Researchers Database

Yuko Oki

    Department of Health Care and Sports Professor
    Course of Health Care and Sports Professor
Last Updated :2021/10/30

Researcher Information

Research funding number

  • 80350685

J-Global ID

Research Interests

  • イノベーション   技術の継承   ビジネスモデル   産業クラスター   ロシア   伝統工芸   オペラ   情報伝達   伝統産業   グローバル戦略   楽器   ヴァイオリン製作   音楽祭   アーキテクチャ   ブランド   職人   伝統とイノベーション   アートマネジメント   クレモナ   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Business administration

Academic & Professional Experience

  • 2019/04 - Today  Waseda UniversityComprehensive Research Organization客員上級研究員(研究院客員教授)
  • 2016/04 - Today  Toyo UniversityFaculty of Human Life Design教授
  • 2012/04 - 2016/03  Kyoto Sangyo UniversityFaculty of Business Administration教授
  • 2005/04 - 2012/03  Kyoto Sangyo UniversityFaculty of Business Administration准教授(助教授)
  • 2004/04 - 2005/03  Kyoto Sangyo UniversityFaculty of Business Administration専任講師
  • 2002/04 - 2004/03  Showa University of MusicFaculty of Music, Department of Arts Management専任講師

Education

  • 2000/04 - 2003/03  Waseda University  Graduate School of Asia Pacific Studies  博士後期課程 国際関係学専攻
  • 1998/09 - 2000/03  Waseda University  Graduate School of Asia Pacific Studies  修士課程 国際経営学専攻
  • 1999/04 - 1999/06  リヨン経営大学院  MBA
  •        -   Tokyo University of the Arts  Faculty of Music  Instrumental Music Course

Association Memberships

  • Society for Research on Work Competency   European Sociological Association   JAPAN ACADEMY OF MANAGEMENT   THE ACADEMIC ASSOCIATION FOR ORGANIZATIONAL SCIENCE   

Published Papers

  • 地域におけるパイプオルガンの役割
    大木裕子
    ライフデザイン学研究 16 2021/03 [Refereed]
  • 見えないビジネスモデルの探究〜コスモ・スマートビークルを事例として
    山田英夫; 大木裕子
    早稲田国際経営研究 (31) 1 - 13 2020/03
  • 組織のセルフマネジメント再考
    橋本英重; 大木裕子
    ライフデザイン学研究 15 61 - 74 2020/03 [Refereed]
  • フィットネス企業のビジネスモデル研究〜隠れたビジネスモデルを探る
    大木裕子; 山田英夫
    ライフデザイン学研究 15 45 - 60 2020/03 [Refereed]
  • 北海道コンサドーレ札幌による地域活性化事例
    大木裕子
    ライフデザイン学研究 15 29 - 44 2020/03 [Refereed]
  • シェフのプロフェッショナリズムに関する一考察~パリで活躍する日本人シェフのフロネシス
    大木裕子
    しごと能力研究 6 2 - 27 2018/10 [Refereed]
  • The Role of Rosanjin as an Artistic Producer
    Yuko Oki
    Jouranal of Arts and Cultural Management 11 (2) 3 - 16 2018/07 [Refereed][Invited]
  • Creating Commodities Based on the Design Thinking
    Yuko Oki
    Athens Journal of Business and Economics 4 (3) 241 - 257 2018/07 [Refereed]
  • Management System of Industrial Clusters
    Yuko Oki
    IMDA20th Annual World Business Conference 159 - 166 2018/06 [Refereed]
  • 高齢者と文化消費:国際音楽祭を中心として
    大木裕子
    ライフデザイン学 13 2018/03 [Refereed]
  • Creativity of Japanese Companies: Technique to Harmonize Technology and arts
    Yuko Oki
    International Journal of Business and Management Studies 2017/12 [Refereed]
  • Rosanjin’s Contribution for Developing Japanese Porcelain Culture
    大木裕子
    International Journal of Business and Management Studies 6 (1) 93 - 100 2017/09 [Refereed]
  • The Innovation Mechanisms Underlying both Cutting-edge and Traditional Industrial Clusters
    Yuko Oki
    Journal of Arts and Cultural Management 10 (1) 95 - 125 2017/07 [Refereed]
  • 産業クラスターにおける製品高度化のためのメカニズム
    大木裕子
    商工金融 2017 (4) 50 - 60 2017/04 [Refereed]
  • BBC Promsの顧客育成と音楽ビジネスへの影響に関する一考察
    大木裕子
    ライフデザイン学 12 2017/03 [Refereed]
  • The Strategies of Piano Manufacturers: Crafts, Industry and Marketing
    Yuko Oki
    IICAHHawaii2017 1 - 10 2017/01 [Refereed]
  • The Mechanism for Making Higher Quality Products in the Industrial Cluster
    Yuko Oki
    International Journal of Business and Management Studies 95 - 102 2015/12 [Refereed]
  • 産業クラスターにおける製品高度化のためのメカニズムに関する考察
    大木裕子
    経営行動研究学会年報 2015 2015/09 [Refereed]
  • バイロイト音楽祭の伝統と革新
    大木裕子
    京都マネジメント・レビュー (25) 2015/09
  • Strategy of Takarazuka Revue
    大木裕子
    32nd Pan-Pacific Conference 198 - 200 2015/06
  • OKI Yuko
    京都産業大学総合学術研究所所報 京都産業大学 9 119 - 142 1348-8465 2014/07
  • What is missing for innovation in the traditional craft sector?
    大木裕子
    31st Pan-Pacific Conference 258 - 260 2014/06
  • OKI Yuko
    Kyoto management review 京都産業大学 24 1 - 29 1347-5304 2014/03
  • OKI Yuko; SHIBA Takao
    Kyoto management review 京都産業大学 23 1 - 33 1347-5304 2013/09
  • OKI Yuko
    京都産業大学総合学術研究所所報 京都産業大学 8 103 - 112 1348-8465 2013/07
  • OKI Yuko
    Kyoto management review 京都産業大学 21 1 - 22 1347-5304 2012/12
  • ピアノをめぐるマーケティング戦略の変遷:スタインウェイとヤマハ
    大木裕子
    経営行動研究学会年報 2012 93 - 98 2012/07 [Refereed]
  • OKI Yuko
    Kyoto Sangyo University essays. Social science series 京都産業大学 29 197 - 214 0287-9719 2012/03
  • OKI Yuko
    Kyoto management review 京都産業大学 19 153 - 171 1347-5304 2011/10
  • OKI Yuko
    Kyoto management review 京都産業大学 19 43 - 59 1347-5304 2011/10
  • “Brand”or“Bunand”?:The strategy of YAMAHA Corporation
    大木裕子
    11th Association of International Management of Arts and Culture 1 - 14 2011/07
  • How can be making non-commodity competitive: A case study of Yamaha Corporation
    大木裕子
    論集社会科学系列 (29) 197 - 214 2011/04 [Refereed]
  • 大木 裕子; 山田 英夫
    Waseda bulletin of international management 早稲田大学WBS研究センター (42) 175 - 187 1882-6423 2011/03
  • 弦楽器製作のイノベーションに関する一考察
    大木裕子
    芸術情報研究 (19) 1 - 13 2011/03
  • OKI Yuko
    Kyoto management review 京都産業大学 18 39 - 59 1347-5304 2011/03
  • OKI Yuko
    Kyoto management review 京都産業大学 18 139 - 151 1347-5304 2011/03
  • イタリアヴァイオリン産業のブランド戦略
    大木裕子
    芸術情報研究 (18) 65 - 82 2011/02
  • OKI Yuko
    Kyoto management review 京都産業大学 17 1 - 25 1347-5304 2010/10
  • OKI Yuko
    Kyoto management review 京都産業大学 17 27 - 48 1347-5304 2010/10
  • 山田 英夫; 大木 裕子
    Waseda bulletin of international management 早稲田大学WBS研究センター (41) 95 - 111 1882-6423 2010/03
  • OKI Yuko; YAMADA Hideo
    Kyoto management review 京都産業大学 15 1 - 12 1347-5304 2009/06
  • SHIBA Takao; OKI Yuko
    Kyoto management review 京都産業大学 14 143 - 154 1347-5304 2008/12
  • Violin makers in Cremona
    大木裕子
    15th ACEI 1 - 23 2008/06
  • 指揮者のリーダーシップ:オーケストラにおける指揮者の役割
    大木裕子
    経営行動研究年報 (16) 83 - 88 2007/08 [Refereed]
  • Context conversion and process of resource accumulation in making traditional craft: Luthiers in Cremona
    大木裕子
    AIMAC 1 - 17 2007/07
  • OKI Yuko
    Kyoto management review 京都産業大学 11 19 - 31 1347-5304 2007/06
  • OKI Yuko; KOGA Hiroshi
    Kyoto management review 京都産業大学 9 19 - 36 1347-5304 2006/06
  • OKI Yuko
    Kyoto management review 京都産業大学 8 21 - 39 1347-5304 2005/12
  • OKI Yuko
    Office Automation 日本情報経営学会 26 (1) 45 - 51 0389-570X 2005/09
  • Growing model of performing art organizations: Checklist for Management Decisions
    大木裕子
    AIMAC 2005/07 [Refereed]
  • OKI Yuko; OZAKI Hiroyuki
    Kyoto management review 京都産業大学 7 19 - 41 1347-5304 2005/06
  • “Comparing Music Networks and Cultural Policy Relationships in United States and Japan”
    アン・スミス; 大木裕子
    13th ACEI 2004/08
  • 芸術経営と経営哲学
    大木裕子
    経営哲学 (2) 80 - 82 2004/08 [Invited]
  • Strategic Challenges for Symphony Orchestras in Japan
    平野雅章; 大木裕子
    AIMAC 2003/06
  • オーケストラのマネジメント:仏米日の比較にみるオーケストラの経営と組織
    大木裕子
    早稲田大学 2003/03 [Refereed]
  • 経済発展と文化:モンゴル国の事例から
    大木裕子
    研究紀要 (22) 147 - 158 2003/03 [Refereed]
  • 日本のオーケストラ・マネジメントの変遷
    大木裕子
    研究紀要 (2) 123 - 148 2003/03
  • 戦後日本の芸術分野における国際文化交流
    大木裕子
    文化経済学 3 (1) 87 - 96 2002/09 [Refereed]
  • The Present Condition and Subjects for Managing Orchestra in Japan
    大木裕子
    アジア太平洋研究科論集 (3) 49 - 64 2002/09 [Refereed]
  • 芸術組織の運営:欧米日におけるオーケストラ・マネジメントの比較
    大木裕子
    経営戦略研究 (1) 45 - 65 2002/06 [Refereed]
  • 組織のセルフ・マネジメント:“オルフェウス・プロセス”の事例研究を通して
    大木裕子
    研究紀要 (21) 227 - 238 2002/03 [Refereed]
  • 文化政策と芸術組織の経営
    大木裕子; 野長瀬裕二
    関東学園大学経済学紀要 29 (1) 63 - 83 2002/03
  • 非営利法人に関わる税制:日本における歴史的変遷および主要国の現状
    大木裕子
    アジア太平洋研究科論集 (2) 87 - 110 2002/03 [Refereed]
  • 日本のオーケストラの組織課題
    大木裕子; 根木昭
    長岡技術科学大学研究報告 (23) 45 - 53 2002/02
  • 大木 裕子; 山田 英夫
    マ-ケティングジャ-ナル 日本マ-ケティング協会 21 (3) 36 - 46 0389-7265 2002
  • 非営利組織・プロフェッショナル組織のマネジメント:オーケストラを中心として
    大木裕子
    アジア太平洋研究科論集 1 35 - 54 2001/04 [Refereed]
  • 国際的視点からのオペラ座経営:ベルギー王立モネ劇場
    大木裕子
    文化経済学 2 (3) 57 - 62 2001/03 [Refereed]
  • フランスのオーケストラ経営に関する一考察
    大木裕子
    文化経済学 2 (2) 117 - 126 2000/09 [Refereed]

Books etc

  • 産業集積のダイナミクス:ものづくり高度化のプロセスを解明する
    大木裕子 (Joint work第2章「産業クラスターにおける高度なものづくりへの移行メカニズム」)中央経済社 2019/09
  • Enterprise as a Carrier of Culture
    Yuko Oki (Joint workChapter6 “An Orchestra Myth: Maestoros Are Born and Made”)Springer 2019/06
  • ライフデザイン学
    大木裕子 (Contributor「健康ビジネスの可能性」pp.182-183.)誠信書房 2017/09
  • NPO、そしてソーシャルビジネス:進化する企業の社会貢献
    大木裕子 (Contributor第9章「ソーシャルビジネスとは何か」)文眞堂 2017/04
  • 産業クラスターのダイナミズム:技術に感性を埋め込むものづくり
    大木裕子 文眞堂 2017/02
  • ロシア検定テキスト
    武田洋平編 (Contributor第6章「ロシアのバレエ」)国際知識検定協会 2016/05
  • 入門 企業と社会
    佐々木利廣; 大室悦賀編 (Contributor第5章「企業と消費者」)中央経済社 2015/10
  • 会社神話の経営人類学
    日置弘一郎; 中牧弘允編 (Contributor「第10章 オーケストラの神話-つくり、つくられる名指揮者」)東方出版 2012/10
  • 日本のイノベーション・エンジン
    早稲田大学ビジネススクール松田修一研究室編 (Contributor第1巻「第8章 ソーシャル・ベンチャー」)白桃書房 2011/02
  • ケースに学ぶソーシャル・マネジメント
    京都産業大学ソーシャル; マネジメント研究会編 (Contributor「第4章 ホームレス支援~有限会社ビッグイシュー」「第9章 伝統文化の継承~大文字保存会」)文眞堂 2009/03
  • 大木 裕子 (Single work)東洋経済新報社 2008/10 4492501886 201
  • マネジメントを学ぶ
    京都産業大学経営学部編 (Contributor第10章 ソーシャルマネジメント)ミネルヴァ書房 2008/02
  • 日本企業のサービス戦略:人にやさしいサービスサイエンスの確立
    原田保編 (Contributor第3章 人間重視経営による継続的イノベーション戦略―ベンチャービジネスのサービスサイエンス―)中央経済社 2008/02
  • 組織能力形成のダイナミックス
    遠山暁編 (Contributor第5章 インプロビゼーションを通じたダイナミックケイパビリティの形成)中央経済社 2007/07
  • 経営学の新展開
    飫冨順久編 (Contributor第10章 発展するNPOセクターをめぐって)税務経理協会 2007/06
  • 経営学辞典
    (Contributor「オーケストラ型組織」「フリーランス」「アートマネジメント」「自律的作業集団」「プロフェッショナル型組織」の項)学文社 2006/06
  • 大木 裕子 (Single work)ふくろう出版 2004/06 4861861853 163
  • 大木 裕子 (Single work)ふくろう出版 2004/03 4434041789 102
  • 大木 裕子 (Single work)文眞堂 2004/02 4830944722 349

Conference Activities & Talks

  • Innovation and Tradition of Arita’s Ceramic Cluster in Japan  [Not invited]
    Yuko Oki
    13th RSEP International Conference on Business and Finance  2019/06
  • Who is the Desirable Contributores for the Cultural Performances?  [Not invited]
    Yuko Oki
    17th Hawaii International Conference onArts  2019/01
  • Management System of Industrial Clusters  [Not invited]
    Yuko Oki
    2018/06
  • 台湾鶯歌陶磁職人のキャリア形成  [Not invited]
    李超; 大木裕子; 王英燕; 関千里
    2018/06
  • Creating Commodities Based on the Design Thinking  [Not invited]
    大木裕子
    International Conference on Global Studies  2017/12
  • 製品高度化のメカニズム―技術とアートを融合させるプロデューサーの役割  [Not invited]
    大木裕子
    しごと能力研究学会  2017/11
  • Creativity of Japanese Companies: Technique to Harmonize Technology and arts  [Not invited]
    大木裕子
    IJAS Roma  2017/11
  • Who is the Winner in the Piano Industry: Steinway & Sons or Yamaha?  [Not invited]
    大木裕子
    AIMAC 14th International Conference on Arts and Cultural Management  2017/06
  • Rosanjin: Contribution for Developing Japanese Porcelain Culture  [Not invited]
    Yuko Oki
    ohkiyuko  2017/02
  • The Strategies of Piano Manufacturers: Crafts, Industry and Marketing  [Not invited]
    大木裕子
    The IAFOR International Conference on Arts & Humanities  2017/01
  • Steinway and Yamaha  [Not invited]
    大木裕子
    European Sociological Association  2016/09
  • A Comparative Study of the Industrial Clusters: Silicon Valley and Cremona  [Not invited]
    大木裕子
    IJAS  2015/12
  • The Game for Growing the Top Stars of the Theater Company  [Not invited]
    大木裕子
    ESA  2015/08
  • Business model of Takarazuka Revue  [Not invited]
    大木裕子
    IJAS  2015/06
  • The Strategy of Takarazuka Revue  [Not invited]
    大木裕子
    2015/06
  • The Mechanism of Making Higher Quality Products in the Industrial Cluster  [Not invited]
    大木裕子
    IJAS  2015/03
  • What is missing for innovation in the traditional craft sector?  [Not invited]
    大木裕子
    Pan-Pacific Conference  2014/06
  • The comparison of industrial clusters in traditional arts sector  [Not invited]
    大木裕子
    ESA  2013/08
  • Japanese aesthetic sense and the porcelain cluster in Japan  [Not invited]
    大木裕子
    ESA Arts  2012/09
  • クレモナのヴァイオリンと地域産業クラスター  [Invited]
    大木裕子
    経済同友会  2012/05
  • The Art of Making Musical Instruments: Why only Yamaha could be a big company?  [Not invited]
    大木裕子
    ESA  2011/09
  • ‘Brand’or ‘Bunand’? : The strategy of YAMAHA Corporation  [Not invited]
    大木裕子
    AIMAC  2011/07
  • Communication and Craftsmanship: Violin making Success in Cremona  [Not invited]
    大木裕子
    ESA  2010/10
  • オーケストラに学ぶ企業経営  [Invited]
    大木裕子
    経営ビジョン構想懇話会  2009/07
  • クレモナの伝統~ヴァイオリン製作の産業クラスター  [Invited]
    大木裕子
    第36回比較文明研究学会九州支部研究会  2009/07
  • オーケストラの舞台裏  [Invited]
    大木裕子
    京都市生涯学習センター  2009/06
  • 北イタリアの産業クラスター~ストラディヴァリの生誕地クレモナ  [Not invited]
    大木裕子
    経営行動研究学会第72回研究部会  2009/06
  • Violin makers in Cremona  [Not invited]
    大木裕子
    ACEI  2008/06
  • Context conversion and process of resource accumulation in making traditional craft : Luthiers in Cremona  [Not invited]
    大木裕子
    AIMAC  2007/07
  • 米国大学院における起業家教育-現状分析と日本におけるインプリケーション  [Not invited]
    尾崎弘之; 大木裕子; 亀岡京子
    組織学会  2007/06
  • 弦楽器製作における技術継承と知の変換メカニズムに関する研究~クレモナ弦楽器工房を中心に~  [Not invited]
    大木裕子; 古賀広志; 小松陽一
    組織学会  2007/06
  • 伝統工芸における資源蓄積過程とコンテクスト転換  [Not invited]
    古賀広志; 大木裕子
    オフィス・オートメーション学会  2006/09
  • 指揮者のリーダーシップ:オーケストラにおける指揮者の役割  [Not invited]
    大木裕子
    経営行動研究学会  2006/07
  • オーケストラの神話:指揮者神話の作り手  [Invited]
    大木裕子
    国立民族学博物館研究会、経営哲学学会関西支部合同  2005/12
  • 芸術組織の経営:仏米日の比較にみるオーケストラの経営と組織  [Not invited]
    大木裕子
    日本経営学会 関西支部会  2005/04
  • Comparing Music Networks and Cultural Policy Relationships in United States and Japan  [Not invited]
    アン・スミス; 大木裕子
    ACEI  2004/08
  • 芸術経営と経営哲学  [Invited]
    大木裕子
    経営哲学学会  2004/08
  • Strategic Challenges for Symphony Orchestras in Japan  [Not invited]
    平野雅章; 大木裕子
    AIMAC  2003/06
  • オーケストラのマネジメント:価値創造のためのマネジメント  [Not invited]
    大木裕子
    日本経営行動研究学会 関東支部会  2002/04
  • 日本のオーケストラ・マネジメントの歴史的変遷  [Invited]
    大木裕子
    日本経営史学会 関東支部会研究会  2002/01
  • プロフェッショナル組織のマネジメント  [Not invited]
    大木裕子
    組織学会  2001/06

Awards & Honors

  • 2010/02 Shoko Research Institute Award for studies on small business
     クレモナのヴァイオリン工房 
    受賞者: Yuko Oki

Research Grants & Projects

  • オープン・イノベーションによる製品高度化のメカニズム~技術とアートの融合
    文部科学省 科学研究費補助金(基盤研究(B)):
    Date (from‐to) : 2016/04 -2021/03 
    Author : 大木裕子
  • 文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    Date (from‐to) : 2015 -2017 
    Author : 大木 裕子
  • 文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    Date (from‐to) : 2012 -2014 
    Author : 大木 裕子
     
    これまでの研究計画では、以下の点を明らかにすることに重点を置いてきた。第1に、世界の音楽祭についての体系化が必要になる。マッピングと共に、これまでの海外主要音楽祭のビジネスモデルのパターンを発見し、その戦略的意図を整理する。第2に、無形文化財としての音楽祭の構成概念を整理し、概念的枠組を構築し、分析フレームワークとする。第3に、構築された分析フレームワークに基づき、海外の主要音楽祭のダイナミズムについて、歴史的及び現在の実態を測定、記述、比較、分析する。この計画に従い、本年の研究では前年度の研究をもとに、国内外の研究機関、研究者、実務家との交流を通して、事例の社会的背景・文化的背景を含めた広範な情報収集をおこなうことで研究の枠組を精緻化するとともに、より詳細な事例研究を継続した。具体的にはドイツのバイロイト音楽祭、オーストリアのザルツブルグ音楽祭、スイスのルツェルン音楽祭を抽出し、現地でのフィールド調査を加えることで、ヨーロッパの主要音楽祭の実態を測定・記述・比較し分析した。実態の一例をあげれば、バイロイト音楽祭では、チケットの一般入手の困難さへの非難に対応するため、今年度からインターネット販売を開始したが、その結果従来の固定客との乖離が顕著となった。カラヤンが復活させたザルツブルグ音楽祭は、公演数を大幅に拡大したことで、チケットの残席が目立つ結果となっている。アバドが立ち上げたルツェルン音楽祭は、アバドと演奏家仲間がけん引しており、地元市民にも広く音楽を提供する試みを実施し地元一体型のイベントとして成功している。更に、現地ならではの貴重な資料を収集することにより、これまでの文献研究を裏付けることができた。
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2009 -2012 
    Author : Yuko OKI; Takao SHIBA; Yoshiaki TAKAO; Yuji NONAGASE; Hideo YAMADA
     
    The brand formation of musical instruments has in large portion been formed by thelong history of making one musical instrument. The maker who has developed onespecific musical instrument has built up a steady brand. By understanding that, the useof marketing tactics with the involvement of top professional musicians was anecessity. This is a strategy that is indispensable for creating a niche by musicalinstrument makers to gain a high-end-oriented and reliable brand. By using thissynergistic effect of technological development and marketing, the late-coming makerof musical instruments cannot aim at a high-end product without aiming at a massmarket and thus gaining a comprehensive understanding as a musical instrumentmaker.
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(挑戦的萌芽研究)
    Date (from‐to) : 2010 -2011 
    Author : Yuko OKI; Hideshige HASHIMOTO
     
    The global partnership of Russian ballet organizations were especially focused in the project. In add to collecting all the possible published books and papers, plenty of interviews were conducted to whom concerned. As a result, one research paper about the history of Russian ballet could have been published in the university journal and also new research theme which is about the valuation of Ballet Russe as a global performing company was discovered.
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2005 -2007 
    Author : Yuko OKI; Yoichi KOMATSU; Hiroshi KOGA
     
    From 16th century to 18th century, in Cremona, North Italy, more than 20,000 excellent string instruments were made by violin Luthiers such as Amati, Stradivari, and Guarneri families. These masterpieces came out as results of intellectual transformation of artisans' skills, which were succeeded from generation to generation. Those skills were succeeded as an intellectual perspective, which had been fostered in Cremona for several centuries. The purpose of this research is to adopt a hypothesis: how violin makers were able to maintain quality of violins in producing them beyond generation. As a first step of the research, we touched upon the history of Luthiers, three famous violin makers in Cremona, and analyzed environmental factors in the Golden age of Cremona; musical society, customers, and relationship with dealers. At this stage, we will analyze the role of manufacturing school of violin in that area. As the next step, we found out what are distinguished factors of violinmakers and communication network systems there by using both quantitative and qualitative research methods.As a conclusion, the subject of violin making as traditional handcrafts is to describe a personality of each Luthier. As the violin is being played, the spiral relationship of violin and artist becomes the myth and it makes a value of the violin as an instrument increase. In addition to tradition and personality of each Luthier, the myth about the tone determines the personality of violins.

Other link

researchmap