詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

生貝 直人イケガイ ナオト

所属・担当
経済学部総合政策学科
経済学研究科経済学専攻
グローバル・イノベーション学研究センター
職名准教授
メールアドレスikegai[at]gmail.com ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURLhttp://ikegai.jp/
生年月日
Last Updated :2019/12/07

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール: 1982年生まれ。2005年慶應義塾大学総合政策学部卒業、2012年東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。博士(社会情報学)。東京大学大学院情報学環客員准教授、東京芸術大学特別研究員等を兼務。国立情報学研究所特任研究員、東京大学附属図書館・大学院情報学環特任講師、情報通信総合研究所研究員等を経て2018年4月より現職。著書に『情報社会と共同規制』等。専門分野は情報政策の国際比較。東京都中央区に在住。

学歴

  • 2007年04月 - 2012年03月, 東京大学, 大学院学際情報学府 博士課程
  • 2005年04月 - 2007年03月, 東京大学, 大学院学際情報学府 修士課程
  • 2001年04月 - 2005年03月, 慶應義塾大学, 総合政策学部

学位

  • 博士(社会情報学), 東京大学

所属学協会

  • 文化政策学会
  • 情報ネットワーク法学会
  • 国際公共経済学会
  • 情報社会学会
  • 情報通信学会

委員歴

  •   2019年10月 - 現在, 内閣官房デジタル市場競争本部, デジタル市場競争会議ワーキンググループ 議員
  •   2019年08月 - 現在, 国立国会図書館, 科学技術情報整備審議会 専門委員
  •   2019年03月 - 2019年04月, 経済産業省・公正取引委員会・総務省, デジタル・プラットフォーマーを巡る取引環境整備に関する検討会 データの移転・開放等の在り方に関するワーキング・グループ 委員
  •   2018年11月 - 2019年04月, 経済産業省・公正取引委員会・総務省, デジタル・プラットフォーマーを巡る取引環境整備に関する検討会 委員
  •   2018年10月 - 現在, 総務省, プラットフォームサービスに関する研究会 構成員
  •   2018年07月 - 現在, 経済産業省産業構造審議会, 臨時委員(商務流通情報分科会 Connected Industriesにおける共通商取引ルール検討小委員会委員)
  •   2018年12月 - 2019年03月, 厚生労働省, 障害福祉関係データベースの構築に向けた調査研究検討会 委員
  •   2018年11月 - 2019年03月, 総務省, 教育現場におけるクラウド活用の推進に関する有識者会合 構成員
  •   2018年04月 - 2019年03月, 内閣府消費者委員会, 専門委員(オンラインプラットフォームにおける取引の在り方に関する専門調査会委員)
  •   2018年04月 - 現在, 文化庁文化審議会著作権分科会, 専門委員(法制・基本問題小委員会委員)
  •   2019年02月 - 2019年03月, 経済産業省, RegTech /SupTechに係る今後の在り方に関する検討会 委員
  •   2018年04月 - 2018年06月, 総務省情報通信審議会, 情報通信政策部会 IoT新時代の未来づくり検討委員会 データ主導時代の産業政策SWG 委員
  •   2017年10月 - 現在, 内閣府知的財産戦略本部, デジタルアーカイブジャパン実務者検討委員会 委員
  •   2017年09月 - 2018年03月, 経済産業省・総務省, データポータビリティに関する調査検討会 構成員
  •   2017年03月 - 現在, 一般社団法人シェアリングエコノミー協会, シェアリングエコノミー認証委員会 委員
  •   2016年09月 - 2017年03月, 内閣府知的財産戦略本部, メタデータのオープン化等検討ワーキンググループ 構成員
  •   2016年07月 - 現在, 内閣官房IT総合戦略本部, シェアリングエコノミー検討会議 構成員
  •   2015年09月 - 2017年03月, 内閣府知的財産戦略本部, デジタルアーカイブの連携に関する実務者協議会 構成員
  •   2015年07月 - 2017年03月, 産業競争力懇談会, IoT時代におけるプライバシーとイノベーションの両立 プロジェクトメンバー
  •   2014年10月 - 2015年09月, 東京大学産学連携本部, 集めないビッグデータコンソーシアム 学側メンバー
  •   2014年10月 - 2015年09月, 総合研究開発機構, 日本における学術智場の将来性に関する研究 プロジェクトメンバー
  •   2014年11月 - 2015年03月, 国土地理院, 地理空間情報の共有・相互利用促進に関する専門部会 運用ルール検討チーム 委員
  •   2013年07月 - 2014年03月, 日本総合研究所, 大規模災害時における医療・救護情報システム研究会 制度・運用検討WG 委員
  •   2013年04月 - 2014年12月, 情報ネットワーク法学会, ソーシャルメディア社会における情報流通と制度設計研究会 委員
  •   2012年12月 - 現在, 国際公共経済学会, 次世代研究部会 企画委員・運営委員
  •   2013年11月 - 2014年03月, 国土地理院, 地理空間情報の共有・相互利用促進に関する専門部会 運用ルール検討チーム 委員
  •   2013年11月 - 2014年03月, 総務省, ホームネットワーク検討会 委員
  •   2012年11月 - 2013年03月, 国土地理院, 地理空間情報の共有・相互利用促進に関する専門部会 運用ルール検討チーム 委員
  •   2012年09月 - 2013年03月, 経済産業省, ネットワーク系ゲーム環境研究会 委員
  •   2012年08月 - 2013年03月, 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC), 情報銀行研究会 制度ワーキンググループ 委員
  •   2012年06月 - 2013年03月, 独立行政法人情報処理推進機構(IPA), 専門委員
  •   2010年04月 - 2011年03月, 財団法人デジタルコンテンツ協会, 法的環境整備委員会 委員

経歴

  •   2019年12月 - 現在, 内閣官房, 情報通信技術(IT)総合戦略室, 情報通信技術(IT)参与
  •   2018年06月 - 現在, 東洋大学, グローバル・イノベーション学研究センター, 研究員
  •   2018年04月 - 現在, 東洋大学, 経済学部総合政策学科, 准教授
  •   2017年06月 - 現在, 理化学研究所, 革新知能統合研究センター, 客員研究員
  •   2016年06月 - 2018年03月, 東京工業大学, リベラルアーツセンター, 非常勤講師
  •   2016年05月 - 2016年12月, 筑波大学, 大学院図書館情報メディア研究科, 非常勤講師
  •   2016年04月 - 2018年03月, 情報通信総合研究所, 法制度研究部, 研究員
  •   2016年04月 - 現在, 東京大学, 大学院情報学環, 客員准教授
  •   2014年10月 - 2015年09月, 総合研究開発機構, 客員研究員
  •   2014年09月 - 2015年03月, 国立国会図書館, 調査及び立法考査局, 非常勤調査員
  •   2014年04月 - 2016年03月, 東京大学, 附属図書館新図書館計画推進室・大学院情報学環, 特任講師
  •   2014年04月 - 2016年03月, 情報・システム研究機構, 共同研究員
  •   2013年10月 - 2017年03月, 科学技術振興機構, さきがけ研究員(ビッグデータ基盤領域)
  •   2012年06月 - 2014年03月, 情報・システム研究機構, 新領域融合研究センター/国立情報学研究所, 融合プロジェクト特任研究員
  •   2012年04月 - 2014年03月, 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科, 特任助教
  •   2011年06月 - 現在, 総務省情報通信政策研究所, 特別フェロー、2014年4月より特別主任研究員
  •   2011年05月 - 現在, 東京藝術大学 総合芸術アーカイブセンター, 特別研究員
  •   2010年04月 - 2011年03月, 実践女子大学, 非常勤講師(知的財産論)
  •   2009年04月 - 現在, 特定非営利活動法人クリエイティブ・コモンズ・ジャパン(2013年4月より特定非営利活動法人コモンスフィアに名称変更), 理事、2014年4月よりフェロー
  •   2009年04月 - 2011年03月, 相模女子大学, 非常勤講師(産業組織論、マクロ経済学)
  •   2007年04月 - 2012年05月, 株式会社KDDI総研, 特別研究員
  •   2007年04月 - 2012年03月, 慶應義塾大学SFC研究所, 上席所員(訪問)
  •   2005年09月 - 2009年03月, 慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構, リサーチ・アシスタント
  •   2005年07月 - 2007年03月, 国際大学GLOCOM, リサーチ・アソシエイト
  •   2005年04月 - 2007年03月, 慶應義塾大学SFC研究所, 所員(訪問)

研究活動情報

研究分野

  • 法学, 新領域法学, 情報通信政策
  • 情報学, 図書館情報学・人文社会情報学

研究キーワード

    電子図書館, デジタルアーカイブ, 共同規制, 表現の自由, 英米法, EU法, ソフトロー, 情報法, インターネットガバナンス, 自主規制, プライバシー, 著作権, 情報通信政策

MISC

  • EUおよびわが国におけるプラットフォーム規制の状況, 生貝直人, 現代消費者法, 44,   2019年09月, 招待有り
  • 通信分野の個人情報保護と利活用 : プラットフォームによる/に対する/を通じた統治, 生貝 直人, ジュリスト, (1534) 26 - 31,   2019年07月, 招待有り
  • 鼎談 EU新著作権指令の意義, 生貝 直人, 曽我部 真裕, 中川 隆太郎, ジュリスト, (1533) 2 - 5,52-63,   2019年06月
  • プラットフォーム企業によるデータ寡占への政策的対応 ~EU一般データ保護規則とデジタル単一市場戦略~, 生貝直人, 日立総研, 13, (4) 24 - 27,   2019年02月, 招待有り
  • AIと社会と法 : パラダイムシフトは起きるか?(NUMBER 02)データの流通取引 : 主体と利活用, 宍戸 常寿, 大屋 雄裕, 小塚 荘一郎, 佐藤 一郎, 生貝 直人, 市川 芳治, 論究ジュリスト = Quarterly jurist, (26) 114 - 130,   2018年08月, 招待有り
  • 第四次産業革命でデータポータビリティーは不可欠なものに : EUでは、個人主導型のデータ利活用を促すGDPRを制定 (特集 社会を変えるデータ利活用), 生貝 直人, 金融財政事情, 69, (30) 12 - 15,   2018年08月06日
  • 新人権宣言 情報社会、規制が自由守る, 生貝直人, 朝日新聞, 2018年8月22日朝刊,   2018年08月, 招待有り
  • フェイスブック問題を考える(下) 基盤企業の統治 国際協調で, 生貝直人, 日本経済新聞, 2018年5月19日朝刊,   2018年05月, 招待有り
  • デジタルアーカイブに関連する法政策の状況と今後の論点, 生貝 直人, デジタルアーカイブ学会誌, 1, (1) 32 - 34,   2017年11月
  • EU「個人データ保護」新法の衝撃, 生貝直人, 週刊東洋経済,   2017年08月, 招待有り
  • パーソナルデータの利活用とデータポータビリティの権利, 生貝直人, 慶應義塾大学SFC研究所 平成28年度アグリプラットフォームコンソーシアム年次報告書,   2017年03月, 招待有り
  • デジタルアーカイブと法政策:統合ポータル、著作権、全文検索, 生貝直人, 大学図書館研究, (106) 11 - 18,   2016年11月, 査読有り, 招待有り
  • EU一般データ保護規則の可決と今後の論点, 生貝 直人, 行政&情報システム, 52, (5) 43 - 46,   2016年10月, 招待有り
  • ナショナルデジタルアーカイブの条件について, 生貝直人, 金沢21世紀美術館研究紀要『アール』, (6) 6 - 14,   2016年07月, 招待有り
  • 個人データ解析 規律必要, 生貝直人, 読売新聞 2016年3月24日 朝刊解説面,   2016年03月, 招待有り
  • オープンなデジタルアーカイブに向けた日米欧の法政策, 生貝直人, 慶應義塾大学DMC紀要, 3, (1) 5 - 12,   2016年03月, 招待有り
  • デジタルアーカイブと著作権に関する国内外の動向, 生貝直人, 図書館界, 67, (6) 346 - 352,   2016年03月, 招待有り
  • 改正個人情報保護法、そして民間主導のゆくえ, 生貝直人, NBL, 1051,   2015年10月, 招待有り
  • 文化芸術デジタルアーカイブと著作権−総合芸術アーカイブセンターにおける実践と比較法的観点からの覚書−, 生貝直人, 東京藝術大学社会連携センター紀要bulletin, (1) 17 - 31,   2015年08月, 査読有り
  • 第5章 文化資源のオープン化と利活用, 生貝直人, 総合研究開発機構 日本における学術智場の将来性に関する研究 報告書『孤立する日本の研究プラットフォーム-放置すれば日本の科学そのものが衰退する-』,   2015年06月
  • パネルディスカッション デジタル文化資源の収集・提供・活用の未来 (デジタル文化資源の情報基盤を目指して Europeanaと国立国会図書館サーチ), 原田隆史、プール ニック、生貝直人ほか, 国立国会図書館月報, (649) 11 - 12,   2015年04月
  • 基調講演 オープンデータの潮流とEuropeana (デジタル文化資源の情報基盤を目指して Europeanaと国立国会図書館サーチ) -- (ヨーロッパの現在), 生貝 直人, 国立国会図書館月報, (649) 5 - 5,   2015年04月
  • デジタルアーカイブと電子書籍の導入とその実際, 花田一郎, 星名信太郎, 吉井順一, 新名新, 生貝直人, 生貝直人, 高山正也, 全国図書館大会記録, 100th,   2015年03月10日
  • データ利活用に関わるプライバシー・個人情報の保護, 生貝直人, 国立国会図書館 科学技術に関する調査プロジェクト「情報通信をめぐる諸課題」調査報告書,   2015年03月, 招待有り
  • デジタルアーカイブと利用条件, 生貝直人, 国立国会図書館カレントアウェアネス, 322,   2014年12月, 招待有り
  • シンポジウム オープンプライバシーの諸問題 : ソーシャルメディア社会における情報流通と制度設計 中間報告, 生貝直人、一戸信哉、木村昭悟、藤代裕之、山口浩, 情報ネットワーク・ローレビュー, 13, (1) 200 - 223,   2014年10月
  • 2045年世界と日本のICT : 技術と競争 (国際公共経済学会 第28回研究大会 シンポジウム), 中村 伊知哉, 生貝 直人, 稲見 昌彦, 国際公共経済研究, (25) 231 - 249,   2014年09月
  • オープンデータと図書館―最新の海外事例と動向, 生貝直人, 国立国会図書館 びぶろす-Biblos,   2014年07月, 招待有り
  • 忘れられる権利 生貝・東大大学院特任講師に聞く, 生貝直人, 毎日新聞,   2014年06月, 招待有り
  • 第2回OpenGLAM JAPANシンポジウム オープンデータ化がもたらすアーカイブの未来, 生貝 直人, 日下 九八, 高野 明彦, LRG = ライブラリー・リソース・ガイド : library resource guide, (9) 7 - 38,   2014年
  • プライバシー共同規制の近年の動向, 生貝直人, 電子情報通信学会信学技報, 113, (274) 13 - 18,   2013年10月
  • EUのオープンデータ政策と文化芸術デジタルアーカイブ, 生貝直人, 行政&情報システム, 2013年10月号,   2013年10月, 招待有り
  • サイバーセキュリティ問題の分散型多元制約最適化によるモデル化と解法, 沖本天太、生貝直人、トニー・リベイロ、井上克巳、岡田仁志、丸山宏, 第12回情報科学技術フォーラム (FIT 2013) N-016,   2013年09月
  • 国立情報学研究所 生貝直人氏に聞く: オープンデータ政策と文化芸術デジタルアーカイブ──EU「公共セクター情報の再利用指令」改正を受けて, 生貝直人, artscape,   2013年08月
  • Cyber Security Problem based on Multi-Objective Distributed Constraint Optimization Technique, Tenda Okimoto, Naoto Ikegai, Tony Ribeiro, Katsumi Inoue, Hitoshi Okada, Hiroshi Maruyama, The 43rd Annual IEEE/IFIP International Conference on Dependable Systems and Networks, Workshop on Systems Resilience (Budapest/Hungary),   2013年06月, 査読有り
  • 法制度からオープン・データを考える, 生貝直人, SYNODOS,   2013年05月, 招待有り
  • 著作権:著作物やデータの二次利用促進に関わる技術・政策, 生貝直人, 科学技術振興機構 研究開発戦略センター「研究開発の俯瞰報告書 電子情報通信分野(2013年)」,   2013年03月, 招待有り
  • プライバシー:ライフログ技術におけるプライバシー保護に関わる技術・政策, 生貝直人, 科学技術振興機構 研究開発戦略センター「研究開発の俯瞰報告書 電子情報通信分野(2013年)」,   2013年03月, 招待有り
  • 【生貝直人氏インタビュー】情報社会でいかにルールを作るのか──共同規制、プライバシー、クリエイティブ・コモンズ, 生貝直人, ソフトバンク ビジネス+IT,   2012年07月
  • 公私の共同規制によるインターネット・ガバナンスー日米欧の国際比較制度研究ー, 生貝直人, 東京大学大学院学際情報学府博士論文、平成24年度学府長賞受賞,   2012年04月
  • 情報社会における公私の共同規制についての基礎的考察 ―背景、構造要件、リスク、政府関与―, 生貝直人, KDDI総研R&A, 2011年8月号,   2011年08月
  • EU視聴覚メディアサービス指令の英国における共同規制を通じた国内法化, 生貝直人, 情報ネットワーク・ローレビュー, 10, (1) 1 - 18,   2011年05月, 査読有り
  • 著作権と自主・共同規制ープロバイダ責任制限法制の現代的課題を中心にー, 生貝直人, Nextcom, (5) 22 - 29,   2011年03月, 招待有り
  • オンライン・プライバシーと自主規制―欧米における行動ターゲティング広告への対応―, 生貝直人, 情報通信学会誌, (96) 105 - 113,   2011年02月, 査読有り
  • 講演会 第578回例会 学術情報と著作権の新たな動き : クリエイティブ・コモンズとサイエンス・コモンズ, 生貝 直人, 神資研, (46) 27 - 33,   2011年
  • プロバイダ責任制限法制と自主規制の重層性―欧米の制度枠組と現代的課題を中心に―, 生貝直人, 情報通信政策レビュー, (2) 1 - 29,   2011年01月, 査読有り
  • 2010年代のデジタルコンテンツ法制―公私の共同規制アプローチとその限界―, 生貝直人, 財団法人デジタルコンテンツ協会 法的環境整備委員会2010年度報告書『コンテンツに係る知的創造サイクルの好循環に資する法的環境整備に関する調査研究ーコンテンツをめぐる法的環境のこの10年とこれからー』,   2011年03月
  • Asia Cloud Manifesto, Junghoon Kim, Tomoaki Watanabe, Naoto Ikegai, 慶應義塾大学SFC研究所プラットフォームデザイン・ラボ,   2010年11月
  • 電子書籍に関する困難な課題群ープライバシー、私的検閲、文化的主権ー, 生貝直人, .review, (2) 53 - 57,   2010年12月, 招待有り
  • モバイルコンテンツの青少年有害情報対策における代替的規制--英米の比較分析を通じて, 生貝 直人, 国際公共経済研究, (21) 92 - 102,   2010年09月, 査読有り
  • SNSの法的問題と欧米における自主規制による対応, 生貝直人, R&A, 2010年8月号,   2010年08月
  • 第5章 Google Book Search事件で生じた課題の整理, 生貝直人, 財団法人デジタルコンテンツ協会 法的問題検討委員会2009年度報告書『コンテンツに係る知的創造サイクルの好循環に資する法的環境整備に関する調査研究ーGoogle Book Search 事件に係る経過・反響・課題ー』,   2010年03月
  • オンライン上のゲートキーピングの歴史(1・2・3), Jonathan Zittrain著、成原慧・酒井麻千子・生貝直人・工藤郁子訳, 北海道大学知的財産法政策学研究,   2010年03月

書籍等出版物

  • デジタルアーカイブ・ベーシックス 1 権利処理と法の実務
    福井健策 監修/数藤雅彦 責任編集
    分担執筆序章「デジタルアーカイブの構築に関わる法制度の概観」pp.1-14勉誠出版  2019年03月
  • メディア判例百選 第2版
    長谷部 恭男, 山口 いつ子, 宍戸 常寿(編)
    分担執筆インターネットショッピングモールの運営と商標権侵害有斐閣  2018年12月
  • メタデータとウェブサービス (わかる! 図書館情報学シリーズ 3)
    日本図書館情報学会研究委員会 編
    分担執筆第5章「ウェブサービス・プラットフォームの事例」pp.181-195.勉誠出版  2016年11月
  • ハイブリッド・リーディング 新しい読書と文字学 (叢書セミオトポス)
    杉浦康平, 石田英敬, ベルナール・スティグレール, キム・ソンド, 西兼志, 阿部卓也, 谷島貫太, 生貝直人, 野網摩利子, 水島久光, 伊藤未明, 岡安裕介, 佐古仁志, 大久保美紀, 松井康治, 吉岡洋, 新保韻香
    共著新曜社  2016年09月05日
  • スパム[spam]: インターネットのダークサイド
    フィン・ブラントン
    監修河出書房新社  2015年12月
  • ソーシャルメディア論: つながりを再設計する
    藤代裕之(編著)
    分担執筆第12章「共同規制-ルールは誰が作るのか」pp.193-204.青弓社  2015年10月
  • よくわかる社会情報学 (やわらかアカデミズム・〈わかる〉シリーズ)
    西垣通・伊藤守編著
    分担執筆「政府規制・自主規制・共同規制」pp.164-165.ミネルヴァ書房  2015年05月
  • 憲法の規範力とメディア法 (講座 憲法の規範力 【第4巻】)
    ドイツ憲法判例研究会(編)
    分担執筆第3章「インターネットの自主規制・共同規制」pp.63-85.信山社  2015年04月
  • クラウド時代の著作権法: 激動する世界の状況 (KDDI総研叢書)
    小泉 直樹, 奥邨 弘司, 駒田 泰土, 張 睿暎, 生貝 直人, 内田 祐介
    共著第5章「諸外国におけるオープンデータ政策と著作権」pp.135-156.勁草書房  2013年07月
  • デジタルコンテンツ法制
    増田雅史, 生貝直人
    共著第Ⅲ章『2010年代のデジタルコンテンツ法制』pp.127-185.朝日新聞出版  2012年03月
  • 「統治」を創造する 新しい公共/オープンガバメント/リーク社会
    西田 亮介, 塚越 健司, 谷本 晴樹, 淵田 仁, 吉野 裕介, 藤沢 烈, 生貝 直人, イケダハヤト, 円堂 都司昭
    共著第7章「オープンガバメントと著作権」pp.255-281.春秋社  2011年12月
  • 情報社会と共同規制: インターネット政策の国際比較制度研究
    生貝直人
    単著勁草書房  2011年10月2012年電気通信普及財団テレコム社会科学賞奨励賞、2012年国際公共経済学会学会賞
  • 知的財産88の視点
    隅藏 康一, 日本知財学会知財学ゼミナール
    税務経理協会  2007年11月

講演・口頭発表等

  • メタデータ等のオープン化に関わる諸外国の動向と我が国の対応のあり方について, 生貝直人, 内閣官房知的財産戦略本部 デジタルアーカイブの連携に関わる実務者協議会 第1回会合,   2015年11月25日
  • オープンなデジタルアーカイブに向けた日米欧の法政策, 生貝直人, 慶應義塾大学DMC研究センターシンポジウム「多面的アーカイヴから広がる新しいミュージアム世界」,   2015年11月24日, 招待有り
  • 東大新図書館ハイブリッド図書館に向けた試み, 生貝直人, 東京大学附属図書館シンポジウム「21世紀の図書館の指針-ドイツにおけるグリーンライブラリー、ハイブリッドライブラリーの実践-」,   2015年11月03日
  • デジタルアーカイブと著作権に関する国内外の動向, 生貝直人, 日本図書館問題研究会 2015年度図書館学セミナー「図書館に関係する著作権の動向2015」,   2015年10月24日, 招待有り
  • 個人の自己決定を尊重することでパーソナルデータ流通を拡大する制度へ, 生貝直人, 日経ビッグデータカンファレンス2015「VRMが拓く三方良しの新たなビジネスモデル」,   2015年09月14日
  • 世界各国におけるデジタルアーカイブの現状と法的側面, 生貝直人, 大学図書館問題研究会 関東五支部合同例会,   2015年03月14日, 招待有り
  • アーカイブをめぐる国際的動向と我が国の現状と課題, 生貝直人, 内閣官房知的財産戦略本部 検証・評価・企画委員会,   2015年02月09日, 招待有り
  • オープンデータの潮流とEuropeana, 生貝直人, 国立国会図書館 国際シンポジウム「デジタル文化資源の情報基盤を目指して:Europeanaと国立国会図書館サーチ」 ,   2015年01月22日, 招待有り
  • サイバーセキュリティとプライバシー・通信の秘密のトレードオフに関わる消費者受容について , 生貝直人、吉田智彦、岡田仁志, 情報ネットワーク法学会 第14回研究大会,   2014年12月07日
  • ビッグデータと共同規制, 生貝直人, 統計数理研究所シンポジウム「ビッグデータは社会に何をもたらすのか ~統計学と計算科学の知見から~」,   2014年11月29日, 招待有り
  • 問題提起:日本版ヨーロピアナと大学・図書館の役割, 生貝直人, 第16回図書館総合展フォーラム「日本版ヨーロピアナに向けての大学・図書館の役割」,   2014年11月05日
  • 海外におけるパーソナルデータの取り扱いーグローバル共同規制の観点からー, 生貝直人, 東京大学産学連携本部「集めないビッグデータコンソーシアム」全体会議,   2014年10月27日
  • デジタル・クラウド環境におけるクリエイターへの対価還元に向けて, 生貝直人, 慶應義塾大学SFC研究所プラットフォームデザインラボ シンポジウム「クラウドサービスと著作権 ―今後のコンテンツの流通促進およびクリエイターへの対価還元に向けて―」,   2014年09月29日, 招待有り
  • OpenGLAM、そして「日本版ヨーロピアナ」の条件についての覚書, 生貝直人, 第2回OpenGLAM JAPANシンポジウム「オープンデータ化のもたらすアーカイブの未来」,   2014年09月27日, 招待有り
  • デジタルアーカイブと著作権 - 日本版ヨーロピアナの実現に向けて, 生貝直人, アートドキュメンテーション学会 第47回デジタルアーカイブサロン,   2014年07月11日, 招待有り
  • オンライン・プライバシーと共同規制ー米国・EUにおける近年の動向を中心にー, 生貝直人, 第2回Innovation Nippoシンポジウム「パーソナルデータ活用の運用ルールづくりに 多様な知識をどう活かすか ~マルチステークホルダー・プロセスの設計と運用~」,   2014年06月24日, 招待有り
  • EUにおけるオープンデータ政策とクリエイティブ・コモンズ・ライセンス, 生貝直人, 横浜オープンデータソリューション発展委員会「文化機関におけるオープンデータの実践と今後の展望」,   2013年08月23日, 招待有り
  • How to make Information Society Resilient, Naoto Ikegai, International Workshop on Systems Resilience,   2013年08月01日
  • オープンアクセスジャーナルと著作権, 生貝直人, 日本疫学会 Journal of Epidemiology 特別セミナー,   2013年01月24日, 招待有り
  • 国際的なブロッキングの動き(ACTA/TPP), 生貝直人, Internet Week 2012 「インターネットをめぐる国際的な規制の動向」,   2012年11月20日, 招待有り
  • EU・米国におけるプライバシー政策の動向, 生貝直人, 慶應義塾大学ネットイノベーション研究コンソーシアム シンポジウム「イノベーション指向のプライバシー」,   2012年10月19日
  • 公私の共同規制による情報社会のルール形成, 生貝直人, 情報セキュリティワークショップ2012 in 越後湯沢,   2012年10月13日, 招待有り
  • EUにおけるプライバシー保護法制とバイオメトリクス技術, 生貝直人, 第14回自動認識総合展 自動認識セミナー,   2012年09月, 招待有り
  • “忘れられる権利”はネット社会を変えるか?, 生貝直人, NHKクローズアップ現代,   2012年06月26日
  • オープンガバメントと著作権, 生貝直人, G空間EXPO2012 社会基盤情報流通推進協議会シンポジウム「オープンガバメントの先にあるビジネスチャンス ~行政情報から始まるイノベーション~」,   2012年06月21日, 招待有り
  • インターネットと共同規制―私人による秩序形成と国家の補完的役割, 生貝直人, 日本公共政策学会2012年度研究大会 パネル討論「ガバナンスの創造とpublic/private概念の再構築」,   2012年06月17日
  • インターネットと政府規制・自主規制・共同規制, 生貝直人, 慶應義塾大学環境情報学部「情報と倫理」,   2012年06月07日, 招待有り
  • 芸術活動と著作権, 生貝直人, 東京藝術大学芸術情報センター「芸術情報概論A」,   2012年05月12日
  • 情報社会におけるガバナンスの創造―「規制の民営化」に向けての視座―, 生貝直人, 国際公共経済学会シンポジウム「public/private概念の再構築とガバナンスの創造」,   2012年03月, 招待有り
  • クリエイティブ・コモンズ—保護と利用の両立を図る柔軟な著作権枠組—, 生貝直人, 富山大学芸術文化学部知的財産セミナー,   2012年02月, 招待有り
  • 諸外国のアーカイブ政策とその制度的課題—孤児作品、集中権利管理、公共貸与権制度—, 生貝直人, P+ARCHIVEレクチャー&ワークショップ2011 実践アート・アーカイビング「アーカイブの公開と法」,   2012年02月, 招待有り
  • 「統治」を創造する ―新しい公共、オープンガバメント、リーク社会, 生貝直人, 尾崎行雄記念財団「咢堂塾21」特別シンポジウム,   2012年01月, 招待有り
  • インターネットと共同規制, 生貝直人, ドイツ憲法判例研究会 メディア部会研究会,   2011年12月, 招待有り
  • 著作権侵害の媒介者責任に関わる規制手法の選択論, 生貝直人, 情報通信政策研究会議,   2011年12月, 招待有り
  • プロバイダ責任制限法制と自主規制の重層性, 生貝直人, 情報ネットワーク法学会 著作権研究会,   2011年09月, 招待有り
  • 情報通信政策と共同規制, 生貝直人, 2011年度日本社会情報学会(JSIS&JASI)合同研究大会 ワークショップ「情報社会における間接規制、共同規制、ゲートキーパー規制」,   2011年09月
  • Google Books問題にみるアーカイブ政策の課題と展望, 生貝直人, 東京大学情報学環教育部「実践情報社会論I」第11回講義,   2011年07月, 招待有り
  • プロバイダ責任制限法制と公私の共同規制 —著作権、プライバシー、表現の自由の相克—, 生貝直人, 情報通信学会第28回学会大会,   2011年07月
  • 学術情報と著作権の新たな動き  クリエイティブ・コモンズとサイエンス・コモンズ, 生貝直人, 神奈川県資料室研究会,   2011年06月, 招待有り
  • デジタル時代の「創造性」をめぐるルール, 生貝直人, 京都精華大学「芸術研究科表現領域特講3」,   2011年06月, 招待有り
  • インターネット規制のコントロール・ポイント―著作権・プライバシー・表現規制―, 生貝直人, 情報通信学会ICT将来政策研究会,   2011年05月, 招待有り
  • EU視聴覚メディアサービス指令の共同規制を通じた国内法化, 生貝直人, 情報ネットワーク法学会2010年度研究大会,   2010年12月
  • 今日的課題と解決の方向性―2010年代のデジタルコンテンツ法制―, 生貝直人, 財団法人デジタルコンテンツ協会セミナー「コンテンツビジネスとその法的環境の10年」,   2010年09月, 招待有り
  • デジタル著作権と創造的活動の未来, 生貝直人, 東京藝術大学「芸術情報特論」,   2010年05月, 招待有り
  • クリエイティブ・コモンズとは, 生貝直人, セマンティックWebカンファレンス2010,   2010年03月, 招待有り

受賞

  •   2013年03月, 東京大学大学院学際情報学府, 学府長賞
  •   2012年12月, 国際公共経済学会, 学会賞
  •   2012年03月, 財団法人電気通信普及財団, テレコム社会科学賞奨励賞

競争的資金

  • ビッグデータ統合利活用のための法制度のあり方に関わる総合的日米欧比較研究による制度設計, 独立行政法人科学技術振興機構, 戦略的創造研究推進事業さきがけ「ビッグデータ統合利活用のための次世代基盤技術の創出・体系化」領域, 生貝直人
  • 情報社会における規制の重層化に関する比較制度研究, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 成原慧
  • 情報社会における公私の共同規制についての日米欧比較制度研究, 財団法人電気通信普及財団, 平成24年度研究調査助成, 生貝直人
  • メディア・コンテンツ産業の比較制度分析―放送産業におけるハード・ソフト・プラットフォーム―, 財団法人放送文化基金, 平成20年度研究助成(人文社会・文化), 生貝直人
  • 共有経済における制度・技術・ビジネスモデルに関する研究, 日本マイクロソフト株式会社, 公益信託マイクロソフト知的財産研究助成基金, 生貝直人

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 情報技術と法制度, 東京工業大学
  • ドキュメント管理, 筑波大学
  • マクロ経済学, 相模女子大学
  • 産業組織論, 相模女子大学
  • 知的財産論, 実践女子大学