詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

勝田 光カツタ ヒカル

所属・担当
文学部教育学科
職名講師
メールアドレスkatsuta072[at]toyo.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/04/08

研究者基本情報

学歴

  • 2012年04月 - 2016年03月, 筑波大学, 人間総合科学研究科, 学校教育学専攻

学位

  • 博士(教育学), 筑波大学

所属学協会

  • 日本国語教育学会
  • 日本読書学会
  • 全国大学国語教育学会

委員歴

  •   2014年08月 - 2017年08月, 日本読書学会, 大会幹事

経歴

  •   2018年04月 - 現在, 東洋大学, 文学部教育学科, 講師
  •   2016年06月 - 2018年03月, 筑波大学, 人間系(教育学域), 特任助教

研究活動情報

研究分野

  • 教育学, 教育学

研究キーワード

    リーディング・ワークショップ, ブック・クラブ, 読者反応理論, 読むことの学習指導, 国語科教育

論文

  • リーディング・ワークショップによる優れた読み手の育成—1時間の授業過程の分析—, 勝田光, 国語科教育, 84, 58 - 65,   2018年09月

MISC

  • 米国における読むことの「責任の段階的移行」をめぐる 議論について:その批判と具体化に着目して, 勝田 光, 人文科教育研究 = Journal of Language Teaching, 44,   2017年12月24日
  • 読みの目標の違いが中学3年生の文章産出に与える影響, 勝田 光, 読書科学, 57, (1) 13 - 22,   2015年,

    This study seeks to identify whether the purpose of reading effects student writing; where the purpose for one group is to create a new story based on the Japanese story of Urashima Taro while the objective for another group is to both broaden and deepen their interpretations of Urashima Taro. The two groups both consisted of students attending a public school and students attending a school affiliated with a national university, and were, thus, the same apart from having different purposes and writing activities. Text mining analyses identified three key differences. The group assigned to create a new story (1) used a greater number of descriptive words, (2) exhibited greater overall variation in their word choices, and (3) used more words that were not present within the textbook containing the original story. These findings indicate that the group assigned with creating a new story tended to provide better quality responses than the group assigned to broaden and deepen their interpretations of Urashima Taro. Accordingly, it is possible to conclude that the students responded differently to the reading objectives and that had a significant impact on their writing.

  • 生徒の読者反応を支援する教師の役割 : 単元「文学の学び方~『走れメロス』による~」の分析, 勝田 光, 飯田 和明, 国語科教育, 76, (0) 15 - 22,   2014年, According to reader response theory, a teacher's role is not to teach a particular interpretation or response, but to scaffold the students' reader responses. This study investigates that role. For the analysis, I observed lessons (19 hours of data) of junior high school third-grade students. Based on grounded theory, the results revealed that teachers who scaffold students' reader responses typically play five roles. Furthermore, I found a relationship between the students' task and the specific role adopted by the teacher. However, when engaged in conversation with students, teachers dynamically alternate among the five roles.
  • 創作指導における生徒の物語改作過程のケーススタディ : 教室談話と授業後インタビューの分析, 勝田 光, 国語科教育, 75, (0) 24 - 31,   2014年, This study investigated two research questions: (a) To what extent can students write stories at their age level? (b) How do students learn literacy based on their writing in the classroom? These questions were investigated through the analysis of an experimental lesson in which students first wrote stories with no prior instruction and then rewrote them after learning about story grammar. The analysis consisted of four parts. (1) Analyze the student Aoki's writing because of her characteristic manner of rewriting after learning about story grammar. (2) Analyze the effects of Aoki's rewriting on her literacy development. (3) Analyze writing/rewriting of all the students to clarify the features of Aoki's rewriting. (4) Analyze classroom discourse from the perspective of function and content to determine the reasons for Aoki's rewriting approach. The results indicate that (a) junior high school students (grade 2) can write organized stories including a theme without being taught and (b) teaching story grammar enables students to become aware of story structure.
  • 英語圏における90年代以降の読者反応研究の動向 : 3本のレビュー論文の分析を手がかりとして, 勝田 光, 九州国語教育学会紀要, (2) 35 - 44,   2013年03月
  • 国語科における読みの社会的構成に関する一考察 : 間テクスト性概念を用いた読者反応の分析を手がかりとして, 勝田 光, 国語と教育, 36,   2011年12月04日
  • 児童・生徒の〈読み〉を捉えるための方法論の課題--読者反応研究方法論の先行研究レビュー, 勝田 光, 人文科教育研究, (38) 59 - 75,   2011年08月

書籍等出版物

  • 中学生の書く行為に着目した国語科における読者反応の支援
    勝田光
    単著風間書房  2019年01月
  • 初等国語科教育
    勝田光
    共著教師の成長、学習指導要領ミネルヴァ書房  2018年03月

講演・口頭発表等

  • A Challenge for Language Literacy by Using Semantic Map for Knowing the Value of Terms, 勝田光, SEAMEO- University of Tsukuba Symposium VI,   2018年02月11日
  • Ways for teachers to help “struggling readers” deepen their literary understanding,, 勝田光, Chinese-Japan Forum on Educational Research,   2016年03月
  • How do teachers scaffold students’ reader responses?: A comparative analysis of middle schools in Japan, 勝田光, International Literacy Association,   2015年07月

受賞

  •   2016年03月, 筑波大学人間総合科学研究科, 研究科長賞
  •   2015年10月, 筑波大学日本語日本文学会, 研究奨励賞
  •   2015年08月, 日本読書学会, 読書科学研究奨励賞

競争的資金

  • 国語科におけるブッククラブの指導方法による授業研究:物語創作活動の効果に着目して, 日本学術振興会, 科学研究費, 勝田光
  • 中学生の書く行為に着目した国語科における読者反応の支援, 日本学術振興会, 研究成果公開促進費, 勝田光
  • 文学の授業における読者反応の支援方法に関する研究, 日本学術振興会, 科学研究費, 勝田光

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 初等科国語, 東洋大学
  • 教育学卒論ゼミナール, 東洋大学
  • 教育実習, 東洋大学
  • 教職実践演習(中・高), 東洋大学
  • 初等教科教育法(国語), 東洋大学
  • 国語科指導法Ⅰ、Ⅱ, 東洋大学
  • 国語Ⅰ, 筑波大学