,変動予測の予測期間依存性から判定する方法などがあるが,決定的な方法はまだないようである。特に,カオスと自己相関の強いノイズであるランダムフラクタル列(RFS)との識別が難しい。そこで,本報告では、この両者を容易に識別する方法を提案する。なお本方法は定常ノイズとカオスの識別にも有功である。
  • イオンチャンネル集団の開閉の時空パターンと細胞におけるその役割, 樫森 与志喜, 淵上 信子, 田中 尚樹, 内藤 正美, 神原 武志, 電気学会研究会資料. IP, 情報処理研究会, 1995, (13) 37 - 46,   1995年03月17日
  • 2D107 シアノフェニルシクロヘキサン系液晶中でのアントラキノン色素の特異な配向挙動, 今関 周治, 向尾 昭夫, 田中 尚樹, 木下 實, 液晶討論会講演予稿集, 18,   1992年09月11日

講演・口頭発表等

  • 多変数Granger因果性に基づいた前頭皮質領域での安静状態ネットワーク, 工藤晴美クリスティ,松木翔也,田中尚樹, 生体医工学シンポジウム2016,   2016年09月18日
  • 脳波のハイパーソニック効果とその要因, 三澤哲郎,吉澤優也,田中尚樹,渡邊成治,竹内修,長澤達也,八巻宏行, 生体医工学シンポジウム2016,   2016年09月17日
  • Comparison of slow fluctuations in regional cerebral blood volume in ALS patients and healthy subjects, Naoki Tanaka, Tomoaki Takemoto, Harumi Christie Kudo, Kuniaki Ozawa, Masayoshi Naito, The 39th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society,   2016年07月22日
  • Network properties of functional connectivity estimated based on high-density NIRS measurement, Harumi Christie Kudo, Shoya Matsuki, Naoki Tanaka, The 39th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society,   2016年07月22日
  • 筆跡情報を用いたメンタルヘルス不調の群分けにおける客観性のクラスタリングによる検証, 眞塩悠平,田中尚樹、川口英夫, 可視化情報シンポジウム2016,   2016年07月20日
  • Yes/No意思伝達装置の改良と意識障害者への応用, 小澤邦昭,内藤正美,田中尚樹, 可視化情報シンポジウム2016,   2016年07月20日
  • Granger因果性および移動エントロピーの比較に基づく生体信号解析, 工藤晴美クリスティ,内藤正美,山崎享子,田中尚樹, 生体医工学シンポジウム2015,   2015年09月
  • NIRS計測により推定された機能的ネットワーク構造への皮膚層の影響, 松木翔也,田中尚樹, 生体医工学シンポジウム2015,   2015年09月
  • Effect of filtering processes on Granger causality estimated by parametric and nonparametric methods, Harumi Christie Kudo, Masayoshi Naito, Kyoko Yamazaki, Tsukasa Funane, Masashi Kiguchi, Naoki Tanaka, The 38th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society,   2015年07月
  • Estimation of functional connectivity in frontal cortical area based on high-density NIRS measurement, Syoya Matsuki, Tomoya Terui, Tsukasa Funane, Masashi Kiguch, 第38回日本神経科学大会,   2015年07月
  • Effect of mental stress on functional connectivity in the frontal cortical area, Naoki Tanaka, Kyoko Yamazaki, Shoya Matsuki, Tsukasa Funane, Msashi Kiguchi, 第38回日本神経科学大会,   2015年07月
  • 定量的な前額部皮膚血流量変化がNIRS信号に及ぼす影響, 平澤愛, 柳澤慎太郎, 田中尚樹, 舟根司, 木口雅史, 小河繁彦, 体力科学,   2013年12月01日
  • 運動による脳酸素化動態の変化は脳血流量に依存する, 宮澤太機, 堀内雅弘, 一川大輔, 佐藤耕平, 田中尚樹, BAILY M Damian, 小河繁彦, 体力科学,   2011年12月01日
  • 1029 睡眠時の局所脳ヘモダイナミクスの揺らぎ(OS26:脳機能およびその光計測), 仙石 淳子, 内藤 正美, 内田 真理子, 田中 尚樹, 桂 卓成, 佐藤 大樹, 山崎 享子, 牧 敦, バイオエンジニアリング講演会講演論文集,   2010年01月08日
  • 睡眠時の局所脳ヘモダイナミクスの揺らぎ, 仙石淳子, 内藤正美, 内田真理子, 田中尚樹, 桂卓成, 佐藤大樹, 山崎享子, 牧敦, バイオエンジニアリング講演会講演論文集,   2010年01月08日

特許

  • 評価機能付き生体光計測装置, 桂卓成, 田中尚樹, 牧敦, 木口雅史, 佐藤大樹, 敦森洋和, 特願2008-226891, 特許5388511
  • 生体光計測装置, 舟根司, 田中尚樹, 牧敦, 特願2008-121773, 特許5303184
  • 生体光計測装置, 舟根司, 田中尚樹, 小泉英明, 牧敦, 特願2007-270819, 特許5094326
  • 生体計測装置, 田中尚樹, 木口雅史, 川崎真護, 市川祝善, 川口文男, 特願2009-515102, 特許5043107
  • 生体光計測装置, 川崎真護, 田中尚樹, 特願2005-513888, 特許4555230
  • 疾患判定支援システム, 川崎真護, 市川祝善, 川口文男, 川口英夫, 田中尚樹, 三國雅彦, 福田正人, 特願2007-513888, 特許4518281
  • 光計測装置, 川崎真護, 市川祝善, 田中尚樹, 特願2003-381910, 特許4474145