詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

北村 英哉キタムラ ヒデヤ

所属・担当
社会学部社会心理学科
21世紀ヒューマン・インタラクション・リサーチ・センター
社会学研究科社会心理学専攻
人間科学総合研究所
現代社会総合研究所
職名教授
メールアドレスkitamura[at]toyo.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURLhttp://www2.toyo.ac.jp/~kitamura/index.html
生年月日
Last Updated :2019/05/17

研究者基本情報

学歴

  •  - 1991年, 東京大学大学院, 社会学研究科, 社会心理学専攻
  •  - 1982年, 東京大学, 教育学部, 教育心理学科卒業

学位

  • 教育学修士, 東京大学
  • 博士(社会心理学), 東京大学

所属学協会

  • 日本心理学会
  • 日本社会心理学会
  • 日本教育心理学会
  • 日本グループ・ダイナミックス学会
  • 日本性格心理学会
  • 日本健康心理学会
  • American Psychological Association
  • 日本感情心理学会

委員歴

  •   2016年05月 - 現在, 日本感情心理学会, 常任理事(研究プログラム委員)
  •   2016年01月 - 現在, 日本教育心理学会, 『教育心理学研究』編集委員
  •   2015年08月 - 現在, 日本パーソナリティ心理学会, 常任理事
  •   2013年04月 - 2015年03月, 日本グループ・ダイナミックス学会, 常任理事 広報担当
  •   2012年04月 - 2016年03月, 日本社会心理学会, 理事
  •   2011年11月 - 2015年11月, 公益社団法人日本心理学会, 編集委員
  •   2011年 - 現在, 日本感情心理学会, 理事
  •   2010年10月 - 現在, 日本パーソナリティ心理学会, 機関誌編集委員
  •   2009年04月 - 2011年03月, 日本社会心理学会, 常任理事、事務局担当
  •   2008年 - 2010年, 日本グループ・ダイナミックス学会, 理事
  •   2006年10月 - 2009年10月, 日本パーソナリティ心理学会, 常任理事、経常的研究交流委員会委員長
  •   2007年04月 - 2009年03月, 日本社会心理学会, 編集委員
  •   2003年10月 - 2006年10月, 日本パーソナリティ心理学会, 常任理事、事務局長
  •   2000年, 日本性格心理学会, 機関誌編集委員

経歴

  •   2018年04月 - 現在, 東洋大学, 社会学部社会心理学科, 教授
  •   2012年04月 - 2018年03月, 関西大学社会学部, 教授
  •   2001年04月 - 2012年03月, 東洋大学社会学部, 教授
  •   1994年04月 - 2001年03月, 東洋大学社会学部, 助教授
  •   1991年04月 - 1994年03月, 東京家政大学文学部 専任講師

研究活動情報

研究分野

  • 心理学, 社会心理学
  • 心理学, 実験心理学

研究キーワード

    社会心理学, 人格心理学, 認知心理学

論文

  • 制度と社会心理学:偏見・差別の社会心理学をめぐって, 北村 英哉, 白山社会学研究,   2019年03月
  • 責任帰属に及ぼす道徳基盤と公正世界信念の影響, 北村 英哉, 東洋大学社会学部紀要, 56, (2) 39 - 48,   2019年03月
  • 加害者の生い立ち情報がBlameおよび帰属と自由意志の推定に及ぼす影響, 北村 英哉・山口 雄人・石橋 加帆・Michael, J. Gill, 東洋大学21世紀ヒューマン・インタラクション・リサーチ・センター研究年報, (16) 43 - 47,   2019年03月
  • 感情と多面的思考,認知欲求が動画広告の説得効果に 及ぼす影響 : TV ショッピングの速い/遅い動画を用 いて, 北村 英哉, 関西大学心理学研究, (9) 21 - 34,   2018年03月
  • 社会的認知, 北村 英哉, 児童心理学の進歩, 56,   2017年06月
  • 学業場面における誘惑対処方略の有効性の検討, 小林 麻衣 堀毛 一也 北村 英哉, 心理学研究, 88, (6) 525 - 534,   2017年
  • 日本語版IPANAT作成の試み, 下田俊介・大久保暢俊・小林麻衣・佐藤重隆・北村英哉, 心理学研究, 85, 294 - 303,   2014年08月
  • 社会的プライミング研究の歴史と現況, 北村 英哉, 認知科学, 20, 293 - 306,   2013年09月
  • 存在論的恐怖が初対面の異性に対する関係希求反応に及ぼす影響, 小林麻衣・北村英哉, 東洋大学大学院紀要, 50, 55 - 69,   2014年03月
  • 説得メッセージの表現モードが説得効果に及ぼす影響-テレビショッピングとブログを用いた検討, 北村 英哉, 関西大学心理学研究, 4, 25 - 32,   2013年03月
  • ダイエット目標が目標/誘惑に関連した対象の非意識的な評価に及ぼす効果, 樋口収・埴田健司・小林麻衣・北村英哉, 心理学研究, 83, 363 - 368,   2012年11月
  • 複線径路等至性モデルからみる加害者の非人間化プロセス-「Demonize」と「Patientize」, 白井美穂・サトウタツヤ・北村英哉, 法と心理, 11, 40 - 46,   2011年10月
  • 感情の社会心理学の視点から, 北村 英哉, 心理学評論, 53, 105 - 109,   2010年07月
  • 言語カテゴリー・モデルからみる加害者の非人間化-死刑vs無期での比較, 白井美穂・菅さやか・北村英哉, 東洋大学21世紀ヒューマン・インタラクション・リサーチ・センター研究年報, 8, 67 - 70,   2011年03月
  • 携帯メールへの絵文字付与が女子大学生の印象形成に与える効果, 北村 英哉・佐藤 重隆, 感情心理学研究, 17, 148 - 156,   2009年11月
  • 環境配慮行動を促すメッセージの制御焦点と受け手の感情状態との対応性が説得効果に及ぼす影響, 北村 英哉, 東洋大学エコ・フィロソフィー学際研究イニシアティブ(TIEPh)エコフィロソフィー研究, 3, 67 - 76,   2009年03月

MISC

  • ムード状態が情報処理方略に及ぼす効果, 実験社会心理学研究, 41, (2) 84 - 97,   2002年
  • 社会的認知研究の動向, 心理学研究, 70, (5) 427 - 443,   1999年
  • 自己の長所,短所は他者認知によく用いられるか, 教育心理学研究, 46, (4) 403 - 412,   1998年
  • 顕現性が対人情報処理に及ぼす効果, 社会心理学研究, 6, (1) 62 - 69,   1990年
  • 特性概念の可得性と自己スキーマが対人記憶に及ぼす効果, 北村 英哉, 心理学研究, 62, (4) 221 - 228,   1991年
  • 説得過程におけるムードの効果(共著), 感情心理学研究, 2, (2) 49 - 59,   1995年
  • ステレオタイプの社会心理学(1), 東洋大学社会学部紀要, 35, (3) 5 - 16,   1998年
  • 表情プライミングが他者認知に及ぼす効果, 東京家政大学研究紀要, 34, (1) 171 - 176,   1994年
  • 他者の感情の認知と理解(共著), 東洋大学社会学研究所研究報告書 第23集,   1999年
  • 気分状態と情報処理方略(1)-MAGK仮説をめぐって-, 東洋大学社会学部紀要, 40,   2003年
  • 広告情報の統制化された情報処理における社会的比較の効果(共著), 日経広告研究所報, (153) 73 - 82,   1994年
  • 広告の受け手の心理状態が広告情報の処理スタイルに及ぼす効果(共著), 平成4年度吉田秀雄記念事業財団助成研究報告書,   1993年
  • 広告情報処理におよぼす関連感情と無関連感情の効果(共著), 平成14年度吉田秀雄記念事業財団助成研究報告書,   2003年

書籍等出版物

  • 偏見や差別はなぜ起こる?
    北村 英哉・唐沢 穣
    共編者ちとせプレス  2018年07月
  • 人工知能学大事典
    日本人工知能学会
      2017年07月
  • 社会心理学概論
    北村 英哉・内田 由紀子 編
    ナカニシヤ出版  2016年09月
  • 心の中のブラインド・スポット
    バナージ・グリーンワルド著 北村英哉・小林知博訳
    北大路書房  2015年09月
  • 誠信 心理学辞典 新版
    下山晴彦他編 社会担当
    誠信書房  2014年09月
  • 新社会心理学
    唐沢かおり編
    北大路書房  2014年04月
  • 進化と感情から解き明かす社会心理学
    北村 英哉・大坪 庸介
    有斐閣  2012年04月
  • 展望現代の社会心理学1
    浦 光博・北村 英哉 編
    誠信書房  2010年10月
  • 現代の認知心理学 6 社会と感情
    村田 光二 編
    北大路書房  2010年06月
  • 思考と感情の科学事典
    海保・松原監修 竹村・住吉・北村編
    朝倉書店  2010年04月
  • 社会心理学事典
    日本社会心理学会編
    丸善  2009年06月
  • 無意識と社会心理学
    バージ著 及川昌典・及川晴・北村英哉編訳
    ナカニシヤ出版  2009年04月
  • よくわかる社会心理学
    山田一成・北村英哉・結城雅樹編
    ミネルヴァ書房  2007年04月
  • 感情研究の新展開
    北村 英哉・木村 晴 編
    ナカニシヤ出版  2006年11月
  • なぜ心理学をするのか
    北村 英哉
    北大路書房  2006年08月
  • パーソナル・コンピュータによる心理学実験入門
    北村 英哉・坂本 正浩 編
    ナカニシヤ出版  2004年09月
  • 社会的認知研究のパースペクティブ
    岡 隆 編
    培風館  2004年05月
  • 認知の社会心理学
    大島 尚・北村 英哉 編
    北樹出版  2004年04月
  • 認知と感情
    北村 英哉
    ナカニシヤ出版  2003年05月
  • 社会心理学キーワード(共著)
    山岸 俊男 編
    有斐閣  2001年
  • 社会的認知ハンドブック(共著)
    山本眞理子・外山みどり・池上知子・遠藤由美・北村英哉・宮本聡介編
    北大路書房  2001年
  • 誤りから探る心理学(共著)
    北樹出版  1997年
  • 社会的認知(共著)
    誠信書房  1998年
  • 性格研究の技法(共著)
    福村出版  1999年
  • 性格心理学ハンドブック(共著)
    福村出版  1998年
  • こころへの認知マップ(共著)
    垣内出版  1994年

講演・口頭発表等

  • Effects of priming of moral foundations on judgment for moral conflict task., KITAMURA Hideya, The 19th Annual Meeting of the SPSP.,   2018年02月
  • Psychologists' and Clinicians' view of psychology., ODA Yurie, Tanii Jun'ichi & KITAMURA Hideya, The 17th Conference of International Society for Theoretical Psychology.,   2017年08月
  • Positive affect from out-performance: Using the Japanese version of the IPANAT., SHIMODA Shunsuke, OKUBO Nobutoshi, KOBAYASHI Mai, SATO Shigetaka, & KITAMURA Hideya, The 31st International Congress of Psychology.,   2016年07月
  • Evaluation of merchandise based on implicit affective states., KITAMURA Hideya, The 17th Annual Meeting of the SPSP.,   2016年01月
  • Implicit persuasion: Effects of subliminal presentation of positive/negative sentences on explicit/implicit attitudes., KITAMURA Hideya et al., The 16th Annual Meeting of the SPSP,   2015年02月
  • Implicit persuasion: Subliminal fear arousing effects on implicit attitude for smoking., KITAMURA Hideya, The 15th Annual Meeting of the SPSP,   2014年02月
  • Effects of disaster priming on the perception of risk and expectation of positive events., SATO Shigetaka & KITAMURA Hideya, The 11th Annual Meeting of the SPSP,   2010年01月
  • Mood states and processing of stereotype information., KITAMURA Hideya & SATO Shigetaka, The 29th International Congress of Psychology.,   2008年07月
  • The effects of mood states on the strategies of self-describing., KITAMURA Hideya, The 8th Annual Meeting of the SPSP,   2007年01月
  • Mood-congruent framing effect on the acceptance of persuasive messages on environmental issues., KITAMURA Hideya, The 26th Congress of International Applied Psychology.,   2006年07月
  • False memory of facial expression of feeling of decision., 北村 英哉, International Congress of Affective Science,   2005年01月
  • False memory of pesuasive message and multi-facet thinking style, 北村 英哉, The 6th Annual Meeting of the SPSP,   2005年01月
  • Effects of mood states on visual search tasks., 北村 英哉, The 27th International Congress of Psychology,   2000年07月

作品

  • 広告の受け手の心理状態が広告情報の処理スタイルに及ぼす効果,   1992年
  • 広告効果を規定する感情の役割についての情報処理的研究,   1993年
  • 広告情報処理におよぼす関連感情と無関連感情の効果-テレビ広告を用いた検討-,   2002年

受賞

  •   2003年, 平成14年度日本グループ・ダイナミックス学会優秀論文賞
  •   2003年, 吉田秀雄記念事業財団助成研究第1回受賞論文2席

競争的資金

  • 潜在測定による恨み忌避感が制御焦点と社会的行動に及ぼす影響についての実験的研究, 科研費 基盤研究(C), 北村 英哉
  • 道徳意識の生成・共有・創発過程:個人と文化の動態的関係の解明, 科研費 基盤研究(B), 唐沢 穣
  • 明示的/非明示的メッセージの顕在態度/潜在態度への説得効果に関する実験的研究, 科研費 基盤研究(C), 北村 英哉
  • 将来の感情予期及び現在の感情と自動的-制御的行動との相互作用モデル構成の研究, 科研費 基盤研究(C), 北村 英哉
  • 社会的認知における感情と認知的処理方略の相互作用モデルの構成へ向けた実験的研究, 科研費 基盤研究(C), 北村 英哉
  • 「関係性」が自己変容に及ぼす影響に関する心理学的研究, 科研費 基盤研究(B), 安藤 清志
  • 感情の社会的機能とその理解および応用, 科研費 基盤研究(B), 久保 ゆかり
  • 説得的メッセージに対する自動反応の生成についての研究, 科研費 基盤研究(C), 北村 英哉
  • 広告情報処理に及ぼす関連感情と無関連感情の効果-テレビ広告を用いた検討, 吉田秀雄記念事業財団助成研究, 田中 知恵
  • 画像による説得的コミュニケーションの処理様式を規定する要因についての研究, 科研費 基盤研究(C), 北村 英哉
  • 説得メッセージの処理及び受容過程における感情の役割についての研究, 科研費 基盤研究(C), 北村 英哉
  • 感情状態が認知的情報処理に及ぼす影響, 井上円了記念研究助成金, 北村 英哉
  • 態度変化を媒介する情報の分析的-発見的処理方略についての研究, 科学研究費補助金 奨励研究(A)
  • 社会的認知と感情の相互作用について

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 社会心理学(概論), 東洋大学、東京家政大学、国際基督教大学、東京大学
  • 社会心理学特殊講義, 東京大学、埼玉大学、北海道大学
  • 人格心理学, 東京家政大学、日本女子大学大学院
  • 対人心理学, 関西大学
  • 心理学実験演習, 関西大学、東洋大学
  • 社会調査および実習, 東洋大学
  • コミュニケーション心理学, 関西大学
  • 心理学研究法特論, ルーテル学院大学大学院
  • 集団心理学, 東京家政大学、東洋大学
  • 人間関係論, 東京家政大学
  • 統計情報処理および実習, 東洋大学
  • 情報技術論, 東京家政大学
  • 認知科学, 東京家政大学