詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

小林 和馬コバヤシ カズマ

所属・担当
経済学部総合政策学科
現代社会総合研究所
職名助教
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/04/24

研究者基本情報

学歴

  •  - 2014年, 中央大学, 経済学研究科, 経済学専攻
  •  - 2005年, 中央大学, 経済学研究科, 公共経済専攻
  •  - 2003年, 中央大学, 経済学部, 経済学科 経済学専攻
  •  - 1996年, 岩手県立盛岡第三高等学校

学位

  • 博士(経済学), 中央大学
  • 修士(経済学), 中央大学

所属学協会

  • 公益事業学会
  • Industrial Organization Society
  • 日本政策学会
  • 国際公共経済学会
  • American Economic Association

委員歴

  •   2014年, 日本政策学会, 一般会員
  •   2014年, 国際公共経済学会, 一般会員

経歴

  • 中央大学 経済学部, 助教C
  •   2014年04月, ~ 中央大学経済学部助教

研究活動情報

研究分野

  • 経済学, 経済政策
  • 経済学, 応用経済学

研究キーワード

    情報通信政策, 産業組織論

MISC

  • EMPIRICAL CONSIDERATION ON EFFECTS OF BIT/DATA CAP IN TELECOMMNICATIONS OPERATOR, Kazuma Kobayashi, The International Journal of Economic Policies, (7) 136 - 151,   2013年07月
  • 日本における移動体データ通信サービス料金に対するインセンティブの検討, 小林和馬, 国際公共経済研究, (23) 210 - 220,   2012年09月
  • 英国固定電話事業におけるプライス・キャップ規制を通じたインセンティブ規制の再検討, 小林和馬, 中央大学大学院研究年報, (40) 25 - 41,   2011年02月
  • 移動体通信市場におけるビル・アンド・キープによる互恵的アクセス・ルールの検討, 小林和馬, 中央大学大学院研究年報, (39) 38 - 47,   2010年02月

講演・口頭発表等

  • INCENTIVES OF YEAR(S)CONTRACTS WITH EARLY TERMINATION FEE IN TELECOMMUNICATIONS, 11TH International Conference of the Japan Economic Policy Association,   2012年
  • 日本における移動体データ通信サービス料金に対するインセンティブの検討, 国際公共経済学会26回研究大会,   2011年
  • EMPIRICAL CONSIDERATION ON EFFECTS OF BIT/DATA CAP IN TELECOMMNICATIONS OPERATORS, 10TH International Conference of the Japan Economic Policy Association,   2011年
  • 移動体通信事業者による消費者との加入契約条件の慣行に対する政策の検討, 日本経済政策学会68回全国大会,   2011年
  • 報酬率規制を用いた2部料金制の検討, 国際公共経済学会25回研究大会,   2010年

競争的資金

  • 公益事業における比較制度分析
  • 情報通信政策の経済分析